1: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/06/11(火) 18:29:20.93 ID:VEN38voS.net

普通に注意しそう



5: 名無しで叶える物語(邪馬台国) 2019/06/11(火) 18:34:16.30 ID:QC65QIKJ.net

善子「えっろ!!!……っと」カタカタッターン


6: 名無しで叶える物語(SIM) 2019/06/11(火) 18:37:04.74 ID:Uj1GaqB7.net

津島善子、怒りの1万円スパチャ



16: 名無しで叶える物語(家) 2019/06/11(火) 19:07:16.65 ID:o+ChJpxy.net

何故こんなことをしているのか問いただしたら

「最近身体がウズウズしちゃって……えっちなこと止められなくて……でも一人でどんなにしても満足出来なくて……」
「誰かに見られてるって思うと凄く興奮しちゃって……それで……」
「ヨハネ様ぁ……ゴメンナサイ……」

そう涙をポロポロ流しながら事情を話してくれた彼女に対して、

「……」
「み、見られていると、興奮するのね……?」

と善子は上擦った声で提案をーーー



20: 名無しで叶える物語(ジパング) 2019/06/11(火) 19:21:30.95 ID:/fQ7ZNTU.net

>>16
はよ


22: 名無しで叶える物語(SIM) 2019/06/11(火) 19:25:52.23 ID:eiMR4bSo.net

>>16
あくあくAqours



23: 名無しで叶える物語(家) 2019/06/11(火) 19:35:16.32 ID:o+ChJpxy.net

善子「いい、ルビィ?よく聞きなさい」

善子「インターネットは便利だけど、とても恐ろしいものなの」

善子「貴女、この配信は一体いつから?何回目?」

ルビィ「い、いっかいだけ……」

善子「そう……」


善子「それでも、恐らくこの配信を見た人間は貴女のこの姿を何らかの形で我が物として保存しているわ」

ルビィ「えっ……」

善子「この配信は繰り返し見られるような方式ではないけれど、リアルタイムで保存してしまえば……ね」

ルビィ「え、や……そんな……」


善子「……」

善子「(罪悪感が凄まじいわ。ルビィ、ゴメンナサイ)」←キャプチャー、スクショ保存済み


25: 名無しで叶える物語(家) 2019/06/11(火) 19:41:31.23 ID:o+ChJpxy.net

善子「不幸中の幸いと言えるのはーーー」

善子「貴女のことだと特定出来るようなものや、局部が一切映っていなかったと言うこと」

善子「映っているのはルビィのお腹と太ももだけ」

善子「えっと、その……胸とかマン……大事な所とか布団は映ってなかったし、背景も普通の壁」

ルビィ「ぐすっ……うん……」

善子「声も、とても小さいから貴女だって気付けるのなんてこのヨハネ位のものよ」

ルビィ「うん……」グスグス


28: 名無しで叶える物語(家) 2019/06/11(火) 19:46:05.17 ID:o+ChJpxy.net

善子「だから、その……」

善子「インターネットは怖いものだからこんなことは二度としちゃダメ」

善子「その戒めとして貴女は一生消せない姿を晒した過去を背負っていくの」

善子「でも、貴女だって分かっているのはこのヨハネだけ」

善子「だからそんな世界の終わりのような顔をするのは止しなさい」

ルビィ「うん……。うんっ!」


善子「それで、よ……」


30: 名無しで叶える物語(家) 2019/06/11(火) 19:49:16.63 ID:o+ChJpxy.net

善子「み、見られていると、興奮するのね……?」

ルビィ「!」

ルビィ「……///」コクン


善子「一人でいくらシても、満足出来ないのね……?」

