ラブライブ

海未「いいですか、千砂都。これから幼なじみの守り方をお教えしましょう」

1: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2020/08/03(月) 23:08:37.64 ID:C56Nvd0i.net

果南「大事なことだからね。しっかり聞いてね」

千砂都「うぃっす!よろしくお願いします!」

海未「それでは……はじめに重要な質問をします」

海未「――あなたは、幼なじみのことが大好きですか?」

千砂都「もちろんです!幼なじみの、かのんちゃんのこと――大好きです!!」

果南「……うむ、いい返事だね」

海未「いいでしょう。それでは、幼なじみの守り方講座を始めますね」

続きを読む

穂乃果「海未ちゃんが呼び捨てじゃなくてちゃん付けしたらどんな感じかな?」ことり「あっ、それ面白そうっ♪」

1: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2020/08/02(日) 13:01:30.95 ID:6FXrcijK.net

海未「な…なにを言いだすのですか!穂乃果!ことり!」

穂乃果「ダメだよー?ちゃん付けで呼んでもらわないと!」

ことり「そうそう♪穂乃果ちゃん、ことりちゃんって呼ばないと返事しないもーん」

海未「ぐぅ…!」

続きを読む

彼方「彼方ちゃんの新しい枕」

1: 名無しで叶える物語(東日本) 2020/08/02(日) 01:39:08.18 ID:sPFHdLvm.net

放課後 部室


ことり「失礼しま~す」ガラッ

ことり「あれ、静かだなぁ。誰もいないのかな?」

ことり「―ん?」

彼方「……すやぁ……むにゃむにゃ」

ことり「彼方ちゃん、いたんだ。眠っていれば静かな訳だよね~」

ことり「おーい彼方ちゃん、そろそろ練習始めるよ。起きて~」

彼方「ん……うぅ~ん……」ゴロン

ことり「ちょっと、彼方ちゃ~ん」ユサユサ

彼方「むぅ~」ガシッ

ことり「えっ?-やんっ!?」バタッ

彼方「うふふふ~」ギュウ~

ことり「やだぁ、彼方ちゃんなにするの!?離してぇ」ジタバタ

彼方「ん」ガッチリ

彼方「すぅ……ふぅ~」

ことり「あ……」

ことり(彼方ちゃんの寝息が顔に……甘い香り……)トローン

ことり(なんだか……ことりまで眠く……)ウトウト

ことり「―すぅ……すぅ……」

続きを読む

海未「えーぺっくす?」

1: 名無しで叶える物語(しうまい) 2020/07/28(火) 18:30:22.55 ID:WJaqqQlK.net

11月

海未「あぁぁぁぁぁぁ!!!!!」

花陽「暴れないで!これは海未ちゃんの為なの!」

雪穂「亜里沙、凛さん!もっとしっかり足を抑えないと!」

亜里沙「Я сильная…」

凛「真姫ちゃん速く!」

穂乃果「このケーブルは?」

真姫「変換ケーブル。抜いていいわ」

穂乃果「うん」ブチッ

海未「わぁぁぁぁぁぁ!!!」

穂乃果「これは?」

真姫「電源ケーブルね。それも抜いていいわ」

海未「ま、待ってください!スリープモードなんです!今抜いたらデータが…!」

ことり「電源切ったから大丈夫。10秒経ったしいいよ」

穂乃果「うん」ブチッ

海未「ぁ…」ポロポロ

時は10月に遡る

続きを読む

【フルーツ系SS】もしも、真姫ちゃんがバナナにハマったら……

1: 名無しで叶える物語(しまむら) 2020/07/27(月) 07:20:47.16 ID:hbr82kx7.net

    ノqイ`σノ_σ.ア从σ ᴗ σ从ノ(δ . δ,,フノし

  ノcソσ . σル 从*´ ヮ`ル(>ω<)/( d|,,τ _τ)|       

∬cVσ _σv╭*( ๑˘ᴗ˘๑ )*╮ J(*’ヮ’*)し从廿 _ 廿从

       /cVσ _VσVリ`・ヮ・)9cハσ ᴗσリ 

♪えっえっSS

♪読むときはぁ~

♪人目を盗んで

♪隠れて見てね!

