● 週刊少年チャンピオン11年30号感想
・ バチバチ

 蒼希狼はマンホールチルドレン仲間のためにも戦っている。
 これはハングリーさと背負ってる人間の数が日本人とはケタ違いだ。
 鯉太郎も親父の遺志とかイロイロ背負っているけど、重みでは負けていそう。やっぱり苦戦しそうだな。

・ 弱虫ペダル
 仲間の切りすても辞さない。三日目は容赦のないサバイバルですね。
 さりげなく京都の連中をハブっているのも容赦なし。
 総北だと、体調に不安のある三年とメンタルが脆そうな今泉が危ない感じなんだけど。
 で、もう最下位集団が追いついてきましたか。
 さすがに、上位グループとは協力しないと言い出すんだろうけど。むしろ1日目の京都みたいにブロックしそう。

・ てんむす
 アイドル天咲花はたぶん噛ませ犬なんだろうと思っていたけど、なんか微妙なポジションにいる。
 もしかしてライバル化しちゃったり?
 決勝で会おうぜってのは、だいたいが負けるよな。ハンザスカイも危うい感じで。
 次の相手は制服じゃなくジャージで食す体育会系だ!
 年功序列を他校にまで広げるのはルール広げすぎって気もしますが。

 落語とか相撲は年齢ではなく、入門時の順番で序列がきまる。
 まあ、最終的に実力がモノをいう世界なんだけど。
『年が下でもお前が兄さんと呼ばれるのはな。お前が後輩に教えられることがあるからだ。形式だけの兄弟子、弟弟子なら、そんなものヤメチマエ! 談秋に聞かれたことは、皆答えられるようにしとけ。そのための努力をしろ。』(赤めだか
 入門が早いから威張れると言うわけでもないらしい。

 次の対戦相手である長野女子体育大付属高校(長ッ)は、うるさい部長と生意気な二年二人と、食事が楽しくない一年生・荒川だ。
 荒川は親が忙しいか何かで、いつも一人で同じものを食べている生活だったのかも?
 食事量は ほぼ互角なので次は激戦になりそうだ。これは楽しみだぞ!

・ ハンザスカイ
 やっぱり決勝で会おうというと負けそうなフラグだ。
 まあ、団体戦なので昨年優勝の蓮城が有利だとは思いますが。

・ シュガーレス
 岳と卜部はいつも一緒にいて本当に仲がいいですね。
 シャケと互角と言うだけあって兼光は強いな。
 これは連載はじまって以来の、シャケが本気で戦う姿を見ることができるかもしれない。

・ ナンバ
 そりゃ、警察も動くよね。
 そして予想外だけどヤクザに助けを求めるのか。剛、再び魔道へ?

・ イカ娘
 千鶴さんのダイエット失敗の原因がわかった気がする。
 つまみ食いだな。食欲おさえられない人だな。

・ 星矢LC 外伝
 やっぱり毒の身体には問題があると思われていたのね。
 教皇のイキなはからいだよな。
 それはそれとして、やっぱり陰謀だったのか。

・ 囚人リク
 江田史郎、強え~~!
 これは地下闘技場に出場できるレベルだ。
 たぶん加藤とは互角に戦える。
 で、リクの侠気もたいしたもんだ。

・ 英雄企画「ハーフマン」
 哲弘の集中連載だ。
 あいかわらずダメ男と暴走彼女の話ですね。
 うん、けっこう面白い。

・ クローバー
 ハヤトが大物を釣った2ページ目で夢オチと確信するほど、ハヤトの実力を信頼している。

● ヤンジャン
・ キングダム

 勝手に戦闘しちゃうのは軍紀違反と言う気がするんですけど。秦は法が厳しいだろうから、あとで怒られるんじゃないかと心配だ。
 とりあえず信の大暴れを堪能すれば良いんだけど。
 ちなみに、こういう小国ってのは役百年後の漢武帝のころまであったらしい。

・ タフ
 鬼龍、しっかりダメージ受けていたのか。目はともかく金玉は無事なのか!?(いや、目のほうが大切だろ)
 でも、頑丈だ。タフすぎる! 車にハネられたのに平気そうだ。

・ 華と修羅
 またこんなオチかよ。落ちたり飛んだりするのが好きだよな。
 ギャグっぽいから見逃しそうだけど、すごい腕力だよな、百合子さん。
 男一人を捕まえて、一緒にジャンプだし。
 って、次回が最終回なの!?

● モーニング
・ GIANT KILLING
 サポーターの応援も重要だ。
 椿もなんか調子良さそうだし、次もイケそう。
 と思ったけど、川崎ってけっこう強かった印象がある。
 ETUは常に苦戦ですね。

・ 僕はビートルズ
 金より人の夢を破壊するほう優先なのは、本当に面倒なヤツだよな。
 音楽が人の心にのこるっては、たしかにその通りだ。
 漫画だって人の心に残っているぞ。