国木田花丸

ルビィ「二人の仲を引き裂いてあげる」

1: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2017/03/24(金) 20:03:47.22 ID:cTulN4rZ.net

ルビィ「はぁ……」


ルビィ(また二人だけで盛り上がって……ルビィのことなんて視界に入らないのかな)

ルビィ(花丸ちゃんの隣はずっとルビィのものだと思っていたのに)

ルビィ(その居場所はあっという間に奪われて)

ルビィ(そう……)


花丸「やめるずら」ビシッ

善子「いたっ!何するのよずら丸!」


ルビィ(津島善子……あいつに!)

続きを読む

怪しいお姉さん「はい、ベルトと腕時計で3000円ね」善子「あの…それ」

1: 名無しで叶える物語(上総・下総・安房國)@\(^o^)/ 2017/03/21(火) 22:02:40.27 ID:dPdC14mz.net

怪しいお姉さん「ん?これ?🔨」

善子「はい…それも売り物なんですか?」

怪しいお姉さん「そうだよ?どうかしたん?」

善子「……古着屋なのに…金槌🔨?」

怪しいお姉さん「あぁ…これはね、どこか北の国のえっらい神様の大事な槌🔨なんよ」

善子「北の国の神の槌🔨……まっ…まさか!!ミョルニル!?」

怪しいお姉さん(てきとうなこと言ったけど世の中いろいろあるんやね。ミョルニル…言いにくっ)

善子「ください!これいくらですか!?」

続きを読む

【安価】善子「ずら丸のヤツ、寝たわね……」

1: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2017/03/19(日) 21:21:11.64 ID:BE/Qw1lB.net

善子「むぅぅ……」

善子「このヨハネ様を虚無状態にするなんて……闇世界の頂点に君臨するサイキョーでサイアクな邪悪なことが起きるわよっ!!」

花丸「……」スヤァ

善子「……」

善子「目覚めなさい、ずら丸!」クワッ

花丸「……」スヤァ

善子「……」

善子「……」ムスッ

善子「もぉー!こうなったらずら丸で遊んじゃおっ!起きないアンタが悪いんだからねーっ!」

善子「……」

善子「って言っても……なにしよ?」

すること>>3

続きを読む

ダイヤ「今日はアゼリアの練習日ですわ。行きますわよ果南さん、花丸さん!」

1: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2017/03/19(日) 23:58:44.94 ID:aTxAKrVM.net

ダイヤ「……ゼヒュッ…ッァ………ヒハッ……!」ガクガク

果南「もうバテたの?だらしないなぁ、ダイヤは」

ダイヤ「…ナタ…ッ……ショニ…シナ…ゲホッ!」

花丸「大丈夫ずら?あんまり喋らないほうがいいずら」

花丸「こっちの陰で落ち着くまで休んだら?」

ダイヤ「…」コクコク

果南「じゃあ私は冷たいものでも買ってくるよ。ダイヤのこと見ててくれる?」

花丸「任されたずら」

続きを読む

花丸「生えちゃったずら」 善子「生えちゃったぁぁ!?」

1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/03/19(日) 15:50:19.72 ID:vzLtilzD.net

花丸「善子ちゃん、どーしてくれるの」

善子「あ、アンタが悪いんじゃないの!! 私のせいじゃないわよ!」

花丸「善子ちゃんに借りた黒魔術の本で、1つのページだけに付箋が付いてたらやっちゃうに決まってるずら!!」

善子「内容も確認しないで儀式を行ったって言うの!? バカじゃないの!?」

花丸「マルは善子ちゃんのことを信じてたのに……」ウルウル

善子「いや、だから内容を確認しなさいよ! 好きな黒魔術を自分で探せばよかったじゃないの!!」

花丸「もうそんなこと、どうでもいいずら……。それより……」

花丸「なんで善子ちゃんはあんなページに付箋を貼ってたのかな?」

善子「ぎくっ……」

続きを読む

花丸「やる気のない堕天使」

1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/03/18(土) 16:39:22.98 ID:aoxtCyRc.net

