IS

一夏「暴力振るわれる度に全部日記に記録してるんだ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/27 18:10:55 ID:yeo+v5F/O

鈴「このバカー!!」ドコッ!

一夏「ぼべっ!?」

鈴「ふんっ!」スタスタ

一夏「うぐっ・・・」

シャル「大丈夫?」

一夏「大丈夫だ・・・げほっげほっ」フラッ

シャル「どこいくの?」

一夏「保健室だ」

シャル「僕もいくよ」

保健室

保健医「打撲ですね。二、三日は痛むと思います」パシャッ

一夏「ありがとうございます」

シャル「なんで写真?」

一夏「ちゃんと証拠とっとかないとな」

シャル「証拠って、なんの?」

続きを読む

箒「これは……媚薬!?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 12:01:39 ID:7H8X9yZ30

箒「姉さんからの荷物たがらまさかとは思ったが………」

手紙(これで箒ちゃんの意中の男の子もメロメロ♡)

箒「意中の男の子…………」ポワーン

箒「いかんいかん。何を考えているんだ!」ブンブン

箒「さて一夏の特訓だ」

続きを読む

一夏「鈴のことが好きすぎてやばい」 鈴「!?」

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/24(土) 19:06:16.09 ID:2dJbz6c10

一夏「見た目は小さくて可愛らしいのに案外しっかりしてそうで実はやっぱり女の子なところがたまんねぇぜ!」

鈴「な…!///」ガタッ

一夏「…ん?誰か居るのかー?」

鈴「(や、やば、盗み聞きしてるのがバレちゃう…!)」

一夏「…!り、鈴!」

鈴「あ…」



続きを読む

箒「一夏ー」

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23(火) 22:17:55.43 ID:zPBfd+ta0

一夏「あぁ、稽古ならもう少しで行くから」

箒「うむ」ジト

一夏「そんなに時間かからないから先に待っててよ」

箒「……」

一夏「じゃあもうちょっと待ってて」

箒「あぁ」



続きを読む

一夏「女子更衣室に幽霊?」

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/19(金) 23:32:16.51 ID:QCGmfBP40

箒「なにっ!ゆ、幽霊だと!}

セシリア「・・・・・・」ビクビク

鈴「へぇおもしろそうじゃん誰から聞いたのそれ」

シャル「のほほんさんから聞いたんだ。なんでも。真夜中になるとさ・・・出るらしいんだよ」

ラウラ「ふん。幽霊より人間の方が怖い。戦場では幽霊などと恐るるに足らんからな」

箒「そ、そうは言っても怖いものは・・・」

鈴「面白そうじゃん!!今日の夜にでも行ってみようよ!」

セシリア「な、なんですって!」



続きを読む

一夏「女の子って髪を触られるの嫌がるらしいな」

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/14(土) 18:58:15.31 ID:9fF72h1f0

一夏「暴力ばかりのあいつらのことだ、もしかしたら俺のこと本当は嫌いなのかもしれない」

一夏「嫌いな男に髪を触られたらこの上なく怒るんだろうな」

一夏「……あいつらで試してみるか」



続きを読む

シャル「暑いねぇ」一夏「暑いな」

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/05(日) 15:58:36.15 ID:fzRjxm/s0

シャル「日本の夏って暑いんだね」

一夏「今年は比較的暑いほうかもな。まあ暑いからこそ夏って感じするし」

シャル「一夏はやっぱり夏が好きなの?」

一夏「特別好きってわけでもないぞ。嫌いでもないけど」



続きを読む

鈴「一夏をデートに誘うわよ!」

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 22:08:00.08 ID:jECrSJNG0

鈴「約束まで取り付けはしても急用でキャンセルばっかなのよねぇ」

鈴「でも今度こそ、絶対にデートしてみせるんだから!」

鈴「誘う前にある程度プランを立ててからにしよっと」

鈴「えっと、>>5とか>>7とか>>9とかどうかしら?」



続きを読む

鈴「明日は良いことあるわよね!」

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/02(土) 21:03:25.69 ID:S5b1xIlE0

