その他

NPO法人日本サンタクロース協会

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/22(月) 15:31:45.65 ID:LeOO3t5gO


『──なあ、父ちゃん。サンタってやっぱり父ちゃんや母ちゃんなんだろ?』

『クラスみんな知ってるもん、サンタなんかいないって』


『俺、12月に出るファミコンソフトがいい!』

『でも発売日はクリスマスより前だから、先にプレゼントだけ欲しいんだけど』

『当日はケーキがあったらいいよ』


『えー、じゃあお年玉前借りはできない?』

『……俺、来年からクリスマスプレゼントは現金がいいな──』


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1419229905

続きを読む

ディディー「ディクシーと同棲してから1ヶ月がたつけど……」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/11(土) 10:35:08.98 ID:VbmR8DHm0

ディディー「彼女、ちょっと束縛気質なとこがあるんだよねぇ……」

ドンキー「ふーん、どんな風に?」

ディディー「出かけるときとかどこ行くのか毎回聞いてくるし、帰りがおそいと怒られるし、この前なんか一晩中オイラのこと探し回ってたみたいなんだ。オイラ、行く前にちゃんとどこに行くか言っておいたんだけどね」

ドンキー「お前が浮気してるとでも思ったんじゃないのか?」

ディディー「浮気って……。いや、もちろんそんなことはしてないけどオイラとディクシーはまだ結婚してるわけじゃないのに、浮気って言われるのはなんか違和感があるなぁ……」

ドンキー「細けぇこたぁいいんだよ。それで? 今日は出る前になんも言われなかったのか?」

ディディー「うん、大丈夫。なんだかんだいってきみとは昔からの付き合いだしね。一応ドンキーと遊ぶことに関しては許容してくれてるみたい」

ドンキー「お互い知り尽くしてる仲だもんな」

ディディー「まあね。でも帰ったらまたなんか言われるかと思うとちょっと気が重いな。はぁっ……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1412991298

続きを読む

アカギ「ククク………バレンタインか」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/13 01:14:58 ID:0Q89H0Jq0

「あの、バレンタインチョコ、受け取ってくださいっ………!」

「え?あ、ありがとうっ……!」

アカギ「ククク………バレンタインか」

アカギ「男女の愛を誓う記念日に便乗し……食品メーカーがごぞってチョコを売りさばこうとする日、ククク」

アカギ「痩せた考え……それにのけられるあいつらも大間抜け、同情できねえっ」

この時…アカギ13才…この思春期真っ盛りの天才は…食品メーカーの思惑を完全に見透かしていた…!
世の中がバレンタインに毒されている中、唯一人気づいていたっ…!
この行事の奥に潜む悪魔…!悪鬼…!邪鬼…!物の怪の存在にっ…!

続きを読む

でんぢゃらすじーさん「進撃の巨人」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/01 01:13:45 ID:O4owL70KO

もくもくもくもく…
超大型巨人「………」


じーさん「超大型巨人じゃー!」

孫「何なんだこの超トートツな始まり方は!」


ドッゴーン!


孫「壁が蹴破られたよ!おじいちゃん!早く逃げないと!」

じーさん「………孫よ」

孫「何!?おじいちゃん!」

じーさん「超おしっこ漏れそう」ジョボボボ

孫「もう漏れてるじゃねーか!」

続きを読む

ボールペン「私はボールペン。198円の緑ペン」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26 16:39:44 ID:IWjlKa/n0

ボールペン「ご主人様と出会ったのは、2年半ほど前でしょうか」

ボールペン「町はずれの文房具屋で、買い手もつかないまま店頭に並んでいた頃」

ボールペン「隣の赤ペンさんや青ペンさんはどんどん買われていくのに」

ボールペン「私を買ってくれる人はなかなか現れなくて」

ボールペン「入荷したら早いうちに売れる黒ペンさんがうらやましくてたまらなかったあの頃」

ボールペン「真新しい制服に身を包んで」

ボールペン「四角のはっきりしたスクールバッグをしょったご主人様がやってきて」

ボールペン「黒ペンさん、赤ペンさん、青ペンさんと一緒に」

ボールペン「私も一緒に買ってくれましたね」

続きを読む

狐娘「おなか……へったなぁ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/10 21:04:23 ID:/IrmQ85GO

