May 06, 2007

シンポジウム 「レオナルド・ダ・ヴィンチの世界―各分野から見たその実像」

日時: 526日(土曜日) 14:0016:45

会場: 恵泉女学園大学 J202教室(大階段教室)

主催: 恵泉女学園大学、平和文化研究所、社会・人文学会

後援: 朝日新聞社

 

発表順は以下の通りです。(発表題目は仮タイトル)

14:0014:15 池上英洋: 新しいレオナルド像

14:1514:30 小倉康之: 建築家としてのレオナルド

14:3014:45 田畑伸悟: 工学者としてのレオナルド

14:4515:00 田中久美子: 北方とレオナルド

15:0015:15 藤田英親: レオナルドの医学・解剖学

15:1515:30 <休憩>

15:3015:45 森田学: レオナルドの音楽・演劇

15:4516:00 伊藤淳: レオナルドの彫刻とモニュメント

16:0016:15 小谷太郎: 天文学者としてのレオナルド

16:1516:30 大竹秀実: レオナルドの技法と修復

16:3016:45 谷口英理: レオナルドと日本

 

美術史家が一人でレオナルドを語って済む時代は終わりつつあります。実に広い分野にまたがる彼の活動領域をカヴァーするとなるとそれなりの多分野の専門家を必要とするはずです。

本シンポジウムもその考えに則っています。建築史が専門の小倉氏、工学分野がフィールドの田畑氏、内科・精神科医の藤田氏、音楽史・音楽理論の森田氏、天文学者の小谷氏、修復家の大竹氏と非常にヴァラエティーに富んだパネラーが揃いました。また、美術史研究者の四人も、北方との関係を語るに相応しい田中氏、彫刻史がご専門の伊藤氏、そして谷口氏にいたっては、レオナルドの絵画論や展覧会などが日本に与えた影響などについてもう何本も論文を書かれている、日本で唯一と言ってよい「レオナルドと日本について語ることのできる専門家」です。かなりユニークなシンポジウムです。レオナルドならではでしょう。私自身、非常に楽しみにしています。

 

当日は、恵泉女学園大学はスプリング・フェスタという、春の大学祭のような催しがある日です。本シンポジウムも、その一プログラムとして開催されます。アクセス手段などについては、大学HPでお確かめください →恵泉大HP

 

※ 当日の聴講者の疲労度(?)によっては、途中の休憩を三十分間にして、17:00終了とする可能性があります。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ikedesu/50807661
この記事へのトラックバック
2007年5月26日(土)10:00〜17:30 多摩市にある恵泉女学園大学で「恵泉スプリングフェスタ」が開催されます。 オープンキャンパスやキャンパスガイド、入試相談会なども催されます。 数ある催しものの中で特にご紹介したいのはシンポジウム「レオナルド・ダ・ヴィンチの...
恵泉スプリングフェスタ【PIAZZA MANIN】at May 07, 2007 23:29
domenica, il 6 maggio 2007 sono le ventitre e trentatre  来る5月26日(土)に、恵泉女学園大学にて「レオナルド・ダ・ヴィンチの世界―各分野から見たその実像」と銘打たれたシンポジウムが開催されます。『レオナルド・ダ・ヴィンチ - 天才の実像展』とも連携した...
イベント紹介-[シンポジウム 「レオナルド・ダ・ヴィンチの世界―各分野から見たその実像」]【Megurigami Nikki】at May 08, 2007 10:14
5月26日(土)に、恵泉女学園大学において”恵泉フェスタ”が開催されます。
「レオナルド・ダ・ヴィンチの世界―各分野から見たその実像」@恵泉フェスタ 5/26【Floral Musée】at May 09, 2007 22:10
JR上野駅構内にあるアトレ上野で「インスピレーションfromダ・ヴィンチ!」 というキャンペーン先月から開催しています。 レオナルド・ダ・ヴィンチの「受胎告知」が東京国立博物館で展示されているのにかこつけてのよくある駅ビルの商業イベント。 飲食店では「ダ...
インスピレーションfromダ・ヴィンチ!【弐代目・青い日記帳 】at May 21, 2007 22:48
この記事へのコメント
池先生

こんばんは〜☆
先日は、コミュの方にもフェスタについての
ご案内を有難うございました<(_ _)>

毎年、フェスタは楽しみに伺っていますが、
今年はお知り合いの方が小倉先生を含めて
4人の方がご講演されるなんて、本当に
なんと華やかなシンポジュームでしょうか!!
「レオナルド・フェスタ」と呼んでも過言では
ないですね!

17日(木)の東博のコンサートもわん太夫さんと
ご一緒に参ります。

あと一月あまりですが、どうぞお体にお気をつけて
ますますレオナルド・フィーバーで頑張ってくださいませ。

Posted by Julia at May 09, 2007 22:20

藤田先生って・・・あのえいしんさんですか?
 
Posted by koh_chan1967 at May 10, 2007 23:13
> Juliaさん

いつもありがとうございます。

シンポジウム、ご足労おかけします。その後のうちあげもどうぞよろしく!
Posted by ike at May 13, 2007 18:43
> koh_chan1967さん

そうですよ〜

mixiにもえいしんがいるので覗いてあげてくださいな
Posted by ike at May 13, 2007 18:45
こんばんは。

土曜日は晴れるといいですね。
恵泉のお庭も楽しめるはず。

出張扱いになりますかね?!
Posted by Tak at May 21, 2007 22:50
> Takさん

確かにお天気が心配です。恵泉では「はしか」はなんとかなりそうなので。

学会・研究会への参加なら出張扱いになるのでは?
Posted by ike at May 24, 2007 00:11
19日行ってきました★☆
すっごく良かったです(≧ω≦)
受胎告知見れて嬉しかったです☆
先生の名前を発見してとっても感動しました♪
あんなに大きな企画を考えるのは多分とっても大変
でしたよね(≧_≦)お疲れさまです☆

またお会いしてダ・ヴィンチの事を
話せたらいいなっと思ってます☆
Posted by E&A at May 24, 2007 14:05
> E&Aさん

観てもらえて嬉しいです。

お元気ですか?今年はさらに忙しいでしょうね、皆さん。

白梅、なつかしいです。
Posted by ike at May 25, 2007 17:33
シンポジウム、楽しませていただきました〜♪
(極度な小心者なので声をかけられず、すみません……)
大変有意義で濃密な時間を過ごすことができ、大感謝です。

また、遅ればせながら『レオナルド・ダ・ヴィンチの世界』購入いたしましたので、これから堪能させていただきます〜。
Posted by 美術史が好き! at May 27, 2007 12:16
> 美術史が好き!さん

なんと!次はぜひひと声。

私自身、とても楽しみながらのシンポジウムでした。

さっそく濃い記事にしていただいて感謝です。小谷先生のご発表、ほんと面白かったですね〜
Posted by ike at May 27, 2007 23:45