鈴「んもう、一夏はどこに行ったのよ」

鈴「お昼くらい一緒じゃないとほとんど会えないじゃない!」

鈴「今日だってせっかく一夏の分も用意してたのにな。……一夏のばーか、ん?」~♪

鈴「メール? 知らないアドレスからね、迷惑メールかしら?」ピッ



 屋上に行け
 織斑一夏はそこにいる



続きを読む

一夏「鈴とのディープキスにどハマりした...」

6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/30(水) 20:53:48.05 ID:F7DuNAF60

鈴「ん……あぅ……んっぁ……」

一夏「んく……」

鈴「……んっ……はぁ、はぁ」

一夏「はぁはぁ……」

鈴「……気持ち、よかった?」

一夏「あ、ああ。昨日より、すっごく……」

鈴「えへへ/// け、研究の成果ね!」



続きを読む

一夏「俺の部屋で鈴が寝てる」

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/20(日) 17:18:49.29 ID:cu6qbYgK0

一夏「部屋には俺と鈴だけ、か」

鈴「Zzz...」

一夏「男の部屋で無防備に寝るとはけしからん。俺じゃなかったらどうなっていたことか」

一夏「……ここは俺がちゃんと教えてやらないとな」

一夏「>>5してやろう」



続きを読む

一夏「ペット飼いたいな」

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19(土) 00:17:09.73 ID:KM6Y4KBdO

一夏「この学園ってペット禁止なんだろうか」

一夏「・・・校則には載ってないな」

一夏「一応寮監の千冬ねえに確認しとこう」



千冬「駄目に決まっているだろう馬鹿者」ゴン!

一夏「いたいっ!」



一夏「いたたた・・・なんだよペットくらいいいじゃないか」

一夏「猫くらいなら簡単に飼えるのに・・・」

一夏「なにかいい方法はないものか」ガチャッ

ラウラ「zzz・・・」

一夏「またラウラは勝手に人のベッドで・・・!」



続きを読む

箒「一夏……」一夏「残ったのは俺とおまえだけか……」

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 01:21:00.97 ID:i8Xx49tb0

【食堂】

一夏「おはよう!」

のほほんさん「うん、おりむーおはよ~~」

のほほんさん「……………」セノビッ

のほほんさん「………う~~ん………届かない………」

一夏「?」

相川「こらこら、抜け駆けとは感心しないぞ~~!」

谷本「あはは! 篠ノ之さんたちと一緒じゃないとはチャンスだね!」

夜竹「…………!」



続きを読む

シャル「明日は良いことあるといいな」

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/02(水) 23:08:03.55 ID:CnKDVukE0

シャル「はぁ……」

シャル「最近一夏とあまり喋れてない気がする」

シャル「あのまま一夏と同じ部屋で過ごせてたら、ってこれは反則だよね」

シャル「もっと積極的な方がいいのかなぁ。でもはしたない子って思われたくもないし」

シャル「うーん……うん?」コンコン

シャル「誰だろう、はーい」ガチャ

一夏「よう。部屋にいたのか、探しちまったよ」

シャル「いいいい一夏ぁ!?」



続きを読む

一夏「自分の子供が欲しい」

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/01(日) 01:48:50.03 ID:X8qu7KfS0

一夏「なんて女子に言っても、必ず断られるだろうな…」

一夏「それに女子しかいないIS学園。言った日には変な目で見られるに違いない」

一夏「でも、自分の子供が欲しい……」



続きを読む

鈴「一夏を振り向かせるわ! 安価で!」

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/21(水) 23:36:08.59 ID:WrajXXl00

鈴「…このままではいけない!」

鈴「クラス対抗戦以降、あたしの立場がどんどんなくなってる気がする…!」

鈴「セシリアと2人がかりで山田先生とラウラにボコボコにされるし」

鈴「自分がどんどん噛ませ犬臭くなってる…。
  キャノンボール・ファストでもイベント自体がなしになって見せ場も消えちゃったし…」

鈴「一夏とのやりとりも…林間学校の時とか家に行った時とか学園祭の時とか、
  機会にしてみれば結構な数があったかもしれないけど…」

鈴「でも2人きりのイベントなんてあんまないわ! 箒やシャルロットとかセシリアとはあったのに!」

鈴「ていうかそもそも、あたしだけクラスが違うって時点で…旗色が悪いわよね」

鈴「このままじゃいけないわ! 今こそ、変革を求められるとき!!」

鈴「だからあたし、>>5で一夏にアプローチをするって決めたの!!」



続きを読む

一夏「千冬姉、俺の携帯毎日チェックするのやめろよ」

9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/18(日) 22:42:27.21 ID:qpPbm0ui0



