南ことり

穂乃果「伝えたくない言葉」

1: 名無しで叶える物語(奈良漬け) 2020/08/08(土) 12:08:32.51 ID:XM1Wb1V4.net

穂乃果「二人ともおっはよーう!」

ことり「穂乃果ちゃん、おはよう!」

海未「おはようございます、穂乃果」

海未「さすがの穂乃果といえど、卒業式は遅刻しなかったですね」

穂乃果「もう!海未ちゃん!穂乃果をなんだと思ってるの!」

海未「そう思われても仕方ないでしょう!」

海未「この3年間何度貴女に待たされ、起こしに行かされたと思っているのですか」

穂乃果「卒業式の日まで怒らないでよー」

穂乃果「ことりちゃーん」

ことり「わ、穂乃果ちゃん」

ことり「よしよし」

続きを読む

穂乃果「海未ちゃんが呼び捨てじゃなくてちゃん付けしたらどんな感じかな?」ことり「あっ、それ面白そうっ♪」

1: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2020/08/02(日) 13:01:30.95 ID:6FXrcijK.net

海未「な…なにを言いだすのですか!穂乃果!ことり!」

穂乃果「ダメだよー?ちゃん付けで呼んでもらわないと!」

ことり「そうそう♪穂乃果ちゃん、ことりちゃんって呼ばないと返事しないもーん」

海未「ぐぅ…!」

続きを読む

彼方「彼方ちゃんの新しい枕」

1: 名無しで叶える物語(東日本) 2020/08/02(日) 01:39:08.18 ID:sPFHdLvm.net

放課後 部室


ことり「失礼しま~す」ガラッ

ことり「あれ、静かだなぁ。誰もいないのかな?」

ことり「―ん?」

彼方「……すやぁ……むにゃむにゃ」

ことり「彼方ちゃん、いたんだ。眠っていれば静かな訳だよね~」

ことり「おーい彼方ちゃん、そろそろ練習始めるよ。起きて~」

彼方「ん……うぅ~ん……」ゴロン

ことり「ちょっと、彼方ちゃ~ん」ユサユサ

彼方「むぅ~」ガシッ

ことり「えっ?-やんっ!?」バタッ

彼方「うふふふ~」ギュウ~

ことり「やだぁ、彼方ちゃんなにするの!?離してぇ」ジタバタ

彼方「ん」ガッチリ

彼方「すぅ……ふぅ~」

ことり「あ……」

ことり(彼方ちゃんの寝息が顔に……甘い香り……)トローン

ことり(なんだか……ことりまで眠く……)ウトウト

ことり「―すぅ……すぅ……」

続きを読む

ことり「いらっしゃいませ♡」璃奈「…あっ」

1: 名無しで叶える物語(たまごやき) 2020/06/18(木) 23:09:05.16 ID:UWgXeztg.net

璃奈(今日も一人だし晩ご飯はここで食べようかな)

カランカラン

ことり「いらっしゃいませ♡」

璃奈「…あ」

ことり「あ!」

ことり「ああ!もしかして璃奈ちゃん!?」

璃奈「うわああ、いや、違います。璃奈ちゃんボード「人違いです」」

ことり「はぁ~ん♡可愛い♡ね、もう一度その可愛い顔見せて~♡」

ことり「あ、その前にご案内しないとね♡」

ことり「ご主人様こちらにどうぞ♡」

続きを読む

かすみ「にゃんにゃん♪かすみんは~かわいい猫ちゃんですにゃん♪」

1: 名無しで叶える物語(東日本) 2020/06/15(月) 10:52:02.53 ID:krhfZBRy.net

かすみ「こ~んなかわいいにゃんこを無視する人間なんて、いないですにゃん♪」

かすみ「かすみんっ……かすみん猫ちゃんを家族にしたらぁ、お膝にちょこーんって乗れば」

かすみ「もうご主人様は、かすみん猫ちゃん無しには生きられないほど大好きになっちゃう~!!」

かすみ「……にゃん♪」

凛「う~ん……」ジーッ

凛「かすみちゃん、流石にそれは寒すぎないかにゃ~?」

かすみ「んなっ!?かすみん渾身の猫ちゃんが寒い!?」ガーン

璃奈「途中で噛んだし最後少し照れがあった、本気で演じていない証拠。璃奈ちゃんボード『まだまだだね』」

かすみ「うぐっ……!!そりゃあ最後はちょっと恥ずかしくなっちゃったけど」

かすみ「それでもかすみん猫ちゃんかわいかったでしょ」

璃奈「詰めが甘い、もっと猫そのものになりきらないと」

凛「かすみちゃんに猫キャラは合わないよ」

かすみ「2人共辛口ぃ‼」

続きを読む

雪穂「私のお姉ちゃんたち」

1: 名無しで叶える物語(奈良漬け) 2020/06/14(日) 23:01:28.78 ID:LPKqpVxa.net

2年生+雪穂(うみゆき?)