ルビィ「…………///」コクン


31: 名無しで叶える物語(家) 2019/06/11(火) 19:52:28.03 ID:o+ChJpxy.net

善子「……てあげる」

ルビィ「え……?」

善子「見てあげる。ヨハネが」

ルビィ「……」

ルビィ「ほぇっ///」


善子「だ、だからぁ!」

善子「また貴女が同じ過ちを犯さないため、それでいてルビィの欲求をこのヨハネが満たしてあげる!」

善子「そう言っているの!///」


34: 名無しで叶える物語(家) 2019/06/11(火) 19:57:41.38 ID:o+ChJpxy.net

ルビィ「………………………」

善子「……」

善子「2人だけの、秘密よ……」

善子「誰にも口外なんてしないから……」


ルビィ「……」ペタン


ルビィは、ヨハネのベッドに腰をかけて
少しずつ脚を開いていったーーー


36: 名無しで叶える物語(家) 2019/06/11(火) 20:02:54.02 ID:o+ChJpxy.net

太ももをスリスリと撫でる

ルビィの口からは早くも「ふっ…は…///」と声が漏れた

太ももも性感帯なのだろう

撫でるだけではなく、軽く揉むルビィの手

柔らかそうな肉にルビィの指がふにゅふにゅと沈んでいく


38: 名無しで叶える物語(家) 2019/06/11(火) 20:07:13.74 ID:o+ChJpxy.net

善子「ルビィって、脚は高校生相応って言うか」

善子「エロいわよね」

ルビィ「っ///」

善子「いつもはあどけない顔してるクセに」

善子「なんて顔してるのよ……///」

ルビィ「あ、あぅ……///」ハァハァ


39: 名無しで叶える物語(家) 2019/06/11(火) 20:11:54.85 ID:o+ChJpxy.net

顔を赤らめて瞳には涙を浮かべる彼女だが、自分の身体をまさぐる手は止まらない

右手は内腿を撫で回し、左手はお腹から胸へ伸び乳房を優しく撫でたかと思えば揉みしだき始めた

少しずつ荒くなるルビィの呼吸

ルビィ「はぁ……!はぁぁぁ……!う、うぅ……」

しかし声はあまり漏れない。出さないタイプなのか、それともーーー


41: 名無しで叶える物語(家) 2019/06/11(火) 20:15:20.89 ID:o+ChJpxy.net

善子「ねぇ。声、出してもいいのよ?」

ルビィ「っ!」

善子「これは配信じゃないし」

善子「ありのままのルビィを見せてよ」

ルビィ「は、恥ずかしいからヤダ……」

善子「あら。今更ね」


善子「ならーーー」

善子「もっと近くで見ちゃお」

ルビィ「きゃ!?」


43: 名無しで叶える物語(家) 2019/06/11(火) 20:22:29.73 ID:o+ChJpxy.net

1mちょっとだけ近付いただけで目前に迫るルビィの下半身

彼女の太ももが目の前にあり、可愛らしいピンクの下着もその間から覗いている

女性であるヨハネとしてもこんな光景はなかなか見られるものではない

結構ドキドキするものね


善子「ねぇ、そろそろ脱がないと汚しちゃうんじゃない?」

努めて平静を装いつつ、ルビィをどんどん追い詰めていく

早く見せてよ。あの時の続きを……


45: 名無しで叶える物語(家) 2019/06/11(火) 20:26:29.13 ID:o+ChJpxy.net

ルビィ「……っ」

一度手を止め、まずスカートのホックを外す

座ったままお尻を少しだけ浮かせて、スカートを脚に通して

パサ……

静かに音を立てて床に落ちた

続いて、ショーツーーー


嗚呼どうしよう。この様を録画したいと心が叫んでいる

そうしたい気持ちを抑え、自らの網膜にひたすらルビィの姿を焼き付ける


46: 名無しで叶える物語(家) 2019/06/11(火) 20:31:23.93 ID:o+ChJpxy.net

