2018年09月16日

〔GAME〕「ヤンデレ幼馴染からの逃亡~私の赤ちゃん作ってね~」QRoss




 タイトル画面の女の子が包丁持ってるのでなかなかのインパクト。ヤンデレでこういう作品は意外に珍しいと思います。

 
 〈概要〉
 幼馴染の愛菜とは小さい頃に結婚しようと言った仲ですが、主人公は今となっては口約束だと思っています。ところが愛菜は本気で、クラスメイトとの間柄を心配し、ついに実力行使に出るのでした。

 〈エロの傾向〉
 ヤンデレな幼馴染に襲われてしまいます。本番多めです。
 シチュは、フェラ、バック、騎乗位、パイズリ、対面座位、正常位、足コキなど。


 オススメ度  ★★★★★★★☆☆☆
 ヤンデレな幼馴染に閉じ込められてしまった廃校からの脱出を目指すRPGです。RPGといっても鬼ごっこタイプなので、幼馴染に接触した時点でOUTになり、戦闘要素はありません。

 物語の舞台となる廃校は三階建てになっていて、階ごとに扉で区切られています。主人公はそれぞれのフロアにある教室などを回ってアイテムの取得や謎解きを行い、無事に鍵を手に入れることができれば下の階に降りられるという仕組みです。
 廃校の中では幼馴染が主人公を探し回っていて、危険度は画面左上に表示されるスマホの色の変化でわかるようになっています。幼馴染に発見されてしまうと鬼ごっこのような状態になり、主人公はどこかの部屋に逃げ込んで、幼馴染をやり過ごさなければなりません。部屋の中にはロッカーなどの隠れ場所が表示され、時間内に隠れることができれば、幼馴染から逃げ切ることができます。もしもたついて間に捕まってしまうと、そのままHシーンに突入します。幼馴染に5回捕まってしまうと強制バッドエンドです。ゲームクリア時には、捕まった回数によってエンドが変化します。

 こういう鬼ごっこ系の作品というと、サキュバス相手になることが多いので、ヤンデレから逃げるというのは初めて見た感じで、これは意外に盲点だなと思いました。実際にプレイしてみると、ヤンデレの強引に迫ってくるという性質と閉鎖空間からの脱出という組み合わせは、確かに相性が良くて作品としてしっくりくる感じでした。

 ゲームそのものは比較的シンプルで、各フロアもそれほど広さはありません。謎解きを中心に、ヤンデレに遭遇したときに逃げるという仕組みも、メリハリが効いています。
 ただ脱出のための謎解きが、ひとつひとつはそれほど難易度は高くないものの、その時にピンとこないとハマりやすいタイプのものなので、個人的にはクリアするのにけっこう苦労してしまいました。例えば、「ID:偶数」というヒントの謎解きがありました。僕は最初、主人公の所持している8桁のIDのことだと思い、その中の偶数の数字だけを入力してみたもののNG。それじゃ別のIDを探さなきゃいけないのかなあと考えて、フロアをしばらくウロウロしたものの、結局他のIDは見つかりませんでした。実際の答えはというと、IDそのものは正しくて、ただ並びが偶数番の数字だけを入れる、というものでした。こんな感じにヒントはもちろん表示されるんですが、少しのひらめきがないと停滞してしまうことはあるんじゃないかなと思います。謎解きに物語的な連動性が感じられないことも多いため、それまでの展開から答えを推測するということもできません。僕の頭の回転の悪さもあって、少々難儀しました。
 それから、フロアにある部屋の位置関係が把握しづらかったです。特に2Fがそうだったんですが、入れるところがどこなのか、どことどこがつながっているのかがわかりにくくく、探索の際に少し戸惑いました。

 ヒロインはちょっと垢抜けない感じの容姿に、主人公が他の女の子と話しているだけでもたらしこまれていると思いこむ自分勝手に偏った思い込みなど、いかにもヤンデレといった感じのキャラでした。
 Hシーンは、相手がヤンデレということで、やはり強制的な本番がメインです。それ意外のシチュも基本的なものになりますが、足コキは潮吹きまであるので最もハードなシチュになるかなあと思います。全体的には、ヒロインに包丁で脅されたり、拘束されたり、媚薬を飲まされたりして、主人公は拒否するも抗いきれず、ついには射精まで持っていかれてしまう展開なので、ヤンデレを期待する人には、しっかり実用的だと思いました。
 ちなみにこのHシーンは、ランダムに発生するものと、限られた場所で捕まったときにしか発生しないものがあり、CGをコンプするのには部屋を総当たりと言った感じでこちらもちょっと大変でした。

 ヤンデレを謳った作品としては、ヒロインの性格やHシーンの展開、不安を煽るBGMなど、ややホラーテイストなどで、幼馴染の異常性が良く演出されていたと思います。とはいえ展開にあまり極端なものや出血みたいなものは出てこないので、ヤンデレ好き意外の人でも、そんなに心配しないで楽しめると思います。終わり方も、トゥルーエンドはとてもさばさばしたものなので、後味も悪くなかったです。バッドエンドはまあ予想通りな感じでしたが。個人的にはゲームのコンセプトはすごく好きだったので、もう少し謎解きとかCGコンプがわかりやすかったらなあと思いました。ちなみに攻略については 公式サイトに載っているので、詰まった人、Hシーンをお手軽に楽しみたい人は参考にするといいと思います。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
コメント
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索