2018年12月23日

〔GAME〕「緋奈沢智花の絶対女王政」 裸足少女


緋奈沢智花の絶対女王政


 「絶対女王政」なんてなんかすごそうですけど、実際はほど良い感じでプレイしやすかったです。


 〈概要〉
 緋奈沢智花は文武両道才色兼備の完璧超人の生徒会長。恋愛を夢見る新入生の高科咲弥は、突然普通科から一般大衆のサンプルとして、帝王学科の生徒でのみ構成されている生徒会役員に選ばれてしまいます。一緒に活動をしていく中で、智花に惹かれた咲弥は玉砕覚悟で告白します。ところが予想外にOKされ、カレシ兼ドレイになることを誓わされてしまったのでした。


 〈エロの傾向〉
 攻略対象は生徒会長のみです。フェラ、パイズリ、本番多め、チンカス描写多めです。一部アニメーションします。
 シチュは、足舐め、フェラ(アニメ)精通、騎乗位破瓜、会議中に机の下で足コキ、パイズリフェラ皮むき(アニメ)、本番しながらおっぱいのチンカス舐め取り、猫耳バニー姿で顔面騎乗足コキ放尿、足を舐めながら本番(アニメ)、机の下でフェラ、ペニスを紐で縛られてパイズリフェラ/太ももコキ/ひょっとこフェラ、アナルセックス、大浴場の中で本番/乳首責め手コキ/剃毛、ボンデージ姿で手錠目隠しパイズリフェラ/乳首責め、廊下でバック、オナニー見せつけられおあずけ、全体朝礼中に壇上でフェラ、貞操帯をつけられキンタマフェラ/貞操帯をつけたまま本番、チンポ耐久射精マラソン、アナルをバイブで責められながらフェラ/アナルをバイブで責められながら本番、脇舐め/浣腸器で責められながらバック、メイドのコスプレをさせられて手コキ/フェラ/バック、授乳手コキなど。


 オススメ度  ★★★★★★★★☆☆
 完璧超人なカリスマ生徒会長と、女の子みたいと言われる少し頼りなさそうな主人公の、生徒会活動と恋愛を中心にした学園もののADVです。
 主人公の通う学園には、いわゆる庶民が通う普通科と、選ばれた上流階級が通う帝王学科のふたつの学科があります。そんな学園の生徒会は帝王学科の生徒でのみ構成され、学園の運営に対する大きな権力を与えられていますが、その長年の慣例は悪しき弊害を生み、またそれが当然のこととされてきました。生徒会長が普通科に通う主人公を例外的に生徒会の役員に選んだことで、学園内に小さくも着実な変化が起きていきます。

 生徒会長は、その生徒会運営が「絶対女王政」といわれるほどの完璧超人かつ強烈なカリスマの持ち主です。言動は常の凛としていてクール、典型的な女王様として描かれています。洞察力や分析力に優れていることから、時に口調が大仰で理屈っぽいこともあります。ただし、生徒会や学園の現状に対する問題意識を持ち、人の意見に耳を傾け、自ら省みて変化する柔軟性もあります。
 主人公は決死の思いで生徒会長に告白し、「ドレイ兼カレシ」という契約を結ぶことになりますが、最初は主人公と付き合うことに実感を伴わなかった生徒会長も、やがて明確な恋愛感情を自覚するようになっていきます。

 攻略対象は生徒会長のみで、分岐もなく完全に一本道です。
 生徒会長は事あるごとにSが強調されるキャラですが、いわゆるガチなSではなく、恋愛ゲーム的な範囲内でのSキャラです。主人公に対しても、付き合うにあたって「痛みを与え、下僕のように扱うのではなく、愛あるペットとして可愛がってあげる」という宣言があり、シチュもその範囲内で行われます。
 主人公もそもそもが軽度のマゾで、生徒会長からは「愛ある躾を好む」「年上の女性から"可愛がられる"ことを好む気質を持つ」と見抜かれてしまってますし、次第に調教を期待するようになっていくので、責めと受けはお互いにストレスのない阿吽の呼吸という感じでした。