続きを読む

【SS】ことり(18)「今日からあなたの専属メイドになることりです。まりちゃんよろしくね♡」鞠莉(11)「ふんっ…」

2: >>1(しうまい) 2020/05/22(金) 00:32:56.33 ID:vQ+0Pabq.net

出会いのための出会い 1/2


とあるカフェにて


店員「お待たせしました──あっいけない、Grazie per l'attesa.」コト…

女性客「Grazie.」

店員「Per favore, rilassati.」ペコッ

女性客「……」

店員 スタスタ…

女性客「待ちなサイ」

店員「…?」キョロ

女性客「呼んだのが聞こえまセンでしたか、こちらデス」

店員「え、は、はい。えっ、日本語…」

女性客「あなた、日本人のようデスね」

店員「え、ええ…そうです、けど…お客様は…」

女性客「話せる程度デスが、日本語もわかりマス」

女性客「あなた、年齢は?」

店員「じゅ、18歳になったところです」

女性客「この時間に働いているのは、学校は行っていないのデスか?」

店員「いえ、その、夏休み…と、いうか…」

女性客「ホウ…」

続きを読む

ことり『もう一回だけ』

1: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2020/05/11(月) 17:22:12.08 ID:yaIWPuq7.net

「いやー、私たち…十年以上も一緒にいたんだねぇ」

「凄いことです。この間軽く計算してみたのですが、私たちは恐らく親兄弟よりも長い時間を共にしたことになるんですよ」

「うん……」




これは私たちが卒業を迎えた日の午後、夕日が沈み始める頃のお話。

続きを読む

歩夢「梨子ちゃん、なに読んでるの?」梨子「はわわっ!?」

1: 名無しで叶える物語(東日本) 2020/05/03(日) 09:52:21.87 ID:0JYa29F6.net

部室

梨子「……」ジーッ

(『おっと』ドンッ)

(『これでもう逃げられないな』)

梨子「あぁ、そんな……」

(『それでも顔をそらすなんて強情な奴だ』)

(『ほら、顔を見せてみろ』クイッ)

梨子「はわっ!?」

(『―堕ちたな、これでもうお前は俺のものだ』)

(どんどん迫り来る唇)