コッコッコッコッコッ

狐娘「もう、どれくらいお肉たべてないだろう……」

コッコッコッコッコケーッ

狐娘「にわとり、おいしそうだなぁ……」

続きを読む

くノ一(10)「くすぐり拷問?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/19 23:20:19 ID:mS0KG+9k0

くノ一「……」

拷問史「ほう、ようやく目が覚めたかお嬢ちゃん……一応、お嬢ちゃんでいいんだよな……」

拷問史「……そうだ、あれだ。気分はどうだい?」

くノ一「……」

拷問史「ほう、だんまりか……」

拷問史「……まぁそりゃそうだよな……一応聞いておくか。お前、いや、君、忍びだよね?」

くノ一「……」コクリ

続きを読む

徐倫「パパ~、今日の運動会頑張るからね」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/30 22:26:40 ID:ReW7kmQEO

徐倫「パパ~、今日の運動会頑張るからね」

承太郎「ああ・・・しっかり見てるからな・・・///」

今日は待ちに待った運動会。

徐倫ちゃん(7歳)はパパとママに見守られながら選手入場のためにクラスメートのところに向かいました。

承太郎「おい・・・」

承太郎嫁「はい」

承太郎「動画は俺が撮る・・・写真は任せたぜ・・・」

承太郎嫁「わ、わかりました」

承太郎嫁(もう、この人ったら徐倫のことになるといつもこうなんだから・・・)

続きを読む

智子「モテないし、弟とデートでもするか」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/18 18:19:57 ID:py/0Ndfd0

智子「リハビリを続け、体調が良ければ鏡を凝視できるようになった」ジィィィ

智子「……、なんだよ睨んでんじゃねーよ目付き悪いなコラ」

智子「死んだ魚が恨みつらみで殺意の波動に目覚めたような眼しやがって」

智子「まあ私なわけだが」

智子「……はぁ……」

続きを読む

ハルヒ「皇帝ルルーシュに会いたいわ!!」

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 13:50:28.54 ID:SEopnbmA0

コードギアス~反逆のルルーシュR2から6年後


C.C「いよいよ明日からか。長かったな」

ルルーシュ「別に俺はこれまでと同じ生活で良かったんだ。それをわざわざ・・・」

C.C「私に文句を言っても仕方ないだろ、いろいろな手続きをしたのはジェレミアだぞ?」

ルルーシュ「全く、あいつは何を考えているんだ・・・。今の俺は堂々と世間に顔を晒して
生活できる人間ではないというのに」

C.C「悪逆皇帝はゼロに殺されたからな」

ルルーシュ「そうだ!なのに何故今更学校などに行かなければならん!」

C.C「仕方ないだろ『これ以上皇帝陛下に日陰の生活をさせるわけにはいかない』と
聞かないんだからな」

ルルーシュ「何が日陰だ、俺はそれを承知の上でゼロレクイエムを敢行したというのに
だいたい、この顔で堂々と外に出てみろ!大騒ぎになって終わりだ!学校に通うなど論外だな」

アーニャ「それは問題ない、これがある」

ルルーシュ「アーニャ・・・・いつからいた?」

アーニャ「ずっと前から」

ルルーシュ「そうか・・・・で、何だこれは?」



続きを読む

紬「ここが不人気学級の教室ね…………」

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/25(月) 00:05:29.99 ID:uoT99x0b0

  部室

紬「嫌よ!そんな・・・不人気学級だなんてそんな・・・」

澪「しょうがないだろ、実際ムギは人気無いんだし」

唯「そうだよ~ムギちゃん!」

梓「不人気はさっさとあっち行けです!」

律「ま、まぁそんな落ち込むなよムギ、あっちだってけっこう楽しいハズだって!」

紬「ううう・・・」ヒッグヒッグ

和「ムギ、時間よ、そろそろ授業が始まるわ」

紬「ひ、ひどい・・・ひどいわみんな・・・」ボロボロ



続きを読む

QB「僕と契や」 沙耶「あむっ」

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/01(日) 04:03:44.74 ID:5LzSCSVf0

