1: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/12(火) 23:23:49.48 ID:EzZntUIY.net

~部室~

鞠莉「イエース!オハラグループの総力を結集した夢の装置!」

鞠莉「そのプロトタイプがついに完成したのでーす!」

ダイヤ「そうですか」スタスタ

鞠莉「Oh!反応が薄いわよダイヤ!」

ダイヤ「まだわたくしたちだけしか来てないとは言え、もうすぐ練習ですし準備なさい」

鞠莉「はーい……って違うわよ!」

ダイヤ「何ですの、騒々しい」

鞠莉「ダイヤが話を聞いてくれないからでしょ!」

ダイヤ「はいはい。それでその平行四辺形がどうしたのですか?」

鞠莉「並行世界!んもー、疲れるわねぇ」

ダイヤ「それはわたくしの台詞ですわ」

鞠莉「こほん。それでね、ダイヤにお願いがあるの」

ダイヤ「お断りします」

鞠莉「まだ何も言ってない!」

ダイヤ「どーせその胡散臭い装置の実験台になってくれとでも言うのでしょう?」

鞠莉「ぎくっ」



2: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/12(火) 23:24:53.41 ID:EzZntUIY.net

ダイヤ「全く。何年の付き合いだと思っているのですか」

鞠莉「ダイヤ……」キュン

ダイヤ「いや、そこはときめく所では無いのですが」

鞠莉「……あのね、これをダイヤに頼んでるのはちゃんとした理由があるの」

ダイヤ「理由?」

鞠莉「実はこの間の合宿の時にね、この装置との適性を調べるために」

鞠莉「みんなが寝てる間にこっそり脳波を測ったの」

ダイヤ「しれっと何てことしてるんですか」

鞠莉「もちろん自分自身の脳波も測ったわ」

鞠莉「そしたらね、みんな適正値には届かなかったの。ただ1人、ダイヤを除いて」

ダイヤ「えっ……」

鞠莉「どういうわけかダイヤの数値だけが異常に高くて」

鞠莉「この装置にとても適合してるって結果が出たのよ」

ダイヤ「そんな……」

鞠莉「だからお願い、ダイヤ。力を貸して」

ダイヤ「なおさら嫌ですけど」

鞠莉「なんでよ!」


3: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/12(火) 23:25:47.70 ID:EzZntUIY.net

ダイヤ「当たり前でしょう!?そんな話を聞いてホイホイと乗り気になると思いますか!?」

鞠莉「ダイヤのケチ!石頭!貧乳!」

ダイヤ「何とでもおっしゃい」

鞠莉「はぁ……分かったわよ、そこまで嫌なら無理強いはしないわ」

ダイヤ「分かって頂けましたか?」

鞠莉「そうね。正直ダイヤ以外は誰がやっても同じだろうし、ルビィにでも頼むわね」

ダイヤ「は?」

鞠莉「ダイヤが断るなら仕方のないことでーす」

ダイヤ「ちょ、ちょっと待って下さい!ルビィの名前を出すのは卑怯ですわ!」

鞠莉「じゃあダイヤ、やる?」

ダイヤ「ぐぬぬ……分かりましたわ」

鞠莉「さっすがダイヤ!」


4: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/12(火) 23:26:51.67 ID:EzZntUIY.net

ダイヤ「本当に安全なのでしょうね?」

鞠莉「オフコース!実はマリーも何回か試したのよ」

ダイヤ「そうなのですか?じゃあ別にわたくしがやらなくても」

鞠莉「自分でやってたらリアルタイムでデータが取れなくってね」

ダイヤ「はぁ。それで鞠莉さんはどんな世界に行ったのですか?」

鞠莉「んーあまりよく覚えてないけど……ぬいぐるみの世界?」

ダイヤ「随分鞠莉さんに似合わない世界に行ったのですね」クスクス

鞠莉「失礼ね!じゃあここに座って、これを頭にかぶってちょうだい」

ダイヤ「はいはい」


5: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/12(火) 23:27:37.14 ID:EzZntUIY.net

鞠莉「並行世界に行ける、と言っても身体ごと行くわけじゃないからね」

鞠莉「身体はこっちの世界に残ったままだから心配しないで」

鞠莉「感覚的には夢を見てるのと同じになるはずよ」

ダイヤ「夢……」

鞠莉「それとマリーの実験結果から言うと、そこまで効果は長続きしないわ」

ダイヤ「どれくらいなのですか?」

鞠莉「そうね、大体1日くらいかしら」

ダイヤ「1日って、それじゃわたくしはここにずっと放置されるのですか?」

鞠莉「そこは心配いりませーん。こっちと並行世界じゃ時間の流れが違うみたいなのよ」

鞠莉「だから目が覚める頃にはちょっとお昼寝しちゃったくらいの時間しか経ってないはずよ」

ダイヤ「はずって……」


6: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/12(火) 23:28:52.80 ID:EzZntUIY.net

鞠莉「じゃあそろそろ始めるわね。だんだんと眠くなっていくと思うから」

ダイヤ「はい……」ウトウト

鞠莉「戻ってきたら、お土産話聞かせてね」

ダイヤ「分かり……ました……」ウトウト

ダイヤ「……Zzz」

鞠莉「うん。バイタルは安定してるわね」

鞠莉「さて、どんな並行世界に旅立ったのかしら」

ガチャ

千歌「こんちかー!」

鞠莉「ハーイ、チカっち。それにみんなも」

千歌「うわ、なにこれ。ダイヤさんどうしちゃったの?」

鞠莉「まぁ深い事情があるのよ。順に説明してくわね」

千歌「ふぅん?」


7: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/12(火) 23:29:27.83 ID:EzZntUIY.net

====================================================================

おねがい……

わたしたちも……たい……

====================================================================


9: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/12(火) 23:30:53.16 ID:EzZntUIY.net

~???~

ダイヤ「んっ……ここは……」

ダイヤ「……」キョロキョロ

ダイヤ「部室……?」

ダイヤ「わたくしのよく知っている部室と何ら変わりありませんね」

ダイヤ「部室から見える景色も全く一緒ですわ」

ダイヤ「しかも……」

ダイヤ「手も足も、鏡に写っている姿もどう見てもわたくしではないですか」

ダイヤ「本当にここが、並行世界なのですか……?」

ダイヤ「もしかして、鞠莉さんのドッキリという可能性……?」

ダイヤ「わたくしに色々吹き込んでから眠らせてどこからかこの様子を見ていたりして」

ガチャ

梨子「あっ」

ダイヤ「……梨子、さん?」

梨子「……」クスッ

ダイヤ「梨子さん?」

梨子「あ、ごめんごめん。やっぱりここに居たんだ」

ダイヤ「えぇと……あ、練習ですか?」

梨子「練習?」


12: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/12(火) 23:31:59.43 ID:EzZntUIY.net

ダイヤ「今すぐ着替えて練習に……って、制服という事はもしかして練習は終わってしまいましたか?」

梨子「ぷっ」

ダイヤ「梨子さん?」

梨子「もう、ねぼすけさんなんだから」

ダイヤ「は、はぁ」

梨子「練習はもうしたでしょ?」

ダイヤ「えっ?」

梨子「ほら、早く行こっ」

ダイヤ「あぁ、ちょっと」

ダイヤ(一体どういう事なのですか……それにこの違和感)

ダイヤ(梨子さんって、ここまでわたくしと距離感が近い子でしたっけ?)


15: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/12(火) 23:33:09.59 ID:EzZntUIY.net

ダイヤ「あの、梨子さん」

梨子「なぁに?」

ダイヤ「どこに行くのですか?」

梨子「どこって、教室だけど?」

ダイヤ「あ、あぁ。なるほど、そういえば荷物は教室に置きっぱなしでしたね」

ダイヤ「それではわたくしはこちらで……」

梨子「ちょっとちょっと!どこに行くの?」

ダイヤ「どこって、教室ですが?」

梨子「そっちは3年生の教室だよ!」

ダイヤ「はぁ?何を言って、わたくしは……」

梨子「もう、まだ寝ぼけてるの?自分のリボンの色、ちゃんと見て?」

ダイヤ「リボンの色って……えっ?」

梨子「その赤いリボンを見て、まだ自分の教室が分からないようなら」

梨子「ねぼすけってレベルじゃないよ、ダイヤちゃん」クスクス


17: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/12(火) 23:34:38.50 ID:EzZntUIY.net

ダイヤ(何で……赤いリボンを付けているのですか……)

ダイヤ(それに……梨子さんが、ダイヤ……ちゃん?)

ダイヤ(一体全体、何が起こっているのですか……?)

梨子「朝練が終わって教室に行ったと思ったら、部室に戻って居眠りをしてて」

梨子「そのせいで日直の仕事をサボるなんて千歌ちゃんと善子ちゃんに笑われるよ?」

梨子「あ、ちなみにダイヤちゃんがサボってやらなかった日直の仕事は」

梨子「私が代わりにやったので、貸し一つだからね♪」

ダイヤ「そ、それは申し訳ありません」

ダイヤ(朝練?日直?千歌さん?それに……)

梨子「あ、善子ちゃん」

ダイヤ(善子さん?善子さんが何故ここに……)

ダイヤ(えっ!?)

善子「遅かったじゃない、梨子。それに……ダイヤも」

ダイヤ(何故……善子さんが赤いリボンを付けているのですか!?)


18: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/12(火) 23:35:32.97 ID:EzZntUIY.net

梨子「ダイヤちゃん部室に居たみたいで」

善子「部室?何でまた部室に戻ったのよ」

梨子「いや、う~ん……」

善子「何よその反応」

梨子「ダイヤちゃんの名誉を守る為に内緒♪」

善子「意味分かんないんですけど?」

ダイヤ(意味が分からないはこちらの台詞ですわ)

梨子「そういえば千歌ちゃんは?」

善子「まだ来てないわよ」

ガラッ

千歌「はぁ……はぁ……」

梨子「あ、噂をすれば」


20: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/12(火) 23:36:50.64 ID:EzZntUIY.net

ダイヤ「千歌、さん?」

千歌「あ、ダイヤちゃん……」

善子「遅いわよ、千歌」ズビシ

千歌「あいたっ。間に合ったんだから良いじゃーん」

善子「間に合ってないわよ!……ねぇ、ダイヤ?」

ダイヤ「へ?あ、あぁ、そうですわね」

善子「ダイヤ?」

ダイヤ「ど、どうされました?」

善子「いや、寝坊して朝練にも来なかったのに千歌の事怒らないんだなって」

梨子「ふふっ、今日のダイヤちゃんは怒るに怒れないもんね~」

善子「そうなの?」

千歌「何だかよく分からないけどダイヤちゃんに怒られなかったし今日はツイてる!」

善子「いや、寝坊したのは反省しなさいよ」

千歌「だって梨子ちゃんが~」

梨子「3回も電話したのに起きなかった千歌ちゃんが悪いです」

千歌「そんな~」


21: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/12(火) 23:37:26.47 ID:EzZntUIY.net

キーンコーンカーンコーン

千歌「あ、予冷だ」

善子「席につきましょ」

梨子「また休み時間ね」

ダイヤ「え、えぇ」

ダイヤ(席って、わたくしの席はどこに……)

梨子「今日のダイヤちゃんは本当にねぼすけさんね?」

梨子「ダイヤちゃんの席は善子ちゃんの隣でしょ?」

ダイヤ「あ、あぁ。そうでした……」

善子「何やってんのよ……」


22: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/12(火) 23:38:20.69 ID:EzZntUIY.net

~授業中~

ダイヤ(これが鞠莉さんの言う並行世界なのでしょうか……)

ダイヤ(2年生の教室で、2年生として授業を受けてるなんて……)

ダイヤ(幸いにも一度受けてる授業なので困る事はありませんが)

ダイヤ(それに千歌さん、梨子さん、善子さんと同じクラスだなんて)

ダイヤ(そう言えば曜さんはどうしたのでしょうか?)

ダイヤ(出席確認の様子を見ても曜さんはこのクラスに居ないようでしたが……)


23: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/12(火) 23:38:51.23 ID:EzZntUIY.net

~お昼休み~

千歌「お、ひ、る、だー!」

梨子「嬉しそうね千歌ちゃん」

千歌「いやー午前の授業でエネルギー使っちゃって」

善子「寝てただけじゃないあんた……ってダイヤ、お弁当は?」

ダイヤ「えぇっと……忘れたみたいで」

ダイヤ(鞄の中を探してもお弁当箱は見当たりませんわね……)

善子「じゃあ購買コースね。混む前に買ってきたら?」

ダイヤ「えぇ、そうしますわ」


24: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/12(火) 23:39:58.85 ID:EzZntUIY.net

~購買~

ダイヤ「そういえば購買でお昼を買う事は今まで無かったですね」

ダイヤ「いつもはちゃんとお弁当を持ってきますし」

ダイヤ「とは言え……」


ガヤガヤガヤガヤ


ダイヤ「この人混みをかき分けて買いに行くのは骨が折れそうですわ……」

???「あれ?ダイヤちゃん?」

ダイヤ「この声は……」

ダイヤ「曜さ――」

ダイヤ「えっ?」

曜「やっぱりダイヤちゃんだ!珍しいねこんなところで」

ダイヤ(な、なんで曜さんが……黄色のリボンを……)

ダイヤ(1年生の制服を着ているのですか!?)


26: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/12(火) 23:40:45.57 ID:EzZntUIY.net

曜「ダイヤちゃん今日はお弁当忘れたの?」

ダイヤ「え、えぇまぁ」

曜「ははーん、だから尻込んでたんだね!」

曜「確かにこの人混みは購買ビギナーには厳しいもんね~」

ダイヤ「あの、曜さん?」

曜「折角だし曜ちゃんがダイヤちゃんの分も買ってきてあげるよ!」

ダイヤ「えっと」

曜「それで、ダイヤちゃんは何をご希望です?」

ダイヤ「……お任せしますわ」

曜「了解であります!」


27: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/12(火) 23:41:47.05 ID:EzZntUIY.net

~数分後~

曜「買ってきたよー!」

ダイヤ「ありがとうございます」

曜「焼きそばパンに~カツサンドに~あとデザートで抹茶コロネ!」

ダイヤ(こんなに食べきれるかしら)

ダイヤ「あ、これお代ですわ」

曜「毎度!じゃあダイヤちゃん、また放課後ね!」

ダイヤ「行ってしまいました……」


28: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/12(火) 23:42:38.12 ID:EzZntUIY.net

千歌「あ、ダイヤちゃんおかえりー!」

善子「随分早かったわね……って大物ばっかじゃない」

ダイヤ「そうなのですか?」

梨子「ダイヤちゃんはあんまり購買行かないから分からないかもだけど」

梨子「焼きそばパンとカツサンドは人気銘柄だよ」

ダイヤ「なるほど」

善子「というかこれ本当にダイヤが買ったの?」

ダイヤ「いえ、曜さんと会いまして、代わりに買ってきてあげると」

梨子「なるほどね」


29: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/12(火) 23:43:38.38 ID:EzZntUIY.net

善子「どーせダイヤのことだし全部曜に任せたんでしょ?」

ダイヤ「よく分かりましたね?」

善子「だってこれ完全に曜の好みよ」

梨子「抹茶コロネはダイヤちゃんの好きな物選んだって感じだね」

ダイヤ「まぁ、それは気を遣わせてしまったみたいですわね」

善子「気にしなくて良いわよ。少食のダイヤにカロリー高めのパンばっか選んでるんだし」

梨子「食べ切れなかったら千歌ちゃんが食べてくれるよ。ね、千歌ちゃん?」

千歌「ふぇっ?の、望むところだよ!」

善子「食い意地張るんじゃないわよ、全く」

梨子「ふふっ」

千歌「あはは~」


30: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/12(火) 23:46:20.62 ID:EzZntUIY.net

~放課後~

千歌「よし!授業終わり!練習だー!」

善子「だからあんたは寝てただけじゃない……」

梨子「あはは……」

ダイヤ(練習……流石にAqoursのですよね?)

