いはちのCP(ちゃらんぽらん)倶楽部

離島マニア。飛行機が飛んでいる島は基本日帰り旅です。 海外にも行っています。たまにはのんびりとした 旅がしたいですね。

東天狗から下山します。

さて、何だかんだで東天狗山頂には30分いました。風が強いので
体感温度はマイナス2度くらいだったでしょうか。本当にこの日は
のんびりとした登山が出来たと思います。
北側の斜面の木々はこんな感じで凍っています。
DSCN1460


















まだ東天狗山頂は人がたくさんいる様ですね。西天狗と東天狗を
両方美しく見えるのはこの場所が最後かもしれません。
DSCN1461


















前を見ると硫黄岳と南八ヶ岳が見えます。その手前の根石岳に登る
白く雪が積もった道をこれから登らなければなりません。
DSCN1463


















東天狗から白砂新道入口までの道はかなり険しいです。
このゴロゴロした石の道を歩いて行かなければなりません。
DSCN1466


















根石岳と東天狗の間にある白砂新道入口まで降りてきました。
何度も言いますが、この風景が一番癒されます。
ここまで山頂から20分でした。
DSCN1467


















ここで少々休憩。雪が付着していて良く見えませんが。
看板には「ここは白砂新道入口です。」と書かれて
います。
DSCN1469

















再び登りです。登っている時はあまり写真を撮らないです。なので
この写真だけ。
DSCN1472


















雪道の登りだったので20分かかってしまいました。根石岳に到着。
DSCN1474


















根石を降りたらこの風景は見られなくなりますので、最後に撮って
おきましょう。乗鞍方面です。
DSCN1479


















根石岳山頂から見た西天狗と。
DSCN1480


















南八ヶ岳。
DSCN1482


















そして根石を下山します。岩の間を縫って歩きます。歩いている時は
もう二度と来ないぞ。と思っていたのですが、この写真を見たら
またこの場所を歩きたくなりました。
DSCN1486


















根石岳を下山しました。意外と楽そうに見えますが、けっこうきつい道
です。
DSCN1488


















そして
箕冠山の三叉路に到着。ここまで来れば後は下りしかありません。
きつい登りは無いので大丈夫でしょう。ここまで根石〜20分。
でもこの時大変な事に気が付いてしますのです。この日私は時間を
見るのにいちいちスマホを出すのも面倒だったので腕時計をして
行きました。私の時計はシチズンフォーマーのぜんまい式。そう、
国鉄時代に配給になった古い時計です。ここで書いているタイムは
後からコンデジの記録を見て書いていますが、
東天狗山頂から大体一時間歩いているので時計の長針は同じ数字を
差していてもおかしくないのですが、良く見ると短針が動いていない
のです。そう、ぜんまいをきつく巻く癖の無い私は時計が停まって
いるのに気が付かずにいたのです。
つまり、天狗山頂で11時だと思っていたに本当は12時だったんです。
これで西天狗に行っていたら、とんでもない事になっていました。
DSCN1489


















早めに降りて来て良かったです。
冬はオーレン小屋までのショートカットの道は歩けないんですね。
まあ、冬に来る事は無いと思いますが。
DSCN1490











続きを読む

東天狗山頂にて

さて、8時に本澤温泉を出発して11時10分に東天狗山頂に到着した
私ですが、駐車場からは4時間近く歩き続けています。寒さもあり
体力もかなり消耗していました。この日の目的は西天狗(天狗岳)山頂
まで行く事ですが、夏場のタイムだと片道20分で行けるはずです。
が、この日は積雪もあり山頂で休憩すると東天狗から西天狗までの往復に
1時間必要となります。まだ午前中だから間に合うじゃないか・・と
思われますが、冬場の山での落日は非常に速いです。もう4時になれば
真っ暗になってしまいます。
懐中電灯は持ってはいますが、やはり暗い道を歩くのは危険です。
ここは雪道を歩いて滑るのもいやだし、西天狗を諦める事にしました。
まあ、体力も残っていなかったのですが。
山頂から見た北八ヶ岳です。
DSCN1443


















