パチンコには不案内です。でも、テレビにコマーシャルが流れるので、「海物語」という機種が人気で、マリンちゃんというビキニの女の子が主人公で、シリーズの最新バージョンは沖縄篇だということは知っています。

マリーン、Marineは「海」ですが、これにCorpsがつくと「海兵隊」になります。沖縄にいる、あのアメリカの海兵隊です。海兵隊だから海のある沖縄にいるのだ、と早合点するのは禁物です。海兵隊発祥の地はイギリスです。イギリスは島国なので、外国を攻撃するには海からということになりますが、海軍は上陸作戦を実行する軍隊ではありません。戦艦どうしが大砲を撃ち合ったり、陸に向けて艦砲射撃をしたり、ミサイルを発射したりするのが海軍です。それにたいし、海兵隊は海から上陸する斬り込み専門の部隊です。

アメリカは、イギリスにならって軍を整備したので、斬り込み部隊の名前は「海兵隊」になりました。でも、アメリカの海兵隊は、かならずしも上陸作戦をこととする部隊ではありません。海からであるとないとに拘わらず、先陣を切って突撃するための地上軍隊として発達したのが、アメリカの海兵隊なのです。

ここまで読んで、あなたは疑問に思いませんか? 米軍は日米安保条約にのっとって、日本防衛のために基地を提供されているはずなのに、敵地に攻め込む海兵隊がなぜ基地を、しかも米軍の海外基地としては最大級の基地を沖縄にもっているのか、と。「日本有事」に、海兵隊はいったいどこに攻め込むのか、と。かつてこのくにの首相は、「このくにはアメリカの核の傘と第7艦隊に守られている」と言いました。百歩も千歩も万歩も譲ってそうだとしたら、では敵地急襲部隊である海兵隊は、「日本防衛」にどのように位置づけられるのか、と。

「日本防衛」に、海兵隊はなんの役割も担っていない、というのが事実ではないでしょうか。周辺地域で戦火があがったとき、駆けつけてアメリカ人を救出する、という任務はあるでしょう。でもそれは、日米安保条約に規定された日本防衛とは関係ありません。それよりも、ラムズフェルド構想によって沖縄は「不安定の弧」の東の端と位置づけられ、中東にまで伸びるこの「弧」に出ていくための足場と位置づけられている、それが沖縄海兵隊のすべて、基地のすべてです。だから、海兵隊は当然のようにここで訓練をし、ここからイラクに出兵していったのです。日米安保条約とはまったく関係なく。

わたしは、そもそも日米安保条約に反対ですが、ここでも万歩譲って今はこの条約があることを前提にしても、そこから海兵隊が沖縄にいる大義名分は出てきません。沖縄に海兵隊基地がある理由は、どこにもありません。

普天間基地を嘉手納基地に統合することにも、辺野古に移すことにも、わたしは沖縄の人びとといっしょに反対していきたい。そもそも普天間は返還が本筋だったはずです。沖縄に似合うのは、海兵隊ではありません。ビキニのマリンちゃんです。


ここからは余談です。海兵隊は、訓練も厳しければ、隊員の気性も荒い。また、プライドも高いとされています。

2003年初頭、わたしはある元海兵隊員を招くアクションに参加しました。スコット・リッターという方で、除隊後は国連イラク大量破壊兵器査察官として長くイラクに滞在し、「フセイン政府にもっとも嫌われた男」という評判をとった方です。そのリッターさんが、イラク攻撃の迫るなか、「イラクの大量破壊兵器の95%は、自分たちが工場ごと潰してきた、今イラクには、世界の平和を脅かすような大量破壊兵器はない」と主張する本を出したのです。そうなると、こんどは「ブッシュがもっとも恐れる男」と呼ばれ、これはリッターさんの本の日本語版、『イラク戦争 元国連大量破壊壁査察官スコット・リッターの証言 ブッシュ政権が隠したい事実』(星川淳訳 合同出版)の帯文にもなりました。

その方に語っていただくことで、イラク戦争を回避したい、このくにがイラク攻撃についてアメリカを支持することを押しとどめたいと考えて、超ご多忙のなか、来ていただいたのでした。共和党支持の元海兵隊員は、「自国が間違った戦争をすることに、愛国者として反対する、日本はアメリカの友人なら、友人が間違ったことをしようとしているのだから、止めるのが友人というものではないか」と主張しました。

リッターさんは、すべての民放局の夜のニュースに出演し、ワイドショーの取材もうけ、もちろん新聞雑誌も大きく取り上げました。徹夜の分刻みのスケジュールもものともしないその姿に、スケジュール係としてついて回っていたわたしは胸が熱くなりましたが、「海兵隊員の体力は人間を超えてるんだよ」と教えてくれる人もいました。

もうひとり、海兵隊出身の方を知っています。沖縄在住の政治学者、ダグラス・ラミスさんです。強靱な論理力で平和の論陣をはっておられることは、たくさんの方がご存じでしょう。わたしは、ラミスさんとはPTAつながりがあるので、それを利用して『世界がもし100人の村だったら』の英訳に関わっていただきました。そのラミスさんに、年来の疑問をぶつけたことがあります。

「ラミスさんもリッターさんも、それからアレン・ネルソンさんも、反戦に大きな役割を担っておられますが、3人とも元海兵隊員ですよね。これは何か関係ありますか?」

「海兵隊員は、戦争のもっとも激しいところに投入される。戦争のもっとも悲惨な、もっとも非人間的な面を知っているのが海兵隊員だ、だから平和運動家が出るのだと思う」というのが、お答えでした。

海兵隊で、そうした目覚めをした人は幸運だと思います。兵士として、不安で荒んだ日々を送り、いきおい基地周辺で事件を起こしもし、多くは除隊後も精神を病んで社会復帰できず、もちろん負傷し、劣化ウランの後遺症に悩んでいます。命を落とす人が多いのも、海兵隊です。

そして、海兵隊に志願する若者のなかには、経済的に恵まれず、したがって学校でも思うような成果をあげられず、将来の展望が開けないなか、「軍のエリートである海兵隊員にならないか」とリクルートされて入隊する人が多い。そういう若者もまた犠牲者の側面をもつことを、忘れるわけにはいきません。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote