高海千歌

千歌「よーちゃんはチカのもの」

1: 名無しで叶える物語(庭) 2018/05/25(金) 09:36:04.53 ID:dGVh5vyB.net

千歌「ただいま~」ガラッ

曜「あっ、千歌ちゃんお帰り~」

千歌「あれ? よーちゃん起きてたんだ」

曜「うん、さっき起きたところ」

千歌「そっか。今日もちゃんとおとなしくしてた?」

曜「もちろんだよ。だからさ、この───」

続きを読む

VR高海千歌をプレイ中の曜ちゃんにありそうなこと

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/05/21(月) 19:02:24.09 ID:kBbsqPPx.net

知らずに部屋に入ってきた善子ちゃんにキスしちゃう

続きを読む

志満「この子は?」千歌ママ「果南ちゃんよ」

1: 名無しで叶える物語(庭) 2018/05/16(水) 22:45:50.32 ID:4jReJ60W.net

志満「かなん…?」

千歌ママ「あの~、松浦さんちの」

美渡「へ~」ツンツン

かなん「ん~…」Zzz…

千歌ママ「さっき寝たんだから起こさないでよ~?」

美渡「可愛いな~ほれほれ~」ツンツン

かなん「んんっ…」プイッ

続きを読む

千歌「…曜ちゃん太った?」

1: 名無しで叶える物語(こんにゃく) 2018/05/20(日) 21:47:26.10 ID:+eHfwNIt.net

曜「え…?」

千歌「……」

深夜1時、千歌ちゃんのお部屋で喉元に包丁を突き付けられている

ような感覚が全身に伝わった

…曜だけに。

千歌「…気のせい…じゃないと思う」

曜「え…そう…?」

続きを読む

千歌「卓球で初めて曜ちゃんに負けた」

1: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/19(土) 08:22:19.39 ID:Eo4Tvv4Q.net

千歌「・・・」

曜「千歌ちゃん、そんな部屋のすみっこで三角座りしてないで機嫌なおしてよ・・」

続きを読む

千歌「ルビィちゃんのプロフィールを変えルビィ!」

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/05/14(月) 22:31:44.24 ID:0OZG2Z7H.net

千歌「黒澤ルビィこと、ルビィちゃんのプロフィールをー?」

ルビィ「変えルビィ!」

ダイヤ「その話し合いを録音し、後ほど文字に起こします……と」

千歌「がんばー?」

ちかルビ「ルビィ!」

千歌「いやー、やっぱりこれやると元気でるね♪」

ルビィ「うんっ♪」

ダイヤ「千歌さんぶっぶーですわ!腕の開き具合が甘い!」クワッ

千歌「えぇ……」

続きを読む

果南「素顔の私で」

1: ◆0r2MuZL2Q. 2018/05/13(日) 23:03:52.26 ID:P76YzYpWO

【朝は元気な挨拶から】

千歌「おはヨーソロー!」

果南「・・・」

千歌「果南ちゃん、おはヨーソロー!」

果南「・・・」

千歌「おはヨーソロー!!」

果南「ちゃんと聞こえてる」

千歌「なら返事くらいしてよ、もうっ!」

果南「いや、だって・・・」

千歌「仕方ないじゃん。『こんちかー』はお昼じゃないと使えないんだもん」

果南「別に曜じゃないのに『ヨーソロー』を使ってるのを非難してる訳じゃないよ」

千歌「あれ? じゃあなんで?」

果南「なんで玄関開けたら千歌がいるのさ」

千歌「そんなの決まってるじゃん。たまには一緒に登校したいなーって。えへへ♪」

果南「今、何時?」

千歌「6時!!」

果南「・・・はあ。ランニング付き合う?」

千歌「あ、それはいい。家の中で待ってるよ」

果南「・・・」

続きを読む

千歌(気持ちに気付いて……ダイヤさん……)

1: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/05/12(土) 00:42:58.78 ID:dvgvFhDd.net

