小原鞠莉

鞠莉「Step Zero to ...?」

1: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/02/16(木) 10:24:08.58 ID:ams8HXG/.net

鞠莉「私アルバイトする!!!」

ルビィ「ええ…」


───────────────

続きを読む

鞠莉「Chocolate……」曜「泥棒?」

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/14(火) 21:21:44.29 ID:Jm9VLrcr.net

ダイヤ「ええ、そうですわ」

鞠莉「コンビニやスーパーの片っ端からチョコレートというチョコレートを買い尽くすアイツ?」

曜「スイーツの名店からチョコレートベースのスイーツを買い尽くすアイツ?」

ダイヤ「どなたですの、その方々……」

鞠莉「名前からそんなの想像しちゃった☆」

ダイヤ「微妙に具体的ですのね……」

ダイヤ「そうではなくてですね、近頃この浦女で起こっている事件ですわ」

曜「この浦女で……」

鞠莉「事件?」

曜「どんな事件なんですか?」

ダイヤ「簡単に言ってしまえば、この校内に持ち込まれたチョコレートが盗まれる……と、言ったところですわね」

鞠莉「そのまんま過ぎるじゃない、退屈なネーミングねぇ」

ダイヤ「現時点の被害総数が5個や10個だったら、そんな事件になることなんてないんでしょうけれども、ね」

曜「……と、いうと?」

ダイヤ「校内根こそぎ、ですわ」

続きを読む

果南「これだから金持ちは……」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/10(金) 06:15:33.14 ID:i9icdUsx0

てくてくと廊下を歩く。

理事長の仕事も一段落、久しぶりの解放感に思わず鼻歌を歌う。

もうすぐ果南の誕生日。

今年は何を買おうか。

特別なやつがいい。

小原家の力を存分に使って、果南のために――。

去年は郵送だった。それだって、ちゃんとしたプレゼントを選んだつもりだった。けれど。

2年ぶりに直接渡すという機会に、少し緊張してしまっていた。

鞠莉「ん? 部室から何か聞こえるわね……。何を――」

ドアに伸ばした手を引っ込める。

果南の声だ。

反射的に耳を澄ませていた。


続きを読む

【SS】၏ 「အပြ?」

1: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/02/10(金) 12:03:40.99 ID:1vOBLavG.net

၏ 「အထိ? 」

ဩ「ဥဤပ၏ 」

၏ 「ါုဋါဍဆ」

ဩ「မပြ!! 」

続きを読む

ルビィ「バレンタイン×インダストリー」

1: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/02/08(水) 18:47:58.75 ID:eFZOHAyp.net

~黒澤家~

鞠莉「ハーイ、ルビィ!今日は──」


ルビィ「だっ、だめーーっ!」


鞠莉「まだ何も言ってないじゃないの」

続きを読む

鞠莉「かにゃーん♪」果南「邪魔なんだけど」

1: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/02/07(火) 00:05:49.21 ID:omXB7Ozn.net

かなまり

続きを読む

鞠莉「Ummm……デスクワークって肩こるわねえ」

1: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2017/02/05(日) 12:02:24.96 ID:eBC9wxcv.net

鞠莉「もう。書類が多くて嫌になっちゃうわ。ジャパニーズってどうしてこう、何でも書面に残したがるのかしら」

鞠莉「いまどき流行らないわよ。こんなのデータでいいじゃない」

鞠莉「はーあ。せめてダイヤが手伝ってくれてたらなあ。こういうの慣れてるだろうし、私もおちょくって遊べるのに」

鞠莉「なんて愚痴っててもしょうがないか。理事長も私のわがままでやってるようなものだし」

鞠莉「ああそれにしても肩こる。何かいい方法はないものかしらねえ」

――コンコン

「2年の桜内です。理事長はいらっしゃいますか」

鞠莉「梨子ちゃん? いいわよ、入ってー」

梨子「失礼します」

続きを読む

善子「………」ポリポリ

1: 名無しで叶える物語(上総・下総・安房國)@\(^o^)/ 2017/02/03(金) 20:33:42.52 ID:iclW3Ke/.net

ルビィ「あっ善子ちゃん」

善子「ルビィ」ポリポリ

ルビィ「何食べてるの?」

善子「豆よ豆」ポリポリ

ルビィ「へぇ~ちょっともらっていい?」

善子「いいわよたくさんあるから」

ルビィ「えへへ、おいしいね」ポリポリ

善子「あ、ちょっとあっち向いてて」

ルビィ「?」ヒョイ

続きを読む

梨子・鞠莉「ヨハネの不幸体質を取り戻すわよ!」

1: |c||^.- ^||<似たタイトル2作の続きですが読んでなくても無問題ですわ。(笑)@\(^o^)/ 2017/01/30(月) 20:46:18.71 ID:KX09LyJw.net