一夏「あっれー、おかしいな」

千冬「……」

一夏「ここにもない。昨日部屋に置いたと思ってたんだけど」

千冬「……」

一夏「なんでだ? いつも机の上に置いておくのが癖なのに」

千冬「……一夏、うるさいぞ」

一夏「ああ、ごめん。そうだ、千冬姉。俺の携帯知らないか」

千冬「携帯?」

一夏「ああ」

千冬「そういえば風呂場の洗濯物のかごの中にあったような気が」



続きを読む

一夏「ちょっとまて、ISのセンサーだけ見えないように展開したら」

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 06:48:34.81 ID:OLbOGnJX0

一夏「毛穴までくっきり見えないだろうか」

一夏「それどころか赤外線センサーで服の上から乳輪の色や大きさまでも……」

一夏「さっそくやってみるか」キュイイイイン



続きを読む

一夏「一人じゃ眠れなくなった」

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/12(月) 00:57:09.88 ID:h/sLYsXwO

一夏「ラウラが毎日ベッドに侵入してくるおかげで人の温もりがないと眠れなくなった・・・」

一夏「なのにそのラウラは千冬ねえに怒られたとかで来なくなった」

一夏「おかげでこの三日ほどまともに眠れてない・・・限界だ・・・」

一夏「ラウラは千冬ねえには逆らえないからもう来ないだろうし・・・なんとかしないと」

一夏「うーん・・・」

一夏「・・・・・・」

一夏「・・・抱きまくらでも買ってみようか」



一夏「というわけで抱きまくらを買ってみたものの、まったく効果がない」

一夏「・・・眠い・・・」



続きを読む

ラウラ「織斑一夏は私の嫁!」

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/28(火) 22:48:34.96 ID:ZVCtyDN70


クラスメイツ「おおー」パチパチパチ




前スレ:一夏「ラウラ・ボーデヴィッヒは俺の嫁!」のつづき


続きを読む

一夏「ラウラ・ボーデヴィッヒは俺の嫁!」

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/23(木) 21:26:50.31 ID:4szAxWzs0


クラスメイツ「!?」



8 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/23(木) 21:30:36.99 ID:4szAxWzs0

千冬「これから私はドイツ軍のもとに赴くことになる」

千冬「お前は家事もできる、それに一生会えないというわけではない」

千冬「一人で生活できるか?」

一夏「……千冬姉」

千冬「なんだ、気になることがあるのなら今のうちに聞いておけ」

一夏「俺も……俺も、連れて行ってほしい」

千冬「……ほう」

千冬「聞いておこう、それはなぜだ?」

一夏「たった一人の肉親である千冬姉と離れたくない」

一夏「……そんな理由じゃ、ないよ」

千冬「……」



続きを読む

一夏「そろそろ鈍感な振りも疲れたな」

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/09(木) 00:00:51.09 ID:I7getaRz0

鈴「え!?」

セシリア「なっ!?」

シャル「えぇー!?」

ラウラ「?」

千冬「ほう……」



続きを読む

一夏「パパになりたい」 鈴「え゛」

1 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 ◆IS///XJVTY 2012/02/04(土) 15:31:33.01 ID:fRYpSdpe0

一夏「良いよなぁ 子供ってさ」

鈴「アンタ、まさかロリコンって奴なの…?」

一夏「いや、ロリコンではないんだけどさ」

一夏「子供、可愛いと思わないか?」

鈴「確かにそう思うけど…」

一夏「俺も子供が欲しいなー」



続きを読む

一夏「セシリアって弱いよな・・・」

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/03(金) 10:33:55.94 ID:WXurzpT70

