国木田花丸

ルビィ「おねいちゃあのおっぱい~…むにゃむにゃ…」

1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/02/26(日) 18:22:26.33 ID:IL56bO2b.net

ダイヤ「ななななな、なんて事言うんですの!」

ルビィ「おねいちゃあ……」すやすや

ダイヤ「ね…寝言…?」

ダイヤ(寝言にしてもなんて夢みているの…)

ダイヤ(私がルビィの母親的な立ち位置なのでしょうか…)

ルビィ「う~ん…」ウネウネ

ダイヤ(ん?ルビィの手のあたりが何やら怪しい動きをしていますわね…)

ダイヤ「………!」

布団の中をそろ~っと見るダイヤ

ルビィ「お、おねいちゃあ…」クニクニクニクニ

ダイヤ(こ、この動きはッ!)

続きを読む

善子「マルちゃん♪」 花丸「ヨハネちゃん♪」

1: ◆6sysT0v2o77I 2017/02/20(月) 21:41:03.81 ID:u9WQUA2Io

~休日、国木田家~

善子「ねえ、ずら丸~♡」

花丸「…………」ペラ…ペラ…

善子「…………」

花丸「…………」ペラ…ペラ…

善子「おーい……」

花丸「…………」ペラ…ペラ…

善子「ねぇ~、ずら丸ったら~」グイグイ

花丸「…………」ペラ…ペラ…

続きを読む

花丸「千歌ちゃんと曜さん…恋人同士だったんだね…///」善子「え、えぇ…///」

1: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/18(土) 15:14:28.90 ID:t6f5Fw88.net

花丸「二人共前から距離が近いと思ってたけど、あんなえっちなことまで…///」

善子「えぇ…///」

花丸「幼馴染を飛び越えて…恋人…女の子同士で…///」

善子「///」

花丸「ね、ねぇ善子ちゃ」善子「言わないで!」

花丸「…よしこちゃ…?」

善子「そこから先は私が言わせてちょうだい…」

花丸「///」キュンッ

善子「ねぇズラ丸、いや、花丸…あんたはあの二人を見てどう思った?気持ち悪い?それとも…」

花丸「///」

善子「聞くまでもないわね…」

善子「私は嬉しいと思ったわ
   千歌さんと曜さんが恋人同士だった事自体もだけど、
   何より女の子同士でもいいんだ、って」

善子「女の子は男の子としか恋愛をしちゃだめだって常識があったから」

善子「幼馴染同士が付き合うなんて、それは男女の世界だけだと思ってたから」

花丸「善子ちゃん…オラ…オラ…///」

善子「好きよ、花丸」

花丸「///」

善子「愛してるわ………幼馴染じゃなくて、恋人関係になりたい………いいかしら?」

花丸「………マルも、ずっと善子ちゃんとこうなりたかった…」

善子「待たせてごめんなさい…」

花丸「オラの方こそ…!」


チュッ♡


 


曜「まさかあの二人がこうなるとはね…♡」

千歌「私達のえっち、見られてたんだ…///」

曜「まぁまぁ…でもそれであの二人が互いの気持ちに気づけたなんて、嬉しいな…」

千歌「うん…そうだね…幼馴染から恋人に………私達みたいだぁ…♡」

続きを読む

善子「昨日、学校で様子がおかしいと思って来てみたら……」  花丸「ハァ、ハァ……///」

1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/02/14(火) 21:08:32.62 ID:uYQekWoB.net

花丸「よ、善子ちゃん……駅前で……待ち合わせって……ハァ……言ってたのに……///」

花丸「どうして……おらの……ハァ……家まで……ハァ……///」

善子「どうしてもこうしても! ずら丸、アンタ明らかに……」コツン

花丸「ハァ、ハァ……///」 オデコピタッ

善子「ほら、熱あるじゃない! 呼吸するのも苦しそうね……」

善子「残念だけど、今日のお出かけは中止ね……ちゃんと寝てなさいよ」

花丸「っ……! だ、大丈夫ずら! このくらい少ししたら治……」

善子「花丸!!」

花丸「……」

善子「ちゃんと安静にしてなさい、遊びには行けないけど……その分今日は一緒に居てあげるから」

続きを読む

鞠莉「Chocolate……」曜「泥棒?」

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/14(火) 21:21:44.29 ID:Jm9VLrcr.net