沙耶「……」 モグモグッ

QB「いきなり食べるなんて酷いじゃないか」

沙耶「あなた、さっきの子と同じなの?」

QB「僕らには個体の区別はないからね」

沙耶「そう。私に何か用?」

QB「ずいぶん素っ気ないね。君は僕が話すことに疑問を持たないのかい?」

沙耶「あなたは私が話すことが不思議じゃないの?」

QB「君達の存在は知っているからね」

沙耶「ふ~ん。でもあなた、人間じゃないんでしょ? 興味ないわ」

QB「待ってくれ。これは君にとっても有益な取引だ」

沙耶「ふしゅるー……」

QB「冷静な話し合いを求めるよ」

沙耶「あむっ」



続きを読む

朋也「聖なる夜の誕生会」

3 忍法帖【Lv=38,xxxPT】 2011/12/26(月) 02:31:54.88 ID:+7T/jqQx0

 それは、クリスマスを前日に控えた休日の日の事。

朋也「汐、寒くないか?」

 娘の手を引きながら、俺は汐に問いかける。

汐「うん、へーき♪」

 冬の寒さもなんのそのと言った風に、汐は笑っている。

 早苗さんの手作りマフラーをぐるぐる巻きにした姿がとても可愛らしく思えるのは、単に俺が親馬鹿なだけではないだろう、きっと。

朋也「そっか、寒くなったらちゃんと言えよ?」

汐「うんっ」


続きを読む

ヒカル「塔矢、おまえって好きな人とかいるの?」

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/22(木) 17:59:07.75 ID:OjyHJcXR0

塔矢「どうしたんだ進藤?突然そんなこと聞くなんて…」

ヒカル「いやあ、和谷がさあ…」

塔矢「和谷?」

ヒカル「あっ、お前は知らなかったか。俺と一緒にプロ試験合格した…」

塔矢「ああ、彼か。その和谷くんが何か言ったのか?」

ヒカル「うん。お前ももういい年なんだから気になってる女の一人や
    二人いるだろって」


続きを読む

まどか「ガンダムを見ようと思うんだけど」

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/18(日) 11:55:55.03 ID:a7Bo7Urt0

マミ「それならやっぱり1stを見るべきね。宇宙世紀の流れを学ぶことでガンダムとはどういうものか…」ウンヌンカンヌン

さやか「ハイ出た~!懐古厨それも原理主義者は今日も元気ですね!」

マミ「そういうわけじゃないけど…。それじゃ美樹さんは何を勧めるのかしら?まさか種とか言わないわよね?」

さやか「そりゃ平成ガンダム、Wですよ!ガンダムもキャラもかっこいいし初心者にはわかりやすいんじゃないかな」

マミ「プッ!」

さやか「あ?」

まどか「…。」


続きを読む

茶髪「あら、捨て犬?」 佐藤「くぅ~ん」

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/13(火) 18:11:57.45 ID:Sho2FVwk0


茶髪「こんなに濡れてかわいそうに…」

佐藤「きゅ~ん」

茶髪「あなた家に来る?」

佐藤「わん!」フリフリ

茶髪「フフッ、うれしそう」

佐藤「わん!わん!」フリフリ

続きを読む

ルパン「なぁ次元、NEETって知ってるか?」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/06(火) 17:03:28.15 ID:7/pMUJuu0

次元「ニート?なんだそりゃ?
    新手の条約か?」

ルパン「Not in Education, Employment or Training」

次元「・・・教育、労働、職業訓練に属していない?
    おい、まさか!その頭文字とってNEETとか言うんじゃねぇだろうな?」

ルパン「あらまっ!正解」

次元「・・・ぶはっwww」

ルパン「にゅふふふ~www」

続きを読む

山田「山田、麻雀がしたいです」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/03(土) 19:13:40.57 ID:D3dtm/u8O