続きを読む

梨子「私のハートを打ち抜いたあの娘」

1: 名無しで叶える物語(東日本) 2020/07/29(水) 09:32:18.77 ID:H4nr9QH3.net

お昼休み

梨子「お昼だ~、あぁお腹空いたぁ」

梨子「今日のお弁当は私の大好きなサンドイッチ」スッ

梨子「―あれ?ない……?」

梨子「嘘、嘘!?もしかして忘れたの!?」ガサゴソ

梨子「……ない、きっと家に置いて来たんだ」

梨子「あぁ~、もうよりにもよってサンドイッチを忘れるなんて私のおバカ……」

梨子「こうなったら購買に行って買って来ないと」

梨子「まだお昼休みは始まったばかりだからサンドイッチあるといいな」

梨子「でも購買のサンドイッチは1番人気の商品だからなぁ」

梨子「急がなくちゃ」ダッ





梨子「あ~ん早く行かないとサンドイッチ売り切れちゃう~」タタタッ

梨子「階段……1段抜かししちゃえ、えいっ‼」タンッタンッ

ズルッ

梨子「きゃあっ!?」

梨子(しまった、足が滑って……)

梨子(このままじゃ転んじゃう~!!)

続きを読む

穂乃果「今日は徹夜で勉強、頑張るぞー!」にこ「いや、あんたね…」

1: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2020/07/28(火) 21:51:14.90 ID:Ne92Q459.net

にこ「そのセリフ言うの今日で何回目よ…」

穂乃果「ほぇ?え~っと…あはは、結構言ってるかも…」

にこ「まったく…今日はしっかり勉強ってことであんたの家に来てるんだから…」

にこ「そんなこと何回も言ってるヒマあったら手を進めなさいよね…」

穂乃果「は~い…」

穂乃果「…って、言ってるにこちゃんもさっきから進んでない気がするけど?」ジトーッ

にこ「なっ…ちょ、ちょっと悩んでただけよっ!?」

穂乃果「ふ~ん…」
 
  
ほのにこ「「…………」」

続きを読む

穂乃果「皆んなで怖い話をしよう!」

1: 名無しで叶える物語(新日本) 2020/07/20(月) 21:53:33.24 ID:X6l78nnz.net

絵里「ねぇ…なんでこんな事するの?」

花陽「そうだよぉ。やめようよぉ」

穂乃果「え~だってせっかくのお泊まり会だし?」

凛「そうにゃそうにゃ!お泊まり会と言えば怖い話大会だよね!」

絵里「そんなの聞いた事ないわよ!海未…」

海未「こう言うのもたまにはいいじゃないですか。あまり遅くならなければ」

絵里「ええ…海未まで」

にこ「なによ?もしかして怖いの?」

絵里「ま、ま、まさか。だって…花陽が怖がってるし」

凛「かよちん大丈夫だよ!凛がついてるから」

花陽「本当!じゃあ…」

絵里「ちょ…花陽…」

希「えりち!大丈夫だよ!ウチがついてるから」

絵里「あっそ」

希「つめたいなぁ」

続きを読む

穂乃果「ふ~んヌーディストビーチねぇ」

1: 名無しで叶える物語(新日本) 2020/07/24(金) 21:31:55.85 ID:T539umER.net

穂乃果「ね~にこちゃん?」

にこ「あん?何よ?」

穂乃果「にこちゃんってさ~」

にこ「うん」

穂乃果「ヌーディストビーチって知ってる?」

にこ「あ~……うん。知ってる」

穂乃果「言った事ある?」

続きを読む

にこ「にこの実用性心理学」

1: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2020/07/23(木) 09:08:11.72 ID:HH/AaKvn.net

