たとえば子供のときに、自転車に乗る練習をしたかもしれません。

 この場合、補助輪をつけないと走れなかったのが、
 練習の結果、補助輪なしでも自分でバランスをとって走れるように
 なるというものです(説明するまでもないですが)。


 では、いつ、走れるようになるのでしょうか。


 おそらく、「気づいたら走れるようになっていた」

 のではないでしょうか。


 不思議ですね。



 そのあとは、もう無意識でバランスとっちゃってます。

 危ない!と思ったらハンドルきって調整してます。


 その瞬間は、いつ訪れるのでしょうか。



 成長というのは、ほんとに右肩上がりの直線じゃなくて、

 階段のように、急にぐぐっと上がるような気がします。


 そして、階段を上がったことには、実は気づいてなくて、

 階段に登った自分が、ようやく後ろを振り返ったときに、


 「気づいたら階段をあがっていた」

 状態になっているような気がします。
 (あくまでも、私の表現ですが)




 あなたが子供のときできなかったことで、
 今ならできること、いくつありますか?


 そしてそれは、どうしてできるようになったのでしょうか。

 不思議ですね。


 また、こういうことをいうと、

 「私は、年を重ねるごとにできることが減っているような気がする」


 とおっしゃる方にも出会います。

 「でも、残ったものは、私にとって大切なものばかりだ」

 とその人は続けます。


 それも素敵ですね。



 鳥は、卵の殻を破って出てきます。

 もし可哀想だといって、人間がその殻を破る手伝いを
 してしまうと、鳥は自分で殻を破るという大切な成長の機会を
 失ってしまうことになります。


 自力で殻を破るのです。

 殻は、1つのひびさえ作ってしまえば、
 あとはダムが決壊(けっかい)するように簡単に割れます。

 でも、その1つのひびに到達するまでが、
 勝負です。



 途中で叩くのをあきらめてしまえば、一生その殻からは
 出ることができません。




 でも殻は、邪魔者ではないのですよ。

 今までその鳥を守ってくれていた
 とても大切な役割を果たしていたのです。

 
 そして殻は最後に、新しい世界でもやっていけるように、
 試練を与えるのです。

 
 いつか飛ぶために、その鳥は、卵から出るのです。



 人間にも卵の殻があります。


 自分ではコンプレックスに思っているかもしれません。

 でもそれが逆に、あなたを守ってくれていることにも、
 お気づきでしょうか。




 P.S.
 あなたの殻は何ですか?

 その殻は、あなたを何から守ってくれていますか?


 最近めっきり料理をしなくなりましたが、
 料理は好きなほうです。

 食事をしに行くと、ついつい「どうやってつくってるのかな
 と気になります。


 この前、仕事の関係でランチに北京ダックを食べたときも、

 「北京風と広東風がありますが、いかがしましょうか」

 と聞かれてびっくりしました。


 「広東風お願いします!」

 とつい、お客様の前なのに頼んでしまいました。
 (少し脚色)



 北京風北京ダックは、みなさんもご存知の、
 ダックの皮です。皮ね。

 テンメンジャンがいいんですよね。
 これもうまいです。

 さて、広東風。
 肉がついてます。
 皮+肉。

 なんだか「食べた気がする」北京ダックでした。


 これは栄(名古屋市)のラシックの中華料理屋さんで
 食べました。ごちそうさまでした。



 さて、同じ栄にブロッサというところがあって、
 そこでは「キムカツ」というトンカツ屋さんがあります。
 ご存知の方も多いのではないでしょうか。

 このトンカツは、ふつうのトンカツではありません。

 断面が芸術的です。


 ロース肉を25枚重ねて、
 揚げてるんですね。


 歯ごたえにしびれますよ。


 ああ・・・もう一度食べたいです。




 というわけで、今日のポイントは、
 「固定観念を少しずらす」です。


 特に料理は、固定観念を少しずらされる経験を
 よくします。

 味付け1つにとっても、1つの調味料を入れるだけで
 まったく変わった味わいになりますが、自分の中では
 やはり固定観念があるから驚きがあったりです。


 固定観念に良い悪いはありません。


 今の自分にとって、軸になっているものですから。





 ですので、自分を変えようと思ったら、
 まずは自分の軸が何か、自己分析をしてみます。

 闇雲に変わることは大変です。
 何を変えたら良いいかわからないわけですからら。


 軸を見つけたら、少し変えてみる。


 醤油の代わりにソースを使ってみたらどうか。
 ポン酢ならどうか。めんつゆならどうか。


 人生の味付けも変えてみる。


 すべての材料を変えなくても、
 料理というのは異なるものをつくることができます。




 P.S.
 たまには包丁をにぎろっと。


 メルマガ『発想源』の名古屋ライブに参加してきました。
 セミナーへの参加は久しぶりです。

 私が今日1つお持ち帰りしようと思ったのは、

 「密かに盛り上がる」というコンセプトでした。


 流行に流されることなく、収益を上げている会社があります。

 全国的に知られているわけではないのですが、あるところでは
 知らない人はいないとか、そういう会社(お店)です。



 私が担当しているお客様の中で1つでもそういう
 「密かに盛り上がっている」お客様が出てくればいいなと
 思いました。

 そのために何ができるか。

 ビバ、発想源ですね。
 (ところで、ビバってなんだ?)



