漫画版バキ外伝ゆうえんち「第11話 惜別の時」感想


2023年2月2日(10号)
第11話「惜別の時」

 葛城無門は松本太山を背負って徳川光成の邸宅に乱入する!
 当然、徳川親衛隊に止められたのだろうが、あっさり突破したらしい。
 徳川親衛隊を突破できるかどうかが強者の目安ですね。
 親衛隊長の加納秀明を倒して突破できれば地下闘技場Cリーグ登録も可能だ。

 徳川さんはまた曲者かとぼやいていた。
 幼年編のバキの事か!?
 と思ったけど、作中時間の刃牙はまだ子供だ。
 たぶん範馬勇次郎に同時に4方向を攻撃できれば100人にも勝てると教わっていた頃ですね。

 太山は瀕死の重傷だ。
 だが、太山は徳川さんに借金をしていたので、返済しに来たのだった。
 そんな律儀に自分で返さんでも!
 だけど、戦士を闘犬や闘鶏のように戦わせる徳川さんだ。
 隙を見せたら骨までしゃぶられてしまいそうだ。
 いいや、骨の髄まで!

 太山が必死の返済をしたのは、そんな防衛処置だったのかも。
 でも、徳川さんは戦士に厳しいが、金に甘そう。
 太山は判断を誤ったか?
 重傷だし判断力が鈍っていそうだ。

 徳川邸には医者もいて太山の怪我を見てもらえた。
 地下闘技場のドクターのようだ。
 試合のない時は地上勤務もしていたのか?
 太山の傷は肉をえぐられ、骨に達している。
 さらに心臓の血管も傷ついている。

 これはダメじゃないか!
 いつ心臓が止まっても おかしくないダメージだぞ。
 太山は自分が長く無いと悟って、徳川邸に来たんだろうか?

 この傷は、誰にどうやってつけられたのか?
 徳川さんの脳裏に渋川剛気インタビューが再生される。
 って、インタビューしてたのかよ!
 バキシリーズ恒例のインタビューって、徳川さんの趣味による記録だったのか?

 渋川剛気の左目をえぐり取った男……
 その名は、柳龍光だ!
 この辺の詳細が知りたいもんですね。
 天才と言われていた渋川さんだから、ただでは負けなかったと思うんだけど。

 徳川さんは『ゆうえんち』も『柳龍光』なる人物も知っている。
 思わず詰めよる無門をチョークスリーパーで止めたのは、瀕死の松本太山だった。
 これだけのダメージでも動ける!
 さすが太山だ。

 目覚めた無門は、太山が負傷をおして自宅へ帰り、翌朝亡くなったことを知る。
 妻の絹代さんには地下闘技場で負傷して大金を得たと伝えたらしい。
 太山を負傷させ死因を作った柳龍光とは何者だ?
 そして『ゆうえんち』とは何処にあるのか?
 無門の質問に徳川さんは口をつぐむ。

「太山が言おうとしなかったことをワシが言うわけにはいかん」

 正論ではある。
 だが、無門はもう知ってしまった。
 無門は今後なにをすべきなのか既に決めている。
 手掛かりはあまりに少なく、中卒の少年にとって難しい課題だ。
 だが、どんな困難であろうと無門はあきらめないだろう。
 ならば、ちゃんと教えて導いてやるのも優しさだと思うんだけど。

 闇格闘技の話だしネットで検索しても出てこないんだろうな。
 いや、この時代はまだネットが発達していなかったころですか?
 時代設定がちょっと謎だ。

 無門がベンチに座っていると、太山の妻・絹代さんと娘の梢江がやってきた。
 ここで太山がなんで大金を必要としていたのかが語られる。
 梢江の手術代だったのだ。
 子供好きな太山は、最後まで娘・梢江のことを思っていた。
 そして、無門のことも!

 その恩に報いるため、無門は修羅の道を行く決意をする。
 絹代さんも無門の今後が心配だろうけど、引き留めが甘い。
 そこは太山の妻だ。
 格闘に生涯をささげた者が簡単に意思を変えたりしないと知っているのだろう。

 梢江は父が突然いなくなり、無門まで居なくなることを心配している。
 実際に無門は居なくなるんだけど。
 強いんだ星人は居なくなるのだ。
 って、強いんだ星人って言い出したの無門だったのかよ!

