サンシャインSS

しいたけ「……」 曜「……」ジー… 梨子「ひぃぃ……」

1: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/01/23(月) 21:42:16.83 ID:w7cesODj.net

千歌「どうしたの、2人とも固まっちゃって」

梨子「だ、大丈夫よね? 今日はちゃんと繋いであるのよねっ!?」

千歌「大丈夫だよー、そんなに信用できない?」

梨子「できない」

千歌「むー……。もう! いいから入って入って!」グイグイ

梨子「絶対家の中に入れないでよ!?」

千歌「分かったからぁー! 曜ちゃんも部屋行ってて! お茶淹れていくから!」

曜「ん……。はーい」

続きを読む

善子「えっちをしたら出られない部屋」花丸「ずらっ!?」

1: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/01/22(日) 21:38:06.51 ID:NzFZ2q6R.net

善子「目が覚めたら知らない部屋にいた……」

善子「しかも隣には何故かずらまるが寝てるし……」

花丸「すぅ、すぅ」

善子「ちょっとずらまる。起きなさい、起きなさいってば」

花丸「う~ん……もう食べられないずらぁ。むにゃむにゃ」

善子「ちょっといつまでも寝ぼけてるんじゃないわよ! 起きなさい!」

花丸「ふえっ? ふわあぁぁ……」

花丸「あれ、よしこちゃん? ここどこ?」

善子「そんなの私のほうが知りたいわよ」

善子「見たところ、ホテルの部屋みたいだけど……」


善子(っていうかここって思いっきりラブホテルの部屋じゃない!?)

続きを読む

千歌「お母さんが母子相姦もののエロ本隠し持ってた……」

1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/22(日) 18:19:47.50 ID:C6lPmonK.net

千歌「お母さんがぁ、お母さんが怖いぃ!」ガタガタ

千歌母「誤解だから!誤解だから!」

千歌「お母さんに犯されるぅ!」ブルブル

千歌母「やめなさい!」

続きを読む

千歌「怖い話!」 曜「大会!」 梨子「冬なのに!?」

1: 名無しで叶える物語(かぶらずし)@\(^o^)/ 2017/01/22(日) 17:17:15.94 ID:5TLYcr10.net

曜「いらっしゃい。千歌ちゃん、梨子ちゃん」

梨子「こんばんは、曜ちゃん。お邪魔します」

千歌「どうぞ、どうぞ」

梨子「なんで千歌ちゃんが言うの?」

千歌「ほら、わたしももうこの家の子どもみたいなところあるし」

曜「ないない。ほら、二人とも入って入って」

続きを読む

曜「喫茶ヨーソローへよーこそー!」

1: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/01/21(土) 23:32:45.85 ID:6g4Y5uTn.net

もしも渡辺家が実在するモデルみたいに「喫茶店」だったらの話です。
そのため曜の設定が大幅に変わっておりますがご了承ください。
ファーストライブの次の日だと思って頂ければ幸いです。

※前回規制に引っかかてしまい途切れてしまったので再投稿です。


――沼津市街地


千歌「曜ちゃんの家に行くのも久しぶりだなぁ」

千歌「そう言えば、梨子ちゃんは曜ちゃんの家に行くのは初めてだったね?」

梨子「うん。この辺りに来るのも初めてね。確か自宅が喫茶店なんだっけ?」

千歌「そうだよ。この近辺に住んでいる人たちの憩いの場みたいなお店なんだ」

千歌「曜ちゃんのお父さんが作る料理はとても美味しいって評判が良いんだよ!」

梨子「それは楽しみね」クスッ

続きを読む

千歌「りこぴん」梨子「なあに?」

1: 名無しで叶える物語(かぶらずし)@\(^o^)/ 2017/01/21(土) 22:50:25.07 ID:sV0d1H1/.net

梨子「呼んだ?」

千歌「んぁ?呼んでないよ?」

梨子「でも…いま…」

千歌「家庭科の教科書読んでだけだよ?」

梨子「へ、へえ、そう…」

千歌「トマトのリコピンってのがカラダにいいんだって……あ!」

梨子「…」

千歌「もしかして梨子ちゃん、『りこぴん』に反応しちゃった?」

梨子「///」

続きを読む

梨子「キスしよっか」曜「は?」

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/20(金) 21:02:54.74 ID:Bl4S38xE.net

