2020年02月23日

〔GAME〕「悦楽百華アレグリア」 サークル・エクセルガ





 ドットアニメのBFRPG。ドットアニメも素晴らしいですが、設定や世界もしっかりしています。個人的にはBGMがすごく良かったです。


 〈概要〉
 魔法適正が現れす、レポート制作のための本を探していたヨシュアは、「悦楽百華アレグリア」という本を見つけます。本を手にとったヨシュアは、近くにいた幼馴染とともに異世界に飛ばされてしまうのでした。


 〈エロの傾向〉
 戦闘での敗北でドットアニメの敗北シーンになり、その後バッドエンドになります。契約した淫魔とは拠点で夜伽(再戦)することもできます。シチュはほぼ騎乗位です。


 オススメ度  ★★★★★★★☆☆
 魔法についての適性が現れず劣等生だった主人公が急に異世界に召喚され、実は大魔道の子孫だということがわかり、その力を引き継ぐための試練を受けることになります。試練は「この世界に封じられた、三体の淫魔と契約すること」で、それが叶わなければ元の世界に戻ることはできません。冴えない主人公に実は大いなる力が秘められているという事実や、召喚される際に側にいた幼馴染も巻き込まれてしまうところなどは王道ながらわくわくする展開で、物語には入りやすかったです。

 RPGツクールVX製なので画面は大きくありませんが、グラフィックは美しく、音楽も荘厳な雰囲気だったりタンゴ調だったりと、世界観にマッチしていて密度の濃い演出がされています。
 ゲームは非常にコンパクトな構成で、BFの対象である淫魔以外のいわゆる雑魚敵もなく、それぞれの淫魔の元へはほとんど苦もなくたどり着けてしまいます。ただ、それぞれの淫魔にはそこにいることになった経緯があり、主人公たちは道中で淫魔の過去を追憶していくため、短い間にも淫魔たちの個性が伝わり、戦闘の盛り上がりにつながっていました。また、最終決戦に向けてはドラマティックな展開なので、プレイしていて気持ちが高ぶりました。

 登場淫魔は花がモチーフになっていて、デザインに織り込まれています。ドット絵中心の作品といっても元のイラストもしっかりしていますし、登場キャラは少ないものの、一人ひとりを大事にしている印象でした。個人的には和装の淫魔のデザインが好みでした。

 主人公の成長は、拠点での淫魔との夜伽(再戦)でレベルを上げることができます。その際に招いた淫魔との絆レベルも上げることができ、新たな性技を取得したり、アイテムを入手したりすることができます。普通にプレイしていけば装備も自然に整っていきます。

 戦闘シーンはコマンド式のBFで、相手を絶頂させた方が勝利となります。
 戦闘中はLUST値が上昇していき、高くなれば攻撃の威力も増しますが、受ける快楽も大きくなります。淫魔も同じように高ぶってくるとヒート状態になっていくので、落ち着いた立ち上がりから次第にお互いのテンションが上っていくようなメリハリがありました。淫魔のドットアニメーションはコマンド待機中も用意されていますし、行動に合わせたアクションも見ていて楽しいです。また、ここぞという攻撃の時にはCGのカットインが入ることもあります。主人公側の行動としては、契約を結ぶことができた淫魔の技を、「契約支援」として使用することもできます。
 戦闘の難易度は、レベルがきちんと上った状態で、弱点を中心に攻撃をしていけばそれほど高くはないと思います。

 Hシーンは、戦闘での敗北からバッドエンドの流れで発生します。ドットアニメのみでCGのHシーンはありません。
 戦闘でHPが0になってしまうと、専用のドットアニメーションに移行して搾り取られてしまいます。その後、バッドエンドシーンでさらに搾られます。ドットアニメは騎乗位本番で、HPを削られながらのたたみかけるような騎乗位なので、けっこうエロさがありました。続くバッドエンドはまさに玩具扱いのようになってしまうので、再起不能な感じになっていました。

 気になった点としては、戦闘中は行動内容や淫魔のセリフが画面上部に表示されるなど情報量が多く、淫魔のドットアニメと同時に見るのは難しかったです。テキストを追ってアニメがちゃんと見れないのはもったいない感じがしました。ただ、戦闘中にログが見られる仕様なので、後で確認することもできます。
 それから回数は多くないものの夜伽でのレベリングする必要があり、若干手間には感じました。

 プレイ時間は2時間半くらいでした。看板でもあるドットアニメの他、雰囲気づくりや演出の良さが強みで、短い時間にぎゅっと密度の濃いプレイが楽しめました。
 再確認にはなりますが、ドットアニメは細かくすばらしい反面、CGに比べると想像力でまかなう部分も多くなるので、直接的な実用性のみを追求して手に取ると物足りなく感じるかもしれません。物語やBGMも含めて、作品全体として楽しめるといいなと思います。 おすすめです。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
コメント
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索