 梢江は闘士たちの闘いで傷つくのは当事者だけじゃ無いと言っていた。
 それは父を失った実体験からけていたようだ。
 そして、強いんだ星人が手に負えないという諦めもこの時に知ったようだ。
 幼い梢江に大きなトラウマを植えつけちゃいましたね。

 葛城無門は散る桜と共に去っていく。
 数年後、松本梢江は散る桜を見て、兄のような存在だった葛城無門を思いだすのだった。
 もしかしたら、刃牙の強烈なライバルになるかもしれないですね。
 アライJrよりも、はるかに強い強敵だ。

 でも、無門のほうが感心なさそうだけど。
 すべてが終わった後で、松本家に報告しに行ったりしたんだろうか?
 行ったけど梢江には会えなかったのかも。

 ここまでが葛城無門が戦士として鍛えられ強くなり、闘う目的を得た第一部と言ったところだ。
 次回からは『柳龍光』と『ゆうえんち』を探して深い闇に入っていく第二部が開始(はじ)まる。
 葛城無門の闘いは開始(はじ)まったばかりだ!


週刊少年チャンピオン2023年10号
週刊少年チャンピオン2023年10号



------
・おまけ 新刊情報
小説 ゆうえんち -バキ外伝-2 漫画 ゆうえんち -バキ外伝-2巻が発売される!
物語は本格始動し、ついに優しき巨人が登場するぞ!
さらに豪華ゲストも登場し、餓狼伝の丹波文七も探せばいる!
2巻は5話から

バキ道14巻 バキ道14巻が発売される!
ジャック・ハンマーvs野見宿禰が決着する!
噛道は古代相撲を上回ることができるのか!?
そして、新たなる戦士が登場するぞ。
14巻は119話から127話までッ!

バキ外伝 烈海王は異世界転生しても一向にかまわんッッ 4巻 バキ外伝 烈海王は異世界転生しても一向にかまわんッッ 4巻が発売だ!
オーガとの死闘もクライマックスだ!
さらに烈海王の異世界バトルは続くぞ!
2巻は25話から32話まで!

新・餓狼伝 巻ノ五 魔拳降臨編 小説の感想もあります
新・餓狼伝2感想新・餓狼伝3感想新・餓狼伝4感想新・餓狼伝5感想
獅子の門 雲竜編 感想獅子の門 人狼編 感想

バキ道140話 感想追記1

追記1 (23/2/1)

休載だ。「業」だなあれは
休載だ。「業」だなあれは。

 『バキ道』は休載で、『ゆうえんち』が代打掲載だぞ!
 2023年は月初が『ゆうえんち』ですね。
 ちょうど『ゆうえんち』は序盤最大の盛り上がりと言える部分なので早く見たいところですが、『バキ道』も気になる展開ではある。

 ところで『ゆうえんち』でも、松本梢江が出てくる。
 おなじバキ世界なので出てきても違和感ないんですが、出てきます。
 ここだけは無理に原作に寄せなくても良いんだぞ……

 作家は違いますが、『バキ外伝 烈海王は異世界転生しても一向にかまわんッッ』は女性キャラまでバキ風になっていて、もったいない感じでした。
 『カイジ』のスピンオフ作品でも、絵柄を原作に寄せすぎていて美人が出てこない問題とかありますが、同じ感じですかね。
 こういう作品で心配な事がある。
 スピンオフ作品の作者は、オリジナルに戻ろうと思ったときに、ちゃんと自分の絵を描けるのだろうか?
 戻れなかった、気の毒だな。


週刊少年チャンピオン2023年10号
週刊少年チャンピオン2023年10号


バキ道 140話「目線」感想


2023年1月26日(9号)
第5部 第140話「目線」 (1317回)

 ビスケット・オリバが野見宿禰にリベンジマッチを挑むッ!
 いや、リハビリ・マッチですか。
 まあとにかく勝負を挑むのだった!
 夜の駐車場で怪力2人……………、勝負でしょう。

「相撲ノ間合イジャナイ」

「古代相撲の間合いです」

 どっちが正しいんだ!?
 えっと、現代相撲の間合いじゃないけど、古代相撲の間合いだと。
 とりあえず現代相撲に駄目出ししているって所は共通なのか?

