May 04, 2008

「ウルビーノのヴィーナス展」鑑賞会

Mixiの「Visiting Tour Club」コミュ主催の鑑賞会に、解説者として参加してきました。

 

今回は、金曜夜の比較的空いている時間を狙って、「ウルビーノのヴィーナス展」を二時間ほどかけてじっくりまわってきました。出品作についてだけでなく、広くヴィーナス像の変遷やヌード像の歴史などについてもお話させていただきました。

その後はいつものように食べながらおしゃべりする機会も設けられていたので、楽しい時間をすごさせていただきました。企画運営の皆様、小雨の中お集まりいただいた参加者の皆様(遠く関西からも!)、どうもありがとうございました。

 

美術BlogMixiを中心に広がった一般美術愛好家の輪があるのですが、そこで時々、上記のように展覧会へ一緒に鑑賞に行くというツアーがあります。私だけでなく、その展覧会のテーマを専門とする研究者に解説をお願いすることもあります。これまでにもいろいろな研究者の方々にご協力いただきました。

 

美術史の研究者は、専門研究を深めることももちろん重要ですが、美術の楽しさを一般の方々に知ってもらう役目も果たすべきだと常々考えています。今後も時おり鑑賞会を続けていきたいと思っています。完全なボランティアで、同様の趣旨を共有していただける方々を、今後も募集しております。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ikedesu/51363361
この記事へのトラックバック
Juliaさんのお誘いで、5月2日に開催された池上英洋先生の「ウルビーノのヴィーナス展」鑑賞会に参加した。展示室に入る前に、池上先生よる出品作品やヴィーナス像の変遷についてのレクチャーがあり、その後各展示室で、ポイントを絞った解説を聞きながら作品を見るという贅沢...
「ウルビーノのヴィーナス展」鑑賞会【カイエ】at May 10, 2008 14:17
この記事へのコメント
ike先生

金曜日は素晴らしいご解説を賜りまして
いつものごとく参加者が高揚とした感じ
が伝わって、飲み会でも楽しい時間を
過ごすことが出来ましたことを御礼申し
上げます<m(__)m>

先生の美術に対する熱い思いや人間的な
暖かさ、どれをとっても尊敬する師として
これからも私たちをいろいろな面でご教授
くださいませ。

完全ボランティアですが、それなりに尊い
価値があることだと思っております。先生
にはご協力いただいていつも感謝しており
ます。また、このように呼びかけてて頂いて
有難うございました。
Posted by Julia at May 04, 2008 23:03
先日は、お世話になり、ありがとうございました。
とても興味深いご解説で、2時間があっという間に過ぎてしまいました。
やはり本物は素晴らしく『ウルビーノのヴィーナス』の美しさに見入ってしまいました。
遠いので、なかなか参加できないと思いますが、
また機会がございましたら、よろしくお願いいたします。
Posted by lapis at May 05, 2008 21:25
カルロ・ドルチが好きなえこうです。

先日は、ありがとうございました。楽しかったです。

あまりじっくり観ない工芸品(箱)のことや、シモーネ・ペテルザーノがカラヴァッジオの先生とか、クラナッハのこと、ウルビーノのヴィーナスの視覚的効果のことなど、色々なお話が聞けて勉強になりました。

次回参加したいと思っております。
Posted by えこう at May 05, 2008 22:35
> Juliaさん

企画運営、ありがとうございました。

かなり大きくなってきましたが、可能であれば当初の目的を忘れずにいきたいと思っています。そういえば最初の頃は、5人しか来ないような鑑賞会もありましたね。

ゆるゆると話し合って模索していきましょう。よろしくお願いいたします。
Posted by ike at May 07, 2008 11:52
> lapisさん

お会いできて嬉しかったです。
距離的に、なかなかお会いすることは難しいかもしれませんが、これからも何かのついでにご一緒できるよう願っています。

ところで最近、lapisさんのBlogへ飛ぼうとすると、一旦表示はされるのですがエラー表示が出て閉じてしまったりすることがあります。はて。
Posted by ike at May 07, 2008 11:55
> えこうさん

先日はありがとうございました。

ペテルツァーノの工房には、1584年4月3日からカラヴァッジョが徒弟契約で入っています(4年契約)。当時、カラヴァッジョはまだ13歳の少年です。

これがカラヴァッジョのまっとうな芸術修業の最初の場になりましたから、後にカラヴァッジョが絵画におこした大変革に、最初の師ペテルツァーノの果たした貢献も大きそうです。
Posted by ike at May 07, 2008 12:01
遅くなりましたが、鑑賞会の記事を書きました。
TBさせていただきますので、よろしくお願いいたします。
So-net blogのリニューアル後、様々な障害が発生しており、
ご迷惑をおかけし、申し訳ありませんでした。
Posted by lapis at May 10, 2008 14:21
> lapisさん

今はもうエラーメッセージは出ませんね。

記事を拝見しましたが、さすがですね。ありがとうございます。素晴らしいです。

澁澤好きな点などでも、話がとことん合いそうです。一度ゆっくりお話する機会があるとよいのですが。
Posted by ike at May 10, 2008 20:31