善子「だてーん……」

花丸「やる気のない声が聞こえてきた」

善子「失礼ね。全身フカフカに包まれてありえないくらい脱力してるだけよ」

花丸「そろそろクッション返して欲しいんだけど」

善子「無理。二度と起きられない。一生埋まる」

花丸「マルが買ったのにぃ」

善子「喉乾いた。まるちゃん何かちょーだい」

花丸「まっ……え、善子ちゃんにその呼ばれ方されるとムズムズする。どうしたの?」

善子「さあ。癒されモードで心が柔らかヨハネになってるからじゃないの」

花丸「いつもとはまた違うおかしな善子ちゃんずら……」

続きを読む

花丸「千歌ちゃんとダイヤさんを監禁したずら♪」

1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/03/15(水) 19:01:07.36 ID:YJscRoKS.net

花丸「今はまるの部屋の下にある物置部屋に閉じ込めてるの」

花丸「まずは>>3するぞー♪」

続きを読む

花丸「はじめての」ルビィ「キモチ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/15(水) 22:10:31.78 ID:wtr1RXd80

――前作のあらすじ

【前作】
ルビィ「ずっと」花丸「友だちだよ」


ルビィ「花丸ちゃんと善子ちゃんの人気が、クラスでもネットでもうなぎ登りとなり」

ルビィ「日に日に、2人が仲良くしている姿を見るのが辛くなっていたルビィは」

ルビィ「ある出来事がきっかけで、授業が始まる前に教室を飛び出してしまいました」

花丸「状況を把握した曜ちゃんから」

花丸「ルビィちゃんが善子ちゃんに『嫉妬』していることを知り」

花丸「図書室で隠れて泣いていたルビィちゃんに、思いの丈を打ち明けたところ」

花丸「お互いに『特別な存在』だったと気付いて、ルビィちゃんと更に絆が深まりました」


続きを読む

ダイヤ「私たちはBiBiだったのです!」

1: ◆Tn3qm05sjE 2017/03/15(水) 13:52:35.98 ID:yBQ4FeG60

果南「・・・ハァ?」

花丸「なんだか変なこと言い出したずら」

ダイヤ「まぁお二人が困惑なさるのも無理もない事、しかしながらAZALEAとBiBiには共通点があったのです!」

果南「つまりAqoursのユニットでは私たちがBiBiに近い、って事かなん?」

ダイヤ「わかりやすく言うとそういう事になりますわ」

果南「まぁ言いたい事はあるけど、とりあえず先にダイヤの話を聞こうか」

ダイヤ「では数ある共通点を1つずつ挙げていきますわ!」

続きを読む

善子「倦怠期かしら」

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/03/15(水) 00:18:09.38 ID:Qd9KCdbv.net

女性社員「あ、津島さん良かったらお昼ご一緒しませんか♪」

善子「あー…えーっと…ごめんなさい、私お弁当なので」

女性社員「ああ、そういえば津島さんはお弁当でしたね、毎日自分で?」

善子「…えっとその、恋人に…」//

女性社員「あらまぁ…羨ましい!そういうのいいですよね」

善子「ま、まぁ…//」

女性社員「ふふ、それでは私は失礼しますね、ごゆっくり。」

善子「はい、行ってらっしゃい」

続きを読む

善子「ずら丸の夜は早い」

1: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2017/03/14(火) 16:56:16.88 ID:M6O4jA6P.net

ルビィ「このお菓子おいしいねぇ♪」

善子「でしょ!ふふふ、私自ら暗黒の淵にて手に入れた食材から生み出した物……」

ルビィ「へぇ~善子ちゃんが作ったんだ」

善子「ま、まあね……お母さんに教えてもらったから」

ルビィ「凄い美味しいよ!ねえ、マルちゃん」

花丸「すー……すー」Zzz

よしルビィ(えっ……もう寝てる)

続きを読む

花丸「善子ちゃんの汗が染み込んだローブ」

1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/03/14(火) 21:25:55.36 ID:lJJommRY.net

~夏のとある日・昼休み~

花丸「今日も暑いね~、善子ちゃん」

善子「そうね……特に堕天使であるこのヨハネには、太陽と言う光を司りし強大かつ聖なる象徴そのものの存在が……」

花丸「やめるずら♪」チョップ

善子「くっ……! 聖歌隊などと言うものに属するあなたも、やはりこのヨハネの天敵……むぎゅっ!?」

花丸「それ以上しゃべるとこうずら~!」ムニュムニュ

善子「ひょっひょ! りょうへへわひゃひほほうをおひゃえうおをやえあひゃい!(ちょっと! 両手で私の頬を押さえるのをやめなさい!)」

花丸「はいはい♪」パッ

善子「まったく……」

続きを読む

花丸「好感度メガネ…?」

1: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/02/23(木) 00:31:37.28 ID:i46R6B4w.net

