ジャンピングワイドスタンススクワット (関節弛緩のあるダンサー・スポーツ選手、足関節捻挫回復期のダンサー・スポーツ選手にお勧めです!)

 皆様、こんにちは~

 今回は、関節弛緩のあるダンサー・スポーツ選手向けのジャンピングワイドスタンススクワットを特集したいと思います

 しかし、いきなりジャンピングワイドスタンススクワットはできませんので、毎回のアップとしてや、以下の動きがある程度できるようになってからやってくださいね

(127)「動的ストレッチ(ダイナミックストレッチ)」
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/46781105.html
(172)「動的ストレッチ 2 (エアロビバージョン)」
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/50005070.html
(173)「動的ストレッチ 3 (筋トレバージョン、上半身)」
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/50010959.html
(144)「足をケガしてるときのリハビリ 2 (スクワットとランジ)」
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/47873645.html

 スクワットやランジがうまくできない方は、こちらで修正してください

(133)「棒を使うスクワットとランジ 1 (中高年の方、身体の硬い方、腰痛の方、膝の痛い方、必見!!)」
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/47284588.html
(139)「棒を使うスクワットとランジ 3 (身体の柔らかい方、腰痛の方、膝の痛い方、必見!!)」
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/47667454.html
(149)「棒を使うスクワットとランジ 4 (中高年の方、身体の硬い方、腰痛の方、膝の痛い方用)」
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/48474716.html
(150)「棒を使うスクワットとランジ 5 (中高年の方、身体の硬い方、腰痛の方、膝の痛い方用)」
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/48513467.html


 11歳のMちゃんhttp://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/51291073.htmlは、バレエを週5回やり、各種のエクササイズやトレーニングを毎日のようにしています

  Mちゃんは、現在、成長期なので、身長の伸び率に筋力がついていきません。

 また、Mちゃんは、身体がとても柔らかいのです。つまり、毎日のようにバレエやトレーニングをしていますが、身体がぐにゃぐにゃしていて、中々、自分の思うように身体を動かすことができません。

 でも、Mちゃんは11月からのトレーニングの結果、ランジが上手にできるようになりました

 「ボールであそぼ~!!(スクワットとランジ)」
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/51462258.html
 「ボールであそぼ~!!2(スクワットとランジ)」
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/51502552.html
 「ジャンピングランジ(関節弛緩のあるダンサー・スポーツ選手、足関節捻挫の回復期のダンサー・スポーツ選手にお勧め!)」
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/51568434.html


今回のジャンピングワイドスタンススクワットは、手に500グラムの重りを持って、両足をそろえて立ちます。ジャンプしてワイドスタンススクワットで着地をします。重りを持った手を、横に大きく広げてピタッと止めます。次に、ワイドスタンススクワットの位置からジャンプして、両足をそろえて着地をします。

バレエやダンスをしている方は、この動きが「6番からジャンプして2番のプリエ。2番のプリエからジャンプして6番のプリエ」という理解でよいと思います。
 ただ、バレエはメソッドによって微妙に違いがありますし、1番から2番のジャンプ、5番から2番のジャンプなどは完全にバレエレッスンなのです。
 ですから「バレエのジャンプを重りを持ってやる」という理解よりも、「重りを持ってジャンピングワイドスタンススクワットトレーニングをするときに、バレエの要素を取り入れる」と考えてください

 一般的なスクワットについて、以下の動画も参考にしてください

スクワット
https://www.youtube.com/watch?v=NS_lDnFZtBI
ワイドスタンススクワット
https://www.youtube.com/watch?v=IjsGWDUCJqE
ジャンピングスクワット
https://www.youtube.com/watch?v=LyvBLXBOSEQ


 さて、1回目のMちゃんの様子です

IMG06796

IMG06797

IMG06798

IMG06799
①②③④

IMG06802

IMG06803

IMG06804

IMG06805
⑤⑥⑦⑧何回やっても、左手の動きが遅れてしまいます^^;

 次は、1週間特訓してきたMちゃんの様子です

IMG07002

IMG07003

IMG07005
⑦⑧⑨おお!!上手になってる!!

 じゃあ、もっとバレエっぽくやりましょうよ

アテールから床をしっかり押して、4分の1、2分の1、4分の3、フルポアントで順番に床を押しながら最後は指先を伸ばしてみて。そうすると、もっと高く飛べるし、空中での滞空時間も長くなるんですよね

着地の時も、伸ばした指先から、フルポアント、4分の3、2分の1、4分の1、アテールで丁寧に着地すると、ピタッと止まれるんですよね

IMG07009

IMG07010

IMG07011

IMG07012

IMG07015
⑩⑪⑫⑬⑭おお!!高いジャンプで上手にできました

 しかし、何度も何度も練習していると、少しずつ左へ寄ってきてしまいました

 これは、右足の蹴りが強く、左足の蹴りが弱いことを示しています

 しっかり床を蹴るように指導したら、左足の課題も見えてきました

IMG07025

IMG07026

IMG07027

IMG07028

IMG07029
⑮⑯⑰⑱⑲中央に戻って、また練習しました。

IMG07052

IMG07053

IMG07054
⑳㉑㉒背骨や骨盤のラインは、前回よりもよくなっています^^


 さて、次のモデルさんは、14歳になったAちゃんですhttp://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/50647760.html

 実は、Aちゃんも身体がとても柔らかいので、適切な筋トレが必要でした

 Aちゃんには側弯症がありますので、左右差を整えるようなアップやメンテナンスをやってから行います

(189)「特発性側弯症の運動療法 1 」
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/50662440.html
(203)「特発性側弯症の運動療法 2 (棒を使ったエクササイズ、座位バージョン)(身体の左右差が気になる方も必見!!)」
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/51085885.html
(204)「特発性側弯症の運動療法 3 (棒を使ったエクササイズ、立位バージョン)(身体の左右差が気になる方も必見!!)」
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/51101050.html
(205)「特発性側弯症の運動療法 4 (指導と経過)(バレエ)」
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/51163835.html
 