心理学って凄いと思わない?
最近はネットで調べたり本で読んだりしてるんだけど、今まで分からなかったものの辻褄が合うようになってくるのよ。


例えば……ゲインロス効果って知ってる?簡単に言うと、最初に悪い印象を得てから後で良い印象を得ると、通常よりも評価が上がりやすくなるっていう心理学的な考え方。


私にとってそれは穂乃果に対するものに置き換えられるものだった。始めはなによコイツ、こんな奴が軽はずみな衝動でアイドルなんか続けられるはずないって思ってた。

続きを読む

穂乃果「にこちゃん!お話がありますっ!!」にこ「へ?」

1: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2020/07/22(水) 22:07:54.12 ID:VMlixUTp.net

穂乃果「にこちゃん!お話がありますっ!!」

にこ「いや、聞こえてたっての…」

穂乃果「じゃあ、穂乃果のお話きいてっ!」

にこ「いや、だから…そこがまず疑問なのよ」

穂乃果「むっ、言い逃れするのっ!?」

にこ「いやいや…言い逃れも何も…」

にこ「穂乃果が何か話をするなら、まずは海未やことり達じゃないの?」

にこ「それなのに、なんでにこに…」
 
  
穂乃果「海未ちゃんとことりちゃんも関係するけど、これはにこちゃんも深く関係することだからだよっ!!」
 
  
にこ「へ?海未とことりだけじゃなく、にこも?」

穂乃果「うん…」

にこ「あ~…わかったわよ…話を聞くから詳しく聞かせてくれる?」

穂乃果「うんっ!それじゃあ、お話聞いてもらうよっ!」

にこ「はいはい、お手柔らかにね…」

続きを読む

海未「あなたを———詐欺罪と器物損壊罪で訴えます」

1: 名無しで叶える物語(しうまい) 2020/07/21(火) 23:20:17.36 ID:u68RQp7/.net

海未「最近ポケモンにはまってしまいました」

海未「図鑑もあとちょっとで埋まるのですが......幻のポケモンがどうしても手に入りませんね......」

海未「なにか入手する手はないものか......インターネットを検索してみましょう」

海未「ううむ、やはり配布は機会が少ないですね......」

海未「とりあえず、μ'sのみんなにも宛がないか聞いてみますか」

次の日

海未「......というわけなんです」

穂乃果「なるほど! 海未ちゃん最近ポケモンにはまってたんだね」

ことり「わ~、ことりもやってみようかなあ」

海未「それで、幻のポケモンなのですが......」

穂乃果「ふっふっふ......」

ことり「どうしたの穂乃果ちゃん?」

穂乃果「穂乃果には宛があるよ!」

海未「なんと......!」

ことり「穂乃果ちゃんすごい!」

続きを読む

穂乃果「今日は丑の日だねぇ~」

1: 名無しで叶える物語(東日本) 2020/07/21(火) 16:06:52.11 ID:PH71lfi8.net

絵里「うしのひ?なにかの記念日なの今日?」

ダイヤ「今日は土用丑の日、毎年この日は暑さに負けないようにとうなぎを食べる風習が日本にはあるのですわ」

絵里「うなぎ……あのうねうねした魚ね」

ルビィ「ルビィ達も今夜はうなぎを食べるんだぁ」

穂乃果「おーいいねいいね~やっぱり丑の日と言ったらうなぎを食べなくちゃね」

絵里「へぇ、うなぎを食べる文化が日本にはあるのね」

穂乃果「そうそう、うなぎってとってもおいしいんだよ」

穂乃果「はぁ……うなぎ食べたくなってきた」ジュルリ

絵里「そ、そんなにおいしいのあの魚……?想像がつかないわね」

