国木田花丸

善子「最後ノート?」

1: 名無しで叶える物語(しか) 2017/11/20(月) 23:14:56.96 ID:EDIKlp6Z.net

 -沼津


??「そのノートに名前を書かれた人の……」

善子「ま、まさか……死ぬ……なんてことが!?」

??「それはデスノートやね。これは名前を書かれた人の最後、死因が見れるノートや」

善子「死因?」

??「生き物は必ず死ぬ。でも死に方は様々……これにはそれが見える」

善子「はぁ……」
 

続きを読む

ルビィ「それでね!ここのところはこうで!!」理亞「…zZZ」

1: 名無しで叶える物語(笑) 2017/12/03(日) 19:40:32.46 ID:ockYDz61.net

ルビィ「そしたら!ここのところはこんな感じで!!」


理亞「………………」


ルビィ「…って、あれ?」


理亞「………………」


ルビィ「理亞ちゃあ?おーい??」


理亞「………………」


ルビィ「さっきからルビィの話聞いてる?」


理亞「…zZZ」


ルビィ「………………」


ルビィ「ふふっ…」


ルビィ(理亞ちゃあ、疲れてもう寝ちゃったんだね♡)

続きを読む

花丸「浦の星女学院と間違えてバカの星女学院に入学しちゃったずら…」

1: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2017/11/26(日) 19:08:10.70 ID:ZaO+1MRR.net

花丸「入試がやたら簡単だと思ったらまさか高校を間違ってたとは…」

ルビィ「うゅゅ?ルビィは花丸ちゃんと同じ高校にはいれてうれしいよっ!」

花丸「うん…ルビィちゃんもこの高校なんだね」

ルビィ「この高校は鉄格子や監視カメラがあるから安心だってお母さんが言ってた!うゅゅ!」

花丸「誰目線の安心なのかな」

ルビィ「バカの星は偏差値4だけど、多分 言われてるほど悪いところじゃないよ!」

花丸「偏差値4」

ルビィ「ところでルビィお腹減っちゃった!花丸ちゃん何か食べるもの持ってない?」

続きを読む

ダイヤ「……なんですかこのメガネは」

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2017/10/04(水) 23:10:44.93 ID:t5vXV5tL.net

ダイヤ「>>3を測定するメガネ?……胡散臭いですわね」

ダイヤ「大方、鞠莉さんが持ち込んだんでしょうね」





ダイヤ「……なんですかこのメガネは」完


続きを読む

花丸「今日も寝ている善子ちゃんに・・・♥」

1: |c||^.-^||(聖火リレー) 2017/11/07(火) 19:50:07.29 ID:tuLwcrPK.net

- †善子の部屋† -


善子「・・・」スヤスヤ

ピンポーン

トットットッ

コンコン

ガチャッ

花丸「・・・」

善子「すぅ・・・」

スタスタ

花丸「・・・」ジィー

善子「すぅ・・・」

花丸「・・・」スッ

サワサワ

善子「ん・・・」ピク

花丸「っ・・・」ピタ

善子「すぅ・・・」

花丸「・・・」

続きを読む

花丸「紅い唇」

1: 名無しで叶える物語(風靡く断層) 2017/11/05(日) 23:47:28.25 ID:rpEihqQk.net

「―――ふぅ」

読み終えた小説をぱたんと閉じて、マルは一息。


この本―――浦女の図書室の最後の購入リストの中にあった、1冊なんだ。

もう廃校になっちゃうから―――図書室の購入リクエストも、これでおしまい。

浦女が無くなっちゃうのも、もちろん寂しいけど。


この図書室の本棚には、もう―――本が増えることも無い。


ううん、むしろ―――

最近置かれたばっかりの本棚も、もう古くなって歪んじゃった本棚も―――

そこに住む本たちも、それを読む生徒も、みんな――――

ここから、いなくなっちゃう。


実際、もう学校の備品は少しずつ片付けられていて―――

図書室も例外じゃない。

続きを読む

果南「1年生たちと遊ぼう!」【前編】

1: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2017/08/25(金) 00:44:23.69 ID:ilVJp+uK.net