例えばね。

わざとだらしない格好をしてみたり。

服をわざとはだけさせてみたり。

「ねぇねぇ」って自分でもあざといと思っちゃうくらい甘い声で貴方を呼んでみたり。

背中にピタッてくっついて肩に顎を乗せてみたり。

そういう行動って全部「貴方の事が好きです」っていう意味に捉えられると思うんだ。

でも、貴方は気付いてくれないんだよね……


ダイヤ「はしたないですよ千歌さん」


そういってタオルをかけてくれたり、服を整えてくれる。

貴方はいつもそうしてくれる。

それはとっても優しいなって思うけど、
でも、それは千歌の求めてる事じゃなくて……

続きを読む

梨子「大人になろうよ」曜「オトナ?」

4: 名無しで叶える物語(茸) 2018/04/17(火) 13:51:01.43 ID:3HJF2s6e.net

高校を卒業したのは3年前のことだ。

沼津にある大学に入学してからは、留年しないように勉強に励み、サークル活動に打ち込んで、アルバイトをこなしつつ、たまに地元のボランティアにも参加なんてしてたらあっという間に月日が経ってしまった。

地元からの知人が多かったことに加えてAquorsの知名度も相まって、友人に囲まれた賑やかな学生生活を送ることができたとは思う。


だけどそこに彼女は居なかった。


高校生活の2年間、いつも一緒に時間を過ごした、あの悪友は私の隣には居なかった。

続きを読む

千歌「だるまさんがころんだ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/06(日) 23:48:09.21 ID:CHNN1ZM20


ちか「だるまさんが~」

かなん「……」ソローリ

ちか「ころんだ!」

かなん「ふっ」ピタ

ちか「……うごいて、ない。もういっかい!だーるまーさんーが、ころんだっ」

かなん「よっ」ピタリ


ちか「──むぅ。かなんちゃん、ぜんぜんつかまらないからつまんない!」

かなん「まだまだだねぇ、ちかは」

ちか「だrmさ*?んだ!!」

かなん「え!ちょ、それはズルだってば」

ちか「ズルじゃないもーん」

かなん「ズルだよ」

ちか「ズルじゃない!」

続きを読む

千歌「善子ちゃんは普通が嫌い?」

1: 名無しで叶える物語(あゆ) 2018/05/01(火) 13:36:11.38 ID:Hcm2wYB5.net

善子「なによ急に」

千歌「普通が嫌いなら、私の事も嫌いなのかなって思って」

善子「……」


本当になんなの?

急に変な質問してきて……


善子「そうね……」


意図はわからないけど、帰り支度をしている手を休めないで答えるわ。


善子「普通は嫌いよ」

千歌「そう」

善子「でも、貴方の事は……」

千歌「……?」

善子「嫌いじゃないわよ」

千歌「そうなんだ」

善子「まぁ、好きでもないけどね」

千歌「ふぅん、そっか」

善子「……」


言ってから「あぁ、また余計な事を言っちゃったわ」と後悔。

きっと「千歌先輩の事が大好きです」とでも言えば良かったんだろうけど……

実際口から出たのは「貴方の事は好きでも嫌いでもない」という、さっき休憩中に食べたアイスみたいに冷えた冷たい言葉。

そこには甘さなんて物はちっともなくて、
こんなキツい言葉ばかりが出てくる、自分の口が本当に嫌で仕方なくなっちゃう。

続きを読む

梨子「この世にいる女の子が千歌ちゃんで雄が曜ちゃんになれば争いはなくなると思うの」

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/04/22(日) 21:41:06.78 ID:gCFUJeU0.net

( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

その一言で、世界は一変した


ただちに『全人類曜千化計画』が遂行され
全ての人類は『チカ』と『ヨウ』になった
そして人類は気づいた、このままでは子が生まれないではない。
男性がいないのでは人類の繁栄は終わったと思われた。

しかしそれは違った。

生物というものは進化を遂げることができる
彼女たちの中で突然変異を起こした者が現れ、最終的には女性同士で子供をもつことが可能となった
また『ヨウ』と『チカ』は二種類とも『女』だ
染色体からみてもXXとXXなので女の子しか生まれなくなっていた


人類の種類が『ヨウ』と『チカ』になって様々なものが変わった

まず『外国語』が消えた
基本は昔で言われるところの『日本語』だが
全人類が元日本人なのだ、当然である
『ヨーソロー』や『謝謝』などの外来語は
始祖となる『渡辺曜』『高海千歌』の知っていた言語も含めてひとつの『言語』となった