続きを読む

果林「絵里ちゃんのかわいい秘め事」

1: 名無しで叶える物語(もこりん) 2020/07/19(日) 01:13:36.30 ID:+Rw+vExI.net

果林「さあ、そろそろ帰ろうかしら」

果林「久しぶりに練習が休みだっだし、買い物出来ていい気分転換になったわ」

果林「そういえば」

果林「ここの近くに、しずくちゃんが行ったってタピオカドリンクのお店があるのよね」

果林「…」

果林「……行ってみるだけ行ってみましょうか」

続きを読む

璃奈「穂乃果さん朝だよ、起きて」穂乃果「う~ん……」

1: 名無しで叶える物語(東日本) 2020/07/13(月) 16:06:39.25 ID:XiDHtHKE.net

穂乃果「雪穂~あと5分……」ゴロン

璃奈「私は妹さんじゃない、それに早く起きないと遅刻しちゃう」

璃奈「私が来た意味なくなっちゃうよ、起きて穂乃果さん」ユサユサ

穂乃果「う~ん……?」パチッ

穂乃果「ん……あれ?璃奈ちゃん?」

璃奈「やっと起きた、璃奈ちゃんボード『おっはー』」

続きを読む

凛「星降る夜になったら」

1: 名無しで叶える物語(光) 2020/07/10(金) 20:12:47.07 ID:GMJEWa47.net

海未「凛、詩を書いてみませんか?」

凛「…にゃ?」ポカーン

凛「え?え?いきなりどうしたの海未ちゃん…」

凛「詩を書くって…作詞ってことだよね?凛が?」

海未「そうです。来年には私はもういませんから」

凛「うん…そう…だね…」

海未「今はまだ私が書いてはいますが、来年以降は残ったメンバーの誰かが作詞をしないと曲が完成しません」

凛「ふーむ…そっか…」

凛「で、でも無理だよ!凛が作詞なんて…」

凛「だいたい…なんで凛なの?真姫ちゃんやかよちん、それに1年生にだって、作詞が出来そうな子は他にもたくさんいるのに…!」

海未「真姫は作曲、花陽は部長。二人にこれ以上の役割を増やすべきではないでしょう?」

凛「たしかに…でもでも!凛もこのグループのリーダーやるんだよ?」

海未「だからこそです…!」

海未「他グループの作詞の大半はリーダーが担当していると聞きます。ですから、凛も…」

凛「そうなの?だけど、穂乃果ちゃんはやってないにゃ」

海未「うっ…」ギクッ

続きを読む

穂乃果「大きくなる薬」

1: 名無しで叶える物語(新日本) 2020/07/12(日) 09:49:52.72 ID:DdXnwknF.net

ある日の朝。

穂乃果「やばい、やばい~」

謎のババア「ちょっとそこのお嬢さん」

穂乃果「遅刻、遅刻~」

謎のババア「そこのお嬢さん…」

穂乃果「海未ちゃんにどやされる~」

謎のババア「そこのお嬢さん!!!!」

穂乃果「え?私?」

謎のババア「これをあなたに差し上げましょう」

穂乃果「え…これは…」

続きを読む

希「いいじいさんに連れられてー」真姫「異人さんよ」

1: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2020/07/02(木) 00:58:50.08 ID:xSYQUxMJ.net

やぁやぁ、うちの名前は東條希
オカルトやスピリチュアルなことが大好きな音ノ木坂学院の三年生
突然だけど皆は生きていて不思議な経験をしたことってある?
例えば幽体離脱とかお化けやUFOを見たとか!
そんな非日常っていうのはね日常の中に潜んでたりするもんなんだよね
自分がいた世界、自分が見ていた世界が急に現実離れした世界になるみたいな
例えるならコインで言う表と裏みたいなんかんじかな