IMG06749

IMG06750
 ㉓㉔前回のジャンピングランジと同様に、何回やっても同じ位置にピタッととまります

 上肢の使い方に、まだ課題が残っていますが、1年以上トレーニングを続けた成果が出ています


このトレーニングは、アームスと体幹をつなげる、下半身と体幹をつなげるトレーニングとして有効です。特に関節弛緩のある小中学生や、足関節捻挫の回復期、足関節捻挫を繰り返しているダンサー・スポーツ選手に効果がありますので、是非やってみてください

重りは、筋力の弱い人は500グラム(小学生は300グラムでもOK)、筋力のある人でも1~2キロで十分です。

トレーニングは、筋力強化だけでなく、どうやって身体を動かすか!!?? という動きづくりのトレーニングも重要なのです


 関節弛緩に関して詳しく知りたい方は、こちらを参考にしてください

https://www.kenspo.jp/modules/contents2/?content_id=33
http://www.bookhousehd.com/pdffile/I-2.pdf
(89)「ストレッチング 5 (スポーツ傷害とストレッチング)」
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/40622446.html


 さてさて、次回の関節弛緩のあるダンサー・スポーツ選手のためのトレーニングは、「バランスボールであそぼ~ 3 」ですよ~

 あ、その前に大阪で勉強会がありますので、(「バレエの足部障害、特別セミナー」「一般社団法人 バレエセラピスト協会」http://www.bta.or.jp/15140932602779)ブログは来週ですね。気長にお待ちくださいませ~



目次(過去記事をお探しの方のために)
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/46271926.html
ストレッチ総集編
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/39591859.html
色々な足総集編
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/48241232.html
足のトレーニング総集編(三角骨、長母趾屈筋腱炎・腱鞘炎)
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/47792766.html
足関節捻挫後のトレーニング(リハビリ)
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/49979025.html
テーピング総集編
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/50408725.html




いけちゃん


 池島接骨院

http://ikejimasekkotuin.a.la9.jp/

ジャンピングランジ (関節弛緩のあるダンサー・スポーツ選手、足関節捻挫回復期のダンサー・スポーツ選手にお勧めです!)

 皆様、こんにちは~

 今回から、関節弛緩のあるダンサー・スポーツ選手向けのトレーニングについて、書いていきたいと思います。


 11歳のMちゃんhttp://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/51291073.htmlは、バレエを週5回やり、各種のエクササイズやトレーニングを毎日のようにしています

 Mちゃんは、現在、成長期なので、身長の伸び率に筋力がついていきません。

 また、Mちゃんは、身体がとても柔らかいのです。つまり、毎日のようにバレエやトレーニングをしていますが、身体がぐにゃぐにゃしていて、中々、自分の思うように身体を動かすことができません。

 今回のトレーニングは、ランジジャンプを特集したいと思います


 しかし、いきなりランジジャンプはできませんので、毎回のアップとしてや、以下の動きがある程度できるようになってからやってくださいね

(127)「動的ストレッチ(ダイナミックストレッチ)」
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/46781105.html
(172)「動的ストレッチ 2 (エアロビバージョン)」
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/50005070.html
(173)「動的ストレッチ 3 (筋トレバージョン、上半身)」
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/50010959.html
 「ボールであそぼ~!!(スクワットランジ)」
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/51462258.html
 「ボールであそぼ~!! 2 (スクワットとランジ)」
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/51502552.html


 ランジジャンプについては、以下のサイトも参考にしてください

 https://kintorecamp.com/jump-lunge/
 http://diet-labo.link/archives/1896


 さて、バウンドさせたテニスボールをステップしながらランジで捕れるようになったMちゃんです


☆ ステップ 1 ☆

まず、腰に手を当てて、6番からジャンプをして、着地が前後のランジをします。

 Mちゃんは、中々できませんでした

 ステップしてランジするのは、あんなに上手にできるようになったのに^^;

できない場合は、着地の時に、前脚側の手を上に上げてランジをします。

 Mちゃんは、突然できるようになりました^^

 な、なんでできたんだろ~

 見ていたお母様がびっくりしていました

 手を上にあげたから、姿勢が良くなったことと、背骨を上に引っ張ったからですよ。バレエでも、引き上げが大事でしょ

 な、なるほど~

 Mちゃんは、何度も練習して、上手にできるようになりました


☆ ステップ 2 ☆

ランジの前脚側の手に500グラムの重りを持ち、6番からジャンプをするとき、手を高く上に上げ、前後のランジで着地をします。

IMG06770

IMG06771

IMG06772
①②③あれれ? 

 500グラムの重りを持っただけで、うまくできなくなりました^^;

IMG06779

IMG06780

IMG06781
 

IMG06790

IMG06792

IMG06793
④⑤⑥⑦⑧Mちゃんは、何度も何度も挑戦して、やっとできるようになりました^^


 さて、その1週間後です。

IMG07030

IMG07031

IMG07032

IMG07033
⑨⑩⑪⑫あれれ??

 肋骨を出さないようにして、真上に飛んでみて^^

IMG07037

IMG07038

IMG07040
⑬⑭⑮そうそう、その調子!!