人類が目指していた『共通語』がこのような形で達成できるとは誰も考えはしなかっただろう


そして『苗字』も消えた

『渡辺』『高海』という苗字は籍を入れる際に変わるのだが、『ヨウ』から結婚を申し込む確率が非常に高く、調査をしたところ、いつのまにか全人類が『渡辺』となっていた。このことをきっかけに『苗字』は廃止となる

続きを読む

千歌「曜ちゃんのプロフィール変更議事録だよ!」

1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/04/29(日) 22:31:00.88 ID:bDTWT3WT.net

千歌「ダイヤさん始まりましたよ!あっ、いや、ダイヤちゃん!」

ダイヤ「一発で決めると豪語していましたのに……まぁいいですわ。これはAqoursの衣装担当である渡辺曜さんのプロフィール変更の会議を録音したものです……と」

曜「よろしくお願いしまーす♪」

続きを読む

曜「バイトするであります!(*> ᴗ •*)ゞ」

1: 名無しで叶える物語(聖火リレー) 2018/04/28(土) 14:52:57.61 ID:CoDgg57J.net

曜「遊びすぎてお金なくなっちゃった…」

曜「>>2のバイトしよ!」

続きを読む

曜「千歌ちゃんが寝てるし身体に落書きしよう」

1: 名無しで叶える物語(ぎょうざ) 2018/04/23(月) 19:42:36.93 ID:cwkvX3J5.net

千歌「うぐっ……。ひっく……」グスグス

梨子「っ! 千歌ちゃんどうしたの!?」

曜「誰かが千歌ちゃんが寝てる間に千歌ちゃんの服を脱がせて落書きしたの!」

千歌「服もどこにもなくて、ぐすっ……」

梨子「そんな、ひどい……!」

曜「くっ、誰がこんなことを……!」ググッ

続きを読む

梨子「なかったことにしたくないから」

1: ◆EU9aNh.N46 2018/04/22(日) 06:48:27.52 ID:L5HOfUV+O

??「はい、歌詞できたわよ」
 
梨子「ありがと、千歌ちゃん……って貴女は誰?」
 
梨子(聞いたことない声……顔も霞んでてよくわからないし)
 
??「えっ!? 梨子こそチカって誰のこと? 東京にいた頃の知り合い?」
 
梨子「質問に質問で返さないでよっ!」
 
??「……悪かったわ」シュン

続きを読む

果南「わたしのチカと」梨子「私の千歌ちゃん」

1: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/04/19(木) 05:35:11.19 ID:69Tt2tQH.net

「チカ。好きだよ」

「チカも…好きだよ、果南ちゃん」


「千歌ちゃん、好きよ」

「梨子ちゃん。チカも好きだよ!」


「チカ…」

「果南ちゃん…」

「千歌ちゃん…」

「梨子ちゃん…」


「「好き」」

***

続きを読む

千歌「あっあっあっあっ♡」曜「業務分掌」パンパン

1: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/04/18(水) 19:10:30.45 ID:6F3uu0cz.net

曜「はぁっ、はぁっ、もうこんな時間だー!」タッタッタ

曜「今日は結婚記念日だから早く帰るって千歌ちゃんに言ったのにー!」

曜「今日にかぎって外せない残業が入るなんて!」

曜「急いで帰らなきゃHAPPY BINTA TRAINされちゃう!」

曜「急がなきゃ・・・!」

続きを読む

千歌「曜ちゃんの好意に素直になれない・・・」

1: |c||癶.-癶|| お嬢様部をよろしく御願い致します(湖北省) 2018/03/31(土) 19:07:07.58 ID:q7pEJEg0.net

曜「千歌ちゃん私のこと好き?」

千歌「?」

千歌「よーちゃんのことは好きだよ?」

曜「千歌ちゃ~ん、えへへ」スリスリ

千歌「もう!よーちゃんくっつきすぎ!」

曜「えー? 別にこれくらい普通だよ~」サワ・・・

千歌「太もも触らない!」ペシ!