ダイヤ「ええ、そうですわ」

鞠莉「コンビニやスーパーの片っ端からチョコレートというチョコレートを買い尽くすアイツ?」

曜「スイーツの名店からチョコレートベースのスイーツを買い尽くすアイツ?」

ダイヤ「どなたですの、その方々……」

鞠莉「名前からそんなの想像しちゃった☆」

ダイヤ「微妙に具体的ですのね……」

ダイヤ「そうではなくてですね、近頃この浦女で起こっている事件ですわ」

曜「この浦女で……」

鞠莉「事件?」

曜「どんな事件なんですか?」

ダイヤ「簡単に言ってしまえば、この校内に持ち込まれたチョコレートが盗まれる……と、言ったところですわね」

鞠莉「そのまんま過ぎるじゃない、退屈なネーミングねぇ」

ダイヤ「現時点の被害総数が5個や10個だったら、そんな事件になることなんてないんでしょうけれども、ね」

曜「……と、いうと?」

ダイヤ「校内根こそぎ、ですわ」

続きを読む

善子「ま、待って……ずら丸、出ちゃう出ちゃう!///」花丸「善子ちゃん、我慢しないで……マルの中に、全部出して♡」パンパン

1: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/02/13(月) 18:11:07.26 ID:LFxhm4V4.net

善子「な、なな何言ってるのよ! そんなこと…したら///」ガクガク

花丸「ううん、マルがいいって言ってるんだよ? 善子ちゃーん♡」パンパン

善子「ずら丸!/// それ以上動いたらダメ……で、出ちゃうから///」

花丸「我慢しないで……善子ちゃん、お願い♡」パンパン

善子「ダメって言ってるのに……だ、堕天しちゃう///」

花丸「マルの中に……いっぱい、出して…♡」パンパン

善子「うううぅ~~~!///」ビクッビクッ

ドピュドピュドピュ

花丸「あ……はぅ♡ 善子ちゃんの、熱い……たくさん出てるずらぁ♡」

善子「はぁ…はぁ///」ビクビク

花丸「えへへ♡ これで、マルと善子ちゃんはずっと一緒ずら…♡」ギュッ

続きを読む

【SS】 魔女たちのお茶会 【バレンタイン】

1: 名無しで叶える物語(しか)@\(^o^)/ 2017/02/12(日) 14:00:17.70 ID:EPy8DINb.net

/浦の星女学院


善子「お茶会? うちでやるの?」


ルビィが唐突に持ち出した話題に少し大袈裟に反応してしまう。


ルビィ「ずっと入荷待ちだったμ’sのDVDがやっと手に入ったの!」

善子「そういえば前に楽しみにしていたやつだっけ…」


最新のアイドル雑誌を眺めながら楽しそうなルビィ。
けれどそういうのってダイヤさんと一緒に騒いでいそうなイメージだけど…。


善子「で、それがどうしてお茶会になるのよ。女子会ならわからなくもないけど…」


えへへ、ちょっとね~と、何かを曖昧にする。
傍らで何か本を読んでいる花丸にも話を振り、できれば三人でやりたいと言い出す。
まぁいつもの調子でいけばそれは了承されることになるかな。
 

続きを読む

果南「ちょっとわがまま、言ってもいいかな?」

1: 名無しで叶える物語(神宮)@\(^o^)/ 2017/02/10(金) 00:26:40.42 ID:xxcYtboL.net

ーーー部室


梨子「そういえば、果南さん」

果南「ん、どうしたの?」

梨子「もうすぐ、果南さんのお誕生日、ですね」フフッ

果南「……えっ?」

梨子「ええっ……まさか、自分の誕生日を忘れてたの……」

果南「なんて、ね。自分の誕生日を、忘れるわけないよ」フフッ

梨子「もう、驚かさないでくださいよ……」

続きを読む

花丸「おら、ほんとは……れずなんだ……///」モジモジ  善子「えっろ」

1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/02/08(水) 21:32:15.74 ID:yQs4LnR6.net

花丸「え?」 

善子「あ、間違えた」 

善子「コホン。……えっ!?」

花丸「だから、その……おらは、同性にしか……興味を持てない、みたいなの……///」

善子「へ、へえ……そ、そうなんだ……」

花丸「このこと……今まで誰にも相談できなくて……」

善子「わ……私に言っちゃってるけど……いいの?」

花丸「善子ちゃんになら……いや、善子ちゃんには……言っておきたくて……」

善子「そ、そう……」

続きを読む

花丸「呪いの鬼の面」

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/05(日) 00:16:49.19 ID:OcJ3yBbg.net

