ほのうみ

穂乃果「やったー!大好きな海未ちゃんが増えたー!」

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/07/30(月) 20:53:42.83 ID:wNNVhj5+.net

穂乃果「この瞳も!髪の毛も!まるっとそっくり海未ちゃんだよ!」

海未「穂乃果、お茶ですよ」

穂乃果「そのうえ、こっちの海未ちゃんは優しい!」

海未「ありがとうございます」

穂乃果「えへへ。海未ちゃん、よろしくね」

海未「はい。よろしくお願いします」

続きを読む

穂乃果「中途半端な朝」

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/06/17(日) 19:54:04.80 ID:5qJkGdY6.net

穂乃果「おっとっと」

海未「大丈夫ですか?」

穂乃果「眠くて頭がふらふらするよー……」

海未「……何時に寝たんですか?」

穂乃果「5時」

海未「早すぎるでしょう。帰ってすぐ寝たから、夜眠れなかったんですか?」

穂乃果「違うよー。朝の5時だよ」

海未「ええ?」

穂乃果「睡眠時間2時間」

海未「ほぼ寝ていないのと一緒じゃないですか」

穂乃果「一緒じゃないよ。むしろちょっとだけ寝たせいで、中途半端に眠いんだ」

海未「まったく……何をやっていたんですか、そんな時間まで」

穂乃果「歯が痛くて眠れなかったんだ」

続きを読む

海未「ええ、そうですね」

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/06/03(日) 21:40:28.47 ID:WFn0mQvf.net

穂乃果「だって、色も形も大きさもばらばらじゃん」

海未「私が言いたいのは、本質として同じものということです」

穂乃果「どういうこと?」

海未「つまり、人間みんなに『他人と違う』という共通点がある、ということです」

穂乃果「えー?なんだかズルいよー……」

海未「ズルいでしょうか」

穂乃果「それに、共通点があるってことが、一緒ってことにはならないんじゃないの?」

海未「そうですか。じゃあ逆に、穂乃果は『一緒』をどう定義するのですか?」

穂乃果「えっと、それは……」

海未「ほら」

続きを読む

穂乃果「うう……。風邪ひいちゃった……」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/27(金) 16:59:00.00 ID:htbptrhV0

   <<道端>>

ザアァァァ……

穂乃果「うわ~~……、雨が凄いなぁ……」

海未「天気予報だと、明日も雨降りと言っていましたね」

穂乃果「え~~……、そんなの嫌だなぁ……」

穂乃果「う~~……」

穂乃果「雨止め―ー!」

ザアァァァ……

穂乃果「……」(汗)

海未「止みませんね……」

穂乃果「……うん」

ガッ(石につまづく)

穂乃果「あ!」

海未「!」

バシャッ

海未「穂乃果!大丈夫ですか!?水溜まりに落ちて、びしょ濡れですよ!?」

穂乃果「うう……、雨なんか嫌いだ~~!!!」ポロポロ

穂乃果「ヘッ……クションッ!!」



続きを読む

穂乃果「たこ焼きパーティーだよ!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 18:43:47.61 ID:8OmKe4XS0

穂乃果の家

トゥルルル…… カチャ

穂乃果「もしもし?海未ちゃん?」

海未『何でしょうか?穂乃果?』

穂乃果「海未ちゃんは明日、予定とかある?」

海未『明日は特に予定が有りませんね』

穂乃果「!じゃあ、穂乃果の家でたこ焼きパーティーをしようよ!」

海未『たこ焼きパーティーですか?まあ、良いですけど。パーティーに参加するのは、私だけでしょうか?』

穂乃果「他の皆にも連絡したんだけど……、絵里ちゃんと希ちゃんは二人だけで遊ぶ約束をしてて……。にこちゃんは妹達の世話で無理だし……。真姫ちゃんは、『家族との旅行があるから無理よ』って言われたし……」

