1: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/12(木) 18:42:49.00 ID:3/1zYw2x.net

いらっしゃいませ、南ことりです、前回までのあらすじをご案内いたします

留学から久々に日本に帰ってきたことり、皆と久しぶりに会えて喜んでいると、留学先から荷物が送られてきたの
中身は可愛いお人形さんだったんだけど、実はそれは呪いの人形だったの!
ことりの体調が悪くなったり、ことりが怖い目に遭っていると、真姫ちゃんや海未ちゃん達が助けに来てくれたの!
無事、人形を倒してお祓いも終わったんだけど...真姫ちゃん達なんか手馴れてない?あんな超常現象的なことが急に起こったっていうのに
今度、真姫ちゃんか海未ちゃんに聞いてみようかなー?まぁ、いっか...それよりも今は

今回のお話をご案内いたしますね、それではどうぞ!



2: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/12(木) 18:47:43.10 ID:3/1zYw2x.net

#10

真姫「合宿?」

凛「うん!」

希「それって剣道部のってこと?」

凛「まぁ...一応、剣道部が主体ではあるんだけど...参加は自由で全員が全員参加する訳じゃないだって」

真姫「で?それに行くって?」

凛「うん!」

希「凛ちゃん、まさか...向こうの部活に寝返るつもり!?」

凛「!ね、寝返るつもりはないけど....合宿に行きたいの!!合宿!」

真姫「花陽も行くの?」

花陽「一応、私も付き添いって形で」

真姫「ふーん....」


3: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/12(木) 18:53:09.67 ID:3/1zYw2x.net

凛「だって!だって!凛はお泊り合宿に行けなかったんだもん!」

真姫「あれは貴方が補習だったからでしょ」

凛「そうかもしれないけど、真姫ちゃんと希ちゃんだけずるいにゃ!」

希「だから園田さんとの合宿に行くの?」

凛「そう!特訓もできるだろうし」

真姫「特訓、特訓って...貴方、無理をしてない?」

凛「別にしてないよー」

希「合宿かぁ....」

真姫「それでその合宿に行くのはいつなの?」

凛「来週の週末にゃ!」


4: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/12(木) 18:57:34.17 ID:3/1zYw2x.net

希「来週かぁ...急だけど....うちは行けるよ!」

真姫「は?何を言ってるのよ、希」

希「え?」

真姫「貴方は試験勉強でしょ?再来週は追試のテストじゃない」

希「あ....」

真姫「だめよ、勉強をしなさい、本当に落第するわよ」

希「あ!そうだ!向こうで、合宿は合宿でも勉強の...」

真姫「だめ、絶対に羽目を外して勉強しないわ!希は」

希「少しくらい信頼してくれてもええやん!」

真姫「勉強に関しては信頼できないわ」

希「そ、そんなキッパリと言わなくても...」


5: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/12(木) 19:00:58.37 ID:3/1zYw2x.net

真姫「だから希はお留守番っていうか、参加はだめよ」

希「うぅ....」

凛「まぁ、山でのトレーニングが主体らしいから遊ぶ時間はないかもしれないし」

真姫「トレーニングねぇ....」

花陽「真姫ちゃんはどうする?」

真姫「う~ん....」

希「え!もしかして真姫ちゃん、うちを置いて行っちゃうの?」

真姫「置いてくって...仕方ないじゃない、呪うなら自分の今までの行いを呪うのね」

希「えー....そんなぁ....」

真姫「自業自得よ」

希「...........」


6: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/12(木) 19:05:29.44 ID:3/1zYw2x.net

花陽「ねぇ、真姫ちゃん」

真姫「なに?」

花陽「希ちゃんが.....」

希「.........」シュン

真姫「まるで子供みたいね」

希「いーもん....どーせ、うちなんて....」

真姫「..........」

希「は?笑えばえんやん....」

真姫「もう...やさぐれないの、貴方、本当に3年生なの?」

希「もう、パーフェクトもハーモニーもないんだよ....」

真姫「?なにを言ってるの?貴方は」


7: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/12(木) 19:12:04.68 ID:3/1zYw2x.net

真姫「はぁ...仕方ない」

希「!」

真姫「本当に手間がかかるんだから....」

希「真姫ちゃん!じゃあ、うちも?...」

真姫「私も残るわ、みっちり勉強をしてもらうわよ」

希「.......え?」

真姫「貴方の為に残るんだから、しっかり勉強しないさいよね?」

希「あれ?この流れは本来がうちも行ってもいい流れだよね?」

真姫「そんな流れは叩き切ってあげる」

希「そ、そんなぁ....」


8: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/12(木) 19:16:00.79 ID:3/1zYw2x.net

凛「さてと...今日から合宿...」

凛「この合宿で少しは強くなれるのかな?.....」

凛「..........」

ピンポーン!!

凛「!!かよちんかな?」



凛「はーい」

ガチャ

花陽「おはよう、凛ちゃん」

凛「かよちんおはよ!」

花陽「凛ちゃんがお寝坊してないかなって思って迎えに来ちゃった」

凛「かよちんー....凛はそんなお子様じゃないにゃ」

花陽「ふふふ、ごめんね?」

凛「むー....」


9: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/12(木) 19:20:39.56 ID:3/1zYw2x.net

海未「............」

凛「あ!園田先輩おはようございます!」

海未「!おはようございます」

花陽「お、おはようございます!」

海未「はい、小泉さんもおはようございます」

凛「あれ?他の人達は?」

海未「あぁ、他のメンバーは後から来ます、後で現地で合流の予定になってます」

花陽「じゃあ、この3人で行くってことですか?」

海未「そうです、じゃあ、行きましょうか?」

凛「よーし!いっくにゃー!!」


10: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/12(木) 19:23:52.51 ID:3/1zYw2x.net

花陽「うわぁ.....」

凛「すっごく大きいにゃ....」

海未「宿泊地はこの山の七合目辺りです」

凛「この山を登るんですか?」

海未「はい!」

花陽「あ、でもロープウェイがあるよ!」

海未「何を言ってるんですか?自分の足で登るんですよ!」

凛「成程、これも特訓ってことなんだね....」

海未「さぁ!行きますよ!!」


11: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/12(木) 19:26:41.96 ID:3/1zYw2x.net

花陽「はぁ...はぁ...」

凛「大丈夫?かよちん?」

花陽「う、うん...でも無事に着いたね」

海未「ここの建物が合宿所です」

凛「なんか学校みたいにゃ」

海未「元々、学校だったものを改装した建物らしいです」

凛「へー」

海未「さてと、荷物を置きに行きましょうか」

凛「はーい」


12: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/12(木) 19:29:10.58 ID:3/1zYw2x.net