梨子「あ、あぁ、ああぁ~」ハワハワ

梨子「―くぅ~堪らな~い!!」

梨子「何度見ても憧れるわねぇ」ウットリ

歩夢「梨子ちゃん、なに読んでるの?」

梨子「うふ、壁ドンの雑誌」クルッ

梨子「…………え?」

梨子「……歩夢、ちゃん?」ダラダラ

続きを読む

ことり「むかしの真姫ちゃん」

2: 名無しで叶える物語(光) 2020/04/19(日) 00:22:41.08 ID:V8gmEsz5.net

ことり「ふっふっふーん♪」

ガチャリ

ことり「あれ?真姫ちゃんだ♪」

真姫「ことり…どうしたの?今日は練習休みでしょ?」

ことり「うん、衣装のデザイン考えたくて♪」

ことり「せっかくだから部室でやろうと思ったんだ~」

真姫「そっ…なら、一人の方が集中出来るかしら?私、出ていくわよ」

ことり「うーうん!全然、気にしなくていいよ♪」

真姫「そう?じゃあこのままいさせてもらわね」

真姫「」ペラッ

ことり「…なに読んでるの?」ヒョコ

真姫「小説よ」

ことり「へ~、すっごく難しそうなの読んでるねぇ~」

真姫「そう?普通よ」

真姫「……あれ?」

ことり「ん?どうかした?」

真姫「前にも…ことりとこんな会話しなかった?」

ことり「真姫ちゃんと?」

真姫「…気のせい…?」

続きを読む

海未「NO EXIT ORIONって誰が書いたんですか?」

1: 名無しで叶える物語(たこやき) 2020/04/11(土) 00:33:38.04 ID:5twJGySi.net

穂乃果「え?」

海未「え?」

ことり「なんで?」

海未「えぇ?なんでと言われましても…」

花陽「べ、別に誰でも良いんじゃないかな?」

海未「な、なぜです?私は純粋にこの詞を褒めて…」

穂乃果「穂乃果じゃないよ?」

海未「そうですか、ではことりが?」

ことり「違うよ?」

海未「…じゃあ花陽が?」

花陽「私に歌詞は無理だよぉ…」

海未「…………え、じゃあ誰が書いたんですか?」

続きを読む

かすみ「伝説のメイド、ミナリンスキー?」せつ菜「知らないんですか!?」

1: 名無しで叶える物語(東日本) 2020/04/02(木) 11:48:58.90 ID:i9HH9yB0.net

せつ菜「秋葉原のメイド喫茶界の頂点に君臨するメイドの中のメイド」

せつ菜「オタクなら知らない人はいないくらい有名な方ですよ!!」

かすみ「私は別にオタクじゃないし……」

かすみ「で、そのミナリンスキーさんがどうかしたんですか?」

せつ菜「今までミナリンスキーの正体は謎に包まれていました」

せつ菜「ですが最近、ある噂を聞きまして」

せつ菜「どうやらことりさんがあのミナリンスキーの正体らしいと言うのです」

かすみ「ことり先輩が?ふ~ん」

せつ菜「なんですかそのうっすい反応は、身近に伝説のメイドがいるんですよ。もっと驚いてもいいじゃないですか」

かすみ「いや、ことり先輩がメイドさんってなんとなくイメージに合ってるので」

かすみ(しかし伝説のメイドですか……ことり先輩にそんな属性まで付いてしまうと私の立場が危うくなってきますね)

かすみ(両雄並び立たず、かわいいのはかすみん1人で十分です)

かすみ「―あ、そうだ。いい事思いついちゃった。にしししし」

続きを読む

ことり「璃奈ちゃんかわいい~ん!!お持ち帰りした~い」愛「は?」

1: 名無しで叶える物語(東日本) 2020/03/13(金) 17:36:39.69 ID:nYsfYGwH.net

ことり「璃奈ちゃんってぇボードを付けてる時もかわいかったけどボードを外すともぉ~っとかわいい」ナデナデ

璃奈「そ、そうかなぁ~なんか照れちゃうよ。えへへ」

ことり「はにかむお顔もたまらなぁ~い」スリスリ

愛「……」イライラ

愛「ねぇちょっとコッティーさぁ、さっきからりなりーにべたべたし過ぎじゃない?」

ことり「えぇ~そうかなぁ、これくらい普通だよ」

愛「確かに私もそういう事するけどさ、いい加減離れたら?」ムカムカ

璃奈「愛さん、どうしたの?」

ことり「もしかしてぇ、ヤキモチ妬いてるのかなぁ?」

愛「んなっ!?ち、違うし‼ヤキモチなんかじゃないし‼」

ことり「へぇ~それじゃことりが璃奈ちゃんをもらっちゃってもいいんだね?」

愛「……は?」プッツーン

続きを読む

絵里「癒しが欲しい」

1: 名無しで叶える物語(もこりん) 2020/03/01(日) 22:48:12.58 ID:O2kYFl76.net

この前の毎日劇場のつづき





絵里「ふぅ…やっと学校に戻ってこられたわ」

絵里(スクフェスの準備に、生徒会としての仕事)

絵里(そして、これからは私たちの練習……)

絵里(今が一番大変な時期とはいえ、ニジガクとの往復は流石にしんどいわね…)

絵里(って、弱音を吐いてる場合じゃないわ)

続きを読む

千歌ママ(あ、かわいい女の子)ことり(見いつけたっ♪)

1: 名無しで叶える物語(東日本) 2020/02/28(金) 11:33:50.92 ID:XLseknRs.net

秋葉原

千歌ママ「相変わらず賑やかな場所ねぇ~」

千歌ママ(今日は久し振りになにもないお休み、たまには街に出て気晴らしも悪くないわね)

千歌ママ「なにか面白いものないかな~」

千歌ママ「お、アイドルショップ。千歌ちゃんのグッズでもあったらなにか買って行きましょ」
千歌ママ「千歌ちゃんのグッズ、結構置いてあったわね。私の娘も有名になったものだわ」