ダイヤ(曜さんもまた放課後にと言っていましたし、Aqours自体は存在しているのでしょうね)

善子「ほら、ダイヤ行くわよ」

ダイヤ「えぇ。分かりましたわ」


31: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/12(火) 23:47:45.59 ID:EzZntUIY.net

~屋上~

果南「じゃあステップの確認からいくよー!」

「「「はーい!」」」

ダイヤ(Aqoursの練習は普段と変わらないですわね)

ダイヤ(練習内容も曲もフォーメーションもわたくしが知っているものです)

ダイヤ(ただやっぱり……)

曜「ルビィちゃんルビィちゃん。今のステップどうだった?」

ルビィ「うん!すっごく良かったよぉ!」

曜「わーい!」

花丸「曜ちゃん、授業の合間もずっと確認してたずら」

曜「練習の成果が出たよー」ブイッ

ダイヤ(学年が変わってる事でメンバー同士の距離感が変わってるのはむず痒いですわ)


32: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/12(火) 23:49:54.83 ID:EzZntUIY.net

~帰り道~

千歌「いやー!今日の練習も充実してたねー!」

ルビィ「うぅ……練習ハードだったからその分お腹空いちゃった」

千歌「じゃあコンビニ寄ってかない?」

梨子「賛成♪」

ルビィ「おねえちゃん、良い?」

ダイヤ「へ?あ、あぁ。行きましょうか」

ルビィ「やったぁ!」

梨子「ダイヤちゃんから一発OK出るなんて珍しい」

ダイヤ「そ、そうですか?」

ルビィ「いつもは練習後の買い食いは良くないって突っぱねられて」

梨子「その後ルビィちゃんと千歌ちゃんがゴネて、最後はダイヤちゃんが折れるパターンだもんね」

ダイヤ「た、たまたま今日はそういう気分になっただけですわ!」

千歌「じゃあダイヤちゃんの許可も出たしコンビニへレッツゴー!」


34: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/12(火) 23:52:00.00 ID:EzZntUIY.net

~コンビニ~

梨子「ルビィちゃんは何にしたの?」

ルビィ「あんまん!梨子ちゃんは?」

梨子「私はチョコまんだよ」

ルビィ「そっちも美味しそう」

梨子「じゃあ半分こする?」

ルビィ「良いの!?」

ダイヤ「……」

ダイヤ(思えばこのメンバーでコンビニに寄り道というのも新鮮ですわね)

ダイヤ(これもメンバー同士の距離感が変わってる事の影響なのでしょうか)

千歌「ダイヤちゃーん!」

ダイヤ「どうしました?」

千歌「ダイヤちゃんは何にしたの?」

ダイヤ「わたくしは特に何も」

千歌「えー!それじゃ勿体無いよー!」

ダイヤ「ですが、家に帰ったら夕飯もありますし」

千歌「ルビィちゃんは食べてるよ?」

ダイヤ「うっ、それは……」


35: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/12(火) 23:54:09.34 ID:EzZntUIY.net

千歌「じゃあ私の半分あげるよ」

ダイヤ「えっ?それでは千歌さんの食べる分が」

千歌「良いの良いの!私がやりたいことなんだから!」

ダイヤ「で、ですが……あーもう!分かりましたわ!わたくしも買ってきます!」

千歌「本当!?」

ダイヤ「別に千歌さんと半分こする為じゃないですからね!」

ダイヤ「千歌さんだけ半分しか食べれないのはかわいそうだからわたくしも買うのです!」

りこルビ(素直じゃないなぁ)

千歌「理由はなんだって良いよー」


37: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/12(火) 23:55:18.57 ID:EzZntUIY.net

ダイヤ「買ってきましたわ」

千歌「じゃあ交換ターイム!……ん?」

ダイヤ「何ですか?」

千歌「ダイヤちゃんが買ったのってもしかして……」

ダイヤ「カレーまんですが……ま、まさか!」

千歌「えっと、そのまさかです」っカレーまん

ちかダイ「……ぷっ、あはははは」

ダイヤ「これでは半分こする意味無いじゃないですか」

千歌「ふふっ、先に何買ったか教えとけば良かったね」

ダイヤ「で、どうしますか?もうそのまま食べてしまいますか?」

千歌「んー、半分こしよ!」

ダイヤ「そう言うと思いましたわ」クスッ


38: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/12(火) 23:56:37.05 ID:EzZntUIY.net

~ダイヤの部屋~

ダイヤ「はぁ……流石に疲れましたわね」

ダイヤ「ここが鞠莉さんの言う並行世界なのは間違いないでしょう」

ダイヤ「わたくしが2年生で、他にもAqoursメンバーの学年の構成が変わっている世界」

ダイヤ「まさかオハラグループにこんな科学力があるとは……」

ダイヤ「まぁでも、結局普通に1日を過ごしてしまいましたが」

ダイヤ「これはこれで中々新鮮で楽しくはありましたね」

ダイヤ「確か鞠莉さんは1日経てば元に戻ると言っていましたし」

ダイヤ「きっとこのまま眠ってしまえば、朝起きる頃には元の世界に……」


39: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/12(火) 23:57:08.44 ID:EzZntUIY.net

~翌朝~

ダイヤ「……」

千歌「どうしたのダイヤちゃん?」

ダイヤ「いえ……」

善子「朝から辛気臭いわねー」

梨子「体調悪いの?」

ダイヤ「そういうわけではないので大丈夫ですわ」

ダイヤ(朝起きても手元には2年生の制服しか無くて)

ダイヤ(学校に来たら心配そうにわたくしを気遣う)

ダイヤ(千歌さん、梨子さん、善子さんというクラスメイトの皆さん)

ダイヤ(……戻れてないじゃないですか!)


40: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/12(火) 23:58:09.44 ID:EzZntUIY.net

====================================================================

うん……

やっぱり、あのダイヤちゃんは……

どうするの……

今は、このまま……

====================================================================


41: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/12(火) 23:59:12.44 ID:EzZntUIY.net

ダイヤ(並行世界に身を投じて数日)

ダイヤ(鞠莉さんが言っていた1日は24時間なのかもという淡い期待も打ち壊され)

ダイヤ(わたくしは元の世界に戻れないまま)

ダイヤ(浦の星女学院2年生の黒澤ダイヤとして過ごしていました)

ダイヤ(ただ、元の世界に戻る手がかりが無い以上)

ダイヤ(ここでわたくしがジタバタしても何も始まらないですし)

ダイヤ(きっとわたくしが目を覚まさない事に異変を感じた鞠莉さんが何とかしてくれる)

ダイヤ(そう信じてわたくしは、むしろこの世界の事をもっと知ろうとしました)

ダイヤ(ここ何日かを過ごすうちに、段々とわたくしの置かれている状況が分かってきました)

ダイヤ(大きく変わったのはAqoursメンバーの学年構成)

ダイヤ(わたくしと善子さんが2年生で曜さんが1年生)

ダイヤ(それ以外はわたくしの知っているままでした)

ダイヤ(1月生まれのわたくしと9月生まれのルビィが1歳違いの姉妹というのは)

ダイヤ(おかしいにも程がありますが、他のメンバーに聞いても)

ダイヤ(不思議な事があるものだと誰も気に留めませんでした)


43: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 00:00:40.03 ID:JjtnncT7.net

ダイヤ(メンバー間の関係性は変わらないものもあれば大きく変わっているものがありました)

ダイヤ(大きく変わったのはやはりわたくしと千歌さん、善子さん、梨子さんの関係性でしょう)

ダイヤ(千歌さんとわたくしは、どうやら昔馴染みだったようです)

ダイヤ(そして高校進学と共に、善子さんとクラスメートになり)

ダイヤ(いつの間にか意気投合して一緒に行動するようになったと)

ダイヤ(2年生になって梨子さんが転校してくるのは変わりません)

ダイヤ(わたくしと千歌さんと梨子さんは内浦組なので帰る方向も一緒ですし)

ダイヤ(善子さんは梨子さんと波長が合うみたいで)

ダイヤ(4人で行動するようになるまでそう時間はかからなかったみたいです)

ダイヤ(そして、Aqoursの結成)


45: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 00:02:13.32 ID:JjtnncT7.net

ダイヤ(千歌さんが発起人となって“今”のAqoursが結成された事実に変わりはありません)

ダイヤ(ですが“前”のAqours……)

ダイヤ(わたくしと果南さんと鞠莉さんでAqoursを結成した事実はありませんでした)

ダイヤ(とまぁ、この数日で手に入れた情報はこれくらいですが)

ダイヤ「はぁ……」

ダイヤ(いつになったら元の世界に戻れるのでしょうか……)


46: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 00:02:41.83 ID:JjtnncT7.net

善子「いつになく今日のダイヤは難しい顔してるわね」

梨子「やっぱり何かあったんじゃないかな」

千歌「なになにー?何の話?」

梨子「あ、千歌ちゃん」

善子「先生から呼び出されるって今度は何したのよ」

千歌「むぅ、問題児みたいに言わないでよー!」

千歌「最近よく宿題忘れるから気をつけるようにって言われただけだよ」

善子「十分問題児じゃない……」


47: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 00:03:57.56 ID:JjtnncT7.net

千歌「それで、何の話してたの?」

善子「別に。ダイヤが般若みたいな顔してるって話してただけよ」

ダイヤ「そこ!聞こえてますわよ!」クワッ

千歌「うわぁ!般若だ!」

ダイヤ「ち・か・さ・ん?」ゴゴゴゴゴゴゴ

千歌「ごごごごごごごめんなさい」

梨子「あはは……。そうだ、今日の練習オフだし気晴らしに行かない?」

千歌「さんせー!」

善子「まぁ良いわよ」

梨子「ダイヤちゃんは?」

ダイヤ「わたくしは……」

ダイヤ(流石に気晴らしに行く気分では)

千歌「ダイヤちゃん今日無理なの?」ウルウル

ダイヤ「うっ……」

ダイヤ(千歌さん、それは流石にずるいですわ……)

ダイヤ「はぁ……。お供しましょう」

千歌「やった!」


48: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 00:04:52.05 ID:JjtnncT7.net

~放課後~

梨子「この4人で遊ぶのも久しぶりな気がするね」

善子「確かに言われてみれば、Aqoursの活動始まってからはあまり無かったかもね」

千歌「ねーねー、ゲーセン行こうよ!」

梨子「異議なし♪」

善子「右に同じく」

ダイヤ「わたくしも構いませんわ」

千歌「じゃあレッツゴー!」


49: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 00:06:12.86 ID:JjtnncT7.net

~ゲーセン~

千歌「何からやろっか?」

ダイヤ「わたくしは特にやりたいものも無いので、皆さんにお任せしますわ」

千歌「えーつまんなーい」

ダイヤ「そう言われましても」

梨子「じゃあそこのガンシューティングにしない?」

千歌「梨子ちゃんああいうの得意なんだっけ?」

梨子「ううん。私じゃなくて善子ちゃんが」

善子「なっ!」

梨子「さっきからやりたそうにチラチラ見てたの知ってるよ?」

善子「うぅ……」

千歌「いいねいいねー!善子ちゃんの銃さばき見せてよ!」

善子「し、仕方ないわね!そこまで言うなら見せてあげるわ」

善子「沼津の猟犬と呼ばれた実力を!」

ダイヤ(何ですかその渾名は)

千歌(あっはっはっ)


50: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 00:07:36.17 ID:JjtnncT7.net

善子「それで、誰か一緒にやる?別に私は1人でも良いけど」

梨子「じゃあ折角だし私がやろっかな♪」

善子「梨子が?」

梨子「駄目?」

善子「別に良いけど」

梨子「じゃあよろしくね、善子ちゃん」

ダイヤ「梨子さんってこういうの得意なんですの?」ヒソヒソ

千歌「聞いたことないよ」ヒソヒソ

善子「さぁ、血戦の幕開けよ!」


51: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 00:08:56.02 ID:JjtnncT7.net

バン!バン!バン!バン!

善子「ちょっと梨子!全く当たってないんですけど!?」

梨子「ひーん!だって怖いんだもん!」バン!バン!

善子「あ゛ーーー!何で回復アイテムだけ取ってくのよ!」

梨子「ごめんなさーーーい」バン!バン!

善子「またぁ!?私が回復出来ないんですけどーーー!?」

ダイヤ「これは酷い血戦ですわね」

千歌「善子ちゃん1人でやった方が良かったかもね」


52: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 00:10:13.93 ID:JjtnncT7.net

善子「もう!梨子が回復アイテムばっか取ってくから私が先にやられちゃったじゃない!」

千歌「梨子ちゃん1人になったら瞬殺だったね」

梨子「ぐすん」

ダイヤ「まぁまぁ、梨子さんも梨子さんなりに頑張ったのですから」

善子「何かもうどっと疲れたわ……」

梨子「本当にごめんなさい……」

善子「良いわよ、別に。楽しいは楽しかったし」

梨子「善子ちゃん……!」パァァ

善子「でも疲れたのは事実だし次は千歌とダイヤが遊んだら?」

梨子「そうだね。私たちは後ろから見てるよ」

ダイヤ「と言われましても、わたくしこういうゲームはあまり得意では……」

千歌「じゃーあれやろーよダイヤちゃん!」


53: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 00:12:02.22 ID:JjtnncT7.net

ダイヤ「レースゲームですか」

千歌「ふふふー、内浦の彗星と呼ばれた実力を見せてやるのだ!」

ダイヤ「だから何ですのその渾名は。まぁ良いでしょう」

ダイヤ「そこまで言うならこの勝負、受けて立ちますわ!」

善子「おぉ、ダイヤがいつになく本気に」

梨子「それでダイヤちゃんはどの車を選ぶの?」

ダイヤ「わたくしはこのじーてぃーあーるにしますわ」

善子(ダイヤがGT-Rって違和感凄いわね)

千歌「さぁ準備は出来た?」

ダイヤ「えぇ。お手柔らかにお願いしますわ」


55: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 00:13:33.37 ID:JjtnncT7.net

3……2……1……GO!

千歌「いっけー!」ブォーーーン

梨子「千歌ちゃんはロケットスタートね」

善子「対するダイヤは」

ダイヤ「あら?スピードが上がりませんわ?」

善子「ってあんたそれMTじゃない!シフトアップしなさい!」

ダイヤ「こ、こうですか?」ガコッガコッ

善子「はぁ……。素直にATにしとけば良いものを」

善子「この勝負千歌の勝ちね」

梨子「待って善子ちゃん」

善子「なに?」

梨子「差がどんどん……縮まってる」


56: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 00:14:04.09 ID:JjtnncT7.net

千歌「ふふーん、これは余裕の勝利だね」

ダイヤ「させませんわよ」

千歌「ええっ!?そんな、何で!?あんなに差があったのに」

善子「的確なライン取り、限界ギリギリまで攻めるブレーキング」

善子「走りに一切のムダがない……これじゃまるでイニシャル」

梨子「善子ちゃん、ストップ」

善子「はい」


57: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 00:15:44.93 ID:JjtnncT7.net

千歌「むぅ~!ダイヤちゃん何でそんなに速いのー!?」

ダイヤ「コツを掴んでしまえば造作もありませんわ」

千歌「さっきまでシフトアップすら出来なかったくせにー!」

ダイヤ「そんな事より、お喋りばかりしてて良いのですか?」

千歌「ふぇ?」

ダイヤ「がら空きですわよ?」キィィィィィ

千歌「うわぁ!」

善子「インベタのさらにイン!」

梨子「普通にインコースから抜いただけじゃないかなぁ」


58: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 00:18:23.91 ID:JjtnncT7.net

FINISH!