希「うー.....辛い...」

真姫「何を言ってるのよ、希」

希「だって、せっかくのお休みなのに...こうもずっと勉強詰めなんて」

真姫「それは希が普段からちゃんと勉強をしてないからよ」

希「凛ちゃん達、今頃なにしてるんだろう」

真姫「部活の合宿だから普通に練習でもしてるんじゃないの?」

希「山で練習かぁ....」

真姫「なんか山籠もりみたいね」

希「ん?山.....山.....」

真姫「希?」


13: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/12(木) 19:33:09.60 ID:3/1zYw2x.net

希「いや、なんか引っかかるっていうか...」

真姫「引っかかるって...なにがよ」

希「うーん....思い出せそうで思い出せないんよ」

真姫「なによ、それ」

希「...........」

真姫「..........」

希「うーん......」

真姫「....!もしかして、適当なことを言ってさぼろうとしてるんじゃないでしょうね?」

希「ち、違うよ!!」

真姫「....本当かしら?」

希「本当だよ!!」


14: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/12(木) 19:35:48.81 ID:3/1zYw2x.net

海未「さてと....まずは準備運動から始めましょうか?」

凛「準備運動ってここまで山を登ってきたし、充分じゃないですか?」

海未「怪我をしたら元の子もないですよ、さぁ!やりましょう!」

凛「はーい」

海未「では、はじめますよ!」

花陽「気合入ってるなぁ...先輩....」

凛「かよちんはどうする?」

花陽「私も見学みたいなものだけど、準備運動はしておこうかな?」

凛「じゃあ、かよちんも一緒にやろう!!」


15: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/12(木) 19:38:32.24 ID:3/1zYw2x.net

海未「............」

凛「.............」

海未「....!!はぁ!!」ブン!!

カン!カン!カン!!

海未「ふぅ......」スッ

凛「先輩すごいにゃ!」

海未「やはり、自然の中だと集中がしやすいですね」

凛「........」

海未「次は凛の番ですよ」

凛「よし!」


16: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/12(木) 19:43:25.30 ID:3/1zYw2x.net

凛「たぁ!!」ブン!!

カン!カン!!カン!!!

海未「ふむ....」

凛「ふぅ...ど、どうですか?」

海未「動きは中々ですね、ただ少し大振りな気もしますね」

凛「成程....」

海未「その無駄をなくせばもっと早く動けるはずです」

凛「よし....もう一回!」

海未「............」

凛「やぁ!!」ブン!!


17: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/12(木) 19:45:49.85 ID:3/1zYw2x.net

凛「はぁ....はぁ....」

海未「今日はこんなところにしておきましょう」

凛「え?ちょっと切り上げるのが早くないですか?」

海未「ここは山の中です、日ももう少しすれば暮れ始める時間です、暗くなる前に戻りましょう」

凛「...わかりました」

海未「さぁ、下山をしましょう」

凛「はい!」

海未「.............」


18: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/12(木) 19:48:50.56 ID:3/1zYw2x.net

海未「このカレー、美味しいですね」

花陽「よかったぁ...あんまり上手くできた自信がなかったので」

凛「美味しいよ!かよちん!」

花陽「えへへ....」

海未「特にこのお米が美味しいですね」

花陽「!!実はですね!!!」

海未「!?」

凛「あー...かよちんのスイッチ押しちゃいましたね、先輩?」

海未「??」

花陽「炊き方にもこがわりにあってですね!」


19: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/12(木) 19:50:29.72 ID:3/1zYw2x.net

海未「小泉さんにあんな一面があるなんて」

凛「かよちんは昔からお米とアイドルのことになるとすっごく熱くなるんだにゃ」

海未「まぁ、でもご飯は美味しかったですね」

凛「でしょー?」

海未「小泉さんなら毎日の食事が楽しみになりそうですね」

凛「あ!かよちんはあげないよ?凛のだからね!」

海未「別にとらないですよ」

凛「凛とかよちんはずっと一緒にゃー!」

海未「仲がいいんですね」

凛「もちろん!」


20: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/12(木) 19:52:12.64 ID:3/1zYw2x.net

海未「..............」

凛「zzzzzzzzzzzz」

花陽「んー.....zzz」

海未(幼馴染を守りたい....ですか.....)

凛「かよ....ちん.....」

海未(気持ちはわかりますが...少し気負いすぎな気が...)

花陽「凛ちゃん......」

海未(さて...どうしたものでしょうか)


21: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/12(木) 19:56:34.66 ID:3/1zYw2x.net

凛「んー...今日もいい天気にゃ!」

花陽「そうだね!」

海未「..........」

凛「先輩どうかしたんですか?」

海未「いえ、他にも来るメンバーがそろそろ来てもいい時間なんですが....」

凛「来ないんですか?」

海未「はい」

花陽「なにかあったとか?」

海未「まぁ、山道なので少々時間がかかってるのかもしれないですね」

花陽「結構ここまでの道もきつかったですもんね」

凛「特訓みたいで凛は楽しかったよ」


22: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/12(木) 20:01:24.36 ID:3/1zYw2x.net

海未「まぁ、待っていれば直に着くでしょう」

凛「今日は何をするんですか?」

海未「まずは準備運動ですね」

凛「今日は短めでお願いします」

海未「何を言ってるんですか、怪我をしたらどうするんですか?」

凛「まぁ、それはそうですけど....」

海未「なんですか?なにか不満でも?」

凛「先輩の準備運動ってなんか長いような....」

海未「準備運動が大事ですから!念入りにしないといけません!」

凛「はーい....」

海未「さぁ、始めますよ!!」


23: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/12(木) 20:06:03.00 ID:3/1zYw2x.net

海未「1!2!3!4!」

凛「5、6、7、8」

海未「1!2!3!4!」

花陽「5、6、7、8」

凛「...なんか夏休みみたい」

花陽「そうだね、朝のラジオ体操を思い出すね」

海未「ほら!お喋りをしてないでしっかりやってください!」

花陽「あ!はい!!ごめんなさい」


24: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/12(木) 20:09:07.17 ID:3/1zYw2x.net

「ふぅ...やっと着いた」

「つかれたー....」

海未「!あれは....」

凛「あ!他の人達も着いたみたいにゃ!」

花陽「よかった、怪我とかしてなさそうですね」

海未「みたいですね...」


「あ!園田さん!」

海未「遅かったですね」

「あー...まぁ、色々あってね」

海未「色々?」

「うん、色々ね」


25: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/12(木) 20:14:14.58 ID:3/1zYw2x.net

海未「道に迷った?」

「そうなのよ、ちょっと焦ちゃったわ」

海未「迷うもなにも山の麓から合宿所までの道はほぼ一本道のはずでは」

「そのはずなんだけどねー...まぁ、霧もなんか出てたし」

海未「霧ですか?」

「えぇ、しかもこんな山の中だし、スマホは圏外だし」

海未「成程」

「おかげで遅れちゃった訳よ、無事に着けたけどいいけど」

海未「そうですか...」

「これが夜とかだったら考えただけでぞっとしちゃうわ」

海未「ふむ...夜の外出は禁止にしたほうがよさそうですね」


26: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/12(木) 20:17:55.31 ID:3/1zYw2x.net

凛「やぁー!!」ブン

「はぁ!!」ブン!!