穂乃果「花陽ちゃんと凛ちゃんは、二人でカラオケに行く約束があるからって断られちゃったし……。ことりちゃんは、バイトがあるから無理なんだって……」

海未『他の皆が来れないとすると……、二人だけで、たこ焼きパーティーをする事になりますね……』

穂乃果「二人だけでも良いもん!海未ちゃん、明日のたこ焼きパーティーに来てね♪」

海未『はいはい、わかりました』

続きを読む

穂乃果「せーのっ!」 みんな「海未ちゃん、お誕生日おめでとう!!!」

1: 名無しで叶える物語(かぶらずし) 2018/03/15(木) 00:00:10.06 ID:iRu+tWs7.net

パーティ後 ―穂乃果の家―


穂乃果「ふうっ、おかたづけおわりっと!」

海未「すみません。全てお任せしてしまって」

穂乃果「いいの! 海未ちゃんは今日の主役なんだから!」

海未「他のメンバーはもう帰ったのですか?」

穂乃果「うん! あっ、ことりちゃんが一緒に帰れなくてごめんって」

海未「あぁ、にこと衣装作りをすると言っていましたね」

穂乃果「すっごくいい曲だって、ことりちゃんはりきってたから」

続きを読む

穂乃果「海未ちゃんがいっぱい⁉」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/05(月) 14:19:27.81 ID:8SkwQXw10

海未「ええ。この薬を使って私を増やすことができます」

穂乃果「え~。なんか怪しいよ・・・」

海未「それなら心配いりません。これは真姫が作ったのですから」

穂乃果「真姫ちゃんが⁉」

海未「はい。すでに真姫は大量の自分を作ることに成功しました」

穂乃果「どうりで真姫ちゃんが最近、機嫌いいと思ったら・・・」

海未「では、この薬を私が内服します」

穂乃果「ええ~!!何で海未ちゃんなの⁉穂乃果も欲しいよ!!」

海未「なぜです?」

穂乃果「いや~。たくさんの穂乃果でパンの試食会とか~。宿題を外の自分にさせたりとか」

海未「そのような理由ではいけません。それに、この薬は私専用なのですから!」

穂乃果「海未ちゃん専用⁉ん~。なら、仕方ないな~」

海未「では」ごっくん

穂乃果「どう?海未ちゃん。何か変わった!?」

海未「そんな飲んで数秒で人が増えるわけありませんよ。効果は明日の朝にでるはずです」

穂乃果「時間がかかるんだね~。うん!明日は日曜日だから楽しみだよ!じゃあね~」

海未「うふふ。穂乃果・・・。もうすぐですわ。もうすぐで・・・」

海未2「もうすぐであなたを私のものに」

海未3「できますから・・・」

続きを読む

穂乃果「私の右手が性感帯に……」

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/01/20(土) 15:03:03.21 ID:I9EQXeYZ.net

サワサワ

穂乃果「――っ!」ビクッ!

