ジョジョ4部「17 岸辺露伴の冒険」、ガンダムUC「15 宇宙で待つもの」、アルスラーン「4 陸の都と水の都と」

・ ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない「第17話 岸辺露伴の冒険」
 康一くんが、また主人公みたいだ!
 でも、サブタイトルが「岸辺露伴の冒険」である。
 その答えは、最後に明らかになるのだが。

 死後の世界に行き、帰る時に振りかえってはいけない。
 このモチーフは神話によく出てくる。
 死んだときに、川を渡るってエピソードもよくでてくるし、人間の遺伝子なんか共通した要素があるのかも。

 幽霊である杉本鈴美から、康一と露伴は杜王町に潜む巨悪の存在を知る。
 第一話の冒頭から登場していた、切断された女性の手の意味がついに判明したのだ。
 鈴美を殺した時は、まだ手を切断してしばらく持っているって性癖が無かったようだが。
 手をなめていたと言うので、手フェチだったのは間違いないけど。

 いまだに背中を切り裂かれて殺される人がいるらしい。
 殺人者・吉良の正体は、読んだことない人でも知っているぐらい有名だろうけど、切らなくても殺せる人なんですよ。
 わざわざ背中を切っているって事は、それも趣味なのだろう。

 ジョジョ4部は、ここから新たな狩りがはじまる。
 家族を守り、街を守るため、敵を狩りだすのだ。
 岸辺露伴も杉本鈴美に守られた命をかけて、戦いの道にはいる。
 「ピンクダークの少年」の休載はしばらく続きそうだ。

・ 機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096「15 宇宙(そら)で待つもの」
 軌道上に待つのはネェル・アーガマだ。
 推進力が落ちたガランシェールをユニコーンたちが押す。
 これは「逆シャア」ラストシーンの再現か!?

 アクシズショック級の光を出してユニコーンの色が赤から緑に変わる。
 軌道上で散った、ダグザとギルボアの魂がバナージを導いているかのようだ。
 5巻感想でも書いたが、ここのシーンは本当に感動的である。
 だが、この感動やアクシズの奇跡があっても人類は、わかりあえず戦争が無くならない。
 この、わかりあえなさがガンダム世界なんだろうな。
 それでも! と、前へ進もうとするのがバナージに期待されている役割だ。

 地球軌道艦隊の旗艦ゼネラル・レビルだが、フル・フロンタルとアンジェロに撃退されてしまう。
 旗艦と言っても、数を頼んだ練度の低い部隊なのかも。
 ロンド・ベルは実力はあるけど扱いにくい精鋭部隊だ。
 扱いやすい部隊は、逆に言うと牙が小さいってことなのかも。

・ アルスラーン戦記 風塵乱舞「第四章 陸の都と水の都と」
 アルスラーン一行は南方の港町ギランへ向かう。
 実質的な追放処分なんだけど明るいのは仲間がそろっているからだな。
 みんな権力欲が少ないから、むしろ自由を楽しんでいたりして。

 船は現代にいたるまで、もっとも大量・安価な運送手段だ。
 織田信長が勢力を伸ばしたのは、父の代で津島や熱田などの港をおさえて経済的に豊かになった部分も大きい。
 アルスラーンがギランとの関わりを深めるのは、将来的に見て大きな力になるかも。

 で、ギランで出会った人たちですが、顔や言動が信用ならない感じだ。
 ナルサスじゃなくてもワカるぐらいで大変たすかる。

 ただ、気をつけるべき相手がワカっても、どうすればいいのかが難しい。
 そこはナルサスに考えてもらおうか。
 ルシタニア王のイノケンティス七世は問題をぜんぶ弟のギスカールにふって、ギスカールがボヤいている。
 パルスでは、ナルサスがボヤきだすのも時間の問題だろうな。

週刊少年チャンピオン2016年34号感想

鮫島、最後の十五日(8): 少年チャンピオン・コミックス
7月新刊!
・ 鮫島、最後の十五日
 鯉太郎は大炎上焼身心中の相撲だと勝率100%近い!
 これが鯉太郎の必勝パターンか。
 ある意味、自分の土俵で戦っているようなもんだしな。
 相手は普通やらないことをやっているので、不慣れだろうし。

