December 25, 2007

年末鑑賞会(Visiting Tour Club)

mixiの「Visiting Tour Club」で、忘年会を兼ねた鑑賞会へ行ってまいりました。このコミュニティでは、これまでも何度か一緒に展覧会へ行ったことがあるのですが、今回は特別展ではなく、一見地味な「西洋美術館常設展」を観ました。

 

芸大に通っていたころは上野に住んでいたので、西美常設はそれこそ「やることないし、お金もないな」という時に暇つぶしで寄るような場所でした。西美は日本で西洋美術史を学ぶ者にとって、これ以上無いほどの「教科書」であり、今から思えばずいぶん贅沢で恵まれた暇つぶしをしていたことになります。

 

改装のためにしばらく閉まる前とあって、常設展もぐっと縮小されていましたが、じっくり観るにはかえって良い環境です。それでも全点解説していたらきりがないので、数点に絞ってお話ししてきました。

今回は特に、「聖人を描いた作品」と「風景画の成立」、「印象派の始動における革新者クールベの役割」、「空間構成から見たジャポニスム」についてとりあげました。約一時間半にわたっての鑑賞会でしたが、それでもまだまだ話し足りないほどの「教科書」ですから、またいつか二回目をやりたいと思います。週末で無料開放日とあって、常設展とは思えないほど混んでいましたから、他の方へのご迷惑にならないよう、次回は金曜夜のガラガラ時間帯を狙いましょうかね。

 

mixiにお誘いいただいて以来、このコミュの活動を通じて、美術を純粋に愛する方たちとの交流が少しずつ出来てきました。私は時おりしか参加できませんが、同コミュではざっくばらんな鑑賞会を随時おこなっていますから、興味のある方はmixiで探してみてくださいね。NikkiさんとJuliaさんという方が運営されています(お二人のBlogへは、左のリンク集から飛べます)。

 

Buon Natale!



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ikedesu/51212127
この記事へのトラックバック
martedì, 25 decembre 2007 sono le venti e trentasei  週末の12月22日(土)は、VTC(Visitng Tour Club)の忘年会企画ということで、国立西洋美術館の常設展を周るというツアーに参加してきました。というか企画主だったので、募集から飲み会のセッティング...
美術館訪問記録-[『VTC2007忘年会ツアー』@国立西洋美術館]【Megurigami Nikki】at December 25, 2007 20:38
この記事へのコメント
こんにちは。
先日はどうもありがとうございました。

個人的には最後に説明頂いた「空間構成から見たジャポニスム」が
一番強く印象に残るものでした。丁度「北斎展」で感化された後でしたので。

それにしても「レオナルド展」がはるか昔のことのように思えてなりません。
まだ少し早いですが、今年一年本当にありがとう御座いました。
(来年は弾けます!?お付き合い下さい)
Posted by Tak at December 25, 2007 18:06
鑑賞会&懇親会、どうもありがとうございました。

私的には、最初の『聖ステパノ』の祭壇画の解説、すっごく聞き入ってしまいました。

多翼祭壇画の解説はなかなか聞く機会もないので、興奮でした。


今年は特に多忙の年でしたでしょうから、

年末年始はたっぷりと家庭サービスにお努めください ♪ d(⌒o⌒)b♪
Posted by わん太夫 at December 25, 2007 19:14
先日はありがとうございました。
聖人たちの話がとても興味がありました。
ますますご多忙になられることとは思いますが、
またよろしくお願いいたします。
Posted by とら at December 26, 2007 08:20
Christmasだからこそ、絵画実物を前にして貴重な鑑賞会でした。
ありがとうございます。
 図版など多く参照して下さり、とてもわかり易い講義でした。
 先生の講義メモで復習していましたが、3次会メモは解読困難。 
お奨めイタリア画家の他に 日本の漫画家の名前もも出ているし....
イタリア芸術を総復習してみます。次回の講義期待してます。
 「印象派の始動における革新者クールベの役割」
年表を使って画家同士の交流、影響を見るのも面白いものですね。
Posted by panda at December 27, 2007 00:04
ike先生

先日は長時間にわたって、鑑賞会と忘年会を
私達VTCメンバーとお付き合いいただきまして
大変ありがとうございました。

本年のレオナルド関連の総まとめリストを
書いてみましたら、とても懐かしくなり
それぞれがとてもいい思い出です。

先生の美術へのひた向きな情熱が私達を大いに
惹きつけ、ご著書からも絵の裏側の史実を知る
ことができまして、本年も多くを学ばせて頂き
ましたことを感謝申し上げます。
Posted by Julia at December 31, 2007 00:11
> Takさん

旧年中はいろいろとお世話になりました。

今年はもうちょっと一緒にまわれると良いのですが。
Posted by ike at January 05, 2008 19:09
> わん太夫さん

いつもお写真をありがとうございます。

家で書きものをするのが仕事のほとんどなので、あわただしい割りには子供の顔をいつもよく見ています。

お正月は子供の相手でちょっと筋肉痛です(笑
Posted by ike at January 05, 2008 19:12
> とらさん

阪神がいつの間にか巨人化してきたと思っていたら、巨人はやはりその上を行く補強ぶりでしたね。

ちなみにうちの父はとらさんと同じく阪神ファンです(岡山県出身)。
Posted by ike at January 05, 2008 19:16
> pandaさん

また二回目もやります。

今後もどうぞよろしくお願いいたします。
Posted by ike at January 05, 2008 19:16
> Juliaさん

昨年はいろいろと本当にありがとうございました。最後に一年を振り返る記事にまでしていただいて恐縮です。

今年はもうちょっと落ち着いた一年になるはずですから、あらためていろいろとご一緒できたらと考えています。
いつかのように、マイナー展へ5人程度で行くという小ぢんまりしたものもあっても良いかもしれませんね。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。
Posted by ike at January 05, 2008 19:23