IMG07045

IMG07047
⑯⑰反対側も、上手にできるようになりました


☆ ステップ 3 ☆

ランジでピタッと止まった後は、ランジからジャンプをして6番に戻ります。

 
 さて、次のモデルさんは、14歳になったAちゃんです(「色々な足 37 (13歳のバレエダンサー)(特発性側弯症)」http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/50647760.html)。

 実は、Aちゃんも身体がとても柔らかいので、適切な筋トレが必要でした

 Aちゃんには側弯症がありますので、左右差を整えるようなアップやメンテナンスをやってから行います

(189)「特発性側弯症の運動療法 1 」
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/50662440.html
(203)「特発性側弯症の運動療法 2 (棒を使ったエクササイズ、座位バージョン)(身体の左右差が気になる方も必見!!)」
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/51085885.html
(204)「特発性側弯症の運動療法 3 (棒を使ったエクササイズ、立位バージョン)(身体の左右差が気になる方も必見!!)」
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/51101050.html
(205)「特発性側弯症の運動療法 4 (指導と経過)(バレエ)」
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/51163835.html

IMG06729

IMG06733

IMG06731

IMG06734


IMG06736

IMG06737
 ⑱⑲⑳㉑㉒㉓何度やっても、同じ位置でピタッととまります。

 横から見ると、ほぼ完璧です

 前から見ると、まだ少し課題が残っていますが、1年以上トレーニングを続けた成果が出ています


 身体が柔らかいのは良いことかもしれませんが、柔らかすぎると問題も生じます。関節弛緩のある人には、ストレッチよりも筋トレが重要なのです。

 しかし・・・

 ダンサーさんは、下半身や体幹トレーニングは比較的熱心にやってくれますが、上半身のトレーニングには消極的な場合も多いのです。

 いや、筋肉ムキムキにする必要はありません。

 しかし・・・

アームスと体幹をつなげるためのトレーニングは必要なのです。

このトレーニングは、アームスと体幹をつなげる、下半身と体幹をつなげるトレーニングとして、関節弛緩のあるダンサーさんに効果がありますので、是非やってみてください


このトレーニングは、関節弛緩のあるダンサーさんだけでなく、足関節捻挫の回復期、足関節捻挫を繰り返しているスポーツ選手にも有効です

 (195)「色々な足 38 (40代男性アスリートの膝前十字靭帯断裂術後と足関節外側靱帯断裂の運動指導)(バスケットボール)」http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/50981340.htmlでご紹介したTさんにも、このトレーニングをやってもらいました

 Tさんは、トレーニングによって筋力はかなりしっかりしていましたが、ジャンプやステップなどの早い動きに、いつまでも足関節の不安感を感じていました。

 Tさんには、2キロの重りを持ってやってもらいました。筋力のない女性ダンサーさんには500グラム、筋力のある人でも1~2キロで十分です。

トレーニングは、筋力強化だけでなく、どうやって身体を動かすか!!?? という動きづくりのトレーニングも重要なのです


 さてさて、次回はジャンピングスクワットについて書く予定ですので、気長にお待ちくださいませ



目次(過去記事をお探しの方のために)
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/46271926.html
ストレッチ総集編
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/39591859.html
色々な足総集編
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/48241232.html
足のトレーニング総集編(三角骨、長母趾屈筋腱炎・腱鞘炎)
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/47792766.html
足関節捻挫後のトレーニング(リハビリ)
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/49979025.html
テーピング総集編
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/50408725.html




いけちゃん


 池島接骨院

http://ikejimasekkotuin.a.la9.jp/

「バレエダンサーの個人差に対応するテーピング」の資料、やっとできました~!

 皆様、こんにちは~


 2月25日の勉強会「バレエの足部障害、特別セミナー」(「一般社団法人 バレエセラピスト協会」http://www.bta.or.jp/15140932602779)の資料「個人差に対応するテーピング」がやっとできました

 2014年に市毛勉強会で講師をした時の資料を少し直せば大丈夫・・・と考えていたのですが・・・


 1か月以上かかってしまいました

 
IMG06677

IMG06679
 
 「これで完璧!!」と思ってプリントアウトして写真を撮った。


 しかし、


 一晩、二晩、寝かせると、また直したいところが出てきて・・・


 「これで完璧!!」と思ってプリントアウトして・・・


 一晩、二晩、寝かせると、また直したいところが出てくる。


 それの繰り返しだ・・・



 「足関節後方インピンジメント症候群」と「エクササイズ」の資料を作成する予定なんだけど、締め切りまで1週間。間に合うかなぁ・・・


 やるしかないんですけどね


 灰方先生のブログ

「バレエダンサーのレスキュー隊」
https://ameblo.jp/ballet-love-pt/entry-12340557925.html



 興味のある治療家の方は、参加をお待ちしております

 今回の勉強会の参加資格は、バレエやダンス、審美系スポーツに興味がある療法士や治療家の方(理学療法士•作業療法士、柔道整復師、鍼灸師、その他国家資格保持者)、バレエやダンス、審美系スポーツに興味があるトレーナーの方や、各種ボディワーカーの方。



 お申し込みは、こちらからお願いします

「一般社団法人 バレエセラピスト協会」
http://www.bta.or.jp/15140932602779







目次(過去記事をお探しの方のために)
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/46271926.html
ストレッチ総集編
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/39591859.html
色々な足総集編
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/48241232.html
足のトレーニング総集編(三角骨、長母趾屈筋腱炎・腱鞘炎)
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/47792766.html
足関節捻挫後のトレーニング(リハビリ)
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/49979025.html
テーピング総集編
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/50408725.html







いけちゃん


 池島接骨院

http://ikejimasekkotuin.a.la9.jp/

ボールであそぼ~!! 2 (スクワットとランジ)

 皆様、こんにちは~


 「ボールであそぼ~!!」http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/51462258.htmlの第2弾です

 モデルさんは、11歳のMちゃんですhttp://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/51291073.html