何度も貼っていますが、槍ヶ岳が美しいです。
DSCN1446


















もう一枚別の山。
DSCN1445


















東天狗から見た西天狗です。まあ、来年夏に来て登ればいいか。
来年は唐沢鉱泉に車を置いて登りましょう。
DSCN1448


















これは南アルプスの山々か?
DSCN1452


















これは南八ヶ岳の山々です。平べったい山が硫黄岳で
横岳・赤岳ですな。
DSCN1458


















この日私はプロパンブタンを背負って山頂でお湯を沸かしてコーンスープ
でも食べようかと思っていたのですが、東天狗山頂はとても狭いんです。
でもって、風よけとなる岩がある場所は殆ど取られていてお湯を沸かす
事が出来なかったのです。みんな寒いのは嫌ですからね。
山頂の写真だけ撮って下山する事となりました。
DSCN1459





続きを読む

白砂新道入口から東天狗

さて、白砂新道入口に到着しました。
ここは一番落ち着く場所なんですよ。私にとっては。
前回は道を間違えながらも2時間30分かけて本澤温泉から白砂新道
経由で登って来ています。今回は休憩が多いのですが2時間40分かかって
います。もしかして、道を間違えなければ白砂新道からのほうが
絶対早いかもしれません。が、かなり急な登りが続きます。
私は楽をしたければ、今回のルートをおすすめします。
ここからは一番好きな風景を望む事が出来るんです。
DSCN1429


















そのまま西側に目をやると御岳山を見ることが出来ます。
DSCN1430


















さあ、西天狗に向けて登り始めましょう。今回の目的は西天狗です。
積雪が無ければ東天狗から西天狗まで20分で行けます。
DSCN1433


















山肌は風が強くて水分が凍っているようです。寒いわけだ。
DSCN1434


















こんな樹氷みたいなものを初めて見ましたよ。この日私は冬用の手袋では
無く、作業用の薄手の手袋で来てしまいました。体の中で一番寒いと
感じるのは手の甲だったのです。
DSCN1435


















徐々に高度が上がって来ましたよ。東天狗の上には人がたくさんいる
様子が判りました。
DSCN1436

















こちらは東側の山々と言っても何処がどれなのか?わかりませんが。
飛行機が頭上を何度か飛んで行きました。
DSCN1437


















この日も「みどり池」としらびそ小屋がはっきりと見えました。
私が初めて天狗岳を見たのは、あのみどり池からでした。それ以来
天狗岳の美しさに魅せられてしまいました。
DSCN1438


















いよいよ「くさり場」までやって来ました。ここまで来れば東天狗山頂
はすぐ近くです。
DSCN1439


















はい。無事東天狗山頂に到着しました。
新道入口から東天狗山頂まで25分。
DSCN1440

















続きを読む

根石岳から白砂新道入口

しばらく山の写真が続きますがご勘弁ください。
根石岳山頂からは西天狗(左)東天狗(右)の山頂が同時に見渡せます。
この日は霧も無く美しい姿を見せてくれました。
DSCN1413


















西側にある山々です。
DSCN1416


















拡大すると判るかとは思いますが、たぶん真ん中に槍ヶ岳が写って
います。本当にこの日は天気が良くて良かったです。
DSCN1417


















はい。一番左の山が槍ヶ岳で合っていますかね。
DSCN1418


















さて、ここからは午前中日が当たらなかった場所を下るルートです。
道は細く足元は凍って踏み固められています。最新の注意を払って
降りて行かなければなりません。
DSCN1421


















途中美しいV字谷を見る事が出来ました。
DSCN1422


















無事に本澤温泉から白砂新道の登った場所までたどり着きました。
前回6月は白砂新道を道を間違えながら登って2時間30分でしたが
今回は8時に登り始めてこの場所に着いたのが10時40分。途中少々
休憩はしたものの2時間40分かかってしまいました。急ぐ方は少々
きついのですが、白砂新道を道を間違えずに歩く事をお勧めします。
DSCN1426


















