小泉花陽

凛「かよちーん!ちゅーするにゃー!」 真姫「!?」

1: ◆b4ctJeXiv2 2017/11/15(水) 08:45:57.54 ID:j+9Asr0a0

花陽「ちょ、ちょっと凛ちゃん!」

凛「どうしたにゃ?」

花陽「あ、えっと……あの……」

真姫「ち、ちゅーってどういうことよ!///」

凛「え?ちゅーはちゅーだよ?」

真姫「いやだから、あの」

花陽「真姫ちゃん、あとでわたしが説明するから」

凛「?」

花陽「凛ちゃん、とりあえずあとでね?」

凛「えー!?凛は今ちゅーしたいのー!!」

花陽「凛ちゃん!///」

真姫「ヴェェ///」

花陽「ダレカタスケテ-!」

―――

――



続きを読む

凛「凛が毎朝かよちんにキスしなきゃいけない法可決?」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/01(水) 23:44:19.57 ID:Nysx3wPR0

凛「えーっと、毎朝かよちんにキスするの?」

花陽「そういうことかなぁ?」

凛「毎朝…か。朝練のない日曜日くらいはゆっくりお昼まで眠ってたいにゃー」

花陽「もう、凛ちゃんってばー」くすくす

法律を決める子「…」
法律を決める美「…」


次の日

凛「かーよちん」

ちゅっ

花陽「ぴゃあ!」
凛「今朝も法律通りにゃー」

花陽「うんっ!ありがとう、凛ちゃん!」
凛「こんなことならお安い御用だよ!」

花陽「けど、明日が問題の日曜日だね」

凛「はぁ…早く起きれるかな?凛心配だよぉ」

花陽「大丈夫!私が起こしに行ってあげる」

凛「本当に?やったぁ!これで日曜の朝問題も解決にゃー…でも、それだとかよちんがお昼まで寝れないよ?」

花陽「お昼までは寝ないよぉ…」

凛「じゃあ!おでかけして起こしに来れない日は?」

花陽「あっ!そこは盲点だったね」
凛「どうしよう…」

ピロリロリン

凛「あれ?誰からだろう」

続きを読む

凛「この人は……えっと…部活の先輩、だよ」海未「!!」

1: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/09/23(金) 21:51:54.13 ID:0gNeFxEc.net

凛「今日も練習づ~が~れ~たにゃ~~!!!」

海未「ライブが近いんだから当然です。希がへばらなければもう1度合わせて変更した立ち位置を完璧に仕上げたかったのに…」

凛「あれ以上やったら死人が出るにゃ。最近ユニット練習が怖いよ…」

海未「リリホワは素敵なダンスと昭和のノスタルジーが売りなんだから諦めてください」

凛「何その売りっ!?凛もうプランタンにお引越ししようかな……あれ?あそこにいるのは──」

モブA「あれっ、もしかして凛ちゃん?」
モブB「ほんとだ!おーい、凛ちゃーん!」

続きを読む

凛「希ちゃん口癖交換しないやん?」

1: 名無しで叶える物語(新潟・東北)@\(^o^)/ 2015/08/07(金) 23:59:45.79 ID:U9H5/IO+.net

希「しないやんって何?」

凛「希ちゃんの口癖でんがな」

希「そんな大阪弁風じゃないもん」

凛「んなアホやん?」

希(何なの)

続きを読む

凛『花陽「んっ…凛ちゃん、おさんぽきもちいよぉ…///」』

1: 名無しで叶える物語(風靡く断層) 2017/10/18(水) 22:48:59.93 ID:KlZ8CKtM.net

凛『花陽「ふわぁ…凛ちゃん、あったかいよぉ…///」』カタカタ

凛『花陽「凛ちゃんともっとおさんぽしたい…///」』カタカタ

凛『花陽「もぅ…そこじゃない、こっちだよぉ…///」グイッ』カタカタ

凛『花陽「凛ちゃん…来て…///」』ッターン!