桜内宅

梨子「んぁー......進まないー...」

曜「それならちょっと休も?きっと疲れてるんだよ」

梨子「...なんか、すぐに別の事考えちゃうっていうか」

曜「やっぱり疲れてるんじゃん!」

梨子「そうなのかなぁ...」

曜「はいはい休憩休憩!ベッドにごろーんしてな」

梨子「はーい...」

曜「私は飲み物持ってくるから」

梨子「あ、私が行くよ」

曜「いいからいいから!曜ちゃんに任せてっ!」

梨子「...そう?じゃあお願い...」モゾモゾ

梨子「了解であります!」ビシッ

続きを読む

千歌「梨子ちゃんコレなにー?」 曜「なになに…『ようちか』?」 梨子「アアアアァア!!!」

3: 名無しで叶える物語(神宮)@\(^o^)/ 2017/01/17(火) 20:54:19.65 ID:Q5BTY6Yn.net

千歌「ほうほう……」ペラペラ

曜「ふむふむ……」

梨子「め、めくっちゃダメ、それ以上は……」ハラハラ

パタン

ようちか「……」

梨子「う、うぅ……」カオマッカ

曜「梨子ちゃん……」

梨子「……はい……」

千歌「そんなに、見たいの?」

梨子「……はい?」

続きを読む

善子「ルビィとお泊まりデート」

1: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2017/01/19(木) 16:15:18.61 ID:F8Z1c47i.net

善子ちゃんが生えてるよしルビ
見てなくても問題ないけど前の続き





前スレ・善子「ルビィ、魔力供給の時間よ」ルビィ「はい」

続きを読む

自称厳しくしているダイヤお姉さんははたから見たらただただゲロ甘

2: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2017/01/19(木) 23:18:11.31 ID:fVfeGKBL.net

ルビィ入学ちょい前編1

コンコン

ダイヤ「はい。開いてます」カリカリ(勉強中)

ガチャリ

ルビィ「ごめんね…。勉強中だったんだね…」

ダイヤ「構いませんわ。どうしたんですの?」カリカリ

ルビィ「浦女の制服…着てみたんだけ(ガタッ

ダイヤ「」チラリ…

ルビィ「どうかな…と思って…」

ダイヤ「まったく、貴女という娘は…。まだ入学式は先ですのよ?」ガサゴソ

ルビィ「そ…そうだよね…」アハハ…

ダイヤ「制服に皺が付いたらどうしますの?」ピッピッ

ルビィ「うん…。邪魔してごめんなさい。着替えてくるね…」キィ

ダイヤ「ルビィ!!」

ルビィ「はいっ」ビクッ

ダイヤ「お姉ちゃんがまだ写真撮ってないでしょう!!?」カメラシャキーン

ルビィ「え?」

このあとめちゃくちゃ写真撮った。


おわり

続きを読む

善子「み、水着?」

1: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 22:28:17.82 ID:hTcZHtM0.net

善子「海の家の手伝いって水着でやるの!?」

千歌「そうだよ?だって海の家だし」

曜「毎年水着だよねー。終わったらそのまま泳ぎに行けるし」

ダイヤ「宣伝効果を考えても水着が良いと思いますわ」

果南「もし恥ずかしいならパーカーやシャツを上に着てもいいしね」

善子「そ、そうなんだ…」

続きを読む

梨子「幼馴染には勝てないものなの」ルビィ「……」

1: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ (ワッチョイ fb33-wLUe) 2017/01/10(火) 17:16:18.37 ID:5r/5QXIk0.net


【閲覧注意】

善子「聞いてよルビィ!」

善子「私が必死に堕天使の歴史を語ってもズラ丸は全然興味もってくれないのよ」

ルビィ「へ~」

善子「どうすれば興味を持ってくれるのかしら?」

ルビィ「花丸ちゃんは本が好きだから堕天使がテーマの本を渡してみるのはどうかな?」

善子「知ってるわよ……というか試したのよ」

ルビィ「……」

ルビィ「そうなんだ」

ルビィ「知ってるんだね」


続きを読む

【SS】或る日記

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:04:40.01 ID:EtOd+/J5.net

 
4月5日(火) 天気:晴れ

 
今日から、新学期。
朝、2年生になった千歌ちゃんが、嬉しそうに登校する姿を見て、私も嬉しくなる。
なにやら、「スクールアイドル部」を作る、なんて言って張り切ってて。
仕方ない、私も陰ながら、応援するかな。
大切な千歌ちゃんのためだもの。
 

続きを読む

千歌「ねぇねぇ、梨子ちゃん!」

1: 名無しで叶える物語(神宮)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 21:20:56.18 ID:vD1C0xLw.net