白砂を登って来た分岐点です。吹きっさらしで寒かったです。
DSCN1428


















振り返ると今下って来た道が…帰りはここを登るのか?と思うとぞっと
しました。
根石岳から白砂新道分岐まで22分(すべて下り)
DSCN1432













続きを読む

箕冠山から根石岳

箕冠山までくると西天狗を綺麗に望む事が出来ます。
ここでは左から西天狗・東天狗・根石岳と山頂が並んで見えます。
下にある山小屋は根石岳山荘です。
DSCN1400


















今年6月に来た時もこの場所には雪が残っていました。
この雪を踏んで降りて行きます。
DSCN1401


















これは東側です。開けていますが何という山なのかわかりません。
DSCN1402


















西側の山々です。
DSCN1404


















これから根石岳に登りますが、直線だけに辛いです。
DSCN1405


















これは御岳山でしょう。ニコンのコンデジはかなり優秀です。
DSCN1406


















引いてみましょう。
DSCN1407


















このやまは御岳よりも北側に山やまです。、
DSCN1408


















今度は望遠で撮ってみましょう。
DSCN1409


















根石岳から撮った硫黄岳です。晴れていて気持ち良いです。
DSCN1410


















箕冠やまからデータどおりに20分で根石山頂に到着しました。
なお、本日風邪をひいて休暇を取っております。皆さんの所に
行くのは明日になると思います。
DSCN1411










続きを読む

天狗岳登山 夏沢峠から箕冠山

夏沢峠はヒュッテ夏沢と山びこ山荘に挟まれて日当たりは悪いです。
なので、すごく寒かったです。
DSCN1378


















方角的には軽井沢方面を見ています。実に天気が良い。
DSCN1381


















やまびこ山荘から少し離れて日当たりの良い場所で休みましょう。
前回は本澤温泉から白砂新道を通って休憩も無しに一気に登って
しまいましたから。
DSCN1382


















15分の休憩後、箕冠山目指して歩き始めました。この時点ではまだ
風は弱く、道は積雪が見られましたが快適な登山ができました。
DSCN1385


















どこの山かわかりません。
DSCN1386


















振り返ると硫黄岳が朝日に照らされて美しい姿を見せてくれました。
DSCN1388


















このルートはだらだらと登りが続きます。足元は完全な雪です。この日
私は初めて本格的な登山靴を買って初めての登山でした。今まではなんちゃってな靴を量販店で購入していたのですが、この登山に向けて
登山専門店で店員さんに足を合わせてもらって、少々高い靴を買いました。
もちろん雪の上も普通に歩ける様な。なので、滑る心配は無かったです。
DSCN1389


















自分では浅間山だと思っていましたが、Gマップで調べたら浅間山は
もっと北でした。
DSCN1390


















ここまで来たら、東天狗・根石岳・西天狗が見えました。箕冠山は近いです。
DSCN1392


















いや〜。寒いと思ったら、こんなに雪が積もっているではありませんか。
しかも一日中日が当たらないので解けないのでしょう。根雪になるのかな?
DSCN1394


















そして箕冠山に到着しました。やはり寒いです。
DSCN1395



















ここまでのタイムは夏沢峠から箕冠山40分でした。
DSCN1396










天狗岳登山 本澤温泉〜夏沢峠

さて、朝6時40分に本澤ゲートを出発して1時間。本澤温泉のキャンプ場に到着しました。この日もキャンプをしている人がいました。
DSCN1359


















まだ日は高くありません。硫黄岳の東側には積雪がみられます。
え?この先雪が積もってるの。ちょっと心配になりました。
DSCN1360


















7時45分に本澤温泉に到着しました。ルート上のデータだと1時間40分
となっていますが、かなりハイペースでした。
DSCN1361


















本澤温泉でしばし休憩です。前回は糖質摂取のタイミングを間違えて
大変な事になってしまいましたので、今回は余裕を持ちましょう。
おにぎりを食べました。
DSCN1364


