海未「.........」

花陽「皆、気合が入ってる....」

海未「まぁ、自主参加の合宿に参加するメンバー達ですから気合は充分のはずです」

「あの子、強いわね」

「そうね、剣道部じゃないのに中々やるわね」

花陽「えへへ...」

海未「?どうしかしたんですか?」

花陽「え!あ、その...なんか嬉しくて」

海未「嬉しい?」

花陽「はい」


27: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/12(木) 20:20:05.88 ID:3/1zYw2x.net

海未「小泉さんは本当に星空さんのことが好きなんですね」

花陽「はい!凛ちゃんは小さい頃からのお友達で...大切な人なんです!」

海未「幼馴染ってやつですね、私にもいます」

花陽「園田先輩にもいるんですね」

海未「はい、まぁ...昔から二人には振り回されてばかりですがね」

花陽「へー...そうなんですか」

海未「お互い、幼馴染には苦労をしそうですね」

花陽「あはは....そうですかね?」

海未「見ていればわかりますよ、なんとなく」

花陽「........」


28: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/12(木) 20:23:18.59 ID:3/1zYw2x.net

海未「回りくどいのも面倒なので単刀直入を言いますね」

花陽「な、なんですか?」

海未「星空さんはなんであんなに無理をするんですか?」

花陽「!!」

海未「最初は星空さんのことをただの頑張り屋...もしくはただのお馬鹿かと思っていました」

花陽「お、お馬鹿....」

海未「いきなり剣道場に来て、『凛を鍛えてください!!』って言ってきたんですよ、あの子」

花陽「な、なんかすいません....」

海未「しかも理由が....あ....」

花陽「?先輩?」

海未「いえ、なんでもないです」

花陽「?」


29: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/12(木) 20:24:55.20 ID:3/1zYw2x.net

海未「理由が今わかりました、なんとなくですが」

花陽「わかった?」

海未「たしかあなた方二人はオカルト部の部員でしたよね」

花陽「そうですけど」

海未「もしかしたら星空さんはオカルト的なものと戦う為に鍛えるのかと思いまして」

花陽「お、オカルト的なものですか?」

海未「とぼけなくてもいいですよ?知っていますから、西木野さんや東條先輩のことも」

花陽「え!」

海未「私も伊達に超常現象を乗り越えてきてないってことですよ」

花陽「先輩もみえるんですか?」

海未「...さぁ?どうでしょうね」


30: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/12(木) 20:28:00.55 ID:3/1zYw2x.net

花陽「だって真姫ちゃんや希ちゃんのことを....」

海未「......」

花陽「あ、もしかして花陽、嵌められちゃった?」

海未「やっぱりですね、貴方達二人も体験されているみたいですね」

花陽「あぁ!....ごめんなさい、皆...」

海未「大丈夫ですよ、西木野さんや東條先輩は私がこの事を知っているのを知っていますから」

花陽「え?」

海未「私も不思議なことに何回か巻き込まれたことがありましたので、西木野さんと東條さんと一緒にね」

花陽「え!いつの間に!」

海未「夜の呪われた学校に呪いの人形、中々の非日常でしたよ」

花陽「し、知らなかったです...」


31: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/12(木) 20:31:35.16 ID:3/1zYw2x.net

海未「成程、二人も中々の経験をしているみたいですね」

花陽「まさか、真姫ちゃんの幼馴染の南先輩が園田先輩の幼馴染だったなんて」

海未「...まるで幼馴染のバーゲンセールみたいですね」

花陽「世間って意外と狭いんですね」

海未「みたいですね....」


凛「かよちーん!!」

花陽「!凛ちゃん?」

凛「ふぅ...いい汗かいたにゃ!」

海未「お疲れ様です」

「強いねぇ、貴方!負けたよ」

凛「えへへ...」


32: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/12(木) 20:34:38.77 ID:3/1zYw2x.net

花陽「すごいよ!凛ちゃん剣道部の人に勝つなんて」

凛「へへ、まぐれだよ」

海未「仮にまぐれだとしても、実力差がありすぎればまぐれだって起きたりはしません、これは貴方の努力の成果です」

凛「先輩...」

海未「ちゃんと成長してます、さすがですね」

凛「..........」

花陽「凛ちゃん?」

凛「!あ、な、なんでもない!次は先輩に勝つにゃ!」

海未「簡単には負けませんよ?」

凛「その方が燃えるにゃ!」


34: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/12(木) 20:39:31.15 ID:3/1zYw2x.net

海未「さてと...そろそろ引き上げますか」

「疲れたー...」

「山登りの後の練習はさすがにきついよねー」

凛「........」

花陽「じゃあ、私!ご飯の準備をしますね!」

凛「先輩!もう少しだけ付き合ってもらえますか?」

海未「もう少しですか?」

凛「はい、なんかコツがつかめそうな感じがして」

海未「ふむ...しかし、そろそろ日も沈む時間ですし」

凛「お願いします!」

「園田さん、つきあってあげればー?少しくらい、私達は先に帰って夕飯とかの準備とかしておくから」

海未「....はぁ...仕方ないですね」

凛「やった!!」


35: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/12(木) 20:40:45.21 ID:3/1zYw2x.net

凛「やぁ!!たぁ!!」ブン!ブン!!

海未「剣の立筋はよくなりしたね、無駄がなくなってましたね」

凛「本当!?」

海未「えぇ、貴方の成長は目まぐるしいです、少しうらやましいくらいですね」

凛「えへへ....」

ヒュー....