 Mちゃんは、テニスボールをバウンドさせてランジポーズをするトレーニングが上手にできるようになりました


 さ~、今日は、1歩目がステップ、2歩目がランジだよ~


 まず、ステップしながら、テニスボールを投げた同側の手でボールをキャッチしてランジポーズをします


IMG06639

IMG06640

IMG06641
①②③あれれ・・・失敗・・・


IMG06642

IMG06643

IMG06644

IMG06645

IMG06646
④⑤⑥⑦⑧今度は、うまくできました


IMG06647

IMG06648

IMG06649

IMG06650
⑨⑩⑪⑫反対側もできました


 今度は、ステップしながら、テニスボールを投げた反対側の手で、ボールをキャッチしてランジのポーズをします


IMG06652

IMG06653

IMG06654

IMG06655
⑬⑭⑮⑯得意のポーズに、満面の笑み


 ポーズを決めた直後に、次の動作の始まりです


IMG06656

IMG06657

IMG06659
⑰⑱⑲この、満面の笑み・・・というか、どや顔を皆さんにお見せできないのが残念でなりません



床にバウンドさせたボールをキャッチしながら、ランジのポーズをすることができるようになったら、1歩目をステップ、2歩目をランジでピタッととめます。

ランジは、前後、左右に行います。

最初は大きなボールで、少しずつ小さくしてテニスボール、スーパーボールなどで行います。

最初は、両手でキャッチし、次に同側の手や、反対側の手でキャッチします。

色々なバリエーションをやってみてください。




 この日、Mちゃんは色々な反応のトレーニングをやったんですよ


 例えば、動的ストレッチを合図とともに動きを変えていくトレーニングなど


 Mちゃんは、小学生ですからまだ成長期なのです。筋力トレーニングなどの結果が出てくるには、まだまだ時間がかかるのです。


 こういう時期に、反応のトレーニングなど、運動神経をよくするメニューを、是非やってください 


 楽しみながらトレーニングできますし、5年後、10年後に、絶対に役に立ちますから



 当院では、そんな皆さんを応援しています





 
目次(過去記事をお探しの方のために)
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/46271926.html
ストレッチ総集編
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/39591859.html
色々な足総集編
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/48241232.html
足のトレーニング総集編(三角骨、長母趾屈筋腱炎・腱鞘炎)
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/47792766.html
足関節捻挫後のトレーニング(リハビリ)
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/49979025.html
テーピング総集編
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/50408725.html







いけちゃん


 池島接骨院

http://ikejimasekkotuin.a.la9.jp/

色々な足 44 (20代前半のバレエ愛好者)(偏平足・甲が出ない足)(長母趾屈筋腱腱鞘炎)

 皆様、こんにちは~


 今回の色々な足のモデルさんは、20代前半のバレエをしているAさんです


 Aさんは、14歳からバレエを始め、社会人になっても週4回レッスンをしています。昨年の11月に右足の長母趾屈筋腱腱鞘炎になり、当院の運動指導に通っています。


 5回目の施術や運動指導前後に、写真を撮らせていただきましたので、ご紹介いたします


IMG06566 - コピー
①Aさんの足は、偏平足をよくトレーニングした足で、比較的筋肉もしっかりしています。


IMG06567 - コピー
②ところが、足の甲が硬いため、足部の底屈制限があり、高いルルベができません^^;


IMG06569 - コピー

IMG06570 - コピー
③④アキレス腱をしまってタンジュができるのに、母趾が曲がってしまいます^^;

IMG06568 - コピー
⑤足関節の背屈制限もあり、かかとを床につけたまま、6番でしゃがめません^^;



 Aさんが長母趾屈筋腱腱鞘炎になってしまった一番の原因は、足の甲が硬いことでした

足関節や足部の底屈制限がある人は、甲を出そうとして足裏をぎゅっと縮めて使うことが多いのです。足関節や足部の後ろ側を縮め過ぎることで、長母趾屈筋腱腱鞘炎になりやすいリスクを抱えています。

Aさんの母趾が曲ってしまうことも、足裏をぎゅっと縮めて使っていることに原因があります。

 詳しい説明は、こちらを参考にしてください

(191)「長母趾屈筋腱腱鞘炎のリスク要因」
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/50875763.html


 Aさんが長母趾屈筋腱腱鞘炎になってしまった二つ目の原因は、ルルべになるとき重心が前過ぎることでした。

Aさんは比較的筋力があるのですが・・・力みが強く、背中が使えていない状態でバレエをしている可能性がありました。そのような状態でルルべになる時に重心が前に移動すると、足趾に負担がかかるのです


 4回目の運動指導のとき、施術や色々なトレーニングをやった後でも、「ルルベをすると痛い^^;」とAさんが言いました

 ルルべをするとき、前に移動するのではなく、真上にルルベしてみて!!

 と言うと・・・

 ホントだ!!痛くない~

 と、Aさんは驚いていました


 詳しい説明はこちらに書いてありますので、参考にしてください

(177)「1番のルルべ 3 (足が痛いダンサーのために)」
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/50237248.html

 こちらには正しい姿勢のセッティングのやり方が書いてありますので、参考にしてください

(106)「5番が入りやすくなるトレーニング(バレエ)」
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/44058348.html



 さて、5回目のAさんの施術は、全身の軽いマッサージとストレッチ、足部やふくらはぎのマッサージやリリース、ストレッチなどを丁寧に行いました。

 こちらも私が行いました

(64)「足のトレーニング 9 (トレーニング前のメンテナンス)」
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/34260866.html
(84)「甲出しのストレッチ(足首や足の甲はどこまで底屈できるか?)」
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/39567704.html


 次に、椅子に座ってスーパーボールで「ほぐし」「ストレッチ」「筋トレ」を行い

(59)「足指のストレッチ」
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/31128602.html
(118)「足のトレーニング 12 (トレーニング前のメンテナンス 2 )」
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/46053042.html
(128)「足のトレーニング 15 (トレーニング前のメンテナンス 3 )」
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/46913434.html
(147)「足のトレーニング 17 (足指を伸ばすことと、足をすぼめること 1 )」
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/48273845.html 
(148)「足のトレーニング 18 (足指を伸ばすことと、足をすぼめること 2 )」
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/48472244.html