ルビィ「ん…しょ…///」

善子「(可愛い)」

ルビィ「……」

善子「なぁに?」

ルビィ「恥ずかしいよぉ」

善子「それがいいんじゃないの?」


善子「だってホラーーー」

善子「……っ」

善子「すご……」


ヨハネの目に飛び込んだのは、
水気を帯びいやらしく光る
我が忠実なリトルデーモンの秘部ーーー


48: 名無しで叶える物語(家) 2019/06/11(火) 20:36:39.04 ID:o+ChJpxy.net

決して濃くはないが、きちんと生えた局部を守る体毛

まだ誰の侵入も許していないであろう閉じられた花弁

その僅かな隙間からは、水気を帯びた光がテラテラと輝いていた

敢えて、敢えて言うわ

善子「えっろ……」


51: 名無しで叶える物語(家) 2019/06/11(火) 20:39:49.27 ID:o+ChJpxy.net

善子「想像以上だわ」

ルビィ「うぅ……」

善子「これは見られているから?それとも、いつもこうなっちゃうの?」

ルビィ「………………さいきんは、いつも」

善子「それは、大変ねぇ……♡」

ルビィ「〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜///」


54: 名無しで叶える物語(家) 2019/06/11(火) 20:44:20.20 ID:o+ChJpxy.net

ルビィ「はぁ……!はぁぁぁぁ……!!!」

ルビィ「んっ!あ、あぁぁ……!」クチュ

ルビィ「ん!んんんにゅ!」クチクチ

ルビィ「あっ♡あんっ♡」

ルビィ「あっ!あぁぁぁ!」ニチュニチュ


善子「…………」


ルビィはついに、堰を切ったかのように
その割れ目に指を這わせ、その谷間に指を沈めていく

小さくも、粘膜質を含んだ水の音が部屋に響き始めた


56: 名無しで叶える物語(家) 2019/06/11(火) 20:51:17.65 ID:o+ChJpxy.net

ヨハネはただジッと

クレバスに沿って指を這わせるルビィを見つめる

普段はあどけなさの残るルビィの顔

そんな日常の姿からはかけ離れた彼女の表情

快楽を得るために自らを慰める切ない表情

もっと、もっと……と声が聞こえるような、心苦しそうな表情……


58: 名無しで叶える物語(家) 2019/06/11(火) 20:54:10.71 ID:o+ChJpxy.net

善子「気持ちよくないの?」

ルビィ「え……?」

ルビィ「気持ちいいよぉ……?」

善子「そう……」

ルビィ「いつもより、興奮しちゃう……!」

ルビィ「あ、やぁぁぁ……///」

ルビィ「んっ♡はっ♡」


ルビィ「で、でもね……」

善子「えぇ」

ルビィ「ここから先が、分かんないの……」


59: 名無しで叶える物語(家) 2019/06/11(火) 20:57:09.69 ID:o+ChJpxy.net

ルビィ「もっと、気持ちよくなりたいのに」

ルビィ「すっごく、ちゅうとはんぱで……」

ルビィ「せつないの……」

ルビィ「そのうち、お姉ちゃんかお母さんが帰ってきちゃったり」

ルビィ「近くに人が居る!って思ったりして」

ルビィ「その時すっごくドキドキしちゃうんだけど……あっ♡」

ルビィ「そこで終わりにしないと、バレちゃうからぁ……」

ルビィ「よくわかんないまま、いつも終わっちゃうんだぁ……」

善子「……」


61: 名無しで叶える物語(家) 2019/06/11(火) 21:02:38.60 ID:o+ChJpxy.net

善子「イったことないのね、貴女 」

ルビィ「……?」

ルビィ「どこに行くのかはわかんないけど、多分……」

善子「クリに触れてみればイけるんじゃないかしら」

ルビィ「……栗?」


善子「……」

お約束が過ぎるわ
ヨハネと出会う前からずっとこの子の隣に居たあの文学少女は一体何をしていたのかしら……!


