キャンベル国務次官補が上機嫌で来日したり、鳩山さんが徳田虎雄さんをお見舞いして、徳之島移設を打診したり、政府があるひとつの方向に向かって走り出した感があります。

そのなかで、辺野古沖に杭を打ち、桟橋方式で飛行場をつくる、という案が取り沙汰されています。でも、埋め立てでなくても、広大な海面を覆えば、その下の珊瑚は日光を奪われて死んでしまいます。藻も育たないでしょう。藻を食むジュゴンは姿を消すでしょう。デリケートな動物です。基地から発せられる騒音に耐えられるでしょうか。さらには、無数の杭そのものが、珊瑚をばりばり壊して打ち込まれるのです。当然、潮の流れも変わり、漁場への影響は計り知れません。そんな工事が始まろうものなら、またしてもたくさんの人びとが連日カヌーで海に漕ぎ出して阻止する騒ぎになるでしょう。私も、機会を捉えて、短時間なりとまた浜の座りこみに参加すると思います。

徳之島案というのは、海兵隊が常駐するのではなく、有事の時に軍隊が来る、ということのようですが、この案をつくった人は有事法制をどうお考えなのでしょうか。有事の際には、自衛隊も米軍も、すべての民間空港をつかえることになっています。なのに、こと改めて徳之島にこのような話を持ちかけるとは、いったいどういうことでしょうか。

こんな無理筋の「政府案」、アメリカにたいする「せいいっぱいやりました」というアリバイづくりなのだ、と言う人がいます。金子勝さんとか。「やったけれど、だめでした、国外に移してもらうしかありません」と言うための策動だ、ということでしょうか。たしかに、そうとでも考えなければ腑に落ちません。鳩山さんが、自民党の徳田さんに直談判なんていう、やる前から「当たって砕けちゃう」のがわかりきっている手に出たのも、そうであって初めて納得できます。

そもそも、アメリカがアフガニスタンとイラクで大失敗をやらかした延長線上に、米軍再編計画は立案されました。金銭面をふくめてその一翼を担うというのなら、自衛隊が参戦したあのイラク戦争は果たして支持し、参加するべきものだったのかを検証するところから出発しなければなりません。すでに100人の国会議員がこれに向けて動きだしています。私たちは、アメリカの軍事行動とは、今後もあのように協力すべきものなのかどうかを、自分たちで判断する基準を、イラク戦争参戦という手痛い経験から学ばなければなりません。それをなおざりにして、アメリカの軍事計画にはとにかく協力するのが同盟国のつとめだとするのは、おおいに疑問です。無残な思考停止以外のなにものでもありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote