814b5a0e.jpg�����祉���������井�� ������篁���鴻����若���������� ��������ゃ�≪�鴻���潟��

楽しかった
レースも終わり、那覇空港でこのブログを書いています。

宮古島のレースの詳細について報告します。

朝3時に起床。天気予報通り風が強いです。予報では1日中、北又は北東の風7mということでした。

会場でチェックインを済ませますが、あちこちでデュアスロンになるかもという話しが聞こえてきます。みんなウェットを着ているので僕らも着てスイム会場に行って見ると6時20分にスイム中止の決定がありました。

安全を考えれば止むを得ない判断でしょう。

第一ラン

第一ランは6.5キロ。前の方に並べず、スタートロスとスタートしてしばらくの間は 自分のペースで走れませんでした。バイクスタートしたら、130何位というアナウンスをしていました。

バイク

バイクはスタート直後から猛烈な向い風に悩まされました。100位少々でスタートしたので、周りの人もそれなりに早い人ばかりです。二桁ゼッケンもたくさんいました。1周目の池間までは心拍数160超えで頑張ってしまいましたが、その後は150台に抑えて自重しました。2周目の向い風には更に悩まされましたが、ラン含むバイクラップ5時間23分22秒でバイクフィニッシュ。この時点で117位でした。

ラン

最初の3キロは4分50秒台でラップを刻むも4キロ以降5分台になり、一時は5分22秒もありましたが、10キロ以降は5分5秒から15秒くらいでラップを刻み、4分台もありました。

ランスタートから周りは100位あたりの実力者ばかりなので、10キロまではなかなか順位を上げることができませんでした。しかし、10キロからランでの快進撃が始まりました。


強風の中のバイクで脚を酷使した後のランでキロ5分ちょいで走っていると前に人が見えてきます。遠くに見えていても、見えなかった人が見えてくるということは、僕の方が早いということで、徐々に近づき抜くというのを繰り返しました。

二桁ゼッケンの人を次々に抜いていくのは、本当に快感でした。

これまでの宮古島のランでは、折り返しまでキロ5分で行き、そこから失速してキロ6分になり、結局3時間46分から50分というところでしたが、今回は違いました。キロ5分を超えても無理せず行けるペースで行きました。

35キロからはペースを上げ、最後の1キロを除いて4分50秒台でいくことができました。そうなると落ちてくる人を一人づつ抜いていくことができます。

結局、バイクフィニッシュの117位から46番ランで順位を上げ、71位でフィニッシュすることができました。

結果

バイク(第一ラン含む)5時間23分22秒 117位
ラン 3時間37分19秒 ラン順64位

計 9時間00分41秒 71位 年代別(55から59)1位

トライアスロンをはじめて18年になります。宮古島にはじめて出たのは2005年でその時は総合で127位でした。その後105位、112位というのがありましたが、100位を切ることと、年代別で3位に入賞することがずっと夢でした。

昨年、一昨年と五島で年代別1位を取りましたが、宮古島の1位はひとしおのものがあります。

1月、2月、3月と月80時間超えの練習をしてきましたが、練習の成果が出て非常に嬉しいです。結果が出たと言っても自己満足でしかないかもしれませんが、それでも努力が報われて嬉しいです。

次はセントレアJapanです。多分ハワイを目指して強豪がたくさん出てくると思いますが、どこまで自分ができるか頑張ります。