~部室~

 

鞠莉「という訳で、来週の節分の日、マルのお寺の節分イベントのお手伝いをしマース!!」

曜「幼稚園の子達を豆まきに招待して、私たちが鬼役になるんだよね」

千歌「なんだか楽しそう! よーし、はりきって鬼になるぞー!」

善子「フフフ、トゥインクルスター☆堕天使ヨハネちゃんにお任せよっ!」

果南「ダイヤは、怖い鬼役とかぴったりそうだよね~」

ダイヤ「なっ! どういう意味ですか!!」

ワイワイ

 

善子(でもせっかくなら、本格的で迫真の堕天使役――もとい、鬼役をこなしてみたいわね・・・・・・)

続きを読む

花丸・善子「Waku-Waku-Week!」

1: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2017/02/02(木) 22:56:17.34 ID:muXWFSjM.net

花丸「ねぇねぇっ!ルビィちゃん、善子ちゃん!今週の日曜日遊ぼうよ!」キラキラ

善子「は?」

花丸「だーかーらーっ!遊ぶずら!」

ルビィ「ルビィは良いけど…。善子ちゃんは?」

善子「え?あぁ。私も勿論…ってヨハネよー!!」

花丸「じゃあ、11時に沼津駅集合!」

善子「分かったわ」

ルビィ「分かった!えへへ…楽しみだね」

続きを読む

花丸「ドリームヌマヅへようこそ! ずら!」ルビィ「ピギィッ!?」

1: 名無しで叶える物語(ぎょうざ)@\(^o^)/ 2017/02/04(土) 20:51:44.62 ID:y/0N75RG.net

20XX年 沼津市内某所・・・

善子「ふんふふーんふんふーん♪」

ルビィ「……ささっ!」

善子「?」チラッ

ルビィ「……」

善子「うーん? 誰かいたような……」

善子「ま、いっか」

ルビィ(最近Aqoursのみんなの様子がおかしいから善子ちゃんをつけてきてみたら、なんだろうこのキラキラした建物)

――


ダイヤ「ドリームヌマヅへようこそ、ですわ」善子「はあ?」

http://karma.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1483614900/


梨子「ドリームヌマヅ?」曜「ヨーソロー!」

http://karma.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1483956811/


果南「ドリームヌマヅへようこそ!」鞠莉「シャイニー☆」

http://karma.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1485345086/


千歌「ドリームヌマヅへようこ――え?」美渡「……」

http://karma.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1485685252/l50
の続編です。

続きを読む

ルビィ「ずっと」花丸「友だちだよ」

1: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/01/29(日) 16:04:06.45 ID:l50P1GNZ.net

――木曜日 一年生教室


善子「ヨハネと同じく堕天して悪魔になった同志バルバトスと共に」

善子「永き眠りから覚めた大天使ハシュマルと対峙することになるの」

クラスメイトA「そ、そうなんだ……」タジタジ

善子「戦う直前、ヨハネはバルバトスにこう助言したのよ……」

善子「『余計な鎖を全て外して真の力を開放しなさい』とね」

クラスメイトB「ゴクリッ」

クラスメイトC「それでそれで!?」

善子「普段は冷静なバルバトスの目が真っ赤になり、『天使を駆る者』として覚醒を……!」


花丸「ほらほら善子ちゃん。また堕天使が暴走してるずら……よっ!」スパーン!

善子「あたっ!!」

クラスメイトB「あ、ハシュマルちゃん」

花丸「花丸ずらよ」

続きを読む

善子「ずらまると」 ヨハネ「マスター」

2: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 10:24:29.28 ID:4AxPLGVp.net