曜「恋人だからいいでしょ?」

千歌「恋人になった覚えは無いよ!?」

曜「私は千歌ちゃんが好き 千歌ちゃんは私が好き ほら!これはもう恋人じゃん!」

曜「そして、恋人だから太もも触ってもいいと思う!」

千歌「話が飛躍しすぎ!」

曜「ねぇねぇ千歌ちゃ~ん♥」スリスリ

千歌「めっ」ペシッ

曜「あうっ」

千歌「セクハラよーちゃんはおいてっちゃうもん!」

曜「あっ、待ってよー! 千歌ちゃん!」





千歌(うぅ、よーちゃん可愛すぎ・・・///)


从/*^ヮ^§从  なーんつって奇跡だよなぁ!

続きを読む

梨子「焼き鳥屋・宜候」四

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/17(火) 01:44:33.68 ID:TWyvQGMf0


薄紅の風が空を流れる春の季節がやって来た。

顔を撫でる潮風は柔らかく胸に吸い込む空気はふんわりと温かく気分がいい。

桜舞う春は此処、太陽と海の町である内浦にも変わらずやってきました。

そんな、海辺の町の片隅に一軒、近場の島と富士山がよく見える位置に焼き鳥屋がありました。

新しい店なのに内装は煙で偸み、席はたったのカウンター五席。店員は一人と時々現れるお手伝いのみ。若く快活な女性が店主として切り盛りしてるようです。



その小さな小さな焼き鳥屋は……店主のかつての夢に掛け『焼き鳥屋・宜候』の看板で今日も営業していました。





善子「焼き鳥屋・宜候」


花丸「焼き鳥屋・宜候」弍


ルビィ「焼き鳥屋・宜候」参

続きを読む

曜「千歌ちゃんみかん取って」

1: 名無しで叶える物語(こんにゃく) 2018/04/16(月) 13:13:28.55 ID:uLtaE0Hu.net

こたつ

千歌「これかー?これがほしいのかー?」

曜「ほしい!ほしい!」

千歌「お手!」

曜「はいっ!」

千歌「ちんちん!」

曜「え?なんて?」

千歌「ちんちん!!」

曜「なに?」

千歌「ちんちん!!!」

曜「失敬な!!ついてないよ!!」

続きを読む

曜「千歌ちゃん、もしかしておっぱい大きくなった?」モミッ

1: 名無しで叶える物語(神宮) 2018/04/16(月) 20:05:52.36 ID:/EU1KOA2.net

千歌「ひゃっ///」

千歌「……曜ちゃん、いきなり何すんの!」イヤーン

曜「いやあ、なんか急に確かめたくなってついつい」アハハ

千歌「セクハラ曜ちゃんめ……。チカも揉み返してやるぅ!」

モミモミッ

曜「キャッ///」

曜「千歌ちゃ……っ、私そんな強くさわっ……あっ///」

千歌「ふーむふむ、曜ちゃんも随分と大きくなったんじゃなーい?」ニヤニヤ

モミモミ モミモミ

曜「ひゃっ……んっ///」

続きを読む

千歌「幼馴染の果南ちゃんと」

1: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭) 2018/04/16(月) 00:29:37.82 ID:NBPguAGy.net

冬、冬といえばこたつ、こたつといえばみかん。

みかんの季節がやってまいりましたー!

というわけで、果南ちゃんとみかんデートだよ。

最近はスケジュールが合わなかったから冬になってから会うのは初めて。

久々だとわくわくするね。

果南「やっほ」

来た!

千歌「果南ちゃん久しぶりー!」

左手はポケットに入れたまま右手をすっと高くに上げる仕草が果南ちゃんらしかった。

続きを読む

梨子「大好きな千歌ちゃんともっと仲良くなりたい!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/07(土) 06:50:47.03 ID:aWfbYWDk0

