あんじゅ

絵里「怪盗のことだったら」ことり「μ'sにお任せ♪」雪穂「ですっ!」 第二話

1: 名無しで叶える物語(家) 2018/10/27(土) 15:18:55.73 ID:w5+e9dvf.net


続きを読む

ツバサ「あれがμ's…」

1: 名無しで叶える物語(しうまい) 2018/09/28(金) 22:41:51.91 ID:5kb6nVwN.net

あの日、彼女達のパフォーマンスを見て私は確信した。

いずれ、彼女達は私達の前に立ちはだかる存在となるかもしれない。

私は彼女達に興味があった。

続きを読む

あんじゅ「完っ全にフルハウス!」花陽「完全にフルハウスってなんですか?」

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/06/20(水) 20:39:09.02 ID:LvCdVGrd.net

あんじゅ「・・・」


花陽「なんですかそれ」

続きを読む

希「組み合わせはお好みで」

1: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ) 2018/03/30(金) 02:25:23.62 ID:iEz+HpWD.net

希「こんなところにカフェテラスなんかあったんやね……おや?こんにちは御三方」

ことり「あ、希ちゃん」

真姫「奇遇ね」

希「なにやら随分と珍しい組み合わせやね」

続きを読む

ツバサ「μ'sの感動回をA-RISEもやってみた」

1: 名無しで叶える物語(笑) 2017/11/09(木) 19:55:41.42 ID:AdP7KK9i.net

【UTX学院 会議室】

英玲奈「なんだ?急に呼び出したりして」

あんじゅ「レッスン終わったし帰りたいんだけど」

ツバサ「…」

ツバサ「今日集まってもらったのは他でも無いわ」

ツバサ「実は…ここだけの話なのだけれどね」

ツバサ「昨日、μ'sの9人が遊びに行って、最後海岸で感動の嵐に包まれた話だったでしょう?」

英玲奈「三年生が卒業したらμ'sをおしまいにする話か?」

ツバサ「ええ、そうよ。ふふっ、貴方もいち早くチェックしてるのね♪」

英玲奈「うるさい」

続きを読む

英玲奈「私の水着姿の評判は……」

1: 名無しで叶える物語(ぎょうざ)@\(^o^)/ 2017/09/24(日) 20:40:11.91 ID:NqbnID+n.net

英玲奈「今日は私の水着姿がスクフェスで初公開される日だな」

英玲奈「思い切って大胆な水着を着てみたんだけど///」

英玲奈「ネットでの評判は、どうだろう?」ワクワク

英玲奈「どれどれ?」カタカタ


『英玲奈って意外に貧乳なんだな』

『思ってたよりおっぱいちっちゃくてガッカリ』


英玲奈「」ガビーン

続きを読む

英玲奈「夏休みは計画的に」

1: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2017/08/24(木) 00:31:05.14 ID:6psj2pkC.net

あんじゅ「ねぇ」

英玲奈「断る」

あんじゅ「まだ何も言ってないわ」

英玲奈「どうせ宿題を見せてほしいとか言うんだろう?」

あんじゅ「もぅ、そんな図々しくないわよ」

英玲奈「そうか、じゃあ何?」

続きを読む

あんじゅ「他校に行く時って何だかワクワクする」

1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/06/24(土) 14:47:15.17 ID:+T0z29TN.net

湿った煎餅30枚目

続きを読む

英玲奈「あんじゅと」あんじゅ「英玲奈」

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/06/09(金) 19:42:55.05 ID:1HbEcVrp.net

ガチャッ

あんじゅ「あら、英玲奈」

英玲奈「む、あんじゅか」

あんじゅ「早いわね」

英玲奈「まぁな」

続きを読む

英玲奈「類は友を呼ぶ」

1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/04/14(金) 01:12:39.90 ID:7G1oFk2O.net

可愛い子28人目

続きを読む

ツバサ「ちょっかいは程々に」

1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/03/11(土) 00:06:46.93 ID:bjPpPgWp.net

真面目な人26人目

続きを読む

ツバサ「ことほのうみごっこしたい」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/05(土) 14:47:32.61 ID:OCwJQEeXO


あんじゅ「英玲奈、そのメタグロス堅すぎなんだけど」ピコピコ

英玲奈「耐久調整したからな」ピコピコ

あんじゅ「……うっわ、ここでメガシンカとか無いわ」

英玲奈「フフフ」

ツバサ「聞いて!!」バンッ

ツバサ「……痛い」ジーン

あんじゅ「バカなの?」

英玲奈「バカなんだよ」

ツバサ「バカじゃない!!」


続きを読む

英玲奈「九月」あんじゅ「六日は」ツバサ「黒の日?」

1: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/09/06(火) 00:17:25.20 ID:d5KZLRA4.net

