まどか☆マギカ

巴マミ「憧れだった東京に住むために音ノ木坂学園に入学したわ!」

1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/04/22(金) 21:05:47.90 ID:TjuAz05M.net

マミ「右の人に話しかけて友達になってみましょう♪」

マミ「はじめまして♪巴マミです♪群馬から来ました♪」

花陽「ぁ、ぅぅ(知らない人なんか緊張して話せないよぉ)」

マミ(無視された・・・)ショボン

マミ「後ろの人に話しかけて友達になってみましょう」

マミ「はじめまして♪とm」

真姫「興味ありませんから」

マミ(ショボン)

マミ「左の人に」

凛「かーよちんかよちんかよちん!」モッギュー


マミさんはぼっち属性

続きを読む

まどか「ほむらちゃんに襲われた」

1: ◆JxFTtO5TBE 2015/01/02(金) 12:58:57.86 ID:WY/x9BWM0

以前書いた

さやか「杏子が家出した」
 
↑のSSの続きです。
まどほむです。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1420171137

続きを読む

さやか「杏子が家出した」

1: ◆JxFTtO5TBE 2014/04/19(土) 11:35:18.79 ID:icie8QkS0


※百合注意

杏子「ふぁ~」ノビー

杏子「やっと授業終わったぜぇ」

杏子「ったく、なんでこうも毎日退屈な授業ができるのかねぇ、センコーは」

杏子「……さてと」

杏子「さやか~帰ろうぜ~」

杏子「ん……?」

杏子「さやか~?」

杏子「……あれっ?」

杏子「お~い、さやか~」

杏子「さやかぁ~?どこ行った~?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1397874918

続きを読む

ほむら「2人だけのクリスマス」

2: ◆SjWXMdM6SY 2014/12/25(木) 23:52:48.37 ID:yChSJJaXo

まどか「……」

さやか「今週はいよいよクリスマス。楽しみだねぇ」

まどか「……」

さやか「美味しいもの食べて、プレゼントをもらって…今から楽しみだよ」

まどか「……」

さやか「まどかの家が少し羨ましいよ。あんなに料理上手なお父さんがいてさー」

まどか「……はぁ」

さやか「……おーい?まどかー?」

続きを読む

まどろむ まどほむ達の日常

1: まどろむ紳士 2014/08/24(日) 03:31:22.90 ID:/bfAipM40

何度も砂時計を回した

回す度に少し、どこか少し異なった世界を巡ってきた


今回も いつものように砂時計を回したつもりだった

でも、今回の世界は 巡ってきたいつもの世界とは明らかに異なっていた......



先生「まずは転校生を紹介します」

先生「暁美さん 入ってきて」


本来あるはずの メガネもなく、病室もなく、ソウルジェムもなかった

そこに あるのはクラスメイトの熱い視線だけだった



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1408818672

続きを読む

本格推理安価SS・名探偵ほむらの事件簿【消えたチーズケーキの謎】

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/08(金) 19:03:25.25 ID:5HS20f0t0

◇PM7:00 巴マミの家

マミ「大変よみんな! デザートに買ったチーズケーキが無くなっているわ!」

さやか「な、なんだってー!!」

まどか「ええ!? チーズケーキが……?!」

ほむら「無くなってしまったというの? いったいどうして……」

杏子「おい、どういうことだよマミ!」

なぎさ「モグモグ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1407492195

続きを読む

ほむら「鹿目さん、これから一緒に頑張ろうねっ!」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/11(金) 19:51:40.34 ID:SdbH4ZVyo

キュゥべえ「暁美ほむら、君のその祈りの為に魂をかけられるかい? 戦いのさだめを受け入れてまで叶えたい望みが
      あるのならば僕が力になってあげるよ」

ほむら「……あなたと契約すればどんな願いも叶えられるの?」

キュゥべえ「そうとも、君にはその資格がありそうだ。……さあ、聞かせてごらん。君はどんな願いでソウルジェムを
      輝かせるのかい?」

ほむら「私、鹿目さんとの出会いをやり直したい……」









ほむら「ただし、鹿目さんも記憶持ち越しで」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1405075900