千歌ママ「この千歌ちゃんの写真が印刷されたTシャツなんか特にかわいい、いいおみやげになるわ~」

千歌ママ「お父さんや志満ちゃん、美渡ちゃんに着せてあげましょ、うふふ」

千歌ママ「さて、ちょっと喉が乾いたな。どこかで飲み物でも……ん?」

千歌ママ「メイド喫茶?噂は聞いた事あるけど今まで入った事なかったわね」

千歌ママ「面白そうだし、入ってみようかな」

続きを読む

ことり「ことりもたまには怒るんです」

1: 名無しで叶える物語(もこりん) 2020/02/12(水) 00:12:20.95 ID:1k2+U561.net

ことり「今日の占い…ことりの運勢は」

ことり「友達に正直なるといい未来が待ってる」

ことり「…」

ことり「正直って言っても……ちょっとことりも文句を言いたくなる日もあったり…」

ことり「…」

続きを読む

かすみ「可愛さならことり先輩に負けません!!」ことり「面白い冗談だね~」

1: 名無しで叶える物語(東日本) 2020/01/26(日) 13:20:02.86 ID:n4aPyDaX.net

かすみ「冗談じゃありませんよ」

かすみ「私、ずっと考えていたんです」

かすみ「どうすればことり先輩に勝てるのか……」

かすみ「そして気付いたんです」

かすみ「可愛さならことり先輩に負けないと‼」

ことり「すやすや……」

かすみ「って、寝ないでください‼」

ことり「ん……?なに?聞いてなかった」

かすみ「くっ、相変わらず人を小バカにして……」

かすみ「余裕ぶっていられるのも今の内ですよ」

ことり「別に勝負するのは構わないけどさ」

ことり「どうやって勝ち負けを判断するつもり?」

かすみ「ふっ、ちゃんと考えていますよ」

かすみ「今日は合同練習の日で、これから曜先輩がここに来ます」

かすみ「曜先輩に私達の可愛い姿を見てもらってどちらが可愛いか判断してもらいましょう」

ことり「曜ちゃんか~いいね、面白そう」

ことり「私が勝つだろうけど、落ち込まないでね。挑戦するっていう気持ちが大事なんだよ」

かすみ「もう勝ったつもりですか……いいですよ、この勝負絶対に負けませんからね」

続きを読む

絵里「私のかわいい後輩達」

1: 名無しで叶える物語(もこりん) 2020/01/20(月) 00:00:24.84 ID:SF9LbSCb.net

穂乃果「絵里ちゃーーーーーーん!!!」

絵里「ど…どうしたのよ?穂乃果」

穂乃果「た…助けてぇ…」

海未「はぁ…はぁ…見つけましたよ。穂乃果」

穂乃果「ひいっ」

続きを読む

ロリ海未ちゃん!!

1: 名無しで叶える物語(家) 2019/11/24(日) 20:59:24.85 ID:2/Jvsd8V.net

はぁーあの頃はいつも「ほのかほのかー」って着いてきて可愛かったのになぁ……。
今じゃ事あるごとに「穂乃果!」って怒られるもんなぁ……。


はぁー。


はぁー海未ちゃんの太ももすべすべー……このまま寝ちゃお……。

続きを読む

かすみ「風邪を引いてしまいました……」ことり「大丈夫?」

1: 名無しで叶える物語(東日本) 2019/11/22(金) 17:31:57.40 ID:jKu+uXLj.net

土曜日 かすみの家

かすみ「ふぁっくちゅん、ふぁーっくちゅん」

かすみ「あ~、風邪を引いてしまいました……」ズズッ

かすみ(こんな日に限って両親は親戚の法事でおでかけ、もともと予定が入ってたとはいえ病床の娘を一人家に置いて行くなんて薄情な親です……)

かすみ「場所が遠いから帰って来るのは明日。暖かくして寝てれば治るよなんて他人事みたいに言ってくれて」

かすみ「あ~あ、しず子でもお見舞いに来てくれないかなぁ~」

ピンポーン

かすみ「ん?誰だろう?」

かすみ(もしかして、本当にしず子が……?)

