アイマスSS

雪歩「ねえ、千早ちゃん」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/01(日) 22:48:32.35 ID:kcDZFw/b0

   活動1週目

雪歩「ねえ、千早ちゃん」

千早「何かしら、萩原さん」

雪歩「今日から、千早ちゃんと一緒にデュオを組むんだよね」

千早「ええ」

雪歩「あ、あの、私……」

千早「?」

雪歩「ダメダメで、千早ちゃんの足を引っ張っちゃうかもしれないけど……」

千早「…………」

雪歩「精一杯頑張るから! よろしくお願いしますぅ!」

千早「こちらこそ。これからよろしくね、萩原さん」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1422798512

続きを読む

春香「プロデューサーさんには正直困ってるんだよね」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/22(木) 23:02:56.09 ID:TvOk4JIAo

雪歩「えっ?」

千早「どうして?」

春香「私こないだ収録のときに転んで怪我しちゃったんだよね」

春香「あっ、怪我っていってもすりむいて少し血がでちゃっただけなんだけど」

春香「そしたら別の現場にいたはずのプロデューサーさんが血相変えてやってきちゃって」

春香「『大丈夫か春香』って・・・」

春香「それからずっとつきっきりで、結局事務所に帰るまで一緒だったんだ」

千早「・・・・・・それのどこが困ってるの?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1421935375

続きを読む

P「タイプ別ハンバーガーショップ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/22(木) 19:59:12.79 ID:a4/7mkuFO

アイマスSSです。
古いですが、元ネタは嘉門達夫です。
それでは次レスから書いていきます。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1421924352

続きを読む

貴音「犬耳と尻尾が生えるとは…面妖な!」 真美「四夜目だYO!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/08(木) 12:17:41.40 ID:wSjl3dFAO


続きを読む

やよい「うっうー!犬耳と尻尾が生えちゃいましたぁ!」 雪歩「さ、三夜目ですぅ…」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/05(月) 13:05:38.08 ID:YD3cY9MkO


続きを読む

春香「ヘコんだ千早ちゃんを腕づくで元気づける」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/06(火) 22:19:09.43 ID:+fE58KdM0

春香(とある冬の日、夕方近く)

春香(レッスンを終えた私が事務所に戻ると)

春香(私の大親友、千早ちゃんがソファに座り)

春香(うつむいて、肩を小刻みに震わせていた)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1420550349

続きを読む

響「うぎゃーっ!犬耳と尻尾が生えちゃったぞ!?」 春香「二夜目ですよ!二夜目!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/31(水) 10:55:02.49 ID:FO0cSiGYO


続きを読む

真・雪歩「おはよう、みんな」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/12/26(金) 04:34:30 ID:59u8mJ8E

小鳥「あら、雪歩ちゃんおはよう」

やよい「おはようございまーす!」ガルウィーン

真「おはよ、雪歩」

雪歩「………」

事務所に入ってきた雪歩は、全身を覆うようなコートに身を包んでいた!

P「なんだ? やけに厚着だな。いつもよりだいぶ大きく見えるぞ」

千早「どうしたの? 今日は寒いけど、そこまで…」

雪歩「………」スッ

彼女が千早の横を通り抜けたその瞬間!

千早「ウワァー!?」ドサッ

千早の足は力を失い、その場に崩れ落ちた!

律子「ち、千早!? どうしたのよ!?」

千早「ああ、あ…」ガクガク

貴音「何やら、怯えているようですが…」

続きを読む

「伊織と美希の108の出来事」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/01(木) 00:21:18.15 ID:Dxtpbky20

1.初めて

伊織と初めて会った時のこと?
もちろん覚えてるの!
……きっと忘れないと思うよ。
伊織がいたから、ミキはちゃんと「アイドル」になれた、って思ってるから。



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1420039277

続きを読む

やよい「ハイ、ターッチ!ん……」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/29(月) 20:51:27.17 ID:kW+tjY4IO

P「おう、やよい。おかえり」

やよい「かえりましたー!今日もダンスレッスンがんばってきました!」

P「うん。先生も誉めてたぞ。ダンス上手くなったって」

やよい「ホントですかぁ!」

P「ああ。今が延び盛りだからな。これからもっともっと上手くなるさ」

やよい「うっうー!うれしいですー!プロデューサー!」

P「どうした?」

やよい「いつものアレ、やりましょう!」

P「ハイタッチか?よしやるか!」スッ

やよい「いきますよぉ!ハイ、ターッチ!ん……」パシッ

P「ターッチって、どうしたやよい?」

やよい「な、なんでもないです!」





SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1419853887

続きを読む

千早「犬耳と尻尾が生えました」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/28(日) 05:38:53.12 ID:sEOVh380O

