なんというか、タイミングがあるんですよね。

 バチッとそのときにはまるというか。

 でもそれは、みんなにとってバチッとはまるかというと、

 たまたま、自分にとってそのタイミングでははまったというか。



 そんな経験ってありませんか?



 たとえばあるブログで、セミナーの紹介があった。

 よく見ると、けっこう近くでやっている。

 あるいは、その日たまたまそこにいる。

 で、中身もよく分からないんだけど、

 直感でピピッと何かが反応したから行ってみたら、

 おいおい、予想外にいいじゃない(^∀^) ←こういうのも使えますよ。



 そんな出会いってありませんか?




 人生って、縁だと思うんですよね。

 あ、みんな思ってますよね。

 でもその縁って、なんなんでしょう。

 たぶん、直感の集合体だと思います。


 Aさんの直感と

 Bさんの直感と

 ・・・

 Zさんの直感が

 うまい具合に集合してるわけです。


 偶然ではなく、必然。

 ただし、誰も必然とは思っていない必然です。




 私とNLPとの出会いはそうですしね。

 そこから新しい広がりがあったりして。

 人生なんて、簡単に変わるんだな、と。




 ・・・というわけで、セミナーのご紹介です。


 あ、ばれてましたか(^^;)





 NLPでとてもお世話になった方からこんなセミナーが
 あるよと、メールいただきました。


 東京です。
 名古屋であったら行ったんですけどね・・・(;_;)
 げに名古屋は少ないなりですよ。
 

 ちょっと長くなりますが、もし、よかったら、
 最後までお読みくださいね。



 ◇◇◆ リードマネジメントセミナー ◆◇◇

 幸せな人間関係を築くための、
 リーダーシップ&コミュニケーションを
 ゲームや演習を通して、体感学習できる
 リードマネジメントセミナーを開催致します。


 リーダーシップというと、会社での関係だけをイメージしていませんか?
 リードマネジメントでいう人間関係は、
 上司と部下だけではなく、親子、夫婦、教師と生徒など、
 全ての人間関係を対象にしています。


 あなたは、どんな人間関係を改善したいと感じていますか?
 さらに良くしたい人間関係は誰との関係でしょうか?


 講師コレさんのエネルギー溢れるセミナーで、
 なるほど〜!と納得したり、ガハハ〜と笑ったりしながら
 あなたにとってコレは使える!というコミュニケーションの秘訣を
 見つけに来てください。


 受講された方からは
 ・いつも感じていることなどをキチンと整理して頭の中がスッキリした感じ。
  いつもこういう機会で再認識しないといけないなあと思いました。 
 ・最近気づいた、「相手と自分が違う」ということから、そのことと
  仕事の結果の関係、相手に対する接し方を知りたいと思っていた矢先
  だったので、なるほどの連続でした。
  一年前にしっていたらコワレなかった人間関係があったと思うと、今
  知って良かったです。
 

 などの感想を頂いています。


 あなたの人生、あなたがご自身がリーダーです。
 ご自身の人生をマネジメントしていくその秘訣をお伝えします。

 また、リードマネジメントは選択理論心理学をベースにしているので、
 心理学的な側面からアプローチしています。

 是非一度参加して、体験してみてください。
 今回のセミナーでリードマネジメントを身に付けていただくコツは、
 とにかく楽しんで参加することです!


  日 時 : 4月15日(土)
  場 所 : 東京 五反田ゆうぽうと
  講 師 : 是久 昌信 (有)グレイス 代表取締役
        日本選択理論心理学界常任理事
    
 詳しくはホームページもどうぞご覧下さい。
  

 お申し込みも、ホームページ、セミナー日程の下のリンクからメー
 ルで簡単にお申し込み頂けます。

   ■お問い合わせは
    担当:近藤 (090) 6086-0802
    E-Mail:grace@m11.petie.jp
    または
     happy-days@w6.dion.ne.jp
     http://grace.petie.jp/





 おやおや、最後まで本当にお読みくださったのですね。
 それとも、飛ばしちゃいましたか(^^;)