海未「!」

凛「なんか風が強くなってきましたね」

海未「天気は悪くはならなそうですが...暗くなる前に帰った方がよさそうですね」


36: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/12(木) 20:45:45.01 ID:3/1zYw2x.net

凛「そういえば先輩ー」

海未「?なんでしょうか?」

凛「先輩っていつくらいから剣道してるんですか?」

海未「小さい頃からですよ、まぁ...十年くらいですかね」

凛「長くやってるんですね」

海未「他にも色々やってますよ?弓道や薙刀、日舞...まぁ、色々ですよ」

凛「な、なんかお嬢様みたいにゃ...真姫ちゃんとはタイプの違う感じの」

海未「こう見えても道場の娘ですから」

凛「な、成程....」


38: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/12(木) 20:49:36.60 ID:3/1zYw2x.net

海未「...........」ピタッ

凛「?どうかしましたか先輩?いきなり止まって」

海未「気のせいでしょうか?結構歩いてるはずなのに合宿所に着かないような」

凛「言われてみれば...道を間違えたとか?」

海未「その可能性は低いですね、ここまで一本道でしたから」

凛「じ、じゃあ...気のせい?もう少しで着くんじゃないですか?」

海未「....なんか嫌な予感がしますね」

スー.....

凛「!え?霧?」

海未「...どうやら深くなりそうなかんじですね」


39: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/12(木) 20:53:37.09 ID:3/1zYw2x.net

凛「ま、周りが霧まみれに!」

海未「まずいですね、これでは視界が....」

凛「ど、どうします?」

海未「霧が晴れるのを待つか...それともこのまま進むか...面倒なことになりましたね」

凛「!ご、ごめんなさい!!凛がワガママを言ったばっかりに!」

海未「謝罪は後でいいです、今はこの状況をどうにかしないと...」ゴソゴソ

凛「........」

海未「これは......」


40: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/12(木) 20:57:47.24 ID:3/1zYw2x.net

凛「ど、どうしたんですか?」

海未「せめて方角でもわかればと思ったんですが....」

グルグルグル

凛「方位磁石が!」

海未「完全に狂ってますね、それに当り前ですがこの山の中では携帯は圏外」

凛「ど、どうしよう....」

海未「慌てても仕方ありません、一旦ここで待機しましょう」

凛「はい....」

海未「自分たちの現在位置もわからない今、ここから下手に動くのは危険ですからね」

凛「..........」


41: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/12(木) 21:03:06.00 ID:3/1zYw2x.net

希「..........」カリカリ

真姫「..........」

希「!!!あー!!!」ガタッ

真姫「!?な、なに?」

希「思い出した....」

真姫「なにを!?というかいきなり叫ばないでよ!びっくりするじゃない!」

希「あの山は...3人がいった山は神隠しで有名な山なんよ!」

真姫「神隠し?」

希「そう!あー...なんで忘れてたんだろ...うち」


42: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/12(木) 21:10:18.86 ID:3/1zYw2x.net

真姫「で?神隠しって?詳しく教えてくれる?」

希「うちもそんなには詳しくはないんだけど、あの山って昔から山に入った人がいなくなっちゃうって話なんよ」

真姫「それが本当ならやばいんじゃないの?皆が」

希「うん...」

真姫「というか!そんな山なら簡単に立ち入りとかできちゃだめでしょ!」

希「まぁ、神隠しっていってもすごい昔の話なんよ」

真姫「すごい昔って...どれくらい?」

希「明治とか...あとは...たしか戦国時代とか...だから、迷信って言われてる部分もあって」

真姫「成程、たしかにそれは昔すぎて信憑性は低く感じるわね」


43: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/12(木) 21:13:10.45 ID:3/1zYw2x.net

希「でもね?こんな話もあるんよ」

真姫「どんな話?」

希「あの山に入山した人が迷子になったって話なんよ」

真姫「それって...ただ単に遭難しただけなんじゃ...」

希「でも不思議な話なんよ、ほぼ一本道のはずの道で迷子になったらしいんよ」

真姫「それは...たまたまちょっと道を間違えてしまっただけじゃないの?」

希「普段使えるはずの方位磁石が使えなくなったり、霧が急に深くなったりしたりもしたんだって」

真姫「.......」

希「まるで違う空間に飛ばされたみたいにね....」

真姫「まさか...そこが特殊な空間ってことなのかしら?....」

希「わからない...でも山に登る人が全員が全員そうなるって話ではないみたいだけど」

真姫「全員が全員そうなるならそもそも入山が禁止されるわよ」


44: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/12(木) 21:18:37.52 ID:3/1zYw2x.net

~♪

真姫「!!」

希「花陽ちゃんから電話?...まさか...」

真姫「....もしもし?」

花陽『真姫ちゃん!?凛ちゃんと園田先輩が!!帰ってこないの!!』

真姫「!!.....希!」

希「OK!わかった!」

真姫「私達も向かうわよ!準備して!」

希「よし....待っててね!皆」


45: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/12(木) 21:19:09.06 ID:3/1zYw2x.net

続く


48: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/12(木) 23:46:46.61 ID:3/1zYw2x.net

凛「先輩.....」

海未「そんな不安な顔をしないでください、大丈夫です、きっと無事に帰れます」

凛「そう...ですよね?」

海未「はい、気を強く持っていきましょう、何事も気からですよ」

凛「はい」

海未「.........」ゴソゴソ

凛「先輩?」

海未「少し何か食べませんか?チョコバーなら何本か持ってますねので」

凛「でも、それは先輩が持ってきたやつですよね?」

海未「遠慮しないでください、いざって時に動けなくなりますよ?」

凛「でも....」

海未「いいから、さぁ、どうぞ?」

凛「あ、ありがとうございます...」

海未「どういたしまして」


49: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/12(木) 23:55:08.07 ID:3/1zYw2x.net

凛「..........」モグモグ

海未「...........」

海未(それにしても...深い霧ですね...そういえば他の部のメンバーも山を登る時に霧のせいで迷ったと言ってましたね)

海未(ということは上手く進めば帰れるってことですかね、あとは...ここからどう動くべきかと言ったところですね)


ガシャン....

海未「!」

凛「先輩?」

海未「....静かに」

凛「?はい?....」

ガシャン....

海未「なにかが...近づいてくる?」


50: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/12(木) 23:58:20.34 ID:3/1zYw2x.net

凛「この音...なんの音だろ?」

海未「霧の向こうから聞こえてきますね....」

ガシャン!

凛「!!」

海未「.........」キョロキョロ

凛「な、なに?なんなの?」

海未「星空さん!あそこの草むらに一旦隠れて様子を見ましょう!嫌な感じがします」

凛「は、はい!」

海未「..........」ガサガサ

凛「っ.......」ガサガサ


51: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/13(金) 00:08:27.88 ID:rGTkXkmc.net

ガシャン!!

「.............」

凛「!!」

海未『星空さん、静かに』

凛『は、はい.....』

海未『あれは....鎧の武者?』

凛『こ、コスプレかな?』

海未『とりあえず様子をうかがってみましょう....』

「..........」チャキン

凛(あれは...刀?)

海未(なにやら....ただならぬ雰囲気を感じますね....)