Guilty Kiss、休日の夕方…

善子「んー!すっごく良い天気!今日はいいショッピング日和だったわね!」ノビー

梨子「…ええ」

善子「あっマリー、そこドブのフタが開いてるわよ。気をつけて」

鞠莉「…うん、ありがと」

善子「あっ!福引きやってるー!ヨハネもやろーっと!」タッタッタ

梨子・鞠莉「…」

カランカランカラーン!

善子「やったわ!見て見てリリー、マリー!2等のお菓子詰め合わせが当たったわよ!」ワーイ

梨子・鞠莉「…」

梨子・鞠莉「ギルティ!」クワッ

善子「!?」ビクッ





前スレ・梨子・善子「クールなマリーを取り戻すわよ!」


前々スレ・善子・鞠莉「リリーの恥じらいを取り戻すわよ!」

続きを読む

果南「わたしの」鞠莉「マリー」

1: 名無しで叶える物語(かぶらずし)@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 22:45:37.11 ID:xEiFpMAT.net

※実験作、未完、


某所……

果南「…」カタカタカタ

果南「…」カタカタカタ タンッ

果南「ふう、こんなもんか…」

果南「万能愛玩お友達アンドロイド…」

果南「MK-OM-2016…」

果南「またの名を…」



果南「…鞠莉1号」

続きを読む

果南「ドリームヌマヅへようこそ!」鞠莉「シャイニー☆」

1: 名無しで叶える物語(ぎょうざ)@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 20:51:26.71 ID:shGapKog.net

20XX年 沼津市内某所・・・

鞠莉「確かここらへんだよねー」

鞠莉「マルにクラブを作るから少し資金援助をしてくれって言われた時はびっくりしたけど、面白そうだったからOK!」

鞠莉「確か名前は――」

花丸「ドリームヌマヅへようこそ、ずら!」

鞠莉「そうそう! DREAM N NUMAZU!」

花丸「って、鞠莉ちゃん!」

鞠莉「折角資金援助したわけだし気になって見に来ちゃった☆」

花丸「ま、まずいずら……。現状を見られたら……」アワアワ

鞠莉「? マル?」

前々作

ダイヤ「ドリームヌマヅへようこそ、ですわ」善子「はあ?」

http://karma.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1483614900/

前作

梨子「ドリームヌマヅ?」曜「ヨーソロー!」

http://karma.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1483956811/
の続編です。

続きを読む

梨子・善子「クールなマリーを取り戻すわよ!」

1: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2017/01/24(火) 18:31:16.66 ID:U/7NXTPj.net

Aqours、ユニット別ミーティング…

鞠莉「あっ!こないだの曲完成したのね♪」

梨子・善子「…」

~♪

『PoPoPop!待ってたんだ待ってたんだキミを♪』

『PoPoPop!今日はずっと離さないよ♪』

鞠莉「ん~☆やっぱり『Pops heartで踊るんだもん!』はキュートな曲だよね~!」ウキウキ

梨子「…そうね」

鞠莉「そうそう聞いて!私、最近はprintempsの『sweet&sweet holiday』にハマってるの☆」シャイニー

善子「…ふーん」

鞠莉「そうだわ!次のGuilty Kissの曲は虹色マカロンみたいなプリティな歌詞を入れたらどうかしら?」

梨子・善子「…」

梨子・善子「ギルティ!」クワッ

鞠莉「!?」ビクッ

続きを読む

ダイヤ「お手紙…? 鞠莉さんからですの?」

1: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 00:10:33.68 ID:4r264MDD.net