 セラバンド前とセラバンドのトレーニングを、繰り返し繰り返し復讐しました

(44)「足のトレーニング 5 (セラバンドを始める前のトレーニング)」
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/23578066.html
(12)「足のトレーニング 1 (セラバンド)」 
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/5119662.html
(13)「足のトレーニング 2 (セラバンド)」
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/5153650.html


これらのトレーニングは、筋トレとしてただ回数をこなすだけでは、バレエにつながりにくいのです。各関節や筋肉を、どのように使うべきなのか!!??ということを考えながら、身体に教え込んでいくのです。

 バレエに限らずエクササイズやトレーニングも、全て同じです。

 なぜこれを行う必要があるのか?ということを理解し、適切な方法で、適切な回数を、考えながら行うことで、怪我から回復しバレエにつなげることができるようになるのです。

例えば、「足のトレーニング 1 」のセラバンドのトレーニングは、1~5趾のMP関節の裏側(足指の付け根の裏側)でセラバンドを押すトレーニングです。このトレーニングは、足指を使わずに4分の3までルルべする動きを練習しています。
 セラバンドを押すとき、バレエで床を押す感覚を思い出してほしいのです。床を押すから、かかとが上がるのです。床を押すから、ルルべアップできるのです。

また、足の裏側の底屈筋群だけでセラバンドを押すのではなく、足の甲側の背屈筋群もセットで使うことで、足関節の後方を圧迫することなく足関節と足部の最大底屈ができるようになり、甲が硬い人なりに、甲が出てくるようになるのです。
 床の上でも同じです。足の裏側の筋肉だけを使うのではなく、足の甲側の筋肉も同時に収縮させることで、足関節の後方を圧迫することなく、甲が出た、高いルルベが可能になるのです。


例えば、「足のトレーニング 2 」のセラバンドのトレーニングは、1~5趾を足関節や足部を最大底屈した状態で遠くに伸ばすトレーニングです。「グーパー」ができるようになった次のステップとして、「すぼめて → パー」「すぼめて → パー」を繰り返し繰り返し練習します。
 足指を「すぼめたりパーをする動き」は、足の裏側の筋肉だけではできません。底屈筋群と背屈筋群の微妙な匙加減が必要なのです。

ルルベ(ポアント)は、4分の1ポアント、2分の1ポアント(ハーフポアント)、4分の3ポアント、フルポアントがあり、それぞれに筋肉の使い方が違います。また、床を押せるルルべ(ポアント)と、床を押さないタンジュやパッセなどのつま先を伸ばした足の使い方も、筋肉の使い方が違います。
 こうした違いは、足の底屈筋群と背屈筋群の微妙な匙加減が必要なのです。


バレエを踊るときは、足の筋肉だけで踊るわけではないので、体幹部のトレーニングや、足部と体幹をつなげるためのトレーニングや、アームスと体幹をつなげるためのトレーニングが必要になります。
 しかし、足の痛みを抱える人には、足部のトレーニングが重要なので、今回は主に足部のトレーニングのことを書いています。


 
 さてさて、施術やトレーニング後のAちゃんの足です^^

IMG06579 - コピー

IMG06573 - コピー

IMG06577 - コピー

IMG06578 - コピー

IMG06576 - コピー
⑥⑦⑧⑨⑩母趾が曲ってしまうことは完璧に改善されていませんが^^;
 高いルルベができるようになっていることに注目してください





 骨格的な条件で、できないこともあります。

 でも、それが、骨格的な条件なのか、トレーニング方法の問題なのか・・・見極めるのは、まだ早いかもしれません

 自分で努力をしてもできないときは、是非、専門家の指導を受けてみてください



 プリエと母趾が曲ってしまうことに関しては、今、私が勧めているリリース法やトレーニング法があるのですが、長くなりそうなので、別の機会に特集したいと思いますので、気長にお待ちください





目次(過去記事をお探しの方のために)
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/46271926.html
ストレッチ総集編
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/39591859.html
色々な足総集編
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/48241232.html
足のトレーニング総集編(三角骨、長母趾屈筋腱炎・腱鞘炎)
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/47792766.html
足関節捻挫後のトレーニング(リハビリ)
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/49979025.html
テーピング総集編
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/50408725.html







いけちゃん


 池島接骨院

http://ikejimasekkotuin.a.la9.jp/




ボールであそぼ~!!(スクワットとランジ)

 皆様、こんにちは~


 今回は、Mちゃん(「色々な足 41 (11歳のバレエダンサー)(右鼠径部痛)」http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/51291073.html)のトレーニングの様子をご紹介させていただきます


 Mちゃんは、昨年の11月から両足の長母趾屈筋腱腱鞘炎と鼠径部痛で当院の運動指導に通っています。

 足の痛みも鼠径部の痛みも良くなりつつあります

 
 「さあ、今日は何したい!?エクササイズ系がいい??それとも、身体を動かしたい??」

 と聞くと・・・

 「身体、動かした~い!!」

 と、元気な答えが



 アップとして、動的ストレッチをやりました。もう何回もやっているので、結構な速さでした。Mちゃんと私、そして付き添いのお母さんも一緒にやったんですよ

(127)「動的ストレッチ(ダイナミックストレッチ)」
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/46781105.html
(172)「動的ストレッチ 2 (エアロビバージョン)」
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/50005070.html


 その次に、Mちゃんにランジトレーニングを指導しました

(204)「特発性側弯症の運動療法 3 (棒を使ったエクササイズ、立位バージョン)(身体の左右差が気になる方も必見!!)」
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/51101050.html


 と、ところが・・・


 ランジをやったことがないので、中々うまくできません


 じゃあ、ランジをしながらテニスボールを取るのはどうなか?


