南ことり

海未「すみません、お饅頭を――」ガラッ 穂乃果「あっ、海未ちゃんだ!やっほー!」

1: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/09/15(金) 00:33:42.20 ID:D4jlBSTK.net

海未「穂乃果……」ハァ…

穂乃果「えっ?何でいきなりため息なの!?」

海未「あのですね穂乃果、いくら私以外にお客様がいないとはいえ店員としてその接客は――」

穂乃果「あ、あー!えっとお饅頭だっけ!?」

海未「遮らずにちゃんと聞いてください。私は穂乃果の為を思って――」




ことり「ごめんくださ~い」ガラガラ

穂乃果「あっ、ことりちゃんだ!ことりちゃ~んっ!」


ダキッ

続きを読む

ほのこと漫才

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/09/15(金) 00:03:44.58 ID:zpzG3ehH.net

穂乃果「どうも~」

ことり「どうもどうも~、どう猛禽類~♪」

穂乃果「……穂乃果で~す」

ことり「ことりで~す」

穂乃果「ふたりあわせて」

ことり「ザ・ことりで~す」

穂乃果「えぇっ!? 我が強いよ! 穂乃果成分が『ザ』しか無いよ~!」

ことり「穂乃果ちゃん、『ザ』もことり成分だよ~」

穂乃果「『ザ』も!? もうっ、それなら一人でやってよ!」

ことり「でも、そもそも穂乃果ちゃんに『ザ』成分は無いと思うなぁ」

穂乃果「それを言ったら、ことりちゃんにも無いような……こうざかほの」

ことり「そろそろ夏が近付いてきましたが」

穂乃果「スルー……って、ちょうど夏が終わったところだけど!?」

ことり「えへへ~」

穂乃果「笑って誤魔化しちゃったね……夏かぁ~」

ことり「穂乃果ちゃんは、ことりを置いてどこか行くの?」

穂乃果「夫に構ってもらえない奥さんみたいなこと言われても……えっとね~、海?」

ことり「海未は私ですが♪」

穂乃果「言うと思った~。あなたは海未ちゃんじゃないけど。ことりちゃんだけど」

ことり「海未ちゃんの推しギャグは、なるべく使っていこうと思ってるの」

穂乃果「それギャグじゃないからね!? わりと海未ちゃん真面目に言ってたヤツだから。イジっちゃダメだよ?」

ことり「指摘されると顔真っ赤にしちゃうヤツだね」

穂乃果「あ~後で怒られる。海未ちゃん目の前で見てるし」

続きを読む

ことり「誕生日前の憂鬱」

1: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/09/12(火) 22:41:52.23 ID:Sh7uOfLj.net

穂乃果「海未ちゃんこういうのはどうかな」

海未「ふむ…でもこれでは……」


ことり「二人とも早く部室に行かないと練習遅れちゃうよー?」

穂乃果「わっ、ことりちゃん!…えっと、でも──」

海未「そうですね、新学期が始まって夏休みより練習時間が取れませんし早く行きましょうか」メクバセ

穂乃果「…そ、そうだね!いやー早く冬休みにならないかなー」

海未「まだ二学期が始まったばかりじゃないですか」

ことり「あはは、穂乃果ちゃんってばー」

続きを読む

海未「今日はことりの誕生日ですが……」

1: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2017/09/12(火) 23:10:15.92 ID:IvckOV7S.net

―ことりの家の前―

海未「そんな!?」ガサガサ

海未「ないです……ことりへのプレゼントが……」ガサゴソ

海未「朝、家出る時ちゃんとバッグに入れていたのですが……」

海未「ああ、これではことりを祝えません……」ウルウル

海未「しかし探している時間もないですし……」オロオロ

海未「もう……どうしてこうなるんですか……」グスッ

続きを読む

ことり「手を繋ぐと元気になれますっ!」

1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/09/12(火) 19:53:16.04 ID:ye0lFjTs.net

ことり「みんな忙しいのはわかってるんだけど…」

ことり「今日くらいは…ってワガママ言っちゃダメダメっ!」 パシン!


私たちはもうそろそろ生徒会も引退の時期。

だから今は引き継ぎ作業をしてます。
それと同時に受験勉強も追い込みの時期で…とにかくみんな忙しいの。

もちろん私も忙しいけど、私は海外の服飾学校への留学が決まってて。
穂乃果ちゃんや海未ちゃんほどは忙しくないんです。

だからこそ、余計に寂しいなぁって思っちゃう…。


ことり「2人の足を引っ張りたくはないもんね…!」


でも、本当は…私は…ううん!ダメダメっ!