続きを読む

ほむら「まどかと過ごす1日」

2: ◆SjWXMdM6SY 2014/05/15(木) 22:57:05.63 ID:3CwagEVvo

ピピピピピピピピ

ほむら「……ん…朝……」

ほむら「今日も…いい天気ね……」

ほむら「……ふぅ。そろそろ起きないと。顔洗って、それから朝食……」

ほむら「……っと。その前にこの子を起こさないと」

続きを読む

まどか☆マギカで人狼ゲーム

1: ◆hLNbQg6EspwH 2014/03/19(水) 21:42:37.88 ID:xydn1NbD0


魔法少女まどか☆マギカの登場人物で人狼ゲームをします。

シリアス展開は無いと思います。

安価することもあると思うので皆様よろしくお願いします。

叛逆ネタは使用予定なし。なぎさちゃんは出ます。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1395232957

続きを読む

まどか「チョコを貰ったけど……」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/18 21:30:08 ID:v+08z2wN0

まどか「正直に言うと……ちょっと重いかなって」

ほむら「え……」

まどか「気持ちは嬉しいんだよ? でも私、女の子だし……」

ほむら「……ごめんなさい。まどかのこと、もっと考えてあげれば良かった……」

まどか「ほむらちゃん……」



ほむら「やっぱり、ダンボールいっぱいのチョコは重いわよね」

まどか「女の子が持てる重さじゃないよほむらちゃん」

続きを読む

仁美「私…佐倉さんのこと、お慕いしてますの」 杏子「……は?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/16 02:22:17 ID:v85oKHLz0

――登校時


まどか「――でね、さやかちゃんは上条くんの腕を治すために魔法少女になったんだよっ」ニコニコ

杏子「へぇー…」

さやか「えへへ、まぁちゃんとあいつもヴァイオリン頑張ってるみたいだし?」

さやか「契約した甲斐があったってもんよ!」ドヤァ

杏子「男のために、ねぇ?」ニヤニヤ

さやか「な、何よ?その顔は…。そりゃあ…ちょっとは…下心も…あったような気がしないでもないような…うぅ…」

さやか「で、でも今はもうホント何にもないから!純粋にあいつのこと応援しようって決めたの!」

杏子「じゃあ…そいつのこと、もう…?」

さやか「うん…それに仁美ともうまくやってるみたいだし?それでいいかなって」ニコッ

杏子「ふーん…」

続きを読む

さやか「マミさんの前でイチャついてみよう!」なぎさ「意地悪してみるのです!」

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/12(日) 15:39:40.12 ID:L3QlNeaq0

◇マミの家

さやか「はい、なぎさ♪ あーん」

なぎさ「あーん♪ ……もぐもぐ」

さやか「ふふ、どう、美味しい? あたしが買ってきたケーキは」

なぎさ「はい、とっても美味しいのです!」

なぎさ「さやかに食べさせて貰ったから、いつもよりずっと美味しいのです!」

さやか「おーおー、可愛いこと言ってくれちゃって!」

マミ「…………」

マミ「……ねえ、ちょっと」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1389508779

続きを読む

ほむら「授業中なのに勃起してしまったわ……」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/04 21:32:25 ID:yQM4BQBX0

――教室


早乙女「このようにこの例文に――」

ほむら(ふぅ……)

早乙女「――」

ほむら(退屈ね……)

ほむら(魔法で学力を上げてから授業が退屈でしょうがないわ……)

続きを読む

さやか「暇だから安価でマミさんにタメ口きく」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/01 23:24:07 ID:bDP6WtBW0

――マミのマンション前――


さやか「というわけで……」

まどか「さやかちゃんにはこれからマミさんにタメ口をきいてもらいます!」

ほむら「……」パチパチ

杏子「……」パチパチ

さやか「あのさあ……」

まどか「……? なあに、さやかちゃん?」

さやか「これ、平気なの?」

続きを読む

比企谷「家に帰ると真っ白な幽霊のような奴が」 QB「」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/25(水) 12:43:14.00 ID:Vl4ztkT50

QB(まさか左遷されるとは、夢にも思わなかった)

QB(まさかまどかの契約も無く、ワルプルギスの夜が撃破されるとは)

QB(ワルプルギスの夜を過大評価していたのか、彼女たちを僕があなどっていたのか)