穂乃果「どうしよう……こんなの恥ずかしくて誰にも言えないよ……」

穂乃果「でも……このままじゃペンも握れないし、ご飯も食べられない……」

穂乃果「うう……」


>>3(μ'sのメンバー1人)に相談

続きを読む

穂乃果「海未ちゃん、時間反転演算子はどうして反ユニタリ・反線形演算子で定義されるの?」

1: 名無しで叶える物語(たこやき) 2017/12/10(日) 20:33:12.57 ID:gFoN+BDc.net

海未「はぁ~……穂乃果、貴女ちゃんと授業を聞いていたのですか?」

穂乃果「えへへ…途中から寝ちゃって…」

海未「もう…高校の頃から全然変わりませんね…」

穂乃果「だってぇ~、先生ったら穂乃果が理解できないまま話し進めちゃうんだもん!」

海未「手を挙げて質問すればいいのでは?」

穂乃果「質問を考えてる間にもバンバン進んじゃって質問しようがないよ!」

海未「まぁ、その点は同意ですが…」

続きを読む

穂乃果「松茸、食べたいなぁ……」海未「!」

4: 名無しで叶える物語(広西チワン族自治区) 2017/10/15(日) 20:52:17.76 ID:TgnjbAzq.net

―――道端―――

穂乃果「秋だねぇ……」

海未「そうですね」

穂乃果「食欲の秋だねぇ……」

海未「穂乃果らしいですね」

穂乃果「ああ、松茸食べたいなぁ……」ジュルリ

海未「!」

海未「(穂乃果が松茸を食べたがっています。もし、穂乃果に松茸をプレゼントすることが出来れば……)」

―――海未の妄想―――

穂乃果(妄想)『松茸くれるの!?わ~~い!ありがとう海未ちゃん!!』

穂乃果(妄想)『お礼に、穂乃果をあ・げ・る♪』

ーーー妄想終了―――

海未「……良い」タラ~(鼻血)

続きを読む

穂乃果「秋だー!栗園だ―!!」海未「栗拾いです!」

2: 名無しで叶える物語(広西チワン族自治区) 2017/10/09(月) 18:04:13.43 ID:C0/csUwY.net

―――栗園―――

穂乃果「よーし!いっぱい栗を拾うよ~~!」

穂乃果「ね!海未ちゃん!」

海未「はい!」

穂乃果「拾った栗でどんなお菓子を作ろっかな~~♪」

穂乃果「海未ちゃんは、どんな栗を使ったお菓子を作りたい?」

海未「う~ん、そうですね……。作ってみたいお菓子が色々とありますから、迷いますね……」

穂乃果「そうなんだ!穂乃果と同じだね!穂乃果も作ってみたい栗のお菓子が色々とあるから迷っているんだ!」

穂乃果「モンブランや栗のタルト、マロングラッセ、どれも美味しそうで、どれを作って良いか迷っちゃうよ~~!」汗

海未「穂乃果は洋菓子を作りたいのですか?」

穂乃果「海未ちゃんは違うの?」

海未「私はやはり、和菓子ですね!栗が入った最中や栗ようかん、栗饅頭も作ってみたいですね!」

続きを読む

海未「あ、捨てアノマロカリス」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/31(木) 09:26:30.50 ID:qOOUY1hx0

穂乃果「アロマノカリス?」

海未「アノマロカリスです。ほら、あそこの電柱の隅に段ボール箱が見えるでしょう」

穂乃果「あー、あれのことか。初めて名前知ったよー」

海未「子供の頃から見ていて今さらですか」

穂乃果「てへへ。それにしても、もうそんな季節かー」

海未「夏ももう終わりですからね」

続きを読む

穂乃果「Zzz」海未「寝ているのですか……」

2: 名無しで叶える物語(広西チワン族自治区)@\(^o^)/ 2017/07/30(日) 02:28:31.24 ID:OJk6PIvp.net

ーーー穂乃果の部屋―ーー

海未「穂乃果、遊びに来ましたよ」ガチャ(扉を開ける)

穂乃果「Zzz……」スヤスヤ

海未「寝ていますね……」汗

海未「全く……、私と遊ぶ約束をしていながら、寝てしまっているのですか……」

穂乃果「エヘヘ……」ニヘラ

海未(可愛い……)