こうして私はまた自分の気持ちを井戸の底へ桶を叩きつける様に、
深い所へ落として溜め込んでいくのでした。


ことり「誕生日なんてまた来るんだし、ね!」


こうやって無理やり気持ち深くに落としてそして、笑顔の仮面をはりつけるの。

結局本質的な所は変わり切れてないんだなぁって
そう思うと苦笑いしちゃう。

続きを読む

ことり「私の大好きな」

1: ◆U8q6OIlszM 2017/09/12(火) 22:41:40.19 ID:ywb26aaf0

穂乃果「片付け終わり」

海未「こっちも終わりました」

ことり「お疲れ様」

穂乃果「いやー、疲れた疲れた」

海未「あれくらいで疲れていてはダメです」

穂乃果「ぶぅー」

続きを読む

ことり「プレゼント穂乃果ちゃん」

1: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2017/09/12(火) 18:17:05.72 ID:5IHhz+eO.net




ことり「う~ん・・・」ムニャムニャ

穂乃果「ことりちゃんお誕生日おめでとう!」

ことり「・・・?」ムニャムニャ


穂乃果「・・・」ドキドキ





ことり「・・・えっとありがとう?」

続きを読む

穂乃果「おかしなことりちゃん」

1: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2017/09/12(火) 20:11:55.75 ID:SuIEt1cb.net

ことり「ご、ごめん遅れちゃっ…」ガクッ

ゴチ-ン☆

穂乃果「うわああああ!!!ことりちゃん大丈夫!?」

海未「こ、ことりぃ!大丈夫ですか!?」

ことり「…」ムクッ

穂乃果海未「…」ジ-ッ

ことり「…?おはよう遅れちゃうし早く学校いこ?」シュッ

穂乃果「う、うん…」

海未「は、はい…(なんかいつもと違う…?)」

続きを読む

ことり「海未ちゃん、今日はことりの誕生日だよ♪」 海未「……」

1: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2017/09/12(火) 18:15:26.12 ID:VS8nVTIn.net

ことり「だよっ♡」ピトッ

海未「……暑いんですから、離れて下さい」

ことり「誕生日プレゼントはな~に?」ワクワク

海未「……」

ことり「ねーねー、海未ちゃぁ~ん」ユサユサ

海未「はぁ……ありませんよ」

ことり「ふぇ!?ないのっ!?」

海未「ええ、ありません」

続きを読む

ことり「いつも傍に」

1: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2017/09/12(火) 00:31:42.97 ID:2KB60/+Y.net

ことり「真姫ちゃんお待たせー」

真姫「ん」

ことり「珍しいねー真姫ちゃんが呼び出すなんて」

真姫「まぁ…そうね」

ことり「それでどうしたの?」

真姫「これ…プレゼント」スッ

続きを読む

ことり『続きは明日……』

1: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/09/12(火) 00:03:06.22 ID:DlRD/Kpb.net

ことり「ほーのかちゃん♪」

穂乃果『もしもし、ことりちゃんー?』

ことり「うん、ことり♪ 今、平気ー?」

穂乃果『平気だよー♪』

ことり「よかったぁ」

穂乃果『どうしたのー?』

ことり「うーん、特に用事はないんだけどぉ」

穂乃果『えー、切るよー?』

ことり「ああ、うそうそ! うそだよぉ!」

続きを読む

ことり「穂乃果ちゃーん…今日なんの日か分かるー…?」穂乃果「…へ?分かんない!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 00:01:31.04 ID:z10ny/430

ことり(うっそでしょ…もう部活も終わるのに…?サプライズだとしても遅すぎない…??)

穂乃果「どうしたの?ことりちゃん。今日なんかずっとソワソワしてるけど…」

ことり「え!?そ、そう!?そんな事ないよー!」

続きを読む

ことり「雪穂ちゃんのおパンツ」

1: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2017/09/01(金) 23:34:23.83 ID:BqgNH4KC.net

雪穂「あと1週間で夏休みが終わっちゃう」

雪穂「受験勉強ばっかりだったけど…そこそこ遊べたかな」

雪穂「亜里沙と夏祭りいったし、お姉ちゃんとスーパー銭湯いったし」

雪穂「うん、けっこう楽しかったかも」

雪穂「たこ焼き食べてー、りんごあめ食べて―、輪投げでお姉ちゃんのお人形とっちゃってー、かき氷食べながら花火みてー、」カキカキ

雪穂「そうそう、亜里沙ったら、チョコバナナをペロペロしだすからびっくりしちゃったよ。『チョコは舐めるのが正しい食べ方よってお姉ちゃんいってたもん!』って」カキカキ

雪穂「あの調子じゃ絵里さんもおんなじ食べ方なんだろうなぁ」

続きを読む

穂乃果(…突然ことりちゃんにキスしたらどうなるんだろ)ジーッ ことり「?」

1: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2017/09/09(土) 09:42:28.96 ID:EbiNZkAf.net

/cV^_V^VようこそID腹筋スレへ!