【秋葉原・UTX】

ツバサ「二人とも知っての通り、第2回ラブライブの開催が発表されたわ」

あんじゅ「そーね」カミノケクルクル

英玲奈「今回はルールが大幅に変更されたが…我々が連覇を狙える位置にいることは変わらない」

ツバサ「ええ。ただ今回もμ'sがエントリーしているし…今度こそ私たちにとって最大のライバルになり得る」

あんじゅ「別に意識しなくてもいいんじゃない?私たちは私たちのやるべきことをやればいいだけだし」ファー

ツバサ「もう。あんじゅは緊張感なさすぎ」

英玲奈「相手が誰であろうと、我々も常に進化しなければならない。そうだろう?」

あんじゅ「…まあね」

ツバサ「μ'sは九人それぞれにイメージカラーがあるらしいわ。西木野真姫は赤、星空凛は黄色、小泉花陽は緑…」

あんじゅ「へー。なんか美味しそうな色ね♪」クス

英玲奈「我々にもイメージカラーを…という話か?」

ツバサ「そう。九人もいるとなかなか全員分把握しきれなかったりするじゃない?…その点、三人しかいない私たちのほうが覚えてもらいやすいはず」

あんじゅ「より強く個性を印象づけるってわけね。いいんじゃない?」

ツバサ「そうと決まれば…まずリーダーの私は当然、赤よね!」

あんじゅ「ちょっと待って。今回は今までとは違う試みをしようって話し合いでしょ?」

ツバサ「そうよ。だから一人ずつイメージカラーを…」

あんじゅ「ツバサがリーダーっていうのは別にいいけど、センターは変えない? 今回は私か英玲奈で」

ツバサ「なに言ってるの。急にセンターを変えたりしたらファンの皆が戸惑うでしょ?」

あんじゅ「そうかしら?…メンバーが変わるわけじゃないし、私や英玲奈のセンターを見たい人だっていると思うけど」

ツバサ「そこまで言うなら、勝負しましょ。私に勝ったら次のセンターは譲ってもいいわよ」

あんじゅ「言ったわね?…後でやっぱり無しとか言わないでよ?」

ツバサ「ご心配なく。負けてあげる気はないから♪」

英玲奈(やれやれ…仲間内で争っている場合ではないと思うが…)

『一方、敗れたバファローズですが、非常にダメージが残りそうな…』

ツバサ「ふふん、楽勝ね♪」

あんじゅ「ずるいわよ!このゲーム、ツバサの得意なやつじゃない!勝負の方法も私に選ばせてよ」

ツバサ「でもあんじゅが選んだら、あんじゅの得意なやつにするでしょ?」

あんじゅ「当然♪」

続きを読む

雪穂「私がお姉ちゃんと充実した高校生活を送るための方法」

1: 名無しで叶える物語(魔王城門前)@\(^o^)/ 2016/07/19(火) 21:21:58.48 ID:j4kwziu1.net

雪穂「どう考えても、お姉ちゃんがどうにかできる問題じゃないよ」

穂乃果「…」フルフル

雪穂「う…な、泣いたってダメだからね!」

穂乃果「…泣かないもん」

雪穂「…よしよし」ナデナデ

穂乃果「雪穂ー!」ギュー

雪穂「っていうかさ…廃校になったら私は、いや誰も音ノ木坂に入れないんだし」

穂乃果「ならない!」

雪穂「そう思いたいのはわかるけど。受ける受けないの問題じゃなくて、選択肢がなくなる」
穂乃果「なくならない!」

雪穂「…」ハァ

穂乃果「…雪穂は、私と一緒の学校に行きたくないの?」

雪穂「そんなこと言ってないよ」

穂乃果「言わなくても、そう思ってるんだ…」

雪穂「思ってないから…あのさ、逆に考えればいいんじゃない?」

穂乃果「えっ…何を?」

雪穂「UTXなら今のところ廃校になる心配とかないでしょ。私がUTX受けて、お姉ちゃんもUTXに転校すれば一緒に行けるよ」

穂乃果「そ、そんなの…ダメだよ!」

雪穂「なんで?」

穂乃果「だって、音ノ木坂がいいんだもん…ことりちゃんも海未ちゃんも、ヒデコとフミコとミカだっているし…」

雪穂「みんなで転校しちゃえば?」

穂乃果「そんなこと…できるわけないよ」

雪穂「そう?…お姉ちゃんが音ノ木坂の廃校を何とかするより、ずっと簡単だと思うけど」

穂乃果「それは…とにかく、音ノ木坂がいいの!…みんなと過ごした思い出だってあるし…このままなくなっちゃうなんて、そんなのやだよ…」グス

雪穂(結局泣くんだ…何とかしてお姉ちゃんをUTXに転校させられないかなぁ)

