1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/17(日) 19:08:55.15 ID:WSWCbt620

【部室】

花丸「ねえ聞いて、鞠莉ちゃん」

鞠莉「んー?」

花丸「この前ルビィちゃんがね」

鞠莉「うん」

花丸『ねぇ、きいてよはなまゅちゃあ~、きのうおねぃちゃあがね~』

鞠莉「んふふっ、ちょ、ちょっと待って?」

花丸「んもー、なんずら?」

鞠莉「えっ今のってルビィの真似?」

花丸「うん。似てるでしょ? 結構得意なんだ」

鞠莉「得意というより悪意を感じるんだけど」



2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/17(日) 19:12:10.74 ID:WSWCbt620

花丸「そんなことより、ルビィちゃんがね?」

鞠莉「うん」

花丸『ねぇぇ、きいてよぉん、はなまゅちゃぁぁん』

鞠莉「んふふふっ、ちょっと!!!」

花丸「なーんずらぁー」

鞠莉「盛ったわよね? さっきよりも……くふふっ、盛ったわよね?」

花丸「盛ってないってば。似てるでしょ?」

鞠莉「似て……んー似てるケド……ごめん進まないからそれナシで話して?」

花丸「止めてるのは鞠莉ちゃんずら……」

鞠莉「ソーリーソーリー」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/17(日) 19:16:56.72 ID:WSWCbt620

花丸「ルビィちゃんがね、ダイヤさんにまた怒られたって話をしててね」

鞠莉「あー……ダイヤも言ってたわねえ。お風呂上がりに食べようと思ってたデザートをまた盗られたって」

花丸「それを聞いてね、マルは、羨ましいなって思ったずら」

鞠莉「お風呂上がりのデザートが?」

花丸「……ねぇ鞠莉ちゃんさあ」

鞠莉「ん?」

花丸「わざと止めてる?」

鞠莉「えっ? あ、ごめんそんなつもりはなかったんだケド」

花丸「はあ、まったく……」

鞠莉「えーっと、花丸? なんか今日キツくない?」

花丸「……本題に入ってもいいずら?」

鞠莉「お、オーケー……」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/17(日) 19:20:00.33 ID:WSWCbt620

花丸「とにかくマルは、ルビィちゃんから毎日のようにこんな話を聞いてるずら」

鞠莉「へえ……毎晩デザート食べて太らないのかしらね」

花丸「」ペシッ

鞠莉「あぉち!?」

花丸「もぉ、もぉ! だからそこじゃないってば!」

鞠莉「あー、食べてすぐ寝るとモーモー牛さんになっちゃうっていう?」

花丸「」キッ

鞠莉「んふふ、ごめんごめん、もうしないから。そんなに可愛い顔で睨まないで」

花丸「ぷくー」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/17(日) 19:25:15.65 ID:WSWCbt620

鞠莉「こほん。で、何が羨ましいって?」

花丸「……し、姉妹、ずら」

鞠莉「えっ獅子舞?」

花丸「」グッ

鞠莉「冗談冗談! 姉妹よね! うんわかってるからその振りかぶった鈍器を下ろして!」

花丸「」ペリッ モグモグ

鞠莉「お、おーけー、のっぽパンは人を殴るものではないわ」

花丸「ごくん。つまるところ、マルは鞠莉ちゃんにお姉ちゃんになって欲しいずら」

鞠莉「オー、急に話が飛躍したわね」

花丸「ねえいいでしょ? 鞠莉おねえちゃん」

鞠莉「おっとォ、私に決定権はないのかしら」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/17(日) 19:28:57.67 ID:WSWCbt620

花丸「ひとかけあげるから」スッ

鞠莉「いやパンひとかけで買われるほど安くなンムグッ!?」

花丸「ふっふっふー。これでもう鞠莉ちゃんは、マルとスールの契りを交わしてしまったずらぁ」

鞠莉「いや“かわす”間も無くちぎったパン押し込まれただけなんだけど」モグモグ

花丸「その一口はやがて鞠莉ちゃんの血となり肉となるずら。すなわちマルと鞠莉ちゃんは同じ血が流れる姉妹同然の関係と言えるずら」

鞠莉「適当に吸収されて排泄されるだけだと思うけど……」

花丸「アイドルがう●ちなんて言っちゃだめずら」

鞠莉「言ってないわよ! っていうか言っちゃダメでしょ! 私は言葉選んだのに!」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/17(日) 19:34:17.51 ID:WSWCbt620

花丸「そんなことより鞠莉おねえちゃん」

鞠莉「だからまだ私は」

花丸「『鞠莉おねえちゃん』って呼ぶと、『マリオねえちゃん』とも聞こえるよね。キノコ追っかけてそうだよね」プクク-

鞠莉「……」スクッ

花丸「あー!!! ごめんずら! 帰らないで!」

鞠莉「むー、だって花丸ふざけてるじゃない」

花丸「ふざけてない、ふざけてないから。許してマリオねえちゃん」

鞠莉「ほら!!! またマリオ言った!」

花丸「言ってないずらぁぁ……っていうか耳で聞いたらどっちも一緒ずら」

鞠莉「分かるもん! なんとなく小馬鹿にしてる雰囲気が伝わってくるもの!」

花丸「わ、わかったずら。ホントにもう言わないから」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/17(日) 19:41:33.21 ID:WSWCbt620