ダイヤ「1位ですわー!」

千歌「負けたー」

ダイヤ「ふふ、わたくしに勝とうなんて100年早いですわ」

善子「ダイヤってハンドル握ると性格変わるタイプなのね」

ダイヤ「はっ……!い、いえ少しはしゃいでしまっただけで別にそういうわけでは///」

千歌「でも楽しかったー!ダイヤちゃんは?」

ダイヤ「……楽しかったですわ」

梨子「2人とも子供みたいだったもんね」

ダイヤ「そ、そんなにはしゃいでいましたか!?」

千歌「あはは。さ、時間はまだあるんだしいっぱい遊ぼー!」


59: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 00:20:26.89 ID:JjtnncT7.net

~~~~~

千歌「んーーー!満喫満喫!」

善子「ひっさびさにこんなに遊んだわね」

ダイヤ「練習が休みのはずなのに同じくらい疲れましたわ……」

梨子「ふふふ、エアホッケーのダイヤちゃんは面白かったなぁ」

善子「マレットが飛んでくるとは思わなかったわね」

ダイヤ「い、言わないでください!」

千歌「何かこのまま帰るのが勿体ないねぇ」

梨子「お茶でもしていく?」

千歌「んーそれよりも……そうだ!うちでお泊り会しようよ!」

善子「いくらなんでも急すぎでしょ」

ダイヤ「そうですわ。それに明日が休みならともかく、学校があるではないですか」

千歌「ぶーぶー。久々に4人で遊んだんだから良いじゃん、しよーよー」

梨子「ふふ、千歌ちゃんがこうなった以上、諦めるしかないね」

善子「ったく、仕方ないわねぇ」

千歌「やたっ!ダイヤちゃんは?」

ダイヤ「わたくしは……」

千歌「来てくれないの……?」ウルウル

ダイヤ「……はぁ。もう好きにして下さい」

千歌「わーい!」


60: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 00:21:53.98 ID:JjtnncT7.net

~千歌の部屋~

千歌「さ、あがってあがってー」

梨子「お邪魔しまーす」

善子「ねぇ、何か物が散乱してるんだけど」

千歌「あ、あはは。今日泊める事ことになるとは思ってなくて」

ダイヤ「それでよくお泊り会やろうなんて言えますわね」

千歌「めんぼくありません」

梨子「じゃあ役割分担しない?」

ダイヤ「役割分担?」

梨子「千歌ちゃんと一緒にお部屋のお片付けする人と」

梨子「買い出しに行く人で分かれるの」

千歌「なるほどーって、私選択権無くない!?」


61: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 00:22:26.89 ID:JjtnncT7.net

善子「なら私は買い出し行くわね」

千歌「その心は」

善子「千歌の部屋何が出てくるか分からないし大変そうだから」

千歌「ひどい!」

梨子「あはは。ダイヤちゃんはどっちが良い?」

ダイヤ「そうですね……わたくしも買い出しに行きますわ」

ダイヤ「善子さんに任せてたら変なものばっか買ってきそうですし」

善子「どういう意味よ!」

梨子「ふふっ。じゃあ私は千歌ちゃんとお片付けしてるね」


62: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 00:23:15.85 ID:JjtnncT7.net

~コンビニ~

善子「でも意外ね。ダイヤだったら千歌の部屋の片付けやると思ったけど」

ダイヤ「そうでしょうか?」

善子「そうよ。千歌がだらしなくしてるといつも叱ってたし」

ダイヤ「それは善子さんも同じでは?」

善子「うぐっ、私の事は良いのよ」

ダイヤ「まぁそれに、先程からチョコレートばかりカゴに入れてる善子さんを見てたら」

ダイヤ「こちらに来て大正解だと思いましたけどね」

善子「あぁ!戻さないで!」

ダイヤ「確かに千歌さんと梨子さんから夜のお菓子パーティー用のお菓子も買ってきてと言われました」

ダイヤ「寝る前の間食など言語道断ですが、まぁ今回はそういう催しなので大目に見ましょう」

ダイヤ「で・す・が!こんなにもチョコレートを買う必要は無いでしょう!?」

善子「だって好きなんだもん……」


63: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 00:24:30.82 ID:JjtnncT7.net

ダイヤ「好きだからと言ってこの量は認められません!」

善子「けちー」

ダイヤ「はぁ……。善子さんのチョコレート好きがここまでだったとは」

ダイヤ「それにしてもチョコレートってこんなに種類があったのですね」

善子「当然よ!」

ダイヤ「したり顔で言わないで下さい……んん?」

善子「どうしたのよ?」

ダイヤ「いえ、抹茶チョコレートなんていうのもあるのだなと」

善子「あぁ、ダイヤ抹茶好きだったわね」

ダイヤ「えぇ、まぁ」

善子「戻さないの?」

ダイヤ「も、戻しますとも!」

善子「……」

ダイヤ「……」

善子「戻さないの?」ニヤニヤ

ダイヤ「う~~~!」


64: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 00:25:22.12 ID:JjtnncT7.net

アリガトウゴザイマシター

ダイヤ「さ、買う物も買えましたし千歌さんの家に戻りましょう」

善子「そうね。でも本当に抹茶チョコ買わなくて良かったの?」

ダイヤ「善子さんにあぁまで言ったのですから当然ですわ」

善子「別に私は気にしないし買っちゃえば良かったのに。ほんと強情なんだから」

ダイヤ「強情って」

善子「……そうだ。日を改めてならダイヤも気にしないわよね?」

ダイヤ「どういう意味です?」

善子「駅前にチョコレートの専門店が出来たんだけど、今度の休みに一緒に行かない?」

ダイヤ「チョコレートの専門店、ですか」

善子「多分抹茶チョコもあると思うけど」

ダイヤ「それは大変魅力的ですわね。ですが……」

善子「ですが?」

ダイヤ「千歌さんや梨子さんではなく、わたくしでよろしいのですか?」

善子「ダイヤと行きたいと思ったんだから良いの!」

ダイヤ「……っ!」

ダイヤ「で、ではお言葉に甘えて」

善子「ふふっ、約束よ」


65: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 00:26:09.80 ID:JjtnncT7.net

~千歌の部屋~

千歌「さ、夜も更けてきたしお菓子パーティーの始まりだよ!」

ダイヤ「お夕飯あれだけ食べておいてまだ食べるのですか……」

千歌「お菓子は別腹だもん!」

ダイヤ「はぁ」

善子「そう言いつつダイヤもお菓子に手を伸ばしてるけどね」ニヤニヤ

ダイヤ「こ、これは!ついと言いますか何と言いますか」

梨子「ふふっ、ダイヤちゃんもお泊り会久々だからね。つい気が緩んじゃうじゃない?」

ダイヤ「そ、そうかもしれませんわね」

千歌「でもほんとこの4人でお泊り会って最近やってなかったよね」

善子「練習もハードでそれどころじゃなかったしね」

梨子「じゃあ積もり積もった話でもする?」

千歌「するー!」


66: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 00:27:03.62 ID:JjtnncT7.net

ワイワイワイワイ

ダイヤ「ふふっ」

ダイヤ(何故でしょう、楽しくて仕方ありません)

ダイヤ(千歌さん、梨子さん、そして善子さんとこんなにも距離が近くなって)

ダイヤ(他愛もない会話に花を咲かせているのも、わたくしにはとても刺激的なのかもしれません)

ダイヤ(……それと同時に、頭のどこかで、記憶のどこかで引っかかるものがありました)

ダイヤ(わたくしにとって、このメンバーだけのお泊り会は初めてのはずです)

ダイヤ(でも、先程の千歌さんの久しぶりのお泊り会という言葉に)

ダイヤ(わたくしは確かに、と思ってしまったのです)

ダイヤ(記憶に無いはずのものが、記憶のどこかにあるような感覚……)

ダイヤ(わたくしはこの光景を知っている……?何故……?)

ダイヤ(もしかしたら、それが元の世界に戻る為の手がかりなのかもしれません)

千歌「ダイヤちゃん?ぼーっとしてどうしたの?」

ダイヤ「いえ、何でもありませんわ。それで、何の話でしたっけ?」

千歌「えっとねぇ」

ダイヤ(わたくしがこの世界に来た理由が……元の世界に戻れない理由が)

ダイヤ(もしかしたらあるのかもしれません……)


98: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 21:17:18.10 ID:JjtnncT7.net

~次の休日~

ダイヤ(先日の約束通り、今日は善子さんとお出かけの日です)

ダイヤ「ふぅ……少し緊張しますわね」

ダイヤ(現実世界では善子さんと2人でお出かけなんてした事が無かったですしね……)

善子「お待たせ」

ダイヤ「あ、善子さん」

善子「待たせちゃったかしら?」

ダイヤ「いえ、わたくしも今来たところで」

善子「良かった。じゃあ早速行きましょ?」

ダイヤ「えぇ!」


99: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 21:18:36.73 ID:JjtnncT7.net

~チョコレート屋~

ダイヤ「色々な種類があるのですねぇ」

善子「そうねぇ」キラキラ

ダイヤ「……ぷっ」

善子「な、何よ!」

ダイヤ「いえ、善子さんもそんな表情をするのだなと」

善子「う、うっさい!」カァァァ

ダイヤ「ふふ、とても可愛らしかったですわ」

善子「うぅ~そういうダイヤだってさっきから抹茶チョコレートばっか気にしてるじゃない!」

ダイヤ「そ、それは!」

善子「ダイヤも好きなものには目がないものねぇ」ニヤニヤ

ダイヤ「良いじゃないですか別に!」


100: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 21:23:00.71 ID:JjtnncT7.net

善子「ま、今日はそれが目的の1つだしね」

善子「それで、ダイヤのお眼鏡にかなう物は見つかった?」

ダイヤ「えぇ、勿論ですわ」タンマリ

善子「いやいやいや!何か涼しい顔して言ってるけど明らかに買いすぎでしょ!」

善子「この間私が買ってた量より多いんですけど!?」

ダイヤ「だってどれも美味しそうだったので仕方ないでしょう!?」

善子「しかもこれ全部抹茶チョコなのね……。抹茶チョコがこんなに種類あったとは」

善子「まさかこれ全部1人で食べる気……?」

ダイヤ「さ、流石にそんなわけありませんわ。皆さんにいくつか配ります……多分」

善子「めちゃくちゃ不安になるんだけど」


101: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 21:25:06.62 ID:JjtnncT7.net

ダイヤ「それより善子さんはどうなのですか?」

善子「私はまぁ、それなりにって感じね」

ダイヤ「善子さんも善子さんで結構買っているじゃないですか」

善子「でもダイヤと違って色んな種類買ってまーす」

ダイヤ「ぐっ……」

善子「そうだ、そこのイートインスペースで休憩しない?」

善子「お互いが買ったものの試食会も兼ねてね」

ダイヤ「良いですね」


102: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 21:26:55.23 ID:JjtnncT7.net

善子「って、飲み物まで抹茶なのね……」

ダイヤ「つい抹茶チョコラテという文字に心躍らされまして……」

善子「何かダイヤって店側の手のひらで簡単に転がりそうよね」

ダイヤ「失礼な!」

善子「ま、早速試食タイムといきましょ」

ダイヤ「改めて見ても、善子さんは色々な種類を買ってますわね」

善子「抹茶オンリーのダイヤとは違うのよ」

ダイヤ「ふふっ、でも気のせいか、いちごチョコが多いように見えますけど?」

善子「うっ、観察眼鋭いわね……」

ダイヤ「好きなものに目がないのは一緒ですわね」クスクス

善子「そうね……そうだ、ダイヤ」

ダイヤ「?」


103: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 21:28:48.31 ID:JjtnncT7.net

善子「せっかくだし私の選んだチョコ1つあげるわ」

ダイヤ「まぁ、それではわたくしの抹茶チョコも差し上げますわ」

善子「ありがと。じゃあ先ずは私のチョコからね」

ダイヤ「えぇ。いただきますわ……って善子さん?」

善子「なーに?」

ダイヤ「いつまでチョコを持っているのですか?それでは食べられないのですが」

善子「私が食べさせるんだから当然じゃない」

ダイヤ「は、はぁ!?」

善子「ほら、口開けて。あ~ん」

ダイヤ「え、え、え……あ、あ~ん」パクッ

善子「美味しい?」

ダイヤ「……///」コクッコクッ

善子「照れてる照れてる」ニシシ

ダイヤ「むっ、ではわたくしの抹茶チョコも食べさせて差し上げますわ」

善子「の、望むところよ!」


104: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 21:31:56.92 ID:JjtnncT7.net

ダイヤ「はい、口を開けて下さいな」

善子「あ~ん///」パクッ

ダイヤ「美味しいですか?」

善子「そ、そうね!ダイヤにしては良いセンスしてるんじゃないかしら!」

ダイヤ「素直に美味しいと言えば良いものを」

善子「うっさい!ほら、こっちのチョコもあげる!」

ダイヤ「あぁもう、そんなにチョコを広げないで下さい!」

グラッ

ダイヤ「おや?地震ですか?」

善子「……そうみたいね」

ダイヤ「少し大きいですわね。そういえば最近地震多いですし日頃から……」

善子「……」ボー

ダイヤ「善子さん?」

善子「な、何!?」

ダイヤ「いえ、ボーッとしてどうしたのですか?」

善子「な、何でもない!さ、揺れも収まったしチョコ食べましょ!」

ダイヤ「?」


105: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 21:32:56.48 ID:JjtnncT7.net

~~~~~

善子「……いやー食べた食べた」

ダイヤ「お陰でお口の中が甘ったるいですわ……」

善子「結局買ったチョコの半分は食べちゃったわね」

ダイヤ「しばらくは糖分の摂取を控えましょう」

善子「そうね……でも楽しかったわ」

ダイヤ「えぇ、わたくしも楽しかったですわ」

善子「ねっ、また今度2人で出掛けない?」

ダイヤ「またチョコですか?」

善子「ううん、チョコじゃなくても。買い物行ったり映画でも観に行ったり」

ダイヤ「そうですわね。その時は是非誘って下さい」

善子「え~、今度はダイヤから誘ってよ~」

ダイヤ「ぜ、善処しますわ」

善子「約束よ……あ、バスが来たみたい」

ダイヤ「それでは善子さん、また学校で」

善子「えぇ、またね」


106: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 21:35:53.25 ID:JjtnncT7.net

ダイヤ「はぁ……しばらくチョコは遠慮したいですわね」

ダイヤ「それにしても……」


善子『そうねぇ』キラキラ

善子『あ~ん///』パクッ


ダイヤ「善子さんって、あんな表情を見せてくれるのですね」

ダイヤ「これは発見と言いますか、驚きと言いますか」

ダイヤ「現実世界の善子さんも、ああいう表情を見せてくれるのでしょうか」

ダイヤ「まぁ、2人でお出かけなんてした事が無いですし」

ダイヤ「きっと物凄く警戒されるのでしょうね」クスッ

ダイヤ「……わたくしは、元の世界に戻る事が出来るのでしょうか」


107: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 21:36:34.64 ID:JjtnncT7.net

====================================================================

今日……

近づいてるんだね……

まだ大丈夫……時間はまだあるよ……

====================================================================


108: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 21:38:36.94 ID:JjtnncT7.net

~生徒会室~

ダイヤ「ライブ?」

千歌「うん!学園祭のステージで!」

ダイヤ「そういえば、ステージの枠は全部埋まってなかったですね」

千歌「そこに私たちスクールアイドル部が立候補して、ライブをやるってわけだよ!」

千歌「せっかくだし学園祭用の新曲も作ったりして!」

ダイヤ「まぁ、問題はないでしょうけど……」

千歌「けど?」

ダイヤ「もうあまり日がありませんわよ?急に決めて準備が間に合う算段はついてますか?」

千歌「えっと~何とかなるよ!」

ダイヤ「無計画なんですから……」アキレ

千歌「でもでも!どうしても学園祭のステージで歌いたいの!」

千歌「じゃないと……」

ダイヤ「?」

千歌「と、とにかく!お願いダイヤちゃん!」


109: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 21:39:42.39 ID:JjtnncT7.net