この時間になって、ようやく硫黄岳に陽があたって来ました。
DSCN1366


















15分の休憩後に夏沢峠に向けて出発しました。前回6月に来た時は
白砂新道を上りましたが、この日は大事を取ってオーソドックスなルート
で登ります。が、私にとってはこのルートは初めてのルートです。
露天風呂への分岐点。
DSCN1367


















朝早いので誰も露天風呂には入っている気配はありません。蓋がしまって
いました。
DSCN1369


















師匠のTSさん曰く、このルートは天狗岳に登るためには一番楽な
るーどだ。と。確かに楽なルートでした。ここまでは。
DSCN1370


















ルート上に落ちていた岩には雨水が凍っていました。
DSCN1371


















と、思ったら、ルート上には積雪があるではありませんか。
どおりでで寒いわけだ。
DSCN1373


















方向的には東にある山。何という山なのか?
DSCN1374


















突然目の前にやまびこ荘が現れました。あれ。もうここまで登って
来る事が出来たのか〜。やはりこの登りは楽なのでしょうか。
DSCN1376


















ここまでの時間。本澤温泉から露天風呂分岐7分。
露天風呂分岐から夏沢峠55分。













続きを読む

今年最後の天狗岳登山

さて、最近まったく飛行機に乗らない私です。と、言うのも今年移動した
職場が休みが取りづらい職場なので平日に旅をするのが困難な状況なのです。
そうなると、やることと言ったら山登りしかなくなってしまいます。
なのでこの週末に本澤温泉経由で天狗岳に登る計画を立てました。
土曜日に出発する予定でしたが、天気があまりよくなさそうだったので
日曜日の午前1時に家を出発しました。で、いつもの談合坂SAの
レストラン。午前4時に蕎麦が食べられるなんて便利です。
P1100473


















談合坂名物のメロンパンのパン屋さんも仕込み中でした。みんな朝早く
から働いているのですね。








P1100471


















須玉ICで中央高速を降ります。横浜町田から2000円ちょっと。
休日は高速道路代が安くて良いです。須玉ICから141号を北上して
松原湖方面に。この時の気温はマイナス2度?・って、ことは山の上は
すごく寒いかもしれません。
P1100474


















松原湖を過ぎた頃に陽が登ってきました。この時点で6時です。
P1100476


















この日もパジェロミニなので本澤ゲートまで登ってゆきます。
稲子温泉方面との分岐点。まだ6時05分。
P1100477


















何故こんなに早く出かけるのか?と言うと、この日の登山ルートで
登ると、もしかしたら帰りが夕方になってしまうので暗くなるのを
恐れての行動です。ゲート前まで車で行ければ約30分の短縮になるし
とりあえず登りの体力を温存できるのです。
P1100480


















はい。6時20分にゲート前に到着しました。が、急いで来たので
リュックの準備が出来ていません。とりあえず雨具等々の荷物を詰め込
むのに15分ほどかかってしまいました。6時35分に出発しました。
DSCN1350


















朝日に浮き出される山々が美しかったです。早起きは三文の徳ですな。
って、早起きなんてものじゃ無いですが。
DSCN1351



















何となく木々が目を覚ました感じがしたので撮ってみました。
DSCN1352


















この日、リュックの中は雨具と水1.5リットルとおにぎり4個と
カップ麺とプロパンブタンを積んでいます。結構重かったです。結局
お湯を沸かす事はなかったですが。
DSCN1355


















寒いと思ったら、湧水が氷柱になっていました。
DSCN1356


















足元はと言うと、ご覧のとおりに凍っています。
DSCN1358


















いつもの目標地点である、みどり池への分岐に到着しました。
DSCN1357


















本澤ゲート〜板張りの橋まで36分。
板張りの橋〜みどり池分岐 16分。











飯田線大和田駅脱出計画最終回

さて、一か月にわたりお送りしてきた「飯田線大和田駅脱出計画」も
今日で終わりです。今回旅をして飯田線を乗りとおすのもいいかな〜
なんて思った私です。
中井侍駅のホームです。まさに秘境駅のムードがあふれています。
P1100236


