果南「考えてみると、私って1年生とあんまり繋がりないんだよね」

果南「あると言っても同じユニットの花丸くらいで、ダイヤの妹のルビィも一緒に遊んだことはないんだ」

果南「これから同じグループの仲間としてやっていくんだし、仲良くならないとね」

果南「お姉ちゃんってわけじゃないけど、少しは先輩らしくかっこいいとこ見せてやりますか!」

果南「というわけで、まず>>3を遊びに誘ってみようかなん?」

>>1年生の中から1人





果南「1年生たちと遊ぼう!」【後編】

続きを読む

曜「え?このボタンを押すと100万円が?」

1: 名無しで叶える物語(こんにゃく) 2017/10/23(月) 00:50:04.66 ID:zzHgo3Ki.net

花丸「そうずら!お寺の奥にしまってあったんだけどね」

曜「えー?本当に~?」

花丸「でも100万円もあったらアレも…あれだって…それにあれも買えるずら~」

曜「確かに…部費にもなる…」

続きを読む

善子「いてて…」

1: 名無しで叶える物語(こんにゃく) 2017/10/17(火) 22:38:06.98 ID:RgvCWXdq.net

保健室

花丸「もー、善子ちゃん取れないくせに前に出るから…」

善子「うっさいわね!」

花丸「はい、こっち向いて」

善子「…あんたは、ケガ、してない?」

花丸「へ?うん…まるは平気ずら」

善子「…そう」

続きを読む

ルビィ「お風呂大戦争!」花丸「ぷかぷかずらぁ」

2: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2017/10/16(月) 00:18:59.03 ID:fsaAa8+/.net

ルビィ「~♪」シャンシャン


花丸「ルビィちゃん、お風呂沸いたよぉ」


ルビィ「あとちょっと」シャンシャン


花丸「それじゃマル、先に入ってるからね」


ルビィ「え?」


花丸「え?」


ルビィ「いや、ダメ」


花丸「え?」


ルビィ「だめ」


花丸「え?」

続きを読む

花丸「っはぁ~~~」鞠莉「え?」

2: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2017/10/09(月) 02:50:33.27 ID:u5Wb3SqJ.net

ダイヤ「今日はデュオ組で分かれての練習となります...それでは、散!」パンッ


ルビィ「おねぇちゃー♪」ダキッ


ダイヤ「うごっ!!」ヨロッ


果南「ちかー、あっちの日陰でやろー?」


千歌「あー果南ちゃん、あんなとこ連れてってチカにスケベなことする気でしょ」ニヤニヤ


果南「え?」


曜「ジモッ!」シュッ


善子「アイッ!!」ギランッ


鞠莉「...」


花丸「...」

続きを読む

花丸「幼少期のルビィちゃんのアルバムずら」

1: 名無しで叶える物語(関西地方) 2017/10/07(土) 15:33:14.79 ID:RyqqNIm4.net

善子「へぇ、ルビィって昔は髪長かったんだ」ペラッ

花丸「そうだよ」

善子「幼稚園時代の幼いルビィ・・・・アリね!」b

花丸「ヨハネちゃんならわかってくれると思ってたずら!はい、コレ!」スッ

善子「・・・これは?」

花丸「マルの極秘写真集ずら!ここにはルビィちゃんの全てが詰まってるずら!」

善子「・・・・・読ませて頂きます」

続きを読む

ルビィ「にんにん!」花丸「なにそれ」

2: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/09/26(火) 23:07:37.22 ID:xbeco/y4.net

9月21日


ルビィ「実はルビィには夢があるのでした」


花丸「ほーん」


ルビィ「きいて、きいて、」


花丸「ルビィちゃんの夢ってなに?」


ルビィ「ふふふ、それはね」


花丸「うん」ペラッ


ルビィ「ちょっとタイム」


花丸「...」

続きを読む

善子「ルビィが心を開いてくれない」

1: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2017/09/24(日) 20:10:04.75 ID:yxzGLnRv.net

善子「おはよう…… いい朝ね、リトルデーモン達」

花丸「よしこちゃん、おはようずら」

ルビィ「お、おはようございます…… 津島さん…………」

善子「だーかーらー! よしこでも津島さんでもなくて ヨ・ハ・ネ! だってば!!」

ルビィ「ピギィ! ご、ごめんなさい……」ナミダメ

花丸「よしこちゃん、やめるずら。ルビィちゃんが怖がってるよ?」

善子「…………」

続きを読む

花丸「花丸秋の感謝祭」梨子「うぅ…」

1: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/09/23(土) 08:17:31.98 ID:iESo2RyX.net

「花丸秋の感謝祭」とは?