相馬「あれ、山田さん麻雀覚えたの?」

山田「はい、前に山田だけ打てなくて寂しかったので必死に勉強しました」

佐藤「ほう、じゃあ今日は山田をカモにして囲むとするか」


続きを読む

一護「じゃあ俺の風呂やトイレも浮竹さんが」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/01(木) 07:50:41.64 ID:WgYxvnCb0

ギンジョー「もちろん盗撮されてる」

一護「なん・・・だと・・・」

ギンジョー「それどころかお前の風呂やトイレは盗撮モノDVDとして販売されてる」

一護「誰が買うんだ・・・、ルキアか」

ギンジョー「剣八が好んで買っているらしいぜ」

一護「なん・・・だと・・・」

続きを読む

ぽぷら「ええっ!杏子さん、お店やめちゃうの!?」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/23(水) 15:16:45.66 ID:N1WZbZzJ0

八千代「…………」

小鳥遊「どういうことですか、いきなり」

杏子「やめるっつーか…異動?本部から連絡あった」

種島「そんな…」

相馬「まーもう四年もやってるわけだからねー」

小鳥遊「うわ相馬さんどこから沸いて出たんですか」

相馬「ヒドイな小鳥遊くーん」

続きを読む

拓巳「秋葉原に行こう」岡部「ラボメンを募集するか」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/20(日) 17:40:45.07 ID:POxbfsEh0

拓巳「今日は秋葉原に行こう」

梨深「タク出かけるの?」

拓巳「うわぁ!い、いつからいたの?」

梨深「おはよ、タク!」ビシィ!

拓巳「か、勝手に入って来ないでよ…」

梨深「ごめん…鍵空いてたから…たはは」

拓巳「……」

梨深「たはは…そ、それより!出かけるんだよね?あたしも行っていいかな?」

拓巳「あ、秋葉原に行こうと思って…」

梨深「へぇ~休みの日にタクが出かけるなんて珍しい…」

拓巳「き、今日は秋葉に行きたい気分なんだよ!」

梨深「そっか。じゃあ行こ!」

拓巳(何時の間にか梨深も行く事になったでごさる…)

梨深「ほら、タク!早くぅ~」

ガチャ

続きを読む

山田「相馬さん、山田ちょっと恥ずかしいです」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/13(日) 14:34:47.48 ID:hKxQSX2I0

山田「伊波さん達が上手くいくといいです」

ぽぷら「うんうん!かたなし君もなんだかんだで伊波ちゃんのこと構うしね!」

山田「付き合うと、どういうことをするんでしょう」

ぽぷら「えーっと、一緒にお出掛けしたり手を繋いだりキスしたり…?」

山田「それだけですか?だったら山田も相馬さんと付き合ってるってことですか」

ぽぷら「あとー…ええ!?」

八千代「え!?」

相馬「ええ!?」

佐藤「!?」

続きを読む

設楽「日村さんの性感帯ってどこ?」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/08(火) 21:51:22.96 ID:6LLcsx9g0

日村「ん?ごめん、セイカンタイってなに?」

設楽「性感帯ってのはぁ、感じちゃう所ってこと」

日村「あぁん、なるほどね」

日村「俺はねー、脇と尻」

設楽「へー、尻・・・」

続きを読む

小鳥遊「俺は小さい子が――」ぽぷら「ロリコンは死んでいい」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/03(木) 17:44:37.73 ID:Tc18PbM00

小鳥遊「あ、先輩おはようございます」

ぽぷら「おっはよー、かたなしくん!!」

小鳥遊「今日は一段とちっちゃくてかわいいですね」

ぽぷら「ちっちゃくないよ!!」

ぽぷら(もういや……かたなしくんはいつもいつも私のことを……)

小鳥遊「あ~……先輩、かわいいなぁ」

ぽぷら(どうしたらやめてくれるんだろう……)

ぽぷら(うーん……)

小鳥遊「あはは~」

伊波(あ、また小鳥遊くん種島さんのことを……いいなぁ)

続きを読む

矢部「パワプロくんのグローブがズタズタにされてるでやんす」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/10(月) 12:03:58.22 ID:4irQVLpk0

パワプロ「俺の田淵モデルのグローブが・・・・」

あおい「ひどい、誰がこんなことを・・・」

矢部「これは事件でやんす!」

パワプロ「俺、もう練習に参加できないよ」

あおい「パワプロくん・・ボクのグローブで良かったら使ってよ!」

矢部「むむっ!!それはオイラが使うでヤンス!」

あおい「何で矢部がくんが使うのよ!」

バキィッ!