続きを読む

花陽「にこちゃんのお味噌汁、おいしいね。毎日食べたいなぁ♡」 にこ「そ、それって」ドキドキ

1: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2017/09/23(土) 10:52:05.96 ID:VhGYAg7a.net

花陽「作り方、教えてほしいな♡」


      ヽJ(*'ヮ'*)し/   ニコー  
      \(.\ ノ
    、ハ,,、  ̄

続きを読む

花陽「今夜は凛ちゃんとお月見です!」凛「凛はお月見するかよちんも好きにゃ~」

1: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/09/28(木) 00:37:09.26 ID:lM8qwhib.net

  

花陽「凛ちゃん、今日の夜一緒にお月見しない?」ニコニコ


凛「うん、かよちんとお月見するにゃ~」


花陽「じゃあ、練習終わったら凛ちゃんは一度お家に戻ってお泊まりセット(下着のみ)持ってきて」


凛「わかったよ 凛、ダッシュでとってくるから」


花陽「あ、危ないから急がなくていいからね?」


凛「凛は心配症のかよちんも好きにゃ~」

続きを読む

海未「寝ますよ」花陽「いやです」

1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/09/27(水) 20:48:31.83 ID:OqWP7y2s.net

うみぱな

続きを読む

花陽「秋だね」

1: ◆U8q6OIlszM 2017/09/23(土) 22:55:36.12 ID:MK2MIxXL0

【読書】

 
凛「まーきちゃん!」

真姫「な、何よ」

凛「何やってるの?」

真姫「何って、読書してるの」

続きを読む

花陽「まりも?」穂乃果「まりも」

1: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2017/09/05(火) 01:58:48.32 ID:N3EVPyFF.net

花陽「ほんとにまん丸だねー」

穂乃果「でしょー?」

花陽「でも小さいね」

穂乃果「そーなんだよー」

花陽「大きくなるの?」

続きを読む

希「オカルト好きな私と見える後輩」

1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/08/05(土) 22:04:05.93 ID:91ZBID0v.net

うちの名前は東條希!音ノ木坂学院の3年生!

前回までのうちと真姫ちゃんのお話は

ひょんなことからシックスセンスを持っている真姫ちゃんと出会ったうちは真姫ちゃんを強引にうちの部活に勧誘

そして真姫ちゃんをうちが所属するオカルト研究部に入部させることに成功!
しかし、そんな喜びもつかの間、うちが住んでるマンションで怪事件が発生!なんとそれは悪霊の仕業による事件だったんよ

うちもその悪霊に襲われたんやけど、真姫ちゃんや真姫ちゃんの友達の星空凛ちゃんと小泉花陽ちゃんの活躍もあって無事に除霊に成功

オカルトは好きだけど、実際にそういうことに遭遇するとやっぱり怖いのもんやね
でも!それで、うちが懲りた訳でもトラウマになった訳でもないし

むしろ真姫ちゃんや他の皆に何かがあった時に少しでも役に立てるように強くならないといけないと思ったんよ
だからオカルトについてはこれからもまだまだ研究していかないとね?
この物語はそんな変わったうちとシックスセンス持ちの真姫ちゃんとのお話です

真姫「.....誰に向かって言ってるのよ、希」

希「まぁ、こういうのはお約束やん?」


前スレ:真姫「オカルト先輩と見える私」

続きを読む

絵里「エスケープ大作戦」

1: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2017/08/23(水) 00:45:46.14 ID:jqeJEaag.net

絵里「……」

ことり「……」

花陽「……」

絵里「今日集まってもらったのは他でもない…私達3人に危機が迫ってるからよ…」

続きを読む

勇者「くっ…勝てないのか」魔王「ははは!μ'sの星空凛ちゃんが好きな人と2人っきりでお風呂に入らないと俺様は倒せない!」

1: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2017/08/20(日) 22:32:17.35 ID:f1FWMD3e.net

勇者「なにっ!」

魔王「たかがレベル99のお前ごときにこの俺様が倒せるわけがないだろ!」

勇者「ぐっ…!何かいい手はないのか…なにかっ!」

魔王「いい手?…ふっ、だから言っただろ!あるとすればμ'sの星空凛ちゃんが好きな人と2人っきりでお風呂に入ることだと!」

勇者「スーパーアイドル星空凛ちゃんが好きな人と2人っきりでお風呂に入るなんてあるわけないじゃないか!」

魔王「…」ニヤッ


勇者「まさか貴様!それが狙いで…!」

魔王「恨むなら純粋無垢でまじえんじぇーすぎるスーパー可愛いスーパーアイドル星空凛ちゃんを恨むんだな!」

勇者「たとえお前に負けたとしても純粋無垢でまじえんじぇーすぎるスーパー可愛いスーパーアイドル星空凛ちゃんを恨むなんて俺にはできない!」

続きを読む

希「ゆるりと雨宿り」

1: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2017/08/20(日) 01:07:32.30 ID:EO5tYQCH.net

