昨夜の時間帯、ある常連のお客様からお電話が。
いつも決まった女性で、遊ぶ時間帯もほぼ夕方のみのお客様。

電話がきたのは20:00すぎ、いつもとは違う時間帯だ。

何の電話だろうか?

履歴を見てみると、直近の女性はいつもと違う女性。
私の記憶には無かったので、どうやら他のスタッフが受けたらしい。


最初に思い浮かんだのはクレーム。
でも、その女性の日々の安定感を考えると可能性は低い。


ということは、

①前回会って良かったから、また会ってみよう【本指名】
②違う女性と遊んでみて良かったから、他の女性はどうだろう
③誰でもいいからすぐいける人
④明日以降のご予約

というのが考えられます。


そんなことを念頭に入れていつものように電話を取ってみたら、結果は見事①でした~!
とても喜ばしいとともに、ホッと一息、安心感が訪れましたね。



そんな横で自分よりもほっとしていたのは卍カワサキ

『テンチョは信用できるけどな~って、言われたんですよ~』と、安堵の一言。

どうやら直近の受付は彼が担当で、その女性を紹介したらしい。

『良かった~』と、嬉しそうに一服しに行った卍カワサキの姿を見て、私自身が一番嬉しい気分になりましたね~。


昔、自分もシャチョからメインのフロントを引き継いだ時は同じような思いを何度も味わいました。

いただいた大事な大事な一本のお電話に対して一生懸命自分の言葉で思いを伝え、遊んでいただき、最終的に満足して貰え、また遊んでみようと思っていただけた事を実感できた時というのは、フロントに座る人間として一番やりがいとありがたみを感じる瞬間です。


そんな思いをもっと感じていただけるよう、もっと幅広く、多くのお客様の心をがっちり掴んでいって欲しいと強く思います。


やはり電話は楽しいですね~。
明日も朝から声を張らせて、誠心誠意いきたいと思います!

birthright to live!
38241A95-DDD8-4F31-847C-25C70BD4CA39