海未「随分と嬉しそうに眠っていますね……」

海未「穂乃果は、どんな夢をみているのでしょうか……」

海未「ほんの少しだけ、気になりますね……」

穂乃果「ムニャムニャ……」

続きを読む

穂乃果「海だーー!!」海未「海未は私ですが?」穂乃果「海未ちゃん……」汗

2: 名無しで叶える物語(広西チワン族自治区)@\(^o^)/ 2017/06/29(木) 17:45:33.37 ID:Nk1bpU5h.net

―――海・砂浜―――

穂乃果「海だ――!!」

海未「海未は私ですが?」

穂乃果「もう!そう言うボケは、もう良いよ!」

穂乃果「それよりも、海はやっぱり広いね!」

海未「そうですね」

穂乃果「でも残念だね……。本当は、μ'sの皆と海に行くはずだったんだけど……」

海未「他の皆さんは、用事が入ってしまったのですから仕方ありません……」

穂乃果「μ'sの皆と海に来れないのは残念だけど……」

穂乃果「その代わり、海未ちゃんを独り占めできるのは嬉しいな♪μ'sの皆には悪いけどね……」

海未「穂乃果……///」

海未「私も同じですよ。私も、穂乃果を独り占めできて凄く嬉しいんです!」

穂乃果「えへへ♪ありがとう!海未ちゃん!///」

穂乃果「それじゃ、泳ごっか♪」

海未「はい♪」

続きを読む

穂乃果「海未ちゃんすごーい!」海未「///」

5: 名無しで叶える物語(広西チワン族自治区)@\(^o^)/ 2017/05/30(火) 16:45:52.98 ID:CKkA90+h.net

『瓶のフタ』

―ーー穂乃果の家ーーー

穂乃果「う~~~んんんっ!!!」プルプル

海未「……」

穂乃果「駄目だぁ……」ハァハァ

穂乃果「わらびもちにかける、黒蜜が入った瓶のフタがあかないよぉ……」

穂乃果「海未ちゃんと一緒に美味しく、わらびもちを食べたかったのに……」

海未「穂乃果」

穂乃果「?」

海未「瓶を私に貸してくださいませんか?」

穂乃果「良いけど……、固いよ?」

海未「ふんっ!」パカッ

穂乃果「蓋が開いた!」

穂乃果「海未ちゃんすごーい!」モッギュー

海未「///」

続きを読む

穂乃果「ンミチャー」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 12:58:57.34 ID:r354yGpI0

海未「穂乃果なんですか?」

穂乃果「うーみちゃん」

海未「へ?」

穂乃果「ウミチャー」

海未「さっきからなんですか…」

穂乃果「あっごめん」

穂乃果「今いろんな海未ちゃんの呼び方を考えてるんだ!」

海未「はぁ…」アキレ

続きを読む

海未「ドッキリをします」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/26(金) 22:16:31.19 ID:0dsrIXD30

絵里「と言う事で穂乃果にドッキリをかけます」

にこ「いい?これもアイドル活動よ?」

海未「しかし、人を騙すと言うのは…」


続きを読む

海未「あっ!穂乃果!また、ピーマンを残して!」穂乃果「ピーマン嫌だーー!!」

2: 名無しで叶える物語(広西チワン族自治区)@\(^o^)/ 2017/05/20(土) 00:27:53.20 ID:KfRHmgDM.net

―――(お昼休み)学校・広場―――

穂乃果「はぁ……」

海未「どうかしましたか?穂乃果?」

ことり「穂乃果ちゃん?」

海未「おや?穂乃果の昼食は、珍しくパンではないのですね」

ことり「お昼ご飯は、お弁当なんだね」

穂乃果「お母さんがね……、『パンばかりじゃ栄養が偏ると思うし、お弁当を作っといたからお昼に食べなさい』って、お弁当を作ってくれたの……」

海未「穂乃果の母上が、穂乃果の身体の事を考えてお弁当を作ってくれたのですか……」

海未「良い事じゃないですか。何故、落ち込んでいるのです?」

ことり「お弁当、凄く美味しそうだよ?」

穂乃果「だって、このお弁当には……」

続きを読む

穂乃果「ほむまん作ったよ!」海未「いただきましょう!」

2: 名無しで叶える物語(広西チワン族自治区)@\(^o^)/ 2017/04/16(日) 15:00:54.60 ID:+jKotMjj.net

―ーー(放課後)教室―ーー

穂乃果「さあ授業も終わったし、練習!練習!」

ことり「うん!」

海未「私はこれから部活なので、これで失礼します。スクールアイドルの方は、少し遅れて参加します。申し訳ないのですが、またにこにそう伝えといて下さい」

穂乃果「うん、良いよ。部活、大変そうだね……」

ことり「弓道の大会が近いもんね……。」

穂乃果「穂乃果達は応援しかできないけど、頑張ってね!」

ことり「頑張ってね!海未ちゃん!」

海未「はい!応援ありがとうございます!それでは、部活にいってきます!」タタタ

ことり「海未ちゃん、頑張るなぁ……」

穂乃果「海未ちゃん……」

続きを読む

穂乃果「恋のお呪い」

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/03/31(金) 17:48:41.93 ID:DtssE+db.net