ザーザー…

希「んー…参ったなぁ…」

ザーザー…

希「いつ止むんかなぁ…」

ザーザー…

続きを読む

花陽「お兄ちゃん、今日学校でね…」

1: 名無しで叶える物語(四国地方)@\(^o^)/ 2017/07/30(日) 22:36:58.30 ID:CerjqV/C.net

第1話:小泉家の食卓


花陽「体育のソフトボールで初めて塁に出れたよ」

花陽「まぁフォアボールでだけど。えへへ」

花陽「ソフトって難しいんだね…振っても全然当たんないや」

兄「前の方に立ってバット短めに持っとけ」

花陽「そしたら打てるの?」

兄「いや知らんけど」

モグモグ…

続きを読む

穂乃果「部室の中で」

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/07/28(金) 17:30:58.07 ID:yQC+mPcC.net

花陽「穂乃果ちゃん遅いねー。何やってるんだろう?」

ことり「穂乃果ちゃん日直だから……でも、それにしても遅いね。」

花陽「……」

ことり「……」

花陽「ひ、暇……だね……」

ことり「あ、うん……」

花陽「……」

ことり「な、なんだかこの部屋、暑い……ね?」

花陽「え、うん……」

続きを読む

花陽「かき氷」

1: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2017/07/29(土) 21:48:14.92 ID:lq/B0F9q.net

ガラッ

穂乃果「いらっしゃいませー!」

絵里「こんにちはー」ヒョコッ

花陽「お邪魔しまぁす」ヒョコッ

穂乃果「あ、絵里ちゃん、花陽ちゃん!」

花陽「あ、穂乃果ちゃんだ」

絵里「今日は穂乃果が店番してるのね」

続きを読む

海未「第2回ことぱなピュアピュアラジオ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/24(月) 12:36:08.29 ID:m0Z1s4te0

♪ねぇひとつだけ 聞いていい? 私のこーとー♪

ことり
「はい!始まりました!ことぱなピュアピュアラジオ!」

花陽
「第2回だね!」

ことり
「メインパーソナリティの南ことりです!」

花陽
「同じく、小泉花陽です!」

ことり
「今日は2回目ながらゲストがいるんだよね!」

花陽
「早速紹介しましょう!この人です!」

続きを読む

ことり「ことぱなピュアピュアラジオ!」 花陽「第1回スタートです!」

2: 名無しで叶える物語(雪だるま) 2017/07/23(日) 21:02:59.07 ID:dsUBl3ai0

ねえ、1つだけ、聞いていい?

私のこ~と~


ことり
「さあ始まりました!第1回ことぱなピュアピュアラジオ!」

花陽
「イヤちょっと待ってよことりちゃん!」

ことり
「なあに?」

花陽
「なあにじゃないよ!何これ!?」

ことり
「ことりとかよちゃんにラジオのオファーっていうから来てみたんだよ?」

花陽
「具体的に何やるとか聞いてないよ!?」

ことり
「第1回だから私達を簡単に紹介するんだって!」

花陽
「花陽何も聞いてないんだけど!?」

ことり
「でも普通にやっても面白くないから~」

花陽
「無視しないでことりちゃん!?」

ことり
「ことりがかよちゃんを、かよちゃんがことりを紹介するみたいだよ!」


花陽
「え?えええええ!?」




続きを読む

花陽「進路どうしよぉ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/18(火) 22:08:14.89 ID:h3eMYco+0

花陽「はあ…」

凛「かーよちん」

花陽「あっ、凛ちゃん!」

凛「かよちん何してるの?」

花陽「えっとね、実はねこないだ絵里ちゃんと希ちゃんが進路の話をしててね」

凛「進路?」

花陽「うん」

続きを読む

にこ「絵里との距離」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/13(木) 18:30:28.68 ID:1Oh/VfOMo

にこ「カップリングという言葉がある」

絵里「突然なによ」

にこ「だってまだ部室に私たちふたりしか集まってないのよ?」

絵里「そうね。だからなによ?」

にこ「・・・だから!」

にこ(・・・絵里とふたりっきりでなにを話せばいいのよ! 気まずい!!)