先生(24/女性)
「そうなの これ、理事長から読んでねって」スッ

ダイヤ「は、はぁ ありがとうございます えーっと…」ペラ

『to : pretty jewelry head
 
 シャイニー☆ 生徒会長のダイヤちゃんに2つのnewsをお届けするわ!』

ダイヤ「……」

ダイヤ(既に胡散臭い… ジュエリーヘッドってなによ…)ジト

続きを読む

【Aqours昔話】鞠莉「Rolling rice balls !!」

1: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2017/01/13(金) 17:27:31.31 ID:2RnLy3HH.net

昔昔あるところに木こりのおじいさんが住んでいました。

鞠莉(おじいさん)「う~ん!これで午前中は終わり!」ノビー

お昼になったので切り株に腰をかけ、お昼ご飯を食べることにしました。
そのお昼ご飯とは――















鞠莉「Rice ball !!!」

Rice ball !! です

続きを読む

ルビィ「どこまでいっても妹」

1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/01/12(木) 23:28:24.24 ID:9s+cK+Mo.net

ピンポーン

千歌「いらっしゃーいルビィちゃん!」

ルビィ「こんにちは千歌ちゃん」

千歌「さ、入って入って」

ルビィ「お邪魔します」



千歌「ルビィちゃん来たよー!」

曜「ヨーソロールビィちゃん!」ケイレイッ

ルビィ「よ、よーそろー曜ちゃん!」ケイレイ

曜「おおっ、練習の成果がでてるよ!」

ルビィ「えへへ...」

千歌「練習してるの?」

続きを読む

曜「私と魔法使い」

1: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 23:17:31.54 ID:iUmyTVxk.net

ある村に渡辺曜という元気で活発な娘がいました。曜は働き者で食べる事が大好きな普通の女の子です。

曜はダイヤ、善子、梨子という3人の友達とともに暮らしています。家計はそれほど余裕はありませんが、4人で協力しながら楽しい生活を送っていました。

ある日、村の中であるニュースが広まり、話題になりました。その内容は、都で舞闘会が行われ優勝者は現チャンピオンと戦う事ができる。そしてチャンピオンを打ち負かすと都の要職に就くことができるというものでした。


善子「ちょっと聞いた?」

梨子「聞いたよ。村中がこの話題で持ちきりだよね」

ダイヤ「まあ非力なわたくしたちには関係のない話ですわ。…都会で働けるのは少々魅力的ですが」

曜「楽しそうだねー!よーし頑張るぞー!ヨーソロー!!」

善子梨子ダイヤ「!」

続きを読む

鞠莉「呼び方あれこれ」

1: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/01/04(水) 22:14:15.55 ID:rHkan4K8.net

善子ちゃんが気になる鞠莉ちゃんのお話

続きを読む

果南「私が生きようと思ったのは」

1: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2016/12/27(火) 21:15:23.27 ID:gdejUNy3.net

ゴゴゴゴゴ……

?「ここでいいんだよね?」

?「…あ、いや。やっぱりいいや…確かに、ここは…沼津…」

?「久しぶりだな…いつぶりだっけ」

?「だけど、まさかこうしてまた、ここに来るとはね」

?「悪いことばっかりだと、思ってたけど…最後に、ちゃんと思い描いたコト、出来たらいいな」

?「じゃあ、行こうか」

続きを読む

鞠莉「ダイヤ!ハグして!」 ダイヤ「はい?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 01:47:38.02 ID:2UW3DXYJ0

短編・キャラ崩壊あり



鞠莉「ハグして欲しいの!」

ダイヤ「なんですのいきなり」

鞠莉「私気づいたのよ」

ダイヤ「はぁ」

鞠莉「私からはダイヤにも果南にもハグしたわ。そして果南からもハグされた。でも....」

鞠莉「ダイヤからはまだハグされてない!!」

ダイヤ「.....」

鞠莉「.....」

ダイヤ「そうですか」

鞠莉「反応薄っ!」

続きを読む

ダイヤ「また、明日」

1: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 22:48:26.61 ID:zUQblCNt.net

親友を乗せて徐々に遠ざかっていくヘリコプターと、すぐ隣にいる親友の頬を流れる涙の、その両方を思い返すと今でもやるせない気持ちになる。

すれ違い、離れてしまったあの日のことは頭の片隅にいつもこびりついていて、私はずっと考えていた。考えずにはいられなかった。

どうすればよかったのか。
私は、何をすれば、何を言えばよかったのか。

──今更、あの時のことをうじうじと後悔し続けるつもりはない。

ただ、叶うのなら、また三人で笑い合いたい。

どんな未来かは誰にも分からない。ならば、そんな奇跡が起きたって良いでしょう?