ほのうみ

続きを読む

穂乃果「わたし、4月1日に引っ越しするの!」 海未「……はい?」

1: 名無しで叶える物語(かぶらずし)@\(^o^)/ 2017/04/01(土) 01:26:10.01 ID:ccXuJFPK.net

穂乃果「隠しておこうとも思ったんだけど、やっぱり海未ちゃんには言っておこうと思って」

海未「…………」

穂乃果「急にこんなこと言われても困るよね。でも……」

海未「一応言っておきますが、嘘をついていいのはその日の間だけですよ」

穂乃果「えっ!?」

海未「午前中だけ、という話も聞いたことがありますが」

穂乃果「そ、そうなんだ。……ってそうじゃなくてっ! うそじゃないからねっ!」

海未「はいはい。……それでは、ことりは遅くなるようですし、学校に向かいましょう」

穂乃果「あっ! ぜったい信じてないでしょっ! ほんとにほんとなんだからねっ!」

続きを読む

穂乃果「テッカグヤの城で踊りたい」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/15(水) 03:30:08.28 ID:ecXrGm/V0

穂乃果「テッカグヤの城で踊りたい」

海未「…」

穂乃果「テッカグヤの城で踊りたい」

海未「はぁ…私は踊りたくありませんが」

穂乃果「え!?海未ちゃん知ってるよね,テッカグヤ」

海未「いや知ってますけどテッカグヤ。でもあれですよね」

続きを読む

穂乃果「雨の日の王子様」

4: 名無しで叶える物語(広西チワン族自治区)@\(^o^)/ 2017/03/12(日) 23:11:10.26 ID:CtbRM4bY.net

―ーー公園・ドーム状遊具の内部―ーー

ザァァァァァ……

穂乃果「はぁ……、全然雨が止まないよ……」

穂乃果「くしゅん!」

穂乃果「うう、雨で服が濡れて寒い……」ガクブル

穂乃果「何で、こうなっちゃったんだろ……」

穂乃果「あの時、海未ちゃんの言うことを聞いてれば良かった……」

続きを読む

穂乃果「手を繋ごう♪」

3: 名無しで叶える物語(広西チワン族自治区)@\(^o^)/ 2017/02/22(水) 22:12:08.61 ID:Qu5/f1j4.net

―ーー穂乃果の部屋ーーー

穂乃果「うう~ん……、寒いなぁ……。」

朝日が登り、寒い部屋で穂乃果は目を覚ます。
重いまぶたを擦りながら体を起こした。
季節はもう秋であり、外では冷たい秋風が吹いている。

ガチャ

穂乃果「!」

雪穂「お姉ちゃん、早く起き……起きてるぅ!?」

穂乃果「むぅ、そんなに驚かなくても……。」プクー

自分が早く起きた事を、大袈裟に驚く雪穂に穂乃果は頬を膨らませながら睨む。

雪穂「起きてるんだったら、早く朝ご飯食べて着替えなさいよ。もたもたしていると、いつもお姉ちゃんを迎えにきてくれている海未さんを、また待たせる事になるんだから。」

穂乃果「わかってるよぉ!」

穂乃果は雪穂に急かされながら階段を降りて居間へと向かう。

続きを読む

海未「穂乃果と私とちゃぶ台と」

1: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/01/17(火) 23:18:37.08 ID:zAyg697Z.net

 


ダン!


