June 16, 2007

「さよなら受胎告知」ツアー

昨日は最後の金曜夜間開館の日だったので、「さよなら受胎告知」ツアーというものをしてまいりました。

 

これまでの金曜夜間は比較的空いていたので、鑑賞にとても良い穴場の時間となっていましたが、さすがに最終週とあって会場は非常に混みあっていました。

もう何度も鑑賞されている方もいらっしゃったので、これまであまりお話したことの無いプロト・エヴァンゲリオンでの記述と受胎告知のイコノロジーとの関係や、モチーフとして描かれるイザヤ書の典拠と文言の近似性などについても採り上げました。アナモルフォーズの技法とレオナルド以外の作品例の紹介などもして、それから最後にひと目鑑賞を、という流れになりました。

 

その後の打ち上げも、とても楽しく思い出深い日となりました。企画していただいたmixiの「Visiting Tour Club」の皆様、おつかれさまでした。どうもありがとうございました。

 

レオナルド展も、いよいよ明日で閉幕となります。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ikedesu/50890910
この記事へのトラックバック
domenica, il 17 giugno 2007 sono le ventuno  3月20日から東京国立博物館で公開されていた『レオナルド・ダ・ヴィンチ - 天才の実像展』も、今日で終わり。ウフィッツィ美術館からレオナルド・ダ・ヴィンチの《受胎告知》を借り出すという歴史的なイベントで、近年で...
美術館訪問記録-[さようなら《受胎告知》ツアー]【Megurigami Nikki】at June 17, 2007 22:03
3月20日から東京国立博物館で開催されていた 「レオナルド・ダ・ヴィンチ ―天才の実像」展も今日で終了。 (公式サイト) 美術に関してはずぶの素人である自分でありながら、普段から昵懇にさせて頂いている池上英洋先生が日本側の監修者をお務めになられた展覧会でも...
「さよなら受胎告知」【弐代目・青い日記帳 】at June 20, 2007 23:51
この記事へのコメント
池先生

金曜日の夜は、私達と最後に《受胎告知》のご引率をして
頂きまして、本当に有難う御座いました。

《受胎告知》が来日するとのお話を伺ってから、本日の
終了日まで、気持ちのうえでは、レオナルドとともに
過ごしていたように思います。

レオナルドの実物の絵を見れたことや先生がご解説される
様々な論点など、どれもこれも夢のように楽しいひと時
でした。

これからもレオナルドのご研究者としてますますのご活躍を
お祈りしております。レオナルドの素晴らしさをご紹介して
頂いて、心より感謝申し上げます。

Posted by Julia at June 17, 2007 08:40
池先生、遅くなりましたが、私も会社半休とって
この間レオナルド展みにいってきました!!

はじめの「受胎告知」は本当に綺麗で、
なんかみていて感動しました。
その前にカタログなどでみていたのとは、
全然違って驚きました。本物は鮮やかでキラキラしていて
よくこんなに綺麗に残っているなぁと思いました。

そのあとの展示も、レオナルドの頭の中というかんじで
何にでも興味をもって打ち込んでいく熱い人だったんだなぁと。。

また、彼は昔の人ですが、今の時代でも、自由に考えてみることとか
それを突き詰めていくことなど、自分らしさを忘れないで
生きていきたいなと思いました!!

とにかくこんなに感動した展示ははじめてでした。
ありがとうございました。お疲れ様でした!!


Posted by つばさ at June 17, 2007 10:52
こんばんは。

先日はお忙しい中お時間作っていただき有り難うございました。

予型論や遠近法のお話など、またゆっくりとお聞かせ願います。

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。
Posted by Tak at June 20, 2007 23:53
先週はお忙しいところをありがとうございました。

やはり先生の解説をお伺いした後に見る『受胎告知』には、

特別のものを感じました。

またとりあえずCDに画像を落としてあるので、後日お渡ししたいと思っております。

でも、あの混雑には驚かされましたね、さすが日本人ですね。
Posted by わん大夫 at June 23, 2007 00:41
> Juliaさん

こちらこそどうもありがとうございました。

嵐のような三ヶ月でした。しばらくはその余韻が残っていますが、そのうち以前の地味で平穏な毎日が戻ってくることでしょう。

鑑賞会なども、細々とでも続けていきましょうね!
Posted by ike at June 24, 2007 14:01
> つばささん

シンポジウムにも来てくれて、とっても嬉しかったです。

ゆっくりと話す時間が無くてごめんなさいね。

どうもありがとう。これからもよろしくね。
Posted by ike at June 24, 2007 14:03
> Takさん

おつかれさまでした。いろいろと応援いただきありがとうございました。

今度、また気軽に飲みましょう。いわさきあたりで(笑
Posted by ike at June 24, 2007 14:07
> わん太夫さん

CD-Romをありがとうございました。
報告書を作って提出しないといけないので、写真をさっそく使わせていただきます。本当にありがとうございます。

しばらくしたら落ち着いてくるので、また何か始めていきましょう。
Posted by ike at June 24, 2007 14:10