善子「今日はVR内のずらまるをヤンデレにして遊ぼうっと」ピッ

VR花丸「マ……マルは、善子ちゃん無しでは生きていけません……///」

善子「ここで重要なのは、ヤンデレに優しくすると、いともたやすく純愛ものにすり替わる事実」

VR善子「花丸……私も、あなた無しでは生きていけないわ……///」

VR花丸「よ……善子ちゃん……!! /////」ウルウル

VR善子「花丸!!」ヒシッ

VR花丸「善子ちゃん!!」ギュッ

VR善子・VR花丸「「愛してる……♡」」

善子「……はいはい、これではヤンデレものにした意味なーし」

善子「巻き戻しっと」ピッ

続きを読む

善子「再会と夢と、2人の天使」

2: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ (ワッチョイ cfb2-SmTw) 2017/01/21(土) 21:06:22.81 ID:CIN28Dsx0.net

~とある1つの天界~

天使????「こ、こんにちは。は、はじめまして」モジモジ

天使????「こんにちは! あなた、だあれ?」

天使????「ま、まるは……まるえる……です……」モジモジ

天使????「まるえるちゃん! よろしくね! わたしはよはえるよ!」

天使マルエル「よはえる……ちゃん。よ、よろしくね」モジモジ

天使ヨハエル「まだまだみならいの天使どうし、なかよくしましょ!」

続きを読む

善子「えっちをしたら出られない部屋」花丸「ずらっ!?」

1: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/01/22(日) 21:38:06.51 ID:NzFZ2q6R.net

善子「目が覚めたら知らない部屋にいた……」

善子「しかも隣には何故かずらまるが寝てるし……」

花丸「すぅ、すぅ」

善子「ちょっとずらまる。起きなさい、起きなさいってば」

花丸「う~ん……もう食べられないずらぁ。むにゃむにゃ」

善子「ちょっといつまでも寝ぼけてるんじゃないわよ! 起きなさい!」

花丸「ふえっ? ふわあぁぁ……」

花丸「あれ、よしこちゃん? ここどこ?」

善子「そんなの私のほうが知りたいわよ」

善子「見たところ、ホテルの部屋みたいだけど……」


善子(っていうかここって思いっきりラブホテルの部屋じゃない!?)

続きを読む

善子「ずら丸の本心を引き出す黒魔術のつもりが、なぜか魅了の黒魔術になっていた」

2: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 16:12:56.59 ID:tbaKGbnv.net

善子「そろそろ考えが変わって来た頃でしょ、ずら丸」

花丸「何が?」

善子「さあ、私のリトルデーモンになるのです! その時が来たのです!!」

花丸「お断りするずら」

善子「がーん!!」

花丸「さすがにしつこいよ、善子ちゃん……まあ、でも……」

花丸「……いつも誘ってくれて、ありがとう」

善子「お、おのれぇ……!! 覚えておきなさいよ……!」

善子「また誘うから!!」クルッ タッタッタッタッッタッ

花丸「…………」

続きを読む

ルビィ「着いたよマルちゃん!」 花丸「古代都市チカナンずら~」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/15(日) 18:02:07.19 ID:W/usQfX40


   ヒュー


ルビィ「けほっ、けほっ」

花丸「強い風が吹くと砂が飛ぶからね。ルビィちゃん、マスクをつけるずら」

ルビィ「この街、滅んで千年以上は経ってるんだよね……」

花丸「うん、都市国家チカナン。別名、忘れられた街」

花丸「昔はそれなりに隆盛してたらしいけど」

花丸「つい最近、偶然発掘されるまで」

花丸「誰の記憶からも消えていた――」

ルビィ「……」

花丸「……」

花丸「マルの知識欲がうずくずら~♪」

ルビィ「頑張って調査しようね!」


続きを読む

善子「ずら丸にレ○プされた……」

1:   ◆6sysT0v2o77I (玉音放送)@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 00:08:42.21 ID:W1ZtwRdO.net

~朝、校門前~

善子「…………」テクテク

タッタッタッタッ

善子(! 来る……!)

花丸「善子ちゃーん!」バッ ムギュウウ

善子「ずら丸……!」ムギュウウ

善子(くうっ、やっぱり身体が硬直して動かない……!)

花丸「おはよう♡」チュッ タッタッタッ

善子「!! こ、こんの~~~っ!!」

タッタッタッタッ

善子(いちいちキスしてくんなーーーっ!! 金縛り魔法の使い手め~~~~!!)

