エマ

海未「雪は私達を子供に戻しますね」

1: 名無しで叶える物語(東日本) 2020/03/30(月) 17:24:19.49 ID:DyPLDHZB.net

学校 校庭

エマ「うわぁ~雪沢山積もったねぇ」

凛「わ~い雪だ雪だ~!!」ダダダッ

海未「こら、凛‼走ったら滑って転びますよ‼」

凛「凛はそんな間抜けじゃないもんね~」ズルッ

凛「わにゃっ!?」スッテーン

凛「つ、冷た~い……」

エマ「凛ちゃん大丈夫?ほら立って」グイッ

善子「ふふ、雪ごときではしゃぐなんてまるで子供ね」

海未「まったくです、私達は遊びに来た訳ではないのですよ。雪掻きをして他の生徒が安心して明日登校出来るようにしなくては」

善子「それにしてもさっむ……なんで私達がこんな事を……こんな日は家でゲームしたいわ」

エマ「まぁまぁ、たまにはボランティアもしたらいいんじゃないかな」

海未「そうです、皆でやればその分早く終わるのですから頑張りましょう‼」

凛「よ~し!!テンションあげてくにゃー!!」

続きを読む

果林「卒業の瞬間のみんなって…」

1: 名無しで叶える物語(もみじ饅頭) 2020/03/25(水) 17:01:51.46 ID:peui053o.net

ー部室ー

エマ「それでねそれでね!」

彼方「おお~エマちゃんってば欲張りさんだ~」

ガチャ

果林「あら?まだエマと彼方だけなの?」

エマ「果林ちゃん♪」

彼方「ふふーん♪彼方ちゃんたちと違って~1年生は野外活動の2年生は修学旅行の説明があるのだよ~」

果林「・・・そういえばそんな時期ね。はぁ…私もまた行きたいわ」

エマ「あはは‥それなら今度ウチに来てみない?」

彼方「おお~3年生でスイス旅行だ~それも楽しそう・・」

果林 (・・・お金とか大丈夫なのかしら?)

果林「それにしても2人とも盛り上がってたみたいだけど…なんの話をしてたの?」

続きを読む

エマ「わたしのこと、ずっと見ていて」

1: 名無しで叶える物語(庭) 2020/03/24(火) 00:12:08.36 ID:wK+zZi28.net

あなた「(朝、部室のお掃除を知らないうちにやってくれていたエマさん)」

あなた「(ずっと任せっきりになっちゃってたお詫び代わりに、その日の部活では練習ノートにエマさんのことをたくさん書くことになった)」

あなた「(『たくさん書くにはたくさん見ないといけない』ってエマさんが言ってた通り、今日の部活ではほとんどエマさんのことを見っぱなしだったなあ)」

あなた「(……そこまでは良いんだけど)」



ー虹ヶ咲学園学生寮・エマの部屋ー

エマ「ふふっ♪ あなたとお部屋でふたりきりって、よく考えたら初めてかもっ」

あなた「(寮の部屋にお泊まりなんて、心の準備が出来てないよ!)」

続きを読む

>>3と>>6の百合ss書く

1: 名無しで叶える物語(たこやき) 2020/03/23(月) 01:44:13.91 ID:GprBtWdN.net

>>3>>6は同グループで頼む
>>10はシチュエーション

続きを読む

あなた「果林さんが廃人になった?」

1: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2020/02/07(金) 16:11:37.21 ID:LIh/XIj1.net

