□―――――――――――――――――――――――――――――――――――□

  今日は少し内容が違います。

□―――――――――――――――――――――――――――――――――――□
 


 以前、実家に帰ったときに、
 母が歯医者マニアになっていました。


 だって歯に関する本を買うくらいですから!


 おかげで歯医者に通うことになって、
 親しらずは抜かれるわ、歯を染められて小学生のときのように
 歯みがきの仕方を習ったりで、大変なことになりました。
 (もちろん大切なことですけどね)




 私たちが毎日歯を磨くのは、1つの習慣です。

 歯の磨き方も、最初はお母さんが磨いてくれていたのが、
 気づけば一人でできるようになりなさいといった形で
 だんだんと正しい形になったり、虫歯になってようやく
 歯みがきの大切さを痛感したりします。

 あるいは、鉛筆の持ち方やはしの持ち方だって、
 あるとき誰かに習ったかもしれませんね。


 
 では、読書はいかがでしょうか


 正しい本の読み方なんて、習ったこと、
 ありましたか?



 ・・・ないですよね。


 それこそ、歯を磨くように習慣化している人でも、
 いざ読書の仕方を言われても、なかなかこれといって
 思い当たるものがなかったりします。


 みんな自己流です。



 そこで私は、多くの本を読む中で、
 変化を起こす読書の習慣を1つのかたちにできないかと考えて
 きました。これが読書スタイルです。

 
 もっと良い本と出会えるようになる。

 それも変化です。


 もっと速く読めるようになる。
 
 それも変化です。


 もっと深く自分のことを分かるようになる。

 それも変化です。



 でもメルマガだけではとうてい伝わりきらない!

 そんなわけで、5月28日にセミナーを開催することになりました。
 名古屋で行ないます。

 ただ、申し訳ありませんが、講義というよりは、体感をしていただ
 くために10名様に限定させていただきます。


  ・月1冊以上ビジネス書を読む方

  ・もっと速く本を読みたい方

  ・読んではいるけどなかなか変化を感じられない方



 あなたは、どれにあてはまりますか?
 (え? 全部ですか?)



 ごめんなさい。10名と言ってますが実はカウントダウンが始まっています



 P.S.
 自分以外の方のために読書スタイルを知りたい!という方も
 いらっしゃいました。素敵なことですね。ありがとうございます。

 IKE■


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■