 と、ところが・・・


 ランジ以前に、ボールを取ることに一苦労


 じゃあ、大きなボールなら取れるかな?


 Mちゃんは、大きなボールを取りながら、何とかランジができるようになりました^^;
 
IMG06596


 これ、一人でもできるよ^^


 どうやってやるの??


 Mちゃんは、自分で床にバウンドさせたテニスボールをキャッチしながらランジのポーズをするトレーニングに反応


 そうか、バレリーナを目指すMちゃんは、他人が投げたボールをキャッチすることをほとんどやったことがないので、うまくできなかっただけなんだね^^;



IMG06585

IMG06592

IMG06586
②③④

 「ランジ!!」という掛け声がいいね!!


 と、言いながらランジポーズも様になってきました



IMG06593

IMG06591
⑤⑥ほぼ、完璧にできるようになってきました


IMG06582

IMG06595
 ⑦⑧こんなポーズを取る余裕も出てきました



床にバウンドさせたボールをキャッチしながら、ランジのポーズをします。

ランジは、前後、左右に行います。

最初は大きなボールで、少しずつ小さくしてテニスボール、スーパーボールなどで行います。

最初は、両手でキャッチし、次に同側の手や、反対側の手でキャッチします。

色々なバリエーションをやってみてください。


 Mちゃんは、30分以上、ランジを楽しんでいました




 これからお友達の誕生日会に行くというMちゃん。


 皆でランジで遊ぶんだ~


 と、目をキラキラさせながら元気よく帰っていったMちゃん


 
 最近の子供たちは外遊びをあまりやらないので、家の中で「ランジごっこ」するって、いいじゃないですか~


 子供は、遊びの天才ですね



 皆さんも、楽しんでトレーニングしてくださいね~




正しい姿勢でのスクワットやランジは、トレーニングの基本です。また、ボールをキャッチしてスクワットやランジをするトレーニングは、反応のトレーニングとしても有効です。



 その次のステップは色々ありますが、以下のブログも参考にしてください

(144)「足をケガしてるときのリハビリ 2 (スクワットとランジ)」
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/47873645.html

(204)「特発性側弯症の運動療法 3 (棒を使ったエクササイズ、立位バージョン)(身体の左右差が気になる方も必見!!)」
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/51101050.html

(212)「トレーニング (40歳以上の方)」
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/51350696.html





目次(過去記事をお探しの方のために)
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/46271926.html
ストレッチ総集編
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/39591859.html
色々な足総集編
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/48241232.html
足のトレーニング総集編(三角骨、長母趾屈筋腱炎・腱鞘炎)
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/47792766.html
足関節捻挫後のトレーニング(リハビリ)
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/49979025.html
テーピング総集編
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/50408725.html







いけちゃん


 池島接骨院

http://ikejimasekkotuin.a.la9.jp/

色々な足 43 (13歳のバレエダンサー)(有痛性外脛骨)

 皆様、こんにちは~


 今回の色々な足のモデルさんは、週4回バレエレッスンをしている13歳のMちゃんです


 Mちゃんには外脛骨がありましたが、今までに外脛骨が痛むことはあまりありませんでした。


 ところが、お正月に5時間歩いたところ、外脛骨部に強い痛みが出てしまいました


 私は、Mちゃんの靴が足に合っていないのではないかと考えていました


 有痛性外脛骨は、一般的に小学4~5年生くらいから始まります。しかし、外脛骨が存在していても痛みがない人もいるため、13歳になって痛みなどの炎症症状が出たということは、捻挫などの外傷か、合わない靴でたくさん歩いたり走ったりすることが誘因になることが多いのです


 スニーカーを見せてもらうと、Mちゃんの足よりもやや大きく、足幅も広めで、紐がゴムでできたものでした


 自分の足よりも大きな靴を履いていると、靴の中で常に足がグラグラしているため、足の痛みが出やすいのです。それに靴紐がゴム製だと、更に足部の安定が悪くなります


 Mちゃんの体育用のスニーカーも体育館用のスニーカーも、サイズは同じでしたが、彼女の足よりもサイズが大きめでした。


 そこで、靴の履き方と靴紐の結び方などを指導しました

(154)「市毛勉強会終了しました!!(靴ひもの締め方)」
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/48867110.html
 

 正しい靴の履き方と紐の結び方をしただけで、Mちゃんの顔がパッと笑顔になりました


 Mちゃんの歩行評価をすると、回外誘導タイプでした。バレエと体育のマラソンの時は、回外誘導テープを貼るように指導しました。

(46)「有痛性外脛骨のテーピング 3」
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/24998168.html


 ところが・・・

 その1週間後に、バレエやマラソンの時にまた痛みが出始めました


 歩行評価をやり直してみると・・・


 回内誘導タイプに変わっていました

 そこで、「有痛性外脛骨のテーピング 5 (回内誘導タイプの足)」http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/51430684.htmlを貼りました


慢性炎症では足の誘導タイプがそう簡単に変わることはないのですが、急性炎症では1~3週間で誘導タイプが変わることもあります。そのため、痛みが取れない場合は、その都度、歩行評価をする必要があります。


 こちらの症例も参考にしてください

(180)「足関節捻挫のテーピング(ヒールロックの逆バージョンと、有痛性外脛骨を伴う場合のバリエーション)」
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/50414684.html



 さてさて、Mちゃんの足です


IMG06536

IMG06537

IMG06539

IMG06541
⑪⑫⑬⑭


 さあ、これでバレエもマラソンも痛みなく復帰できそうです


 痛みが取れたらテーピングを中止して、是非、足のリハビリに来てくださいね~




 


