September 15, 2005

レオナルド・ダ・ヴィンチ展(森アーツセンターギャラリー)

とある二本の原稿の入稿日が今日だったので、ここ数日Blogに触らない日が続いていました。

 

レオナルド展に関しては、連携講演会やシンポジウムなどですでに何度か採り上げてきましたが、今日からようやく開催、昨日はそのオープニングがありました。

レオナルドの多才ぶりがよくわかる、楽しい展覧会となっていました。手稿は薄暗い部屋にあり、葉別のケースを移るたびに照明がつくまでしばし待たされますが、これも保存上の理由によるものなのでどうか忍耐強くお願いいたします。

日本東洋美術史の研究者である先輩と一緒に観てまわったのですが、「字だけ見ても味わいがあって美しい」と言っていました。経典など、文字だけの作品も多い東洋美術を見慣れている方ならではの感想でした。

 

ところで、何かお仕事をさせていただくと、その都度あらたに素晴らしい人にお会いするのでいつも感謝しているのですが、とりわけ今回はそのことを深く感じることがありました。ここに理由は書けませんが(という文を読んでいただいてもつまらないだろうな、とは思うのですが)、しかし私にとって同展は一生忘れられない展覧会になりそうです。

 

同展のカタログをこれから手にされる方は、どうか『「レスター手稿」の真価』というエッセイを読んでください。手稿に書かれていることや、実際にあった事実だけを端的につらねるだけで、しかし同時にそこからレオナルドの人となりまで想像することができます。これほどの巨人と真正面から格闘された専門家による、愛情あふれる実に素晴らしいエッセイです。なぜレオナルドの魅力にとりつかれる人が世界中に今でも多いのか、そのわけがなんとなく分かります。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ikedesu/50090588
この記事へのトラックバック
15日から森アーツセンターで始まった 「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」直筆ノート「レスター手稿」日本初公開に 関連した記念シンポジウムが今夜アーク森ビル20階国際交流基金・国際会議場にて開催されました。 blogでお世話になっている「池上英洋の第弐研...
「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」記念シンポジウム【弐代目・青い日記帳】at September 21, 2005 00:06
いつも大変お世話になっております池上 英洋先生の司会・進行をご担当された 記
記念シンポジウム 「レオナルド/天才の挑戦」【Floral Musée】at September 21, 2005 09:00
15日から森アーツセンターで始まった 「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」直筆ノート「レスター手稿」日本初公開に 関連した記念シンポジウムが今夜アーク森ビル20階国際交流基金・国際会議場にて開催されました。 blogでお世話になっている「池上英洋の第弐研...
「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」記念シンポジウム【弐代目・青い日記帳】at September 22, 2005 07:56
いつも応援クリックありがとうございます!おかげさまで人気ブログランキング上位です 六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリー(森タワー52F)で開催されている“レオナルド・ダ・ヴィンチ展” に行きました。「モナリザ」「最後の晩餐」で知られる人類史上最も偉大な天才...
「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」に行きました【Infocierge(インフォシェルジュ)】at October 03, 2005 22:53
森アーツセンターギャラリーで開催中の『レオナルド・ダ・ヴィンチ展』 天才の予言「ダ・ヴィンチノート」(直筆ノート「レスター手稿」日本初公開)に 行って来ました。 今回の展覧会を観に行く前に、池上先生やイタリアのダ・ヴィンチ研究家の面々が集ったシンポ...
「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」【弐代目・青い日記帳】at October 03, 2005 23:05
この記事へのコメント
こんばんは。

ダ・ヴィンチ展シンポ参加できることになりました。
当日お会いできること楽しみにしております。
Posted by Tak at September 16, 2005 22:17
ikeさん、

こんばんは。

今日の記事を拝見させて頂いてますます楽しみになってきました。

是非カタログを買いまして、『「レスター手稿」の真価』を読んでみます。

いつも貴重な情報有り難うございます!
Posted by インフォシェルジュ at September 17, 2005 18:14
> Takさん

明日ですね。お会いできるのが楽しみです。&お茶でも。
Posted by ike at September 19, 2005 23:41
> インフォシェルジュさん

本で採り上げられたそうで、おめでとうございます!

レオナルド展はオープン後おかげさまでかなり盛況のようです。混みそうな週末は避けて、夜間も開館しているので平日夜が良さそうですよ。

Posted by ike at September 19, 2005 23:52
先生、

今日は楽しい時間を皆様と過ごさせて
頂きまして、ありがとうございました。

奥様もいつもお優しくしていただいて
本当にマリア様のようですね!どうぞ
よろしくお伝えくださいませ。

シンポジュームのことは今夜はアップ
できないかと思いますが、明日も夜に
用があるものですから簡単に概要だけ
でも書こうと思っています。

また、来週はそっと聞きに参りますので
どうぞお気遣い無く。。

最後に、先生のイタリア語はかっこいい!
です。
Posted by Julia at September 20, 2005 22:54
こんばんは。
今夜は楽しい時間を共有できたこと嬉しく幸せに思います。
奥様にもどうぞ宜しくお伝え下さいませ。