かすみ「はーい」ガチャ

ことり「こんにちはかすみちゃん」

かすみ「」

かすみ「……」バタン

続きを読む

かすみ「私、あまりくすぐったくならない方で」ことり「本当に?」

1: 名無しで叶える物語(東日本) 2019/11/07(木) 17:35:03.81 ID:iP7qlpLP.net

かすみ「自慢じゃありませんが今までくすぐりで笑った事はありませんよ」

ことり「へ~それはすごいね~」

かすみ「当然です。超絶可愛いかすみんに弱点などないのです」

ことり「自信満々だね」

ことり「あ、そうだ」ピコーン‼

ことり「かすみちゃん、そんなに自信があるならことりと勝負してみない?」

かすみ「勝負、ですか?」

ことり「うん、私があの手この手でかすみちゃんをくすぐってみるからかすみちゃんはそれを我慢するの。最後まで笑わなかったらかすみちゃんの勝ち。笑わせる事が出来たらことりの勝ち」

かすみ「その勝負になんの意味があるんですか……」

ことり「かすみちゃんが勝ったら海未ちゃんに好きなだけイタズラしていいよ」

かすみ「え、海未さんに?あの人真面目だから
イタズラなんてしたら激怒するんじゃ」

ことり「大丈夫、ことりがうまく丸め込めば海未ちゃん簡単にごまかせるから」

ことり「それに、かすみちゃんが笑わなければいいだけなんだよ」

かすみ「ん……そう言われると引き下がれませんね」

かすみ「わかりました。受けて立ちましょう」

ことり「やった~それじゃ、勝負開始!」

かすみ「ちゃんと海未さんにイタズラした時のフォローしてくださいよ‼」

続きを読む

【SS】女の子という生き物。

2: 名無しで叶える物語(茸) 2019/10/30(水) 22:35:35.12 ID:jI3GMQXt.net

女の子。

この言葉で、あなたはなにを思い浮かべますか?

女でも、女子でも、女性でも、もちろん男の子でもない。

女の子。

私はこの言葉を聞くと、頭の中にある一人の友人が思い浮かびます。

──友人が。

***

続きを読む

ことり「で、海未ちゃんの家ってお酒あるの?」

1: 名無しで叶える物語(たこやき) 2019/10/22(火) 00:50:12.36 ID:iHNeDnVJ.net

穂乃果「ことりちゃーん、迎えに来たよー」

ことり「ヒック……おはよ、穂乃果ちゃん」ヨロヨロ

穂乃果「…こ、ことりちゃん、もう夜の8時だからね…?」

ことり「あれぇ?携帯の時計間違ってんのかなぁ…おらっ、直れっ」ゴスッ

穂乃果「ちょ、ちょっと!ことりちゃん!!画面割れちゃうから!!」

ことり「えぇ?あぁー、それもそうか~……ちょっと玄関で待っててね、準備してくるからねー」ヨロヨロ

穂乃果「こ、ことりちゃん…」

ガシャーン!

穂乃果「ことりちゃん!?大丈夫!?」

ことり「痛ッッッッ!!!」

穂乃果「大丈夫!?どうしたの!?…ってうわ、部屋きったな!!」

ことり「足の小指ぶつけちゃって……って、ちょ、穂乃果ちゃん!?なんでいるの!?」

穂乃果「え、なんでって…迎えに来たんだよ!?数秒前に玄関で話してたよね!?」

ことり「えぇ!?覚えてないよ!?」

穂乃果「!?!?!?」

続きを読む

穂乃果「えぇ?海未ちゃんがことりちゃんをイジめてる?」

1: 名無しで叶える物語(たこやき) 2019/10/08(火) 00:56:47.93 ID:G5DRJzrP.net

絵里「そうなのよ」

穂乃果「そんなのありえないよ!海未ちゃんはことりちゃんのこと大好きだし、ことりちゃんだって海未ちゃんのこと大好きで…」

希「まぁまぁ穂乃果ちゃん、落ち着いて…」

にこ「まぁにこもイジメとはちょっと違うと思うけど」

絵里「だって、あれは異常よ?」

穂乃果「絵里ちゃんが現場を見たの?」

絵里「えぇ、昨日の練習終わりにことりが海未の衣装合わせをしてたでしょ?」

続きを読む

ことり「花丸ちゃんみたいな可愛い妹ちゃん欲しかったの♡」ギュー 花丸「ず、ずらっ!?///」

80: 名無しで叶える物語(家) 2019/09/14(土) 00:25:29.44 ID:5mJagVpW.net

――秋葉原 AM 8:00

花丸「アキバ、着いたずら~!」

花丸(まる一人で東京まで来られるなんて…すまほはすごいずら~)ホクホク

花丸(雑誌の記事はちゃんとすまほのカメラで撮ってあるから…)

花丸(あとは写真に撮った住所を、善子ちゃんに教えてもらった地図アプリに入力すれば…)

花丸(お店のところまで案内してくれる…まさに未来ずら~!)