ダイヤ「はぁ。わたくしは別に反対しているわけではありません」

千歌「ダイヤちゃん?」

ダイヤ「衣装や曲、他にも準備しなきゃいけないものは山程あります」

ダイヤ「ライブを目前にして『間に合いませんでした』は絶対にあってはいけません」

ダイヤ「そうならない為の青写真は描けていますか?」

千歌「そ、それは勿論……って言いたいけど」

梨子「曲は大丈夫だよ」

千歌「梨子ちゃん!」

ダイヤ「いつから聞いていたのですか?」

梨子「ふふっ、実は最初から♪」

梨子「ねっ?みんな」

ダイヤ「みんな?」


111: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 21:42:49.38 ID:JjtnncT7.net

曜「衣装もお任せであります!」

ルビィ「うゆ!」

花丸「マルも手伝うずら!」

ダイヤ「曜さん、ルビィ、花丸さん……」

果南「振付とフォーメーションは任せてよ」

鞠莉「とびっきりシャイニーなパフォーマンスにするわよ!」

ダイヤ「果南さん、鞠莉さん……」

善子「みんなすっかりやる気だけど、どうするわけ?」

ダイヤ「これではわたくしが悪者ではないですか、反対してるわけではないと言いましたのに」

ダイヤ「良いでしょう、わたくしの方からライブの申請を出しておきます」

千歌「やったー!」


112: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 21:43:52.22 ID:JjtnncT7.net

ダイヤ「ですが千歌さん?」

千歌「な、なにかな?」

ダイヤ「わたくしが1番心配しているのは、あなたが歌詞をちゃんと書いてくれるかどうかなのですが」

千歌「やだなー、ちゃんと書くに決まってるよー」

千歌「……」

ダイヤ「……」

千歌「いいいい今から書き始めまーす!」

ダイヤ「あぁちょっと!千歌さん!」

梨子「まだ私の曲が出来てないんだけどなぁ」アハハ


113: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 21:45:26.84 ID:JjtnncT7.net

~屋上~

ダイヤ「とりあえず、大まかな曲の方向性は別途話し合うとして」

ダイヤ「今日からはライブを意識した練習に取り組みましょう」

「「「はーい!」」」

梨子「ダイヤちゃん、一緒に柔軟やらない?」

ダイヤ「えぇ。お願いしますわ」

梨子「背中押すね?」

ダイヤ「はい」

梨子「それっ。大丈夫?きつくない?」

ダイヤ「大丈夫ですわ」

梨子「良かった。それはそうと、ダイヤちゃん」

ダイヤ「何ですか?」

梨子「この間善子ちゃんとデートしたんでしょ?」

ダイヤ「デデデデート!?いきなり何を!」


114: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 21:48:32.63 ID:JjtnncT7.net

梨子「クラスの子が言ってたよ?2人で仲良さそうに歩いてるとこを見たって」

ダイヤ「いやまぁ、2人でお出かけはしましたけど、そういうつもりは一切無いですわ!」

梨子「本当かなぁ?」

ダイヤ「もう、からかってるんですか?」

梨子「う~ん、そういうわけじゃないんだけど……ただ、良いなぁって」

ダイヤ「何ですって?」

梨子「だって、思えば私もダイヤちゃんと2人でお出かけなんてしたこと無いもの」

梨子「善子ちゃんだけしれっとダイヤちゃん連れ出しちゃって」

ダイヤ「いや、誘って頂ければ別にわたくしはいつでも……」

梨子「本当?なら誘っちゃおっかな~」

ダイヤ「何ですかその煮え切らない反応は」

梨子「あはは、ごめんごめん。じゃあ今度の休日、2人でお出かけしない?」

ダイヤ「えぇ。勿論構いませんわ」

梨子「やった♪」

ダイヤ「ちなみに、どこへ行くかは決まってるのですか?」

梨子「う~ん、色々候補はあるけど……内緒かな。当日をお楽しみに」

ダイヤ「はぁ」


115: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 21:50:45.12 ID:JjtnncT7.net

~次の休日~

ダイヤ「先日の善子さんに続いて今日は梨子さん」

ダイヤ「2人で、という経験があまり無い方とのお出かけがこうも連続すると」

ダイヤ「中々気が張りますわね……」

ダイヤ「この世界では同級生なので、何もおかしくはありませんが」

ダイヤ「それにしても、今日は暑いですわね……」

ダイヤ「この時期にこんな暑さになった事って、今まであったでしょうか」

梨子「あ、ダイヤちゃん」

ダイヤ「梨子さん」

梨子「ごめんね。待たせちゃった?」

ダイヤ「いえ、そんな事は」

梨子「ちょっと着てく服迷っちゃって。こんな暑くなるとは思わなくて……」

ダイヤ「夏みたいな暑さですもの。季節外れも良いところですわ」

梨子「そう、だね……」

ダイヤ「梨子さん?」

梨子「ううん、何でもないの!さ、行こっか?」

ダイヤ「えぇ。分かりました」


117: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 21:52:00.32 ID:JjtnncT7.net

ダイヤ「それで今日はどちらへ?」

梨子「えっとね、買い物に付き合ってほしくて」

ダイヤ「買い物ですか?」

梨子「うん。お洋服とか色々買いたいの」

ダイヤ「でもわたくしでよろしいのですか?」

梨子「ほら、善子ちゃんなんかは独特のセンスって感じだし」

梨子「千歌ちゃんはそういうの無頓着なとこがあるから」

梨子「ダイヤちゃんなら色々アドバイスとかしてくれそうだし」

ダイヤ「わたくしもそこまでファッションに詳しいわけではないのですが」

梨子「そんなこと無いと思うけどなぁ」

ダイヤ「そんなことありますって」

梨子「もう、そんなに意地張らなくて良いのに」クスクス


118: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 21:55:01.98 ID:JjtnncT7.net

~洋服屋~

梨子「う~ん、悩むなぁ。ダイヤちゃんはどっちが良いと思う?」

ダイヤ「そうですね……。わたくしはこっちの方が良いと思いますが……」

梨子「が?」

ダイヤ「第3の選択肢を出してしまって申し訳ありませんが」

ダイヤ「こちらなんていかがでしょう?清楚な梨子さんにはピッタリだと思いますわ」

梨子「清楚だなんてそんな」テレテレ

ダイヤ「変な照れ方しないでくださいな」

梨子「こほん。とにかく着てみるね」

ダイヤ「えぇ。お待ちしてますわ」


119: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 21:56:32.75 ID:JjtnncT7.net

~~~~~

梨子「ど、どうかな?」

ダイヤ「まぁ、まぁまぁまぁ!とても似合っていますわ!」

梨子「本当?嬉しいな」

ダイヤ「ホワイトのフレアスカートにトップスはシックな色でコーディネートしていますし」

ダイヤ「より清楚感が増して梨子さんの大人っぽい魅力を引き出せていると思います」

ダイヤ「普段の私服も十分可愛らしいですが、たまには梨子さんもこういう服をと常々……」

梨子「あの、ダイヤちゃん?」

ダイヤ「はっ!わたくしとした事がつい熱中してしまいました……」

ダイヤ「主役は梨子さんなのに申し訳ありません」

梨子「ううん、謝らないで。それに私は嬉しいよ?」

梨子「ダイヤちゃんがそれだけいっぱい考えてくれたって事だし」

ダイヤ「梨子さん……」


120: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 21:58:58.25 ID:JjtnncT7.net

梨子「うん、せっかくだしダイヤちゃんが選んでくれたのにしよっと」

ダイヤ「本当によろしいのですか?」

梨子「私の魅力、引き出してくれたんじゃないの?」

ダイヤ「それは勿論ですわ!」

梨子「じゃあそれで良いじゃない。って、その後ろにかけられてるのはなぁに?」

ダイヤ「あぁ、えぇとですね、これは梨子さんが着替えてる間に」

ダイヤ「他にも似合いそうなお洋服をいくつか見繕っていまして……」

梨子「……ふふっ、あははっ!」

ダイヤ「な、何故笑うのです!?」

梨子「ごめんごめん。まさかそこまで真剣になってくれてるとは思わなくて」

ダイヤ「梨子さんに似合いそうなコーディネートを考えてたら」

ダイヤ「あれもこれも思い浮かんでしまったので仕方ありません!」

ダイヤ「むしろ考え甲斐のある梨子さんが悪いのですわ!」

梨子「もう、何それ。よーし、じゃあ今日はもうダイヤちゃん主催のファッションショーね!」

ダイヤ「ふふふっ、望む所ですわ!」


121: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 21:59:59.22 ID:JjtnncT7.net

~数時間後~

梨子「う~~~ん、楽しかったぁ」

ダイヤ「すいません、色々付き合わせてしまって」

梨子「いいのいいの。ダイヤちゃんの意外な一面も見れたし」

梨子「それに、こんな素敵なお洋服も買えたんだから」

ダイヤ「それなら良いのですが。それにしても、少し買い過ぎでは?」

梨子「うっ……しばらくは節約生活するから大丈夫大丈夫」

ダイヤ「梨子さん……」ジトー

梨子「あ、あはは。そうだダイヤちゃん」

ダイヤ「どうしました?」

梨子「少し、寄り道していかない?」


122: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 22:02:46.31 ID:JjtnncT7.net

~三津浜~

梨子「いつ見ても綺麗な海ね」

ダイヤ「えぇ。わたくしたちの街の誇りですもの」

梨子「そうだね……。私ね、この海が大好き」

梨子「全てを包み込んでくれるような雄大さと、暖かさがあって」

梨子「悩みや不安があっても、この海を見たら全部吹き飛んじゃうの」

梨子「だからこの海が大好き」

ダイヤ「……梨子さん」

ダイヤ「もしかして、何か悩み事でもあるのですか?」

ダイヤ「それか不安に感じてる事とか」

梨子「……」

ダイヤ「梨子さん?」

梨子「……えいっ!」パシャ

ダイヤ「ぴぎゃっ!つめたっ!」


123: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 22:03:43.51 ID:JjtnncT7.net

梨子「言ったでしょ?この海を見たら全部吹き飛んじゃうって」

梨子「だから、今の私はすっっっごく晴れやかだよ!」パシャ

ダイヤ「だからって水をかけないでください!」

梨子「あははっ。ほら、ダイヤちゃんも!」パシャ

ダイヤ「り~こ~さ~ん!お待ちなさい!」パシャァァ

梨子「ちょっと、ダイヤちゃんかけすぎ!」

ダイヤ「水をかけるという事はかけられる覚悟があるという事でしょう?」

梨子「もう!負けず嫌いなんだから!……あははっ」

ダイヤ「ふふっ、笑いすぎですわ」

梨子「だって~。……ねぇダイヤちゃん」

ダイヤ「何ですか?」

梨子「私、今凄い良い曲作れそうな気がするの」

ダイヤ「それは楽しみですわ」

梨子「だから、ライブ絶対成功させようね!私たちの、最初で……」

ダイヤ「梨子さん?」

梨子「ううん、何でもないよ。そろそろ帰ろっか?」

ダイヤ「えぇ。今日は楽しかったですわ、梨子さん」

梨子「こちらこそありがとう、ダイヤちゃん」


124: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 22:04:05.24 ID:JjtnncT7.net

====================================================================

もう少し……

もう少しだけ……

お願い……

====================================================================


125: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 22:05:22.99 ID:JjtnncT7.net

千歌「えー!?梨子ちゃん東京行っちゃうの!?」

梨子「うーん、その言い方だと誤解を生んじゃうかな」

梨子「今度の休みの日に東京の親戚のお家に行くだけよ」

千歌「そっかぁ」

ダイヤ「そう言えば善子さんもどこかへお出かけの予定でしたよね?」

善子「そうね。この間商店街の福引きで旅行券当たったから家族旅行に行ってくるわ」

千歌「善子ちゃんのくせに福引き当たるとかずるいぞー」

善子「私のくせにって何!?」

千歌「はぁ。みんな予定があって良いなぁ」

千歌「私なんてヒマヒマの暇人だよー」

善子「じゃあダイヤと遊んだら?」

千歌「ダイヤちゃん?」


126: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 22:07:30.28 ID:JjtnncT7.net

善子「だってダイヤって予定が無ければ休日はお稽古と勉強くらいしかしてないでしょ」

ダイヤ「凄い偏見ですわね……まぁ否定はしませんが」

千歌「じゃあダイヤちゃん遊ぼ!」

ダイヤ「えぇっと、実は今度のお休みは」

千歌「予定入ってるの!?」

ダイヤ「いえ、ここ最近ずっと遊んでばかりだったので」

ダイヤ「たまには勉強に集中しようかなと」

千歌「最近遊んでたのって善子ちゃんと梨子ちゃんじゃん!」

善子「うっ……」

梨子「あはは……」

千歌「私だけ仲間はずれにするつもり!?」ウルウル

ダイヤ「そ、そういうつもりでは……はぁ、分かりましたわ」

千歌「やったー!」

ダイヤ「それで、どこか行きたい所でもありますか?」

千歌「んー、ダイヤちゃん家!」


127: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 22:10:10.40 ID:JjtnncT7.net

~次の休日~

ザーーーーーザーーーーー

ダイヤ「凄い雨ですわね」

ダイヤ「東京に行った梨子さんや、旅行に行った善子さんは大丈夫でしょうか」

オジャマシマース

ダイヤ「あら、千歌さんのご到着ですわね」

千歌「ダイヤちゃんこんちかー!」

ダイヤ「いらっしゃい、千歌さん。濡れてませんか?」

千歌「大丈夫!でもごめんね?お家の人にわざわざ車で迎えに来てもらっちゃって」

ダイヤ「こんな天気ですもの、当然ですわ」

ダイヤ「まさかこの時期にこんな大雨になるなんて」

千歌「あはは……」

ダイヤ「とりあえず、わたくしの部屋に行きましょうか」

千歌「はーい!」


128: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 22:10:46.81 ID:JjtnncT7.net

千歌「~♪」

ダイヤ(それにしても、わたくしの家で遊びたいと言い出したかと思えば)

ダイヤ(やりたい事は歌詞の仕上げとは真面目なんだか何なのか)

ダイヤ(そこは千歌さんらしいとも言えますが)クスッ

千歌「ほぇ?ダイヤちゃんどうしたの?」

ダイヤ「何でもありませんわ。それより、歌詞の方は順調ですか?」

千歌「うん!梨子ちゃんがすっごい良い曲作ってくれたからね」

千歌「それに応えられるような歌詞を作らなきゃ!」

ダイヤ「ふふっ。それにしても何故わたくしの家なのですか?」

千歌「う~ん、なんとなく!」

ダイヤ「なんとなくって」

千歌「うそうそ。何かね、ダイヤちゃんと一緒に居ると良い歌詞が降りてきそうだなぁって」

ダイヤ「全く、調子が良いんですから」

千歌「本当だってばー。よし、これで完成!」


129: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 22:14:13.92 ID:JjtnncT7.net

ダイヤ「お疲れ様です、千歌さん」

千歌「会心の出来だよ!」

ダイヤ「よろしければ、見させてもらっても?」

千歌「もちろん!はい、どうぞ」

ダイヤ「では失礼して……」

ダイヤ(……なるほど、とても“千歌さんらしい”歌詞ですわね)

ダイヤ(言葉の端々から、キラキラ輝くものを感じれて)

ダイヤ(きっと、どの世界の千歌さんも、見えている景色は一緒なのでしょう)


130: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 22:14:50.38 ID:JjtnncT7.net

千歌「何か、そうやって目の前でまじまじと見られると照れちゃうね」

ダイヤ「ふふっ、1番に見せて頂いて光栄ですわ」

ダイヤ「とても……とても素晴らしい歌詞だと思います」

千歌「本当!?」

ダイヤ「えぇ。よく頑張りました」ナデナデ

千歌「えへへ。じゃあさ、何かご褒美が欲しいな」

ダイヤ「ご褒美ですか?すぐに用意出来るものであれば構いませんが」

千歌「すぐに用意出来るよー。えいっ!」

ダイヤ「ちょ、千歌さん!?」

千歌「ダイヤちゃんの膝枕~」

ダイヤ「あらあら。今日の千歌さんは甘えん坊さんですわね」

千歌「もっとなでなでしてー」

ダイヤ「はいはい」ナデナデ

千歌「えへへっ」


131: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 22:15:43.06 ID:JjtnncT7.net

ダイヤ「それにしても、千歌さんの髪ってサラサラですわね」

千歌「え~そうかな?ダイヤちゃんの方がサラサラだと思うけど」

ダイヤ「自分の髪質の事はいまいち分かりませんもの」

ダイヤ「ところで今日は何故髪を編んでないのですか?」

千歌「実は寝坊しちゃって……」

千歌「起きたら土砂降りで慌ててダイヤちゃんに電話して」

千歌「そしたら迎えをよこすから待っててって言われて身支度する余裕が無かったと言いますか」

ダイヤ「そうだったのですね。申し訳ありません、急かしてしまったみたいで」

千歌「ううん!元はと言えば私が寝坊しちゃったのが悪いんだし」

ダイヤ「大方、今日が楽しみで寝れなかったのでしょう?」

千歌「うっ、流石ダイヤちゃん。正解です……」

ダイヤ「ふふっ。では、お詫びも兼ねてわたくしが編んで差し上げましょう」

千歌「えっ、良いの!?」

ダイヤ「髪を下ろした千歌さんも素敵ですが、三つ編みの千歌さんも好きですからね」

千歌「うぅ……。そういうことを平然と言っちゃうのずるいと思うな」

ダイヤ「?」


132: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 22:16:26.72 ID:JjtnncT7.net

千歌「~♪」

ダイヤ「ご機嫌ですわね」アミアミ

千歌「うん。何かダイヤちゃんに髪を編んでもらってると、心がポカポカする」

ダイヤ「何ですかそれは」クスクス

千歌「ねぇ、ダイヤちゃん」

ダイヤ「何ですか?」

千歌「今度のライブ、頑張ろうね」

千歌「一生忘れないような、最高のライブにしよっ」

ダイヤ「当たり前ですわ」

ダイヤ「梨子さんが作った曲に、千歌さんがコトバを乗せてくれて」

ダイヤ「そうして出来上がった曲を、ルビィたちが作った衣装を着て

ダイヤ「果南さんたちが考えた振付で踊って、歌うんですもの」

ダイヤ「絶対に、最高のライブになりますわ」

千歌「そう、だよね」

ダイヤ「はい、出来ましたわ。……千歌さん?」

千歌「すぅ……Zzz」

ダイヤ「もう、器用に寝るんですから」クスッ


133: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 22:17:54.48 ID:JjtnncT7.net