続きを読む

ツバサ「ここがプランタン公国……」

1: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/06/03(金) 15:12:46.88 ID:j6T0EZtm.net

英玲奈「人口1億5000万。このあたりで2番目に大きい国だな」

ツバサ「良いところじゃない。のどかで空気も美味しくて」

ツバサ「このまま一緒に永住しちゃう?」

英玲奈「永住するのは悪くないが、お前と一緒だけは勘弁して欲しいな……」

ツバサ「相変わらず嫌われているのね」

英玲奈「世話役が欲しいなら他を探せ。仕事以外でお前の面倒は見たくない」

ツバサ「私だって英玲奈の面倒を見てあげてるんだからお互い様でしょ?」

英玲奈「抜かせ」

ツバサ「そういえば、あんじゅは?」

ツバサ「この前の一件から姿を見ないけど」

英玲奈「お隣のビビ帝国で遊んでいるんだろ。田舎の空気は合わないと普段から言っているからな」

ツバサ「なるほどね」

続きを読む

英玲奈「あ、猫だ」

1: 名無しで叶える物語(岡山県)@\(^o^)/ 2016/06/07(火) 17:30:27.20 ID:Q7tX7f0L.net

猫「ニャーン」

英玲奈「かわいい黒猫だな。ほれ、こっちに来い」フリフリ

猫「・・・」ジーッ

英玲奈「警戒心むき出しじゃないか。私はそんなに怖くないぞ」

猫「・・・」

英玲奈「腹が減っているのか・・・?」

猫「ニャァ」グッタリ

英玲奈「なるほどな、そこから一歩も動けないぐらい空腹なんだな」

続きを読む

にこうみ「ご飯のお供」あんじゅ「私の場合?」

1: ◆LOClDLMNxs 2016/02/06(土) 23:08:09.21 ID:kz/+fP0y0

花陽「ご飯のお供」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1439476829/

のあんじゅ辺です。お時間あれば読んでいただけると話の流れが分かるかと思います。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1454767679

続きを読む

穂乃果「安価は絶対に守るんだよ!」」

1: 安価ありです。(庭)@\(^o^)/ 2016/01/14(木) 18:25:23.31 ID:hoHP+l2c.net

穂乃果「安価は絶対だよ!」

穂乃果「例えどんな安価が来ようと穂乃果は絶対にやり遂げて見せる!」

穂乃果「自分が嫌な安価だからって逃げたりしないよ!」

穂乃果「やるったらやる!」

穂乃果「......」

穂乃果「い、今すぐウンチしろって言われたらするよ?ほんとだもん...」

穂乃果「...じゃあ、最初は軽く>>3をやろうかな」


続きを読む

ツバサ「あ…」ペタン

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/29(日) 02:33:01.11 ID:CmPA9SyU0

あんじゅ「ツバサどうしたの?急にへたり込んで」

ツバサ「え、えっと…ちょっとバテちゃって…」

英玲奈「まだ着替えてすらいないじゃないか」

あんじゅ「夏バテ…にしては遅すぎるわよね」

ツバサ「そ、その…」

英玲奈「歯切れが悪いな、本当にどうしたんだ」

あんじゅ「体調でも悪いの?肩貸してあげよっかツバ…」


ツバサ「うぅ…」ジワ


あんじゅ「ちょ、ちょっと泣いてるの!?相当悪いってこと!?」

英玲奈「…ツバサ、なにがあった?」

ツバサ「…笑わない?」

あんじゅ「笑えないわよっ、早く救急車を…!」

英玲奈「落ち着けあんじゅ。笑わないと約束するから言ってみろ」

ツバサ「…あのね」


ツバサ「お漏らししちゃった…」グス


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1448731980


続きを読む

穂乃果「ツバサさんのオデコにガチレズって書かれてる…」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/11(水) 17:06:38.15 ID:TzuwPVK/0

