小原鞠莉

梨子「焼き鳥屋・宜候」四

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/17(火) 01:44:33.68 ID:TWyvQGMf0


薄紅の風が空を流れる春の季節がやって来た。

顔を撫でる潮風は柔らかく胸に吸い込む空気はふんわりと温かく気分がいい。

桜舞う春は此処、太陽と海の町である内浦にも変わらずやってきました。

そんな、海辺の町の片隅に一軒、近場の島と富士山がよく見える位置に焼き鳥屋がありました。

新しい店なのに内装は煙で偸み、席はたったのカウンター五席。店員は一人と時々現れるお手伝いのみ。若く快活な女性が店主として切り盛りしてるようです。



その小さな小さな焼き鳥屋は……店主のかつての夢に掛け『焼き鳥屋・宜候』の看板で今日も営業していました。





善子「焼き鳥屋・宜候」


花丸「焼き鳥屋・宜候」弍


ルビィ「焼き鳥屋・宜候」参

続きを読む

千歌「安価で出た目を必ずやるすごろく」

1: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/04/07(土) 02:04:24.20 ID:c/UeKI9p.net

千歌「このモルモットどもぉーー! 我が声を聞けェ!」

梨子「……え?」

曜「千歌ちゃん?」

千歌「私は千歌ちゃんではない! 我が名はゲームマスター、すなわち神である」

果南「いや千歌じゃん」

千歌「千歌じゃなくてゲームマスター! もしくは神!」

曜「それで、そのゲームマスターがどうしたの?」

千歌「君たちには今からこれをやってもらう!」


ペラリ


梨子「……すごろく? にしては、書いてあることがものすごいんだけど……」

千歌「その通りだ桜内梨子ォ……それはただのすごろくではない」

千歌「その名も『チカちゃんマストダイ』……」

千歌「出た目に書いてあることは必ずやらなければならない、死のゲームなのさァ!」

梨子「その名前だと千歌ちゃん死んじゃうよ……?」

千歌「私は不滅だァーー!」

果南「ねえ、千歌ってまたなんか変な影響受けたの?」

曜「……たぶん何かの漫画かドラマだと思う、映画のジュマンジかも」

果南「ああ……CMやってるもんね」

千歌「そこうるさい!いいから聞いて!」

果南「はいはい」

続きを読む

LINEグループ ようよしまり(3)

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/30(金) 18:40:44.43 ID:6Y+1Pwmr0

よくあるLINE形式のss
ようよしまりで

続きを読む

鞠莉「なんで呼び出されたかわかる?」梨子「……」

1: 名無しで叶える物語(茸) 2018/03/05(月) 00:09:58.54 ID:9CwGJUFr.net

梨子「皆目検討もつかないですね」


鞠莉「いやこれよこれ同人誌、エロドージン!しらばっくれないの」


梨子「ああそれは聖書と普段呼んでいるので」


鞠莉「いや知らないけど!?」


鞠莉「…そうじゃなくてあの?流石に学校にエロドージンはやめなさい?壁クイとかアゴクイとかは貴女と私の仲だし別に構わないけど…流石に18禁は…」


梨子「…」机ドン!


鞠莉「ひっ…!な、何!?」


梨子「そんなにアゴクイしたかったの?欲しがりやさんだなマイハニー」クイ

鞠莉「…!!///」


梨子「だったら何度でもしてやんよマイハニー?ほらキスも…」ススッ


鞠莉「ち、ちが…そうじゃなくて!あーもー///誰がマイハニーよ!」

梨子「おいおいマイハニー?私のこと忘れちまったか!?」


鞠莉「うっざ!何そのキャラ!?それで通ると思ってるの!?」


梨子「マイハニー?思い出してくれ!あの素敵だった日々を!」


鞠莉「いや何も思い出せないわよ…だってあなたとそんな思い出ないもの」

続きを読む

曜「鞠莉ちゃんの分からず屋!」鞠莉「分からず屋は曜の方でしょ!」

1: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2018/03/11(日) 07:08:54.17 ID:mq8+V1BI.net