52: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/13(金) 00:11:30.33 ID:rGTkXkmc.net

「..............」キョロキョロ

海未(なにかを探している?.....)

凛「...........」

「.......気のせいか....」チャキン

凛(刀をしまったにゃ、あれは本物...なのかな?)
  
「..............」スッ

ガシャン!!ガシャン!ガシャン....

海未(どうやら私達の存在には気がついてないようですね...去っていきます)

凛(一体これは...なんなの?)


53: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/13(金) 00:16:06.74 ID:rGTkXkmc.net

海未「...........」キョロキョロ

凛「.........」

海未「よし、周りには誰もいないようです」

凛「さっきのは...あれって一体なんでしょう?」

海未「私にもわかりません、しかし...なにやら嫌な感じがしました」

凛「嫌な感じですか?」

海未「えぇ、寒気というか...殺気というか...そうですね、貴方の友達の言葉を使うなら超常現象が起きているってところでしょうか?」

凛「....え、なんで先輩がそのことを!」

海未「私だって音ノ木坂の生徒ですよ?噂くらいは聞いたことはありますし、実際に会ったことくらいはありますよ?」

凛「そ、そうだったんですね...じゃあ、真姫ちゃんのことも」

海未「えぇ、知ってますよ、一緒にあれは...悪霊ってものなのですかね?現場に立ち会ったこともありますよ」

凛「し、知らなかったにゃ....」


54: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/13(金) 00:20:39.20 ID:rGTkXkmc.net

海未「2回も大切な人達を守ってもらったんです、西木野さんや東條先輩は私の恩人です」

凛「そんなことが...あったんですね....そっか....」

海未「今回はスペシャリストの二人がいないですが...なんとか我々だけでこの状況を乗り越えないといけないようですね」

凛「そうですね...でも、どうしたら?」

海未「さっきの鎧武者が原因かはわかりませんが、この状況に関係しているのかもしれません」

凛「あれって本物なんでしょうか?」

海未「こんな霧の中、鎧姿で山の中を歩くなんてまずありえません、おそらくは本物かと」

凛「でも、今のこのご時世に鎧武者なんて....」

海未「もしかしたらこの今、私達がいる空間は時空が歪んているのではないのでしょうか?」

凛「そんな...オカルトというよりはそんなのSFですよ!!」


ザッ!

凛「!?」

海未「し、静かに...また何かが近づいてきている?」


55: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/13(金) 00:24:27.33 ID:rGTkXkmc.net

「............」ザッザッ

海未『今度は...あれは軍服でしょうか?』

凛『兵隊さんってことですか?今度は....』

「...........」ザッザッ

海未『そのまま通り過ぎていきますね...あの方は元々、私達には気が付いてないようですね』

凛『もう、凛にはなにがなんだか....』

海未『私もこの状況には頭が追い付きません』

凛『.........』

海未『武者の次は軍人...どうやら本当にここは時空が歪んでいる可能性が高いですね』


56: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/13(金) 00:30:05.16 ID:rGTkXkmc.net

真姫「バミューダトライアングル?」

希「そう、別名、魔の三角海域って言われてるんよ」

真姫「さすがに名前くらいは私も聞いたことがあるわ、詳しくは知らないけど」

希「その海域では奇妙なことが起きるんよ、その海域に入った船や飛行機が行方不明になったり、方位磁石や計器などが急に狂ったりするんよ」

真姫「なんか怖いわね....それ」

希「それで宇宙人がそれを攫っていたとか、あとはワームホール...簡単にいうと異世界に繋がっている通路みたいなもんやね、それに入ってしまったとか」

真姫「今度は随分とSF色が強いわね」

希「まぁ、最近では海底からのガスの影響じゃないかって説も出てるけどね」

真姫「ふ~ん...」

希「まぁ、実際の真実はまだよくわからないけどね」


57: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/13(金) 00:38:57.99 ID:rGTkXkmc.net

真姫「成程、今回の神隠しを聞いてそれを思い出したってことね」

希「うん、でも...今回はそんなSFで片付かないと思うけどね」

真姫「そうね、山の中で忽然と姿を消すなんて不自然すぎるわ、それに過去の事件も」

希「とにかく急ごう!花陽ちゃんのことも心配だし!」

真姫「そうね!」



海未「全く...異世界に迷い込むなんて...まるでファンタジーの世界みたいですね」

凛「ファンタジーにしてはなんか殺気立ってる空間のような...」

海未「とりあえずここは私達がいた世界とは違う可能性が高いです、脱出の手掛かりがないか動くしかなさそうですね」

凛「でも、さっきの人達に会ったら」

海未「たしかにあの人達がこちらに対して友好的とか限りませんね、注意して探索をしましょう」

凛「はい!」


58: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/13(金) 00:43:09.25 ID:rGTkXkmc.net

凛「それにしても濃い霧だにゃ...」

海未「そうですね、味方でもあり大きな敵ですね、これは」

凛「味方?どう見てもこれは大きな障害なんじゃ...」

海未「たしかに障害ですが、これのおかげでさっきの人達にも探知されづらくなってますから」

凛「うーん...まぁ、それはそうかもしれないですけど...」

海未「では、刀を持った相手にどう立ち向かうんですか?竹刀は持っていますが、真剣相手には玩具みたいなものです」

凛「っ......」

海未「まぁ、相手が襲ってきたらの話ですがね」

凛「..........」


59: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/13(金) 00:48:17.76 ID:rGTkXkmc.net

海未「..........」

凛「.....っ!うわっ!」グラッ

海未「!大丈夫ですか?」

凛「は、はい...なにかに躓いた?...なんだろ?」

海未「これは....刀ですね....」

凛「さっきの人が落としたのかな?」

海未「.....!!」

凛「先輩?」

海未「...見ない方がいいかもしれませんよ」

凛「え?」

海未「...どうやら、そう簡単には帰れないのかもしれませんね」


60: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/13(金) 00:56:43.47 ID:rGTkXkmc.net

凛「これは...骨?....」

海未「おそらくは人のでしょうか?」

凛「凛達もこうなっちゃうとか.....そんなことはないですよね?」

海未「そうはなってほしくないですね....」

凛「あは...あはは.....」

海未「気をしっかり持ってください、諦めるのはまだ早いですよ」

凛「でも、諦めるなって言われてもどうすればいいんですか!」

海未「それは...しかし、このままやけになってもいても仕方ないです」

凛「っ........」

海未「..........」

海未(星空さんの手前、あぁは言いましたが、ここには何人の人が入って、何人の人がここを脱出できたのでしょうか...)

海未(穂乃果...ことり.....)


61: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/13(金) 00:59:23.30 ID:rGTkXkmc.net

ザッ!