~~~~~

千歌「ごめん!ダイヤちゃん!」

千歌「せっかく遊びに来たのに歌詞書いて、お昼寝して終わっちゃうなんて」

ダイヤ「気にしないで下さい。それだけ、リラックスして頂けたと思えば」

ダイヤ「わたくしとしては嬉しいですわ」

千歌「でも……」

ダイヤ「それなら、次は晴れた日に一緒にお出かけしましょう」

千歌「……次、か」

ダイヤ「千歌さん?」

千歌「そうだね、そうしよっか!」

千歌「じゃあ雨も上がったことだし、今日は帰るね」

ダイヤ「えぇ。お気をつけて……あ、千歌さん?」

千歌「なぁに?」

ダイヤ「やっぱり、千歌さんは三つ編みが似合ってますわね」

千歌「もう!ダイヤちゃんの天然たらし!」


134: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 22:18:56.52 ID:JjtnncT7.net

~週明け~

善子「いやほんと酷い目に遭ったわ」

梨子「何というかご愁傷さま」

千歌「あ、善子ちゃんに梨子ちゃん。おはよー」

ダイヤ「おはようございます。善子さん、梨子さん」

梨子「おはよう千歌ちゃん、ダイヤちゃん」

善子「はよー」

千歌「何の話してたの?ていうか善子ちゃん旅行は大丈夫だった?」

善子「まさにその話をしてたところよ」

梨子「季節外れの大雨でずっとホテルに缶詰めだったんだって」

千歌「あーやっぱそんな落とし穴が」

善子「ま、温泉宿だったからずっと温泉に入ってたし」

善子「美味しいものも食べれたからこれはこれで楽しかったけどね」

千歌「そっかぁ。でも楽しめたんなら何よりだね」


135: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 22:19:50.64 ID:JjtnncT7.net

梨子「そういえば、2人とも遅かったね?」

ダイヤ「えぇ。少し先生に呼び止められてしまいまして」

善子「千歌だけならまた何かやらかしたのってなるけど、ダイヤもってことは大事な話?」

千歌「私に対するイメージ酷くない!?」

梨子「まぁまぁ」

ダイヤ「実は、お昼休みの校内放送をやってくれないかと頼まれまして」

善子「校内放送?」

ダイヤ「いつもは放送部がやっているのですが、大会で不在の日があるらしく」

千歌「そこで私たちになんとかの矢が立ったんだって!」

梨子「白羽の矢ね」

ダイヤ「内容はわたくしたちのやりたいようにやって良いとの事です」

善子「良いんじゃない?」

梨子「そうね。放送部の人にはライブの機材とかで色々お世話になるし」

善子「今のうちに恩を売っておこうってわけね」

梨子「そういうつもりじゃないよ!?」

ダイヤ「恩を売るかどうかは置いておいて、決まりで良いですわね」

梨子「ダイヤちゃんまで!?」


136: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 22:21:34.40 ID:JjtnncT7.net

善子「でも内容は自由って結構難しいわね」

千歌「じゃあラジオっぽくしようよ!」

善子「ラジオ~?」

千歌「お便り募集して、お悩みとか解決してあげるの!」

梨子「面白そう♪」

ダイヤ「生徒会に届いている要望を紹介するのも良いかもしれませんね」

善子「それならついでにAqoursの宣伝もすれば一石二鳥ね」

千歌「ナイスアイデアだよ善子ちゃん!」

ダイヤ「段々と内容が固まってきましたね」

梨子「本番が楽しみだね」

善子「生放送なんだから変な失敗しないでよね」

千歌「そうだよ梨子ちゃん」

善子「あんたに言ってんのよ……」


137: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 22:23:24.22 ID:JjtnncT7.net

~放送当日~

千歌『あ、あ……。テステス、マイクのテスト中。本日は晴天なり』

千歌『あ、でも今日夕方から雨だったんだ。善子ちゃん今日も傘無し?』

善子『うっさいわ!いつも傘忘れてるみたいに言うな!』

ダイヤ『ちょっとお二人とも!本番中ですわよ!』

梨子『しーっ!ダイヤちゃんマイク入ってるから……』

ダイヤ『あっ……///』


鞠莉「相変わらずファニーな4人組ね~」

果南「あはは、このぐだぐだな感じはダイヤたちらしいね」


138: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 22:25:29.94 ID:JjtnncT7.net

ダイヤ『こほん。改めまして、全校生徒の皆さん。ごきげんよう』

ダイヤ『生徒会長の黒澤ダイヤです』

ダイヤ『今日はこのお昼休みという時間をお借りして』

千歌『ちょっとダイヤちゃん!堅いよ堅すぎるよ!』

善子『政見放送じゃないんだから』

ダイヤ『なっ、挨拶は基本ですわよ!』

ギャーギャー

梨子『え、えーっと。今日は放送部の方に代わってお昼休み放送を』

梨子『お聴きの通り、愉快な仲間たちでお送りしまーす』

ダイヤ・千歌・善子『愉快な仲間たち言うな!(ですわ!)』

梨子『フォローしたのに~』


花丸「随分先が思いやられる放送ずらね」

曜・ルビィ「あはは……」


139: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 22:25:53.93 ID:JjtnncT7.net

千歌『えーそれでは今日のメンバーを紹介します』

千歌『先ずは私、高海千歌と』

ダイヤ『先程は大変失礼致しました。黒澤ダイヤです』

善子『津島善子よ』

千歌『そして!』

梨子『桜内梨子です♪』

千歌『以上、この4人でお送りしていきます!』


140: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 22:28:55.90 ID:JjtnncT7.net

千歌『と、言うわけで記念すべき最初のお便りいってみよー!』

ダイヤ『はい。ラジオネーム、シャイニーレモンさんから頂きました』

ダイヤ『最近、後輩の幼馴染が構ってくれなくてベリー寂しいでーす』

ダイヤ『どうすれば良いですか?教えてポンコツ生徒会長!』

ダイヤ『との事なので次のお便りに参りましょう』

善子『ちょっとちょっと!お悩みに答えてあげなさいよ!』

ダイヤ『百歩譲ってこれがお悩みだとしても、相談してる態度では無いのですが!?』

梨子『そういうところもちゃんと汲み取ってあげなきゃダメだよ』

千歌『そうだそうだー!』

ダイヤ『え、わたくしが悪いのですか?』


果南「シャイニーレモンさん」

鞠莉「あっはっはっはっ!」


141: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 22:31:13.60 ID:JjtnncT7.net

ダイヤ『はぁ……。分かりましたわ』

ダイヤ『きっとその幼馴染さんもいつかシャイニーレモンさんの事を』

ダイヤ『頼ってくる時があると思います』

ダイヤ『だからその時が来るまで、優しく見守ってあげてれば良いと思いますわ』

千歌『おぉ、凄い』

善子『完璧な解答ね』

梨子『まるで聖母みたい』

ダイヤ『も、もう!おだてても何も出ませんわよ!それより次のお便りを』

梨子『じゃあ私が読むね』

梨子『ラジオネーム、スイポ大好きさんからです』

梨子『お姉ちゃんが食べるのを楽しみにしていた、高級抹茶プリンを食べちゃいました』

梨子『悪気は無いので許してほしいのですが、怒られないようにするには』

梨子『どういう風にお姉ちゃんに謝れば良いでしょうか?』


142: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 22:32:15.06 ID:JjtnncT7.net

梨子『との事ですが、実際に妹が居るダイヤちゃん』

ダイヤ『はい』

梨子『ダイヤちゃんは似たような経験ある?』

ダイヤ『しょっちゅうですわね』

千歌『そういう時はやっぱり怒るの?』

ダイヤ『えぇ勿論。ですがわたくしの妹はちゃんと自分の非を認めて』

ダイヤ『しっかり反省をするのでそれ以上追求はしませんわ』

ダイヤ『ですからスイポ大好きさん?』

ダイヤ『お姉さんときちんと向き合って、心をこめて謝りましょう』

ダイヤ『妹がそこまで気持ちを見せてるのに、許さない姉など居ませんわよ』

千歌『うっ……うっ……良い話だねぇ』

ダイヤ『泣くほどの事ですか!?』

梨子(……というかしょっちゅう経験してるってことは)

善子(あんまり反省してないんじゃ)



花丸「スイポ大好きさん」

ルビィ「余計謝りにくくなったよぉ……」

曜「じゃあ何であんなお便り送ったの……」


143: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 22:35:09.00 ID:JjtnncT7.net

善子『えー次は生徒会に寄せられた要望を紹介していくわね』

善子『ラジオネーム、ヨーソロー船長さんからです』

善子『お昼を食べると眠くなっちゃうので午後の授業はお昼寝させて下さい』

善子『だそうです生徒会長』

ダイヤ『却下です』

千歌『賛成!』

ダイヤ『千歌さん!?』

千歌『お腹いっぱいになると眠くなっちゃうよね~だから私も賛成!』

ダイヤ『そんなの認めるわけにはいきませんわ!』

千歌『え~、じゃあ多数決で決めよう!みんしゅしゅぎだよみんしゅしゅぎ!』

千歌『というわけで梨子ちゃんはどっち派!?』

梨子授業はちゃんと受けようね?』

千歌『むむむ、梨子ちゃんは反対派か……』

善子『なら私は賛成に一票』

ダイヤ『善子さん!?』

千歌『善子ちゃん!』

善子『だって眠いものは眠いし』


144: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 22:36:46.80 ID:JjtnncT7.net

千歌『これで2対2か~』

ダイヤ『お互い譲りませんわね……』

梨子『4人で多数決取ったらこうなるんじゃないかなぁ』

善子『いえ、まだよ』

千歌『善子ちゃん?』

善子『そもそもこの要望を出したのは誰かしら?』

千歌『……!』

善子『こっちにはヨーソロー船長さんの一票があるのよ!』

ダイヤ『なっ、そんな……!』

千歌『これで賛成派が3票で私たちの勝ちだね!』

千歌『なので今日から午後の授業はお昼寝タイムに』

ダイヤ『認めるわけないでしょう!!!生徒会長権限でこの投票は無効ですわ!!!』

千歌『う~、横暴だ~』

善子『民主主義の敗北ね……』



曜「く~!もう少しだったのに!」

花丸「なんてお便り送ってるずら」

ルビィ「授業はちゃんと受けようね、曜ちゃん」


145: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 22:38:02.17 ID:JjtnncT7.net

梨子『え、えーっと、次のお便りにいきます!』

梨子『ラジオネーム、のっぽパンさんから頂きました』

梨子『図書室の蔵書を増やしてほしいずら』

ダイヤ『やっとまともな要望が……』

ダイヤ『それにつきましては今後生徒会でも検討し、先生方に提案させて頂きますね』

千歌『おー生徒会長っぽい』パチパチパチパチ

ダイヤ『っぽいではなく生徒会長なのですが?』

善子『ん?このお便り続きがあるじゃない』

梨子『だ、駄目!』

善子『追伸、梨子ちゃんから私的な本のリクエストが多くて困ってるずら』

善子『えっと、梨子……?』

梨子『何で読んじゃうのぉ……』

善子『何かその、ごめん』


花丸「諸行無常ずら」

曜「いやいや、余計な一言書いたの花丸ちゃんだからね?」

ルビィ「梨子ちゃんも梨子ちゃんなような」アハハ


146: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 22:38:42.85 ID:JjtnncT7.net

千歌『え、えーっと……次のお便りにいきます!』

ダイヤ『そ、そうですわね。ではこちらのお便りをお願いします』

千歌『えーラジオネーム、ハグしよさんから頂きました』

千歌『ダイヤー、今度Aqoursのみんなで遊びに行かない?』

ダイヤ『私信じゃないですか!』


鞠莉「ハグしよって、ぷぷっ。そのまんまじゃない」

果南「鞠莉には言われたくないんだけど」


147: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 22:39:51.37 ID:JjtnncT7.net

善子『それにしてもろくなお便りが来ないわね』

梨子『善子ちゃん、それマイクに乗せちゃダメなやつよ』

善子『あっ』

千歌『あっはっはっ!』

ダイヤ『……次へいっても?」

善子『どうぞどうぞ』

ダイヤ『それではラジオネーム、普通怪獣さんからのお便りです』

ダイヤ『もしも明日が地球最後の日だとしたら、どう過ごしますか?』

ダイヤ『との事ですが、なるほど。心理テストみたいなものですかね』

梨子『こういうのは善子ちゃんが好きそう』

善子『私ぃ!?』

ダイヤ『では先ずは善子さんに聞いてみましょうか』


148: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 22:40:29.71 ID:JjtnncT7.net