続きを読む

ことり「ちゅん、ちゅん!」花陽「ぴゃあっ♡」凛「にゃーにゃー、にゃ!」

1: 名無しで叶える物語(わたあめ)@\(^o^)/ 2017/07/11(火) 00:09:51.76 ID:nVCa+PTA.net

ことり「ちゅんちゅん!」

花陽「ぴゃあ?ぴゃあぴゃあ」

凛「にゃ!にゃー、にゃーにゃー」

ことり「ちゅん?......ちゅんちゅんちゅん♪」

花陽「ぴゃあ?ぴゃー♪」

凛「にゃーにゃーにゃ、にゃー♪」

続きを読む

真姫「凛の体を性的に蹂躙する」凛「阻止する」花陽「援護する」

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/01(土) 18:12:39.43 ID:ZMGzMqmW0

真姫「というわけで凛、ちょっとそこのベッドで横になって?」

凛「どういうわけで!?絶対嫌にゃ!!」

真姫「なんでよ。気持ち良いわよ?」

凛「き、気持ち良くてもダメなものはダメなのっ!!」



花陽「突然始まった舌戦。真姫ちゃんはあんなコトやこんなコトをしたいみたいだけど、凛ちゃんは断固拒否なんだって」

花陽「今日は土曜日。月曜日から学期末テストがあるから泊りがけで勉強会をしようって話になって、私たちは真姫ちゃんの部屋に来てるの」



真姫「説明ありがと、花陽」

凛「かよちん、誰に喋ってるの…?」


続きを読む

真姫「オカルト先輩と見える私」

1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/06/05(月) 01:22:20.93 ID:NJxxVbF2.net

真姫「人間には元々五感、視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚が備わっているわ」

真姫「これは古来から人や動物が外界を感知する為に備わっている感覚よ」

真姫「...けどね、私にはそれ以外にもう一つ、シックスセンスがあるの、ようは幽霊が見えたりする霊感が備わっているのよ」

真姫「他には直感が鋭かったりするわ...え?これじゃ6個以上あるんじゃないかって?....細かいことは別にいいじゃない!」

続きを読む

あんじゅ「他校に行く時って何だかワクワクする」

1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/06/24(土) 14:47:15.17 ID:+T0z29TN.net

湿った煎餅30枚目

続きを読む

真姫「できたわ!体が小さくなる薬よ!」 花陽「真姫ちゃんすごいね~あっ!」ドンッ

1: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2017/06/18(日) 08:40:16.08 ID:JjqAogrL.net

ボフッ

真姫「花陽?!」

花陽「ゲホッゲホッ」

真姫「大丈夫!?」



真姫「ちょっと花陽!?」

はなよ「…」チョコーン

真姫「しまった…」

続きを読む

まきりんぱな「あーしたてんきにしておくれ♪」

1: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/16(金) 19:25:12.37 ID:UAg58oM5.net

凛「あ~あ、つまんないにゃ…」

花陽「ずっと雨だもんね…」

凛「もー!そろそろ練習しないと体なまっちゃうよー!」

花陽「そんなこと言っても…今は私たちしかいないし…」

凛「だいたい生徒会の2年生組はともかく、3年生組はなにしてるの?」

花陽「えっと…にこちゃんはなんか職員室に行くって言ってたよ?」

凛「絵里ちゃんと希ちゃんは?」

花陽「さ、さぁ…?」

凛「あーもー!あと2人くらいいればちょっとは練習出来るのにー!」

続きを読む

凛「かよちんがりんぱなもののエロ本隠し持ってた…」

1: 名無しで叶える物語(米)@\(^o^)/ 2017/05/25(木) 14:49:48.50 ID:xoODk6D1.net

凛「かよちんがぁ、かよちんが怖いぃ!」ガタガタ

花陽「誤解! 誤解なのぉ!」

凛「かよちんに犯されるぅ!」ブルブル

花陽「やめて!」

続きを読む

うみえりまき「ソルゲ組と花陽」

4: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/05/22(月) 17:24:24.29 ID:S19vunzu.net

真姫「みんな遅いわね」

絵里「私達3人だけの部室っていうのも珍しいわよね」

海未「そうですね」

絵里「…ねぇ、私達って巷でソルゲ組って呼ばれてるらしいわよ」

真姫「何よそのそるげ…?ていうのは」

海未「私達の名前の頭文字…を取っているわけでもなさそうですね」

続きを読む

真姫「花陽と私が」花陽「談笑するだけのお話」

2: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/05/21(日) 00:55:50.38 ID:KAjpPCFQ.net

-部室-

ガチャッ

真姫「あら、花陽だけなのね。」

花陽「あ、真姫ちゃん。」

真姫「凛もいないの?」

花陽「英語の小試験の結果に引っかかっちゃって職員室連れて行かれちゃった…。」

真姫「あぁ…。あの子らしいわね。」

続きを読む
記事検索
Loading
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
相互申請・意見要望等
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
スポンサー



QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