私、国木田花丸が秋に感謝しつつ読書を嗜む毎年の恒例行事なのである

具体的には、家の裏山にて紅葉を愛でつつ芋を焼き、日がな一日気ままに本を読むなんとも贅沢な休日の過ごし方である

気分が乗れば七厘を持ち出して秋刀魚や松茸なんかも焼いちゃうのである!


それなのに…



梨子「ご、ごめんね…」

続きを読む

ダイヤ「梨子さん、曜さん。少しお話があるんですが…」

1: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2017/09/08(金) 19:11:21.74 ID:TjOz4OOw.net

ダイヤ「よろしいですか?」

梨子「はい。かまいませんけど」

曜「私たち何かしたかな?」

梨子「うーん…特に何もしてないと思うんだけど」

続きを読む

ルビィ「浮気だ!」花丸「してないずら」

1: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/08/28(月) 00:32:27.61 ID:/yaaylOJ.net

ルビまる

続きを読む

善子「死人返り」

2: 名無しで叶える物語(東日本)@\(^o^)/ 2017/08/26(土) 21:00:26.07 ID:ZTNp15f0.net

ルビィちゃんが死んだ。
マルたちの目の前で、堤防から足を滑らせて。
海が荒れていて、マルにはどうすることもできず、あっという間に波に呑まれていくルビィちゃんを呆然と眺めていた。
ついさっきまで、マルたち一年生3人の、いつもと変わらない帰り道だったのに…

結局、履いていた靴だけが数日後に発見されたけど、ルビィちゃんは見つからなかった。

一応のお葬式が終わり、みんなは悲しみながらも日常を取り戻していったけど、善子ちゃんだけは家に閉じ籠っちゃった。
みんなは単に、目の前での親友の死にショックを受けたんだって思ってるけど、マルだけは知ってるんだ。
善子ちゃんがルビィちゃんに恋してたことを。そしてあの日、ルビィちゃんに告白しようとしてたってことを。
かわいそうな善子ちゃん…


─────────
──────
───

続きを読む

花丸(こ、これって……官能小説!?/////)ドキドキ

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/08/26(土) 11:17:13.17 ID:dk3mynG0.net

花丸「一体誰がこんなもの落として……」

花丸「……」キョロキョロ

花丸「も、もしかしたら読んでいくうちに誰のか分かるかもしれないから読んでみるずら」パラッ

花丸「……」

花丸「……/////」モジ…

花丸「~~~~~~っ/////」パタンッ

花丸「誰ずらこんなの読んでるのはぁ/////助平ずら!/////」

>>4(図書室に官能小説置いてきちゃった……!)

続きを読む

鞠莉「みんなとハグしたいの!」

1: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/08/23(水) 21:57:32.87 ID:HKdIzs0q.net

鞠莉「最近果南にばかりハグしていたけれどみんなともしたいなって!」

鞠莉「お、いいところに>>3が!」

続きを読む

>>3「>>5…///>>5~~~///」クチュクチュ

1: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2017/08/20(日) 23:44:42.40 ID:h7ef+aaW.net

>>3「イ、イきそう///」クチュクチュ‼

ガララ

>>5「何してるの?」

>>3「!!?」


Aqoursキャラで

続きを読む

ルビィ「今日は何の日?」善子「はぁ?」

2: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2017/08/17(木) 17:20:50.90 ID:MQFnCSxc.net

ルビィ「おはよう❗善子ちゃん✨」

善子「おはようルビィ。いつも以上に張り切ってるわね、何かいい事でもあった?」

ルビィ「えへへ☺あのね善子ちゃん、問題です!今日が何の日か分かる?」

続きを読む

善子「ある夏の午後」花丸「ふたりの会話」

1: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/08/13(日) 13:15:17.89 ID:QVY4GytK.net