 しかし、この戦いかたが捨て身であることに変わりは無い。
 鯉太郎は勝利のために、力士としての寿命を削っている。
 鮫島の最後まで、あと八日か。

ハリガネサービス(11): 少年チャンピオン・コミックス
8月新刊!
・ ハリガネサービス
 下平にはない高さと経験が雲類鷲(うるわし)を止めた!
 先輩たちも意地を見せる。
 野々原先輩もダメージを逆に武器とした逆転の発想だ。
 でも、さらにダメージ受けただろうし、本日二度目の試合はさすがに無理か?

弱虫ペダル(45): 少年チャンピオン・コミックス
6月新刊!
・ 弱虫ペダル
 今泉がさらに加速する。
 リミッター外して、限界超えたら痛めている肉にダメージがいきそうではあるが。
 後出しジャンケンの法則で行くなら、御堂筋が回想したら勝ちそうだけど。

刃牙道(12): 少年チャンピオン・コミックス
7月新刊!
・ 刃牙道
 118話感想はこちらへ。
 武蔵にピクル攻略の策あり!
囚人リク(28): 少年チャンピオン・コミックス
7月新刊!
・ 囚人リク
 さらに爆発まで起きた。
 異常事態は内部の犯行なのか、外部なのか。
 鬼道院のクーデター計画が発覚して攻撃されたのか、内海の暗躍なのか、別の理由か、どれだろう。
 それによって、今後の難易度と母子再開成功率が変わるんだけど。

・ あしたもたぶん会いにいく
 松尾あきの短期連載デビューだ!
 ハナクソは、ちょっと引くぞ。
 意外性による破壊力だな。

AIの遺電子(2): 少年チャンピオン・コミックス
7月新刊!
・ AIの遺電子
 同性愛は、いろいろ難しいんだろうな。
 恋愛感情を無くすでなく、性癖を変更するプログラムは無いもんかね。
 ラストの想像におまかせしますってオチは余韻があって良い。
毎度!浦安鉄筋家族(18): 少年チャンピオン・コミックス
8月新刊!
・ 毎度! 浦安鉄筋家族
 ちょっとでもスキを見せると人が大挙して押しよせる。
 浦安は変人が多いんだろうか。
 さすがにドアの無いところで排泄するのはちょっと……
 壁に向かって立ちションするのと大差ないじゃん。

・ 猫神じゃらし!
 狛犬が狛犬じゃなくて狛猫になっている!
 本格的に猫を祭っていたんだ。
 ってことは、猫神パワーをなめちゃいけなさそう。
 可愛いだけでも厄介なのに、イロイロと貢いでしまいそうだ。

ドカベン ドリームトーナメント編(22): 少年チャンピオン・コミックス
7月新刊!
・ ドカベン ドリームトーナメント編
 やはり、真っ向勝負ではなく事故が多発か。
 野球の神にもてあそばれている感じだ。
少年ラケット(6): 少年チャンピオン・コミックス
8月新刊!
・ 少年ラケット
 強豪校は部員も多いから、まず内部で鍛えられるんですね。
 ヨルくんは卓球だけでなく、全体的な策略も優れているようだ。
実は私は(18): 少年チャンピオン・コミックス
8月新刊!
・ 実は私は
 ついに写真に写らなくなった!
 ジワジワと吸血鬼としての能力が進行していたのか。
 つまり巨大化まであと少し。
・ 六道の悪女たち
 悪女なら拉致監禁して飼ってしまおうと思いつめるのが出てもおかしくない。
 恋する悪女は純情になってしまうんだろうか?
・ マル勇 九ノ島さん
 ゲームは魔王パワーで動いている!
 魔王も大変だな。
 てっきりブラック企業的に部下たちへ超過勤務させているのかと思ったよ。
 この仕事は10億かけて元がとれるのだろうか?