ーーー教室



曜「りーこちゃん!」チョンチョン

梨子「どうしたの、千歌ちゃん、曜ちゃん」

千歌「今からさ、一緒に……」

曜「マルバツゲームをしようよ!」

梨子「……マルバツゲーム?」





前スレ・ようちか「りーこちゃん!」

続きを読む

曜「それでさ~千歌ちゃんがさぁ///」ルビィ(うゆ…曜さん…)

1: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/17(火) 23:41:15.85 ID:HoMEQ7Oo.net

私、黒澤ルビィは曜さんに…恋///しちゃってます///
でも肝心の曜さんは千歌さんのことが大好き…ルビィの入るスキなんてありません…。


鞠莉「ルビィ、それで相談って言うのは?」

ルビィ「はい…。ルビィにはその…好きな人///がいるんですけどどうしたら振り向いてくれるのかなぁって…///」

鞠莉「ほっほーう♪それはもしかしてぇ…曜、とか?笑」

ルビィ「ピギィ!!?ば…バレてましたか…///」

鞠莉「そりゃああれだね曜を目で追いかけてたらねー♪曜も罪な女の子だ♪」

ルビィ「///あの…それでどうしたらいいでしょうか…?///」

鞠莉「それはズバリッ!色仕掛けよ!」

ルビィ「い…色仕掛け…?」

鞠莉「そう!色仕掛け!あんなことやこんなことをして曜をトリコにしちゃいましょう!」

ルビィ「ふぇ…?あんなことや…こんなこと?」

鞠莉「イエース!例えば~♪」ゴニョゴニョゴニョ

ルビィ「ふむふむ…えっ?///ピッピギィィィィィ///」ダッシュ

鞠莉「ふふ~ん♪頑張ってね、ルビィちゃん…。」

続きを読む

梨子「千歌ちゃんのとろとろチョコレート」

2: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 20:23:14.04 ID:duu+bACy.net

~千歌ちゃんの部屋~


☆作曲中!☆


千歌「梨子ちゃん」チョイチョイ

梨子「んー……?」カキカキ

千歌「梨子ちゃーん」

梨子「なぁに~?」サラサラ

千歌「りーこーちゃーんー」グテー

梨子「……もう」クスクス


梨子「なに? ――千歌ちゃん」コト

千歌「あ、やっとこっち向いてくれた――えへへ♡」

梨子「私、作曲中なんだけど……」クス

梨子「誰かさんが全然 歌詞を書いてくれないから急いでるんだけど……くすくす♡」

千歌「むぅ……それはわかってるけどぉ……」グテー

千歌「梨子ちゃん、ずっとノートと睨めっこしてて……千歌 さみしいな――なんて♡」

梨子「もう……///」

梨子「それで? どうしたいの?」

千歌「♡」トテトテ


千歌「こっち。こっち座って♡」

梨子「ベッド?」...ポス

千歌「うん♡ 千歌 いきまーす! ――えやっ♡」ガバッ

梨子「きゃあっ///」

千歌「えへへーっ♡ 梨子ちゃんのひざまくらなのだ♡」スリスリ

梨子「もう……恥ずかしいよ……///」ナデナデ

千歌「♡」

続きを読む

善子「ずら丸の本心を引き出す黒魔術のつもりが、なぜか魅了の黒魔術になっていた」

2: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 16:12:56.59 ID:tbaKGbnv.net

善子「そろそろ考えが変わって来た頃でしょ、ずら丸」

花丸「何が?」

善子「さあ、私のリトルデーモンになるのです! その時が来たのです!!」

花丸「お断りするずら」

善子「がーん!!」

花丸「さすがにしつこいよ、善子ちゃん……まあ、でも……」

花丸「……いつも誘ってくれて、ありがとう」

善子「お、おのれぇ……!! 覚えておきなさいよ……!」

善子「また誘うから!!」クルッ タッタッタッタッッタッ

花丸「…………」

続きを読む

鞠莉「知ってた? 耳たぶとティクビの固さって同じなのよ」

1: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/01/15(日) 17:13:42.57 ID:yVFY3mpd.net

