2020年02月04日

〔GAME〕「Milking Farm」 ディーゼルマイン




 ドットアニメがよく動きます。エロい。


 〈概要〉
 ランは人探しに森に出かけたところで、サキュバスに捕まり精液搾精用の牧場施設に送り込まれてしまいます。無事に施設から脱出することができるでしょうか。


 〈エロの傾向〉
 サキュバスによって、ドットアニメ→Hシーンに突入するパターンと、いきなりHシーンに突入するパターンがあります。
 ドットアニメは、四つん這いアナル責め手コキ、背面騎乗位、四人に全身おっぱいでつつまれてパイズリ、三人に顔を尻で責められながら尻コキ、スライム騎乗位、拘束されて顔面騎乗フェラ、顔面騎乗で搾精機、四肢を拘束されておっぱいにかおをうずめながら足コキ、玉を揉まれながら足コキ、箱からペニスだけ出されて亀頭責め潮吹き、四肢を拘束され騎乗位、顔に秘所を押し付けられ射精、全身パイズリなど。
 Hシーンは、
 サキュバス:牛状態で拘束手コキ
 小悪魔:後ろからパイズリ搾精
 ラピティ:騎乗位、若返らされてぴっちりスーツの中で顔をおっぱいに挟まれて腹ズリ、若返らされてぴっちりスーツの中で拘束されて手コキ寸止め
 ムゥナ・マァナ:後ろからだきつかれながら対面座位
 オートマータ:全身をおっぱいに囲まれて騎乗位
 オートマータ:顔面騎乗+パイズリ
 スライム・ナースサキュバス:スライムに拘束されながら騎乗位、
 エスト:薬を飲まされて騎乗位、薬を注入され尻尾搾精、薬を塗られてちんぐり返しの耐性でパイズリ
 サキュバス:四肢を拘束されて騎乗位+キス
 フリル:壁に埋め込まれて足コキ、柱に埋め込まれて太ももコキ/本番
 妖精:ペニスのみに改造され全身コキ
 ル・ルー:箱の中に閉じ込められペニスのみ露出させられ尻尾で根本を縛られてパイズリ、身体を小さくされ騎乗位
 ルーナ:強制乳首オナニー射精/本番、顔面騎乗足コキ、後ろから乳首責め+Wパイズリ
 オートマータ:全身パイズリエナジードレイン
 クルカ:全身パイズリ本番など。


 オススメ度  ★★★★★★★★☆☆
 サキュバスに拉致されて連れてこられた搾精施設からの脱出を目指すRPGです。施設の様々な場所をさまよいながら、無事に脱出できたらクリアとなります。

 システムは非常にシンプルです。主人公が後ろ手に縛られたままでの逃走なので、攻撃手段はありません。とにかくサキュバスに捕まらないように逃げるのみです。徘徊しているサキュバスは前後左右に索敵範囲があり、接触してしまうとこちらを認知して追いかけてきます。場所によっては暗がりの中を進んだり、複数の扉のどれをくぐるか瞬間的に判断しなくてはなりません。サキュバスに追われながらの状況判断なので、やや緊張感もありました。
 サキュバスには名前があるメインキャラとモブキャラがあり、メインキャラの方は索敵範囲に入ると即座に捕まりゲームオーバーになってしまいます。モブキャラの方は、捕まるとドットのHアニメになり、ボタン連打で振りほどかないとライフを削られてしまいます。ライフを全て失うと、Hシーンに突入してゲームオーバーです。なので、クリアを目指す際には、基本的には全てのサキュバスに見つからないように逃げるのが最善ですが、メインキャラ以外のサキュバスには多少捕まってもある程度強引に突破することができるようになっています。また、マップの途中には隠れることができる場所もあり、うまくいけばサキュバスをやりごすことができます。ただし、絶対に見つからないというわけではなく、案外バレて捕まってしまうことも多いので、そんなに信用しないほうがいいような気はしました。
 全体的な難易度は低めですが、マップによっては一発でクリアできず、何度かリトライすることになりました。その際に一度見た会話やHシーンのスキップができないので、その点は少し面倒くささを感じました。
 それから、マップ上には「deadend」とか 「gameover」の表示のある扉などもあり、そこに触れてしまうとHシーンが発生してゲームオーバになってしまいます。見れば確実にわかるので、罠というのよりも、Hシーンの発生がわかりやくなっている感じでした。

 今回のHシーンは、薄稀氏が全てのキャラを担当していて統一感があります。キャラも可愛いくてエロさも申し分ないです。
 シーンはドットアニメと一般的なCGのシーンの2種類です。
 まずドットアニメの出来がすごくいいです。最初にワンシーンあってから責めに突入する二段構えになっているのがこだわりを感じさせますし、効果音や主人公の喘ぎが文字で「ぎゅっ♥」や「あっ♥」のように表現されます。また、追い込みに入ると速度が上がったり、射精に突入する際にはサキュバスのセリフがテキストで挿入されたりします。なによりドットアニメそのものもサイズが大きく見ごたえがあるので、かなり実用的だと思いました。中でも妖精のドットアニメは、身体の小さい妖精が主人公の亀頭をこねくり回して射精→潮吹きまであったので、妖精とのHだとこういう風になるのかとすごく説得力がありました。また、主人公とは直接関係ありませんが、マップの背景でも小さく搾精のドットアニメがあったりして、なかなか演出が細かいです。
 CGのHシーンはそれぞれ個性的なサキュバスによって搾り尽くされます。そもそも搾精用の牛扱いなので、一番最初のHシーンから、事務的に後ろから乳搾りみたいに搾精させられてしまいます。
 シチュは手コキ、パイズリ、騎乗位のような基本的なものが中心ですが、特殊な拘束状態で責められたり、一部に魔物系の責めがあったりするのでバラエティ豊富です。
 拘束されるシチュでは、若返らされてサキュバスのピッチリしたスーツの中で拘束されてしまうものや、四肢を別の場所に封じられたり柱に埋め込まれてしまったりするものがあります。魔物系のシチュでは定番の尻尾による搾精の他、マニアックなものだと身体をペニスのみにされてドリンクサーバーとして射精させられるようなシチュもあります。
 サキュバスたちは無邪気に責めてくるキャラからささやくように甘やかしてくるキャラまでさまざまですが、醍醐味であるところの何度も射精させられて搾精しつくされてしまうような展開は十分堪能できたので、こちらも実用性が高かったです。
 それ以外では、個人的には主人公が中性っぽいキャラなのが良かったのと、玉に淫紋が出るシチュがあったので男性に淫紋は珍しいなあと思いました。
 シーン回想はディーゼルマイン作品のいつもどおりで、パスワードを入力すると全開放されます。

 最近のディーゼルマインのM向け作品は、なるべくプレイの手間を省いた脱出系に寄せてきていると思うんですが、サキュバスに索敵範囲があったり隠れたりというおなじみのシステムが、うまく昇華されてきているなあという印象を持ちました。その分物語はかなりあっさりで、こういう作品なのでややネタバレ大丈夫かと思いますが、エンドでも当初の目的はスルーだったので、そっちはどうなっちゃったのというのは少しありました。まあこれはこれでいいと思うんですけど。
 クリアするだけなら1時間くらいですが、ドットアニメも含め高水準で充実しているので、エロ重視で楽しみやすい作品です。おすすめ。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
コメント
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索