のんのんびより

夏海「兄ちゃんって手術受けてから変わっちゃったよね」卓「……」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/21(月) 19:26:54.14 ID:QllPLXY30

夏海「ロボトミーってんだっけ?」

夏海「確かに兄ちゃんロボットみたいになっちゃったわ!」アハハ

卓「……」

夏海「ねぇ、兄ちゃんはもう笑ってくんないの?」

夏海「ずっとこのままなん?」

夏海「ウチは…──」ジワリ

夏海「ウチは大好きだった兄ちゃんの笑顔がもう一度見たいよ!!」ギュッ

卓「……」

夏海「お願いだからあの頃の兄ちゃんに戻ってよ! 兄ちゃん!」グリグリ

夏海「兄ちゃん!!」


───────

──────

─────

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1398076014

続きを読む

夏海「まさか2人揃って入院するハメになるとはねぇ……」ひかげ「……」

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/28(金) 21:01:29.74 ID:L8ltbXSq0

夏海「ひか姉、山登り行こうよ!」

ひかげ「はぁ? なんだよ急に……」

夏海「だって連休で暇なんでしょ?」

ひかげ「まぁ、暇っちゃ暇だねぇ」

夏海「ならいいじゃん! ほら!」グイグイ

ひかげ「あ~もう! 分かったから服引っ張んなって!」


──────

─────

────


ボロ

夏海「うわっと!」ビクッ

夏海「ひか姉、ここら辺崩れやすいから気をつけてよ」

ひかげ「あいよー」

ひかげ「…──って、なんで岩山なんだよ!?」ハッ

夏海「いや~、せっかくだし、ちょっとハードコースをと……」

ひかげ「ハードコースをじゃねーよ! 落ちたらどーすんだよ!」

夏海「あはは、ひか姉は心配症だな~。そんな簡単に人が落ちる訳──…」ボロ

夏海「うわわっ!!?」ガシッ

ひかげ「ちょっ、おま…──うぎゃあああ~~~!!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1396008089

続きを読む

れんげ「ひか姉とかいう人はなんでウチの家に住んでるのん?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/10 16:17:30 ID:WqmSBv7d0

ひかげ「ただいまぁ」

一穂「お、ひかげ。帰ってきたか。おかえり。どうだったん?」

ひかげ「まぁまぁかなー」

一穂「そりゃ良かったねぇ」

ひかげ「れんげは?」

一穂「れんげは今遊びに行ってるよ」

ひかげ「ふーん」

れんげ「ただいまなのん」

一穂「噂をすれば、れんちょん。おかえり」

ひかげ「おかえり、れんげー。お姉ちゃんが帰ってきたぞー」

れんげ「……あなた、だれですか?」

ひかげ「はぁ!?」

続きを読む

れんげ「駄菓子屋ー」駄菓子屋「楓と呼べ」れんげ「駄菓子屋ー」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/28 16:27:52 ID:+1kIuu7O0

夏海「でも、駄菓子屋は駄菓子屋を職業にしてるし駄菓子屋にだって住んでるわけだし」

蛍「確かに、駄菓子屋さんという呼び名が定着していますよね」

小鞠「今更呼び名をってのも」

れんげ「・・・なら、旦那様というのはどうなん?」

駄菓子屋「!?」

夏海「確かに、店主を旦那とかいうよな」

蛍「そうですが、この場合女主人とかでは?」

駄菓子屋「いや、れんげ、その呼び方で構わない・・・。今日はもう遅い、お前ら、早く帰るんだ」

小鞠「はいはい」

駄菓子屋「れんげは私が送ってくからお前らは早く帰れ」

続きを読む

小鞠「夏海がコスプレにハマっちゃったんだけど……」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/27 05:37:42 ID:YevwMs7Z0

ピッピッ

夏海「う~ん、面白いの全然やっとらんなぁ……」

小鞠「今は番組と番組の間だし、どこもCMかニュースでしょ」

小鞠「じゃ、私そろそろお風呂入って来るから」スクッ

夏海「ああ~、今ウチが入ろうと思ったのにー!」

小鞠「あんたいっつもそれ言ってない?」

夏海「姉妹ってさ、結構考えること似ちゃうもんだよね♪」ヘヘヘ

小鞠「え~? 夏海のは反射的に私の言うこと真似してるだけでしょ」

夏海「ちゃうわい! ホントにウチねーちゃんと同じタイミングで入りたくなんだってば」

小鞠「あっそ。ま、どっちにしろ譲る気ないけどね……」スタスタ

小鞠「!」ハッ

小鞠「……あんたがどうしても入りたいって言うなら一緒に入らせてあげてもいいけど?」チラ

夏海「え、待つよ? 普通に」

小鞠「せ、せっかく気使ってあげたのに突然変なこと言われたって顔すんな馬鹿~~!!///」ダッ

夏海「ちょ、なになに、なに怒ってんのさーー!?」

続きを読む

蛍「学校にテロリスト!?しかも私とこまセンパイのキスを要求してくるなんて!?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/27 03:42:39 ID:mHJxqCoe0