目次(過去記事をお探しの方のために)
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/46271926.html
ストレッチ総集編
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/39591859.html
色々な足総集編
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/48241232.html
足のトレーニング総集編(三角骨、長母趾屈筋腱炎・腱鞘炎)
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/47792766.html
足関節捻挫後のトレーニング(リハビリ)
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/49979025.html
テーピング総集編
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/50408725.html







いけちゃん


 池島接骨院

http://ikejimasekkotuin.a.la9.jp/

有痛性外脛骨のテーピング 5 (回内誘導タイプの足)

 皆様、こんにちは~


 今回は、有痛性外脛骨のテーピング特集5つ目のバージョンを書きたいと思います。


過去の有痛性外脛骨のテーピング特集では、回外誘導タイプの足には、以下の3パターンです。

「有痛性外脛骨のテーピング1」
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/20386970.html

「有痛性外脛骨のテーピング 2 」
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/20386970.html

「有痛性外脛骨のテーピング 3」
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/24998168.html


回内誘導タイプの足では、「有痛性外脛骨のテーピング 4」http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/34939308.htmlをご紹介しました。回内誘導テープのみの場合と、回内誘導テープと回外誘導テープを組み合わせたパターンです。


 しかし、テーピングの種類を、強度が強いものと弱いものの2種類を用意するのは、現実的に難しい場合があります。


 最近は同じテープの長さを変える方法で、よい結果が出ていますので、写真を撮らせてもらいましたので、ブログに書こうと思います。


 結論から先に言ってしまうと・・・


 フィギアエイトに回外誘導テープをプラスする


 だけなんですけどね^^;


 今回のモデルさんは、バレエをしている13歳のMちゃんです


IMG06526

IMG06527

IMG06528

IMG06529

IMG06530

IMG06531
①②③④⑤⑥まず、フィギアエイトを貼っていきます。

バレエやダンス、サッカーなどで足関節底屈を多くする場合は、くるぶしよりも下を貼るときは足関節を底屈位で貼り、くるぶしよりも上を貼るときは足関節を直角で貼ります。
 それ以外の一般の方やスポーツでは、最初から最後まで足関節を直角位で貼ります。


IMG06532

IMG06533

IMG06534

IMG06535
⑦⑧⑨⑩その上から、回外誘導テープを1本だけ貼ります。


バレエやダンス、サッカーなどで足関節底屈を多くする場合は、くるぶしよりも下を貼るときは足関節を底屈位で貼り、くるぶしよりも上を貼るときは足関節を直角で貼ります。
 それ以外の一般の方やスポーツでは、最初から最後まで後足部をやや回外位で貼ります。



テーピングは、損傷の種類や程度、その方の足のタイプ、またテーピングの種類などによって、貼る方向や引っ張る強度が変わる可能性があります。

 専門的には、その方の足のタイプが、後足部は回内誘導なのか回外誘導なのか?1列と5列と内側アーチは上げるのか下げるのかそのままなのか?

 それらを、その方の足と歩行評価をして決めていきます。

 テーピングをしても効果がない場合は、正しく評価がされていない、テーピングの貼り方が適切ではない、局所の炎症が強い、などの原因がありますので、専門家の指導を受けることをお勧めします。


また、テーピングで痛みを取ることのデメリットに十分注意してください!!
 テーピングを継続して貼り続けることで、足の筋力が弱くなり、足のアーチが低下して扁平足などが進行したり、色々な足のトラブルの悪循環にハマってしまうことも多いのです。


テーピングをする場合は以下のことを必ず守ってください。

①テーピングは、痛みを取るための応急処置と考える。
②テーピングをする場合は、必ず短期間の期限を決める。
③テーピングをする場合は、必ず運動療法などのリハビリ、トレーニングを実行する。
④継続的にテーピングをしないと痛みが取れない場合は、足底板療法に切り替える。
⑤必ず専門の医療機関に相談する。


以下のトレーニングを参考にしてください

足のトレーニング総集編(三角骨、長母趾屈筋腱炎・腱鞘炎)
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/47792766.html

足関節捻挫後のトレーニング(リハビリ)
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/49979025.html




 


目次(過去記事をお探しの方のために)
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/46271926.html
ストレッチ総集編
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/39591859.html
色々な足総集編
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/48241232.html
足のトレーニング総集編(三角骨、長母趾屈筋腱炎・腱鞘炎)
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/47792766.html
足関節捻挫後のトレーニング(リハビリ)
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/49979025.html
テーピング総集編
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/50408725.html







いけちゃん


 池島接骨院

http://ikejimasekkotuin.a.la9.jp/

石神井西中学校医療救護所訓練に参加してきました!

 皆様、こんにちは~

 今日は、練馬区石神井西中学校医療救護所訓練が行われました

 災害時の医療訓練を、行政と医療機関や医療関係者、地域住民と一緒に行うことが目的です。

IMG06550
①最初に体育館に集合し、役所の方から訓練の具体的な流れの説明を聞き、次に、順天堂練馬病院の医師による災害医療の講義がありました。


 練馬区柔道整復師会では、傷病者の応急処置を担当しました。


IMG06557
②こちらは、重症者に応急手当をしているところです。


 実際に、1名だけ田中脳神経外科病院へ搬送もしました。



 今年から、柔整師も軽症者の応急処置だけでなく、重・中等症者の応急処置もやらせていただきました。

 接骨院外来ではほとんど診ることがない意識不明などの重症者には、医師や看護師の適切な対応がとても勉強になりました。

 また、人工透析をしている傷病者が多く、傷病の程度は中等度や軽症だとしても、1日2日以内には透析の病院へ搬送しなければいけないという事態を目の当たりにして、災害時の混乱が予想できました。


 こうした災害医療救護訓練を行うことで、「まあ、何とかなるでしょう・・・」という考えは通用しないということがよくわかり、気を引き締めた1日でした。




IMG06548
 


2016年の医療救護所訓練
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/48955688.html