 現代相撲と古代相撲の大きな差は土俵の有無だ。
 土俵が無いから、遠い間合いで闘うという事だろうか?
 米国人だから拳銃の間合いで闘ったりして。
 これはドイルを呼んでこないと。

 そして、オリバが開幕の左アッパーカットだ!
 宿禰の巨体が浮き上がるほどの強烈なパンチが入った!
 でも、これって現代相撲の間合いじゃね??
 アッパーは蹴りやストレートに比べると近い間合いで撃つ。
 この間合いならマワシの掴み合いにいける。
 やっぱ、相撲の間合いだ。

 オリバは、わざと逆のことをいったのだろうか?
 つられて宿禰も反論しちゃったけど、これって相撲の間合いだよね?
 古代をつけなくても良かったんじゃ無いのか?
 そんな事を考えていたら隙がうまれて打撃を受けちゃったのかも。
 宿禰、敗れたり。難しいことを言われて一瞬考えると隙がうまれる。

 アッパーを喰らって目が泳いでいる宿禰に、オリバは追撃をかける。
 力ののった右ストレートパンチだ!
 宿禰が吹っ飛ぶ!

 最初はリーチの短いアッパーだった。
 でも、今度はリーチの長いストレートだ!
 順番が逆だよ!?
 いや、アッパーで意識を混濁させて、ストレートで吹っ飛ばしたのかもしれない。
 相手を吹っ飛ばせば反撃を受けにくく安全だ。
 オリバは冷静に考えている!

 吹っ飛んだ宿禰は駐車していた自動車に激突した!
 さっそく自動車が1台大破だ!
 いや大破ってほどじゃないけど、これは走行不能だな。
 翌日、車に乗ろうとした持ち主が青ざめるのが確定した。

 まずはオリバの先制攻撃が炸裂した。
 やっぱり相撲の間合いじゃなかったんだろうか?
 いやでも、現代相撲の間合いだったよな?
 とりあえず古代相撲の間合いじゃ無かったと思っておけば良いのか?
 何も考えずに殴れ、が正解か?

 だが、この程度で宿禰は沈まない。
 宿禰がぶつかった自動車は廃車化もしれないけど。
 ザウッと立ちあがって、魔性の抱きつきだ。
 オリバに胴タックルを仕掛けたぞ。
 速いとは思えないこの動きが、古代相撲なのかも。

 抱きついた宿禰は、オリバのアバラ骨を掴む。
 前回のオリバを仕留めたアバラ投げだ!バキ道2巻 16話
 だが、掴まれたオリバに焦りはない。
 投げをうたれた時に脇をしめて宿禰の掴みを切ったッ!

 閂 メキッ
 メキッ

「閂(カンヌキ)ッテ云ウンダロ コレ」

 相撲の関節技、だ!
 愚地独歩が範馬刃牙に実演して見せた実戦で使える相撲技だ!(バキ道1巻 8話
 オリバは相撲を研究してきたのか?
 ちゃんと宿禰対策を立ててから勝負に来ている。
 勝つためには必要なことです。
 当たり前の事だけど、偉いぞ!

 オリバは閂を極めながら、宿禰を後方に投げ飛ばす。
 力士を逆に投げ飛ばした!
 投げたオリバは額で着地し、首ブリッジ状態だ。
 これは西洋相撲(レスリング)スタイルか?
 相撲を取り入れつつ、自分のオリジナリティーも忘れない。

 投げられた宿禰は顔から落ちたものの、空中一回転して綺麗に着地する。
 肉体のダメージはなさそうだ。
 だが、精神ダメージはどうだろう。
 必殺のアバラ投げを返されのだ。
 心中おだやかじゃないだろう。

 ここまで優位に闘ってきたオリバは、宿禰に手四つを挑む。
 怪力無双のオリバにとって絶対の自信があるパワー対決だ
 いっぽう宿禰にしてみたら、自分の半分ていどの体重しかない相手がパワー対決を挑んで来た。
 これは楽に返り討ちできると思っただろう。

「「力士」――――ト呼バレテル割ニハ」
「非力ダ」

 だが、パワー対決はオリバ優勢だ。
 オリバのパワーに押されて、宿禰の膝が曲がっていく!
 体重差もあるし、純粋なパワーでは宿禰が上かもしれない。
 だが、オリバのほうが圧倒している!?
 パワーはオリバの方が上なのか?
 それとも、これは合気かッ!?