そんなことを思いながら、今日もまた一人で校門をくぐる。

今日から三年生。深く息を吸い込んで、気合を入れてみる。

──その時、視界の端に、みかん色の髪が揺れるのを見た。

続きを読む

よしまり「「Guilty Kissのろけ大会!」」梨子「えっ?」

1: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/12/18(日) 08:41:14.36 ID:zBx8psK+.net

ー部室ー

鞠莉「まずはくじを引いてねー♡」

善子「ふっ……魅せつけてやるわ……」スッ

梨子「え? 待って。何これ?」

鞠莉「早く引いて」

梨子「あ、はい」スッ

鞠莉「引いたわね? フフ……引いたわねッ!? 梨子! あなたはもうこの戦いから逃れられないッ!!」

梨子「え……え~……? ていうか戦いなの?」

続きを読む

梨子「ほ、本当にこのメンバーなの…?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/10(土) 17:05:31.45 ID:BXGYt2+O0

サンシャインSS
地の文あり
ギルキス


続きを読む

ルビィ(11)ダイヤ(13)

1: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/12/10(土) 15:53:42.28 ID:b0YG2D2/.net

ルビィ「じゃあ帰ったらすぐ駅でね!!」

花丸「うん!」

ルビィ(今日は…なんにもないよね?)

ルビィ「ばいばいまるちゃん」

花丸「またあとでね」

続きを読む

鞠莉「嘘っ! ファーストキスはレモン味じゃないの!?」

1: ◆E9MhvIcHXGjR 2016/12/08(木) 22:45:21.87 ID:qWZN5ddl0


・ファーストキスといえばレモン味ですよね

・すごく短いです

・ダイマリです


【SS】善子「へぇー、ファーストキスはイチゴ味なのね……」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1481202286/

よしりこ編も読んで頂けると嬉しいです。


続きを読む

鞠莉「かーなんっ」

1: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2016/12/06(火) 02:17:18.49 ID:BXhM1X/E.net

ドンッ

果南「うぉっ」

鞠莉「あ~やっぱり果南は安心するわね~♡」

果南「ねぇ鞠莉、理事長の仕事しなくていいの?」

鞠莉「い~の~」

果南「よくないと思うけど」

鞠莉「じゃ~果南が代わりにやってよ~」

果南「そんな簡単に…」

鞠莉「でへへ~果南のおしり柔らかいわね~」

果南「ねぇ鞠莉、仕事しようよ」

続きを読む

鞠莉「シークレットオブマイガール」【ようまり】【あのキスパロ】

1: 名無しで叶える物語(雨が降り注ぐ世界)@\(^o^)/ 2016/12/05(月) 23:34:15.50 ID:o2YwxCna.net

~朝練終わり~

鞠莉「曜?あなた髪切った?」

曜「うん確かに昨日切ったよ!鞠莉ちゃんよくわかったね!ほんのちょっとしか切ってないのに…」

鞠莉「曜のことなら些細なことでも何でも気がつくわ!!」ジマンゲ

鞠莉「いつもその髪型だけど、曜は髪の毛伸ばしたりしないの?きっとロングな曜もとってもcute!私見てみたいわ!」

曜「ハハハ/// 昔は伸ばそうと思ったこともあったんだけどね………うーん、でも今はいいかな」

鞠莉「どうして?とっても似合うと思うんだけど…」

曜「理由がないことはないんだけど………///やっぱ恥ずかしい!!これは墓まで持っていこう//」ボソボソ

続きを読む

曜「恋ができない吸血鬼」

1: ようまり(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/12/03(土) 20:26:09.93 ID:TL+BzD0i.net

最近、内浦近辺に「吸血鬼」が現れる――

若い女性ばかり狙われるが、命に別状はないようだ――

吸血される前後の記憶はあやふやで、犯人像はぼやけたまま――

そんな噂がささやかれはじめて、早くも一年半が経過した。

噂が流れ出した時は、絶世の美少女だとか、いや醜悪な年増だとか、いやいやどこにでもいる幼女だとか。

噂は尾ひれがついて流布されるものとはいえ、しまいには「血を吸った後は影に潜って去っていった」なんて言われていたみたい。

まったく、そんな超能力なんてもっていないのに。

ていうか、吸血行為はやめてないんだから「美少女」って噂を続けてほしいなぁ。

そんな風に思わずにはいられないのは、私、渡辺曜……噂の吸血鬼、本人です。

続きを読む

鞠莉「飲み会ね」梨子「うん、待って」

1: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/12/01(木) 17:29:46.02 ID:rbdDNYow.net