P「は?」

千早「生えました」

P「え?何が?」

千早「犬耳と尻尾です」

P「……え?耳はあるだろ?」

千早「耳は前からあります。新しく犬の耳と犬の尻尾が生えたんです」

P「……え?え?」

P「……もしかして、その帽子とコートの中に?」

千早「……」ファサッ

ピコピコ。フリフリ。

千早「生えました」

P「……マジで?」ポカーン



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1419712733

続きを読む

伊織「何がシティーハンターよ、ただの変態じゃない!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/27(土) 15:36:45.79 ID:MY/dACDu0

~TV局スタジオ~

スタッフ「はいオッケーでーす! お疲れ様でしたー!」



律子「本日はどうも、お疲れ様でした」ペコリ

ディレクター「竜宮小町ちゃんいいねー、勢いがあって。これからもよろしく頼むよ」

律子「はいっ、ありがとうございます!」


亜美「りっちゃーん、早く行こうよー!」フリフリ

律子「ごめーん、先に車で待っててー!」


あずさ「律子さんの言う通り、先に行ってましょう。えぇと、確か駐車場は……」テクテク

伊織「わーっ、あずさそっちじゃないわよ! こっち!」

あずさ「あら~?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1419662195

続きを読む

春香「もし私が好きって言ったら」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/26(金) 21:35:47.72 ID:5iNpnNpz0

《夕方、765事務所》


春香「プロデューサーさん」

P「どうした?」

春香「もし私がプロデューサーさんのこと好きって言ったらどうします?」

P「何だ?藪から棒に」

春香「ふと気になっただけですよ」

P「ふうむ・・・まあ嬉しくはあるだろうけど、同時に困るだろうな」

春香「・・・」

P「そらこんな可愛い少女に好きと言われて嬉しくない男はいないさ」

P「でも、正直返答に困ると思う」

春香「ですよね、ありがとうございます」

P「どういたしまして、で良いのかな?ここは」

春香「多分間違ってると思いますよ」

P「だろうな」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1419597337

続きを読む

響「寝るときは豆電球だぞ、貴音」貴音「分かりました」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 19:25:34.76 ID:kaNpUhZR0

カチッ

響「うぎゃー! なんで真っ暗にするんだ!」

カチッ

貴音「そんなに嫌なのですか? 皆と寝るときは平気だったというのに」

響「だって・・・人数が少ないとなんだか怖いんだもん、家族と寝るときも、いっつも豆球なんだぞ」

貴音「ふふっ、響は子供ですね」

響「うー、反論できない……みんなには内緒にしてよね?」

続きを読む

P「いいか亜美、真美。美希を簀巻きにしてくすぐるぞ」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/03(水) 13:40:10.58 ID:kyYrnGXkO

亜美&真美『は~?どゆこと?』

P「いやな、最近あったかくなってきたじゃないか」

亜美「そだね。それがなんか関係あんの?」

P「そのせいで美希のやつ、どこに行っても眠そうでな」

P「本番中に居眠りし出すわ、楽屋で眠り出してスタッフさんに迷惑かけるわ…」

真美「あー、確かに最近のミキミキ自由奔放だね。真美たちも起こすのすっごい苦労してるもん」

P「だろ?そんな美希にちょっと気合を入れてもらうんだ。どうだ、やってみないか?」

亜美「んっふっふ~、なんか面白そうじゃん!ね、真美?」

真美「んっふっふ~、確かにイタズラっ子の血が騒ぎますなぁ。いいよ兄C、ここは真美達に任せたまえ」

P「ありがとう!いいか、作戦はこうだ…」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1417581610

続きを読む

やよい「ダメなお兄ちゃん」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/06(土) 14:31:07.29 ID:xqaEPEuIO

【注意】
765プロにプロデューサーがまだいない時のお話です。
オリジナル要素含みます。
苦手な方はそっとじ推奨

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1417843867

続きを読む

美希「眠り姫なの」

2: ◆WMRUHgvZiLRC 2014/12/14(日) 23:21:40.68 ID:kz5sMrpp0



〜事務所〜



P「おーい美希、起きろー」


P「そろそろ仕事の時間だぞー」ユサユサ


美希「Zzz〜」


P「美希、起きてくれー」ユサユサ


美希「無理なの」


P「あれ?起きてたか」


美希「ううん、寝てるの」


P「いや、起きてるじゃないか」


美希「これは寝言なの」


P「はい?」


美希「ミキは今、起きられないの」


P「どうして?体調でも悪いのか?」


美希「ミキは呪いをかけられて永遠の眠りについてるの」


P「なんだって!?呪い?」


美希「そうなの」


美希「だからミキが目覚めることはないの」


美希「おやすみ……Zzz〜」


続きを読む

やよい「ビジョナリー」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/09(火) 12:53:49.33 ID:4Wm4kI0D0




・アイドルマスターの世界観に【魔法】を持ち込むという内容です。

・最初に安価を一度だけ募集して、それに従いお話を書いていこうと思っております。

・ご協力よろしくおねがいします。



>>5  ある日突然、やよいが使えるようになった魔法は……?