蛍「何て卑劣な……」

小鞠「ほ、蛍ぅ……」ガタガタ

蛍(センパイ……あんなに怯えて……)

蛍「センパイ、ここはテロリストの要求を飲むしか……」

小鞠「で、でも……」

蛍「センパイを死なせるわけにはいきませんから!」

小鞠「蛍……///」キュン

続きを読む

夏海「姉ちゃん姉ちゃ~ん」小鞠「どしたの夏海?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26 15:09:49 ID:1IeLrpim0

夏海「暇だな~」

小鞠「………」

夏海「あーーやることないわ~」

小鞠「………」

夏海「暇だよ~遊ぼうよ~~」ユサユサ

小鞠「わ、わかったから…じゃあゲームでもする?」

続きを読む

小鞠「甘酒か…」蛍「フフフフフフ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/03 20:13:07 ID:w6k+QXlT0

小鞠「そうだよね。私も中学生だし、甘酒くらい大丈夫だよね?」

蛍「はい。一緒に飲みましょう」

蛍(フフフフフフフフ)

蛍(センパイが酔い潰れれば…)


小鞠「」ゴクゴクゴク


蛍(ナデナデし放題!)

蛍(さらには膝枕とか…)

蛍(あまつさえ手を繋いだり、恋人繋ぎもできちゃうかも…キャー♪)


■30分後

蛍「センパイセンパイセンパイ//」スリスリ

小鞠「どうしてこうなった」

続きを読む

卓「すまないがソースを取ってくれないか?」蛍「喋っ…た…」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/03 03:23:43 ID:q2tFXXi30

夏海「あっはっはっは、何驚いてんのさ?そりゃ兄ちゃんだって人間なんだし、普通に喋ったりするさ」

蛍「で、でも、ソース取って、って……」

小鞠「ああ、給食のメニューコロッケだからじゃん。はい、ソース」

卓「ありがとう、小鞠」

蛍「ひ、ひぃぃ……。センパイを呼び捨てに……」ガタガタ

小鞠「いや、兄妹なんだしさ。っていうか、何でそんなに怯えてんの?」

蛍「だ、だって、だって……」

一穂「よくわかんないけど、ほたるんは具合悪いみたいだし保健室連れてこうか?」

蛍「だ、大丈夫です……」

続きを読む

小鞠「親だけには…」駄菓子屋「中学生が子供料金ってのはダメだろ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/28 20:01:22 ID:+vcMfGDa0

小鞠「お願いします、何でもしますから許して下さい……。出来心だったんです……」

駄菓子屋「はぁ……。まあ、初めてだろうし、警察と学校と親には連絡しないでおいてやろうかな」

小鞠「ほんとですか!?」

駄菓子屋「だが、もちろんただで見逃してやるほど甘くはない。……わかるな?」

小鞠「えっ……どういう意味ですか……?」

駄菓子屋「さっき、何でもするっつったよな?」

小鞠「あ……」

駄菓子屋「こんな田舎じゃ悪い噂はすぐ広まる。何、頼むのは簡単な事さ。いいだろ?」

小鞠「……わかりました」

続きを読む

夏海「このみちゃん、ウチと付き合わない?」このみ「うん、いいよ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/20 23:18:48 ID:c/X2e8Zr0

夏海「よっしゃー! 彼女ゲーット!!」グッ

このみ「わー歳の差カップル誕生だね~」

夏海「いや~遂に出来ましたよウチにも彼女が!」グイ

このみ「おーなっちゃん積極的だな~」

夏海「ではではこのままベッドインと行きましょうかねぇ?」グヘヘ

このみ「えー今日は普通の下着つけて来ちゃったよ~」

夏海「って、ウチ先走り過ぎだろー! まずキスだよキス!」ビシッ

このみ「そうだねーキスしたいねー」

このみ「…しよっか?」

夏海「え」


チュッ

続きを読む

夏海「2ちゃんねるをやってみた」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/20 11:54:36 ID:u8e7fAey0