鞠莉「そういうわけで、飲み会をしようと思うの」

梨子「はい?」

善子「のみこみ悪いわねリリーは」

梨子「いや、いきなりそんなこと言われても何ものみこめないから」

善子「まぁいいわ。鞠莉さんお願い」

鞠莉「ええ、いいこと梨子?」

梨子「は、はいっ」

鞠莉「このまま年月を重ねて、お酒を嗜む時がくると思うの。いえくるわ」

鞠莉「そんな時にたった一杯で酔いつぶれちゃったら………そんなリリーも悪くないわね」

善子「鞠莉さん脱線しないで!」

梨子(帰っていいかな……?)

続きを読む

鞠莉「理事長の仕事、手伝ってもらってごめんね」曜「ううん、全然平気だよ」

1: 名無しで叶える物語(芋)@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 22:43:52.72 ID:sgtiZOLz.net

曜「鞠莉ちゃーん、この書類ってこっちの棚でいいんだっけー?」

鞠莉「Yes どーんと突っ込んといて!」

鞠莉「ふぅ、曜が頑張り屋さんで助かるわ~」

曜「鞠莉ちゃん理事長!これくらいの仕事、お安い御用でありますっ!」ビシッ

曜「でもちょっと意外かな。鞠莉ちゃんだったら、こういうのダイヤさんとかに頼みそうなのに」

鞠莉「うーん…ダイヤってああ見えて実はアナログ人間だから、パソコンとかダメなのよねぇ」

曜「あぁ…。なら善子ちゃんは?」

鞠莉「ヨッシーは……あの娘はもうちょっとやる気があれば良いんだけど」

曜「あはは、そうかも。仕事とかすぐ投げ出しちゃいそう」

鞠莉「そうそう。だから曜がテキニンってワケ♪」

曜「えへへ、そう言って貰えると嬉しいな」

曜「えっへん!私ってば、なんでもこなせちゃうからね。こういう時はよく頼られるんだ~」

曜「この前だって同じクラスの子にね~・・・」ガサゴソ

曜「ってあれ、自分で言ったら自画自賛かな?あはは」

鞠莉「曜……」

曜「さてと、次はあっちのデータ入力だったよね。よーし張り切っちゃうぞー!」

鞠莉「ねえ、」

曜「?どうしたの?」

鞠莉「…曜はどう思ってるかわからないけど、」

鞠莉「理事長の仕事って、大事な書類とかもあってね、誰にでも適当に頼めるものじゃないのよ?」

鞠莉「信頼できる人…」

鞠莉「私は曜にしか、いいえ、曜だから頼んだの」

鞠莉「だからそんなこと言わないで。あなたはもっと自分に自信もっていいのよ」

曜「鞠莉ちゃん…」

続きを読む

千歌「見て見て鞠莉ちゃん!オトノキ坂のアルパカの動画だよ!」

1: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/11/27(日) 22:43:40.57 ID:WGiEUESx.net

鞠莉「…………オゥ!SoCuteね!」

千歌「でしょ!?カワイイよねー」

鞠莉「東京では、こんなカワイイ動物を飼育しているのね」

千歌「そーなの!実はこれμ'sがいたころの動画なんだよ」

鞠莉「μ'sがいたころの?」

千歌「うん。このアルパカ、当時人気でね。学校のアピールポイントの一つだったんだって」



千歌「それでね――マリちゃんにお願いがあるんだけどぉ…………」

鞠莉「イイと思う!」

千歌「へっ?まだチカ、何も言ってないよ?」

鞠莉「私たちの浦の星もアピールできるよう、なにか飼育したいんでしょう?」

千歌「そうそう!さすが、マリちゃん!話が早い!」

鞠莉「オーケー!小屋から何から、サクッと準備するから!

続きを読む
記事検索
Loading
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
相互申請・意見要望等
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