曜「むーっ!」

鞠莉「むーっ!」


果南「ちょっとちょっと。何があったの、一体」

千歌「わかんない、私たちが来たときには既にこんな様子で…」

続きを読む

曜「空腹は人を詩人にさせる」鞠莉「絶好調ね」

1: 名無しで叶える物語(庭) 2018/01/21(日) 06:30:53.65 ID:Ad41GWxt.net

ようまり。

続きを読む

鞠莉「舐めなさい」

1: 名無しで叶える物語(らっきょう) 2018/03/06(火) 01:18:09.83 ID:BN3nf7JP.net

鞠莉「ほら、早く」スッ

千歌「…………っ」

鞠莉「聴こえなかった?練習が終わった後の洗ってない足を舐めろって言ったのよ」

千歌「…………」スッ

鞠莉「ストップ」

千歌「っ!」ビクッ

鞠莉「舐めさせてあげるのよ?感謝の言葉があってもいいんじゃないの?ねえ、千歌っち」

千歌「……はい。ありがとう……ございます……。鞠莉……さま……」

ペロッ

続きを読む

花丸「マル、鞠莉さんに狙われているのかな……」

1: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/03/01(木) 10:00:16.96 ID:/ZN7IyLU.net

最近ね、そんな風に思うんだ。

なんでかっていうと、
鞠莉さん近頃よく来てくれるの、図書館に……

でも、それは本を読みにじゃなくてね?

マルに…会いに来てくれてるんだ……


鞠莉「はーい、マル」


……こんな風にね。

続きを読む

鞠莉「おっぱい、触らせてあげようか?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/22(木) 16:01:26.71 ID:u8clS3S00

曜「えっ……」

善子「ま、マジ……?」

鞠莉「ええ、ただし条件があるわ」

曜「何……?」





鞠莉「『おっぱい触らせてください』って大きな声で言えた方に触らせてあげる…どう?」

曜「おっぱい触らせ……むぐっ!」

善子「ストップストップ!!!待て待て!!」

続きを読む

曜「果南ちゃんの部屋からパンツ持ってきた」鞠莉「マジか」

1: ◆ddl1yAxPyU 2018/02/18(日) 18:43:30.08 ID:ts70iwhm0

曜「ついでに同じ柄のブラも持ってきたよ」

鞠莉「かなりエロい下着じゃない。それ本当に果南のものなの?」

曜「果南ちゃんの部屋のタンスの中から持ってきたから間違いないよ!」

鞠莉「命知らずねぇ……大丈夫なの?」

曜「大丈夫大丈夫、代わりに私のパンツ置いてきたから」

鞠莉「バカ曜だww」

曜「でも、これは流石にヤバイかな?」

鞠莉「んー……最悪、3分の4殺しで勘弁してもらえるんじゃない?」

曜「死んでる死んでるwww」

続きを読む

果南「鞠莉お嬢様との1日」

1: 名無しで叶える物語(こんにゃく) 2018/02/20(火) 22:52:18.35 ID:UhtiTbA6.net

朝6時起床

果南「……んん…朝か」

果南「……」

果南「…さてと」

最初は鞠莉お嬢様のメイドととして雇わられたけど

今では何故か執事として働いている

果南(朝食はパンとコーヒー…はお嬢様飲めないから紅茶かな)

果南「…よし、できた」

果南(あとは)

続きを読む

曜「あ、下駄箱に鞠莉ちゃんの靴まだ残ってる。遅くまで大変だなあ。というか今日ブーツなんだ、ふーん…」ゴクリ

10: 名無しで叶える物語(中部地方) 2018/02/09(金) 21:47:38.33 ID:e6j0pmDy.net

曜「いま誰も見てないよね…?」キョロキョロ

続きを読む

梨子「鞠莉さんのおっぱいを触ってみたいんです」

1: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー) 2018/02/09(金) 10:16:47.45 ID:HOCgmRzF.net

鞠莉「え?」

梨子「聞こえませんでしたか?
鞠莉さんのおっぱいを触ってみたいんです」

鞠莉「梨子…何か変なものでも食べた?」

梨子「いえ、私は至って真面目です」

鞠莉「オゥ…」

続きを読む

果南「>>3」

1: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー) 2018/02/04(日) 21:36:48.74 ID:ieAQRLTP.net