ここはsageずに書き込み、出たIDの数字の回数だけ腹筋をするという硬派なトレーニングスレです

例1 ID:honoka83の場合 8×3=24なので24回頑張りましょう
例2 ID:honoumi. の場合数字がないので今日は一休みです


さあ、存分に腹筋してください

続きを読む

絵里「チョコって頭にいいのよ?」

1: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2017/09/04(月) 01:57:26.83 ID:AbiXSNjU.net

絵里「……」

真姫「……」ペラッ

絵里「……」チラッ

真姫「……」ペラッ

絵里「……」ソーッ

続きを読む

海未「ことりがグレた」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/25(金) 09:44:16.10 ID:7zUO/E0Y0

昼休み

ことり「おい園田ァ…お前最近イキってねえかぁ?」

海未「いえ、そんなことは」

ことり「んなわけねえだろイキってんだろお前よぉ~…なんだお前?」

海未(ことりがこういう風になると、愛くるしい声のままだから面白すぎて笑いそうになってしまいます)

続きを読む

ことり「ホノカチャン…ンミチャン…」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/24(木) 10:20:42.56 ID:D2ZL8T5R0

ことり「コトリチャン」

穂乃果「じゃあお前は誰だよ!!」

海未「ことりはことりでしょう」

穂乃果「いやそれはそうだけどさ、ことりちゃんがコトリチャンって言ったらおかしいじゃん」

海未「穂乃果と私はことりから呼ばれる快感はことりに呼んでもらえばいいですが、ことりの快感はどうなるのです」

穂乃果「いや、別に呼ばれて快感とか私はないけど」

海未「ことりは自給自足するしかないのですよ。わかってあげてください」

ことり「海未ちゃん大好きっ♡」

海未「んはぁっ!ことりはずるいです!もうどうなっても知りませんからね!」ガバッ

ことり「ことり食べられちゃう~~~!」

穂乃果「助けて」

続きを読む

絵里「エスケープ大作戦」

1: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2017/08/23(水) 00:45:46.14 ID:jqeJEaag.net

絵里「……」

ことり「……」

花陽「……」

絵里「今日集まってもらったのは他でもない…私達3人に危機が迫ってるからよ…」

続きを読む

絵里「たまにはおしゃれにかしましく」

1: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2017/08/18(金) 00:37:18.95 ID:WtHb/GWN.net

絵里「まだ誰も来てないのかしら……?」キョロキョロ

「とぉっ!」ガバッ

絵里「ごふっ!?」

凛「絵里ちゃんみっけー♪」ギュー

絵里「え…ええ…凛、出来れば普通に登場してほしかったわ」

凛「えー…それじゃつまんないにゃ」

絵里「待ち合わせに面白さは求めてないんだけど…」

続きを読む

真姫「飛んで部室に入る夏の虫」

1: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2017/08/14(月) 23:05:44.89 ID:s471DORf.net

部室

ガラッ

真姫「もう…暑い…」

ことり「……」ガクブル

真姫「…そんなとこで突っ立って何してるの?」

ことり「……!」ユビサシ

真姫「ん?」

セミ「……」ウラガエシ

続きを読む

穂乃果「birthday!」ことり「 kiss!?」

1: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2017/08/03(木) 21:54:20.75 ID:pG+jV+vM.net

穂乃果「う~ん・・・」

ミーンミーンミーン

穂乃果「う~ん・・・」

ミーンミーンミーン



穂乃果「う~ん・・・」

ミーンミーン

穂乃果「わかんないよ~!」アタマカカエ

続きを読む

穂乃果「海ちゃんへ…あ、間違えた!」

1: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2017/08/03(木) 10:32:07.40 ID:EbzHImYf.net

==============================

海未ちゃんへ

急に手紙なんて書いてごめんね

エヘヘ

海未ちゃんにいつも、意気地なし!なんて言ってるけど…

穂乃果も、直接言うのは怖いや

だから、いつかの告白の時

海未ちゃんが手紙を書いてくれたように

穂乃果も手紙を書くことにしました


海ちゃん…結――

 

穂乃果「あー!!間違えたーっ!!」

続きを読む

穂乃果「部室の中で」

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/07/28(金) 17:30:58.07 ID:yQC+mPcC.net