・ アイシテルの視線
 佐藤ショーキのNEXT CHAMPION受賞作だ!
 猿は発情すると尻(性器周辺)が赤くなる。
 二足歩行になった人間は尻が見えにくくなったので、かわりに胸を発達させた。
 って説がありますが、江戸時代まで日本人は胸に欲情していなかったし、ちょっと違っている気もする。
 現代の日本人は、どうしても視線がいってしまうんですよ。

・ 永遠の一手 2030年、コンピューター将棋に挑む
 コンピューターが10年たって性能あがっても、しょせん演算速度の差だ。
 だと、思ったけど、けっこう差があるようで。
 それでも古いプログラムが互角って事は、革新的な思考法があったのだろうか。

放課後ウィザード倶楽部(1)
7月新刊!
・ 放課後ウィザード倶楽部
 あきらかに人知を超えた物で作られているのを、人の身で解明するのって難しいだろうな。
 とりあえず通貨システムを狙うのが王道だろうな。
 『ログ・ホライズン』では、ゲーム内の通貨を生みだすシステムを乗っ取ろうとしていた。
 通貨って、国がしっかりしていないと崩壊するシステムだから難しい。
 後漢時代は年貢を銭でおさめていたのに、三国志期の混乱で通貨が使えなくなり、地域によって物々交換に戻ったりしたぐらいだし。

小説版『放課後ウィザード倶楽部』はコチラへ。

Gメン(8): 少年チャンピオン・コミックス
8月新刊!
・ Gメン
 風俗コースかと思ったら、まさかの実家戻りコースかよ。
 金ばっかりは、どうにもならんからな。
・ ミドリノユーグレ
 ある日突然、キレっキレの超絶顔芸女子高生を「今日からコイツがお前らのボスな」と紹介されたら転職サイトに登録したくなりそう。
 でも世界規模の陰謀相手だと、これぐらいの破壊力のあるリーダーが必要かもしれないな。
 でも、東京オリンピックで大参事ってのは予告されているし、大変そうだ。

正義の殺人鬼(2): 少年チャンピオン・コミックス
8月新刊!
・ 正義の殺人鬼
 第一話から綿密な伏線が張られていたのか。
 ただ、本筋と関係ない話が多すぎて、伏線があまり機能していなかったかも。
 軽妙な会話とかが、けっこう面白かったので、最初から父と一緒にドタバタ地獄めぐりしていたほうが、好みだったな。
 方向性は『銀魂』みたいな感じか。
 事実上、梅美に殺されたようなものなのに文句も言わず、梅美の才能を伸ばそうとする父は範馬勇次郎っぽい。
木曜日のフルット(5): 少年チャンピオン・コミックス
12月新刊!
・ 木曜日のフルット
 隣のネコは柿くうネコだ。
 つうか、白骨死体の始末をどうしたんだろう。

● ヤンジャン
・ キングダム

 身内を優先する心情は儒教的なんだよね。
 君主と父親が病気で薬が一人分しかない時、どうするのか?
 などの議論をしたりするらしい。
 正解は無いんだろうけど、父親に渡すと言い切って皆を感心させた人もいたはず。

 秦は法家思想だから、法の下に平等で死者の多寡で判断しそう。
 情を重視する儒教じゃ、冷徹さで法家思想に負けるよな。

● モーニング
・ GIANT KILLING

 ボールが渡るだけで緊張が走るのが持田=エースである証だ。
 で、苦しみも喜びも知っているのが村越=ベテランの証か。
 さらに、果敢に飛び込んでこそ椿が新星である証だな。
 じゃあ、夏木は天然としてナニを見せればばいいのか?
 いや、天然じゃなくてストライカーだ。点をとって証を見せろ!

・ グラゼニ
 仲良しかよ!
 前回の展開からこうなるとは思わなんだ。
 今の凡田は太ったから直球も威力上がっていそう。

週刊少年チャンピオン2016年34号 [雑誌]
週刊少年チャンピオン2016年34号

刃牙道「118話 角」感想


2016年7月21日(34号)
第4部 第118話「角」 (1097回)

 伝説の剣豪・宮本武蔵と恐竜ハンター原人ピクルが激突だ!
 奇跡とかムチャとかで とにかく現代によみがえった強者同士の勝負が始まった。
 まずは、武蔵が油断したのか安易に斬りつけて失敗し、反撃でブン殴られる。
 伝説の剣豪が開幕ダッシュでいきなり大ピンチだ!