善子「はぁ、はぁ……声に出せないっ……! なぜ……っ!!」

続きを読む

花丸「これはGMZ!」 善子「はい? 」

5: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/01/12(木) 21:49:15.98 ID:OrUe3/uf.net

昔、とある国に花丸という1人の商人がいました

花丸「ありがとうございました!」

「またくるわ、頼むわよ花丸」

花丸「はーい♪」

花丸(今日は大量だったずら!さてと……)

花丸(たまには自分へのご褒美でも//)

花丸(いやいや…やはり商人たるもの慎ましく暮らさないと…)

花丸(しかし今を逃したら何か一生無理な気も…)


花丸(うぅ……決断の時ずら……)




花丸「よし……。」


花丸「レッツゴーずら!」

ーー

続きを読む

【Aqours昔話】善子「泣いた堕天使」

1: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2017/01/12(木) 22:45:26.69 ID:UdIkGkqk.net

昔昔あるところに堕天使と天使が仲良く暮らしていました。
え?堕天使と天使って普通は敵じゃないかって?
知りませんよそんなの。

善子(堕天使)「あ~暇~」

花丸(天使)「それはしょうがないずら」ズズズ

善子「私の分のお茶は?」

花丸「飲みたきゃいれるずら」

善子「いれてくれたっていいじゃないのよー!」ブーブー

このようにのんびりと、暮らしていました。

続きを読む

【Aqours昔話】花丸「うらし丸」

1: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2017/01/10(火) 22:36:10.32 ID:dssItdNl.net

昔昔ある村に、心の優しいうらし丸と言う少女が住んでいました。

花丸「ずら~」ノンビリ

ある日うらし丸が海辺を通りかかると、子供達が亀を虐めていました。

花丸「なにをしているずら!」

千歌「うるさいなぁ」

曜「私達が捕まえたから好きにしていいんだよ」

梨子「ということですので」

花丸「違うずら」









花丸「甲羅に傷を付けたら売値が下がるよ!」

続きを読む

善子「ルビィに『突然オラァ!』って怒鳴るの面白すぎワロタwww」

1: 名無しで叶える物語(WiMAX)@\(^o^)/ 2017/01/09(月) 15:42:55.36 ID:CzXN5GGL.net

ルビィ「でね、お姉ちゃんが晩御飯作るって言うからね、ルビィもお姉ちゃんのお手伝いしてあげようと思ってね、エプロンしたのね。
ピンク色のかわいいエプロン。でね、お姉ちゃんがまずコロッケ作るって言うからね、じゃぁルビィがジャガイモ洗ってあげようと思ったの」

善子「へぇ そうなんだ~」

ルビィ「うゅ、それでジャガイモ洗おうとしたんだけど、水が冷たくてねルビィが困ってたらお姉ちゃんがお湯にしてくれてね、
やっぱお姉ちゃんはすごあなぁって思ってね、ルビィも負けてられないと思って頑張ってジャガイモも洗ったんだけどね、
中々汚れが取れないのもあってね、ルビィ頑張ってゴシゴシ洗ってね、」

善子(あ~ ルビィの話クソ長くて全く内容なくてクソつまんないなぁ…)

ルビィ「でね、お姉ちゃんがパン粉が足りないって困ってたからね、
じゃぁルビィ買ってくゅ!って言ったんだけどね、1人で大丈夫?って心配されたけど、
ルビィもう高1だから大丈夫だよ!って言ったら、お姉ちゃんがさすが我が妹ねって褒めてくれてね、」

善子「へ、へぇ すごいな~」

善子(ほんと長いわね…てか全く同級生と話してる気がしないんですけど…ちゃんとオチあるんでしょうね?この話…)

善子(ずらまるはいつもこれに付き合ってあげてたの…?すごいなあいつ…)

続きを読む

千歌「『さわやか』を食べに行こう!」

1: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/01/08(日) 23:25:14.38 ID:nuex81kV.net

善子がAqoursのメンバーになったあとのお話です。


――2年生教室


曜「おっ、久しぶりに食べたいねさわやか!」

千歌「うん!ルビィちゃんに花丸ちゃん、それに先日は善子ちゃんがAqoursに入ってくれたから」

千歌「1年生たちの歓迎会と親睦会を兼ねてね!」

曜「さわやかを食べながら親睦を深めようということだね!いいと思う!」

梨子「……ねぇ、千歌ちゃん、曜ちゃん」

千歌・曜「なに?梨子ちゃん」

梨子「二人がさっきから話している……」


梨子「『さわやか』って…なに?」

続きを読む

善子「嫌いなものは」 花丸「口移しで」

2: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/09(月) 01:10:12.60 ID:PYqrikAf.net