矢部「へけっ」

続きを読む

明里「秒速5センチメートル……覚えてる?」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/05(水) 22:22:50.47 ID:Sji4sfoR0

貴樹(今振り返れば、きっとあの人も振り返ると……強く、感じた)

僕と彼女を遮る踏切の音が、けたたましく鳴っている。

目の前にはごうごうと流れる快速電車、車輪が軋み、騒がしいくらいの音が……電子音に混じって鳴り響いている。

そして、その向こうには……彼女がいる。

続きを読む

ハルヒ「東中出身、涼み―――」渚「古河渚です!!」


1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/08/15(月) 06:50:29.46 ID:gngBjijo0

担任「あ……いや、古河はまだだから」

渚「あ、す、すいません!!」

クスクス……

渚「うぅ……」

ハルヒ「あ……えと」

担任「あ、じゃあ、続きを」

ハルヒ「す、涼宮ハルヒ……です」

担任「じゃあ、次」

渚「……」

担任「おーい、古河ー!次がお前だぞー!」

渚「え?あ、すいません!!」

クスクス……

ハルヒ「……」

続きを読む

沙耶「まずいや」QB「ひどいや」


1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/13(土) 14:01:48.55 ID:9Oivq3tM0

―――教会

杏子「…奥涯雅彦、か」

杏子「親父の遺した資料が本物なら、この男は銀の鍵を使うはずだ」ギュッ

杏子「いや、もうとっくに使ってるか…」

ゾゾゾゾ

杏子「…!?」

杏子(町の方か…なんだ…まさか!)

続きを読む

シャロ「天使化のトイズ!?」 パンティ「いいえ、天使よ」


1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/28(金) 23:20:58.74 ID:SQzTJ7nz0

シャロ「天使さんを見ました!」

ネロ「はぁ? 何言ってんのさシャロ。天使なんているわけないだろー」

コーデリア「いいえ、天使はいるわ。私にとっては三人とも私のお花畑で暮らす素敵な天使よ!」

シャロ「ってなんでですかー。そうじゃなくて、本当に天使さんを見たんですよ!」

ネロ「どこで?」

シャロ「ヨコハマの町中で、です! 頭に輪っかみたいのをつけていたし、間違いありません! あれは天使さんですよ!」

エリー「あ、頭に輪っかが・・・・・・」

ネロ「どうしてそれだけで天使だってわかるのさ。輪っかならシャロだって頭につけてるじゃないか!」

シャロ「そ、そうなんですけど違うんですよ! あれは絶対天使さんです!」

ネロ「どうすんのさ、コーデリア。シャロにコーデリアの妄想癖が移っちゃったじゃないか!」

コーデリア「いい事じゃない。私のお花畑が完成へ少しずつ近づいているわ!」

シャロ「うぅ・・・・・・皆全然信じてくれないですぅ」

続きを読む

梓「ごめんなさい!ごめんなさい!」 喪黒「いいえダメです」


2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/17(金) 20:57:11.76 ID:jkeFB59n0

私の名前は喪黒福造、人呼んで笑ゥせぇるすまん

ただのせぇるすまんじゃございません

私が取り扱う品物は“ココロ” 人間のココロでゴザイマス・・・

この世は老いも若きも男も女もココロの寂しい人ばかりそんなみなさんのココロのスキマお埋めします

いえお金は一銭もいただきませんお客様が満足されたら、それがなによりの報酬でゴザイマス・・・

さて今日のお客様は・・・

梓「もうちゃんと練習やりましょうよ!」

中野 梓 15歳 女子高生

  【スタジオ貸します】

ホーホッホッホ・・・・・・

続きを読む
記事検索
Loading
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
相互申請・意見要望等
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