>>3

続きを読む

果南「ねぇ鞠莉、ダイヤってさ」

1: 名無しで叶える物語(こんにゃく) 2018/02/04(日) 22:35:10.99 ID:64csZ8bg.net

教室

果南「オ○ニーすると思う?」

鞠莉「しないでしょ、ダイヤよ?」

果南「そうかな…なんかさ、実はすっごいそういうの好きだったりして」

鞠莉「ないない、だって小さい頃から一緒にいるけど一切そういうところないじゃない」

果南「確かに…あ、ねぇ鞠莉」

鞠莉「んー?」

果南「鞠莉はするの?」

鞠莉「は?何を?」

果南「ん?いやオ○ニー」

鞠莉「わっつ?」

果南「だからオ○ニー」

鞠莉「果南」

果南「なに?」

鞠莉「思いっきりぶっ飛ばすわよ」

果南「ごめんなさい」

続きを読む

梨子「もうすぐバレンタインですね」鞠莉「ええ」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/03(土) 13:56:04.17 ID:WFIkTzSKO


梨子「誰かにあげるんですか?」

鞠莉「みんなにはちゃーんと用意するわよ?マリーの愛情たーっぷりのSo sweetなチョコレートを♪」

梨子「じゃなくて」

鞠莉「What?」

梨子「それは友チョコですよね?」

鞠莉「私はみんな本命よ♪」

梨子「そういうのはいいです」

鞠莉「あ、はい」

梨子「本命チョコを誰かに渡すんですか?って訊いてます」

鞠莉「……へ?」


続きを読む

ノξソ>ω<ハ6「陽の宣告」

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/01/31(水) 20:15:40.01 ID:+0AhBw5V.net

ノξソ>ω<ハ6(今朝から新しいシャンプーに変えたんだけど)

ノξソ>ω<ハ6(誰か気づいてくれるかしら?)

∫∫( c||^ヮ^||「おはよう。ノξソ>ω<ハ6」

ノξソ>ω<ハ6「モーニン♪」

∫∫( c||^ヮ^||「…あれ?ノξソ>ω<ハ6ひょっとして」

ノξソ>ω<ハ6「♪」

続きを読む

ルビィ「鞠莉ちゃんはルビィの妹だもん!」千歌「千歌の妹なの!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/27(土) 14:06:05.45 ID:9NQZJMti0

ルビィ「何言ってるの千歌ちゃん!鞠莉ちゃんはルビィの妹なの!」

千歌「ルビィちゃんこそわかってないよ!千歌の妹だよ!」

ルビィ「ぐぬぬぬ...!!!」

千歌「んんん~~~!!!」


梨子「あ、千歌ちゃん、ルビィちゃん!おはよ...あれ?」

千歌「ふんっ!ルビィちゃん何にもわかってないね!」

ルビィ「千歌さんの方が全然わかってないやぁ!」

続きを読む

ダイヤ「鬱陶しいですわねぇ」鞠莉「やーだー!!」

1: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/01/27(土) 21:47:37.24 ID:9Bey0ueg.net

ダイまり

続きを読む

ノξソ>ω<ハ6「はい、こんにちはー」

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/01/25(木) 23:10:10.11 ID:QrwoqY1e.net

ノξソ>ω<ハ6「ノξソ>ω<ハ6です」

从/*^ヮ^§从「从/*^ヮ^§从でーす」

从/*^ヮ^§从「ふたり合わせて」

ノξソ>ω<ハ6从/*^ヮ^§从「ノξソ>ω<ハ6从/*^ヮ^§从でーす!」

ノξソ>ω<ハ6「ノξソ>ω<ハ6ー从/*^ヮ^§从でーす」

从/*^ヮ^§从「ロシアの人みたいだよ!」

ノcノ,,・o・,,ノレ「......」

続きを読む

鞠莉「ダイヤって私のこと好き?」ダイヤ「はい?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/25(木) 17:10:55.43 ID:NZwWersD0

ダイヤ「なんですか急に」

鞠莉「だってダイヤって私のことたまに邪険に扱うでしょう?なんだかいまいち愛が感じられないのよねー愛が」

ダイヤ「意味がわかりません」

続きを読む

千歌「ホテル、密室、曜ちゃんと二人きり。何も起きないはずがなく……」

1: 名無しで叶える物語(笑) 2018/01/24(水) 15:06:14.61 ID:LEf4nV+k.net

ホテルの部屋

千歌「生まれた時からずっといるんだよ、お姉ちゃんって」

曜「いいなぁ……」

千歌「で、でも……曜ちゃんも私のお姉ちゃんみたいな……よ、ようねぇ……なんて」

曜「あ、もうこんな時間。寝ないと」

千歌「は?」

続きを読む

¶cリ˘ヮ˚)|「妹に 認められたい ヨハネたち」

1: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/01/20(土) 20:55:22.75 ID:/V6b2Hda.net