花陽「穂乃果ちゃん遅いねー。何やってるんだろう?」

ことり「穂乃果ちゃん日直だから……でも、それにしても遅いね。」

花陽「……」

ことり「……」

花陽「ひ、暇……だね……」

ことり「あ、うん……」

花陽「……」

ことり「な、なんだかこの部屋、暑い……ね?」

花陽「え、うん……」

続きを読む

ことり「海未ちゃんと夕立」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/29(土) 03:05:47.48 ID:eROfXLnCo

帰り道

ことり「空曇ってきたね・・・」

海未「そうですね。今日は晴れのはずなのですが」

ことり「夕立でも降るのかな」

海未「早く帰りましょう」

ことり「そうだね・・・」

ことり(せっかく海未ちゃんとふたりきりになれたのに、タイミングの悪い天気だなぁ・・・)

続きを読む

穂乃果 「好きです、付き合ってください!」 海未 「お断りします」

4: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2017/07/28(金) 23:13:00.39 ID:KuBkzSfP.net

穂乃果 「もぅ、なんでなんでなんでぇっ!?」

海未 「これでもう70回目でしょう? いい加減諦めたらどうです?」

穂乃果 「嫌だよっ! そもそもなんでOKしてくれないの? 穂乃果のこと嫌いっ!?」

海未 「そんなことはありませんが…穂乃果の好きは恋愛的な好きではないでしょう?」

穂乃果 「そんことないもんっ! こんなに海未ちゃんのこと愛してるのに!」

海未 「はぁ…」

続きを読む

???「だ~れだっ♡」 海未「……誰でしょうね」

2: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ 2017/07/28(金) 23:01:20.28 ID:g5eLP5m4.net

「え?ホントにわかんない?」

海未「そんなわけないでしょう……ことりの声はすぐに分かりますよ」

ことり「えへへ、そうだよね♡」

海未「それに、そもそもここはことりの部屋ですし」

ことり「確かに!海未ちゃん頭いいね~」

海未「で、どうしたんですか?」

ことり「えっと……特に意味はない、かな?」

海未「要するにただのイタズラと」

ことり「そんな感じです♪」

続きを読む

海未「第2回ことぱなピュアピュアラジオ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/24(月) 12:36:08.29 ID:m0Z1s4te0

♪ねぇひとつだけ 聞いていい? 私のこーとー♪

ことり
「はい!始まりました!ことぱなピュアピュアラジオ!」

花陽
「第2回だね!」

ことり
「メインパーソナリティの南ことりです!」

花陽
「同じく、小泉花陽です!」

ことり
「今日は2回目ながらゲストがいるんだよね!」

花陽
「早速紹介しましょう!この人です!」

続きを読む

海未「レズってなんですか?」

1: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2017/07/26(水) 15:42:14.02 ID:ubkwD1Q6.net

ことり「えぇっと、なんでそんなこと聞くのかな?」

海未「先ほど後輩に呼び出されて私のせいでレズになってしまったと言われたんです」

ことり「へぇ…」

海未「なんとなく申し訳なかったのでその場は私が謝って終わったんですけど、レズって一体なんなんですか?」

ことり「レズっていうのはレズビアンの略でね、同性愛者の女性のことを言うんだよ」

海未「どうせいあいしゃ?」

ことり「うん。つまりその後輩ちゃんは女の子なのに女の子の海未ちゃんのことを好きになっちゃったんだね」

続きを読む

ことり「恋人は真姫ちゃん」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/25(火) 19:35:37.71 ID:ttv+LBGeo



1.乱暴な告白


廊下


真姫「ことり!」

ことり「真姫ちゃん?」

真姫「あなたに伝えたいことがあるの」

ことり「部室じゃダメ? 廊下で立ち話もなんだし・・・」

続きを読む

ことり「ことぱなピュアピュアラジオ!」 花陽「第1回スタートです!」

2: 名無しで叶える物語(雪だるま) 2017/07/23(日) 21:02:59.07 ID:dsUBl3ai0

ねえ、1つだけ、聞いていい?

私のこ~と~


ことり
「さあ始まりました!第1回ことぱなピュアピュアラジオ!」

花陽
「イヤちょっと待ってよことりちゃん!」

ことり
「なあに?」

花陽
「なあにじゃないよ!何これ!?」

ことり
「ことりとかよちゃんにラジオのオファーっていうから来てみたんだよ?」

花陽
「具体的に何やるとか聞いてないよ!?」

ことり
「第1回だから私達を簡単に紹介するんだって!」

花陽
「花陽何も聞いてないんだけど!?」

ことり
「でも普通にやっても面白くないから~」

花陽
「無視しないでことりちゃん!?」

ことり
「ことりがかよちゃんを、かよちゃんがことりを紹介するみたいだよ!」


花陽
「え?えええええ!?」




続きを読む
記事検索
Loading
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
相互申請・意見要望等
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