・『TIGER & BUNNY』#13 Confidence is a plant of slow growth. (信頼という木は大きくなるのが遅い木である)
 バーナビー vs ジェイク・マルチネスだ!
 鉄壁のバリアを持ちつつ、まだ謎のありそうなジェイクにバーナビーは勝てるのか?
 すでに敗北したスカイハイ、ロックバイソン、虎徹はなかよくベッドの上だ。
 折紙サイクロンも車椅子をつかうハメになっている。
 みなさん満身創痍だけど意識があるのがさすがだな。
 ヒーローだから鍛えています!

 クールなバーナビーはいきなりハンドレットパワーを使わない。
 さすが、TIGER & BUNNYのご利用は計画的なほうバーナビーです。
 切り札は使いどころを考えてこそ生きるってものだ。
 でも、バーナビーは圧倒的に不利でダウン寸前です。

 余裕のジェイクは自分には二種類の能力があると自慢する。
 バカめッ! その余裕が貴様の死亡フラグだ!
 と思ったけど、ヒーローたちはなかなかジェイクの能力に気がつかない。
 テレパシー能力ってのはレアな能力なのかも。
 念力なんかよりも、よっぽど現実的な能力だと思うのだが。

 ここで、閃くのがTIGER & BUNNYの直情的なほう虎徹です。
 ジェイクとの戦いで気がついたことがあったらしい。
 ハンドレットパワーで回復力をあげて、ムリヤリ出動する。
 この不屈っぷりこそヒーローの証だよな。
 ところで、ハンドレットパワーって視覚とかもパワーアップできるんだろうか?

 虎徹は斎藤さんに頼んで秘密兵器を用意する。
 そしてバーナビーのもとへッ!
 ジェイクに勝てず心折れかけているバーナビーの背中をささえる。
 って、そこで耳元にささやくな! メチャメチャ良い声だよ。
 ほれたら、どうするッ!
 いや、バーナビーはすでに手遅れか。

「あいつの二つ目の能力は耳がいいってことだ」

 そして、虎徹さんのアドバイスはガッカリだった。
 イヤイヤイヤ。原因はともかく読まれているってことは、裏をかかねばならない。
 きっと虎徹には作戦があるんだろう。
 TIGER & BUNNYの知的じゃないほう虎徹ですよ?
 ものすごい心配だ。最終的にラッキーで切り抜けたりしないよね?

 秘密兵器は大音響と見せかけて、閃光を放つ二段構えだ。
 視覚を奪われたジェイクはあっさり敗北する。
 最後は小物臭さが遺憾なく発揮されてしまったな。

 バーナビーはジェイクを殺すことなく、罪をつぐなえと言う。
 精神的に成長したな。でも、逃げないように手足を二三本折るぐらいは許されると思うぞ。コキャっとやっちまえ。
 逃げだそうと悪あがきしたジェイクはヘリの墜落に巻きこまれて死亡(?)する。
 だから、コキャっとやっとけば良かったのに。
 あ、放送できませんか。

 ジェイクが死んだことでバーナビー事件の真相は解明されないままになりそうだ。
 そして組織としてのウロボロスも、よくワカらんままになりそう。
 生涯の目的を達成したバーナビーは今後なにを目標にして生きていくんだろうか。
 ヒーローとして前向きに人助けをして生きるって感じじゃなさそうだけど。
 そこは人生のセンパイである虎徹がサポートか?
 次回のサブタイトルからしてLOVEで愛に生きたりして。
 って、虎徹、おっさん、LOVEでテレるなよ。

 とにかく、今回はバーナビーが「虎徹」と名前を呼んだ記念すべき回だった。
 あと、ブルーローズの股間描写が美しい回だった。


TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) 3 (初回限定版) [Blu-ray]
BD3巻
  TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) 3 [DVD]
DVD3巻
  TIGER&BUNNY公式ムック HERO TV FAN Vol.1
公式ムック
HERO TV FAN Vol.1
   TIGER & BUNNY オフィシャルヒーローブック(仮)
オフィシャル
ヒーローブック(仮)