1: 名無しで叶える物語(たこやき) 2019/11/01(金) 07:52:46.81 ID:I2OO29TH.net

果南「体に悪いからダメって言ったでしょ」

善子「仕方ないじゃない 今ママが忙しくてお弁当作れないんだから」

果南「じゃあわたしに言ってよ!」

善子「なんでよ?」

果南「わたしが善子ちゃんのお弁当作ってくるね!」

善子「えぇ…」

果南「何その顔は」

善子「だって果南の作るお弁当でしょ…?干物とか…」

果南「わたしは干物女じゃない!」

善子「そこまで言ってないわよ」

果南「とにかく!善子ちゃんのお母さんが楽になるまで、善子ちゃんのお弁当はわたしが作るからね!」

善子「…はい」

果南「それに、わたしだって料理できるんだから!」

善子「楽しみにしております…」



6: 名無しで叶える物語(たこやき) 2019/11/01(金) 08:09:14.33 ID:I2OO29TH.net

翌日の昼休み

善子(果南の作ったお弁当…どんなものなのか想像もつかないわね)

果南「善子ちゃん~」

善子「果南」

果南「はいっ 約束通り作ってきたよ!」ドンッ

善子「あ、ありがとう」

善子(可愛らしい柄のお弁当箱 果南もこんなの持ってたりするのね)

果南「はやく開けてみてよ!」

善子「ご、ごめんって。それじゃ」パカッ

善子「…!!!これは!!!」

善子「至って普通のお弁当!けど、栄養バランスがしっかり考えられていて、色取り!食欲がそそられるわ!」

果南「ふっふん♪」

善子「それに、果南のイメージでもある海鮮もしっかりと入ってる…」

果南「さすがにお刺身は傷んじゃうから入れられなかったけど、栄養豊富なワカメは入れたよ!食べやすいようにサラダにしてみたんだ♪」

善子「あの果南が…こんな素敵なお弁当を作れるだなんて…」

果南「失礼じゃないかなん?」

善子「ごめん …食べていいかしら」

果南「もちろん♪そのために作ったんだからね!」

善子「…」ゴクリ


14: 名無しで叶える物語(たこやき) 2019/11/01(金) 08:41:35.67 ID:I2OO29TH.net

善子「じゃあ、安定の卵焼きから…」

果南「召し上がれ♪」

善子「…」パク

善子「…!!!!!!!!!!」

善子「美味しい!!!!!!」ドンッ!!

果南「でしょ~?」

善子「これはだし巻き?」

果南「そうだよ♪ 善子ちゃんのママは甘い卵焼きをいつも作ってるみたいだから、だし巻きにしてみたんだ」

善子「でもこんなに美味しいだし巻き、食べたことないわよ」

果南「ふふーん、それはね、だしに秘密があるんだ♪」

善子「だしに?」

果南「うん!これは、わたしが潜って取った魚だったり、ワカメを煮詰めて作ったわたし特製のだしなんだ♪」

善子「本格的ね」

果南「初めて作ったから色々大変だったけど、その苦労が善子ちゃんの笑顔に変わったならわたしも嬉しいよ♪」ニコッ

善子「…っ!」

善子「ほ、他のも食べてみるわね!」

果南「うん♪」


16: 名無しで叶える物語(たこやき) 2019/11/01(金) 08:51:22.69 ID:I2OO29TH.net

善子(そのあともわたしは、果南の作ったお弁当を夢中で食べた)

善子(冷凍食品もあったけど、半分以上が果南手作りだった)

善子「ふう…ごちそうさまでした」パンッ

果南「お粗末さまでした♪」

善子「…果南はいいお嫁さんになりそうね」

果南「!」

果南「…」

果南「じゃあ善子ちゃんのお嫁さんにしてもらおうかな~」ニヤニヤ

善子「何言ってるのよ!」

鞠莉「ハーイ♡盛り上がってるとこお邪魔しチャオ!」

ダイヤ「なんですかそれは…」

果南「鞠莉とダイヤ」

善子「一体どうしたのよ」

ダイヤ「果南さん、1時間目お休みになられましたようで。」

善子「そうなの?」

果南「ま、まあね~」

ダイヤ「まったく」

果南「でもそれがどうしたの?」

鞠莉「今日の現代語の授業、発表メンバーにいたよね?無断欠席で呼び出しよ♡」

果南「あ…」


18: 名無しで叶える物語(たこやき) 2019/11/01(金) 08:58:25.06 ID:I2OO29TH.net

鞠莉「連絡くらい入れれば良かったのに」

果南「ちょっと立て込んでたからね~」

ダイヤ「1時間目を休んだ理由はなんですの?」

果南「そ、それはちょっと言えないかなん…」

ダイヤ「そもそもなんで1年生の教室にいるんですの?」

果南「逆になんでわたしが1年の教室にいることを」

ダイヤ「ルビィから『果南ちゃんがきたよ~!』って送られてきたんですの」

果南「そう…」

鞠莉「あら?善子、可愛らしい柄のお弁当箱ね♪ これじゃ堕天使じゃなくて天使よ♡」

善子「これはわたしのじゃなくて果南の…あっ…」

ダイヤ「果南さんの?どうして…」

果南「」

鞠莉「ふふーん♡そういうことね♡」

果南「」

鞠莉「果南が1時間目を休んだ理由、それはずばり、善子への愛妻弁当を作るためだったのでーす!」

果南「あー!言わないで言わないで/////」

ダイヤ「果南さんがお弁当を?魚を捌いてるとこ以外見たことないですわ」

鞠莉「きっと干物をお弁当に詰め込んだんじゃないの?」

善子「違うわよ!」


19: 名無しで叶える物語(たこやき) 2019/11/01(金) 09:04:55.08 ID:I2OO29TH.net

善子「ぶっちゃけわたしも、果南が料理できるのか心配だったし、色々と不安だったけど…」

善子「果南のお弁当は…果南のお弁当はめちゃくちゃ美味しかったんだから!!!」ドンッ!!

果南「善子ちゃん…」

善子「あ、ごめん…」

鞠莉「いいのよ、でもそんなに熱くなるなんて」

ダイヤ「一体果南さんのお弁当はどんな味だったのかしら」

善子「食べたことないの?」

ダイヤ「先程も言いましたけど、わたくしは果南さんが魚を捌いてるとこ以外見たことありませんわ」

鞠莉「わたしもね」

果南「それは…だいたいいつも鞠莉とダイヤが料理作ってくれるし、美味しいから…」

鞠莉「♪」

ダイヤ「照れますわね」

善子「確かに2人の料理は美味しいわね…でも果南の料理も負けてないわよ!」

果南「えへへ/////」

鞠莉「オーウ…」

ダイヤ「果南さん…すごい顔をしていますわよ」

果南「へ?」



21: 名無しで叶える物語(たこやき) 2019/11/01(金) 09:05:55.96 ID:I2OO29TH.net

ぐだって来たのでここで終わりにします

性格が合わなさそうな感じがあってあまり語られませんが、かなよしはなかよし



27: 名無しで叶える物語(しうまい) 2019/11/01(金) 10:09:09.59 ID:hxotRW64.net

もうちょっとヨハネ側の反応みたい


36: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2019/11/01(金) 17:09:16.77 ID:H5FaWUhS.net

なかよしさんやね





元スレ:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1572562366/