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1418097219

続きを読む

千早「我那覇さんにチューしたい」

1: ◆bA3jMfAQJs 2014/10/09(木) 22:12:04.35 ID:cPB8ut9+0


※百合注意

※変態ちーちゃん注意


千早「我那覇さん、チューしましょう」

響「いきなりわけわかんないぞ千早」

千早「分からないのかしら」

響「わかんないぞ。自分完璧だけど、変態の言うことは理解できないんだ」

千早「では、常識の範囲内に収めて説明するわね」

響「どーぞ」

千早「私、我那覇さんとえっちな事がしたいのよ」

響「おかしい、倫理のハードルが三つくらい飛び越えられたぞ」

千早「我那覇さんとニャンニャンする為なら、ハードルなんてRPG-7で吹っ飛ばすわ」

響「ニャンニャンって死語だと思うんだけどなぁ」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1412860314

続きを読む

P「なるほど」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/22(水) 20:56:26.95 ID:hnkmQnho0

P「……なあ、なんで俺は仕事しながらお前に抱きつかれてるんだ?」カタカタ

「そんなの外が寒いからに決まってますよう」

「パソコンしながら震えてるプロデューサーさんを見ていられなくて」

P「なるほど」

P「確かにあったかい」カタカタ

「ありがとうごさいます!」

P「でも体を擦り付けてくるのはなんでだ?」

「摩擦熱でよりあっためようかと」

P「あー、なるほど。賢いな」

「えへへ」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1413978976

続きを読む

雪歩「ひぃ へ、蛇」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/01(月) 23:59:50.89 ID:RBMHmzixO

小鳥「あ、お帰りなさい 雪歩ちゃん」

雪歩「こ、小鳥さん ど、どうしてそんな平然と作業をしていられるんですかぁ」ガクガク


小鳥「あら、大丈夫よ だって響ちゃんのでしょう?」

雪歩「で、でも…」

貴音「し、心配ありません雪歩 ヘビ香は響の家族 こちらから攻撃しない限り 噛みついたりすることはありません」プルプル


雪歩「し、四条さん …でもこんな近くに」


小鳥「きっとそこが暖かいからよ」

小鳥「さっきからずっと動かないもの」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1417445990

続きを読む

P「確かめてやる……!雪歩の男性恐怖症が完治したのかを!!」

1: ◆p3yuNM37DY 2014/12/01(月) 16:29:19.31 ID:qTciEt+yO



P「雪歩をプロデュースして、もう一年か……」


小鳥「プロデューサーさんと出会ったばかりの時は、大変でしたよね」


P「そうなんですよ、初めは本当に男性恐怖症が酷くて……」


P「確か、初めに会った時は5m以内に近付いたら凄い速さで穴掘って埋まろうとしたもんなぁ…」


小鳥「今の雪歩ちゃんなら、いくら近付いても大丈夫ですよね」


小鳥「もう、男性恐怖症は完全に治ったんじゃないですか?」


P「う~ん……いや、そうとは言えませんよ」


小鳥「え?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1417418959

続きを読む

P「千早と付き合う?」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/01(月) 23:16:43.08 ID:cf8p5eVWO

千早「は、春香!?何言ってるの!?」


春香「落ち着いてよ千早ちゃん。これは千早ちゃんとプロデューサーさんの仲を進展させて将来けっk…ゲフンゲフン仲を取り持つだけなんだよ」


千早「ちょちょちょちょっと!!!」


春香「なぁに千早ちゃん?」ニコッ


千早「(春香!いくらなんでも急すぎるわよ!)」ヒソヒソ


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1417443403

続きを読む

P「春香ー! 好きだー! 結婚してくれー!」 一同「!?」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/28(金) 14:16:42.12 ID:9sdo3Efz0

春香「ぷ、ぷぷぷプロデューサーさん!?///」

美希「ハニー! どうして春香なの!? 美希じゃダメなの!?」

P「美希も大好きだー!!! 結婚してくれー!!!」

「!?!?!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1417151792

続きを読む

伊織「チク痛」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/25(火) 19:09:27.95 ID:tPGi/wQ40