64: 名無しで叶える物語(家) 2019/06/11(火) 21:08:09.02 ID:o+ChJpxy.net

善子「おしっこ出る所よりほんの少し上」

善子「豆っていうか、イボみたいに出ているでしょう?」

善子「そこを、そーっと。ほんとにそーっと撫でてご覧なさい」

ルビィ「……お姉ちゃんがダメって言ってたよぉ?」

善子「大丈夫だから。優しく、優しく触れてみなさい」

ルビィ「……うん」


そう言ってルビィは女性器において最も敏感な部分に恐る恐る手を伸ばす

性知識の乏しい女性にこのような教えをすることは当然初めてだけど、
有り得ないくらい興奮している自分が居た


70: 名無しで叶える物語(家) 2019/06/11(火) 21:11:51.19 ID:o+ChJpxy.net

羽で撫でるように、
ルビィの指が豆に触れた

ルビィ「んっ!!!?」ビクッ

ルビィ「は……。あ、あっ!?」

ルビィ「あっ♡いやぁ!!」

ルビィ「んっっっ♡ああああああああっっっ♡」

善子「そこばっかりはダメ。バランス良くね」

ルビィ「は、はいぃぃ!ヨハネ様ぁ♡」クチュクチュ

善子「そうそう。上手よ♡」


75: 名無しで叶える物語(家) 2019/06/11(火) 21:18:46.71 ID:o+ChJpxy.net

そこからルビィは乱れた

的確に自分が気持ちよくなる所を自ら攻め立てる

上の衣服も脱ぎ、キャミソールタイプの下着の下から控えめながらも確かに膨らみを持つその乳房を揉みしだく
その頂きをつねると「くぅぅぅん♡」と可愛らしい声をあげた

それと同時に秘部を掻き回す手も止まらない

先程まで切なく辛そうな表情はもう見る影も無い

初めて性の快楽に酔う淫らな思春期女子の顔がそこにはあった


ヨハネは、目を離せなかった……


76: 名無しで叶える物語(家) 2019/06/11(火) 21:23:36.99 ID:o+ChJpxy.net

ルビィ「あっ♡ああああああああっっっ♡」

ルビィ「ヨハネ、様ぁ!」

ルビィ「見て!見てぇ!!」

ルビィ「ルビィのイケない所、みてぇ!」

善子「見ているわ」


善子「気持ちいいの、込み上げてきてる?」

ルビィ「すっごく!すっごく気持ちいいよぉぉ♡」

ルビィ「あっ。はああああああああ♡」

ルビィ「ん〜〜〜〜〜〜♡」

善子「……(ゴクッ」


今まで意識していなかったけど、心臓が弾け飛ぶ位暴れまわっていた
どんなにハードな練習をしていても、こんなに心臓が千切れそうになったり、呼吸が上手く出来なかったことはあっただろうか