善子「ねーずら丸ー?」

花丸「なに?」

善子「なんで貴重な午後休みの日に私の部屋にいるの?」

花丸「ルビィちゃんと遊べなくなったから」

善子「……」

花丸「冗談ずら」

善子「…何気に傷付くからやめなさいよ」

続きを読む

花丸「善子おねーちゃん♪」 善子「お姉ちゃん!?」

2: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ (ワッチョイ 0e18-aEKd) 2017/08/11(金) 21:16:54.16 ID:a/XyQC3A0.net

ルビィ「おねいちゃ~ん♡」ギュー

ダイヤ「あら~、ルビィったら~♡」ギュー


善子「あの2人、ほんと仲いいわね……」

花丸「そうだね♪」

善子「姉妹かぁ……」

花丸(……!)ピーン

続きを読む

花丸「善子ちゃーん♡」

1: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2017/08/10(木) 14:47:35.73 ID:+kNRbljf.net

善子「エッッッッッッッッッ!!」

続きを読む

ルビィ「恋人おしまいなの?」花丸「おしまいずら」

3: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/08/09(水) 00:13:02.38 ID:KQpM7xwN.net

花丸「...」チラッ


ルビィ「~♪」ポチポチ


花丸「ルビィちゃん、なにしてるの?」


ルビィ「んー?」


花丸「んーではなく」


ルビィ「なーいしょっ!」


花丸「はよ教えろずらー!」ムギュー


ルビィ「うわぁああああ!!」ケラケラ

続きを読む

善子「私、ずら丸のことが好きなのよね」ルビィ「え、でも…」

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/08/08(火) 11:39:12.28 ID:XGYRoaXu.net

ルビィ「ルビィも花丸ちゃんのことが好きなんだけど…」

善子「えっ」

ルビィ「…」

善子「……それ、本当なの?」

ルビィ「うん…」

善子「……そう」

ルビィ「……」

善子「……」



善子・ルビィ「どうしよう…」

続きを読む

花丸「善子ちゃんが寝てる……」

1: ◆6sysT0v2o77I 2017/08/06(日) 10:50:49.46 ID:MHpDgdf4o

~昼休み、部室~

善子「すぅ……すぅ……すぅ……」

花丸(善子ちゃん、部室で椅子にもたれてお昼寝するの好きだよね、ほんと)

花丸「それではいつものように……こほん」

花丸「善子ちゃん、起きて―」ボソッ

善子「すぅ……すぅ……」

花丸「起きないとほっぺにチューしちゃうよー」

善子「すぅ……すぅ……すぅ……」 

花丸「じゃあするからね? ……んっ♡」チュッ♡

善子「ん……んぅ……」

花丸(またしちゃった……♡ 眠ってる善子ちゃんも可愛いずら……♡)

花丸(……さて……)

善子「すぅ……すぅ……」 

花丸(よし、いつも通り……完全に熟睡してる)

花丸(じゃあさっそく、善子ちゃんのスカートの中にお邪魔して……)モゾモゾ

続きを読む

ルビィ「マルちゃんってスケベだよね」花丸「え?」

2: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/08/03(木) 00:47:23.68 ID:A9HqzRXj.net

ルビィ「お風呂ー!」


花丸「おっふろー!」


ルビィ「マルちゃんとお風呂久しぶりだね!」


花丸「ねー!」


ルビィ「ルビィから入っていい?」


花丸「ダメずら」


ルビィ「あはは!それセガのスタンプのやつ!」ケラケラ


花丸「いや、...え?」


ルビィ「とぉー!!」バシャー


花丸「おい」

続きを読む

善子「あれ? 他のみんなは?」ガチャッ

2: ◆6sysT0v2o77I 2017/07/29(土) 23:44:15.75 ID:ExX6Ntnbo

~放課後、部室~


花丸「それぞれ用事があるからしばらく遅れるって」


善子「ふーん……そんなこともあるのねぇ……」テクテク...スッ


花丸「……」ガタッ テクテク...スッ


善子「……」

続きを読む
記事検索
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
相互申請・意見要望等
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
スポンサー



QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