海未 凛「!!」

「..........」

凛「し、しまった...見つかって....」

海未「気配を全く感じませんでした...さすが軍人と言ったところでしょうか....」

「君達も迷っているのかな?」

凛「しゃ、喋った!?」

海未「..........」

「この森は人の心を映す森....私みたいにならないようにね....」

凛「それはどういう....」

「成程、片方は巻き込まれただけみたいだね、なら可能性はある」

海未「可能性?」

凛「可能性って脱出ができるってこと!?」

「..........」


62: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/13(金) 01:01:34.29 ID:rGTkXkmc.net

「鎧武者には注意してね、下に転がってる私みたいにならないようにね」

凛「!?」

海未「では貴方は幽霊ということですか?」

「..........」スー...

凛「ちょっと待ってよ!!ここがどうやったら脱出ができるの!?」

フッ....

海未「消えた....」

凛「このままじゃ、凛達もこの足元の骨みたいに....」

海未「鎧武者には注意しろですか...鎧武者は先程見かけた人のことでしょうか?」

凛「っ....かよちん....」

海未「それと....人の心を映す森ですか....」

凛「もう意味がわからないにゃ....」


63: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/13(金) 01:06:37.41 ID:rGTkXkmc.net

海未「...........」

海未(さっきの方は片方は巻き込まれただけと言っていましたね...ということはどちらかにこの森に迷うきっかけがあったということでしょうか?)

海未(人の心を映す森....迷う...そしてあの方も私達と同じでこの場所で迷って最終的にあぁなってしまった)

海未(ではそのきっかけがわかれば脱出できるのでは)

海未「とりあえず、この刀はもしかしたら役にたつかもしれません...持っていきましょう」

凛「...持って行って呪われたりしないですよね」

海未「...怖い事を言わないでくださいよ」

凛「いや、その....だって.....」

海未「護身用です、なにが起こるかわかりませんからね」

凛「色々となんかいけない気がするけど.....緊急事態だから仕方ないよね?」


67: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/13(金) 23:43:53.58 ID:rGTkXkmc.net

海未「ん?他にもなにか落ちてますね....」スッ

凛「これは手帳?....うわっ、なんか文字が読みづらいですね」

海未「かなり古そうなかんじですね、さっきの方のものでしょうか?」

凛「もしかしたらなにかここのことで書いてあるかも!」

海未「そうですね...すいません、拝見させていただきます」

凛「中はそんなに傷んでないですね、そこまで」

海未「なにかヒントになることでも書いてあればいいのですが....」ペラペラ

凛「凛には読めないんですけど、先輩は読めるんですか?」

海未「まぁ、これくらいならなんとか」

凛「先輩すごいにゃ」

海未「大したことじゃないですよ」


68: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/13(金) 23:52:57.24 ID:rGTkXkmc.net

凛「なんて書いてあります?その手帳には」

海未「.....ふむ、読めない部分もありますが、この持ち主の方もこの森で迷った方のようですね」

凛「ってことは....ここの場所には昔にも迷った人がいたってことだね」

海未「そのようですね...それとなにかを後悔していたようですね」

凛「後悔?」

海未「はい、このページを見てください」

凛「...えっと、なんて書いてあるんですか?」

海未「簡単にまとめればこれを書いていた人がここに書いてある人に対してずっと謝ってるかんじですね」

凛「謝ってる....」

海未「あとは文字がかすれていたり、滲んでいたりして読めないですね」

凛「........」


69: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/14(土) 00:00:24.32 ID:1X8VojGE.net

海未「さっきの方が言っていた可能性を信じて行動してみますか」

凛「でも行動って?なにをするんですか?」

海未「ここみたいに他の場所にもなにか手がかりになるものが落ちていたりするかもしれません、それを探してみましょう」

凛「成程、わかりました」

海未「とりあえずこの刀を持っていきますか....」スッ

凛「武器になりそうですもんね」

海未「はい....痛っ!!」バチッ

凛「先輩!?」

海未「だ、大丈夫です...刀を持とうとしたらなにやら電気のようなものが....」

凛「電気?」


70: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/14(土) 00:08:22.22 ID:1X8VojGE.net

海未「....っ!...」バチッ

凛「まさかそんなことが?....」スッ

海未「!星空さん!無暗に触ったりしたら」

凛「...?普通に持てますけど?」

海未「...え?でも、さっき私が持とうとした時には....」

凛「なんともないですけど....」

海未「?...まぁ、ここは不思議な空間です、こんなことでいちいち驚いたりしても無駄なんですかね...」

凛「もしかして...呪いの刀とかじゃないですよね?これ」

海未「さぁ?でも、呪いに呪いをぶつけたりするのはありかもしれませんね」

凛「あ、ありなんですか?」

海未「お互いの呪いが喧嘩をして消えるとかなんとか...友人がそんなことを映画で見たって言ってました」

凛「映画ですか....」

海未「この状況も充分に映画みたいなものですよ」

凛「それは...たしかにそうかもしれませんけど...」


71: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/14(土) 00:15:57.44 ID:1X8VojGE.net

チャキン!

海未 凛「!!」

「............」

海未「いつの間に背後に....例の鎧武者とはこの人のことなんでしょか?」

凛「見つかっちゃったにゃ...先輩、どうします?」

海未「とにかく、一旦逃げましょう!」ダッ

凛「は、はい!!」ダッ


ガシャン!ガシャン!!ガシャン!!!

海未「追ってきますね...」

凛「というか!鎧を着てるのになんであんなに走るのが早いの!?」


72: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/14(土) 00:21:40.08 ID:1X8VojGE.net

海未「霧の中なのにこちらを見失ずに追ってきますね」

凛「もしかして凛達が走っている音を聞いて追いかけてるのかな?」

海未「そうかもしれませんね!なら!!」

凛「どうするんですか?」

海未「...そこの木の近くに隠れてみましょう...もしかしたら撒くことができるかもしれません」ボソッ

凛「わかりました」

ガサガサ

海未「息を整えて...気配を殺してください」

凛「っ...はい....ふぅ...」


ガシャン!!

「............」

海未(来ましたね....さて、どう動きます?)

「............」

凛(動かない?...もしかしてバレてる?それとも見失ったのかな?)


73: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/14(土) 00:26:34.50 ID:1X8VojGE.net

「...........」

ガシャン!!

海未(去っていく?....よし、これで態勢を立て直して....)

「...........」ブン!!

凛「!?」

ドン!!!

凛「な.....これは小刀?...も、もう少し横にいたらこの木みたいに小刀が体に刺さってたところだった...」

ガシャン!!ガシャン!!ガシャン!!!