80: 名無しで叶える物語(家) 2019/06/11(火) 21:28:12.99 ID:o+ChJpxy.net

そしてーーー

ルビィ「あっ」

ルビィ「あ!あっ!!!ん!!」

ルビィ「はあああっっっ!」

ルビィ「んんんんんんんんんんあああああっっっ♡」

ルビィ「きゅううぅぅぅ♡ん〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜♡」

善子「そのままのペースで」

ルビィ「はああああああああ!!!」

ルビィ「ああああああああああああああああああああああああっっっっ♡♡♡」ピクンッッ

ルビィ「あっ♡ああああああああ……………♡」ビクンッ

ルビィ「はっ……はぁ……はぁ……」ゾクゾクゾグゾグ…


ルビィは初めての快楽の頂きへと登り、果てた……


81: 名無しで叶える物語(家) 2019/06/11(火) 21:30:14.98 ID:o+ChJpxy.net

ルビィ「は、はぁ……………はぁ………………」

ルビィ「あぁ………♡」

ルビィ「あん…♡」

善子「ちゃんと、イけたわね」

ルビィ「……」

ルビィ「うん……♡」


82: 名無しで叶える物語(家) 2019/06/11(火) 21:33:26.12 ID:o+ChJpxy.net

ルビィは呼吸を整えつつ、快楽の余韻に浸る

その一方で、ヨハネの心はメチャクチャに乱れていた

あの配信を見たときから抑え込んでいた

ルビィへの劣情が

今にも暴発しそうで

理性が

とてもじゃないけど

抑えきれなくなってて


84: 名無しで叶える物語(家) 2019/06/11(火) 21:36:01.40 ID:o+ChJpxy.net

ルビィ「ヨハネ様」

ルビィ「ルビィ、ヨハネ様のおかげで」

ルビィ「初めて気持ちよくなれたよ……♡」

ルビィ「ルビィの恥ずかしい所見てくれて」

ルビィ「気持ちいい所を教えてくれて」

ルビィ「ありがとう♡」


善子「…………………」


ルビィ「……」

ルビィ「ヨハネ様……?」

ルビィ「善子ちゃ


86: 名無しで叶える物語(家) 2019/06/11(火) 21:40:44.85 ID:o+ChJpxy.net

ギシッ

ルビィの上に覆い被さる

ルビィの股の間に挟んだ膝に湿り気を感じた

そうだ。そう言えばこのベッド、ヨハネのだった

ルビィの愛液ですっかり濡れちゃってる

まぁいっか

今からもっと濡らすのだし


ルビィ「……え」

善子「ルビィごめん」

善子「見るだけって決めてたけどごめん」

善子「貴女がきちんと自分で慰められるようになればいいって思っていたハズなのにごめん」

善子「ごめん」


初めに自分を許すがために謝り倒して

ルビィの身体に貪りついた


88: 名無しで叶える物語(家) 2019/06/11(火) 21:46:40.13 ID:o+ChJpxy.net

ルビィ「えっ?!」

ルビィ「ちょっ!?やっ///」

ルビィ「あっ♡やめっ♡やめて!だめ!よしこちゃ?!だめだよぉ!!?」


ルビィ「おね、おねがっ」

ルビィ「はあああっっっ♡」

ルビィ「きゃああああああああああああっっっ!!」


ルビィが悲鳴と矯声の入り混じった声が聞こえる

その声を聞きながら

ルビィの首筋に下を這わせ

ルビィのありとあらゆる身体の部位をまさぐり倒した


91: 名無しで叶える物語(家) 2019/06/11(火) 21:51:32.97 ID:o+ChJpxy.net

ーーーーー

ーーー



ルビィ「はっ♡はぁぁぁぁ♡」

善子「…………」


ルビィの胸、脚、首筋、腋、お腹。そして秘部。

ありとあらゆる所を弄り、舐め回し

二度目の絶頂を無理矢理ルビィ迎えさせた


94: 名無しで叶える物語(家) 2019/06/11(火) 21:57:06.34 ID:o+ChJpxy.net

二度目の絶頂を無理矢理ルビィに迎えさせた


ルビィ「善子、ちゃ……」

ルビィ「なんで……」

善子「…………………」

善子「無理よ」

善子「ヨハネだって貴女と同じように満たされない時、あるもの」

善子「一人でシようとして、オカズ、探していて」

善子「たまたまライブ配信していた子が、凄く可愛い声で喘いでいて」

善子「でも小さく聞こえるその声が、どう聞いてもルビィ」

善子「貴女の声でーーー」


95: 名無しで叶える物語(家) 2019/06/11(火) 22:01:52.77 ID:o+ChJpxy.net

善子「最初はすぐに止めさせなきゃと思ったわ」

善子「貴女に連絡しようとして……」

善子「でも、出来なかった」

善子「微かに聞こえるルビィの声、必死に動かす腕」

善子「あんな、いつもと全く違うルビィの声と姿を見ちゃって……」

善子「貴女が配信を終えるまで、目を離せなかった……」

ルビィ「……」


98: 名無しで叶える物語(家) 2019/06/11(火) 22:07:38.87 ID:o+ChJpxy.net

善子「それでも」

善子「こんなことしている貴女を止めなきゃって呼び出してーーー」

善子「貴女をちゃんと正しい道へ導こうと思っていたのに……」


善子「堕天使なんてヨハネだけで十分なのに…」

善子「ルビィの淫らな姿を見ていたら……」

善子「ゴメンナサイ」

善子「ヨハネがルビィを汚してしまったわ……」


ルビィ「……」


100: 名無しで叶える物語(家) 2019/06/11(火) 22:10:24.56 ID:o+ChJpxy.net

ルビィ「ヨハネ様…」

善子「……」


チュ……


善子「」

ルビィ「ん……♡」


ルビィ「……」スッ…

ルビィ「これがお返事だよ」