~冬休み終盤~

花丸「うーん、みかんおいしい~♪」モグモグ

善子「…………」

善子「…………」ヒョイ

花丸「!?」モグモグ ゴクン

善子「……」ジーッ

花丸「ど、どうしたの善子ちゃん……。ま、まさか」

善子「……」ムキムキ

花丸「まさか……食べる気に……」

善子「……っ、あむっ!」パクッ

続きを読む

梨子「花丸ちゃん、リボン曲がってるよ?」 花丸「ずらっ!?」

1: 名無しで叶える物語(神宮)@\(^o^)/ 2017/01/03(火) 21:53:26.80 ID:kF0GcWWe.net

梨子「ちょっと待ってて、今直してあげるからね」

チョイチョイ

花丸(梨子さん、顔が近いよ……)テレテレ

花丸(それにしても、梨子さん……いい匂い、お花の香りずら……)クンクン

花丸(……ん?)

梨子「これで良し、っと」

花丸「あ、あの……梨子さん?」

梨子「どうしたの?」

花丸「梨子さんのリボンも……曲がって、ますよ?」

梨子「えっ、ウソっ!? ……嫌だなぁ、私ったら……」カオマッカ

花丸「マルが、直してあげますね」

梨子「あ、ありがとう、花丸ちゃん……」テレテレ

花丸「うふふ、持ちつ持たれつ。お互い様ずら ♪」


終わり

続きを読む

花丸「みかんおいしいずら~」 善子「どんだけ食べるのよアンタ」

1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/05(木) 21:16:30.92 ID:tkn+rlwo.net

花丸「コタツに入って、みかんが置いてあったらとりあえず食べるのが掟ずら」モグモグ

善子「何も山積みにされているのを全部食べなくったっていいじゃない……って言ってる間に」

花丸「最後の1個ずら」

善子「……やれやれね」

花丸「善子ちゃん食べる?」

善子「いらない」

花丸「だよね……おいしいのになぁ」パクッ モグモグ ゴクン

善子「…………」

花丸「…………」

善子「せっかくアンタの家に遊びに来といてなんだけどさ……」

善子「暇ね……」

花丸「そうだね……」

続きを読む

善子「ずら丸、ダイエットするわよ!」

1: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2017/01/02(月) 22:02:17.07 ID:c7cJq/Uz.net

__

花丸「みてみて、善子ちゃん!これね、新発売の限定味なの!」

善子「……」

善子「ずら丸、アンタそろそろ本っ当に太るわよ?」

花丸「ずら?」モグモグ

善子「ずら?じゃなくてっ!ふーとーるーわーよー?」ムニムニ

花丸「い、いひゃいじゅら~!」

花丸「っんく、でも、食べないとマルって感じがしなくて……それに食べれば身長も伸びるかもしれないし!」

善子「まぁ確かに、食べてなかったらずら丸って感じはしないわね」

続きを読む

堕天使の長いなつやすみ

1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/10/16(日) 21:08:22.19 ID:d7EDy3Di.net

「暑いわね……」

高校生になって最初の夏休み、観測史上最も暑いと言われてるけど
それ毎年言ってるわよね?

善子「エアコンがつかないわ!!」

堕天使母「善子ォ!あんたまたエアコン壊したの!?」

善子「壊してないわよもう!!」

堕天使母「だいたい朝からエアコンつけようとしないでっていったでしょ?!昼間の一番暑いときから日が暮れるまでって!!」

善子「はいはい」

にしても暑いわ、せっかく初日に宿題終わらせてやろうと意気込んでたのに……

続きを読む

花丸「あなたからあだ名を授かりし者」

1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/01(日) 21:23:00.87 ID:y7w+txwO.net

善子「ねえ、ずら丸」

花丸(幼稚園以来、全く会うことがなかった善子ちゃん)

花丸(その善子ちゃんと、この高校で再会した)

花丸(最初はなんとも思ってなかったけど……)

花丸(マルは徐々に、善子ちゃんに惹かれていった……)

善子「ちょっと! ずら丸! 聞いてんの!?」

花丸「ああ、ごめん、善子ちゃん! 何だっけ?」

続きを読む
記事検索
Loading
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
相互申請・意見要望等
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