※流行りに乗らせていただきます


花丸「部室に来たのはいいけど…誰もいないずら…」

花丸「ルビィちゃんと善子ちゃんは日直だし…」

花丸「ちょっぴり寂しい…」

花丸「あれ、メガネ?」

花丸「曜さんの……かな?」

花丸「なんだか奇抜なデザインずら」スッ

花丸「んー…オバラグループ?」

続きを読む

よしまる「ジャンケンポン!」

1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/03/09(木) 12:09:06.22 ID:VfTt2CMP.net


続きを読む

曜「~♪」ヌイヌイ花丸「~♪」モグモグ

2: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/03/05(日) 13:57:00.28 ID:geDvS+20.net

曜「~♪」ヌイヌイ

花丸「おいしいずらぁ♪」

曜「何食べてるの?」

花丸「みかんどら焼きずら」

曜「ふぅん...」

花丸「...」チギリ

花丸「はい」

曜「いいの?」

花丸「うん」

曜「ありがとっ」

続きを読む

曜「花丸ちゃん、のっぽパン頂戴」善子「私も」

1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 00:44:35.77 ID:UlB32e2z.net

ようよしまる

続きを読む

花丸「マルをエッチな子にした責任取ってね…///千歌ちゃん♪;」 千歌「もう花丸ちゃん無しじゃ生きられないやぁ…///」

1: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2017/03/04(土) 22:16:39.36 ID:rWPFi3in.net

放課後・部室

 


梨子「で?千歌ちゃん…?新曲の作詞はどう?出せそう?出ない?」

千歌「うへー…あともーーーちょっとなんだよね…」

梨子「この前なんてすっごいギリギリだったんじゃない!」

梨子「まーた同じ事になって大変なのは千歌ちゃんと…花丸ちゃんなんだからね?」


花丸「………」モジモジ


梨子「この前の時は花丸ちゃんと泊まり込みで徹夜でで作ったんだっけ?」

梨子「そんなハードな作業したくなったら、さっそと仕上げてちょうだいね、二人共」

続きを読む

【安価】千歌(花丸ちゃんと二人きり…どうしよう…)花丸(千歌ちゃんと何話そうずら…)

1: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/03/01(水) 11:53:26.31 ID:LPfeSJm7.net

部室

千歌(どうしよう…そういえば花丸ちゃんと一対一で話したことは無いよ…)チラッ

花丸(ずっとこうやって本読んでるのも…頭にはいらないずら
いつも絶対ルビィちゃんか善子ちゃんがいたから…)

続きを読む

花丸「はぁ…辛いずら」千歌「どうしたの?花丸ちゃん」

1: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/28(火) 19:24:48.99 ID:OfrABK/H.net

花丸「ち、ちかちゃん…///」

千歌「?」クビカシゲー

千歌「どうしたの?」シンパイゲー

花丸「な、なんでもないずらっ!///(顔が近いずら///)」アタフタ

花丸(千歌ちゃんが好きすぎて辛い…なーんて言えるわけないよ…)ハァ


みたいな

続きを読む

千歌「あ…花丸ちゃんのカーディガンだ…///」

1: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/28(火) 12:29:22.75 ID:dvK3PXJb.net

キョロキョロ

ガバッ

千歌「ふ…ん…ん…♡うっ…うっ…♡」 

千歌「ぷはぁっ♡」

千歌「すっごい…花丸ちゃんの匂いがいっぱい…♡」

ガバッ

千歌「スゥ…ふーっ!フー…んっ♡(いけないのに…止められないよ…)」

続きを読む

ルビィ「おねいちゃあのおっぱい~…むにゃむにゃ…」

1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/02/26(日) 18:22:26.33 ID:IL56bO2b.net

ダイヤ「ななななな、なんて事言うんですの!」

ルビィ「おねいちゃあ……」すやすや

ダイヤ「ね…寝言…?」

ダイヤ(寝言にしてもなんて夢みているの…)

ダイヤ(私がルビィの母親的な立ち位置なのでしょうか…)

ルビィ「う~ん…」ウネウネ

ダイヤ(ん?ルビィの手のあたりが何やら怪しい動きをしていますわね…)

ダイヤ「………!」

布団の中をそろ~っと見るダイヤ

ルビィ「お、おねいちゃあ…」クニクニクニクニ

ダイヤ(こ、この動きはッ!)