QB(しかしもうちょっと、しっかりと仕事してほしかったんですけどねえ、ワルプルさん)

QB(まあいい、結論から言おう)


QB(僕は有史最高とも言える魔法少女としての潜在能力を秘めた、鹿目まどかとの契約に失敗した)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1387942993

続きを読む

さやか「ホワイトクリスマス?」まどか「うんっ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/24 20:50:15 ID:uwLfNUnl0

12月24日
 ~学校~


さやか「はあ~終業式もやっと終わったね~」

杏子「校長の話長すぎだろ」

まどか「うぇひひっ、杏子ちゃんったら」



ほむら「……」

ほむら(相変わらず皆、仲良さそうね…)

ほむら(いいことだわ…まどか…あなたの笑顔が見れるだけで私は十分だから…)



杏子「JKお散歩?」ほむら「ええ」

続きを読む

QB「悪魔が聖夜に最期を迎えるなんて、皮肉が効いてるよね」ほむら「…………」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/24(火) 13:10:30.01 ID:yEPwSfWq0

◇12月上旬

QB「僕らは悪魔に叛逆するよ、暁美ほむら」

ほむら「……へえ、面白いことを言うじゃない」

QB「キミに良いように利用されること数ヶ月……ついに僕達にも感情が芽生えた」

QB「それは、悪魔への憎しみ。暁美ほむらへの復讐心。キミへ立ち向かうという意志だ」

ほむら「ふぅん……それで? 意志だけで私をどうにか出来ると思っているわけじゃないのでしょう?」

QB「勿論さ。僕らの得意としていることは調査と分析……キミの弱点はとっくに調べ上げてあるんだよ」

ほむら「……なんですって?」

QB「さあ、見るがいい。そして震えるがいい。これが僕らの叛逆の第一手────」



QB「────業務用マスカルポーネチーズ500グラムだ!!!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1387858229


続きを読む

まどか「ほむらちゃんは突然抱きついてきたりして怖い」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/23 21:41:51 ID:Zf2BE1pG0

まどか「だから抱きつかれる前に抱きしめるね」

ほむら「え?」

まどか「結界に取り込まれるの怖いから先に円環に取り込むね」

ほむら「え?」

まどか「手を引っ張られて割かれるのも怖いから先に手を縛るね」

ほむら「え?」

まどか「どこから武器が出てくるかわからないから先に服も脱がすね」

ほむら「え?」

まどか「ほむらちゃんに襲われるのが怖いから先に襲うね」

ほむら「え?」

続きを読む

まどか「私…裂けちゃう…!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/21 20:46:48 ID:CifU9wuK0

ほむら「この時を待っていたわ」ニヤ

まどか「え?」

さやか「!?ほ、ほむら!あんた何を…!」

  ぐいいいっ

まどか「や、やめて!ほむらちゃん!私…裂けちゃう…!!」

   ――パリィンッ

まどか「!?」

女神まどか「!?」

まどか「いだだだだ!痛い!ほむらちゃん!痛い痛い!!痛いっつってんでしょ!?」

女神まどか「痛い痛い痛い痛い!!無理無理引っ掛かってる!!」

ほむら「!?」ビクゥッ

さやか「ま、まどかの上半身が2つに!?」

ほむら「え、ちょ……えっ」

まどか「…あ…こ、こんにちは」ペコ

女神まどか「…こんにちは…」ペコ

続きを読む

まどか「からあげにレモンかけといたよほむらちゃん!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/20 23:38:52 ID:srd7OGnD0

まどか「ほむらちゃんの役に立ちたかったの…」

まどか「ごめんなさい…私バカな子で…」

続きを読む

さやか「杏子の浮気もの!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/21 01:22:32 ID:mjckXxpJ0

杏子「さやかは?オイ、さやかはどうした?」

マミ「行ってしまったわ…円環の理に導かれて」

マミ「美樹さん…さっきのあの一撃に、全ての力を使ってしまったのね」

杏子「バカ野郎…惚れた男のためだからって、自分が消えちまってどうするんだよ…」

杏子「バカ…やっと友達になれたのに」

ほむら「…」

続きを読む

杏子「JKお散歩?」ほむら「ええ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/18 23:03:27 ID:LIVlFHq50

