May 13, 2007

『レオナルド・ダ・ヴィンチの世界―All about Leonardo』(東京堂出版) 刊行のお知らせ

95a66a57.jpg

このたび東京堂出版から、『レオナルド・ダ・ヴィンチの世界―All about Leonardo』が刊行されました。

 

レオナルド・ダ・ヴィンチが手がけた広範な分野を、一専門領域の人がすべて語ろうとすることなど不可能です。本書ではこの考えにたって、レオナルドを語るに必要と思われるすべての分野の専門家によって、それぞれの分野におけるレオナルドの貢献と歴史的意義を解説した書となっています。

 

 『レオナルド・ダ・ヴィンチの世界―All about Leonardo

 東京堂出版。池上英洋編著。464頁。3,800円+税

 

 第一部<自然科学>

・レオナルドの解剖学 藤田英親

・レオナルドと数学 田畑伸悟

・レオナルドと工学 田畑伸悟

・レオナルドの天文学・地理学 小谷太郎

・レオナルドの建築 小倉康之

・レオナルドの黄金分割と遠近法 向川惣一

・レオナルドの手稿について 金山弘昌

 

 第二部<芸術>

・レオナルドの絵画・素描 松浦弘明

・レオナルドと音楽 森田学

・レオナルドと演劇 森田学

・レオナルドの彫刻 伊藤淳

・レオナルドの鉱脈―ミラノ派からカラヴァッジョへ 宮下規久朗

・光・影・大気―風景表現を中心に 田中久美子

・工房というシステム 金原由紀子

 

 第三部<人と時代>

・レオナルドの生涯と周辺―諸学にいたる道程 池上英洋

・レオナルドの精神構造 藤田英親

・キリスト者としてのレオナルド―図像の伝統と革新 石原綱成

・レオナルドの時代の政治と宗教 松原知生

・レオナルドと<モナ・リザ>を語る言葉 小野寺玲子

・壁画<最後の晩餐>の修復 大竹秀実

・レオナルドと近代日本 谷口英理

 

 付録・資料集: 手稿の樹形図、参考文献、

 レオナルドの手稿および主な絵画作品、レオナルド年譜

 

修復家、音楽理論、天文学者、建築史家など、ヴァラエティー豊かな執筆陣が揃いました。理想的な執筆陣のおかげで、どの章も読み応えのある、濃い内容のものとなりました。

ようやく網羅的な、初めての「レオナルド全書」を世に送り出すことができ、ホッとしています。一連のレオナルド関連本は、この書をもってようやくひと段落がつきました。

編集作業をすべて終えた今、あらためてレオナルドの活動領域の広さを実感しています。本当にこれが、500年も前に生きた、たった一人の活動の記録なのです。その凄さを、ぜひ書店で手にとって皆さんもご想像いただければ幸せに思います。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ikedesu/50821057
この記事へのトラックバック
※宣伝も兼ねまして、しばらくこちらの記事をトップに掲載することとします。※  この度、東京堂出版より『レオナルド・ダ・ヴィンチの世界』という本が出版されました!東京国立博物館で開催中の『レオナルド・ダ・ヴィンチ―天才の実像』で監修を務められた池上英...
新刊情報 - 『レオナルド・ダ・ヴィンチの世界』【Megurigami Nikki】at May 13, 2007 22:26
池上先生による特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ −天才の実像」関連事業 記念講演会「レオナルドで知るルネサンス―波乱の生涯と、激動の時代の魅力」 昨日、一昨日に引き続き講演会のレポートです。 今回で最後のレポートとなります。 フィレンツェに見切りをつ...
講演会「レオナルドで知るルネサンス―波乱の生涯と、激動の時代の魅力」その3【弐代目・青い日記帳 】at May 15, 2007 22:05
 昨日は、東京国立博物館で開催されている、特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ ?天才の実像」を見学へ行きました。目玉は、「受胎告知」の出展。キャッチコピーが、『1974年「モナ・リザ」、2007年「受胎告知」。』と言われるほどだそうです。 わたしは、モナリザも見たこ...
2007年6月 東京国立博物館 特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ ?天才の実像」【マイ・つるかわ・生活〜鶴川住人日記、東京近郊おでかけメモ、キャンプのメモ】at June 03, 2007 13:25
『レオナルド・ダ・ヴィンチの世界―All about Leonardo』(東京堂出版 ...レオナルド・ダ・ヴィンチが手がけた広範な分野を、一専門領域の人がすべて語ろうとすることなど不可能です。本書ではこの考えにたって、レオナルドを語るに必要と思われるすべての分野の専門家によ....
レオナルド・ダ・ヴィンチ ミラノ【レオナルド・ダ・ヴィンチ素描集】at June 23, 2007 02:41
『レオナルド・ダ・ヴィンチの世界―All about Leonardo』 池上英洋/編著 松浦弘明・宮下規久朗 他/著 東京堂出版 レオナルドの多彩な世界を、各々の専門家18人が執筆している。 個々が響きあってレオナルドの全体像が立ち上ってくるよう。アンソロジーの醍醐味が味わ
[本]どこから読んでもレオナルド! ― レオナルド・アンソロジー【徒然日記】at June 23, 2007 10:03
この記事へのコメント
こんばんは。
TBありがとうございました。

いよいよ発売になりましたか!
今か今かと首を長くして待っていました。

矢継ぎ早に著書を上梓される勢いに
レオナルドの姿を重ね合わせてしまうほどです。

Posted by Tak at May 13, 2007 23:17
> Takさん

GWの後になってしまったのは残念でしたが、販売第一週の売れ行きはわりと好調なようで、編著者としてホッとしてます。

今度、また飲みましょう。
Posted by ike at May 19, 2007 14:18
初めて書き込みさせていただきます。
『レオナルド・ダ・ヴィンチの世界』拝読いたしました。
僭越ながら、トラックバックさせていただきました。

打ち上げの席では、快くサインにも応じてくださり、本当にありがとうございました。
Posted by kyou at June 23, 2007 10:12
> kyouさん

これは素晴らしい記事ですね。その深さに感嘆しています。

レオナルドだけでなく、人々の歴史と思考はとても面白いです。

これからもどうぞよろしく!
Posted by ike at June 24, 2007 14:15