2013年11月14日(50号)
第三十二話 / 父の握り

 武器の使用もすべて認めます!
 超過激ルールで特別試合が開始されようとしている。
 立会人は警視総監・太浦だッ!
 つまり警察公認の死合です。

 木剣で打たれたら死ぬ可能性が おおいにあるけどイイよね?
 と、丹波文吉は太浦に念押しをされてしまう。
 やっぱ死んだら責任問題になるから予防線を張っておいたのだろうか。

 文吉は真っ直ぐな目で了承する。
 主人公に必須な澄んだ瞳だ。
 こりゃ、太浦さんは、保身のためでなく、文吉の覚悟を確認するために質問したっぽいな。
 文吉が戦いを恐れぬ武士(もののふ)であるかを試したのだろう。
 で、好みのタイプだったワケですね。

 いっぽう京太郎はかつて亡父の使っていた木剣を握っていた。
 持ち手の部分がすれてエグれている。
 さらに血でドス黒く変色していた。
 父の執念が染みついている。

 父の形見である日本刀は折られてしまった。
 だが、こっちの木剣を新しい形見にしても良いかもしれない。
 日本刀には敵の血がしみこんでいるが、木剣にゃ父の血がしみこんでいる。
 より形見っぽい!

 どっちも、呪われていそうなアイテムですが。
 寝室にはあまり置きたくないアイテムだ。
 夢に出てきそう。
 いや、夢でなく現実に化けて出てこられたら、漏らしてしまうかもしれない。

「京太郎」

「振りし数のみが」「己の力となる」


 父の教えがよみがえる。
 初めてもった木剣が手になじみ、ふるう姿が父とダブった。
 小柄な黒岡一族にとって不釣合いなほどの長剣だ。
 これを使いこなすのはかなりの技量がいるだろう。

 父の木剣を得て、京太郎は新たな境地に立ったようだ。
 もう、ムリに闘わんでも良さそうな気すらするんだけど。
 丹波文吉・撲殺ショーはやっぱり開始されるみたいだ。

「はじめい」

 容赦なくはじまった!
 が、いきなり文吉が驚愕している!
 京太郎がなんか変な構えでもしているんだろうか。
 それとも、文吉を無視して仲の悪い道場生を叩きのめしていたりして。

 しかし、素手で剣とどう戦うんだろうと心配して二ヶ月以上たっているんだけど、まだ解決していない。
 文吉は驚いている場合じゃないぞ。
 なんか対策はあるのか?

 それとも京太郎が剣を捨て素手になったりして。
 せっかく作戦を用意したのに不発に終わったら泣ける。
 どちらにしても、次回から素手で剣と戦う方法の解答編だ!
 ……たぶん。
 この遠回り感こそが、餓狼伝の醍醐味だッッ!

------
・おまけ 新刊情報
真・餓狼伝 3 (少年チャンピオン・コミックス) 真・餓狼伝3巻が発売される!
前田光世との死闘も終わり新展開だ。
表紙でちょっとネタバレしちゃっているのはいいんですかね。

バキどもえ(2) (少年チャンピオン・コミックス) 板垣先生公認の刃牙パロ『バキどもえ 2巻』が、発売だ!
梢江いじりは止まらず、漢キャラは萌え化が止まらない!
刃牙は生きのこれるのか!?

謝男(3) (ニチブンコミックス) 土下座・新伝説『謝男(シャーマン)3巻』が発売される。
土下座の男・拝にたいし、謝らない女が登場する! この勝負、どこに転がる!?
3巻は11話から。

ジャイアントロボ(5)~バベルの籠城~ (チャンピオンREDコミックス) ジャイアントロボの最終章「バベルの籠城」5巻が発売だ!
我が身を犠牲にした最終奥義が炸裂しまくる。キャラ消費が激しすぎなんですけど!

エクゾスカル零 5 (チャンピオンREDコミックス) エクゾスカル零 5巻』が発売される。
ついにメデューサ計画の全容が語られる。
長い回想の先に出てくるのは、あの男だ! いや、女?

みつどもえ(13) (少年チャンピオン・コミックス) ひさしぶりのみつどもえ13巻が8月8日に発売だ。
二本立てだけど、月刊の少ページだから発行ペース遅めですね。
今回は浦安鉄筋家族のお祝いネタも掲載されるっぽいぞ。
13巻は233卵性から!

バキ外伝 創面(2) (少年チャンピオン・コミックス・エクストラ) (少年チャンピオン・コミックスエクストラ) バキ外伝創面2巻が6月8日に発売された!
花山の意外な特技や、思わぬ弱点も判明する第2巻だ。
基本路線はギャグだから、バトルはあまり期待しないように。
2巻は5話から!

エクゾスカル零(3) (チャンピオンREDコミックス)
開花のススメ(1) (チャンピオンREDコミックス)
守るべき者のいない未来で正義執行者はいかに生きるべきなのか?『エクゾスカル零 3巻』が、発売される!
新ヒロイン初夜六花の登場により状況が大きくかわっていく。
発売日は8月20日です。収録は第十四歌から。

それと、外伝的作品『開花のススメ 1巻』も同時発売です。

新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編 (FUTABA NOVELS) 原作『新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編』が9/21に発売される。
長田が久しぶりに登場し戦う。
そして丹波文七も驚天動地の大失態プレイから立ち直って(?)リングに帰ってきた。
相手はジャイアント馬場的ポジションのカイザー武藤だ。丹波は勝てるのか?
感想書きました。「新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編」感想