鞠莉「はあ……まったく」

花丸「ほっ」

鞠莉「で、そもそもどうして私にお姉ちゃんになってほしいわけ?」

花丸「どうしてって、さっきも言ったみたいに、姉妹っていいなあって」

鞠莉「それにしたって、私よりかはダイヤとか果南のほうがよくない?」

花丸「うーんなんていうか、ダイヤちゃんにはルビィちゃんがいるし。果南ちゃんは、千歌ちゃんや曜ちゃんが妹みたいなものだし」

鞠莉「じゃあ、梨子なんかは?」

花丸「梨子ちゃんも……最近は善子ちゃんとそういうフンイキあったりするし」

鞠莉「なるほど。それで、余り物のマリーってわけねえ」

花丸「あ、余り物だなんてそんな! ただマルは、マルだけのお姉ちゃんが欲しかったっていうか」アワアワ

鞠莉「ふんふん」

花丸「その……鞠莉ちゃんは、イヤ?」ウワメ

鞠莉「うっ……///」

花丸「ずらぁぁ」ウルウル

鞠莉「ま、まあ、花丸がそこまで言ってくれるなら――」

花丸「ほんと!? マリオねえちゃん!!!」パァァ

鞠莉「帰る」スタスタ

花丸「待ってぇぇぇぇ……ごーめーんーずーらぁぁぁ」ズルズル…


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/17(日) 19:44:54.75 ID:WSWCbt620

鞠莉「もぉ、お姉ちゃんになって欲しいの? 欲しくないの?」

花丸「欲しい!」

鞠莉「……じゃあ、もうアレ言わない?」

花丸「…………いっ」

鞠莉「」スクッ

花丸「言いません約束します!!!」

鞠莉「即答しなさいよ……」

花丸「だってぇ……こーいうのも姉妹っぽいずらぁ」

鞠莉「次アレ言ったら即辞めるからね?」

花丸「むぅ」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/17(日) 19:48:53.75 ID:WSWCbt620

鞠莉「それで、姉妹って言っても、何をしたらいいのかしら?」

花丸「それは……姉妹っぽいことを」

鞠莉「マリーひとりっ子だから分からないわよ?」

花丸「マルもひとりっ子だから分からないずら」

鞠莉「……」

花丸「……」

鞠莉「……ちょっとダイヤに聞いてみる」プルル…

花丸「先行き不安ずら……」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/17(日) 19:53:07.47 ID:WSWCbt620

鞠莉「しょーがないでしょぉ? 余り物なんだもの……あ、もしもしダイヤ?」

花丸「まあでも、ダイヤちゃんなら期待が持てるずら」

鞠莉「――うん、そう。いやまあちょっと参考に。え? べ、別に何だっていいでしょ? 何も企んでないってば」

花丸「……」

鞠莉「あぁもう、いいわよぉこの石頭! 硬度10に聞いた私がバカでしたー! べーッだ!」ピッ

花丸「……」

鞠莉「……よっし」

花丸「よっし、じゃないよ!!! なんにも聞けてないずら!」

鞠莉「だってぇ、ダイヤってば真面目に取り合ってくれないんだもの」

花丸「日頃の行いずら……」ジト-


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/17(日) 19:57:49.41 ID:WSWCbt620

鞠莉「っていうか、ダイヤみたいにすればいいんでしょ? カンタンじゃないそんなの――」ズイッ

花丸「ちょっ、鞠莉おねえちゃ」

鞠莉「ほぉぉらヨチヨーチ♥ かわいいでちゅわねー♥(裏声)」ニヤニヤナデナデ

花丸「~~ッ」ゾワワワッ

鞠莉「いい子いい子でちゅわ~マルちゃ――ンぐッ!?」ドンッ

花丸「はぁっはぁっ、な、なんずらぁぁ!?」

鞠莉「いったぁ。何って、私はただダイヤっぽく」

花丸「お、悪寒が走ったずら……」ブルッ

鞠莉「……そんなに?」

花丸「他に参考にできるところはなかったの?」

鞠莉「ないわよぉ、ダイヤってば大体こんな感じでしょ?」

花丸「それはダイヤちゃんに失礼ずら……」

鞠莉「あなたはずーっと私に失礼だけどね」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/17(日) 20:01:25.84 ID:WSWCbt620

花丸「そうじゃなくって、もっとこう」

鞠莉「あーあーわかったわ。じゃあ今度は果南に――」プルル…

花丸「そういうことじゃないんだけど……」

鞠莉「あっ、もしもしかなーん?」

花丸「大丈夫かなあ」

鞠莉「――うん、うん。さっすが果南! オーケー、ありがと!  I'll give it a try!!!」ピッ

花丸「……どうだったずら?」

鞠莉「……よし花丸!」

花丸「ずら?」

鞠莉「走るわよ!」

花丸「へっ?」

鞠莉「レッツダーッシュ!!!」グイッ

花丸「ちょっと待っ、」

鞠莉「ゴーゴー♪」ビュ-ン

花丸「わっわぁぁぁぁぁぁ!?」

――――――――
――


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/17(日) 20:04:29.46 ID:WSWCbt620