2014年の医療救護訓練
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/41584097.html
2013年の医療救護訓練
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/31746068.html






目次(過去記事をお探しの方のために)
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/46271926.html
ストレッチ総集編
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/39591859.html
色々な足総集編
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/48241232.html
足のトレーニング総集編(三角骨、長母趾屈筋腱炎・腱鞘炎)
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/47792766.html
足関節捻挫後のトレーニング(リハビリ)
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/49979025.html
テーピング総集編
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/50408725.html







いけちゃん


 池島接骨院

http://ikejimasekkotuin.a.la9.jp/


足のトレーニング 20 (床をつかむ 2 )

 皆様、こんにちは~


 今回は、「足のトレーニング 19 (床をつかむこと)」
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/50991893.htmlとセットで指導しているセラバンドを使ったトレーニングをご紹介させて頂きます


 モデルさんは、プロダンサー&指導者の水井博子先生です

 水井先生のプロフィールは、こちらをご覧ください

 小林紀子バレエ・シアターにてロイヤルアカデミーオブダンシングのメソッドを学び、インターミディエイトを取得。 その後劇団四季に11年間在籍。出演作多数。劇団内でのバレエクラスや作品におけるダンスキャプテンを長年担当。
 退団後 ボディワーク「からだメンテナンスクラス」を主宰。 都内において多くのレギュラークラスを展開。 また、小学校でのミュージカル指導・大学でのプレゼンアップセミナーを経て バレリーナ・ダンサー・役者、芸術系スポーツ選手・指導者など幅広い層を対象に「EmotionalTraining(表現力)セミナー」考案&講師として主要都市でセミナーを開催。 ミュージカルカンパニーでの監修・振り付け・出演などもこなし 指導者・プレイヤーとして舞台・LIVE・TV出演等幅広い分野で活動中。


 私のブログでも、水井先生の素晴らしいダンスを紹介させて頂きました

(200)プロダンサー圧巻のダンス「奉納舞踊」
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/51048792.html



 先日、小岩健一トレーナーのトレーニングにも参加しました

(212)「トレーニング (40歳以上の方)」
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/51350696.html


 水井先生は、昨年、足のケガを2回してから、足や腰の不調を感じ、当院へ治療と運動指導にみえました。

 トレーニング中の写真を撮らせて頂きました


IMG06502

IMG06508
①②まず、セラバンドなどを結んで両足の甲にかけます。パラレルで立ち、股関節を屈曲していきます。10回×2~3セット(慣れたら20回×2~3セット)動かしていきます。両手は広げてバランスをとっても、腰に当てても構いません。


これは、元々は動作足側の股関節のトレーニングなのですが、軸足側の足裏のトレーニングにもなります。

軸足側の足裏は、床をしっかりつかんでいないと安定が悪くなってしまいます。しかし、足指を「はわす」では弱すぎ、「つかみ過ぎると」逆に安定が悪くなります。適度に床をつかむトレーニングとしてお勧めです。

また、軸足側をしっかり引き上げていないと安定が悪くなるため、片足で行う軸のトレーニングとしても最適です。


IMG06504

IMG06505
③④次に股関節の外転・外旋をします。10回×2~3セット(慣れたら20回×2~3セット)動かしていきます。


これは、元々は動作足側の股関節のトレーニングなのですが、軸足側の足裏のトレーニングにもなります。

軸足側の足裏は、床をしっかりつかんでいないと安定が悪くなってしまいます。しかし、足指を「はわす」では弱すぎ、「つかみ過ぎると」逆に安定が悪くなります。適度に床をつかむトレーニングとしてお勧めです。

また、軸足側をしっかり引き上げていないと安定が悪くなるため、片足で行う軸のトレーニングとしても最適です。



 ケガの後など、今までできていたことができなくなっていることに気が付かないことがあります ケガをした後は、痛みを取るだけでなく、必ずトレーニングもしてくださいね


 私も、トレーニング、ピラティス、マッサージなどの専門家に、治療や指導を定期的に受けています。自分の身体を、別の専門家にみてもらうことの重要性を、つくづく感じています。




 水井先生は、現役ダンサーでもあり、バレエやダンス指導、表現力の指導、身体のメンテナンスなども指導しています

http://www.emotionaltraining.jp/
http://blog.livedoor.jp/hirokomizui/


IMG06501
⑤カメラを向けると、トレーニング中でもポーズをとる水井先生


IMG06268
⑥先日のトレーニングでは、初めてのアジリティトレーニングにドキドキするふりをする水井先生



 興味のある方は、是非、セミナーに参加してみてくださいね~


 私が、水井先生の主催する表現力セミナーを受講したときのブログです

(123)「Emotional Trainingに参加しました!」
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/46280170.html

(124)「Emotional Trainingに参加しました!2(表現って何?感性って何?)」
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/46362928.html

(125)「Emotional Trainingに参加しました!3(受講体験レポート、動き編)
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/46463267.html

(126)「Emotional Trainingに参加しました!4(受講体験レポート、バレエ編)
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/46468190.html

(160)「Emotional Trainingに参加しました!5(受講体験レポート、バレエ編)」
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/49050750.html






 目次(過去記事をお探しの方のために)
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/46271926.html
ストレッチ総集編
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/39591859.html
色々な足総集編
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/48241232.html
足のトレーニング総集編(三角骨、長母趾屈筋腱炎・腱鞘炎)
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/47792766.html
足関節捻挫後のトレーニング(リハビリ)
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/49979025.html
テーピング総集編
http://blog.livedoor.jp/ikejimasekkotuin/archives/50408725.html







いけちゃん


 池島接骨院

http://ikejimasekkotuin.a.la9.jp/






記事検索
アクセスカウンター

    最新記事
    livedoor プロフィール
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