これからお話をするのはそんなうちが体験をしたちょっと変わったお話
それはある夏の出来事だった

続きを読む

果南「さ~さ~の~は~さ~らさら~♪」

1: 名無しで叶える物語(東日本) 2020/07/07(火) 17:22:44.41 ID:iPmilhNh.net

7月6日 部室

果南「の~き~ば~に~ゆ~れ~るぅ♪」カサカサ

果南「お~ほしさ~ま~き~らきら~♪」

果南「き~んぎ~んす~なごぉ♪」カサカサ

果南「―うふふ、だいぶいい感じ」

真姫「あ~あ、今日は雨降りねぇ」ガラッ

真姫「ヴェェ!?な、なによこれ」ビクッ

真姫「この飾り付け、あなたがやったの?」

果南「やぁ真姫ちゃん。どう、キレイでしょ」

真姫「キレイって言うかなんて言うか……意味わかんない」

果南「はは、そっかそっか~」

果南「ヒント、明日はなんの日かわかるかなん?」

真姫「明日?明日は7月7日……」

真姫「七夕ね」

果南「そう、明日は七夕だからここも飾り付けをして気分を盛り上げようと思ってね」

真姫「竹まで用意して、よくここまで持って来たわね」

果南「部屋に入るくらいのちょうどいい竹を見つけるのに苦労してさ、大変だったよ」

真姫「勝手にこんな事して……怒られても知らないわよ」

果南「大丈夫大丈夫、なにか言われたらハグして説得するから」

真姫「なにそれ……」

続きを読む

絵里「愛してるの言葉は」花陽「薔薇色の鎖」

1: 名無しで叶える物語(うろん) 2020/06/26(金) 21:23:02.08 ID:nZ+VJkdX.net

はじめてあなたの姿を見た時
なんて可愛らしい女の子だろうって思ったの

マシュマロのようにふわふわとしていて
少し指先でつついてしまえば潰れてしまいそうな
思わず守ってあげたくなるような女の子

私が持ち合わせていない女の子らしさを持っている
そんなあなたが羨ましかった

小泉花陽という女の子のことがずっと

続きを読む

穂乃果「絵里ちゃんに呼び出された」

1: 名無しで叶える物語(もこりん) 2020/06/25(木) 23:50:13.13 ID:ock4L3rO.net

穂乃果(絵里ちゃんに生徒会室に呼び出されたけど、なんの用事かな)

穂乃果(もしかして……絵里ちゃんを怒らせるようなことをしちゃった……?)

穂乃果(この前のテストは、頑張って70点も取ったし)

穂乃果(宿題も忘れずにやってるし、遅刻もしてないし……)

穂乃果(……あっ)

続きを読む

穂乃果「ほのパン発電?」

1: 名無しで叶える物語(鮒寿司) 2020/06/24(水) 23:21:32.18 ID:e9MQh5FH.net

真姫「ええ、地球上で最も優しい発電方法よ」

穂乃果「一見、大きなランニングマシンだけど…」

真姫「当然よ、まだ作動させてないもの、そう見えるのも仕方ないわ」

真姫「でも、このスイッチを押すと…」ピッ

ウィーン

穂乃果「あれ?マシンの先端に何か出てきたよ?」

穂乃果「…パンツ?」

真姫「ほのパンよ」

穂乃果「ほのパン?パンなの?」

真姫「パンツよ」

穂乃果「うへぇ~、ばっちいね」

続きを読む

花陽「憧れのあなたへ」穂乃果「愛しいあなたへ」

1: 名無しで叶える物語(うろん) 2020/06/20(土) 00:23:06.88 ID:s5floym3.net

あの日
人もほとんど居ない講堂で私はあなたに魅せられたの

舞台の上でがむしゃらに自分の思いを届けようとする姿が
今を精一杯輝こうとする姿が私にはとても眩しく見えた

私には無理だと、届かない場所だと
諦めかけていた夢をあなたが見せてくれたの

あの日から私はあなたに憧れ、魅了されていたんだ


続きを読む

にこ「私達もそろそろ大人になるべきよ」

1: 名無しで叶える物語(たこやき) 2020/06/21(日) 00:22:59.57 ID:OOr0N/Hh.net

絵里「はぁ?」

希「いきなりどうしたん?にこっち」

にこ「希、アンタ少し前に何歳になった?」

希「18歳だけど…」

にこ「えぇそうね、私も来月18になるわ」

絵里「…つまり何が言いたいの?」

にこ「18歳!!!!」

希「ほぉ、18歳」

絵里「だからなんなのよ」

にこ「アンタ達ホンっっっとお子ちゃまねぇ~…18、この言葉の重さをわかってないと見たわ!!」

絵里「…またにこが変な事言い出したわよ…」

希「まぁまぁええやん?こういう時のにこっちは結構良い事を」

にこ「3人でラブホテルに行くわよ!!!!」ドン!