 最近の心に訴えかける本は、
 質問をたくさん投げかけてきます。

 その質問に答えるときに、自分の中に、

 「そういう答えがあったか!

 という発見があります。


 発明ではなくて、発見です。

 すでにあるものを見つけるということです。



 発想源ライブでは、いくつかの事例が出てきました。

 でも必ず、

 「あなたならどうしますか」

 という問いをはさみます。


 そうすると、

 いろいろな答えが出てきます。


 すぐに答えを教えてしまうと、

 質問には正解が1つしかないことになってしまいます。


 一見効率が良いのですが、
 自由な発想はそこから生まれません。




 日本の教育はいまだに世界一だそうです。

 個々の平均点を上げる、底上げをするという点では、
 世界一なのだそうです。

 識字率の高さを見ても、うなづけます。

 ところが世界に目を向けてみると、

 平均点よりも個々の最高点を上げる教育を
 行なっている国が多いですね。

 エリートとというとなんだか悪いイメージがありますが、
 スポーツのように一流選手を育てているのです。


 1億総サッカー選手にするのがうまいのが日本です。

 でも世界レベルのサッカー選手を育てるのがうまいのは
 ほかの国かもしれません。


 それは戦略が異なるからで、国とか民族とか、
 そういうことは関係ないような気がします。

 どっちがいいかもまた、人それぞれでしょう。



 さて、あなたは、次の質問にどう答えますか?


 何かを始めようと思ったら、明日やる人と
 1週間後にやる人、どちらが成功する可能性が
 高いと思いますか?








































 その質問をした人の回答は、

 「どちらも成功する可能性は低いと思います。
  なぜなら、成功する人は今日から始めています」


 だそうです。

 いぢわるですね・・・。
 でもたしかにそうかも、と納得されられる一言です。
 (神王リョウさんの言葉です)


 というわけで私からも。

 「部屋がキレイな人と部屋が片付いていない人、
  どっちが成功する可能性が高いと思いますか?」



 私は自転車と地下鉄で会社に行きます。

 地下鉄の駅まで少し距離があるんですよね・・・。

 急いでいくときは、ギアチェンジして、疾走します。


 最近、自分の行動指針を考えています。

 「分かっているから変わっているへ」

 「武器をつくりながら走れ」

 「軸を1本立てる」

 「天は人の上に人を造らず。人は自分以上の人にはなれず」

 「時間がないのではない。やる気がないだけだ」

 「仕事とは、失敗のリカバリーを学ぶもの」

 ・・・まあ、そんな感じですね。
 標語になってるようなものありますが・・・まあいいや。




 その1つに、「暇は暇を呼び、忙しさは忙しさを呼ぶ

 というものを考えました。

 仕事は忙しい人に頼めとものの本に書かれていますが、
 なぜでしょうか。


 さっき、自転車の話をしました。

 自転車は、ギアを変えることでスピードを変えることができます。


 「暇」というギアに入っていれば、スピードは「暇」のまま。

 「忙しい」というギアに入っていれば、スピードは「忙しい」のです。


 一度忙しいというギアに変えると、最初はけっこう踏み込む力が
 必要になります。

 ですが、スピードがのってくると、忙しいというギアの方が
 楽なんですよね。




 「忙しい」というギアにチェンジして、
 軌道にのせることができるか。

 ・・・とまあ、そういう風に行動できたらいいなと
 自分なりに行動指針を考えています。

 数が多いので、今のところ、

 「分かっているから変わっているへ」

 が基本方針です。


 P.S.
 あなたの行動指針はなんですか?
 言語化してみませんか?


 今日は1日お休みでした。
 ゆっくり睡眠をとったり、メルマガを書いたり。
 水曜日に休むといいですね。毎週休みたいです(笑)

 名古屋駅に遊びに行きました。
 タワーズの51階にエステや美容院ができていたり、
 ミッドランドスクエアが外観はほぼ完成していたりと
 街も成長を続けています。



 地下街を歩いていると、いろんな人とすれ違います。

 一人一人、名もない旅人です。

 いえ、旅人といっても、市内に住んでいる人だったり
 するのかもしれませんが、私から見れば、みんなが
 名もない旅人です。


 1億数千万人のうち、ちょっとだけの人が
 いわゆる有名人です。

 多くは名もない旅人です。


 ただ、その名もない旅人から、あるとき、ぱっと
 有名になる人が連なって出てきます。



 有名人は一人で有名になりません。

 特に、ビジネスの世界ではそれが顕著かもしれません。

 AさんとBさんが知り合いでも不思議ではない。

 どこかでやはり、名もない旅人のときに
 出会っているのです。


 別に有名になることに限らず、
 Aさんが成長しているときに、
 Bさんも成長し、そしてお互いに出会って
 切磋琢磨しているうちに、気づいたらどちらも
 成功している。。。

 そんなしくみがどこかにあるような気がします。


 そうそう、同じ志ってヤツですね。


 あなたもこのブログをお読みになっているということは、
 私と同じ<何か>を共有できる方なのかもしれませんね。
 
 それがなんだかはよくわかりませんが、
 いつかきっと、その種が大きく育つことをイメージしながら
 また明日からがんばりますよ〜。


 P.S.
 あなたが読んでいるブログを、1つ1つ考えてみてください。
 きっと共通の何かがそこにありますよ。

このページのトップヘ

見出し画像
×