  Hシーンは完全に生徒会長主導で、生徒会長の望んだ内容で行われます。指示内容はけっこう大胆で、生徒会室はもちろんのこと、学園内の廊下や室内プール、はては女湯の大浴場の中などでもHに及んでしますますし、会議中に足コキや、壇上でフェラなど、誰かにバレたら一巻の終わりというようなスリリングな状況でのHシーンもあります。シチュとしてはパイズリやフェラ、本番が多いですが、珍しいのは生徒会長がチンカスにご執着な点です。包茎の主人公にオナニーを禁止させてフェラでチンカスを味わい、溜まっているだのニオイがするだのと楽しそうに責めてきます。僕は個人的にはチンカス描写は好きではなかったですが、そういう人のために設定でチンカス描写のミュートできるようにもなっていました。
 それ以外のシチュも顔面騎乗からの放尿や、バイブや浣腸でのアナル責め、脇舐め、女装、貞操帯などいろいろ出てきます。どれも快楽重視なので、射精禁止だとか調教だとかいっても、貞操帯をつけられたことで狂おしい思いをするとか、痛みが中心のキビシイ責めをされるようなことはありません。ひとつのシーンで複数の射精があり、カウントダウンも表示されるので実用的です。一部はアニメーションもしますが、最初の方に固まっていて、中盤以降はさっぱり出てこなくなってしまうのは残念でした。それから、フェラのアニメーションで断面図が出てくるのは個人的には好きではなかったので、ON/OFFができたらなあと思いました。
 生徒会長自身の指示ながら、アナルセックスなんかもあるのは一応注意です。

 いろいろ思ったこととしては、まず、ミドルプライスの作品として登場人物が多いのに、攻略対象が生徒会長ひとりというのがちょっと予想外でした。その事自体は別に不満はないのですが、脇を固めるサブキャラがしっかりしているので、どこかで分岐してもおかしくないと思いましたし、中盤くらいからでてくるキャラについては、無理に出さなくてもその役割を別に持たせれば、話としては成立してしまいそうにも思いました。
 それから、物語は主に主人公が入学してからの一年間が描かれ、その都度挟まれるカレンダーの日付で、今が一年のいつなのかということがわかるようになっています。学園の行事とともにカレンダーは進んでいきますが、比較的ゆっくり進行していたものが11月から一気に3月にすっとんでエピローグになってしまったので、物語にはここからまだもう一山ありそうかなと勝手に想像していたこともあり、ちょっと不意をつかれてしまいました。
 そういったことをいろいろ考えると、この作品はもしかしたらもともとフルプライス予定だったものが、ミドルプライスへと変更になったのかなあなんて思ったりもしました。僕のただの想像なので、全然的外れかもしれません。そうだったらスミマセン。

 物語としては、生徒会長の対抗軸のような存在もあり、プレイしながら生徒会長が窮地に陥るパターンもあり得るかなと思いましたが、立ち向かうべき困難はありつつも極端なものはなく、生徒会長のクールな姿勢が乱れることもなかったので、逆に安心してプレイすることができました。  

 あとは細かいことになりますが、主人公が性に疎いとはいっても、オナニーしたことないどころか、意味さえ知らないというのはちょっとやりすぎのような。それからペニスが平常時5cmから勃起時21cmというのもすごいなと思いました。

 全体として、Hシーンはそれぞれに濃厚でしたし、シチュも上級者には物足りないかとは思いますが、それでもアナル責めくらいまでは用意されていてしかも快楽重視、恋愛も両立されていることから、責めに愛が欲しい僕にはすばらしく合致していて、非常の満足度の高い作品でした。本番多くても大丈夫な人にはおすすめです。 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
コメント
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索