¶cリ˘ヮ˚)|「⌒°( ^ω^)°⌒ は、ヨハネ達のこと認めてくれているのかしら」

¶cリ˘ヮ˚)|「ヨハネと|c||^.- ^||が共に堕天し、心が通じ合ったあの日...」
(※縛られて台車に載せられていたあの日のことです)

¶cリ˘ヮ˚)|「あの日から結構経つけど」

¶cリ˘ヮ˚)|「未だに⌒°( ^ω^)°⌒ が、祝福してくれている感じがしないの」

続きを読む

ルビィ「だって鞠莉ちゃんが照れてるんだもん...!」

1: 名無しで叶える物語(家) 2018/01/15(月) 13:40:15.63 ID:RMqIn/R/.net

千歌「鞠莉ちゃん、この部分1テンポ速いかも。もう少し気持ち遅くしてもいいかな?」

鞠莉「...♪」ルンルン

千歌「えっと...鞠莉ちゃん?」

鞠莉「ひゃいっ!」

千歌「ちゃんと話は聞いてね。ここはもうちょっと遅めにね」

鞠莉「うぅ、Sorry...」

梨子「どうしたの鞠莉さん、そんなにニコニコして。何か楽しみな事でもあるんですか?」

鞠莉「...え?あ、いやぁ...♪」ウキウキ

千歌「鞠莉ちゃん...?何か嬉しいことがあったのかもしれないけど、今は練習に集中してね」

鞠莉「はぁ~い!」

続きを読む

ダイヤ「変わるもの、変わらないもの」

1: 名無しで叶える物語(家) 2018/01/20(土) 00:19:11.40 ID:MuUdGWWT.net

かなん「だーいーやーちゃーん」

まり「あーそーぼー」

だいや「」カラカラカラ


かなまり「だいや、あけましておめでとう!」

だいや「…あけましておめでとうございます」

かなまり「それとたんじょうびおめでとう♪」

だいや「あ、ありがとうございます。…あの…」

続きを読む

鞠莉「えへへ・・・無邪気な寝顔・・・このまま、ずっと一緒に居られたらいいのに・・・」  |c||˘.-˘|| Zzz

1: |c||^.-^||(聖火リレー) 2018/01/17(水) 17:27:20.95 ID:qYV3TAUj.net

鞠莉「こうやって間近で見ると・・・結構可愛い顔してるのね♥」

鞠莉「ほっぺたとか やわらかそうだし・・・」

鞠莉「はぁ・・・触っても大丈夫かしら」


|c||˘.-˘|| Zzz

続きを読む

善子「焼き鳥屋・宜候」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/11(木) 18:27:46.81 ID:vmkOOz0w0

『開店前』




善子「曜はこの辺って言ってたわよね……あ、あった」


善子「『焼き鳥屋・宜候』……なんていうか、そのまんまね…」


善子「まあ、入ってみましょうか」

続きを読む

鞠莉「焚き火に夢を詰め込んで」

1: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2018/01/08(月) 07:48:05.94 ID:373iMJVW.net

ようまり。

続きを読む

曜「鞠莉お姉ちゃん!」ムギュッ 鞠莉「Oh…」

1: 名無しで叶える物語(山麓の宿場町) 2018/01/03(水) 12:17:06.71 ID:j2+NDLnh.net

新たな境地に目覚めるマリー

続きを読む

ルビィ「一ヵ月おねいちゃぁのアイス盗み食い生活すルビィ!」

1: 名無しで叶える物語(WiMAX) 2018/01/01(月) 19:13:39.30 ID:lCYpeW3K.net

ルビィ「頑張ルビィ!」冷蔵庫ガチャ

ダイヤ「ぶっぶーですわぁ…!」ズル~

ルビィ「ピギャアアア!」

ダイヤ「やはりルビィの仕業だったのですね…」

ダイヤ「冷蔵庫に隠れていて正解でしたわ!」

ルビィ「おねいちゃぁが怖いよぉ…(いろんな意味で)」

続きを読む
記事検索
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
相互申請・意見要望等
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
スポンサー



QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