れんげ「駄菓子屋~、久しぶりなのん」

夏海「相変わらず変わり映えしない…ってなんで駄菓子屋に携帯電話が!?」

小鞠「これ、テレビで見たことある。スマートフォンって奴だよね?」

続きを読む

れんげ「入れ替ったのん」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/11 15:53:31 ID:R6USK8tS0

蛍「えへへーん今日も小鞠先輩と学校楽しいな」

れんげ「にゃんぱす」

蛍「今日は先輩達どうしたの?」

れんげ「こまちゃん、なっつんが起きないから先に行ってだって」

蛍「小鞠が夏海先輩を起こしにいくって珍しいですね」

れんげ「大人な気分とか言ってました」

蛍「…」

続きを読む

小鞠「百合同人誌?」兄「!?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 20:03:39 ID:g1fo0M+e0

コンコン

小鞠「お兄ちゃーん。ドラゴンボールの続き貸してー」

コンコン

小鞠「悟飯vsセルの続きが気になるのー」

コンコン

小鞠「あれ?留守なのかな?入るねー」

ガラッ

小鞠「…いない。まぁいっか。借りるだけだし」

小鞠「そういえば、お兄ちゃんの部屋、久々だな…」

小鞠「お兄ちゃんの部屋に入ろうとしても入れてくれないし」

小鞠「…」

小鞠「何か猫ミミ関連のポスターとお人形が増えてる……男子ってキモイ」

小鞠「まぁ、それより漫画っと」

続きを読む

れんげ「ウチ独りぼっちなん?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/02 22:54:41 ID:Jjrg4QMV0

■月曜日

れんげ「昨日から誰とも遊んでないのん…」

れんげ「というか昨日からほとんど誰ともお喋りしてないのん」

れんげ「それどころか、昨日から顔も合わせてないのん」

れんげ「いつも日曜日に寝ている姉ねぇはいないし…」

れんげ「いつも遊ぶなっつん、ほたるん、こまちゃん達は、3人で日曜日にお出かけしてたみたいん」

れんげ「兄にぃとこのみ姉も留守だったのん」

れんげ「駄菓子屋は…日曜日だったのに『ほんじつきゅうぎょう。』してたん」

れんげ「…」

続きを読む

両津「くそ~。こんな田舎に飛ばされるとは」れんげ「にゃんぱすー」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/28 19:54:25 ID:ixb4P9IR0

両津「? なんだお前」

れんげ「お巡りさんなん! 事件あったん?」

両津「違う。転勤してきたんだ。東京から」

れんげ「ほたるんと同じなのん!」

両津「蛍? ……まあいいや」

両津「なあ。この村の駐在所どこにあるか知ってるか?」

れんげ「恥ずかしながら知りません」

両津「そうか……まいったな。自転車漕ぎ続けでクタクタなんだが」

れんげ「お巡りさん。疲れてるん?」

両津「まあな。休もうにも、店の一件すらありゃせん」

両津「しょうがない……そこらで寝るか」

ゴロン

れんげ「ウチも寝るん」

ゴロン

両津「……のどかだな」

続きを読む

小鞠「キャーーーーー!?」蛍「キャーーーー♪」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 20:31:09 ID:3l7yy3hD0

小鞠「キャーーー!!!??」

ダダダダダダダダ


ガララッ


蛍「センパイ!どうしたんですか!?悲鳴が!」


ダキッ

小鞠「ゴキブリごきぶりゴキブリ出たーーーー!」

蛍「キャーーー♪」

蛍(センパイが先輩がセンパイが一生懸命に抱きついて来て……わーい♪)


ギュウギュウギュウ

小鞠「ひぃぃ」

蛍「」キュンキュン

続きを読む

小鞠「桜の木の下で」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/25(金) 19:03:40.06 ID:N0JX2NNI0

夏海「姉ちゃん、何見てんの?」

小鞠「ビデオ屋で借りてきた青春恋愛映画」

夏海「この前「癒し系感動恋愛映画」で大失敗したのに今度は大丈夫なの?」

小鞠「今度は大丈夫だよ。ほら、ちゃんと告白しているし」

夏海「ふーん」

卓「…」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1382695419

続きを読む
記事検索
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
相互申請・意見要望等
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
スポンサー



QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