2014年4月10日(19号)
第4部 第9話「出産」 (980回)

 スカイツリーの地下で極秘にすすめられているプロジェクト634、――――宮本武蔵クローン計画であるッ!
 強いものの存在に敏感な戦士たちは、花粉症の人が春を感じ取るかのように、はやくもナニカを感じていた。
 勇次郎が誕生したときは、世界の指導者たちが核武装しようと思いたった。範馬刃牙 2巻勇次郎誕生
 武蔵誕生で、北朝鮮あたりは新型ミサイルを開発しなきゃと思いはじめているかもしれない。
 いや、そんなコトないか。あの人、ニブそうだもんな……

 さて、戦士たちはナニカを予感して身体を鍛えずにはいられなかった。(6話
 鎬紅葉は筋トレだ。愚地独歩は瀧にうたれている。ジャック・ハンマーは再度の骨延長手術だ。
 内容については、あとでふれるとして……、ふれるというか全力ツッコミですが。
 とりあえず、彼らに共通する現象があった。
 それは、アクビだ!

 肉体への負荷などで襲ってくる絶大な苦痛のなかでも、アクビがでる。
 なぜか退屈しているのだッ!
 だが、なんかおかしい。
 宮本武蔵の復活を感じ取っているのなら、戦慄するとかじゃないだろうか?
 みんな余裕もちすぎだぞ。

 新たなる強敵が出現する予感に  →  肉体が退屈してアクビをしている。
 なんか筋が通っていない。
 世界の指導者たちもアクビが止まらないのだろうか?
 そのほうが、平和そうでイイんだけど。

 戦士たちは宮本武蔵を渇望するからこそ、武蔵がいない現在に退屈しているのかも。
 どこへ行っていたンだッ ソードマスターッッ
 俺達は君を待っていたッッッ 宮本武蔵の登場だ!
 みたいな感じで、登場を待ちわびているのかも。
 TVのボクシング中継は試合がはじまるまでがクソ長い みたいな感じで、みんなアクビをしているのだろう。

 さて、みんなが無意識に待ちのぞんでいる宮本武蔵がついに誕生する。
 培養液からの出産だ!
 ちょっと雑な感じで培養液タンクからヒネりだされる。
 タンクからボトって感じに落とすっぽい。
 排液して安全に出すって発想ないのか!?

 とにかく、該当年齢32歳6か月の宮本武蔵が現代に誕生しようとしている。
 もうチョット若くても良かったと思うんだけど。
 うっかり外にだす時期を間違えちゃったのか?

 とにかく、これで みんなのアクビが止まるハズだ。
 死産じゃなきゃイイんだけど。
 生れ落ちた瞬間、頭が地面にぶつかって首をグキっとやっちゃったら最悪の事態だぞ。
 次回につづく。


 宮本武蔵がついに復活しそうだ。
 最初の犠牲者はだれになるのだろうか?
 今回、出てきた鎬紅葉、愚地独歩、ジャック・ハンマーが危ない気がする。
 とりあえず本部さんは山籠り中なので、スカイツリーの地下にいる武蔵と簡単にあえないハズだ。

 今回登場した三人は、それぞれに強くなろうとしている。
 鎬紅葉は相変わらずの筋トレ三昧ですね。
 十字懸垂・ベンチプレス・100mダッシュと全身をバランスよく鍛えているようだ。
 持久力よりも、最大出力を重視しているっぽい。

 鎬紅葉は超医者(スーパードクター)であり、その医学知識をつかって自分の超肉体を作りあげた。
 だが、超肉体系の人はけっこういるので、紅葉の優位性がどんどん低下している。
 どっちかといえば、医学知識を伸ばしたほうがイイんじゃね?
 そんなワケで、筋トレより脳トレとかやったほうがイイと思います。

 紅葉は強くて個性的な戦士だ。
 でも、戦いでなかなか勝てない戦士でもある。
 ふりかえって見ると、試合じゃ一回も勝ったことないんだよね。
 今度こそ活躍して欲しいのだが……
 宮本武蔵と闘ったら、確実に負けるんだろうな。

 愚地独歩は滝浴び中だ。
 科学知識で肉体を鍛えあげる紅葉と対照的に精神修練って感じですね。

 瀧にうたれても肉体は強くならない。
 苦痛を和らげるため、脳内麻薬が出まくってなにかに開眼する可能性はありますが。
 つまり、独歩は肉体強化と言うよりも肉体運用の向上を狙っているのだろう。
 シンプルに言えば、新技を開発しようってことですね。

 紅葉が肉体強化を狙い、独歩は技巧を磨こうとする。
 武神と呼ばれる空手の達人・愚地独歩らしい行動だ。
 宮本武蔵の時代から、武術はどれだけ進歩したのだろうか?
 失ったものと得たものがあるはずだ。
 達人と宮本武蔵の闘いは、武術史的な観点からもとても興味深い。

 で、ジャック・ハンマーが再度の骨延長手術を某大学医学部付属病院で受けている。
 身長目標値は2m43cmだッ!
 刃牙世界で数字が判明している最大戦士アンドレアス・リーガンの2m40cmを超えたッッ!
 文字通り最大最強の戦士を目指す気か!?

