2007年01月09日

ReR???:ベラルーシ経由 etc.

651a9d2b.jpg
?














http://oilresearch.jogmec.go.jp/enq/frame.php?lurl=/briefing/pdf/2006/0605_06_motomura_russia.pdf
様HPより一部抜粋


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070109-00000003-reu-int


ベラルーシ経由のロシア産原油供給停止、欧州市場は対処可能=IEA


1月9日17時57分配信ロイター


[モスクワ 9日 ロイター]


国際エネルギー機関


(IEA)





9日、


ロシアから


ベラルーシを経由して


ポーランドや


ドイツなど


欧州に向かうパイプラインによる石油の供給が停止していることについて声明を発表し、


欧州の石油市場はこれに対処できるとの認識を明らかにした。


IEAは


「関係国の製油所は数日分の在庫を持っており、影響は今のところないようだ。


最終消費者への製品供給が滞る事態にはならない」


と強調。


「ドゥルジュバ・パイプラインによる石油供給停止が長期化しても、


製油所は


別ルートから原油を確保することが可能だ」


としている。


最終更新:1月9日17時57分


ロシア産、欧州向け送油 ベラルーシが停止


【モスクワ=遠藤良介】インタファクス通信によると、


ベラルーシの石油パイプライン企業関係者は


8日、


同国のパイプラインを通過するロシア産原油の


ポーランド、


ドイツ、


ウクライナ


向け送油を停止したことを明らかにした。


昨年末以降、


ロシアと


ベラルーシが


エネルギー供給をめぐって激しく対立していることのあおりとみられ、


実際に供給停止に至ったことで欧州の懸念が強まるのは必至だ。[記事全文]


ベラルーシは


今月、


ロシアが今年から


ベラルーシ向け天然ガス価格を


2倍以上に引き上げ、


石油輸出関税を導入した


ことに反発し、


自国領内の通過原油に大幅な関税をかけると表明。


ロシアが交渉に応じる姿勢を見せないため、


送油停止の強硬手段に出たとみられる。


送油停止について、


ロシア






国営パイプライン会社、トランスネフチ





ワインシュトク社長は


「ベラルーシは


今月6日以降、


何の通告もなく一方的に?


パイプラインから石油を不法に抜き取っている」


と非難し、


別ルートでの供給確保に全力を挙げる考えを示した。


これに対し、


ベラルーシ外務省は


送油停止を否定し、


「送油圧力低下の責任は我々にない」


と反論している。


送油が停止されたのは


「ドルージュバ」


(友好)


と呼ばれる


ソ連時代からの基幹パイプラインで、


露産業エネルギー省によれば、


ロシアが輸出する原油の


約3割が


ベラルーシを経由して欧州に向けられている。


ベラルーシのルカシェンコ政権は、


ソ連崩壊後も


ロシアと友好関係にあったが、


今回のエネルギー紛争をめぐって


ロシアからの離反が決定的となった???


■ ポーランド打撃


【ベルリン=黒沢潤】


ポーランド経済省は


8日、


ベラルーシからの石油供給が停止について、大きな打撃を受けているとの認識を示した。


同国には現在、


70日分の備蓄石油があるが、


状況次第では大きな混乱が生じる可能性も否(いな)めない。


また、


欧州連合(EU)欧州委員会の


ピエバルグス委員は


「万一に向け、あらゆる措置を取っている」


との声明を出した。[記事を折りたたむ]


最終更新:1月9日8時0分(産経新聞)


<ドイツ>ベラルーシからの石油停止 「供給責任を」経済相 - 毎日新聞
ベラルーシ、露石油に大幅通過関税 対立の深刻化不可避 - 産経新聞(5日)
【ロシア】ロシアとベラルーシの価格交渉が妥結 - NNA(5日)
ロシア・ベラルーシ、ガス価格交渉 EU行方やきもき - フジサンケイビジネスアイ(2006年12月30日)


[解説]プーチンの逆襲 - 昨年に起きた対立について。田中宇の国際ニュース解説(2006年1月12日)


♪ ロシア:原油・ガスの南輸出ルート拡充へ(PDFファイル) - パイプラインの地図も。石油天然ガス・金属鉱物資源機構


ベラルーシ共和国 - 外務省 | ロシア - Yahoo!トピックス


ニュース


- ロシア産、欧州向け送油 ベラルーシが停止(産経新聞) (9日8時0分)
- 世界成長は心強い、リスクは低い=G10でECB総裁(ロイター) (9日7時27分)
- ECBとFRB、追加利上げが必要となる可能性=IMF専務理事(ロイター) (9日6時36分)
- <ベラルーシ>ロシア産石油の欧州向け供給停止(毎日新聞) (8日21時53分)
- 中国製靴大手が「北京宣言」=EUの反ダンピング措置に対抗(時事通信) (8日15時0分)
- 国際航空運賃のカルテル、公取委が「禁止」に転換検討(読売新聞) (6日23時47分)
- 「警告したとおり」シラク仏大統領、イラク戦争を批判(読売新聞) (6日20時56分)
- ユーロ圏には成長・雇用に配慮した為替政策が必要=仏大統領(ロイター) (6日9時9分)
- 11月のユーロ圏失業率は7.6%、前月から低下(ロイター) (5日20時14分)
- 11月のユーロ圏PPI、前月比0.0%・前年比+4.3%(ロイター) (5日20時13分)
- <ブレア英首相>在任10年、退陣へ…展望開けぬ労働党(毎日新聞) (5日20時8分)
- 台湾新幹線が始動、日本のシステム採用で(読売新聞) (5日11時50分)
- EUの経済優等生、やはり北欧諸国 改革進展、加盟国に格差(フジサンケイ ビジネスアイ) (5日8時32分)
- EUに東欧2カ国新加盟 労働移民流入 英が規制強化(産経新聞) (5日8時0分)
- 12月29日時点のユーロ圏中銀外貨準備は48億ユーロ減、評価替えで=ECB(ロイター) (5日6時42分)
- OECDのユーロ圏経済サーベイ、ECBの金融政策に支持表明(ロイター) (5日6時33分)
- 反ダンピング措置の撤回要求=中国の製靴メーカーがEU提訴(時事通信) (4日15時0分)
- <ロンドン外為>ユーロ買い進み初の158円台 最安値更新(毎日新聞) (3日21時45分)
- 昨年の外国人投資112億ドル、2年連続減少(YONHAP NEWS) (3日16時43分)
- 今年の輸出は3600億ドルを予想、産業資源部(YONHAP NEWS) (3日16時43分)


もっと見る





Start Dahoo? Auction mow??? Check out the cool campaign???????


HSIUT L派 複伏福歓拝


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ikegogo5/50872776