 宮本武蔵って、イロイロな作戦で相手を怒らせたり油断させたりしてスキを突く戦闘スタイルだったよね。
 オマエが油断して どーするッ!
 ただ、武蔵が卑怯な策をつかったというのは、後の時代の作り話と言う可能性が高い。
 武蔵の養子である伊織が『小倉碑文』では、武蔵と岩流(佐々木小次郎)は普通に対峙して勝負したとある。
 真実の宮本武蔵は、逆に油断の多い人だったりして。

 ピクルは武蔵の落とした刀をひろう。
 原始人が使いなれない物をもつもんじゃないぞ。
 武器術のスペシャリストである本部も「磨いた五体以外の何ものかに頼みを置く」「そんな性根が技を曇らせる」と言っている。(バキ18巻 155話
 シロウトさんが日本刀をもっても、自分の足を斬るのがオチだ。

 はじめて武器を手にしたピクルは、ためしに刀をふってみた。
 武器の扱いはシロウトだけど、人類が失った野生の筋肉がピクルには備わっている!
 振るった刃は闘技場の砂地を斬り裂き、鍔元まで埋まった。
 主人公である範馬刃牙ですら見えない速度であり、現代の剣法家・佐部京一郎も驚愕する斬撃だ。

 とりあえず怪力でスゴいパフォーマンスをした。
 刀をもつ角度を間違えて、刀の腹部分を叩きつけたら、折れぬ曲がらぬと言われる日本刀でもポッキリいったろう。
 この刀は武蔵の愛刀「無銘 金重」だから、折れたら武蔵の心も折っていた。
 もしかしたら、ここで金重を折って勝負アリにしていたほうが平和だったかもしれない。

 みんながピクルに注目しているスキに、武蔵が立ちあがっていた。
 頬は腫れているが、出血がない。
 息も乱れず、汗もかいていないぞ。
 とりあえず、武蔵のタフネスだけは原始人クラスだ!

 観客に気がつかれることもなく、静かに立ちあがった。
 独歩は平静だが、寂海王に冷や汗がある。
 不意打ちのチャンスだったが、なぜか武蔵は動かない。
 寂は武蔵の行動が読めずに焦っていたのかも。
 独歩は汗をかいていないので、まだ余裕ありそうだ。

「刃を止めるほどの肉の宮」
「俺も初めて見る」
「兜を両断する我が剣を」
「骨で喰い止め筋肉で挟み掴んだ」
「そんな肉体(からだ)もある」


 武蔵がピクルを大絶賛だ。
 ウラをかえせば、相手をホメるだけの余裕がある。
 ピクルを斬ることができなかったのはあきらかに武蔵の油断だ。
 油断さえしなきゃ問題ないという自信があるのだろう。

 武蔵は素手でピクルと戦った時も、圧倒していた。
 だから油断していたんだろうけど。
 とにかく、もう油断しないから勝てる。
 そんなふうに考えていたら、やっぱり武蔵の油断ですな。

「倒れ伏し待つも 次の一手はなし…………」

 この武蔵の台詞がムズしい。
 普通に考えると「ダウンして追撃を覚悟していたが、追撃は無かった」という意味だろう。
 だが、二天一流・活殺自在術(死んだフリ)の使い手である武蔵ならば次の可能性がある。
 「死んだフリに油断して近づいたところを不意打ちするつもりが、近づいてこなかった」だ。

 虚実をおりまぜる武蔵らしく、二つの意味にとれる発言をしたのだろうか。
 武蔵が烈と戦ったときは擬態をしていた。(7巻 61話
 ダメージも無いようだし、武蔵は反撃を狙っていたのかも。

「ぴくるは剣士となっていた」
「つまらん」
「圧が消えたわ…………」


 む、やっぱりそうか。
 武器に不慣れなピクルが武装したら、かえって弱体化する。
 ピクルの強さは原始の肉体の強さだ。
 上等な料理に ハチミツをゲリラ豪雨のようにかけるがごとき所業ッ!

