2012年10月19日(12号)
第19話 / 激動のカワラザキの激情

 感想書くのをサボって一ヶ月たってしまった。
 遅れを取りもどすために、なるべく早く二話分の感想書くぞ。

 さて、激動のカワラザキ vs. 剣の錦馬超だ!
 三国志演義の馬超は知力が低いからワナにかければアッサリ倒せそうな気もする。
 ところが、命を燃やし尽くすつもりのカワラザキが出すテレキネシスがけっこう効いているぞ。
 超能力は特殊攻撃だからパワー系の馬超にとって弱点なのかもしれない。

 ところが、馬超が分身してしまう。
 ちぎれた右腕から漏れだす血が増殖して分身を作っているそうだ。
 当然ながら、馬超は演義でも正史でも分身したりしない。
 いや、そもそも分身する武将がいるのかどうかさだかじゃありませんが。
 西遊記の孫悟空は分身できるけど、アイツ武将じゃないし。

 シミュレーションゲームの三國志シリーズで馬超や馬騰(馬超の父)をプレイすると思うことがある。
 馬の一族、多すぎ!
 右も左も馬姓ばっかりだ。
 在野でスカウトしたら出てくるのが馬ばっかりだよ。
 一族の名前がよく出てくるからゲームにも登場するのだろうけど。

 馬超の血による分身ってのは、多い一族を反映しているのかもしれない。
 正史によれば、馬超の一門は二百あまりいたそうだ。(正史 三国志5
 たぶん当時の一門ってのは多い場合これぐらい集まってすごしているのだろう。
 なお、馬超の一族ですが「私の一門、二百人あまりは、曹孟徳によって誅殺されほとんど絶滅いたしましたが、ただ従弟の馬岱だけが残っております。」という状況だったらしい。
 晩年の馬超はわりと思慮深い行動をとったりもする。一族ほぼ全滅ってのがこたえて大人しくなったのかもしれない。

 さて、大作とカワラザキは馬超の猛攻にさらされる。
 カワラザキは大作をかばい全身に刃を受けた。
 それは、かつてカワラザキの息子が自分にした行為と同じものだ。
 生涯にたった一度、大切な者を守るために発動できる超能力、それがカワラザキ息子の力だった。

 息子の命で生きながらえたカワラザキが最後の大技を出す。
 世界を崩壊させる超能力だ。
 GR-2とGR-3も崩壊しちゃっているけど、イイのか?
 あと、大作もヤバいんじゃなかろうか?
 大技すぎて危険な最後の超能力だが、肝心の馬超を倒すことができるのか!?
(更新 2012/11/26)


------
・おまけ 新刊情報
ジャイアントロボ~バベルの篭城~ 3 (チャンピオンREDコミックス) ジャイアントロボの最終章「バベルの籠城」の3巻が発売だ!
呂布vs十傑衆の超ビッグカードがいきなり始まるぞ。
3巻13話から18話まで。

謝男 1巻 (ニチブンコミックス) もうひとつの土下座漫画『謝男 1巻』が11月28日に発売される。
主人公・拝一穴は瀬戸とは別の意味で謎だらけの男だ。
1巻は1話から!

範馬刃牙 37 (少年チャンピオン・コミックス) 範馬刃牙37巻が10月5日に発売される。
長かった親子喧嘩もついに決着する。
37巻は303話から312話まで!

エクゾスカル零(3) (チャンピオンREDコミックス)
開花のススメ(1) (チャンピオンREDコミックス)
守るべき者のいない未来で正義執行者はいかに生きるべきなのか?『エクゾスカル零 3巻』が、発売される!
新ヒロイン初夜六花の登場により状況が大きくかわっていく。
発売日は8月20日です。収録は第十四歌から。

それと、外伝的作品『開花のススメ 1巻』も同時発売です。

どげせんR(1) (YKコミックス) 土下座先生の復活だ!『どげせんR 1巻』が、8月27日発売だ!
復活した瀬戸先生はより教師らしくなり、土下座もアツいぜ。
収録は1話からと、たぶん特別編だ!

新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編 (FUTABA NOVELS) 原作『新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編』が9/21に発売される。
長田が久しぶりに登場し戦う。
そして丹波文七も驚天動地の大失態プレイから立ち直って(?)リングに帰ってきた。
相手はジャイアント馬場的ポジションのカイザー武藤だ。丹波は勝てるのか?
感想書きました。「新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編」感想