エマ「そうなんだよ~。果林ちゃん呼びにお部屋に入ったら鍵が開いてて、様子がおかしくて……」

歩夢「心配だね……様子見に行こっか?」

あなた「そうだね。ちょっと私と歩夢ちゃんで見に行ってくるから、エマさんはみんなに発声練習から始めるように伝えておいて!」

エマ「うん、わかったよ~。鍵はこれだから、果林ちゃんのことよろしくね」

続きを読む

エマ「おじさんと私」

1: 名無しで叶える物語(東日本) 2020/02/13(木) 17:19:56.25 ID:JGo9+n2R.net

放課後

エマ「今日は食材が安く買えてラッキーだったな~」

エマ「色々安く売ってたからちょっと買いすぎたかも」

エマ「夕飯はなにを作ろうかなぁ」

エマ「牛乳とお魚を買ったから……そうだ」

エマ「クラムチャウダーでも作ろうかな、こんな日はピッタリだよね」

ヒュ~

エマ「うぅ~さ、寒い‼早く帰って暖まらないと……」

『い~しや~きいも~おいも~』

エマ「ん?なんだろ?いしやきいも?」

『ほっかほか~の~おいも~だよ~』

『はやく~こな~いと~なくな~るよ~』

エマ(え、なくなっちゃう?そんなに人気があるの?)

エマ(気になるなぁ一体なんなんだろう)

エマ「だんだんこっちに近づいてきてる……」

エマ「ちょっと見に行ってみようかな」

続きを読む

エマ「故郷は遠く離れていても」

2: 名無しで叶える物語(東日本) 2020/02/05(水) 21:34:25.82 ID:YD+6WG8+.net

虹ヶ咲学園

果林「彼方、ちょっといいかしら」

彼方「なにかね果林ちゃん、彼方ちゃんとお昼寝でもしたいのかな」

果林「違うわよ、あなたじゃないんだから」

彼方「残念だねぇ、果林ちゃんを枕にお昼寝したかったんだけど」

果林「お昼寝から離れなさいよ、相談があるの」

彼方「ふふふ、冗談冗談。わかってるって、みなまで言うな」

彼方「エマちゃんの事だね」

果林「な、なんでわかったの?」

彼方「彼方ちゃんにはぁ、果林ちゃんの心が読めるのだよ」

果林「私ってそんなにわかりやすいのかしら……」

彼方「もうすぐエマちゃんの誕生日、そして果林ちゃんから相談がある、と」

彼方「そこから導き出される答えはひとつ」

彼方「つまり、そういう事だね朝香君?」

果林「なに探偵みたいな話し方してるのよ……」

果林「でも、その通り。エマの誕生日の事よ」

続きを読む

エマ「エマちゃんボード『にっこりんっ!』」ポヨンッ! 璃奈「…」かすみ「…」

1: 名無しで叶える物語(奈良漬け) 2020/02/05(水) 20:21:14.46 ID:wTBov3ad.net

その時の様子を部長はこう語る

あなた「あれはまさに、クオーツが割れた瞬間だと思いました」

あなた「こう……空気がね、ピシって。音が聞こえたんです……えっ?いや、比喩じゃないですよ」

あなた「パントマイムってあるじゃないですか。フリなんですけど、あまりに迫真だから本当に物があるように見える」

あなた「あれと同じです。あまりの空気に、音が聞こえたんです。多分、あの場にいたみんなが聞いたと思います」

あなた「まあ彼方さんは寝てましたが」

続きを読む

ルビィ「夢のパジャマパーティー」

1: 名無しで叶える物語(東日本) 2020/01/15(水) 16:28:55.02 ID:NX0Ky/bd.net

エマ「この間ね、虹ヶ咲の皆とパジャマパーティーやったんだ」

ルビィ「パジャマパーティー?なにそれ?」

エマ「ニッポンじゃあまり馴染みはないかな?海外ではよくあるお泊まり会だよ」

エマ「パジャマを着てお菓子を食べたりお喋りして皆で夜更かしするの」

ルビィ「夜更かしかぁ、今まで夜更かしなんてした事ないや」

ルビィ「いいなぁ~楽しそう、ルビィもやりたいなぁ」

エマ「それじゃ、今度私達でやる?他の娘も誘おうよ」

エマ「場所は……私の部屋でやろうか」

エマ「私は果林ちゃんと同じ寮にいるから果林ちゃんを誘ってみるね」

ルビィ「ルビィは誰を誘おうかな……」

続きを読む

エマ「ふぇぇん!母乳が止まらないよぉ~!」果林「!!」シュバババ

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2020/01/03(金) 19:41:16.17 ID:Gru+nTA5.net

 虹ヶ咲学園 学生寮


果林「ただいまー……」

果林「あれ……エマ、いないのかしら」

 「…ぅ……ぁ……」

果林(お風呂から声が……?)

