2019年08月06日

〔GAME〕「正義感溢れる少年がサキュバスに死ぬまで射精管理され続ける話」 ニッチの察知


正義感溢れる少年がサキュバスに死ぬまで射精管理され続ける話



 くすぐりと触手と射精管理がすごいです。 サキュバスってきっとこういう感じなんだと思います。


 〈概要〉
 ジェイドは護衛団からの指令で、サキュバス退治をしていました。腕には自信があったジェイドでしたが、上級サキュバスに魅了され、捉えられてしまいます。サキュバスからは一ヶ月間射精を我慢できたら開放してあげるといわれますが、ジェイドは耐えきることができるでしょうか。


 〈エロの傾向〉
 サキュバスに監禁され、自由を奪われ、責められます。くすぐり、触手、射精管理要素が強いです。
 シチュは、ぱふぱふ状態、手コキ、乳首責め、脇腹こちょこちょ、脇こちょこちょ、触手で耳責め、亀頭責め、催淫の魔法、太ももくすぐり、性欲増強魔法、おちんちん制御リング、裏筋カリカリ、寸止め100回、乳首とペニスを触手責め、触手尿道責め、パイズリ、パイズリフェラ、足の裏のニオイ責め、足コキ、完全射精禁止魔法、Wくすぐりなど。


 オススメ度  ★★★★★★★☆☆☆
 サキュバスに捕まり監禁されてしまった主人公が、一ヶ月間、サキュバスの責めに耐えきろうとするADVです。

 「選択肢型ミニアクション付きADV」と銘打たれていますが、システムが割と独特です。
 基本的には、サキュバスの責めの途中に選択肢が表示され、任意に選んでいくことでエンドが分岐する仕組みです。これだけだと一般的なADVと変わりませんが、この作品の場合は、主人公の気持ちや葛藤を表現した「性欲ワード」がマンガの吹き出しのようにいくつも表示され、選択肢を覆い隠しています。「性欲ワード」をクリックして潰さないとその下の選択肢をクリックすることができませんし、更には時間制限もあるので、急いでどの選択をするのか決めないといけません。流れとしては、時間内に一生懸命「性欲ワード」を潰して任意の選択肢をクリックする、という感じになるので、なかなか緊張感がある面白い仕組みになっています。

 物語は、毎日やってくるサキュバスにじっくり時間をかけて責められるというものです。主人公が手足を拘束されてしまい、余裕たっぷりのサキュバスにもてあそばれてしまいます。サキュバスとは、一ヶ月射精を我慢できたら開放されるという約束がされているので、主人公はなんとか耐えきろうと試みます。
 最初は強気だった主人公も、毎日の責めで次第に気力や抵抗力を削り取られ、取り乱し、やがてろれつが回らないほどに堕ちていってしまいます。射精をしないように耐えるのが目的だったはずが、いつの間には射精のことしか考えられなくなり、サキュバスに懇願するようになっていく過程がわかりやすく描写されていると思いました。

 シチュの内容は、触手を含むくすぐり系と寸止めや射精管理が中心になります。中でも触手を使ったものがなかなか強烈で、触手での乳首責めや尿道責めもありますが、個人的には耳の中を這い回る耳責めが、ぞりぞりという気持ち悪いSEも相まって、プレイしていてまさに耳を蹂躙されている感じで、鳥肌が立つほどの臨場感がありました。
 また、くすぐりもその時だけにとどまりず、責めが終わって開放されても体は火照ったままになってしまい、だんだんと体が敏感にさせられていくので、くすぐりにはこういう効果もあるんだなあと関心しました。
 射精管理もなかなかキビシイです。切迫した状態から更にペニスに触れるか触れないかのギリギリで期待させて生殺しとか、1000時間以上寸止めとか、追い込まれた状況から更に精神が崩壊するほどに追い込まれていくので、そのときの主人公の取り乱し方も含めて見どころが多かったです。
 それ以外のシチュでは、みんなが大好きなパイズリとか足コキも用意されているので、トータルではかなり充実していると思いました。

 気になった点もいくつか。
 1つ目は、ゲームシステムについての説明がないので、最初に選択肢が出てきたときに、どういう仕組みになっているのかよくわかりませんでした。簡単にでも説明があると良かったかも。
 2つ目は、「Z」キーで次へ/決定などのキーボードによる操作がちょっとやりにくいような気がしました。これは仕様の問題かもしれませんが。
 3つ目は、ギャラリーモードで、プレイ中に見たはずのものが開放されていないような状況がありました。同梱のテキストには「正規ルート以外に3つの分岐イベントが存在します」とあり、エンドは4つみたのですが、それでもコンプにはなりませんでした。もしかしたらセーブデータの問題か、もしくは僕に何か勘違いがあるのかもしれません。
 それからこれは好みの問題ですが、地の文が多少独特で、描写の情報量が多いせいか、僕はやや頭に入りにくかったです。

 全体としては、サキュバスものとしてレベルの高い作品でした。サキュバスの主人公に対する言動はフランクでも、人間に愛情などなく最初から逃がす気もなく、玩具や食料としか考えていない点が、サキュバス本来の気質を表しているようですばらしいと思いました。主人公も体を敏感にされた状態で射精できないので、ちょっと乳首を責められたり、ちょっと亀頭を責められたりするだけでも、すごくエロさを感じさせてくれました。例え激しい責めでなくても責める側と責められる側に一体感があり、エロの質が高いと思いました。
 僕はあまり人外に造詣は深くないですが、本来サキュバスはこうあるべきというひとつの理想的なサキュバス像かなというふうにも思いました。やや独特ではありますがおすすめです。
 ちなみに攻略のヒントはフォルダに同梱されているので、参考にするといいと思います。自力コンプは難易度高いんじゃないでしょうか。


コメント一覧

1. Posted by 名無し   2019年08月07日 19:35
ギャラリーは、環境セーブじゃなくて個別セーブデータで管理しているので、エンディングを迎えたあとに続きから再スタートしないとコンプリートはできないです。
2. Posted by IKARUGA1326   2019年08月09日 22:57
コメントありがとうございます。

そうだったんですね。
クリアしたのにギャラリーにないなあと
不思議に思っていました。
謎が解けました。感謝です。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
コメント
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索