 <名前>にとらわれる必要はありません。

 あなたが直感で、「ピピッ」ときたのであれば、
 それが1番正しいわけです。

 ほら、テストで最初に書いた答えが、正しいように。


 <理由>にとらわれる必要はありません。

 からだが何かを欲しているときに、理由がいらないように。
 あなたが食べたいものは、やはりからだが欲しているのです。



 あなたがこのブログを読んでくださっているのは、1つのご縁だと思います。

 私のところにメールが来たのも、ご縁です。

 そもそもNLPのセミナーに参加したのも、ご縁です。

 ・・・・


 どこまでも、直感の集合体ができていきます。



 P.S.
 大切なのは、あなたの直感です。
 それ以上の判断基準は、正直、ないかも。 



 少し時間が空いてしまいましたが、すべては会計進化論。
 1日2回更新してしまったからです。。。
 まとめて記事を書いているのですが、やはりちゃんとあってるのか
 調べているものですから、けっこう時間が・・・。

 ようやくコツをつかめてきたのでこちらも再開です。




 武器を拾いながら走れという言葉を言ったのが誰かは忘れましたが、
 ビジネス書で読んだのでしょう。

 でも、仕事をしている実感では、「つくりながら」の方が
 適切だなと感じる今日この頃です。


 横文字で言えば、オーダーメイド、カスタマイズ



 私がビジネス書を読むのを本気でやめようと思った理由は、

 「人の知恵は、自分にとって知識に過ぎない」

 ということに気づいたときです。


 ですから、どれだけビジネス書を読んだとしても、
 実際に仕事になる部分というのは、ちょっと違ったんですね。




 そこで一度ブログも更新を止めてしまって、
 いろいろ考えた結果、


 「武器を拾いながら走れ」

 から

 「武器をつくりながら走れ」

 に転化しました。


 ですので、今のビジネス書の読み方は大きく変わっています。



 メルマガ【発想源】でもとってもいいこといってたんですが、

 何冊読んだかよりも
 何ヶ所使ったか


 なんですよね。ビジネス書の場合。


 それに苦しんだのが昨年12月くらい・・・。


 小説とはそういう意味で、読み方が違うはずなのですが、
 どうもビジネス書も「1つのフィクション」として楽しんでいた
 節があるんですね。

 どうだ、この本も知ってるんだぞ、という
 妙な自慢というか・・・。

 いかんですね。


 

トルネコの冒険じゃないんだから!!




  ↑ たぶん、そういうゲームだったような。



 仕事の中でどうやって武器をつくっていくか。


 私のやり方は、

 「何をしたいのか」、という取っかかりをつくる

 ことです。



 大切なのは、目標を立てることよりも、
 実は「取っかかり」をつくることだったりするのかなと
 最近思います。


 目標なんて変わります。
 1度決めたゴールでいいとはかぎりません。


 ただ、1つゴールを決めておけば、
 修正は楽です。




 取っかかりは、1歩踏み出すための勇気です。

 ほんと、0と1の差は大きいですね。


 もしあなたが成長をお望みであれば、

 今いる場所で、武器をつくりながら走ると、

 面白いかもしれませんね。



 あくまでも、1年間社会人をやった上での所感なので、
 すいません、全然参考にならないと思いますが・・・。



 P.S.
 でも、数千冊のビジネス書はコンソメのように
 深い味わいをつくってくれている・・・はず。


 明日、というには日付が変わる頃に書いていますが、
 メルマガの第2回を送信する予定です(時間は未定ですが)。

 「みなさ〜ん、面白いから宣伝してね」

 ということは、今回はやりません。
 (↑これはカウントしないで下さい。)


 それよりも、内容に思い入れを入れるほうに時間をかけようと
 考えました(いや、メンドウとか自信がないとかではないですよ)。


 つまり、じっくりコトコト煮込んだメルマガを読んでいただくことが
 目的で、たくさんの人に読んでもらおうというのは・・・


 すみません、どうでもよいのです。


 すでに数名の方が登録してくださったようです。

 今まで、ブログを読んでくださって、
 私を見捨てず(涙)にきてくださった皆様だと信じております。



 10000人の顔の見えない方たちではなくて、
 10人の顔の見える方たちに対して、本気で書くこととが、
 今回のメルマガの最大の目標です。



 その中で1人でも「人生を変える読書スタイル」って、
 こういうことなんですね。といって、変わってくださるかたが
 出てきたら、最幸です。


 (メルマガで初めて出会う方が変化されたときは、ぜひお会いしましょう!
  結果的に顔が見える、ということになるでしょう?)