スマホ<電池残量ONE to ZERO。さっさと充電すルビィ

花丸「……じゅ、充電…切れてるずら…」

続きを読む

ことり「実は毎晩海未ちゃんの部屋に忍び込んで添い寝してたの」

1: 名無しで叶える物語(茸) 2019/09/15(日) 00:55:58.14 ID:0mrfh+Es.net

ことり「部屋に入ったらまず深呼吸、そのあと海未ちゃんの寝顔を撮影してから、布団の下にこもった海未ちゃんの体温を感じながら添い寝してたの」

海未「」

ことり「海未ちゃんは寝付きがいいからうるさくしなければどんな事をしても起きないでしょ?だから普段はできない事、いっぱいしちゃった」

穂乃果「」

ことり「たとえば髪の毛の臭いを思いっきり嗅いだり、指を舐めたり、あ!あとおっぱい揉んだり」

海未「あの、ことり?」

ことり「でもまだキスはしてないんだぁ、やっぱり初めては海未ちゃんが起きてる時にしたいから…//」

穂乃果「ことりちゃん!!!」

ことり「へ!?穂乃果ちゃんどうしたの?そんな大声出して…」

穂乃果「どうしたの?じゃないよ!!こっちのセリフだよ!!」

続きを読む

ことり「絵里ちゃんもバイトしたいの?」絵里「ええ……でも、私って接客業は出来ないと思うの」

1: 名無しで叶える物語(えびふりゃー) 2019/09/13(金) 22:10:47.70 ID:cIo+usIU.net

ことり「そんなことないんじゃないかなぁ」

絵里「許容範囲を越えた出来事があると回りが見えなくなってしまうところがあるのよ」

ことり「テンパっちゃうってこと?」

絵里「そうね、ことりたちがμ'sを立ち上げたからの付き合いで分かっているとは思うけれど」

ことり「うーん、確かに一人で突っ走るところはあるかも」

絵里「だから、メイド喫茶とか、まあそれは別の理由もあってしたくないけれど、出来れば自分一人で完結するようなお仕事が望ましいのよ」

続きを読む

【SS】くれた言葉

1: >>1(茸) 2019/08/27(火) 18:39:34.83 ID:T0/JLuFs.net

ことり「真姫ちゃん」

からり、と扉が開けられた。
鍵盤を叩いていた手を止め、そちらを見る。

海未「やはり、ここにいたのですね。教室にいないから探してしまいましたよ」

ことり「凛ちゃんと花陽ちゃんから、真姫ちゃんお昼休みはお弁当を食べた後はいつも音楽室にいるって聞いて、来てみたの」

海未と、その脇に控えたことりの姿があった。
凛や花陽はたびたび聴きにきてくれるけれど、この二人──というか、一年生組以外が訪ねてきたのは初めてのことだ。

海未「真姫。今、少しいいですか?」

いつもの、凛々しくも綺麗な笑顔で入室してくる海未。
ことりは静かに続き、後ろ手に扉を閉める。
良い伴侶ね。

続きを読む

ことり「パンケーキが食べたいの」

3: 名無しで叶える物語(八つ橋) 2019/07/26(金) 22:34:14.28 ID:fu+lRQj5.net

ことり「おまたせー♪」

絵里「あら、ことり今日はアップにしてるのね」

凛「絵里ちゃんとお揃いだー」

ことり「うん、今日は特に暑いから」

続きを読む

/cVσ_VσV「曜、善子、理亞、来週の金曜日は空いてますか?」

1: 名無しで叶える物語(たまごやき) 2019/06/18(火) 19:43:03.67 ID:CvkKmLmJ.net

(*> ᴗ •*)ゞ「大丈夫ですよ」

`¶cリ˘ヮ˚)|「バイト休みだし問題ないわ」

ノJ(`σ_ σ´リノし「同じく」

/cVσ_VσV「良かったです!じゃあ4人で行きましょう!」

(*> ᴗ •*)ゞ「行く?」

`¶cリ˘ヮ˚)|「飲み会とか?」

/cVσ_VσV「ふふふ」


/cVσ_VσV「なんと我らD大学Tサークル、ついに合コンに参加する事になりました!!」


(*> ᴗ •*)ゞ!?
`¶cリ˘ヮ˚)|!?
ノJ(`σ_ σ´リノし!?

続きを読む
記事検索
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
相互申請・意見要望等
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