ツバサ「あら穂乃果さん、奇遇ね♪」

穂乃果(どういう事なの…)

ツバサ「どうかした、穂乃果さん?」

穂乃果「いや、その…」

ツバサ「?」

穂乃果「今日は一段と、その、目立つというか…」

ツバサ「クスッ、なにそれ」

穂乃果「いくらなんでもさらけ出しすぎというか…」

ツバサ「なにが?いつも通りだと思うけど…」

穂乃果(プライベートだといつも通りなの…というかなんで平然としてられるの…)

穂乃果(憧れの人が実はガチレズだったなんて、とんだ裏切りだよ…)ドンビキ

ツバサ「?」

穂乃果「…あの、もしかしてそういうのが好きな人なんですか?」

ツバサ「そういうの?」

穂乃果「だから、そういう…」クイクイ

ツバサ「…ああ、これ?(このデコ出しのことね)」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1447229197

続きを読む

ツバサ「う……おえっ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/21(水) 01:35:34.84 ID:gRl20Gj90

あんじゅ「ど、どうしたのツバサ!?具合悪いの!?」

ツバサ「…ええ、ここのところ吐き気が酷くて」

あんじゅ「そ、それって食あたり?食中毒とか…?」

ツバサ「食べ物には気を使ってるわ、あなたたちならわかるでしょう?」

英玲奈「…ああ、私たちはアイドル。食を含め、体調管理の怠りは許されない」

あんじゅ「でも現にツバサは苦しんでるわ、いったい何が原因なの…?」


ツバサ「…」ウツムキ


英玲奈「どうやら心当たりがあるみたいだな」

あんじゅ「もしかしてツバサ、私たちになにか隠し事を…?」

ツバサ「…そうね、ここまできたらあなたたちに話すわ」

英玲奈「聞こう」

あんじゅ「え…まさか重い病気とかじゃないわよね…?」オロオロ

ツバサ「実はね、私…」






ツバサ「穂乃果さんの子を身ごもったみたいなの」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1445358934

続きを読む

希「大学の入学式終わったけど……うまくやっていけるやろか」ツバサ「あら?」希「ん?」

1: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/06/29(月) 00:36:06.15 ID:7ebepCZG.net

ツバサ「あなた…東條希さん?よね?え、もしかしてこの大学に?」

希「A-RISEの綺羅ツバサちゃんやん!……あれ?アイドル続けるんやなかったの?」

ツバサ「……ああ!アイドルはもちろん続けてるわ。でも進学しないとは言ってないじゃない。A-RISEはみんな進学してるわよ」

希「そうやったんか」


~別の大学~

あんじゅ「あら~?」

絵里(どこかで見た顔ね……?)


~別の大学~

にこ「あ……!ああ………!」

英玲奈「む?」


続きを読む

英玲奈「全身義体になってからもう5年か……」

1: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2015/08/07(金) 22:21:05.60 ID:ENmiKI3y.net

英玲奈(今日で5年目か)

私は統堂英玲奈。UTX学院に通う女子高生だ。

世間では私の事をロボットだのナントカ図鑑だの言う人が一部居るらしい。

腑に落ちないが……仕方がないと言えば仕方がない。

何故ならば、この体は機械で出来ている。私は脳と脊髄の一部を除く全身を義体化してる。

もちろん全身を義体化しているとはいえ、私は人間だ。……人間であると思っている。

私が全身義体になったのには理由がある。

あの日。中学2年の夏休みまで、私はごく普通の生身の人間だったのだ。



中学生だった私は非常に活発で明るかったと自負している。今でも暗いという認識はないのだが。

授業も教室で座って受けるものよりは体育と音楽が好きだった。

とにかく歌うこと、踊る事が大好きだった。

体育の授業でヒップホップをやると聞いて心が躍ったのを覚えている。

だがそんな日は長く続かなかったのだ。

ある日、私は交通事故にあった。

続きを読む

あんじゅ「ほら、歯医者行くわよ」英玲奈「嫌だ」

1: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2015/08/03(月) 19:33:51.97 ID:JKmqZyqD.net

あんじゅ「嫌って、ほっといたら今よりもっと酷くなるじゃない」

英玲奈「私はそれでも構わないぞ」

あんじゅ「こらこら駄々っ子しないの。A-RISEのお仕事にも影響するんだから」

英玲奈「そこは耐える」

あんじゅ「もー!バカなこと言ってないで歯医者行きなさい」

英玲奈「全力で断る!!」

続きを読む

あんじゅ「私だってμ'sの曲に名前載りたい!」 英玲奈「確かにそうだな」

1: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2015/08/03(月) 12:31:40.60 ID:v41H5d99.net