 自分の持ち味をイカすのが勝利のカギだ。
 ジャックが身長伸ばしちゃったのは、持ち味をカン違いしたんだろうな。
 上等な料理にハチミツをかけて、さらに果糖を山盛りで かけたようなものである。


『かつて作者が高名な空手家を取材した際のエピソードである』
『衝撃的ともいえる言葉を聞いた』

「刃物を持った相手は」
「危険ではありません」
「刃物しか使用(つか)いませんから」


 ここで突然、作者のコメントが入る。
 高名な空手家とは誰だろう。
 オールバックでメガネで背広を着ていて、中華料理を食べている。
 情報なさすぎで、わからんですよ。

 武器を持つと、武器を使う動作をしてしまう。
 人が陥りやすい罠ですね。
 漫画版の餓狼伝にも出てくる罠だ。(餓狼伝23巻 218話

 相手の選択肢が限られていたら、対策は容易になる。
 もちろん、自分の実力が高いという前提だろうけど。
 相手がチョキしか出せないと知っていれば、ジャンケン無敗だ!

 刃物をもったピクルなど、テグスで武装した加藤のようなもの。
 果糖なみに甘々だッッ!
 武蔵の右手刀がピクルの左目を打つ。
 たまらずピクルは刀を手放した。

 さりげなく攻撃したが、武蔵はピクルの巨体と刀と言うリーチの差を超えて反撃している。
 踏みこみの速度が速いのだろう。
 刃牙のゴキブリダッシュなみか?

 元祖ゴキブリダッシュの刃牙も汗を流し驚愕している。
 そして武蔵の手刀にナニか感じたのか斬撃空手の鎬昂昇も汗を流す。
 となりにいる鎬紅葉は涼しい顔ですが、古流武術に対する知識がないので武蔵のスゴみがわからんのかも。

 目を打たれ、ピクルはよろめく。
 武蔵は無銘 金重を取りもどし、両手でかまえる。
 二天一流の特色である片手斬りじゃないのか?

「斬る箇所は幾らでも………………」
「「角」を猟(と)る!」


 肩、ヒジ、ヒザ、などの人体にある角を斬りさく。
 左右6カ所が斬られた!
 本気になった武蔵に死角なしか。
 なお、斬る時はちゃんと片手もちにするようです。

 鮮血が ほとばしる。
 ヒジやヒザの関節部分には腱があるので斬られたら、かなり大変な事になるぞ。
 今度こそピクルが死ぬのか?
 次回につづく。


 武蔵が見せたいといった「希代の斬れ味」無銘 金重が炸裂した!(12巻 107話
 丈夫なところを斬ろうとするとダメなので、弱い角を斬る。
 うむ、これは刀の斬れ味でなく、剣豪の斬る技術を見せていただきました。
 金重は、思ったいたほどには斬れなかったようで。

 でも、技量を見せるという意味なら、角斬りで正解だよな。
 弘法筆を選ばず、ニュータイプはモビルスーツを選ばずですね。
 アムロはガンタンク、ガンキャノンに乗っても強いし、オリジンならジムに乗っても強いのだ。

 この角を狙うってのは、力学的にも戦術的にも理にかなっている。
 消しゴムケースの四隅をカットすると、消しゴムが折れにくくなるのと、逆の理論だ。(参考
 城や砦でも、城壁の角の部分は弱点になるので補強してある場合が多い。
 オセロでも角の優位は言うまでも無く……。いや、オセロはちがうな。

 武蔵は油断して失敗したけど、致命傷じゃなかった。
 そして、愛刀の金重をもってきたけど、あまり斬れない。
 なんか、武蔵は予想の逆を突いてばかりだな。
 と、なると角を斬られて動けなくなったピクルに油断して、また殴られるって可能性もある。

 それでも、やっぱりピクルのダメージが大きそうだ。
 ここは本部にすがるしかないんだよな。
 本当にここで活躍しないと、守護(まも)る守護(まも)るサギだ。
 なにしろ本部がやったことって、ジャックに重傷おわせたことぐらいだし。

 だが、本部なら武蔵に勝てるかもしれない。
  「刃物を持った相手は、危険ではない。刃物しか使用(つか)わんからの」
  「鎖分銅と、木刀と、煙幕玉もあるぞ!」
 これには武蔵も困るだろう。
 まあ、普通に本部を手刀で打ったら倒せそうだけど。


週刊少年チャンピオン2016年34号 [雑誌]
週刊少年チャンピオン2016年34号


------
・おまけ 新刊情報
刃牙道(12): 少年チャンピオン・コミックス 7/8に刃牙道12巻が発売される!
宮本武蔵と原人ピクルが時空を超えた対決をする。
戦う前から、すでにグダグダだ!
この勝負、開始(はじ)まるのかッ!? 12巻は99話から107話までッ!