続きを読む

善子「マルちゃん♪」 花丸「ヨハネちゃん♪」

1: ◆6sysT0v2o77I 2017/02/20(月) 21:41:03.81 ID:u9WQUA2Io

~休日、国木田家~

善子「ねえ、ずら丸~♡」

花丸「…………」ペラ…ペラ…

善子「…………」

花丸「…………」ペラ…ペラ…

善子「おーい……」

花丸「…………」ペラ…ペラ…

善子「ねぇ~、ずら丸ったら~」グイグイ

花丸「…………」ペラ…ペラ…

続きを読む

花丸「千歌ちゃんと曜さん…恋人同士だったんだね…///」善子「え、えぇ…///」

1: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/18(土) 15:14:28.90 ID:t6f5Fw88.net

花丸「二人共前から距離が近いと思ってたけど、あんなえっちなことまで…///」

善子「えぇ…///」

花丸「幼馴染を飛び越えて…恋人…女の子同士で…///」

善子「///」

花丸「ね、ねぇ善子ちゃ」善子「言わないで!」

花丸「…よしこちゃ…?」

善子「そこから先は私が言わせてちょうだい…」

花丸「///」キュンッ

善子「ねぇズラ丸、いや、花丸…あんたはあの二人を見てどう思った?気持ち悪い?それとも…」

花丸「///」

善子「聞くまでもないわね…」

善子「私は嬉しいと思ったわ
   千歌さんと曜さんが恋人同士だった事自体もだけど、
   何より女の子同士でもいいんだ、って」

善子「女の子は男の子としか恋愛をしちゃだめだって常識があったから」

善子「幼馴染同士が付き合うなんて、それは男女の世界だけだと思ってたから」

花丸「善子ちゃん…オラ…オラ…///」

善子「好きよ、花丸」

花丸「///」

善子「愛してるわ………幼馴染じゃなくて、恋人関係になりたい………いいかしら?」

花丸「………マルも、ずっと善子ちゃんとこうなりたかった…」

善子「待たせてごめんなさい…」

花丸「オラの方こそ…!」


チュッ♡


 


曜「まさかあの二人がこうなるとはね…♡」

千歌「私達のえっち、見られてたんだ…///」

曜「まぁまぁ…でもそれであの二人が互いの気持ちに気づけたなんて、嬉しいな…」

千歌「うん…そうだね…幼馴染から恋人に………私達みたいだぁ…♡」

続きを読む

善子「昨日、学校で様子がおかしいと思って来てみたら……」  花丸「ハァ、ハァ……///」

1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/02/14(火) 21:08:32.62 ID:uYQekWoB.net

花丸「よ、善子ちゃん……駅前で……待ち合わせって……ハァ……言ってたのに……///」

花丸「どうして……おらの……ハァ……家まで……ハァ……///」

善子「どうしてもこうしても! ずら丸、アンタ明らかに……」コツン

花丸「ハァ、ハァ……///」 オデコピタッ

善子「ほら、熱あるじゃない! 呼吸するのも苦しそうね……」

善子「残念だけど、今日のお出かけは中止ね……ちゃんと寝てなさいよ」

花丸「っ……! だ、大丈夫ずら! このくらい少ししたら治……」

善子「花丸!!」

花丸「……」

善子「ちゃんと安静にしてなさい、遊びには行けないけど……その分今日は一緒に居てあげるから」

続きを読む

鞠莉「Chocolate……」曜「泥棒?」

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/14(火) 21:21:44.29 ID:Jm9VLrcr.net

ダイヤ「ええ、そうですわ」

鞠莉「コンビニやスーパーの片っ端からチョコレートというチョコレートを買い尽くすアイツ?」

曜「スイーツの名店からチョコレートベースのスイーツを買い尽くすアイツ?」

ダイヤ「どなたですの、その方々……」

鞠莉「名前からそんなの想像しちゃった☆」

ダイヤ「微妙に具体的ですのね……」

ダイヤ「そうではなくてですね、近頃この浦女で起こっている事件ですわ」

曜「この浦女で……」

鞠莉「事件?」

曜「どんな事件なんですか?」

ダイヤ「簡単に言ってしまえば、この校内に持ち込まれたチョコレートが盗まれる……と、言ったところですわね」

鞠莉「そのまんま過ぎるじゃない、退屈なネーミングねぇ」

ダイヤ「現時点の被害総数が5個や10個だったら、そんな事件になることなんてないんでしょうけれども、ね」

曜「……と、いうと?」

ダイヤ「校内根こそぎ、ですわ」

続きを読む

善子「ま、待って……ずら丸、出ちゃう出ちゃう!///」花丸「善子ちゃん、我慢しないで……マルの中に、全部出して♡」パンパン

1: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/02/13(月) 18:11:07.26 ID:LFxhm4V4.net