善子『えぇ、急に言われても分かんないわよ』

善子『でもそうね……普段通り過ごすかもね』

梨子『何か意外』

善子『最後って決まってるなら、ジタバタした所で何も変わらないし』

善子『そのまま運命を受け入れるってだけよ』

ダイヤ『理由はとても善子さんらしいですわね。では梨子さんは?』

梨子『う~ん、私は思い出の場所を巡りたいかな』

ダイヤ『という事は生まれ育った東京へ行ったりですか?』

梨子『確かに向こうにも思い出の場所はあるけど、それよりも今の私は』

梨子『きっとこの街、この学校での思い出を辿ってると思う』

善子『もうすっかり沼津っ子ね梨子は』クスクス


149: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 22:41:34.75 ID:JjtnncT7.net

ダイヤ『千歌さんはどうですか?……って、千歌さん?』

千歌『ほぇ?』

ダイヤ『生放送中なんですからぼーっとしないで下さいな』

ダイヤ『先程から全然話に入ってきませんし』

千歌『あはは、ごめんごめん。それで何だっけ?地球最後の日の過ごし方だっけ?』

ダイヤ『そうですわ』

千歌『ん~そうだなぁ……ライブがしたい!』

ダイヤ『はい!?』

梨子『千歌ちゃん……』


150: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 22:43:25.03 ID:JjtnncT7.net

千歌『だってそうすれば最後の瞬間もみんなで居られるじゃん!』

ダイヤ『それはまぁ、確かにそうですが』

千歌『それに何だかカッコよくない?地球最後の日のライブって』

千歌『これぞまさにグランドフィナーレって感じで』

善子『アンコールなんて無いライブになりそうね』

ダイヤ『縁起でもない事言わないで下さいな』

梨子『でもとっても千歌ちゃんらしいね』

千歌『そういうダイヤちゃんは?』

ダイヤ『わたくしは……でも、千歌さんと似ているかもしれませんわね』

千歌『私と?』

ダイヤ『大切な人たちと、最後を迎えたいですわね』


151: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 22:45:05.31 ID:JjtnncT7.net

千歌『大切な人たち……』

善子『一体誰なのかしらねぇ』

梨子『気になるなぁ』

ダイヤ『教えませんわ♪』

善子『ダイヤのケチー、石頭、頑固者ー』

ダイヤ『そこまで言われる筋合いは無いのですが!?』

梨子『あははっ。そんなこんなで番組もそろそろお別れの時間になりました』

ダイヤ『では最後にわたくしたちからの告知をさせて頂きます。千歌さん、どうぞ』

千歌『あ、うん!学園祭のステージでAqoursのライブをやります!』

千歌『最高のステージにするので、是非観に来て下さい!』

梨子『今ライブに向けての練習真っ只中だもんね』

善子『お陰で毎日筋肉痛よー』

ダイヤ『鍛え方が甘いのでは?果南さんに相談ですわね』

善子『それだけはダメー!』


152: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 22:47:52.62 ID:JjtnncT7.net

千歌『それではこの時間のお相手は、高海千歌と』

ダイヤ『黒澤ダイヤと』

善子『津島善子と』

梨子『桜内梨子でした!』

4人『ラディオ~ス』

~~~~~

ダイヤ「ふぅ、やってみると放送部の方の大変さが身にしみますわね」

梨子「でも結構楽しかったかな」

善子「何かいつもの休み時間みたいなノリだったけどあれで良かったの?」

千歌「だいじょーぶだいじょーぶ!」

善子「これほど安心出来ない大丈夫は無いわね」

ダイヤ「何はともあれ、ライブの告知もしましたし」

ダイヤ「あとは最高のステージを届けられるように、わたくしたちも準備をしていきましょう」

千歌「うん!」


153: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 22:49:29.85 ID:JjtnncT7.net

~学園祭前日~

果南「じゃあ今日はここまで!明日に向けて今日は早めに上がろう」

鞠莉「最後の通しリハもパーフェクトだったし、あとは本番を待つのみでーす!」

曜「衣装の調整もバッチリだったね!」

花丸「ルビィちゃんと曜ちゃんが頑張ったお陰ずら」

ルビィ「ルビィたちだけじゃないよ。花丸ちゃんも手伝ってくれたから」

花丸「ううん、おらはそんなに力になれてないよ」

曜「そこは遠慮するとこじゃないぞ~うりゃうりゃ~」

花丸「もー!曜ちゃんくすぐったいずら~」

ルビィ「あははっ」



善子「1年生は楽しそうね」

千歌「だね~」

ダイヤ「さ、わたくしたちも早く帰りましょう」

千歌「よし!遊びに行こう!」

ダイヤ「話聞いてました?」


154: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 22:54:02.69 ID:JjtnncT7.net

千歌「いやー何かこのまま帰るのも勿体ないじゃん?」

ダイヤ「じゃん?と言われましても」

梨子「でもその気持ち分かるな」

ダイヤ「梨子さんまで」

梨子「お祭り前のソワソワした気持ち、誰かと共有してたいもの」

千歌「そうそう!それだよそれ」

善子「まぁ景気付けみたいなのがあっても良いかもね」

ダイヤ「あぁもう分かりましたわ。こうなるとわたくしが不利になるのは目に見えてますもの」

千歌「やたっ!」

ダイヤ「その代わり!明日は大事な本番ですし、羽目を外しすぎないこと!」

千歌「はーい」

梨子「ふふっ、何だかんだダイヤちゃんもノリが良いんだから」

ダイヤ「なっ!」

善子「そのくせして真面目ぶってるからねダイヤは」

ダイヤ「ぶってる!?」

千歌「ほらほら早く行こーよー!」

善子「早くしないと千歌に置いてかれるわよ」

ダイヤ「あ、お待ちなさーい!」


155: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 23:00:02.02 ID:JjtnncT7.net

~~~~~

千歌「んー!楽しかったー!」

善子「やっぱダイヤは将来走り屋になる素質あるわね」

ダイヤ「ゲームの中の話じゃないですか!」

千歌「梨子ちゃんもガンシューティング上達してたよね」

梨子「うん♪密かに練習してたからね」

善子「それでも回復アイテム横取りするのは変わってなかったけどね」

梨子「言わないで!」

千歌「あははっ。……そうだ、最後にプリクラ撮らない?」

千歌「4人の友情の記念として!」

梨子「……うん、良いと思う」

善子「……そうね」

ダイヤ(……?)

千歌「ダイヤちゃんも一緒に撮ろーよー」

ダイヤ「え、えぇ。構いませんわ」


156: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/13(水) 23:04:35.67 ID:JjtnncT7.net

ダイヤ(千歌さんたちの振る舞いから)


善子「ほら、詰めなさいよ」

梨子「あぁちょっと、押さないで」


ダイヤ(ふと、感じてしまった事がありました)


千歌「善子ちゃん全然フレームに収まってないよ?」

善子「ちょっとー!」


ダイヤ(他愛もない、友達同士でプリクラを撮るという行為なのに)


梨子「はい、笑って笑って」

善子「ダイヤ、表情固いわよ」

ダイヤ「あ、はい」


ダイヤ(どうしようもなく胸が締め付けられてしまったのです)


千歌「じゃあいくよ、みんな」

千歌「これが、私たちがここに居た、証なんだ」ボソッ


<ハイ、チーズ

パシャリ


ダイヤ(まるで、別れが迫ってきているかのような)


177: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/14(木) 20:43:58.82 ID:/jKmvxK9.net

~学園祭当日~

果南「やっほーダイヤ」

鞠莉「遊びに来たわよー!」

ダイヤ「果南さん、鞠莉さん」

鞠莉「んーそれにしても」

ダイヤ「な、何ですか?」

鞠莉「ダイヤのメイド姿ベリーキュートでーす!」

ダイヤ「ま、まじまじと見ないで下さい!」

果南「いやぁでもほんとよく似合ってるよ。梨子ちゃんの案なんだっけ?」

ダイヤ「えぇ。最初は喫茶店のはずだったのですが、いつの間にかメイド喫茶に」

鞠莉「あ、メイド喫茶なんだからアレやってよアレ!」

果南「お約束のやつだね」

ダイヤ「うっ……し、仕方ありませんわね」

ダイヤ「……い、いらっしゃいませご主人さま」

鞠莉「よし、録音完了よ」

ダイヤ「消して下さい!」


178: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/14(木) 20:45:41.34 ID:/jKmvxK9.net

善子「ダイヤ、何遊んでんのよ」

ダイヤ「善子さん」

鞠莉「Oh!善子もダイヤに負けないくらいキュートでーす!」

善子「おだてても何も出ないわよ」

果南「そんなんじゃないって」

善子「で、何か飲んでくの?サービスするわよ、ダイヤが」

ダイヤ「わたくしなのですか!?」

果南「んー魅力的な提案だけど、様子見にきただけだから大丈夫だよ」

鞠莉「ダイヤと善子のメイド服を拝むのがメインでーす」

鞠莉「本当はチカっちと梨子のメイド服も拝みたかったけどね」

ダイヤ「あの2人はもうシフトを外れて自由行動中ですわ」

善子「私たちももうすぐ交代だから後はライブに向けて集中するだけよ」

果南「せっかくの学園祭なんだしもうちょっと楽しめば良いのに」

鞠莉「じゃあ次は1年生の様子を見にレッツゴーでーす!」

果南「2人とも、また後でね」


179: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/14(木) 20:46:53.38 ID:/jKmvxK9.net

善子「何だったのよ全く」

ダイヤ「そういえば果南さんたちのクラスの出し物って何だでしたっけ」

善子「えぇと……確かお化け屋敷ね」

ダイヤ「あぁ、そういう事ですか」

善子「ま、私たちは私たちの仕事をしましょ。もうすぐ交代なんだし」

ダイヤ「そうですね。それにしても……」

善子「どうしたの?」

ダイヤ「いえ。善子さんはいつも通りだなと思いまして」

善子「いつも通り?」

ダイヤ「この後ライブを控えていますのに、特に浮き足立つ事もなく落ち着いているので」

善子「まぁね。今更あーだこーだやったところで意味ないでしょ」

善子「いつも通りの日常を過ごして、ステージに立つ。それだけよ」


180: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/14(木) 20:48:56.01 ID:/jKmvxK9.net

ダイヤ「なるほど、それが善子さんの矜持というわけですね」

善子「そんな大層なものじゃないけどね。それより梨子どこ行ったか知らない?」

ダイヤ「梨子さんですか?特に聞いていませんが」

善子「そっか。いやね、ライブで流す音源を梨子が持ってるんだけど」

善子「そろそろ放送部に渡さなきゃなのに、電話にも出ないしメッセージも既読付かないのよ」

ダイヤ「なるほど。ではわたくしが探しに行きましょうか?」

善子「ごめんお願い!こっちは私がやっとくから」


181: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/14(木) 20:49:57.47 ID:/jKmvxK9.net

ダイヤ「とは言えどこを探したものでしょうか」

ダイヤ「1年生と3年生の教室に居るのなら他のメンバーから連絡がありそうですし」

~♪

ダイヤ「おや?この音は……」

ダイヤ「音楽室の方から聞こえますわね。という事は……」

ダイヤ「……」ソー

梨子「~♪」

ダイヤ「やはり梨子さんのピアノでしたか」

ダイヤ「それにしても、本当に優雅に、そして楽しそうに弾きますわね」


182: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/14(木) 20:52:51.17 ID:/jKmvxK9.net

梨子「ふぅ……」

パチパチパチパチ

梨子「えっ?」

ダイヤ「素晴らしい演奏でしたわ」

梨子「あ、ダイヤちゃん」

ダイヤ「よほど夢中で弾いていたのでしょうね。スマホ、ご覧なさいな」

梨子「スマホ?うわっ善子ちゃんから電話とメッセージがいっぱい来てる!?」

ダイヤ「今日のライブで使う音源を放送部の方に渡したいそうですよ」

梨子「あ~そうだった。すっかり忘れてたなぁ」

ダイヤ「ところで何故音楽室に?」

梨子「うん、何となく足が向いちゃってね」

梨子「ここでみんなで練習したなぁって」

梨子「私がピアノを弾いて、みんなが周りで歌ってくれて」

梨子「その光景を思い出したら、居ても立っても居られなくなって」

ダイヤ「ピアノを弾き始めたと?」

梨子「善子ちゃんには悪いことしちゃったけどね」


183: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/14(木) 20:55:08.22 ID:/jKmvxK9.net