【戻ってきた。】

花丸「ぜぇっ、ぜぇっ」

鞠莉「ウーン、いい汗かいたぁ! これで少しは姉妹っぽく――」

花丸「なるわけないずらっ!!!」

鞠莉「ええっ?」

花丸「はぁ、はぁ。もう、一体これは何ずら……?」

鞠莉「えー。だって『一緒に汗をかいたらいいんじゃない?』って果南が」

花丸「そんなの普段の部活と変わらないずらぁ」グデ-ン

鞠莉「……確かに」

花丸「そもそも、果南ちゃんに聞いたところで『走る』以外の答えが返ってくるとは思えないずら……」

鞠莉「……確かに(いや、それは果南に失礼でしょう)」

花丸「出てる出てる、本音」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/17(日) 20:09:40.24 ID:WSWCbt620

鞠莉「もー、じゃあ次は梨子に……後輩に聞くのはちょっと忍びないけど――」

花丸「そうじゃなくってぇ!」

鞠莉「へっ?」

花丸「マルは……そのままの鞠莉おねえちゃんがいいずら。そのままの鞠莉ちゃんに、お姉ちゃんになって欲しいずらぁ」

鞠莉「そう言われても……私よくわからないしなぁ」ウ-ン

花丸「ダイヤちゃんとか果南ちゃんとかの真似じゃなくって……鞠莉ちゃんのままでお姉ちゃんになって欲しいの」

鞠莉「私のまま、ねえ……」

花丸「……」モジモジ

鞠莉「ウーン……っておっと!?」

花丸「」ギュ-

鞠莉「花丸?」

花丸「~~ッ」グリグリ

鞠莉「んふっ、もぉくすぐったいぃ」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/17(日) 20:12:05.92 ID:WSWCbt620

花丸「……ねえ、鞠莉ちゃん」

鞠莉「鞠莉おねえちゃん、でしょ?」ポンポン

花丸「……ひょっとしたら、マルってば、ちょっとだけワガママかもしれないずら」

鞠莉「(ちょっとだけ?)……あら、今頃気づいた?」

花丸「ごめんなさい」

鞠莉「もう、しょうがないんだから」ナデナデ

花丸「~~///」

鞠莉「花丸は花丸の好きなようにしな? 私も私なりに、お姉ちゃんやってみるから」

花丸「鞠莉おねえちゃん……」

鞠莉「ヨシヨシ」

鞠莉「ずらぁ……ありがと。鞠莉おねえちゃん」

鞠莉「うんうん。私は私なりに……あっそうだ! 要はゲンテンカイキってやつね!」ピコ-ン

花丸「?」

鞠莉「よーし! そうと決まれば~~♪」スタスタ

花丸「おねえちゃん?」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/17(日) 20:16:56.40 ID:WSWCbt620

鞠莉「うふふっ、はっけーん!」

花丸「って、それマルののっぽパン……」

鞠莉「いっただっきまーす♪」ペリッ

花丸「えっ?? 待っ」

鞠莉「はむっ♪」

花丸「ずらぁぁぁぁぁぁぁ!?!?」ガ-ン

鞠莉「ん~~♥ デリーシャース♥」

花丸「でりーしゃーす、じゃないずら! な、な、何してるずら!?」

鞠莉「えー? だって姉妹と言ったら食べ物の盗み食いでしょ?」

花丸「ちっがーーーうずら! もうっ、鞠莉おねえちゃん何もわかってないずら!」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/17(日) 20:21:23.21 ID:WSWCbt620

鞠莉「こののっぽパンはやがて私の血となり肉となり……私たちは同じブレッドのブラッドで繋がれた姉妹に――」

花丸「う●ちになるだけずら! あーもう! それマルがお楽しみにとってた最後の一本なのに!!!」

鞠莉「ぜーんぶ花丸が言ったことだもーん」

花丸「せ、せめてその残りをマルにくれるなら許s――」ワナワナ

鞠莉「はむっ」

花丸「だぁぁぁぁぉぁぁぁぁ!?!?」

鞠莉「ん~~♥」キラキラ

花丸「もぉ! もぉ!」ポカポカ

鞠莉「姉妹っていいわね!」

花丸「よくないずら! だめずら! もうっ、マリオっ! マリオっ!」ペチペチ

鞠莉「んふふ~もぐもぐ♪」

花丸「うわぁぁぁん! 鞠莉おねえちゃんのばかーーー!」



19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/17(日) 20:22:06.92 ID:WSWCbt620

おしまい




20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/17(日) 20:30:38.27 ID:lEi6vAcP0

初めて見る組み合わせだ







元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529230134/