凛「ってバレてる!?こっちに来る!?」

海未「逃げますよ!!簡単に逃がしてくれないみたいですね!」


74: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/14(土) 00:37:35.04 ID:1X8VojGE.net

凛「はぁ...はぁ...どこまで逃げれば....」

海未「それにしてもどこまで行っても森ですね...人工物が全く見当たらないですね」

凛「!!」

海未「どうしました!?いきなり立ち止まって」

凛「見てください、先輩」

海未「え?....これは!.....」

凛「どれだけ広い森なのここって....」

海未「この崖から見下ろしても...あたり一面の森....完全に元いた場所ではないことはたしかみたいですね、ここは」

ガシャン!!

海未「それよりも...追い詰められてしまいましたね...」

凛「みたいですね....」


75: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/14(土) 00:41:42.01 ID:1X8VojGE.net

「.........」

海未「この状況、まるで2時間ドラマのラストシーンみたいですね...」

凛「先輩が冗談を言うなんて珍しいですね」

海未「私だってたまには冗談くらいは言いますよ、こんな状況なら尚更言いたくもなりますよ」

凛「...先輩どうします?」

「刀を....抜け....」

海未「!喋った?」

凛「刀?刀ってもしかして、これ?」

「....勝負.....」

海未「まさか、真剣で勝負をしろということですか?」

「...........」チャキン

凛「この刀で.....勝負....」


76: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/14(土) 00:50:16.82 ID:1X8VojGE.net

海未「待ってください!いきなり勝負って言われましても!困ります!」

「..........」

海未「こっちはそちらのような鎧もつけてないんですよ!そんな状態で戦いでもしたら!」

「一本.....」

凛「.........」

「一撃でも...当てれば...そちらの勝ちとしよう....」

海未「しかし!!」

凛「先輩、ここはやるしかないみたいですよ」

海未「ですが、危険です!命の危険があるんですよ!怪我ではすまないんですよ!」

凛「それはこのままでも一緒ですよ、このままでも状況は変わりません!なら!この状況を乗り越えるしかないです!!」

海未「!!.......」


77: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/14(土) 00:54:24.66 ID:1X8VojGE.net

凛「...........」スッ

海未「待ってください!ここは私が!!」スッ

ビリッ!!ビリビリ!!!

海未「っ~!!!なぜ、何故!私には握れないんですか!?」

凛「きっと、この刀は凛にしか使えないんです」

海未「っ.....」

凛「先輩、任せてください!凛、勝ちますから!」

海未「星空さん....」

凛「よし.....」

「...........」


78: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/14(土) 00:59:23.84 ID:1X8VojGE.net

海未「待ってください、せめてこれを....」ゴソゴソ

凛「?」

海未「防具です、小手の部分だけですが、ないよりはましかと」

凛「先輩...」

海未「これくらいしかできませんが、許してください」

凛「ありがとうございます!」

海未「...無茶はしないでくださいね」

凛「善処...するにゃ」


凛「いくよ....」ギリッ

「...........」


82: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/15(日) 00:07:35.32 ID:684lSbWG.net

凛「やぁああああああ!!」ブン!!

「..........」ブン!!

ガキン!!

海未「星空さん.....」

凛「えい!!たああああ!!」ブン!ブン!!

「...........」スッ

ガキン!ガキン!!!

海未「さすがにスピードは防具を着けてない星空さんのが上のようですね、しかし...剣技は...」

凛「っ!!」グッ

「.........」ブン!ブン!!!

ガキン!ガキン!!!

海未「やはり相手のが上手ですね...」


83: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/15(日) 00:18:34.00 ID:684lSbWG.net

凛「っ~!!!」サッ

「.............」

凛「はぁ...はぁ.....」

海未「大丈夫ですか!?」

凛「なんとか...あの人、滅茶苦茶強いにゃ...」

凛(多分、先輩よりも...先輩にも勝てたことがないのに...そもそも勝てるのかな...)


84: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/15(日) 00:24:51.72 ID:684lSbWG.net

凛「っぐ....ああああ!!」ズサッ

「弱い.....つまらない....」

海未「星空さん!!」

凛「はぁ...はぁ....」

海未「大丈夫ですか!?」

凛「なんとか...でも、勝てないです」

海未「勝てない?」

凛「あいつは先輩よりも強い...先輩に一度も勝ってない凛が適うはずがないにゃ...」

海未「.......」

凛「そう...凛は弱いんだ....」


85: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/15(日) 00:25:40.90 ID:684lSbWG.net

凛「この前だってそう、かよちんを守るっていって、守れてなかったし...今だって大口をたたいておいて、こうやって力不足で天を仰いでるんだから...」

海未「では、諦めるんですか?」

凛「凛は先輩みたいに強くないし...才能もないんだよ...だからもう、やっても無駄だよ」

海未「.........」

凛「どうせ...凛なんて...」

海未「いい加減にしてください」

凛「...え?」

海未「才能がない、才能がないといいますが...そんなの当たり前です!!」

凛「!?」

海未「この際ですから!言わせていただきます!」


86: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/15(日) 00:33:53.48 ID:684lSbWG.net

海未「剣道の才能がないと言いますが、貴方は数ヶ月程度しか本格的にやってないはずです!それで十年近くやっている私にそもそも勝てるはずがありません!」

凛「そ、それは...」

海未「たしかに誰でも壁にぶつかることがあります!しかしそれを乗り越えて人は成長していくのです!!」

凛「........」

海未「私だって、そうやって成長してきたんです」

凛「っ...先輩に...先輩に凛のなにがわかるの!?」

海未「......」

凛「先輩は知ってると思うけど、真姫ちゃんは頭がよくてシックスセンスもある!希ちゃんは知識がある!...でも凛にはなにもないんだよ!?」

「仲間....割れ?」

凛「大切な幼馴染だって!まともに守ることができない!この間もそうだった!肝心な時に役に立てなかった...惨めだよ...本当に」

海未「........」

凛「凛はどうせ先輩と違って弱いんだよ!!」


87: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/15(日) 00:39:14.72 ID:684lSbWG.net

海未「...それは違います」

凛「違わないよ、凛は弱いよ」

海未「たしかに貴方は実力も心も弱いかもしれません」

凛「....っ...」

海未「しかしそれは成長する途中だから、そして私だって成長の途中のつもりです...そして貴方は私と似ています」

凛「似てる?なにがですか?」

海未「強くなりたいと思う根源です、私も強くなろうと思ったきっかけは幼馴染達でした」

凛「..........」

海未「こう見えて、小さい頃は泣き虫で人見知りだったんですよ?私」


88: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/15(日) 00:46:57.96 ID:684lSbWG.net

