ブログネタ
ゴルフレッスン、スクール、練習場の情報 に参加中!
golfikeda01


練習時間があまりないことを言い訳に、上達できないのは仕方がないと自分を慰めていたとしても、
同じ時間でも練習の成果がまるで変わり、弾道がどんどんキレイに安定するスイング理論がこちら












あなたも、↓のようになりたいと思いませんか??





golfikeda09



■上達の手ごたえを感じる

■何回でもまっすぐ遠くへ飛ぶようになる

■綺麗なオンプレーンスイングが身につく

■調子を崩しても持ち直せるようになる

■スライスが完全に消えてなくなる











しかし、実際はというと、練習しても思うようなスイングをすることができず、

↓のような感じではないでしょうか??




■イメージトレーニングをやってみてもうまくいかない

■練習をしすぎて、身体を痛めてしまった

■無理やりスイングをしている感じが続いている

■ゴルフがうまくなるきっかけが全くつかめない

■飛距離がでなく、落ち込んでしまう














あなたのように、練習してもなかなか上達しないのは、様々なゴルフ理論をつまみ食いして、

断片的にスイングを治そうしている点があげられます。


つまり、練習の進め方が悪いだけで、才能や能力の差なんて関係がないし、

練習時間が足りないというのも、実は言い訳にすぎません。












golfikeda03


池田貴久さんの手っ取り早く90を切るゴルフ上達法では、

アベレージ・ゴルファーのスイング関する問題の9割は、

グリップとスタンスにかかわっていると断言するように、

グリップ・スタンス、それとフィニッシュの3点を改善することによって、

あなたのスイングが見違えるようにきれいなフォームに変わっていきます。


golfikeda16



ツアープロのハリー・バートンが話しているように、

「多くの場合、方向に難点のある人は、スイングよりもグリップが悪い」

ことが問題で、日本のレッスンプロでさえ、ほとんどの人は、正しいグリップもしていないのに、

自分のスイング理論を教え込もうとして失敗しているケースを良く見受けられます。




golfikeda04



池田さんとはちなみに、プロでもレッスンプロでもないただのサラリーマンであるにも関わらず、

PGAハンディキャップ1という実力の持ち主で、簡単ゴルフ研究会の主宰者としては5100人の会員を集め、

毎年のように開催するレッスン会では日本全国から生徒が集まることで知られています。


いくつかのゴルフ雑誌(ゴルフワッグル、ゴルフトゥデイ、ゴルフダイジェスト)にも紹介されたことがあるので、

あなたももしかしたら見かけたことがあるかもしれませんね。
池田さんのその他の実績やプロフィールなどはこちら

golfikeda06












池田さんの手っ取り早く90を切るゴルフ上達法では、

具体的にどんなことをしていくのかというと、こちらに詳細な説明がありますので、

内容を整理してポイントをあげていくと、


golfikeda02



■打ち上げ、打ち下ろしのホールの打ち方 

■フィニッシュの形を取ったまま自分の打ったボールを見続けられるようになるには?

■フィニッシュからのゴルフ

■遅くとも1年で安定して100を切るゴルファーになる効率的な練習

■池田さんの直接指導を受けられるビデオスウィングチェック








こうした内容となっていて、

春日居ゴルフ倶楽部 星野桂一プロ、

桜の里カントリークラブ 横山公志プロ、

ゾーンモーメント 高橋朋載プロ

などなどからも、称賛の声が上がっています。

golfikeda07






池田さんのホームページには、そのほかにも、実際に手っ取り早く90を切るゴルフ上達法を実践してみた人たちの体験談も紹介されています。


golfikeda14



不思議なことにドライバーの飛距離が10ヤードのびました。

くそっ!くそっ!とクラブを芝に叩きつけて100をやっと切っていた私が、このマニュアルのお陰で、余裕で90を切れるようになりました。驚いています! 

あれだけ「技のデパート」といわれた男が、ちょっと時間はかかりましたが、90前後でまわれるようになりました。

自分でみても見違えるようなスウィングになりました。周りの目も気になり出したくらいです。


今では一番上手いと言われるようになり、ちょっと照れています。






彼らの声にあるように、

上達せずに悩む人の多くは、難しいことをやろうとしているだけで、

もっと簡単にできることから始めていけば、上達のスピードがまるで変わっていきます。


あなたも、グリップ・スタンス・フィニッシュの3点の重要性を理解し、まずはここを重点的に修正をしていけば、

スイングに悩まされる日々から解放されrます。






golfikeda11


少ない練習時間で効率よく自分の問題点を改善することができ、狙い通りのボールを打てるようになるゴルフ理論を実践してみるにはこちら










前屈
網野智世子
中村壮志