梨子(千歌ちゃんがAqoursに誘ってくれたおかげでまたピアノと向き合えるようになったし、1年間すごい刺激になりました。感謝の印に恩返しがしたいです!)

~~~~

十千万

梨子「と言う訳だから、何かやって欲しいこととかないかな?」

千歌「>>2

続きを読む

千歌「安価で出た目を必ずやるすごろく」

1: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/04/07(土) 02:04:24.20 ID:c/UeKI9p.net

千歌「このモルモットどもぉーー! 我が声を聞けェ!」

梨子「……え?」

曜「千歌ちゃん?」

千歌「私は千歌ちゃんではない! 我が名はゲームマスター、すなわち神である」

果南「いや千歌じゃん」

千歌「千歌じゃなくてゲームマスター! もしくは神!」

曜「それで、そのゲームマスターがどうしたの?」

千歌「君たちには今からこれをやってもらう!」


ペラリ


梨子「……すごろく? にしては、書いてあることがものすごいんだけど……」

千歌「その通りだ桜内梨子ォ……それはただのすごろくではない」

千歌「その名も『チカちゃんマストダイ』……」

千歌「出た目に書いてあることは必ずやらなければならない、死のゲームなのさァ!」

梨子「その名前だと千歌ちゃん死んじゃうよ……?」

千歌「私は不滅だァーー!」

果南「ねえ、千歌ってまたなんか変な影響受けたの?」

曜「……たぶん何かの漫画かドラマだと思う、映画のジュマンジかも」

果南「ああ……CMやってるもんね」

千歌「そこうるさい!いいから聞いて!」

果南「はいはい」

続きを読む

千歌「彼女の一番に」善子「なりたくて」

1: 名無しで叶える物語(有限の箱庭) 2018/04/09(月) 06:39:20.14 ID:lFspk6ZD.net

🌸🌸🌸
 
【このままでいいの?】
 
不意に頭の中でわたしを問い詰める声が聞こえた
 
誰なの?
 
言うまでもない、わたし自身の聞き慣れた声色だ
 
このままで、ってなんのこと?
 
悪寒がしたのも束の間、すぐに全身が熱に侵されてゆく
 
【どっちつかずな宙ぶらりんの状態で】
 
自分が自分でなくなったようだった
 
枕元に置いてあるスマホを手に取り、通話アプリを起動させた
 
まだ早朝5時であるのもお構い無しに、彼女の項目を選択して……

続きを読む

曜「4月のフール」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/04(水) 23:59:08.61 ID:+a3qclJg0

少し遅れましたがエイプリルフールを題材にしたssです

続きを読む

善子「μ'sのパチンコ?」ルビィ「ぴぎ?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/01(日) 10:39:00.87 ID:E3baf5VI0

千歌「そう! あの伝説のスクールアイドルμ'sがパチンコになるんだって!」

ルビィ「そ、そういえばA○BとかもパチンコあるってCMとかで見たことあるかも!」

善子「それで、ヨハネ達がここに呼ばれたことと何か関係があるの?」

千歌「なんでも宣伝動画を作るために今勢いがある私たちAqoursに打ってみてほしいんだって」

ルビィ「でも、パチンコって18歳未満は――」

千歌「あぁ、パチンコって言ってもお店に置くとかじゃなくてスクールアイドルショップとかで稼動させるらしいよ」

千歌「一定数の玉が出るとグッズと交換できる、みたいな」

善子「ふーん、ゲームセンターみたいな感じになるのかしら」

ルビィ「μ'sのパチンコなら景品とかがなくてもちょっと遊んでみたいかも」

続きを読む

梨子「ぽかぽか陽気と桜の下で」

1: ◆EU9aNh.N46 2018/04/01(日) 13:48:06.87 ID:nJvS3LTZO

千歌ちゃんルーム
 
梨子「千歌ちゃん、入るよ」
 
千歌「Zzz……すぴー」
 
梨子「……日曜だからってまだ寝てるし」
 
梨子(お布団がふっとんじゃってる。こんなポカポカ陽気だから寝てたくなるのもわかるけど)
 
千歌「う~ん……もう食べられないよ梨子ちゃん……Zzz」スースー
 
梨子「はぁーどんな夢見てるのかしら」ツンツン

続きを読む

花丸「作詞するずら」

1: 名無しで叶える物語(しか) 2018/03/29(木) 21:38:54.28 ID:PtgV/Vwt.net

 年末のある日


-高海家 千歌ちゃんの部屋


千歌「………ウーン」カリカリ…

花丸「…………」


千歌「………はっ!?」バッ

花丸「…………」


千歌「…………」カリカリ…

花丸「…………」


千歌「………はっ!?」ババッ

花丸「…………」
 

続きを読む
記事検索
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
相互申請・意見要望等
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
スポンサー



QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