2007年01月31日

技術者の利益団体

激しく同感.

赤の女王とお茶を

〜略〜

日本の技術者や研究者の社会的立場がいつまでたっても弱く、「搾取」され続ける理由は明白なんです。

支持団体がないから

〜略〜

例えば米国。

かの国には世界最大・最強の理系支持団体、

"AAAS (American Association for the Advancement of Science)"

があります。

262の支部と1000万人の加入者を誇るこのNPOは世界最高峰の科学雑誌「サイエンス」の発行元として有名ですが、ホームページを読めばその活動はまさに「アメリカ理系力」の土台となる極めて重要なものであることが分かります。

〜略〜


昔,同じようなことを考えたことがあった.
「なぜ,中学の頃の成績優秀な奴らは,エンジニアを目指さなかったのだろうか?工学部より医学部の方が人気があるのはなぜ?」(私は高専なので「高校の頃」は無い)
「医者の方がエンジニアよりも格上に見られるのはなぜだろう?」

で,その時にたどりついた結論が,「技術者団体が無いからではないか?」だった.経団連や医師会は政治的活動を活発に行っているのに,技術者は政治的活動を全然してない.
日本は,技術立国とか言われているのに,なぜその主役のはずの技術者・研究者は黙っているのだろうか?

これを考えてた時,ちょうど青色発光ダイオードの中村氏の訴訟が話題になっていた時期だった.中村氏はアメリカで教授になっていた.

優秀なエンジニア・研究者は何故日本を離れるのか?
日本は技術立国なのに,優秀な人はどんどん日本から離れていく.
技術者にとってもっと居心地の良い国にしないといけない.


学会はそういった役には立たないのかと思ったが,どうやらどの学会も参加人数が少なすぎるようだ.  

Posted by ikehiro at 16:16Comments(1)TrackBack(0)

2007年01月29日

それは違うかと・・・

最近,テレビが非難される事が増えてきている.あるある大事典の件は,あきれた話だったが,非難しやすくなったからといって,たやすく非難するのもどうかと思う.
下の記事は,もっともらしく書いているが,根拠薄弱だ.これでは非難されているテレビと同等になってしまう.

この後に,詐欺っぽい話が出てくるなら非難されてしかたない.だが,繊維業の事業所数が30750から20750になるのは,激減といって間違いではないと思うのだが.

高木浩光@自宅の日記 - 日常化するNHKの捏造棒グラフ
数字を見ると右端の数値は左端の数値の約 3分の2 なのに、棒グラフの長さは約 3分の1 になっている。
つまり、数値が正しいとすれば、正しいグラフは図3のものであるはずだ。

〜略〜

これも悪意を持って印象操作したわけではないのだろう。テレビではいちいち増えたとか減ったとか言わないと気が済まないのではないか? データをグラフで示すというのは、なにも変化があることを示すためだけじゃない。「変化がない」ことを示すことも立派な重要な情報であるはずだ。「横ばい」と言えばいいものをわざわざ拡大して無理に「増加している」だの言う様子は、NHKでさえ見かける。

こういうのは単純な手順で防止できる。目盛りは必ず示すこと。棒グラフでは原点を0とし、波線省略を使わない。これだけルール化して放送前にチェックするだけだ。放送業界はそんなことすらできないのか?

こんな小さなこと、どうせ言っても無駄。と、諦めるしかないような話だが、まあそれでもこうやっていちいち指摘し続けていかないといけないんじゃないだろうか。


  
Posted by ikehiro at 16:21Comments(27)TrackBack(1)

2007年01月20日

Gnomeでのウィンドウマネージャの設定

Gnomeでは、ウインドウマネージャの設定でいじれるところがすくない。
そういう考え方なんだろうけど、不便だ。

gconf-editorで、app/metacityのところを見ると、若干いじれる項目がある。
ウインドウマネージャを変更すればよいのかもしれない。  
Posted by ikehiro at 21:35Comments(0)TrackBack(0)