~見滝原市内~


杏子「って、なんだそりゃ?」

ほむら「…あら、知らないの?」

杏子「う~ん…なんか、最近よく聞くような…」

ほむら「あなた、今は美樹さやかの家に居候してるのよね?」

杏子「ああ、そうだけど…」

ほむら「使えるお金とか…困ってない?」

杏子「ま、まあ…そりゃあな…居候させてもらってるだけで」

杏子「世話になってるわけだし…さすがに小遣いまでせびるわけにはなあ…」

ほむら「でしょうね…」

続きを読む

マミ「ふふ、そろそろ私の中にティロ・フィナーレしたい?」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/18 23:56:17 ID:7RyTuIDO0

マミ「――とまあ、こんな具合だったわね」フフン

さやか「マミさんすげえ! 大人!」

まどか「あう……」////

ほむら「くだらないわね……」////

杏子「……」ムシャムシャ

続きを読む

ゆま「なぎさちゃん、ちゅーしてもいい?」なぎさ「もちろんなのです♪」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/15(日) 09:19:05.51 ID:DGQqMWel0

◇マミさんち

マミ「……え?」

ゆま「えへへ、嬉しいな。じゃあ早速……」

なぎさ「ちゅー♪なのです」

マミ「ままま、待って! ちょっと、ちゅーってどういうこと?」

ゆま「?」

なぎさ「どうしたのです、マミ?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1387066745

続きを読む

ほむら「想いの結晶」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/01(日) 19:32:09.74 ID:j4MC2eqco

魔法少女まどか☆マギカ-叛逆の物語- の続きを、妄想で書いたものです。
「始まりの物語」「永遠の物語」「叛逆の物語」その他関連作品のネタバレを含みます。
暇な方、よければお付き合いください。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1385893929

続きを読む

ほむら「仲良くしましょう?」さやか「は?」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/20(水) 02:28:30.16 ID:W9pZxK/O0




さやか「悪魔のあんたと仲良くなんて……」

さやか「っていうかあんた何してんの?」


ほむら「鍋よ」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1384882110

続きを読む

なぎさ「マミの作ったチーズケーキが食べたいのです!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01 22:09:34 ID:R2PKXHhU0

マミ「今日は佐倉さんが遊びに来るわよ」

なぎさ「杏子がくるのですか?」

マミ「えぇ、佐倉さんの好きなケーキを焼いて待ってましょう」

なぎさ「マミの作ったチーズケーキが食べたいのです!」

マミ「佐倉さんの好きなケーキはなぎさの好きなチーズケーキじゃないわよ?」

なぎさ「杏子はチーズの偉大さがわかってないのです……」

マミ「また明日にでもチーズケーキは作ってあげるからね」

なぎさ「わかったのです……」

続きを読む

マミ「チーズと私どっちが好き?」なぎさ「当然チーズです」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01 12:04:45 ID:uqxtfcOw0

なぎさ「マミも変なことを聞きますね」

さやか「よりによってチーズと比べるかね」

杏子「自意識過剰なんじゃないか?」

ほむら「そうね。自分がチーズと同列だとでも思ってたのかしら」

まどか「さすがにそれは無理があるよマミさん」

なぎさ「困ったさんですねマミは」

マミ「うぅ…」グス

続きを読む

杏子「さやかを百合にしたい」ほむら「それはいい考えね」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 00:44:20 ID:FCclDXBj0

さやか「いやちょっと待て」

杏子「さやか!?いつからそこ!」

ほむら「盗み聞きなんて人が悪いわね」

さやか「いやいや最初からいたんですけど」

杏子「なら話が早い」

杏子「百合になってくれよさやか」

さやか「だからちょっと待て」

続きを読む

マミ「悪魔?ぷっww何それww中二病なのぉ?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/27 15:59:31 ID:MH8UGCra0

マミ「暁美さん。あなたも魔法少女だって聴いたわ。今度一緒に魔獣と戦いましょうよ」

ほむら「巴マミ…残念だけど私は魔法少女であると共に魔なるもの。悪魔なのよ、悪魔は誰とも群れないわ」

マミ「悪魔?ぷっwwww」

ほむら「えっ!?」

マミ「何それwww中二病なのぉ?」

続きを読む
記事検索
Loading
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
相互申請・意見要望等
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