ざーーと今夜のシンポのことblogにupしてみました。
手直しする点やおかしなところなどありましたら
ご指摘いただければ幸いです。

今後とも宜しくお願い致します。
Posted by Tak at September 21, 2005 00:11
先生、

本当に度々申し訳ございません。
昨日、書いているときにシステムが
調子悪くて修正できなくて再度、今朝
書きなおしましたので、一番最後のTB
だけ残して、他削除してくださいませ。

お疲れの所をお手数をお掛けしますが
ちょっとシステム不良になることが多くて
申し訳ございません。

来週の講演会では先生のお話をしっかりと
聞かせていただきます。また、楽しみが
次々と増えて生きているのが幸せに感じる
この頃です。
Posted by Julia at September 21, 2005 09:03
ikeさん、こんにちは。

ご丁寧にお祝いコメント有り難うございます。

Takさんのレポートを拝見しました。シンポジウム大盛況だった様ですね。
おめでとうございます!

お陰様で予習が出来ましたので、近いうちに展覧会を堪能してこようと思います。




Posted by インフォシェルジュ at September 21, 2005 15:01
> JuliaさんとTakさん

あんな時間にお別れしたのに、実に詳細なレポ記事がおふたりのBlogにはやばやとUpされていたのでビックリしました。

しばし語らえて素敵な時間をすごせました。ありがとうございました。

おふたりには鑑賞会などでいろいろと今後もご一緒させていただける機会がありそうなので、今から楽しみです。どうぞよろしく!
Posted by ike at September 22, 2005 00:37
> インフォシェルジュさん

いつもありがとうございます。先日のワインの記事には実は「ほしい!」とちょっとグラッときました。
Posted by ike at September 22, 2005 00:39
先生、

本日のご講演(9/27)もお疲れ様でございました。
毎週、レオナルドについて新しい知識をつける
ことができて、本当にありがとうございました。

本日は遅いので少しずつですが、先生の貴重な
お話を書き続けていこうと思います。
先生のご講演だけ特別に他のブログで作成しようかしら?
と思ってしまうほどです。「池先生ファン・クラブ・ブログ」
なんていいですよね!!

では、また鑑賞会も楽しみにしてくださる方も何人か
いらっしゃるので、日時をお知らせいただけると幸いです。
Posted by Julia at September 28, 2005 00:51
> Juliaさん

いつもながらの買いかぶり(笑)、恥ずかしいですがありがとうございます。
こちらからTBさせていただきました。

ほんとにひっそり帰られましたね!お渡しするものがあったのに(笑
では鑑賞会の時にでも!
Posted by ike at September 28, 2005 17:48
池先生、

TBをありがとうございました。
コメントのご指摘、ありがとうございました。
本にあることも含めていたので、ちょっと
書き方がおかしかったですね。あとで修正いたします。
また、今後も書かせて頂きますが、本と参照しながら
書いて参りますので、また間違っていたらどうぞ
訂正などお知らせくださいませm(*- -*)m

>ほんとにひっそり帰られましたね!お渡しするものがあったのに(笑
  そうだったんですかぁ〜マァーq(≧∇≦*)残念でした。
  どうしようかとちょっと悩んだのですが、
  今回は失礼いたしました。
 
では鑑賞会の時にでも!
  はい、いつも本当にありがとうございます。
  もしかしたら、白梅出身で元保母さんの親友も
ご一緒させていただくかもしれません。
  

Posted by Julia at September 28, 2005 19:18
ikeさん、こんにちは。

やっと「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」に行って参りました。

素晴らしかったです。TBさせて頂きますね。
Posted by インフォシェルジュ at October 03, 2005 22:52
こんばんは。

展覧会の感想やっと書き終えました。
支離滅裂、相変わらず言いたいことが
上手く伝えられていない文ですが
展覧会の素晴らしさはお伝えできたかと思います。

追記
次にお会いできる際に裾分先生のお話を
お聞かせ願えれば幸いです。
Posted by Tak at October 03, 2005 23:07
> Juliaさん

メールをありがとうございました。鑑賞会楽しみですね。
白梅大は前期に非常勤で行っているので親近感があります。同じ敷地内に小さなお子さんから大学生まで歩いているので最初はびっくりしました。
Posted by ike at October 04, 2005 07:56
> インフォシェルジュさん

いつもながら真摯な素晴らしいレポですね。保存のために、ぼぅっとした薄暗い照明に時折浮かび上がる手稿の見せ方は、たしかにかえって幻想的で良いですよね。
Posted by ike at October 04, 2005 07:59
> Takさん

Takさんのところにあれほど詳細なレポ記事があるのはもう普通のことなので驚かなくなってきました。お忙しいでしょうに。頭が下がります。実に素晴らしい記事ですね。

記事中で紹介までしていただいてありがとうございます。
Posted by ike at October 04, 2005 08:03