善子「な、なな何言ってるのよ! そんなこと…したら///」ガクガク

花丸「ううん、マルがいいって言ってるんだよ? 善子ちゃーん♡」パンパン

善子「ずら丸!/// それ以上動いたらダメ……で、出ちゃうから///」

花丸「我慢しないで……善子ちゃん、お願い♡」パンパン

善子「ダメって言ってるのに……だ、堕天しちゃう///」

花丸「マルの中に……いっぱい、出して…♡」パンパン

善子「うううぅ~~~!///」ビクッビクッ

ドピュドピュドピュ

花丸「あ……はぅ♡ 善子ちゃんの、熱い……たくさん出てるずらぁ♡」

善子「はぁ…はぁ///」ビクビク

花丸「えへへ♡ これで、マルと善子ちゃんはずっと一緒ずら…♡」ギュッ

続きを読む

【SS】 魔女たちのお茶会 【バレンタイン】

1: 名無しで叶える物語(しか)@\(^o^)/ 2017/02/12(日) 14:00:17.70 ID:EPy8DINb.net

/浦の星女学院


善子「お茶会? うちでやるの?」


ルビィが唐突に持ち出した話題に少し大袈裟に反応してしまう。


ルビィ「ずっと入荷待ちだったμ’sのDVDがやっと手に入ったの!」

善子「そういえば前に楽しみにしていたやつだっけ…」


最新のアイドル雑誌を眺めながら楽しそうなルビィ。
けれどそういうのってダイヤさんと一緒に騒いでいそうなイメージだけど…。


善子「で、それがどうしてお茶会になるのよ。女子会ならわからなくもないけど…」


えへへ、ちょっとね~と、何かを曖昧にする。
傍らで何か本を読んでいる花丸にも話を振り、できれば三人でやりたいと言い出す。
まぁいつもの調子でいけばそれは了承されることになるかな。
 

続きを読む

果南「ちょっとわがまま、言ってもいいかな?」

1: 名無しで叶える物語(神宮)@\(^o^)/ 2017/02/10(金) 00:26:40.42 ID:xxcYtboL.net

ーーー部室


梨子「そういえば、果南さん」

果南「ん、どうしたの?」

梨子「もうすぐ、果南さんのお誕生日、ですね」フフッ

果南「……えっ?」

梨子「ええっ……まさか、自分の誕生日を忘れてたの……」

果南「なんて、ね。自分の誕生日を、忘れるわけないよ」フフッ

梨子「もう、驚かさないでくださいよ……」

続きを読む

花丸「おら、ほんとは……れずなんだ……///」モジモジ  善子「えっろ」

1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/02/08(水) 21:32:15.74 ID:yQs4LnR6.net

花丸「え?」 

善子「あ、間違えた」 

善子「コホン。……えっ!?」

花丸「だから、その……おらは、同性にしか……興味を持てない、みたいなの……///」

善子「へ、へえ……そ、そうなんだ……」

花丸「このこと……今まで誰にも相談できなくて……」

善子「わ……私に言っちゃってるけど……いいの?」

花丸「善子ちゃんになら……いや、善子ちゃんには……言っておきたくて……」

善子「そ、そう……」

続きを読む

花丸「呪いの鬼の面」

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/05(日) 00:16:49.19 ID:OcJ3yBbg.net

~部室~

 

鞠莉「という訳で、来週の節分の日、マルのお寺の節分イベントのお手伝いをしマース!!」

曜「幼稚園の子達を豆まきに招待して、私たちが鬼役になるんだよね」

千歌「なんだか楽しそう! よーし、はりきって鬼になるぞー!」

善子「フフフ、トゥインクルスター☆堕天使ヨハネちゃんにお任せよっ!」

果南「ダイヤは、怖い鬼役とかぴったりそうだよね~」

ダイヤ「なっ! どういう意味ですか!!」

ワイワイ

 

善子(でもせっかくなら、本格的で迫真の堕天使役――もとい、鬼役をこなしてみたいわね・・・・・・)

続きを読む
記事検索
Loading
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
相互申請・意見要望等
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