 テクニックはほとんど書きません。

 考え方しか書きません。


 でもそれは、今までブログを読んでくださった方にとっては
 珍しいことではありませんね。

 すでに創刊号自体がそういうものなので、初めて読まれた方も
 ピンときた方は、きっと変わる要素は十分にお持ちかと思われます。


 よー分からんけど、あれ、気づいたら変わってたよ。

 をそこはかとなく目指す、気長なメルマガかもしれません。



 会計進化論。ブログの方は、その点、まったく逆をいっているのですが、
 まったく同時期に逆のことをはじめたのは、なんででしょうね。
 不思議です。



 ともあれ、メルマガについては右上にありますとおり、
 地味にしてます。
 これからも、地味かもしれません。


 P.S.
 タイトルの意味はお気づきになりましたね。
 双方向のメルマガになるといいな〜。



 いわゆる年度末、3月31日を終えて、
 明日から4月1日だぁと意気揚々としていたのですが・・・
 (だって、社会人2年生ですもの)

 4月1日は病院で点滴を打っていました。


 ・・・おいおい。



 1年間みんながんばったね、と
 飲み会をしたのが原因のようです。

 飲みすぎと食べすぎでしょうか。
 大変な目にあいました(T_T)


 しばらく飲み会は自粛しましょう。
 そういえば、飲み会ばっかりだったなぁ。



 というわけで、メルマガをつくっていたのですが、
 すっかりそのままです。

 今日メールボックスを見たら、発行申請が終わっていました。


  ≫ 人生を変える読書スタイル
 

 コンセプトは、「分かっているから、変わっているへ」です。

 不定期です。




 このメルマガを作った目的は、

 「本との出会いを大切にしてほしい」という私のミッションを
 具体化するためです。


 それ以上でも、それ以下でもありません。


 あなたはすでに、その答えをご存知です。

 でも、あえて私はあなたに尋ねます。


 

「どうしてあなたは、本を読むのですか?」






 P.S.
 点滴を打ったおかげで、今日はだいぶ体調が楽になりました。
 こういうときに健康の大切さを感じますね。
 さあ、社会人2年目、がんばります。


 私は未だに自動車の運転が苦手です。
 ちなみに仕事の性質上、かなりこれは危ないです(^^;)

 
 それはさておき、先輩についていきます。

 「じゃあ、行く道を覚えてね」

 そういわれても、助手席だとさっぱり道は
 覚えられません。



 運転手の先輩はすいすいと「あれが○○、あっちが△△」
 と道の名前だったり目印の建物名だったりを言いますが、
 次の名前を聞くころにはすっかり忘れています。



 一度、その道を一人で行くと、
 迷いに迷って同じところをぐるぐる回りました。


 自分で運転してみると、「え?こんなのあるんだ」という
 ものに気づきます。

 「え?そんなこと考えて走ってないよ」という場面に
 何度も遭遇します。

 若葉マークではありませんが、若葉マークをつけたほうが
 いいくらいの運転ッぷりです。

 とりあえず、慣れるしかないんですよね・・・。




 助手席に座っている自分と
 運転席に座っている自分は、違います。

 それは誰だってわかります。

 でも、人生の助手席に座っている自分には、
 なかなか気づきません。



 自分の人生を自分で操ることができる人生の運転手
 として生きている方は、なかなかいないものです。


 多くの人は、誰かが設定した目的地に向かって、
 助手席に座って進んでいるのかもしれません。


 でも大切なことは、2つ。

   どの目的地に行くのか

  ◆自分で主体的に行く


 私は最近そんなことを思いますが、いかがでしょうか。


 ・・・そう思うってことは、自分ができてないのが
 とってももどかしいってことなんですけどね(>_<)


 P.S.
 あなたの人生は、誰がハンドルを握っていますか?
 あなたの目標は、誰がナビをしてくれますか?


このページのトップヘ

見出し画像
×