海未「っ!」ビク


穂乃果「……」

海未「……ほ、穂乃果……?」

穂乃果「穂乃果は怒っています」

穂乃果「物凄く怒ってます」


穂乃果「なんでだかわかりますか?」

続きを読む

海未「ほのかー、ほのかー」グイグイ 穂乃果「なにー?」

1: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/12/12(月) 04:09:00.43 ID:qYgYkFC6.net

海未「かまってください穂乃果」

穂乃果「ちょっと待ってってば」

海未「だめです!もう待てません」

穂乃果「待てるでしょ」

海未「事態は一刻を争うのです!」

穂乃果「課題やらなきゃ」

海未「私があとで教えてあげますから」

穂乃果「後回しにするなって海未ちゃんいつも言ってるじゃん」

海未「…穂乃果はいじわるです」

続きを読む

穂乃果「海未ちゃん…好き…」

1: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/10/24(月) 21:14:49.64 ID:Ikd/Z6QF.net

海未「…」

海未「私もですよ」

穂乃果「…」

海未「ほら、後この問題だけですから」

穂乃果「やーめたー!」

海未「…」

穂乃果「あーあー海未ちゃんと遊びに行きたいなー!」

海未「いいですよ」

穂乃果「本当!?」

海未「はい、これが終わったらどこへでも」

穂乃果「いーまーがーいーいー!」

海未「だめです」

続きを読む

穂乃果「海未ちゃーん!!!」海未「はい?」

1: 名無しで叶える物語(関西・東海)@\(^o^)/ 2016/09/19(月) 01:49:47.12 ID:6GeWoL74.net

穂乃果「おりゃー!」ギューッ

海未「うみゃん」

穂乃果「海未ちゃん!」ギューッ

海未「なんですか、私は忙しいんです」

穂乃果「なんか冷たくない?」

海未「穂乃果が熱すぎるんでしょう。私はこれで」

穂乃果「いやいやいや待ってよ!」

海未「なんですか」

穂乃果「なんですか、じゃないでしょ!? ほのかだよ!?」

海未「えぇ、穂乃果ですね。それがなにか」

穂乃果「……うぇぇぇん! 海未ちゃんが冷たいよー!!!」ダッ

海未「???」

続きを読む

穂乃果「海未ちゃんがうみゃんしか言えなくなった!?」海未「はい?」

1: 名無しで叶える物語(関西・東海)@\(^o^)/ 2016/09/01(木) 23:30:18.80 ID:MgwyFPXL.net

穂乃果「なんだ嘘か」

海未「当然です。誰からそんな話を聞いたんですか」

穂乃果「えぇと……にこちゃん?」

海未「……」チラッ

にこ「……」カタカタ

海未「にこ、どういうことですか」

にこ「にこは知らないぴょーん」カタカタ

海未「……」

にこ「ぴょーんぴょんっ、ぴょんぴょんっ」ピョンピョン

海未「……」ドンッ

にこ「……っ」

海未「どういうことですか、と聞いてるんですが」

にこ「……」

穂乃果「海未ちゃん! ストップ! ストップ!」

続きを読む

穂乃果「さすが海未ちゃん」海未「はい?」

1: 名無しで叶える物語(関西・東海)@\(^o^)/ 2016/08/27(土) 12:37:10.06 ID:CIprVgVh.net

穂乃果「やっぱり海未ちゃんって最強だよね」

海未「どう最強なのかわかりませんが、ともかく私は最強ではありませんね」

穂乃果「えぇ? どう考えても最強でしょ?」

海未「なにをどう考えてですか。私には穂乃果の方がよほど強く見えますよ」

穂乃果「うーん、まず可愛さでしょー。それから、フィジックス!」

海未「肉体的にという意味でしたらフィジカルです。フィジックスでは物理学になってしまいますよ」

穂乃果「そそそう、それそれ。やっぱり体力は段違いじゃん? かっこいいよね」

海未「そうでしょうか?」

続きを読む
記事検索
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
相互申請・意見要望等
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