・ 弱虫ペダル
 遅いほうが前をあけてくれる。高校生らしいスポーツマンシップだ。
 こういう反応もあったのか。
 だが、抜くべき相手には御堂筋も入っている。当然、出会った。
 さて、どう出るのか?
 とりあえず、おさわり攻撃には気をつけろ!

・ 刃牙道
 31話感想はこちらへ。
 とくにヒネリもなく、やっぱり武蔵の勝利だ。

・ 実は私は
 なんのために、こんな動画を作った!?
 愉悦のためだけに、こんなひどいコトを……
 まさに、悪魔ッ!

・ 浦安鉄筋家族
 教訓:春巻を甘やかしてはいけない。
 これも一種の遭難か。

・ 囚人リク
 予想を超えたダメダメじゃないか。
 倒れたリクが見上げた視線の先に何かあればいいんだけど。
 屋上にはまだ人がいないんだし。

・ クローバー
 ミサキチームはよそ見して攻撃される奴らばっかりだな。
 今後も心配だよ。
 吉良はともかく、ハヤトが特に。

・ イカ娘
 なんか、この不条理感はホラーとの相性がバッチリっぽい気がしてきたぞ。

・ ハリガネサービス
 見事な頭脳プレイだ。
 それにしても、監督はわりと放任主義なんですね。
 自分で考えて答えを見つけないと身につかないもんな。
 答えを見つけていたのが、一年の松方だと見抜いていたのか?
 ここから反撃開始だ!

・ 黒虎
 剣が鎧に弱いのは、鋭い刃だと刃こぼれしやすく、折れやすいからだ。
 虎の剣は日常向けで、猪が戦場向けか。
 でも、黒船の超能力にはパワーよりも日常的な柔軟性のほうが需要っぽいけど、どうか?

・ 錻力のアーチスト
 切腹、打ち首!
 つまり、これこそサムライ野球だ!
 右バッターも斬られるのかよ。死角ないな。
 でも大丈夫だ! 清作アホだから、頭なくても打てるよ!

・ 喧嘩村
 ピエロ、技が喧嘩レベルじゃなく殺しにかかっているな。
 で、今までの戦いの経験値で逆転か?

・ チカカラチカ
 コミケに参加するときは、職業欄にギャンブラーって書くんだろうか。
 というか、大型テレビもって歩ける体力がスゲェよ。
 あんた、刃牙世界の住人か?

・ ウチコミ!!
 仲間と競い合うことも、強さにつながる!
 敵ポジションなのに、すごく少年漫画らしい!
 顔はオッサンなのに!

・ ファッキン・ヒットマンベイビー
 最初は赤ちゃん視点なのに、途中で父親視点になって、また赤ちゃん視点にもどる。
 ちょっとバタバタした感じだ。
 オチは読めたけど、父親視点のあたりとかが特に面白かった。

・ いきいきごんぼZ
 枷井が自分のいないスキに家に侵入していたら、男の私でも引く。
 そりゃもう、ドン引く。

・ 木曜日のフルット
 やましい心あたりはあるけど、「はい」と言わない。
 だって、やましい心あたりがあるから、脳内シミュレーションで対策しているし!

● ヤンジャン
・ キングダム

 「国」と言っても現代日本語とは用語の違いがあるんだけど、やっぱりこれは衝撃の展開だ!
 山の民とか、信が集団の力を知るために参加した謎の部族対立とかみたいに、この時代には「国」と言えるような民族集団がある。
 同時に、領地として広い土地と民をもつと(信だってもっている)事実上の「国」となるのだ。

 歴史上の政は、自分以外の国を許さず、諸王を統べる帝国ではなく、絶対的な巨大王国を作ろうとした。
 この作品のタイトルが、エンパイア(帝国)じゃなく、キングダム(王国)なのは、そのせいだろうか。
 もっとも、中国文明の概念は英語と完全に一致しないんだけど。
 エンペラーは皇帝と訳すけど、内容がけっこう違うしね。

● モーニング
・グラゼニ

 FAで大型選手をバンバン取っていそうだから、生え抜きを応援したいと言われても、ちょっと信用が。
 しかし、さっそくゼニグラらしく野球界の汚い話が連発で大満足だ。

・ GIANT KILLING
 生き残りの戦略では、環境に最適化しすぎた過剰適応は危機に弱いと言われています。
 企業でも生物でも人類の文明でも、事情が一緒と言うのが、けっこう面白い。

 そういう意味で、大阪はちょっと過剰適応ぎみだろうか。
 選手起用がワンパターンになりすぎている。
 しかし、選手たちが中から改革しているっぽい。
 チームワークが熱いな。

・ 宇宙兄弟
 ヒビトの時は飛んでいく飛行機を遠くから見送るだけだったけど、今は逆の立場か。
 ところで、ムッタの自転車って今見ると「のりりん」に出てきた後続殺しっぽい形状だったのか。
 シートの下のパイプがなくて空気抵抗が少ないタイプだ。後続が風除けにしようとしても余り効果が出なくなるらしい。
 兄弟で仲良くツーリングできないと言う暗示だったりして。