絵里「…希」

希「……」

続きを読む

真姫「ずるい人達」

1: 名無しで叶える物語(うろん) 2020/06/16(火) 22:42:23.47 ID:Api3/DvY.net

この私、西木野真姫はスクールアイドルグループ
μ'sのメンバーの1人

私達μ'sは私を含めて9人のグループ。

どの子も個性的で、こんなことは本人たちの前では言えないがみんな優しくいい子達。
私はそんなμ'sのみんなが大好き

でも、私の中で気になるメンバーが居る。
気になるからといってそこに深い意味はない。

あの2人は・・・何というか・・・ずるい人だなと思っている。

続きを読む

ことり「いらっしゃいませ♡」璃奈「…あっ」

1: 名無しで叶える物語(たまごやき) 2020/06/18(木) 23:09:05.16 ID:UWgXeztg.net

璃奈(今日も一人だし晩ご飯はここで食べようかな)

カランカラン

ことり「いらっしゃいませ♡」

璃奈「…あ」

ことり「あ!」

ことり「ああ!もしかして璃奈ちゃん!?」

璃奈「うわああ、いや、違います。璃奈ちゃんボード「人違いです」」

ことり「はぁ~ん♡可愛い♡ね、もう一度その可愛い顔見せて~♡」

ことり「あ、その前にご案内しないとね♡」

ことり「ご主人様こちらにどうぞ♡」

続きを読む

にこ『ねぇ、希』

1: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2020/06/19(金) 21:05:31.81 ID:11h8JZYx.net

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


「……にこっちは、ウチのこと好き?」



彼女は照れくさそうに、その長い指をもじもじさせながら。


私の顔をじっと見つめると、離そうとはしてくれない。



よほど、自信があるのだろうか。


私らしからぬ好意的な言葉が、きちんと返ってくるという自信が。

続きを読む

愛「うちのお店とコラボしない?」穂乃果「コラボ?」

1: 名無しで叶える物語(東日本) 2020/06/19(金) 12:17:53.68 ID:IzVIh1z/.net

愛「私の家、もんじゃ焼き屋をやっているんだけどさ、最近売り上げ悪いんだよね~」

愛「もちろん顔馴染みのお客さんがちょくちょく来てくれるのも嬉しいんだけどさ」

愛「愛さんとしては、もっと色んな人達にもんじゃを食べて欲しいんだよね」

愛「穂乃果の家、和菓子屋さんなんだよね?どうなのお客さんの入りは」

穂乃果「そこそこ来てくれるけどうちのお店も他のお店に比べると多くはないかなぁ」

愛「だよねぇ、もんじゃもおまんじゅうもおいしいんだけど他の食べ物に比べると見劣りしちゃう」

愛「お互い苦労するよね~」

穂乃果「あはは、私はそこまで考えた事なかったけど」

続きを読む

穂乃果・花陽「絵里ちゃんはかっこいい……けど」

1: 名無しで叶える物語(もこりん) 2020/06/19(金) 00:47:28.11 ID:s2P0R/Fc.net

花陽「穂乃果ちゃん?部室に入らないの?」

穂乃果「ねえ、花陽ちゃん見て見て」

花陽「…?」

花陽「あっ、絵里ちゃん……考え事してるのかな?」

穂乃果「真剣な表情してるし、きっと真面目なこと考えてるんだよ」

花陽「なんか、オーラが違うよね……上手く言えないけど、一言でいうなら」

穂乃果・花陽「かっこいいなあ……」

続きを読む

果林「私のライバルはかわいいらしい」

1: 名無しで叶える物語(もこりん) 2020/06/17(水) 00:39:59.10 ID:bDpO3XJj.net

絵里「~~♪」

果林「あら?絵里ちゃん?」

果林「随分ごきげんな様子でコンビニに入ったけど……」

果林「……ちょっと気になるわね」

果林「正直、絵里ちゃんがコンビニで買い物するのはあまりイメージがわかないというか」

果林「放課後に一人で制服のままコンビニに行くのもちょっと驚きというか」

続きを読む
記事検索
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
相互申請・意見要望等
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