鞠莉「というわけで、耳たぶ触らせて、果南?」

果南「はあ!? な、なに言ってるの?」

鞠莉「ねぇ、果南。ちょっとだけ、ちょっとだけでいいから!」

鞠莉「その白いうなじのてっぺんにぶら下がってるティ……耳たぶを触らせて!」

果南「い、意味がわからないって」

果南「耳たぶの固さが、その、ちく……と同じとか//」

果南「それに、そういう前置きされた後で触られれたくないって!」

鞠莉「ノー! ケチスメルとはこのことね、果南!」

鞠莉「いいから早く触らせなさい!」

果南「だ、だから嫌だって言ってるでしょ!//」

続きを読む

ダイヤ「お手紙…? 鞠莉さんからですの?」

1: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:10:33.68 ID:4r264MDD.net

先生(24/女性)
「そうなの これ、理事長から読んでねって」スッ

ダイヤ「は、はぁ ありがとうございます えーっと…」ペラ

『to : pretty jewelry head
 
 シャイニー☆ 生徒会長のダイヤちゃんに2つのnewsをお届けするわ!』

ダイヤ「……」

ダイヤ(既に胡散臭い… ジュエリーヘッドってなによ…)ジト

続きを読む

ダイヤ「狐の嫁入り」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/16(月) 16:54:58.83 ID:NMHIafx00



サァァァァァァァァァ…


ーー狐の嫁入り
夏も盛りのこの季節、雲が無いにもかかわらず滝の如く降り注ぎ洗濯物の乾燥を躊躇わせる傍迷惑な天気雨のことを言いますの。

僭越ながら言わせてもらいますわ狐さん方。 全く、どうしてあなたたちの気紛れな婚儀に私達人間がとばっちりを受けなければいけませんの?

恵みの雨だなんて有り難がるのは農業を営まれる方々だけで、今こうして学校へと歩みを進めるこの伝統と格式ある名家の長女、黒澤ダイヤにもたらせる恩恵は一つもありませんわ。

…大体、如何なる理由があって大切な挙式にて雨を降らせるといった愚行に走るのでしょう?「本日はお足元の悪い中…」といった決まり文句の省略に繋がるというのに…


ふふっ…冗談に決まっているでしょう?


天気雨の原理は実に単純…雨粒が地に到達し人々が雨を認識する前に雲が消え去るか、遥か遠くに浮遊するあのドス黒い積乱雲から飛来しているか…

よもやこの私が狐のまやかしなど本当に信じているとでも?馬鹿馬鹿しい。

…と、理屈をこねても雨は雨。
早く傘を差さないと…



グググッ…ボキッ!



ダイヤ「なっ…!?」



ザァァァァァァァァァァァァァァァァ



ダイヤ「全くこんな時に何故ですの!きっと善子さんの不運でも移ったんですわ!!」バチャバチャバチャ


続きを読む

ルビィ「えへへ~曜さ~ん♡」スリスリ曜「はうぅっ!!?///」

1: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/01/17(火) 11:29:49.72 ID:HoMEQ7Oo.net

ルビィ「ねぇ曜さん?ルビィをぎゅーって…してみない?」

曜「えっ!!?///したくないって言ったら嘘になるけど…///でも…私には千歌ちゃんが…」モンモン

ルビィ「えいっ♪」ギュ-

曜「あぁぁぁぁ!!?///」ヨ-ソロ-!!!

ルビィ「えへへぃ…///どうですかぁ?」

曜「うぐぅ…///さ…最高であります…///」

ルビィ「今度は…ちゅーとかどうですか?♡」

曜「あわわわわわ…///ちゅ…ちゅーでありますか?///」

ルビィ「うん♪ルビィは曜さんとしてみたい…なぁ?♡」



みたいなね?

続きを読む

五郎「静岡県沼津市内浦の活あじ丼とのっぽパン」

1: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/01/15(日) 18:47:58.09 ID:C1B9hSHD.net

今回の主役は井之頭五郎(松重豊ver)なので、正確に言えば
続編ではありませんが、前作のストーリーとリンクしております。
なお、「夢で夜空を照らしたい」ネット配信直後のお話です。

【前作】千歌「『さわやか』を食べに行こう!」

http://karma.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1483885514/


――静岡県沼津市内浦


五郎(沼津には出張で何度か足を運んだことはあるが)

五郎(ここまで南下するのは初めてだ)

五郎(今日はこの小さな港町にある老舗旅館から依頼を受けたので、バスに揺られている最中である)


アナウンス「ピンポーン。次は、マリンパーク。マリンパークでございます」


五郎(おっ?あの小島、ロープウェイがあるのか)

五郎(陸と島を結ぶロープウェイというのは初めて見た気がする)

五郎(まだ時間はあるし、ちょっとここで降りてみるか)

続きを読む

ルビィ「今日は花陽ちゃんのお誕生日!」

1: 名無しで叶える物語(神宮)@\(^o^)/ 2017/01/17(火) 01:06:14.55 ID:Q5BTY6Yn.net

ルビィ「だから、ルビィもお祝いをします!」

ルビィ「花陽ちゃんの大好物の、白いご飯で!」

ルビィ「うーん、お茶碗に山盛りにしちゃったけど、これ食べられるかな……」

ルビィ「……頂きます! ご飯たくさん頬張ルビィ!」

続きを読む

ルビィ「着いたよマルちゃん!」 花丸「古代都市チカナンずら~」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/15(日) 18:02:07.19 ID:W/usQfX40