ダイヤ「でも、わたくしは得した気分ですわ」

ダイヤ「梨子さんの演奏会を少しだけ、独り占め出来ましたし」

梨子「言ってくれたらいつでも弾いてあげたのに」

ダイヤ「あら?それは何だか損した気分ですわね」クスッ

梨子「もう、ダイヤちゃんったら。……あ、善子ちゃんからまたメッセージが」

ダイヤ「そろそろ戻った方が良いかもしれませんね」

梨子「うん、そうする」

ダイヤ「ところで千歌さんは一緒ではなかったのですね」

梨子「千歌ちゃんなら多分体育館かな。早くライブしたいしたいずっと言ってたし」

ダイヤ「何ともまぁ千歌さんらしいこと。仕方ありません、わたくしが迎えに行きますわ」

梨子「私も音源渡したら善子ちゃんとそっちに行くね」


184: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/14(木) 20:58:24.09 ID:/jKmvxK9.net

~~~~~

ダイヤ「全く、どの世界の千歌さんも世話が焼けるんですから」

ダイヤ「……」

ダイヤ「結局、元の世界に戻れぬまま過ごしてしまいましたわね……」

ダイヤ「このまま、一生こっちの世界で過ごす事になるのでしょうか」

ダイヤ「誰も……助けに来てくれないのですね」

ダイヤ「はぁ……」



???「いたーーーーーーーー!!!」

ダイヤ「えっ?」


185: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/14(木) 21:01:18.89 ID:/jKmvxK9.net

千歌?「はぁ……はぁ……探したよ」

ダイヤ「あぁ、千歌さんでしたか。って探したはこっちの台詞でs」

千歌?「帰ろう!ダイヤさん!」

ダイヤ「はっ?えっ……?」

千歌?「あれ、えっと……ダイヤさん、だよね?」

ダイヤ「そ、そうですが……。あの、千歌さん?」

千歌?「並行世界に行く装置!」

ダイヤ「!」

千歌「鞠莉ちゃんに頼んで私も使ったの!ダイヤさんを連れ戻す為に!」


186: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/14(木) 21:01:57.27 ID:/jKmvxK9.net

■■■■■■■■■■■■■■■■■■

         SIDE CHIKA

■■■■■■■■■■■■■■■■■■


187: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/14(木) 21:04:03.63 ID:/jKmvxK9.net

~現実世界~

千歌「ダイヤさん随分ぐっすりだねぇ」

善子「疲れ溜まってんじゃない?どっかの理事長がこき使うせいで」

梨子「あはは。でもダイヤさん起きないと練習始められないよね」

千歌「そうだねぇ。鞠莉ちゃーん、ダイヤさんまだ起きないの?」

鞠莉「……」

千歌「鞠莉ちゃん?」

鞠莉「……しい」

千歌「鞠莉ちゃん、どうしたの?」

鞠莉「おかしいのよ」

善子「おかしい?」

鞠莉「マリーが実験した時、こんなにも長くは続かなかった……」

千歌「あの、鞠莉ちゃん。何を言って」

鞠莉「いくら適正が高いからって、おかしいのよ」

梨子「それって……」

鞠莉「本当なら、ダイヤはとっくに目が覚めてるはずなの……!」

千歌「えっ……」


188: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/14(木) 21:05:41.77 ID:/jKmvxK9.net

果南「ちょっと鞠莉!どういうこと!?」

ルビィ「おねぇちゃん、どうしちゃったの……?」

鞠莉「バイタルは安定してるから命に別状は無いわ」

鞠莉「脳波の乱れは……乱れがない……?」

千歌「鞠莉ちゃん?」

鞠莉「何で脳波に乱れが無いのよ……これじゃまるで……」

曜「よく分からないけど、無い方が良いんじゃないの?」

鞠莉「並行世界に干渉するのは、摂理に反してることなの」

鞠莉「だから本来は並行世界から拒絶されるのよ」

鞠莉「マリーが実験した時もそうだった」

千歌「拒絶されるとどうなるの?」

鞠莉「並行世界から弾き出されてしまうの。それによって意識が現実世界に戻ってくるわけ」

鞠莉「その経過が脳波の乱れとして現れるはずなのよ」

鞠莉「それなのに、ダイヤの脳波には全く乱れが無い」

鞠莉「脳波がマッチしすぎてる、それこそ現実世界と変わらないくらいに」


189: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/14(木) 21:07:58.74 ID:/jKmvxK9.net

花丸「つまり、どういうことずら?」

鞠莉「あくまでも推測よ。ダイヤは並行世界に受け入れられてしまった可能性が高いわ」

千歌「並行世界に受け入れられる……?」

鞠莉「もっと言えば、並行世界がダイヤを手放してくれないの」

ルビィ「そんな……!おねぇちゃん!」

鞠莉「ストップよルビィ!無理矢理に起こそうとすると危険よ」

鞠莉「向こうに行ったダイヤとのリンクが切れて、最悪向こうの世界に置いてけぼりになるかもしれないわ」

果南「じゃあどうすんのさ!」

鞠莉「……方法はあるわ」

千歌「本当!?」

鞠莉「この装置、2人までなら同時に使える設計になってるの」

千歌「えっ?」

鞠莉「だから、ダイヤがたどり着いた並行世界に行って、連れ戻すのよ」

鞠莉「ダイヤのことを手放さない理由を解決してね」


190: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/14(木) 21:08:31.22 ID:/jKmvxK9.net

梨子「でも、それって危険なことなんじゃ」

善子「それに、誰が行くのよ」

鞠莉「そんなの、マリーに決まってるでしょ!」

鞠莉「マリーのせいでこんなことになったんだから……!」

果南「鞠莉……」

鞠莉「それに、自分で実験は何度もやってまーす」

鞠莉「ダイヤみたいになることはないはずよ」

鞠莉「だから」

千歌「待って!」

鞠莉「チカっち?」

千歌「私が行くよ」

鞠莉「何ですって!?」


191: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/14(木) 21:09:42.56 ID:/jKmvxK9.net

千歌「実験してるからって、ダイヤさんみたいにならない保証は無いでしょ?」

鞠莉「それは……」

千歌「この装置をどうにか出来るのって鞠莉ちゃんだけなんだから」

千歌「鞠莉ちゃんに何かあったらもう私たちに出来ることが無くなっちゃうよ」

鞠莉「でも、でも……」

千歌「それに、困ってる仲間に手を差し伸べるのが、リーダーの役目じゃないかな?」

鞠莉「チカっち……」

曜「……もうこうなった千歌ちゃんはテコでも動かないね」

果南「そうだねぇ。こういう時に限って頑固になるんだから」

千歌「えぇ~?何か言い方酷くない?」


192: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/14(木) 21:11:18.98 ID:/jKmvxK9.net

鞠莉「……分かったわ。チカっちに全てを託します」

千歌「ありがと!」

善子「でもそもそもの話、同じ並行世界に都合良く行けるわけ?」

鞠莉「ダイヤの脳波とシンクロさせれば、理論上は行けるわ」

梨子「千歌ちゃん、気をつけてね」

ルビィ「おねぇちゃんを……助けて……!」

千歌「任せて!」

鞠莉「それじゃチカっち、準備は良い?」

千歌「いつでも!」

鞠莉「これをかぶって。だんだん眠くなるから」

千歌「……んん」ウトウト

千歌「……Zzz」

果南「行った?」

鞠莉「そうね。あとはチカっちを信じましょう」


193: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/14(木) 21:12:11.61 ID:/jKmvxK9.net

~~~~~

千歌「んっ……」

千歌「ここは……部室?」

千歌「そうだ、並行世界に来たんだ」

千歌「でも見えてる景色は全然変わらない、本当にここが並行世界?」

ワイワイガヤガヤ

千歌「何か外が騒がしい……」

千歌「一体何が……えっ!?」

千歌「が、学園祭……?」

千歌「元の世界では学園祭なんてやってなかった……ってことは」

千歌「本当に並行世界に来たの……?」

千歌「と、とにかくダイヤさんを探さないと」

千歌「先ずは3年生の教室から探そう!」


194: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/14(木) 21:15:51.89 ID:/jKmvxK9.net

~3年生の教室~

千歌「お化け屋敷……」

千歌「さ、流石にお化け役で楽しんでたりなんかしてないよね……?」

千歌「教室の周りには居ないみたいだけど」

モブ先輩「あれ?高海さん?」

千歌「は、はいいいい!?」

モブ先輩「わっ、びっくりしたぁ」

千歌「あ、あはは。ごめんなさい」

千歌(あんまりこっちの世界の人と関わっちゃいけない気がするけど、こればっかりは仕方ないよね)

モブ先輩「さっき2年生の子が高海さんのこと探してたよ?」

千歌「そ、そうですか」

モブ先輩「誰だっけ、えぇっと……」

千歌(梨子ちゃんかな、それとも曜ちゃん?)

モブ先輩「そうだ、黒澤さん!」

千歌「ダイヤさんが……んっ?」

千歌(おかしいな、聞き間違いかな)


195: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/14(木) 21:17:17.74 ID:/jKmvxK9.net

千歌「あの、さっき2年生って言いましたよね?」

モブ先輩「うん」

千歌「ダイヤさんって2年生じゃなくて3年生じゃ」

モブ先輩「またまた~。同じ2年生でしょ、高海さんと黒澤さんって」

千歌「は?え?」

モブ先輩「それに、Aqoursの3年生は果南と鞠莉だけでしょ?」

千歌「!!??」

千歌(そんな……これが並行世界ってこと……?)

モブ先輩「高海さん?」

千歌「……あ、ごめんなさい。それで、ダイヤさんはどこに?」

モブ先輩「体育館の方に行ったかなぁ」

千歌「あ、ありがとうございます!」


196: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/14(木) 21:18:02.11 ID:/jKmvxK9.net

タッタッタッタッタッタッ

千歌(ダイヤさんが2年生の世界が存在したなんて……)

千歌(もう、鞠莉ちゃん何てもの作ってくれたの!)

千歌(でも変な世界じゃなくて良かった)

千歌(これならまだダイヤさんを見つけやすいよね!)

千歌(……着いた!体育館!)

千歌「はぁ……はぁ……」

千歌「ダイヤさんは……」キョロキョロ

千歌「……あっ!」

千歌「いたーーーーーーーー!!!」


197: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/14(木) 21:21:37.08 ID:/jKmvxK9.net

ダイヤ「えっ?」

千歌「はぁ……はぁ……探したよ」

ダイヤ「あぁ、千歌さんでしたか。って探したはこっちの台詞でs」

千歌「帰ろう!ダイヤさん!」

ダイヤ「はっ?えっ……?」

千歌「あれ、えっと……ダイヤさん、だよね?」

千歌(そっか、そもそもこの世界が私の世界のダイヤさんがたどり着いた世界だって確証は無いんだ)

千歌(んー、えーっと、そうだ!)

ダイヤ「そ、そうですが……。あの、千歌さん?」

千歌「並行世界に行く装置!」

千歌(この反応で、分かるはず!)

ダイヤ「!」

千歌「鞠莉ちゃんに頼んで私も使ったの!ダイヤさんを連れ戻す為に!」


198: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/14(木) 21:22:13.13 ID:/jKmvxK9.net

■■■■■■■■■■■■■■■■■■

       SIDE CHIKA ~END~

■■■■■■■■■■■■■■■■■■


199: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/14(木) 21:25:21.05 ID:/jKmvxK9.net

ダイヤ「千歌、さん……?助けに来てくれたのですか……?」

千歌「その反応、やっぱりダイヤさんだ!」ギュー

ダイヤ「もう、何て無茶をするんですか」ナデナデ

千歌「えへへ~、でも会えて良かったです!」

千歌「さ、帰りましょう!と言いたいところなんだけど」

ダイヤ「帰り方が分かってればとっくに帰ってましたけどね」

千歌「それなんだけどね、この世界がダイヤさんを手放してくれないみたいなの」

ダイヤ「世界が手放さない……」

千歌「だからその理由を解決すればダイヤさんも元の世界に」


???「だめーーーー!ダイヤちゃんを連れて帰らないで!」


ダイヤ「!?」

千歌「えっ……」


200: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/14(木) 21:26:11.91 ID:/jKmvxK9.net

現実千歌「私がもう1人……目の前に居る……」

現実千歌「も、もしかして……この世界の私……?」

千歌「……」

現実千歌「あの、えっと、その、私は……」

千歌「ダイヤちゃんを連れ戻しに来たんだよね?」

現実千歌・ダイヤ「えっ…?」

梨子「こうなった以上、もう隠せないよ千歌ちゃん」

善子「いずれこうなるだろうとは思ってたけどね」

ダイヤ「梨子さん?善子さん?」

梨子「2人に説明してあげよ?」

ダイヤ「説明?」

千歌「うん。理解してもらえないかもしれないけど」

千歌「2人は知る権利があるもんね。この世界について」


201: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/14(木) 21:29:03.72 ID:/jKmvxK9.net

千歌「実はね、ダイヤちゃんが別の世界の人間だって事は、私たち知ってたんだ」

ダイヤ「はい?」

梨子「そっちの千歌ちゃんも、そうだよね?」

現実千歌「う、うん」

善子「ま、どういう原理でこの世界にやって来たのかまでは分からないけどね」

ダイヤ「そうだったのですか……。仰る通り、わたくしはこの世界の人間ではありません」

ダイヤ「わたくしの世界の鞠莉さんが作った“並行世界に行ける装置”を使った結果」

ダイヤ「こちらの世界にやって来たというわけです」

現実千歌「私も」

梨子「並行世界に行ける装置って……」

善子「とんでもないもの作ってくれたわね、そっちの鞠莉は」

千歌「あははっ。じゃあ並行世界の存在については今更説明する必要も無いね」


202: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/14(木) 21:29:59.57 ID:/jKmvxK9.net

千歌「ダイヤちゃんたちの世界もね、言ってしまえば並行世界の1つなんだ」

千歌「ある1つの大きな世界からいくつも枝分かれして」

千歌「それぞれがそれぞれの世界として存在し続けてる」

千歌「ダイヤちゃんたちの世界は、その数ある世界のうちの1つなの」

ダイヤ「そういう意味では、この世界も並行世界の1つなのでしょう?」

千歌「う~ん、厳密にはね、並行世界に“なるはずだった”世界かな」

現実千歌「はずだった?」

善子「私たちの世界は、存在することを許されなかった世界なのよ」

ダイヤ「それはどういう……」

梨子「ダイヤちゃんたちの世界はある1つの世界が元になってる、って話は千歌ちゃんがしたよね?」

ダイヤ「えぇ」

善子「私たちの世界にも、元になる世界が存在したの」

梨子「一瞬だけね」

現実千歌「えっ?」


203: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/14(木) 21:33:02.60 ID:/jKmvxK9.net

千歌「無くなっちゃったんだ」

ダイヤ「無く……えっ?」

善子「正確には、上書きされたってのが正しいわね」

現実千歌「上書き……?」

梨子「そっ。何の前触れもなくある日突然世界は姿を変えてしまったの」

善子「私たちの世界は、その上書きされる前の世界から生まれるはずだったから」

千歌「元の世界が無くなったことで、この世界は存在させてもらえなかったんだ」

ダイヤ「そんな……」

現実千歌「でも、それじゃ何でダイヤさんはこの世界に来れたの?」

現実千歌「今私たちが居るこの世界は何なの!?」

現実千歌「鞠莉ちゃんは並行世界に行ける、って言ってたんだよ?」

現実千歌「存在しない世界に、どうして……」

善子「それはこっちの千歌のせいかしらね」

現実千歌「えっ?」

千歌「せいって言わないでよ!私だけじゃないでしょ!」


204: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/14(木) 21:35:43.58 ID:/jKmvxK9.net

ダイヤ「あの、詳しく聞いても?」

千歌「うん。私ね、ずっと願ってたの」

千歌「何も出来ないまま、私たちのAqoursは始まることなく終わっちゃって」

千歌「この9人でAqoursって言いたかった」

千歌「この9人で輝きたかった」

千歌「だからずっと願ってた。私たちも、輝きたい!って」

梨子「千歌ちゃんだけじゃないよ。私も、善子ちゃんも」

善子「他のメンバーだって、同じことを願ってたはずよ」

千歌「ふふっ、そうだね。そしたらね、神様が1回だけ奇跡を起こしてくれたんだ」

梨子「生まれるはずのなかった、存在することを許されなかった」

善子「私たちが生きるはずだった世界が創られたのよ」

梨子「でも、それだけじゃダメだったの」

善子「誰かがこの世界を“観測”しないと、並行世界として成り立つことが出来なかった」

千歌「そこに現れたのがダイヤちゃんだったんだ」


205: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/14(木) 21:37:49.15 ID:/jKmvxK9.net

善子「何の因果か、ダイヤはこの世界を“観測”することが出来た」

梨子「観測者が現れたことで、この世界は並行世界として存在するようになったの」

ダイヤ「なるほど……。何となくですが、少しは理解出来たと思います」

千歌「良かったぁ、私の下手な説明でも理解してくれて」

ダイヤ「ですが、分からない部分もあります」

千歌「ありゃりゃ」

ダイヤ「それは、この世界の本来のわたくしについてです」

ダイヤ「千歌さんは2つの世界の千歌さんが存在しているのに、何故わたくしは1人だけなのでしょうか?」

ダイヤ「この世界のわたくしはどこに居るのですか?」


206: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/14(木) 21:39:23.72 ID:/jKmvxK9.net

千歌「う~ん、何て言ったら良いか」

千歌「私としてはね、ダイヤちゃんの方がイレギュラーだと思うんだ」

ダイヤ「わたくしが?」

善子「この世界の本来のダイヤは、今私たちの目の前に居るわ」

ダイヤ「は?」

梨子「こっちの世界の本来のダイヤちゃんは、貴女を通じて存在し続けてるの」

ダイヤ「わたくしを通じて……?すいません、言っている意味が……」

千歌「あはは。たまに知らないはずの光景なのに知ってる、みたいなこと無かった?」

ダイヤ「えぇ、何度か」

善子「この世界のダイヤの想いを共有出来てる証拠ね」

梨子「今ここに居るダイヤちゃんは、2つの世界のダイヤちゃんが共存してる感じに近いかな」

千歌「でもそれこそがイレギュラーなんだよ」

ダイヤ「どういう事ですか?」


207: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/14(木) 21:40:55.18 ID:/jKmvxK9.net

善子「本来は共存出来るものではないの」

善子「だからそっちの千歌みたいに、別個の存在になるはずなのよ」

千歌「何でかダイヤちゃんはこっちの世界のダイヤちゃんと同化しちゃったんだよねぇ」

ダイヤ「そういえば鞠莉さんに言われましたね」

ダイヤ「わたくしだけ装置への適性が異様に高いと」

善子「あぁ、そういうこと」

ダイヤ「心当たりがあるのですか?」

善子「いや、心当たりというか、ほら」

善子「並行世界を股にかけると言えばダイヤみたいなところがあるじゃない?」

ダイヤ「えぇ……何ですかそれ」

梨子「まぁそういう体質なのかもしれないね、ダイヤちゃんは」

ダイヤ「そんな……」


208: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/14(木) 21:41:52.68 ID:/jKmvxK9.net