102: 名無しで叶える物語(家) 2019/06/11(火) 22:14:03.88 ID:o+ChJpxy.net

ルビィ「さっき言ったよ」

ルビィ「ヨハネ様のおかげでルビィはきちんと気持ちよくなれました」

ルビィ「ルビィが一人で上手に出来るように見守っててくれました」

ルビィ「だから、ありがとう♡って」


ルビィ「その後は、ビックリしたけど……」

ルビィ「自分でするよりも、もっとドキドキしちゃって」

ルビィ「ほんのちょっと怖いのが、スゴくて……」

ルビィ「ルビィ、あんなの知っちゃったら……」

ルビィ「戻れないよぉ……♡」


105: 名無しで叶える物語(家) 2019/06/11(火) 22:20:19.11 ID:o+ChJpxy.net

ルビィ「ヨハネ様ぁ……♡」ギュッ

ルビィ「好きです」

ルビィ「ルビィをもっと、お側に置いて下さい……」


善子「…………………う、うううううぅぅぅ!!」


涙が溢れてくる。止まらない

身勝手なヨハネに、ルビィは、こんな……

罪悪感に胸がはち切れそうで
首を振ってルビィを拒絶した

それでもルビィは背中に回した手を決して離してくれなかった


108: 名無しで叶える物語(家) 2019/06/11(火) 22:26:02.21 ID:o+ChJpxy.net

善子「私は、ルビィを正しく導けないわ……」

ルビィ「いいよ」

善子「駄目よ……」

ルビィ「一緒に堕ちます」

善子「絶対駄目。駄目ぇ……」

ルビィ「これはもう運命なんだよ」

ルビィ「ルビィはえっちな女の子で。イケないことなのにあんな配信しちゃって」

ルビィ「ヨハネ様に嗜めて貰って」

ルビィ「でも、ルビィがえっちだったから」

ルビィ「ヨハネ様のことを誘惑しちゃったの」


110: 名無しで叶える物語(家) 2019/06/11(火) 22:29:46.47 ID:o+ChJpxy.net

善子「そうよ。ヨハネの理性が、意思が弱かったから……」

善子「ヨハネもいやらしい堕天使だったから……」

ルビィ「だから、惹かれ合ったんですよね♡」

善子「!!!」

善子「で、でもぉ……」

ルビィ「それじゃあ、いいの?」

ルビィ「ルビィがまたあんな配信をして、誰かも知らない人達にルビィのはしたない姿を見られても」

ルビィ「いいの?」

善子「なっ……!?」


112: 名無しで叶える物語(家) 2019/06/11(火) 22:32:46.57 ID:o+ChJpxy.net

善子「それは駄目って言ったでしょ!!」

ルビィ「うん。ヨハネ様が居てくれれば、絶対にしません」

善子「お、脅しじゃないのよぉ……!!」

ルビィ「えへへ♡」

善子「こ、このイケない小悪魔!」

善子「貴女は天使なんかじゃないわ!元から根っからの小悪魔よ!」

ルビィ「ふへへっ♡」

善子「〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!///」


嗚呼、もう駄目だ

ヨハネは

抗えない運命と小悪魔に巡り合ってしまったのだ…………


114: 名無しで叶える物語(家) 2019/06/11(火) 22:40:50.77 ID:o+ChJpxy.net

それからーーーー


ルァイィン♪

善子「……」スマホッ

ルビィ:一人だと寂しいよぉ……♡
【動画】

善子「……」タップ

ルビィ『あっ♡あんっ♡ヨハネ様ぁ……♡』


善子「……っ」


ヨハネのスマホにはルビィのあられもない姿が録画された動画が次々と保存されていく

あの時保存したキャプチャー動画を消すことは無いけど(と言うかこればかりはルビィにも秘密だけど)

ヨハネが独り占め出来ているその動画は、
ルビィの大事な所も
少しずつ大きくなりつつあるバストも
どんどんいやらしくなっていく太ももも
快楽に酔うルビィの表情も

全部映っていて……

ヨハネは我慢出来ずに

一気にパンツを下ろして

その動画を、ヨハネだけの配信を見ながら

ヨハネも自らを慰める


116: 名無しで叶える物語(家) 2019/06/11(火) 22:43:59.79 ID:o+ChJpxy.net

2人だけの秘密を抱えて

2人だけで堕ちて

いつか迎える終末のことなんて考えられなくて

頭に浮かぶのは、一刻も早くあの子の元へ行って

あの子の身体を、心を

味わいたい

快楽に溺れさせたい

ただ、それだけ……。



118: 名無しで叶える物語(家) 2019/06/11(火) 22:44:44.14 ID:o+ChJpxy.net

ー終わりー




122: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2019/06/11(火) 22:47:04.89 ID:F8Tbzqq/.net

えっろ


135: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/06/12(水) 00:02:45.19 ID:daAhbrlc.net

えろすぎる


143: 名無しで叶える物語(うめぼし) 2019/06/12(水) 07:38:40.51 ID:UaymM4TY.net

|c||^.- ^|||c||^.- ^|||c||^.- ^|||c||^.- ^|||c||^.- ^|||c||^.- ^||


144: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2019/06/12(水) 07:49:52.12 ID:A7XV300W.net

えちえち!





元スレ:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1560245360/