   ヒュー


ルビィ「けほっ、けほっ」

花丸「強い風が吹くと砂が飛ぶからね。ルビィちゃん、マスクをつけるずら」

ルビィ「この街、滅んで千年以上は経ってるんだよね……」

花丸「うん、都市国家チカナン。別名、忘れられた街」

花丸「昔はそれなりに隆盛してたらしいけど」

花丸「つい最近、偶然発掘されるまで」

花丸「誰の記憶からも消えていた――」

ルビィ「……」

花丸「……」

花丸「マルの知識欲がうずくずら~♪」

ルビィ「頑張って調査しようね!」


続きを読む

千歌「梨子ちゃんって、ほんといい匂い!」クンカクンカ

1: 名無しで叶える物語(神宮)@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 00:01:12.76 ID:w4igtsWA.net

千歌「なんでこんなに、いい匂いがするのかな?」クンカクンカ

千歌「食べてるものが、違うからかな?」クンカクンカ

千歌「それとも、東京から来るともれなく、こんな匂いが付いてくるのかな?」クンカクンカ

千歌「うーん、これは考える余地有りなのだ……」ウーム

梨子「か、顔が近いよ、千歌ちゃん……」カオマッカ

千歌「……千歌だけに?」ニヤニヤ

梨子「違うよ……」カオマッカ

続きを読む

千歌「許せなかった自分へ」

1: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2017/01/15(日) 21:24:23.95 ID:+nPTeMY7.net

初めてあの人のことを見たとき

太陽のような迷いのない瞳に惹かれたんだ

続きを読む

善子「リリー!雪よ!雪!」梨子「よっちゃん、はしゃぎすぎだよ・・・」

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/01/15(日) 21:27:18.35 ID:7StsaMZk.net

帰り道

善子「今日はいつもより寒いと思ったら
そうゆうことだったのね・・・」

善子「クックック・・・ホワイトダスト、天界からの天使からの堕天使ヨハネに対する攻撃ね・・・」

梨子「ただの寒波による雪だよね!?」

善子「リリー!このホワイトダストで魔界の生贄を作るわよ!」

梨子「よっちゃん、そこは滑りやすい・・・」

善子「」ステーン

続きを読む

善子「ずら丸にレ○プされた……」

1:   ◆6sysT0v2o77I (玉音放送)@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 00:08:42.21 ID:W1ZtwRdO.net

~朝、校門前~

善子「…………」テクテク

タッタッタッタッ

善子(! 来る……!)

花丸「善子ちゃーん!」バッ ムギュウウ

善子「ずら丸……!」ムギュウウ

善子(くうっ、やっぱり身体が硬直して動かない……!)

花丸「おはよう♡」チュッ タッタッタッ

善子「!! こ、こんの~~~っ!!」

タッタッタッタッ

善子(いちいちキスしてくんなーーーっ!! 金縛り魔法の使い手め~~~~!!)

善子「はぁ、はぁ……声に出せないっ……! なぜ……っ!!」

続きを読む

ダイヤ「ルビィ?なにしてますの…?」

1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/15(日) 18:25:42.76 ID:aNfol7ur.net

ダイヤ「ん…」

ダイヤ「喉が渇きましたわ…」コシコシ

ダイヤ「まだ2時…お水飲んでもう一度寝ましょう」

キィ…(ドアを開ける音)

スタ…スタ…スタ…

ダイヤ(暗いですわね…スマホを持ってくればよかったですわ…)

ダイヤ(もう少しでキッチンですし、このまま壁伝いで行きましょう…)

続きを読む

花丸「これはGMZ!」 善子「はい? 」

5: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/01/12(木) 21:49:15.98 ID:OrUe3/uf.net

昔、とある国に花丸という1人の商人がいました

花丸「ありがとうございました!」

「またくるわ、頼むわよ花丸」

花丸「はーい♪」

花丸(今日は大量だったずら!さてと……)

花丸(たまには自分へのご褒美でも//)

花丸(いやいや…やはり商人たるもの慎ましく暮らさないと…)

花丸(しかし今を逃したら何か一生無理な気も…)


花丸(うぅ……決断の時ずら……)




花丸「よし……。」


花丸「レッツゴーずら!」

ーー

続きを読む
記事検索
Loading
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
相互申請・意見要望等
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