あんじゅ「なんで『僕たちはひとつの光』に、ツバサだけさらっと名前入ってるわけ?ずるくない?」

英玲奈「まさか貴様、A-RISEを捨ててμ'sに…」

ツバサ「ちっ違うわよ!誤解よ誤解!ぐ、う、ぜ、ん!」

ツバサ「それに歌詞作ってるのは園田さんなんだし、私は関係ないわ」

あんじゅ「それはどうかしら?」

あんじゅ「曲作りの時も西木野さんを懐柔してたみたいだし、なにか入れ知恵したんじゃない?」カミノケクルクル

英玲奈「本当か?貴様には失望したぞ、ツバサ」

ツバサ「あなた達、よくもメンバーをそこまで躊躇なく疑えるわね…。この先が不安になってくるわ」

続きを読む

ファン「わー!意外と背低いんですね!」ツバサ「え?」

1: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 03:06:37.58 ID:0AwExc7l.net

ツバサ「………………」カチカチ

英玲奈「ん?ツバサ、何を見ているんだ」

ツバサ「……これ、見て」

英玲奈「『綺羅ツバサは154cmかわいい』?……ん?おい、これって」

あんじゅ「ちょっと、そういうのあんまり見ない方がいいんじゃないのお?」

ツバサ「………………」チョイチョイ

英玲奈「は?」

あんじゅ「『思ったより身長低くてワロタ』『にこと同じなのかよ』……」

ツバサ「………………」

あんじゅ「あら~」

ツバサ「………………」

ツバサ「伸ばすからね、身長」

英玲奈「はあ……」

続きを読む

ツバサ「本当のA-RISEを知られてはいけない」

1: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/07/26(日) 18:51:13.81 ID:IuuFwKMX.net

英玲奈「何故だ?」

ツバサ「何故かしらね?」

あんじゅ「おはよぉ」フワーァ

英玲奈「・・・」ピラッ

あんじゅ「ぎゃあ!!」

英玲奈「今日のパンツは水色か」

英玲奈「前にも言ったが、お前に寒冷色は似合わん」ヤレヤレ

あんじゅ「喧嘩売ってんの!?」

ツバサ「それよ、それ」


続きを読む

凛「…」モジモジ あんじゅ「あら?」

1: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2015/07/13(月) 21:07:54.09 ID:2rUFIAQI.net

あんじゅ「あなた、μ'sの星空凛さんよね?」

凛「あ、あなたは…アライズの優木あんじゅさん?」

あんじゅ「こんなところで会うなんて奇遇ね、何を見てたの?」

凛「あ、あの…その…な、何でもないです」

あんじゅ「ん?ははーん…ショーケースの中のワンピースを見てたのね?」

凛「え、ええと…可愛いなぁって思ったけど、凛にはちょっと似合わないかなぁって…///」

あんじゅ「そんなことないわよ、あなた可愛いんだから、きっと似合うはずよ、試着してみなさいよ」ギュッ

凛「え?あ、ちょっと…」ズルズル


続きを読む

あんじゅ「μ'sハーレム」

1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/07/08(水) 20:33:16.29 ID:bG4iCheS.net

海未「ふう、コレで良しと」

ワッチャドゥーワッチャドゥー♪

海未「この曲はA-RISEの?」

ワッチャドゥーワッチャドゥー プライベートウォーズ♪

あんじゅ「やほー」ヒラヒラ

海未「あれ?あんじゅさん?」

海未(何で登場するのに曲が流れるのでしょう?)

海未「どうしたんですか?」

あんじゅ「うん、ちょっと近くまで来たから」

続きを読む

真姫「マジあんじゅぇー」

1: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/30(火) 20:07:50.72 ID:UNji9TKD.net

あんじゅ「完っ↑全↓にフルハウス」

真姫「ちょっと!髪の毛クルクルキャラが被ってるのよあなた!」

あんじゅ「あれ~~真姫ちゃんじゃない」

真姫「むむ、会話が噛み合わないわね」

あんじゅ「ちょうど良かったわ、今から私の家に来ない?」

真姫「」キュン

あんじゅ「美味しいトマトもあるわよ、スーっとして気持ちが良くなるわよ」

真姫「い、一回だけなら……」

続きを読む
記事検索
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
相互申請・意見要望等
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