伊織「―――ったく、やってらんないわよ!」ドカッ

P「お、おい、椅子に当たるなよ……」

伊織「どうしてこの伊織ちゃんが、若手芸人の靴下を臭わないといけないワケ!?」ギシッ

P「そうプリプリ怒るなってば。いつも言ってるだろ、しご―――」

伊織「仕事に大きいも小さいも無い、でしょ?」

P「理解してるなら、受け入れればいいじゃないか」

伊織「私はプライドを持ってこの仕事、アイドルをやってるの!」

P「だから、そのプライドをだな……」

伊織「そんなの、捻じ曲げても品位を下げるだけ!」

P「誰も曲げろなんて言ってないだろ。折り合いをつけろって意味で……」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1416910157

続きを読む

亜美「兄ちゃんとそっくりな人形拾った」

1: ◆qgvFsqmWqG.F 2014/11/25(火) 16:52:12.29 ID:GNn02lra0

真美「う~むこいつは確かにクリソツですなぁ」

亜美「触ってみるとなんか無機質な感じだけど、見た目だけならちっちゃい兄ちゃんそのものって感じっしょ?」

真美「うんうん! いやぁ~こうしてまじまじと見ると兄ちゃんって……」

真美「イタズラしたくなる顔してるよね!」

亜美「だよねっ! んっふっふ~、さっそく挨拶程度に……」キュッキュッ

真美「真美も真美も~!」キュキュキュッ

スタスタスタ

ガチャッ

P「おはよう」

亜美「あっ兄ちゃん!」クルッ

P「今日はレッスンの予定だが、調子はどうだ?」

亜美真美「「ぶーーーっ!!!」」

P「?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1416901922

続きを読む

貴音「何なのでしょうか……」P「何なんだろうな……」

1: ◆p3yuNM37DY 2014/11/24(月) 15:30:34.09 ID:ih8UOBRbO




ガチャッ


貴音「おはようございます」


P「おぉ、貴音か」


貴音「昼からの出勤になってしまい、申し訳ありません……」ぺこっ


P「いやいや、今朝にちゃんと連絡してくれたからいいよ」


P「それより、病院に検査に行ったんだってな?何の検査をしたんだ?」


貴音「いえ……その……」


貴音「少しばかり、体に異変というか……違和感と申しますか……」


貴音「とにかく、そのような感覚がありまして」


貴音「それで、身体検査をしてもらったのですが……」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1416810634

続きを読む

千早「こんばんは」美希「……は?」

1: ◆eYw0lnfieY 2013/11/24(日) 01:35:05.45 ID:cNEh68wKO

千早「?どうしたの」

美希「いやそれは全体的にミキの台詞だと思うな」

千早「なら譲ってあげるわ」

美希「…………どうしたの?」

千早「昨日私仕事で美希の誕生日祝えなかったから。きちゃった」

美希「来ちゃったじゃねぇと思うの」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1385224505

続きを読む

律子「美希には勝てる気がしない」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/23(日) 22:29:53.73 ID:rkAM5Rtp0

律子「お疲れ様です、ただいま戻りましたー」

美希「あ、律子、おかえりなさいなのー」

律子「あんたね……何回同じこと言わせるのよ……『さん』をつけなさいって……あら?」

律子「ひょっとして、美希一人?」

美希「そうだよー」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1416749383

続きを読む

美希「ミキが一番欲しいプレゼント」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/23(土) 01:17:04.88 ID:XMG6FtHa0



P「ここでブッキングしている予定をこっちに……っと」

美希「ハニー!!」バーン

P「お? 美希か、お疲れ」

美希「ハニー!? ねぇねぇハニー!? ねぇねぇねぇねぇハニーってば~!!」ダキツキー

P「うぉおおお……どうした美希、今日は偉いぐいぐい来るな」

美希「明日って何の日か知ってる!? ねぇ!? ねぇねぇ知ってる!? 知ってるの!?」

P「明日……?」

美希「うん!!」

P「えっと、土曜日で」

美希「うんうん!!」

P「勤労感謝の日で」

美希「うんうんうん!!」

P「……他に何かあったっけ?」


美希「……………………」ウルッ


P「あー!! ごめんごめん!! 美希の誕生日だよな!! ちょっとからかっただけだよ、ごめんな!?」

美希「あ…………」パァ

P「内緒って言われているけど、明日は美希のために皆色々準備しているから、楽しみにしとけよ?」ナデナデ

美希「んふぅ~~///」(このタイミングでのナデナデは反則なの~♪)

P「んで? 用事はそれだけか?」

美希「あの、えっとね、ハニー」

P「うん」

美希「明日、ミキ、誕生日でしょ?」

P「うん」

美希「だからぁ……一つだけ、わがままを聞いてほしいって、思うなーって!!」

P「わがまま?」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1385137024

続きを読む
記事検索
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
相互申請・意見要望等
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