現実千歌「う~何だか壮大な話になってきて頭ゴチャゴチャだよ~」

千歌「それはそっちの世界の鞠莉ちゃんのトンデモ技術に言ってよ~」

善子「そもそも並行世界に行ける装置なんて世紀の大発明よ」

現実千歌「た、確かに……あ、そういえば」

ダイヤ「どうしました?」

現実千歌「ダイヤさんが戻れなくなった理由、鞠莉ちゃんが言ってた」

現実千歌「ダイヤさんは並行世界に受け入れられて、元の世界に戻れなくなったって」

現実千歌「それってもしかして……」


209: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/14(木) 21:44:02.45 ID:/jKmvxK9.net

千歌「まぁそうなるよねぇ」

善子「この場合、手放さなかったのは世界って言うより千歌になるけどね」

千歌「あはは、ごめんごめん」

千歌「もちろん、学園祭ライブが終わったら元の世界に帰すつもりだったよ」

千歌「この世界が消える前に」

現実千歌「世界が、消える?」

梨子「運命はね、変えられないの」

千歌「この世界は私たちの願いから作られた奇跡の世界」

善子「でも、本来は存在してはいけない世界」

千歌「ダイヤちゃんはこの世界でやたら地震とか異常気象が多かったの知ってるよね?」

千歌「それはこの世界が消えかかってる証拠、もうこれ以上はまともに世界を保てないんだ」

ダイヤ「……」


210: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/14(木) 21:45:29.43 ID:/jKmvxK9.net

千歌「だから世界が消える前に、奇跡が続いてる間に」

千歌「私たちの輝きを残したかった」

千歌「他の世界の私たちに比べたら、ちっぽけな輝きかもしれない」

千歌「でも!この世界にもAqoursがいた証を刻みたかった!」

ダイヤ「それが、学園祭でのライブ……」

千歌「新曲を作った理由もそう。この世界にしか存在しない曲を作りたかったんだ」

千歌「だからお願い、あと少し……あと少しだけ私たちに時間を下さい」ペコリ

ダイヤ「千歌さん……」

現実千歌「はぁ……そんなの聞いちゃったら、断れるわけないよ」

現実千歌「ていうか元々ダイヤさんが帰れない理由を解決する気でいたんだからね!」

千歌「なんだぁ、それ先に言ってよ~!」

現実千歌「あんな話されたら言うタイミング無いよ!」

ダイヤ「ふふっ、千歌さん同士で喧嘩しないで下さいな」クスッ

グラ・・・

千歌「……大きい」


211: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/14(木) 21:46:18.67 ID:/jKmvxK9.net

ガタガタガタガタ

ダイヤ「今までで1番大きいですわね……」

善子「この世界に残された時間も、あと少しってとこね」

オーイ、チカー

千歌「あ、果南ちゃんだ」

梨子「そろそろ時間よ」

現実千歌「……ほら、行った行った!」

ダイヤ「ちょ、千歌さん!?」

現実千歌「どの世界のAqoursも、Aqoursなんだよ」

ダイヤ「千歌さん……」

現実千歌「ダイヤさんがこの世界に来た意味、分かった気がする」

現実千歌「精一杯輝いてきて、それで、一緒に帰ろ?」

ダイヤ「……えぇ!もちろん!」


212: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/14(木) 21:48:06.17 ID:/jKmvxK9.net

~ステージ裏~

千歌「いよいよだね」

ルビィ「緊張してきたよぉ……」

花丸「あれだけ練習したんだから、大丈夫ずら」

曜「もしルビィちゃんが失敗しちゃったら、私も一緒に失敗するよ!」

果南「こらこら、コントみたいにするんじゃありません」

鞠莉「いっそコメディアンにでもなってみる?」

梨子「も~緊張感あるんだかないんだか」

善子「これくらいの方が私たちらしくて良いんじゃない?」

千歌「あはは、確かに!」

千歌「……ダイヤちゃん、ありがとね」

ダイヤ「わたくしは特段お礼して頂けるようなことは何も……」

千歌「ううん。ダイヤちゃんがここに居るお陰で、私たちは輝きを残せるんだよ」

ダイヤ「千歌さん……」

ダイヤ(そう、これが……わたくしがこの世界に来た意味なのですね)

ダイヤ(この9人の輝きを……見届ける事が、観測者としてのわたくしの務め)

ダイヤ(ならばその務め、しっかりと果たさせて頂きます!)


213: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/14(木) 21:48:25.42 ID:/jKmvxK9.net

千歌「よーし!みんな、準備は良い!?」

8人「……」コクッ

千歌「精一杯、全力で、最後まで輝き続けよう!」

千歌「Aqours!」




サーーーーンシャイーーーーン!!!


214: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/14(木) 21:53:13.09 ID:/jKmvxK9.net

~♪

現実千歌「凄い……」

現実千歌「Aqoursのパフォーマンスって、こういう風に見えるんだ」

現実千歌「それに、これがこの9人での初めてのライブだなんて全然感じない……」

現実千歌「あっ……そっか」

現実千歌「これがこの9人での、最初で最後のライブなんだ……」


千歌『他の世界の私たちに比べたら、ちっぽけな輝きかもしれない』


現実千歌「全然ちっぽけじゃないよ」

現実千歌「眩しすぎて、よく見えないや」グスッ


215: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/14(木) 21:58:02.75 ID:/jKmvxK9.net

ワァァァァァァァァァ!!!

千歌「はぁ……はぁ……」

9人「ありがとうございました!」

千歌「やった……やったんだ!」

梨子「やったよ、千歌ちゃん!」

善子「これが……この9人で、この9人だけの」

ダイヤ「輝き……!」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

梨子「きゃっ!」

ダイヤ「な、なにが」

善子「……始まったみたいね」

現実千歌「ダイヤさん!」

千歌「……行って!2人とも、早く行って!」

千歌「もう、この世界はこれ以上保たないよ」


216: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/14(木) 21:59:59.67 ID:/jKmvxK9.net

ダイヤ「そんな……」

現実千歌「でも行けって、どこに行けば」

千歌「ダイヤちゃんにとって、この世界の始まりの場所はどこだった?」

ダイヤ「始まり……」ハッ

ダイヤ「部室!」

善子「始まりと終わりは、いつだって表裏一体なのよ」

現実千歌「行こう!ダイヤさん!」

ダイヤ「は、はい!」


217: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/14(木) 22:01:41.29 ID:/jKmvxK9.net

果南「……行っちゃったね」

鞠莉「良いの?チカっち」

千歌「……」

鞠莉「それに、梨子と善子も」

梨子「……」

善子「……」

鞠莉「このまま黙って見送るだけの良いの?」

千歌「……よく、ない!」

梨子「行こっ!」

善子「承知!」

タッタッタッ!

鞠莉「全く、最初からそうすれば良いのに」


218: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/14(木) 22:02:19.52 ID:/jKmvxK9.net

~部室~

現実千歌「着いた!」

ダイヤ「本当に、部室に入るだけで元の世界に戻れるのでしょうか……」

現実千歌「分かんないけど、とにかく開けてみよう!」

ガチャ

現実千歌「うわぁ!?」

ダイヤ「真っ暗……電気が付いてないとかそういう問題ではなく」

現実千歌「何もない……無って感じがする」

ダイヤ「ほ、本当に大丈夫なんですか?」

現実千歌「私に言われても分かんないよ!」

千歌「大丈夫だよ!」

ダイヤ「えっ?」

千歌「はぁ……はぁ……」

ダイヤ「千歌さん、それに」

梨子「間に合った……」

善子「ライブ終わりに全力ダッシュはきついわよ……」

ダイヤ「梨子さんと善子さんまで」


219: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/14(木) 22:05:39.00 ID:/jKmvxK9.net

千歌「部室に広がってる空間は、時空の狭間って感じかな」

千歌「本当は見えないようになってるんだけどね」

善子「もうこの世界はそれだけ崩壊してるってことよ」

梨子「だから、そこに飛び込めば元の世界に戻れるよ」

ダイヤ「そうですか……」

ダイヤ「……」

千歌「ダイヤちゃん?」

ダイヤ「いえ、その……」

現実千歌「……よし!じゃあ先に戻ってるね!」

ダイヤ「千歌さん?」

現実千歌「少しの間とは言え、一緒に過ごしてきた仲間なんでしょ?」ボソッ

ダイヤ「……!」

現実千歌「元の世界で、待ってるから!」

現実千歌「ていっ!」

ダイヤ「あぁ、千歌さん!」


220: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/14(木) 22:07:47.06 ID:/jKmvxK9.net

千歌「……行っちゃった」

梨子「こういう所はどこの世界の千歌ちゃんも変わらないのね」クスクス

千歌「むぅ、それ褒めてる?」

ダイヤ「……」

千歌「ふふっ。どうしたの?ダイヤちゃん」

ダイヤ「……どうしてでしょうね、急に別れるのが辛くなってきました」

千歌「ダイヤちゃん……」

ダイヤ「元の世界では、わたくしは3年生なのです」

ダイヤ「2年生は千歌さんと梨子さんと曜さんで」

ダイヤ「1年生は善子さんと花丸さんとルビィ」

ダイヤ「だから、この世界に来た時は戸惑いました」


221: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/14(木) 22:09:40.22 ID:/jKmvxK9.net

ダイヤ「後輩だった子が同級生で、同い年の幼馴染が先輩になって」

ダイヤ「わたくし、千歌さんたちと遊んだ事なんて無かったんですよ?」

千歌「そっか」

ダイヤ「どう接して良いのかも手探りで……」

ダイヤ「でも、千歌さんたちと過ごす毎日はとても新鮮で、刺激的でした」

ダイヤ「今まで見たことのない景色がたくさん見れました」

ダイヤ「本当に、楽しかったんです」


222: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/14(木) 22:11:43.59 ID:/jKmvxK9.net

ダイヤ「善子さんとチョコレートを食べた事も」

善子「……」

ダイヤ「梨子さんとお洋服を買いに行った事も」

梨子「……」

ダイヤ「千歌さんとお家でまったりした事も」

千歌「……」

ダイヤ「全部、全部……忘れられない、忘れたくない思い出になりました」

ダイヤ「だから、絶対に忘れません。千歌さんたちの事……この世界の事を」

千歌「うん……ありがとう、ダイヤちゃん」

千歌「私たちも、ダイヤちゃんと過ごせて楽しかったよ」

梨子「ダイヤちゃんが覚えててくれる限り、私たちはずっと生き続けられるよ」

善子「本当はまだまだやり足りないことあったんだから」

千歌「私たちが紡げなかった物語は、あっちの“千歌たち”と紡いでいってね」

ダイヤ「千歌さん、梨子さん、善子さん……勿論ですわ」


223: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/14(木) 22:13:29.50 ID:/jKmvxK9.net

ダイヤ「ところで、ふと気になったのですが」

千歌「どうしたの?」

ダイヤ「わたくしがこの無の空間に入った後、この世界の本来のわたくしはどうなるのでしょうか」

梨子「う~ん、どうもしないというか」

ダイヤ「どうもしない?」

善子「そこが無の空間に見えるのはダイヤだけなのよ」

千歌「私たちにはダイヤちゃんが部室の中に入るようにしか見えないんだ」

ダイヤ「なるほど……」

千歌「だからダイヤちゃんの意識が切り離されたら、こっちの世界のダイヤちゃんとして目が覚めるはずだよ」

ダイヤ「それで……その後は」

千歌「……ご想像どおりだよ」

ダイヤ「そうですか……」

善子「ほら、シャキッとしなさい!」

梨子「最後は、笑顔でお別れしよ?」

ダイヤ「……はい!」


224: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/14(木) 22:13:57.46 ID:/jKmvxK9.net

ダイヤ「では、行きますね」

千歌「うん、元気でね!」

梨子「身体には気をつけてね!」

善子「抹茶チョコ食べすぎるんじゃないわよ」

ダイヤ「そんなに食べませんわよ!なんなんですかもう!」

千歌「あははっ……あっちの千歌にもよろしくね」

ダイヤ「えぇ、分かりましたわ」

ダイヤ「それでは」

ダイヤ(さようなら)


225: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/14(木) 22:15:08.99 ID:/jKmvxK9.net

~~~~~

果南「千歌ー!」

千歌「果南ちゃん。みんなも」

曜「行ったんだね?」

千歌「うん」

鞠莉「それで、こっちのダイヤは?」

千歌「もう少しで目が覚めると思う」

ルビィ「おねぇちゃん……」

花丸「良かった、何とか間に合ったずら」

善子「……アンコールは、無さそうね」

梨子「全部出し切ったもん」

千歌「あははっ、そうだね」

千歌「……この9人で、Aqoursで良かった」

千歌(最後は、みんなで……)


226: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/14(木) 22:15:26.84 ID:/jKmvxK9.net

====================================================================

ダイヤちゃん……

ありがとう……

====================================================================


227: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/14(木) 22:19:14.80 ID:/jKmvxK9.net

~現実世界~

ダイヤ「んん……ここは」

千歌「ダイヤさん、おかえり」

ダイヤ「……千歌、さん」

梨子「ダイヤさん」

善子「調子はどう?」

ダイヤ「梨子さん、善子さん……」

ダイヤ「すいません……!」ギュウウウ

千歌「わわっ!」

梨子「ちょ、ダイヤさん?」

善子「く、くるし……」

ダイヤ「今は、少しだけ……こうさせてください……」

千歌「ダイヤさん……」


228: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/14(木) 22:19:56.35 ID:/jKmvxK9.net

ダイヤ(わたくしは無事に元の世界に戻ってこれました」


鞠莉「ほんっっっっっっっっとうにごめんなさい!」


ダイヤ(原因を作った鞠莉さんは責任を感じていたらしく)

ダイヤ(しつこいくらいに謝り倒してきました)

ダイヤ(本当なら一生口を利かないレベルですが)

ダイヤ(あの世界での出来事を考えると、この装置にも意味があったと思うので)

ダイヤ(“千歌さんたち”に免じて水に流しました)

ダイヤ(ちなみに、あの装置はもう廃棄したそうです)

ダイヤ(人知を超えた技術力の結晶である事に間違いはありませんでしたが)

ダイヤ(その技術をもっと他のものに使うべきではないですかね)

ダイヤ(そして、わたくしはと言うと)


229: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/14(木) 22:22:50.57 ID:/jKmvxK9.net

善子「この面子で遊ぶなんてねぇ。どういう風の吹き回しなんだか」

梨子「私は新鮮だし良いと思うけど?」

千歌「ねぇねぇ、どこで遊ぼっか!」

ダイヤ「……」

ダイヤ(初めてのはずなのに、どこか懐かしさを感じてしまいますね)

ダイヤ(……)


善子『またゲーセン行くの?』

梨子『善子ちゃんの銃さばき、もう1回見たいなぁ』

千歌『ほら!早く行こうよー!』


ダイヤ「……」クスッ

梨子「どうしたんですか?ボーッとして」

ダイヤ「いえ、何でもありませんわ」

善子「誘ってきたのはそっちなんだからしっかりしてよね!」

ダイヤ「えぇ、勿論ですわ」

千歌「ほら、行こっ!ダイヤ……ちゃん!」

ダイヤ「……はい!」

ダイヤ(わたくしたちの物語は、ここから紡がれていくのです)


END




230: 名無しで叶える物語(しまむら) 2019/11/14(木) 22:24:02.52 ID:/jKmvxK9.net

以上、「初期設定のまま話が進んでたら~アニメ風~」でした
3日間に渡りお付き合いありがとうございました
初期設定の特に2年生はロマンがあるのでたまにでも思い出してやって下さい



231: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2019/11/14(木) 22:24:57.12 ID:Oqq/OSmT.net

めっちゃ面白かった!乙!


237: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/11/14(木) 22:47:08.55 ID:QU21Npgl.net

乙!
めちゃくちゃ良かったです
やっぱパラレルワールドといえばダイヤさんなんだよなぁ






元スレ:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1573568629/