バキ外伝疵面 7 (チャンピオンREDコミックス) バキ外伝疵面7巻が発売だ!
ついにグランドマスター編も決着するぞ!
そして非日常な日常にもどる。
46話から53話まで!

真・餓狼伝 6 (少年チャンピオン・コミックス) 真・餓狼伝6巻が発売された!
真なる餓狼の伝記もこれで最後だ。せまる丹水流の闇に、丹波親子は対抗できるのかッ!?
最終巻は47話から!

みつどもえ 14 (少年チャンピオン・コミックス) 月間ペースでみつどもえ14巻が久しぶりに発売だ。
カラー16ページで出血大サービスだ! いろんな意味で。
14巻は251卵性から269卵性まで!

獅子の門 鬼神編 (カッパ・ノベルス) 獅子の門 鬼神編が発売される!
ついに完結!
羽柴彦六と久我重明の死闘があるらしいぞ!
なんか主人公の少年たちの名前があまり出てないけど、完結なのにそれでイイのか?

バキ外伝 拳刃(1) (チャンピオンREDコミックス) バキ外伝拳刃1巻が発売だ!
若き日の愚地独歩がやっちゃイケないような技で暴れる!
基本的に必殺だから敵は再起不能だぞ。教育的に良くないから秘密だ!

バキどもえ(2) (少年チャンピオン・コミックス) 板垣先生公認の刃牙パロ『バキどもえ 2巻』が、発売だ!
梢江いじりは止まらず、漢キャラは萌え化が止まらない!
刃牙は生きのこれるのか!?

謝男(3) (ニチブンコミックス) 土下座・新伝説『謝男(シャーマン)3巻』が発売される。
土下座の男・拝にたいし、謝らない女が登場する! この勝負、どこに転がる!?
3巻は11話から。

ジャイアントロボ(5)~バベルの籠城~ (チャンピオンREDコミックス) ジャイアントロボの最終章「バベルの籠城」5巻が発売だ!
我が身を犠牲にした最終奥義が炸裂しまくる。キャラ消費が激しすぎなんですけど!

エクゾスカル零 5 (チャンピオンREDコミックス) エクゾスカル零 5巻』が発売される。
ついにメデューサ計画の全容が語られる。
長い回想の先に出てくるのは、あの男だ! いや、女?

エクゾスカル零(3) (チャンピオンREDコミックス)
開花のススメ(1) (チャンピオンREDコミックス)
守るべき者のいない未来で正義執行者はいかに生きるべきなのか?『エクゾスカル零 3巻』が、発売される!
新ヒロイン初夜六花の登場により状況が大きくかわっていく。
発売日は8月20日です。収録は第十四歌から。

それと、外伝的作品『開花のススメ 1巻』も同時発売です。

新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編 (FUTABA NOVELS) 原作『新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編』が9/21に発売される。
長田が久しぶりに登場し戦う。
そして丹波文七も驚天動地の大失態プレイから立ち直って(?)リングに帰ってきた。
相手はジャイアント馬場的ポジションのカイザー武藤だ。丹波は勝てるのか?
感想書きました。「新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編」感想

最新コメント
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
和書
コミック

 チャンピオン 
ジャンプ
マガジン
サンデー
RED
 板垣恵介 
夢枕獏
山口貴由

DVD
アニメ
CD
 ゲーム 
DS
PSP
Wii
PS3
360
PS2
PCゲーム
 PCギャルゲー 
フィギュア
パソコン
テレビ
メディア
家電
サプリメント
板垣恵介の激闘達人烈伝 板垣恵介の格闘士烈伝
駿河城御前試合 獅子の門 雲竜編 (カッパ・ノベルス)