 ただ、刃牙世界では巨人って勝てないンですよ。
 それはもう、ムエタイ、ブラジリアン柔術、ロシア人につづいて勝てない。
 いや、リーガンはロシア人のタクタロフに腕折られているから、ロシア人より勝てないと言える。
 一度、ムエタイと巨人をならべて、さぁどっちが弱いと戦わせて見たいレベルだ。

 背を高くするだけじゃナニも解決しなさそう。
 だいたい、最初の骨延長で2m10cmオーバーになっても、あまりイイこと無かったでしょ。
 ロシア人に勝って、アライJr.をボコっただけだ。
 その後、パワーアップしたアライJr.は、刃牙にボコられて大泣きして二度と顔を見せなくなったんだぞ。
 ジャックなら、背のばさなくても勝てたよ。

 そんなワケでジャック・ハンマーについては心配でしかたがない。
 背を伸ばすよりも、ちぢめたほうが良かったンじゃないか?
 40cmぐらい削って「刃牙より小さくなってるッ!?」と、ビビらせてやればいいんだよ。

 ジャック・範馬(ハンマー)も範馬勇次郎の息子だ。
 範馬の遺伝子を持つ戦闘のサラブレッドである。
 だが、ドーピングに骨延長と科学にたよりすぎている。
 これは、繊細な懐石料理にマヨネーズをぶちまけるような仕業なのだろうか。
 太く短く生きようとしているジャック・ハンマーの体型が、むしろ細長くなっているのは皮肉な展開だ。

 クローン武蔵は、彼らのアクビを止めるのだろうか。
 そして、まだ延長中で寝たきり生活のジャック・ハンマーは祭りに間に合うのだろうか?
 このままだと、またTV中継を見ながら泣くことになりかねないぞ。
 ジャックよ、早く退院するんだッ!


------
・おまけ 新刊情報
刃牙道 1 (少年チャンピオン・コミックス) 連載開始から、約1ヶ月半で早くも刃牙道 1巻が発売される!
1話から、ドトウの約200ページ構成だ!
今度の新キャラクターは、日本人ならば誰もが知るあの……

獅子の門 鬼神編 (カッパ・ノベルス) 獅子の門 鬼神編が発売される!
ついに完結!
羽柴彦六と久我重明の死闘があるらしいぞ!
なんか主人公の少年たちの名前があまり出てないけど、完結なのにそれでイイのか?

真・餓狼伝 4 (少年チャンピオン・コミックス) 真・餓狼伝4巻が発売される!
素手vs木剣の壮絶な死闘がはじまる!
27話から36話まで!

バキ外伝 拳刃(1) (チャンピオンREDコミックス) バキ外伝拳刃1巻が発売だ!
若き日の愚地独歩がやっちゃイケないような技で暴れる!
基本的に必殺だから敵は再起不能だぞ。教育的に良くないから秘密だ!

バキ外伝創面 3 (少年チャンピオン・コミックスエクストラ) バキ外伝創面3巻が発売だ!
花山の腕力ふるってはいけない学園生活もひとまず終了する。
とりあえず、よくガンバリましたって感じでしょうか。
花山さんも努力するんだ……

バキどもえ(2) (少年チャンピオン・コミックス) 板垣先生公認の刃牙パロ『バキどもえ 2巻』が、発売だ!
梢江いじりは止まらず、漢キャラは萌え化が止まらない!
刃牙は生きのこれるのか!?

謝男(3) (ニチブンコミックス) 土下座・新伝説『謝男(シャーマン)3巻』が発売される。
土下座の男・拝にたいし、謝らない女が登場する! この勝負、どこに転がる!?
3巻は11話から。

ジャイアントロボ(5)~バベルの籠城~ (チャンピオンREDコミックス) ジャイアントロボの最終章「バベルの籠城」5巻が発売だ!
我が身を犠牲にした最終奥義が炸裂しまくる。キャラ消費が激しすぎなんですけど!

エクゾスカル零 5 (チャンピオンREDコミックス) エクゾスカル零 5巻』が発売される。
ついにメデューサ計画の全容が語られる。
長い回想の先に出てくるのは、あの男だ! いや、女?

みつどもえ(13) (少年チャンピオン・コミックス) ひさしぶりのみつどもえ13巻が8月8日に発売だ。
二本立てだけど、月刊の少ページだから発行ペース遅めですね。
今回は浦安鉄筋家族のお祝いネタも掲載されるっぽいぞ。
13巻は233卵性から!

エクゾスカル零(3) (チャンピオンREDコミックス)
開花のススメ(1) (チャンピオンREDコミックス)
守るべき者のいない未来で正義執行者はいかに生きるべきなのか?『エクゾスカル零 3巻』が、発売される!
新ヒロイン初夜六花の登場により状況が大きくかわっていく。
発売日は8月20日です。収録は第十四歌から。

それと、外伝的作品『開花のススメ 1巻』も同時発売です。

新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編 (FUTABA NOVELS) 原作『新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編』が9/21に発売される。
長田が久しぶりに登場し戦う。
そして丹波文七も驚天動地の大失態プレイから立ち直って(?)リングに帰ってきた。
相手はジャイアント馬場的ポジションのカイザー武藤だ。丹波は勝てるのか?
感想書きました。「新・餓狼伝 巻ノ二 拳神皇帝編」感想