海未「そんな私を変えてくれたのは、幼馴染の二人でした」

凛「...幼馴染.....」

海未「いつも引っ込み思案な私を二人が私を引っ張ってくれました、そして私だけでは絶対に見ることができなった景色をたくさん見せてくれました」

海未「そしていつからかこう思うようになりました...二人を守れるようになりたいと強くなりたいと....そうなる為に鍛錬をしてきました、今まで...そしてこれからもしていきます」

凛「だからなんなんですか?...凛と先輩は違います!!」

海未「そうです!違います!!なぜなら貴方はまず自分に負けています!!!」

凛「!!」

海未「自分を卑下し、しっかりと前を見ようとしてない!自分自身が自分のことも信じてない!自分を信じられない人間が前に進むことはできません!!」

「...........」

海未「まずは自分を信じて!失敗をしても恐れずに!少しずつでも一歩ずつでも前に進むことが大事です!」

凛「.....先輩....」

海未「.........」

凛「...今、失敗したら死んじゃうんと思うんですけど.....」

海未「た、例えですよ....例え!というか変なことで急に冷静に突っ込まないでくださいよ」

凛「いや、だって....」

「..........」


89: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/15(日) 00:52:36.35 ID:684lSbWG.net

凛「でも...少し目が覚めたかも...凛、ずっと悩んでいたんです...悩んで悩んで...こんがらがってたのかも...」

「.........」

凛「そうだよ、簡単なことだったんだ....大切な人と一緒にいたい、それだけでよかったんだ...何も力がなくても一緒にいられるんだから....」

海未「........」

凛「でも貴方には勝つよ!そしてかよちんが!皆がいるところに帰るんだ!!」スッ

「っ.........」グラッ

海未「!」

凛「待たせたね、今度の凛はさっきのまでの凛とは違うんだからね!」

海未(一瞬、鎧武者がふらついたような...気のせいでしょうか?)

凛「よーし!行くよー!!!」


90: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/15(日) 00:59:45.00 ID:684lSbWG.net

凛「やぁ!!」ブン!ブン!!!

「............」スッ

ガキン!ガキン!!

海未「...急に相手の動きが鈍くなったような....それとも星空さんの動きがよくなったからなのでしょうか?」

「ぐっ........」

凛「はぁ!!!」ブン!!

ガキン!!

「し、しまっ....」グラッ

凛「隙あり!!」ブン!!

「!!」

ガキン!

海未「き、決まった!!」


91: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/15(日) 01:03:32.17 ID:684lSbWG.net

凛「き、決まったの?」

「.....どうやら今回は負けのようだね......」スッ

海未「兜を外してる?一体?....」

「............」

凛「!!」

海未「鎧武者が星空さん!?いや、そっくりさん?」

「...私は貴方の心が生んだ迷いが具現化したもの、この森の魔力によってね」

凛「迷い....」


『この森は人の心を映す森....』

海未「成程、あの言葉はそういう意味だったんですね」


93: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/15(日) 01:13:42.37 ID:684lSbWG.net

「この森は人間の心から後悔や迷いなどのマイナスエネルギーによって人を閉じ込める森...今回はそっちの子のマイナスエネルギーによって私とこの空間が生まれた」

海未「だから片方は巻き込まれたという言い方だったんですね」

凛「じゃあ、どうやったら帰れるの?元の世界に」

「時期に私は消える、貴方が迷いを断ち切って前に進んだからね、もう少ししたらこの空間も消えて帰れるよ」

凛「本当?」

「本当だよ、まぁ、信じなくても帰れるから信じるかはご自由に」

凛「そう...」

海未「星空さん」

凛「なんですか?先輩?」

海未「おめでとうございます....そしてすいませんでした、貴方は弱くはない!強い人間です!」

凛「....はい!」


94: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/15(日) 01:20:33.99 ID:684lSbWG.net

スー....

海未「霧が!」

凛「晴れていくにゃ!」

「そうだ、一つだけ言っておくね、最後に」

凛「え?なに?」

「この森みたいに人は生きていく中で色んなことで迷うことがある、でも立ち止まっていてもなにも解決しない、一歩踏み出す勇気だけは忘れないで?」

凛「....うん!わかったにゃ!」

「わかってくれれば...問題はないね....」フッ

海未「消えましたね....」

凛「はい.....」


95: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/15(日) 01:29:07.58 ID:684lSbWG.net

真姫「全く...二人はどこに....」

花陽「凛ちゃん...園田先輩...」

希「.....あ!二人共あそこ!!」


海未「あれは....」

凛「かよちん!!それに真姫ちゃんと希ちゃん?なんで?」

花陽「凛ちゃん!!」ダッ

凛「うぐっ!!」ドサッ

花陽「凛ちゃん!だ、大丈夫!?怪我とかしてない!?て、手当てを!」

凛「か、かよちん....ちょっと落ち着いてほしいにゃ....」


96: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/15(日) 01:32:08.51 ID:684lSbWG.net

真姫「そんなことが....」

海未「はい、無事に帰ってこれてよかったです」

希「心が空間を作るなんて...スピリチュアルやね...」

真姫「元々、この森にそういう力が溜まっていたんでしょうね...かすかにまだ力を感じるし」

希「せっかく急いで駆け付けたのに...まぁ、皆が無事だったからいっか...」

真姫「そうね」


花陽「凛ちゃん....ぐすっ....」

凛「かよちん、苦しいにゃ....」

花陽「だって...だって!」

凛「もう...ごめんね?心配かけて...」

花陽「うん...」

凛「もう...迷わないから...」

花陽「え?」

凛「ううん、なんでもないよ?かよちん」


97: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/15(日) 01:40:44.94 ID:684lSbWG.net

「園田さん、心配したんだよ?でも無事でよかった」

海未「ご迷惑をおかけしました」

「後で捜索隊の人にお礼を言いにいくから、付き合ってよね」

海未「はい、もちろん」



真姫「どうやら凛の悩み事も解決したみたいね」

希「うん...よかった、よかった」

真姫「さて...今度は貴方ね」

希「え?」

真姫「勉強よ、さぁ、帰ってするわよ」

希「えー....鬼ぃ....」


98: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/15(日) 01:48:43.74 ID:684lSbWG.net

真姫「私は貴方のことを思って....」

希「........」

真姫「希?」

希「.........」ダッ

真姫「あ!こら!!希ぃ!!」

希「逃げるが勝ち!!」

真姫「待ちなさい!!」


海未「あの二人は元気ですね」

凛「いつものことなんで」

花陽「あはは....」


おしまい




100: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/15(日) 01:49:55.32 ID:9bsx7Ooe.net

乙でした






元スレ:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1531388569/