果林「エマー?いるの?」

 「!…果林ちゃん……」

果林(なんだか様子が変ね……)

果林「エマ、どうしたの?」

 「あ…、え、えっと……、!!」

果林「開けるわよ?いいわね?」ガララッ

続きを読む

エマ「わたしだっておっぱい吸いたいもん!」果林「えぇっ!?」

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/12/02(月) 21:02:55.72 ID:oRngkanW.net

エマ「はぁ~い、果林ちゃんはいい子だね~」

果林「あい♪」

エマ「今日もダンスの練習たくさん頑張ってたの、ママはちゃぁんと見てたよ~?」

果林「にへへ~」

エマ「その後は雑誌の撮影に行ったんだっけ?ひとりだったけど、うまく出来たかな?」

果林「あい!」

エマ「うふふっ、すごーい!偉いね~!」

果林「きゃっきゃっ♪」

続きを読む

善子「はぁ……」果林「善子ちゃん?」

1: 名無しで叶える物語(東日本) 2019/11/16(土) 21:50:52.38 ID:gJWUCQDe.net

放課後 部室

果林「どうしたの?ため息なんかついて」

善子「か、果林さん!?」

果林「もう皆帰ったわよ。一人でなにしているの?」

善子「果林さんこそどうしてここに?」

果林「練習着を忘れちゃって取りに戻ったのよ」

果林「そんな事よりなにかあったの?なんだか寂しそうな顔してるけど」

善子「な、なんでもないわ」

果林「なんでもなかったらこんな所にいつまでも一人でいないでしょ。よかったら話を聞くわよ」

善子「でも……」

果林「学校は違くても同じスクールアイドル同士仲間なんだから遠慮なんてしないで、ね」

善子「……」

善子「実は……」

続きを読む

果林「エマのおっぱいマウスパッド発売…!?」

1: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2019/10/22(火) 20:30:59.95 ID:akJZz8+d.net

果林「ちょっとそのリーク本当でしょうね!」

璃奈「うん。間違いない。りなちゃんボ

果林「嘘だったら承知しないわよ!?わかってんでしょうね!適当こいてんじゃないでしょうね!」ブンブン!

璃奈「あぅ「っほん「ほんと…っ」グワングワン

果林「なんてこと…なんてことなの…」

果林「エマぱいが全国のキモオタ共の手に渡るなんて…」

果林「だめよ!エマぱいは私だけのものなんだから!」

果林「エマぱいは私だけのものなんだから!!」

璃奈(2回言った…)

続きを読む

果林「エマが一時帰国…?!」

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2019/10/20(日) 22:44:09.19 ID:YXRYyOif.net

エマ「うん、週末には帰ってくるから」

果林「それって、一週間もあっちにいるってこと……?」

エマ「心配しなくてもちゃんと帰ってくるよ?」

果林「そうじゃなくて…私、エマがいないとなんにもできないのよ?」

エマ「大丈夫だよ。同好会の皆もいるし、寂しくなったら私に電話してくれてもいいから…」

果林「嫌よ!私、エマの胸がないと…エマぱいがないと眠れないんだもの!!」

エマ「えぇ?!」

続きを読む

彼方「気がついたら知らない学校にいた…」

1: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2017/05/18(木) 20:53:38.82 ID:0bbbQbMD.net

彼方「ここは…?」

彼方(気がつくと私は知らない校舎にいた)

彼方「なんだか怖いな…」フルフル

彼方「遥ちゃんに電話して迎えにきてもらおう…」

彼方「あれ?」

彼方(携帯に遥ちゃんの番号がない)

彼方(寝ぼけて消しちゃったなんてことないよね…?)

続きを読む
記事検索
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
相互申請・意見要望等
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