入口はホームの端っこ。反対側の端には民家がありました。
もしかして駅に一番近い民家かもしれませんね。
P1100237


















駐車禁止と区長さんが書かれていますが、ちょっとの間こちらに車を
停めました。
P1100238


















中井侍から車で平岡まで移動しましたが、道がわかりづらかったです。一度迷ってしまいました。
P1100240


















午後四時に平岡駅に到着。汗をたくさんかいたので、こちらにある温泉施設に入りたかったのです。
P1100244


















平岡駅にある龍泉閣駅舎が温泉宿になっています。
P1100245


















入り口で入場券を買って階上にある温泉施設まで上がり、温泉入り口に
ある箱にこの札をいれるんです。
P1100247


















入っているのは私だけでした。今度は飯田線で来てこちらに泊まって
ゆっくりしたいです。
P1100248


















この日ショックだったのはこちらの売店がお休みだったのですよ。
休日なのに。結婚式でもあったのかな。
P1100246


















買いたかったのはこの「秘境駅最中」。残念です。
P1100250


















この日は飯田経由で帰ります。どちらが近いのか?迷いましたが
中央高速を選びました。
P1100253


















飯田から北上する形になりますが、何となく下っている感じの
中央高速が好きです。燃費もいいし。
でも、小仏トンネルで30キロの渋滞。いつものことですが。
なので、都留で高速を降りて道志に抜けます。道志経由で圏央道
相模原まで1時間強で行けました。
P1100266


















でもって、この日の走行距離です。新幹線だと東京から新岩国まで
行ったことになります。
P1100267


飯田線中井侍駅に車で行きます。

さて、飯田線小和田駅からほぼ自力で3時間20分かけて大嵐駅に
帰って来た私は次の目的地「中井侍駅」を目指して車で移動します。
走り始めるとなんと、こんな看板を発見。大嵐駅に到着した時にはこの
看板の前に車が止まっていて、確認することができなかったのです。車の
持ち主はのんきに橋の上で写真を撮っていたのを思い出しました。
しかし、よく見ると土日は休工日となっているようです。11月いっぱい
工事をしているみたいですので、行かれるかたは十分お気を付けください。
また、看板の前に駐車するのはやめましょうね。
P1100223

































先ほど自転車で下って来た道を車で上ります。車ってなんて便利な
乗り物なのでしょう。と思っていたら、なんと、落石が目の前に・・
下ってくるときは必死だったのか?気が付かなかったのです。
軽自動車なので何とか端っこを通る事が出来ました。
P1100224


















そして、先ほどの三差路に到着しました。もし、道路が工事中で
通れなかったら、ここを右折して大回りをしなければなりません。
P1100225


















やがて小和田駅から県道に出た場所に戻りました。ここまでは25分
かかりました。歩くと4時間かかるみたいです。
P1100226


















途中、工事個所がありました。どうやらトンネルの工事をしているので
全面通行止めとしているみたいです。
小和田と中井侍の中間地点にやってきました。ここからは道は下って
います。
P1100227


















川の向こう側にある集落です。車が無いと生活できなさそうです。
P1100228


















そして長野県に入ります。小和田は静岡県だったんですね。道は狭いの
で車一台が通るのがやっとです。時速30キロ以上は出せません。
P1100229


















中井侍名物「自転車のりば」です。坂道が急なのでここまでは乗って
来ることが危険なのでここから乗るのか?よくわかりません。
P1100230


















そして、県道から外れて九十九折りの道を中井侍駅方面に下って行きます。
この登りを歩いたらすごく大変そうです。
ちなみに大嵐から中井侍までは車で53分。途中老夫婦の乗る自動車
一台とすれ違っただけでした。
トンネルを工事している辺りに落石があり、岩の上を跨げるだろうと
思って通ったら・・・なんと、ガリガリっと言う音がしました。
後で下を覗いてみると、マフラーを擦ってしまいました。
P1100231


















中井侍駅に到着しました。
線路の向こう側は天竜川です。
P1100232


















駅舎は無く、この待合ベンチだけです。
P1100234


















ここでしばし休憩です。
P1100235
月別アーカイブ
楽天市場
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