一夏「ISほぼ初見の俺に負けたようなもんだし」

鈴「山田先生と模擬戦した時も足引っ張ってたし」

箒「無人機が乱入した時は一夏が囮になって敵の動き止めてから射撃していたな」

ラウラ「それ以降は出番があったか?」

シャル「一応福音の時に居たような・・・」

鈴「ま、はっきり言って弱いわね」

一夏「でもそこが可愛いんだよな・・・」

鈴ラ箒シ「!!!??」



続きを読む

千冬「二人組になれ」 ラウラ「・・・」

1 忍法帖【Lv=40,xxxPT】   ◆2LauraCukI 2012/02/01(水) 15:07:17.32 ID:nSMXREHx0

シャル「ねぇ、一夏僕と組もう?」

セシリア「抜け駆けは無しですわ!」

一夏「はぁ… 今日はセシリアの日だろ」

ワーワー

ラウラ「・・・」



続きを読む

一夏「私立IS幼稚園・・・」

1 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 2012/01/23(月) 10:05:03.03 ID:fS6fp1Dy0

鈴「いちかー!だっこっしてー!」

セシリア「あー!鈴ちゃんずるいですわー!私もー!」

シャル「僕もだっこして、せんせ?」

ラウラ「一夏はわたしとけっこんするのだ!」

箒「ふ、ふん!別にほうきは抱っこしてもらわなくてもいいもん!」

ギャーギャー

一夏「なんでこんな事になったんだ…」



続きを読む

上条「不幸だ…」一夏「禿げ上がるほど同意」

1 ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/22(日) 12:58:08.07 ID:ZZkIWqwD0

ーとある居酒屋風の飲食店ー

上条「美人のヒロイン達に囲まれてるのがそんなにいいことかー!!」

一夏「いいことかー!!」

上条「こっちはこれでも大変な思いしてんだよー!!」

一夏「してんだよー!!」

上条「女なんてクソ食らえー!!」

一夏「おおー!!」


店員「お客様、うるさいですよ」ジロッ

上条「ごめんなさい…」

一夏「すみませんでした…」


上条「それでは気を取り直して… 第1回『美人ヒロイン達に囲まれているけど、ちっとも嬉しくない主人公同盟』のオフ会を始めます」



続きを読む

一夏「お手」シャル「わんわんっ♪」

1 ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/20(金) 09:21:20.48 ID:W8TYh/58O

一夏「おかわり」

シャル「わんっ」シュタッ

一夏「よーしよしよし」ナデナデ

シャル「えへへへ」

一夏「そうだ。プリン買ってたんだ」ガチャッ

シャル「わふっ!」

一夏「はいあーん」スッ

シャル「あー」

一夏「待て」

シャル「あ・・・」

一夏「・・・」

シャル「・・・わっ、わふっ!」

一夏「待て」



続きを読む

一夏「未来予想図?」

1 ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/18(水) 23:09:31.33 ID:RD1pEefYO

束「そうだよーん。なんとこれを使えばいっくんと女の子が結婚した場合の超リアルなシミュレーションができるのだ!」

束「ちなみにドリ〇ムとは関係ないよ」

一夏「へえーすごいですねじゃあ俺はこれで」

束「待ちたまへ!!」ガシッ

一夏「な、なんですか?」

束「いっくんは束さんが一生懸命いっくんの為に作ったこの装置を使いたいよね?」

一夏「べつに俺h」

束「他ならぬいっくんの為に睡眠時間も削って頑張って作ったんだ~。使いたい?」

一夏「・・・はい。使いたいです」

束「ようしそれじゃいってみよう!」

一夏「はぁ・・・」



続きを読む

一夏「千冬姉が炬燵から出てこないから皆に協力してもらう事にした」

18 ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ 2012/01/16(月) 23:58:51.33 ID:PWCfj36hO

―冬休み、織斑宅―

セシリア「一夏さん、急に呼び出してどうしましたの?」

ラウラ「教官が何やかんやと言っていたが」

一夏「あぁ、実はな…」

ガララッ

千冬「あーぬくいーー炬燵さいこーーもう出たくないーー」

一夏「千冬姉がこたつむりになってしまったんだ」

鈴「うわぁ…」

箒「学園での威厳が…」

シャル「炬燵の力って、こんなに凄いんだ…」

一夏「このままだと、千冬姉は新学期が始まっても炬燵に籠り続けちまう。皆の力を貸してほしい」




続きを読む
記事検索
Loading
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
相互申請・意見要望等
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