 オリバは渋川剛気に勝負を挑んで、あしらわれた事がある。(バキ101話)
 そこで受けたミステリアスパワー合気を研究したのかも。
 相撲に合気と、オリバは自分を苦しめた技をちゃんと研究している!

 オリバは勝算なしに喧嘩を売ったりしない!
 きっちり研究して勝ちにきているぞ。
 ならば、偶然えらんだように見せたこの駐車場にも罠が仕掛けてあるかも。
 駐車している自動車を好きに爆破できるかもしれない。

 もしかしたら、あらかじめ土中にシコルスキーを埋めいるのかも。
 土の色や盛り上がりでバレないように、1週間前からッ!
 シコルスキー、仕込みすぎで戦闘不能(リタイア)――――

 とにかく、相撲ではなく知性と筋肉で圧倒するオリバであった。
 このまま非相撲を貫くことができるのか!?
 逆に宿禰は、オリバを相撲に引きこめるのか?
 来週は休載で一週休んで、次回につづく!


週刊少年チャンピオン2023年9号
週刊少年チャンピオン2023年9号



------
・おまけ感想
『RIZIN』朝倉カンナvs『バキ道』板垣恵介 格闘技対談!(2019/4/17)
板垣恵介 × 堀口恭司 頂上対談!(2019/6/12)
座談会『高橋ヒロシ×板垣恵介×浜岡賢次』(2019/7/25)
板垣恵介×板垣巴留 親娘 異種格闘対談(2019/9/26)
『激レアさんを連れてきた。』に板垣先生が出演(2019/10/30)
板垣恵介 堀口恭司 対談FIGHT!(2021/3/25)

『グラップラー刃牙はBLではないかと考え続けた乙女の記録ッッ』感想を、まとめ中です。

・おまけ 新刊情報
自伝板垣恵介自衛隊秘録~我が青春の習志野第一空挺団~ 自伝板垣恵介自衛隊秘録~我が青春の習志野第一空挺団~が発売された!
真面目と下ネタが交互に襲い掛かる壮絶な内容だ!
バキ総集編 戦場の詩 感想210日900m/m以上?感想70分600cc以上?感想があるぞッ!

バキ道14巻 バキ道14巻が発売される!
ジャック・ハンマーvs野見宿禰が決着する!
噛道は古代相撲を上回ることができるのか!?
そして、新たなる戦士が登場するぞ。
14巻は119話から127話までッ!

小説 ゆうえんち -バキ外伝-1 漫画 ゆうえんち -バキ外伝-1巻が発売される!
バキ外伝小説が漫画化だ!
微妙にオリジナル要素が入っているぞ。
1巻は1話から4話まで!

バキ外伝 烈海王は異世界転生しても一向にかまわんッッ 4巻 バキ外伝 烈海王は異世界転生しても一向にかまわんッッ 4巻が発売だ!
オーガとの死闘もクライマックスだ!
さらに烈海王の異世界バトルは続くぞ!
2巻は25話から32話まで!

新・餓狼伝 巻ノ五 魔拳降臨編 小説の感想もあります
新・餓狼伝2感想新・餓狼伝3感想新・餓狼伝4感想新・餓狼伝5感想
獅子の門 雲竜編 感想獅子の門 人狼編 感想
最新コメント
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
和書
コミック

 チャンピオン 
ジャンプ
マガジン
サンデー
RED
 板垣恵介 
夢枕獏
山口貴由

DVD
アニメ
CD
 ゲーム 
DS
PSP
Wii
PS3
360
PS2
PCゲーム
 PCギャルゲー 
フィギュア
パソコン
テレビ
メディア
家電
サプリメント
板垣恵介の激闘達人烈伝 板垣恵介の格闘士烈伝
駿河城御前試合 獅子の門 雲竜編 (カッパ・ノベルス)